ブログパーツ

栄冠【えいかん】

夜勤明けの自宅での食事後、ネットを散策してモータースポーツ関連のニュースを見てびっくり。

【速報】佐藤琢磨が歴史的快挙。日本人初のインディ500制覇を成し遂げる:AUTO SPORTS

佐藤琢磨

 2017年のインディ500は残り11周で大詰めとなる最後のリスタートが切られた。トップはチルトン、琢磨が2番手、3番手にはジョーンズを交わしたカストロネベスが続く。残り7周、ターン3でカストロネベスがチルトンをかわしトップに浮上し、琢磨も続く。そして残り5周、今度はカストロネベスをかわして琢磨がトップに浮上した。

 逃げる琢磨、追うカストロネベス。緊迫したトップ争いは、琢磨がトップのまま、ラスト1周のホワイトフラッグが振られる。

 琢磨はそのままカストロネベスの追撃を振り切り、トップをキープしチェッカーフラッグ! 日本人初のインディ500制覇という偉業を達成した。琢磨にとって2013年以来のインディカー・シリーズ2勝目は、モータースポーツの歴史に名を刻む大きな1勝となった。

おおーインディ500の日だったか。と同時にF1モナコGPの日でもあり、「アロンソがF1を休んでまでインディ500に出る」くらいはニュースで見ていたが、まさか佐藤琢磨が日本人初の栄冠を勝ち取るとは予想してなかった。



以前のエントリ「インディカー【いんでぃかー】」でIndyCar・シリーズで初優勝したのが2013年。インディ500で勝ち損なった(2位)のが2012年なのでIndyCar・シリーズでもベテランだったが、ようやく「世界で通用するタイトル」ホルダーの一人となった事には純粋に賞賛を贈りたい。

佐藤琢磨:wiki

いや〜しかし琢磨も40歳かぁ〜(^^;)彼のレースキャリアには、多くの「日本人初の〜」と言う接頭語が付くわけだが、今回はひときわでかい勲章を手にしたことになる。

琢磨を見ていると天性の素質に、絶対に諦めないメンタル、そして合理的な知性と、アスリートとしても非常にいいバランスを感じていたのだが、この先は何を目指すのか・・・まずはIndyCarシリーズ年間チャンピオンかも知れないが、可能ならル・マン24時間あたりも狙っていいと思う。参戦するチームが大事ではあるものの、「日本人による二冠」達成が可能なのは今のところ琢磨だけだし(^^;)

私が好きだったジャック・ヴィルヌーブをF1から追い出すきっかけにもなった選手だけに、当時は複雑な気持ちでもあったが、いま現役でキャリアの絶頂期を迎えようとする琢磨にネガティブな感情は湧いてこない。

第一線で出来る時間はもう長くはないとも思うので、できるだけ楽しんで最高峰を目指して欲しいものだ。

佐藤琢磨選手、おめでとう。

JUGEMテーマ:社会の出来事

Posted by soup2001 | -  -



演舌【えんぜつ】



【オバマ米大統領の広島演説(英文・全文)】:産経ニュース
【オバマ大統領広島演説(全文)】:産経ニュース

Seventy-one years ago, on a bright cloudless morning, death fell from the sky and the world was changed. A flash of light and a wall of fire destroyed a city and demonstrated that mankind possessed the means to destroy itself.

71年前の雲一つない明るい朝、空から死が舞い降り、世界は変わった。閃光(せんこう)と火柱が都市を破壊し、人類は自ら破壊する手段を手にすることを示した。

オバマ1Why do we come to this place, to Hiroshima? We come to ponder a terrible force unleashed in the not so distant past. We come to mourn the dead, including over 100,000 Japanese men, women and children, thousands of Koreans and a dozen Americans held prisoner.

 われわれはなぜ広島に来たのか。そう遠くない過去に解き放たれた残虐な力に思いをめぐらせるためだ。われわれは命を落とした10万人を超える日本の男女、子供、何千人もの朝鮮半島出身者、十数人の米国人捕虜を悼む。

Their souls speak to us. They ask us to look inward, to take stock of who we are and what we might become.

 その魂が私たちに話しかけてくる。彼らはわれわれに対し、もっと内なる心に目をむけ、自分の今の姿とこれからなるであろう姿を見るように訴える。

It is not the fact of war that sets Hiroshima apart. Artifacts tell us that violent conflict appeared with the very first man. Our early ancestors, having learned to make blades from flint and spears from wood, used these tools not just for hunting but against their own kind.

 広島を際立たせているのは、戦争という事実ではない。過去の遺物は、暴力による争いが最初の人類とともに出現していたことをわれわれに教えてくれる。初期の人類は、火打ち石から刃物を作り、木からやりを作る方法を学び、これらの道具を、狩りだけでなく同じ人類に対しても使った。

On every continent the history of civilization is filled with war, whether driven by scarcity of grain or hunger for gold, compelled by nationalist fervor or religious zeal. Empires have risen and fallen, peoples have been subjugated and liberated, and at each juncture innocents have suffered -- a countless toll, their names forgotten by time.

 いずれの大陸も文明の歴史は戦争で満ちており、食糧不足や黄金への渇望に駆り立てられ、民族主義者の熱意や宗教上の熱情にせき立てられた。帝国は台頭し、そして衰退した。民族は支配下に置かれ、解放されたりしてきた。転換点において罪のない人々が苦しみ、数え切れない多くの人が犠牲となり、彼らの名前は時がたつと忘れ去られてきた。

The World War that reached its brutal end in Hiroshima and Nagasaki was fought among the wealthiest and most powerful of nations. Their civilizations had given the world great cities and magnificent art. Their thinkers had advanced ideas of justice and harmony and truth, and yet the war grew out of the same base instinct for domination or conquest that had caused conflicts among the simplest tribes, an old pattern amplified by new capabilities and without new constraints.

 広島と長崎で残酷な終焉(しゅうえん)を迎えた世界大戦は、最も豊かで強い国家間で勃発した。彼らの文明は偉大な都市と素晴らしい芸術を育んでいた。思想家は正義と調和、真実という理念を発達させていた。しかし、戦争は、初期の部族間で争いを引き起こしてきたのと同様に支配あるいは征服の基本的本能により生じてきた。抑制を伴わない新たな能力が、昔からのパターンを増幅させた。

In the span of a few years some 60 million people would die: men, women, children -- no different than us, shot, beaten, marched, bombed, jailed, starved, gassed to death.

 ほんの数年の間で約6千万人が死んだ。男性、女性、子供たちはわれわれと変わるところがない人たちだった。撃たれたり、殴られたり、連行されたり、爆弾を落とされたり、投獄されたり、飢えさせられたり、毒ガスを使われたりして死んだ。

There are many sites around the world that chronicle this war -- memorials that tell stories of courage and heroism, graves and empty camps that echo of unspeakable depravity.

 世界各地には、勇気や勇敢な行動を伝える記念碑や、言葉にできないような悪行を映す墓や空っぽの収容所など、この戦争を記録する場所が多くある。

Yet in the image of a mushroom cloud that rose into these skies, we are most starkly reminded of humanity's core contradiction -- how the very spark that marks us as a species, our thoughts, our imagination, our language, our tool making, our ability to set ourselves apart from nature and bend it to our will -- those very things also give us the capacity for unmatched destruction.

 しかし、この空に上がった、きのこ雲のイメージが、われわれに人類の根本的な矛盾を想起させた。われわれを人類たらしめる能力、思想、想像、言語、道具づくりや、自然とは違う能力、自然をわれわれの意志に従わせる能力、これらのものが無類の破壊能力をわれわれにもたらした。

How often does material advancement or social innovation blind us to this truth? How easily do we learn to justify violence in the name of some higher cause?

 物質的進歩や社会革新がこの真実から、われわれの目を曇らせることがどれほど多いであろうか。高邁(こうまい)な理由で暴力を正当化することはどれほど安易なことか。

Every great religion promises a pathway to love and peace and righteousness. And yet no religion has been spared from believers who have claimed their faith has a license to kill.

 偉大な全ての宗教は愛や平和、公正な道を約束している。一方で、どの宗教もその信仰が殺人を許容していると主張するような信者の存在から逃れることはない。

Nations arise telling a story that binds people together in sacrifice and cooperation, allowing for remarkable feats, but those same stories have so often been used to oppress and dehumanize those who are different. Science allows us to communicate across the seas, fly above the clouds, to cure disease and understand the cosmos. But those same discoveries can be turned into ever more efficient killing machines.

国家は、犠牲と協力を結び付ける物語をつむぎながら発展してきた。さまざまな偉業を生んだが、この物語が抑圧や相違を持つ人々の人間性を奪うことにも使われてきた。科学はわれわれに海を越えてコミュニケーションを取ることを可能にし、空を飛び、病気を治し、宇宙を理解することを可能にした。しかし同じ発見は、より効果的な殺人機械へとなり得る。

The wars of the modern age teach us this truth. Hiroshima teaches this truth. Technological progress without an equivalent progress in human institutions can doom us. The scientific revolution that led to the splitting of an atom requires a moral revolution as well.

 現代の戦争はこうした真実をわれわれに伝える。広島はこの真実を伝える。人間社会の発展なき技術の進展はわれわれを破滅させる。原子核の分裂につながった科学的な革命は、倫理上の革命も求められることにつながる。

That is why we come to this place. We stand here in the middle of this city and force ourselves to imagine the moment the bomb fell. We force ourselves to feel the dread of children confused by what they see.

 だからこそわれわれはこの地に来た。この街の中心に立ち、爆弾が投下されたときの瞬間について考えることを自らに強いる。惨禍を目にした子供たちの恐怖を感じることを自らに課す。

オバマ2

We listen to a silent cry. We remember all the innocents killed across the arc of that terrible war, and the wars that came before, and the wars that would follow.

 無言の泣き声に耳を澄ませる。われわれはあの恐ろしい戦争やその前の戦争、その後に起きた戦争で殺された全ての罪なき人々に思いをはせる。

Mere words cannot give voice to such suffering. But we have a shared responsibility to look directly into the eye of history and ask what we must do differently to curb such suffering again.

 単なる言葉でその苦しみを表すことはできない。しかし、われわれは歴史を直視し、そのような苦しみを繰り返さないために何をしなければならないかを問う共通の責任がある。

Some day the voices of the Hibakusha will no longer be with us to bear witness. But the memory of the morning of August 6, 1945 must never fade. That memory allows us to fight complacency. It fuels our moral imagination, it allows us to change.

 いつの日か、生き証人たちの声は聞こえなくなるだろう。しかし1945年8月6日の朝の記憶は決して風化させてはならない。記憶はわれわれの想像力を養い、われわれを変えさせてくれる。

And since that fateful day we have made choices that give us hope. The United States and Japan forged not only an alliance, but a friendship that has won far more for our people that we can ever claim through war.

 あの運命の日以来、われわれは希望をもたらす選択もしてきた。米国と日本は同盟関係を築くだけでなく、戦争を通じて得られるものよりももっと多くのものを国民にもたらす友情を築いた。

The nations of Europe built a union that replaced battlefields with bonds of commerce and democracy. Oppressed peoples and nations won liberation. An international community established institutions and treaties that worked to avoid war and aspired to restrict and roll back and ultimately eliminate the existence of nuclear weapons.

 欧州の国々は戦場に代わって、交易や民主主義により結ばれている。抑圧された人々や国々は自由を勝ち取った。国際社会は戦争を回避し、核兵器の存在を規制、削減し、完全に廃絶するための機関を創設し協定を結んだ。

Still, every act of aggression between nations, every act of terror and corruption and cruelty and oppression that we see around the world shows our work is never done. We may not be able to eliminate man's capacity to do evil, so nations and the alliances that we formed must possess the means to defend ourselves.

 それにも関わらず、世界中で見られる国家間のテロや腐敗、残虐行為や抑圧は、われわれがすべきことには終わりがないことを示している。われわれは人類が悪事を働く能力を除去することはできないかもしれないし、われわれが同盟を組んでいる国々は自らを守る手段を持たなければならない。

Among those nations like my own that hold nuclear stockpiles, we must have the courage to escape the logic of fear and pursue a world without them. We may not realize this goal in my lifetime, but persistent effort can roll back the possibility of catastrophe.

 しかし、わが国を含む、それらの国々は核兵器を貯蔵しており、われわれは恐怖の論理から抜け出し、核兵器のない世界を希求する勇気を持たなければならない。こうした目標は私の生きている間は実現しないかもしれないが、粘り強い取り組みが惨禍の可能性を引き下げる。

We can chart a course that leads to the destruction of these stockpiles, we can stop the spread to new nations, and secure deadly materials from fanatics. And yet that is not enough, for we see around the world today how even the crudest rifles and barrel bombs can serve up violence on a terrible scale.

 われわれはこうした保有核兵器の廃棄に導く道筋を描くことができる。われわれは、新たな国々に拡散したり、致死性の高い物質が狂信者の手に渡ったりするのを防ぐことができる。しかし、まだそれでは不十分だ。なぜなら、われわれは今日、世界中で原始的なライフル銃やたる爆弾でさえ恐るべきスケールの暴力をもたらすことができることを、目の当たりにしているからだ。

We must change our mindset about war itself -- to prevent conflicts through diplomacy and strive to end conflicts after they've begun; to see our growing interdependence as a cause for peaceful cooperation and not violent competition; to define our nations not by our capacity to destroy but by what we build. And perhaps above all we must reimagine our connection to one another as members of one human race -- for this too is what makes our species unique.

 われわれは戦争そのものに対する考え方を変えなければならない。外交を通じて紛争を予防し、始まってしまった紛争を終わらせる努力するために。増大していくわれわれの相互依存関係を、暴力的な競争でなく、平和的な協力の理由として理解するために。破壊する能力によってではなく、築くものによってわれわれの国家を定義するために。そして何よりも、われわれは一つの人類として、お互いの関係を再び認識しなければならない。このことこそが、われわれ人類を独自なものにするのだ。

オバマ3

We're not bound by genetic code to repeat the mistakes of the past. We can learn. We can choose. We can tell our children a different story, one that describes a common humanity, one that makes war less likely and cruelty less easily accepted.

 われわれは過去の過ちを繰り返す遺伝子によって縛られてはいない。われわれは学ぶことができる。われわれは選択することができる。われわれは子供たちに違う話をすることができ、それは共通の人間性を描き出すことであり、戦争を今より少なくなるようにすること、残酷さをたやすく受け入れることを今よりも少なくすることである。

We see these stories in the Hibakusha: the women who forgave a pilot who flew the plane that dropped the atomic bomb because she recognized what she really hated was war itself; the man who sought out families of Americans killed here because he believed their loss was equal to his own.

 われわれはこれらの話をヒバクシャ(被爆者)の中に見ることができる。ある女性は、原爆を投下した飛行機の操縦士を許した。本当に憎むべきは戦争そのものであることに気付いたからだ。ある男性は、ここで死亡した米国人の家族を探し出した。その家族の失ったものは、自分自身が失ったものと同じであることに気付いたからだ。

My own nation's story began with simple words: "All men are created equal, and endowed by our Creator with certain unalienable rights, including life, liberty and the pursuit of happiness."

 わが国は単純な言葉で始まった。「人類は全て、創造主によって平等につくられ、生きること、自由、そして幸福を希求することを含む、奪うことのできない権利を与えられている」

Realizing that ideal has never been easy, even within our own borders, even among our own citizens. But staying true to that story is worth the effort. It is an ideal to be strived for, an ideal that extends across continents and across oceans.

 理想は、自分たちの国内においてさえ、自国の市民の間においてさえ、決して容易ではない。しかし誠実であることには、努力に値する。追求すべき理想であり、大陸と海をまたぐ理想だ。

The irreducible worth of every person, the insistence that every life is precious, the radical and necessary notion that we are part of a single human family: that is the story that we all must tell.

 全ての人にとってかけがえのない価値、全ての命が大切であるという主張、われわれは人類という一つの家族の仲間であるという根本的で必要な概念。われわれはこれら全ての話を伝えなければならない。

That is why we come to Hiroshima, so that we might think of people we love, the first smile from our children in the morning, the gentle touch from a spouse over the kitchen table, the comforting embrace of a parent.

 だからこそ、われわれは広島に来たのだ。われわれが愛する人々のことを考えられるように。朝起きた子供たちの笑顔をまず考えられるように。食卓越しに、夫婦が優しく触れ合うことを考えられるように。両親の温かい抱擁を考えられるように。

We can think of those things and know that those same precious moments took place here 71 years ago. Those who died, they are like us.

 われわれがこうしたことを考えるとき71年前にもここで同じように貴重な時間があったことを思い起こすことができる。亡くなった人々はわれわれと同じ人たちだ。

Ordinary people understand this, I think. They do not want more war. They would rather that the wonders of science be focused on improving life and not eliminating it.

 普通の人々はこれを理解すると私は思う。彼らは、さらなる戦争を望んでいない。彼らは、科学は生活をより良いものにすることに集中すべきで、生活を台無しにすることに集中してはならないと考えるだろう。

When the choices made by nations, when the choices made by leaders reflect this simple wisdom, then the lesson of Hiroshima is done.

 各国の選択が、あるいは指導者たちの選択がこの単純な分別を反映すれば、広島の教訓は生かされる。

The world was forever changed here, but today the children of this city will go through their day in peace. What a precious thing that is. It is worth protecting and then extending to every child.

 世界はここ広島で永久に変わってしまったが、この街の子供たちは平和に日常を過ごしている。なんと貴重なことであろうか。これは守るに値し、すべての子供たちに広げていくに値する。これはわれわれが選択できる未来なのだ。

That is a future we can choose, a future in which Hiroshima and Nagasaki are known not as the dawn of atomic warfare, but as the start of our own moral awakening.

 広島と長崎の将来は、核戦争の夜明けとしてでなく、道徳的な目覚めの契機の場として知られるようになるだろう。そうした未来をわれわれは選び取る。

オリジナルサイトとは異なり対訳表記にしてみた。実に71年後の述懐。謝罪ではなく単純に述懐という印象だった。それも主体的な加害者であるにしては酷く他人事のようなニュアンスを含み、この悲惨な災厄が不可抗力であったかのような逃避あるいは責任回避にも取れる内容だった。唯一、上記太字の部分は(間接的な謝罪の意図を含むように感じられる)明らかな後悔・反省・自戒であったと取れる内容であったことが救いだった。

戦争とはそういうものだ。たとえ過ちで行われた攻撃や虐殺でも、加害者側は明確な謝罪はしないのだ。事あるごとに謝罪してみせる日本のような国は世界的に珍しい「お人好しの馬鹿」であるのだろう。

それでもバラク・オバマは確かにリベラルの人だった。リベラルな心を持つがゆえに核大国のアメリカ大統領でありながら「核なき世界」の夢を語る。そんな日本のような(^^;)「お人好しの馬鹿」であればこそ、戦後最大級の友好国となった日本という「お人好しの馬鹿」のためにギリギリの演説をぶってみせたのだ。これは彼らなりの「言葉なき謝罪の行為」と言って良いのかもしれない。

そういう意味では「(二枚舌の)演説ならぬ演舌」と言う感じのスピーチだった。

共和党の大統領だったら(それもまさかのトランプだったりしたら(爆))絶対に現役大統領で広島訪問はしないだろうし、演説もしないだろう。引退後何かの気まぐれで広島に来ることはあるかもしれないが(^^;)

とりあえず、広島や長崎の被爆者の方々も、報われたとは言わないまでも気持ちの区切りをつけるきっかけにはなっただろう。どこかの国のように性懲りもなく「謝罪と賠償」を訴えているだけでは、アメリカは永遠に謝罪(の意を表明)などしないのだ。

謝罪などどうでもいいからあなたの国の行為の結果を見てくれ

この姿勢こそが国務長官〜大統領というアメリカのトップに訴えたようにも思えるし、「核なき世界」の演説をぶってノーベル平和賞までもらった人間が、核を使用した国の元首であるときに核を受けた国の現実を知らずにいて良いのか?との問いを無視するわけには行かなかったというのもあるだろう。

原爆資料館を駆け足で見学した割には重い内容の演説ではあった。事前に見て回ったケリー国務長官からの薫陶が効いたのか、見るべきポイントをレクチャーされていたのだろうがいろいろな配慮の塊の演説は、少なくとも日本では好意的に受け止められた。

何はともあれ、安倍首相は一つの外交課題を実現してみせた。北朝鮮の拉致問題の解決に失敗(?)し、TPPも何となく押し切られ(?)対中国包囲網だけが外交成果だっただけに、消費増税再延期とともに参院選前のアピールとしては悪くない首尾だったのではなかろうか。

実際問題として「核なき世界」は案外近くに来ているかもしれない。

核の次は「極超音速兵器」、次世代抑止力の獲得に中国が本腰:JB PRESS
 ペンタゴンが確認した情報によると、1月9日に中国本土上空でミサイルのような小型飛翔体が超高速で飛行した。この飛翔体は、極超音速兵器の一種の極超音速滑空飛翔体の実験機と考えられ、ペンタゴンでは「WU-14」と呼んでいる。

 飛行実験の詳細に関しては不明であるが、アメリカ自身も開発に挑んでいる極超音速兵器の開発に中国が本腰を入れて取り組んでいるという事実は確認された。

以前のエントリThe Day After【ざ でい あふたー】でも引用した記事を再掲した。核より有能で使いやすく強力な兵器が完成した時、核は厄介なだけのシロモノになる。CSMが最初に何処かの敵対国で炸裂した時、核の時代は終わることになるのだ。

想像してみよう。核がなくなる世界を。
想像してみよう。核より強大な兵器が支配する世界を。
最強の兵器を手放すときは、その兵器が最強でなくなった時だ。
想像してごらん。・・・そして誰もが「最強ではなくなった兵器を手にする事が可能になる」時を。



ジョン。君の理想とはどんどん離れていくなぁ・・・。

JUGEMテーマ:社会の出来事


Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



演説【えんぜつ】



安倍首相米議会演説 全文:NHK NEWS WEB(演説部分のみ抜粋)

議長、副大統領、上院議員、下院議員の皆様、ゲストと、すべての皆様、1957年6月、日本の総理大臣としてこの演台に立った私の祖父、岸信介は、次のように述べて演説を始めました。「日本が、世界の自由主義国と提携しているのも、民主主義の原則と理想を確信しているからであります」。以来58年、このたびは上下両院合同会議に日本国総理として初めてお話する機会を与えられましたことを、光栄に存じます。お招きに、感謝申し上げます。申し上げたいことはたくさんあります。でも、「フィリバスター」をする意図、能力ともに、ありません。

※管理人注:「フィリバスター」とは、議事妨害のこと。アメリカ連邦議会で長時間の演説を行い、採決を妨害する抵抗戦術であり、日本における採決時の牛歩戦術(投票時に遅々として進まず法案の時間切れ廃案を狙う)に似ている。アメリカ国内での日本批判(特に慰安婦や歴史認識問題など日本として主張すべきことはあるが、一国の都合で自国の主張を続けたり〜韓国の告げ口外交への皮肉?、他国の議事妨害やその内容に注文をつける〜中国による日本の戦後70周年首相談話への牽制発言を指す?)への反論をここで行うことはしない、同時にこの問題で関係国にことさらに配慮することもしないという中韓に対する暗黙のメッセージと思われる。

皆様を前にして胸中を去来しますのは、日本が大使としてお迎えした偉大な議会人のお名前です。マイク・マンスフィールド、ウォルター・モンデール、トム・フォーリー、そしてハワード・ベイカー。民主主義の輝くチャンピオンを大使として送ってくださいましたことを、日本国民を代表して、感謝申し上げます。キャロライン・ケネディ大使も、米国民主主義の伝統を体現する方です。大使の活躍に、感謝申し上げます。私ども、残念に思いますのは、ダニエル・イノウエ上院議員がこの場においでにならないことです。日系アメリカ人の栄誉とその達成を、一身に象徴された方でした。

私個人とアメリカとの出会いは、カリフォルニアで過ごした学生時代にさかのぼります。家に住まわせてくれたのは、キャサリン・デル・フランシア夫人、寡婦でした。亡くした夫のことを、いつもこう言いました、「ゲイリー・クーパーより男前だったのよ」と。心から信じていたようです。ギャラリーに、私の妻、昭恵がいます。彼女が日頃、私のことをどう言っているのかはあえて聞かないことにします。デル・フランシア夫人のイタリア料理は、世界一。彼女の明るさと親切は、たくさんの人をひきつけました。その人たちがなんと多様なこと。「アメリカは、すごい国だ」。驚いたものです。のち、鉄鋼メーカーに就職した私は、ニューヨーク勤務の機会を与えられました。上下関係にとらわれない実力主義。地位や長幼の差に関わりなく意見を戦わせ、正しい見方なら躊躇なく採用する。――この文化に毒されたのか、やがて政治家になったら、先輩大物議員たちに、アベは生意気だとずいぶん言われました。

私の名字ですが、「エイブ」ではありません。アメリカの方に時たまそう呼ばれると、悪い気はしません。

※管理人注:エイブとは奴隷解放宣言をしたエイブラハム・リンカーン大統領の愛称。「ABE」の英語読みを使ったジョークであり、慰安婦問題や大日本帝国時代を美化し、人権問題の解決を後退させる歴史修正主義者との一部批判勢力(中国・韓国とその影響下にある連邦議員)に対する皮肉。

民主主義の基礎を、日本人は、近代化を始めてこのかた、ゲティスバーグ演説の有名な一節に求めてきたからです。

※管理人注:ゲティスバーグ演説の有名な一節とは
Government of the people, by the people, for the people, shall not perish from the Earth.
(「人民の人民による人民のための政治」は地球上から滅びてはならないのです)
の部分を指すと思われる。


農民大工の息子が大統領になれる――、そういう国があることは、19世紀後半の日本を、民主主義に開眼させました。日本にとって、アメリカとの出会いとは、すなわち民主主義との遭遇でした。出会いは150年以上前にさかのぼり、年季を経ています。

先刻私は、第二次大戦メモリアルを訪れました。神殿を思わせる、静謐な場所でした。耳朶を打つのは、噴水の、水の砕ける音ばかり。一角にフリーダム・ウォールというものがあって、壁面には金色の、4000個を超す星が埋め込まれている。その星の一つ、ひとつが、倒れた兵士100人分の命を表すと聞いたときに、私を戦慄が襲いました。金色(こんじき)の星は、自由を守った代償として、誇りのシンボルに違いありません。しかしそこには、さもなければ幸福な人生を送っただろうアメリカの若者の、痛み、悲しみが宿っている。家族への愛も。真珠湾、バターン・コレヒドール、珊瑚海…、メモリアルに刻まれた戦場の名が心をよぎり、私はアメリカの若者の、失われた夢、未来を思いました。歴史とは実に取り返しのつかない、苛烈なものです。私は深い悔悟を胸に、しばしその場に立って、黙祷を捧げました。親愛なる、友人の皆さん、日本国と、日本国民を代表し、先の戦争に斃れた米国の人々の魂に、深い一礼を捧げます。とこしえの、哀悼を捧げます。

みなさま、いまギャラリーに、ローレンス・スノーデン海兵隊中将がお座りです。70年前の2月、23歳の海兵隊大尉として中隊を率い、硫黄島に上陸した方です。近年、中将は、硫黄島で開く日米合同の慰霊祭にしばしば参加してこられました。こう、仰っています。「硫黄島には、勝利を祝うため行ったのではない、行っているのでもない。その厳かなる目的は、双方の戦死者を追悼し、栄誉を称えることだ」。もうおひとかた、中将の隣にいるのは、新藤義孝国会議員。かつて私の内閣で閣僚を務めた方ですが、この方のお祖父さんこそ、勇猛がいまに伝わる栗林忠道大将・硫黄島守備隊司令官でした。これを歴史の奇跡と呼ばずして、何をそう呼ぶべきでしょう。熾烈に戦い合った敵は、心の紐帯が結ぶ友になりました。スノーデン中将、和解の努力を尊く思います。本当に、ありがとうございました。

戦後の日本は、先の大戦に対する痛切な反省を胸に、歩みを刻みました。みずからの行いが、アジア諸国民に苦しみを与えた事実から目をそむけてはならない。これらの点についての思いは、歴代総理と全く変わるものではありません。アジアの発展にどこまでも寄与し、地域の平和と、繁栄のため、力を惜しんではならない。みずからに言い聞かせ、歩んできました。この歩みを、私は、誇りに思います。焦土と化した日本に、子どもたちの飲むミルク、身につけるセーターが、毎月毎月、米国の市民から届きました。山羊も、2036頭、やってきました。米国がみずからの市場を開け放ち、世界経済に自由を求めて育てた戦後経済システムによって、最も早くから、最大の便益を得たのは、日本です。下って1980年代以降、韓国が、台湾が、ASEAN諸国が、やがて中国が勃興します。今度は日本も、資本と、技術を献身的に注ぎ、彼らの成長を支えました。一方米国で、日本は外国勢として2位、英国に次ぐ数の雇用を作り出しました。

こうして米国が、次いで日本が育てたものは、繁栄です。そして繁栄こそは、平和の苗床です。日本と米国がリードし、生い立ちの異なるアジア太平洋諸国に、いかなる国の恣意的な思惑にも左右されない、フェアで、ダイナミックで、持続可能な市場をつくりあげなければなりません。太平洋の市場では、知的財産がフリーライドされてはなりません。過酷な労働や、環境への負荷も見逃すわけにはいかない。許さずしてこそ、自由、民主主義、法の支配、私たちが奉じる共通の価値を、世界に広め、根づかせていくことができます。その営為こそが、TPPにほかなりません。しかもTPPには、単なる経済的利益を超えた、長期的な、安全保障上の大きな意義があることを、忘れてはなりません。経済規模で、世界の4割、貿易額で、世界の3分の1を占める一円に、私たちの子や、孫のために、永続的な「平和と繁栄の地域」をつくりあげていかなければなりません。日米間の交渉は、出口がすぐそこに見えています。米国と、日本のリーダーシップで、TPPを一緒に成し遂げましょう。

実は、いまだから言えることがあります。20年以上前、GATT農業分野交渉の頃です。血気盛んな若手議員だった私は、農業の開放に反対の立場をとり、農家の代表と一緒に、国会前で抗議活動をしました。ところがこの20年、日本の農業は衰えました。農民の平均年齢は10歳上がり、いまや66歳を超えました。日本の農業は、岐路にある。生き残るには、いま、変わらなければなりません。私たちは、長年続いた農業政策の大改革に立ち向かっています。60年も変わらずにきた農業協同組合の仕組みを、抜本的に改めます。世界標準に則って、コーポレート・ガバナンスを強めました。医療・エネルギーなどの分野で、岩盤のように固い規制を、私自身が槍の穂先となりこじあけてきました。人口減少を反転させるには、何でもやるつもりです。女性に力をつけ、もっと活躍してもらうため、古くからの慣習を改めようとしています。日本はいま、「クォンタム・リープ(量子的飛躍)」のさなかにあります。親愛なる、上院、下院議員の皆様、どうぞ、日本へ来て、改革の精神と速度を取り戻した新しい日本を見てください。日本は、どんな改革からも逃げません。ただ前だけを見て構造改革を進める。この道のほか、道なし。確信しています。

親愛なる、同僚の皆様、戦後世界の平和と安全は、アメリカのリーダーシップなくして、ありえませんでした。省みて私が心からよかったと思うのは、かつての日本が、明確な道を選んだことです。その道こそは、冒頭、祖父のことばにあったとおり、米国と組み、西側世界の一員となる選択にほかなりませんでした。日本は、米国、そして志を共にする民主主義諸国とともに、最後には冷戦に勝利しました。この道が、日本を成長させ、繁栄させました。そして今も、この道しかありません。

私たちは、アジア太平洋地域の平和と安全のため、米国の「リバランス」を支持します。徹頭徹尾支持するということを、ここに明言します。日本はオーストラリア、インドと、戦略的な関係を深めました。ASEANの国々や韓国と、多面にわたる協力を深めていきます。日米同盟を基軸とし、これらの仲間が加わると、私たちの地域は各段に安定します。日本は、将来における戦略的拠点の一つとして期待されるグアム基地整備事業に、28億ドルまで資金協力を実施します。アジアの海について、私がいう3つの原則をここで強調させてください。第一に、国家が何か主張をするときは、国際法にもとづいてなすこと。第二に、武力や威嚇は、自己の主張のため用いないこと。そして第三に、紛争の解決は、あくまで平和的手段によること。太平洋から、インド洋にかけての広い海を、自由で、法の支配が貫徹する平和の海にしなければなりません。そのためにこそ、日米同盟を強くしなくてはなりません。私たちには、その責任があります。日本はいま、安保法制の充実に取り組んでいます。実現のあかつき、日本は、危機の程度に応じ、切れ目のない対応が、はるかによくできるようになります。この法整備によって、自衛隊と米軍の協力関係は強化され、日米同盟は、より一層堅固になります。それは地域の平和のため、確かな抑止力をもたらすでしょう。戦後、初めての大改革です。この夏までに、成就させます。ここで皆様にご報告したいことがあります。一昨日、ケリー国務長官、カーター国防長官は、私たちの岸田外務大臣、中谷防衛大臣と会って、協議をしました。いま申し上げた法整備を前提として、日米がそのもてる力をよく合わせられるようにする仕組みができました。一層確実な平和を築くのに必要な枠組みです。それこそが、日米防衛協力の新しいガイドラインにほかなりません。きのう、オバマ大統領と私は、その意義について、互いに認め合いました。皆様、私たちは、真に歴史的な文書に合意をしたのです。

1990年代初め、日本の自衛隊は、ペルシャ湾で機雷の掃海に当たりました。後、インド洋では、テロリストや武器の流れを断つ洋上作戦を、10年にわたって支援しました。その間、5万人にのぼる自衛隊員が、人道支援や平和維持活動に従事しました。カンボジア、ゴラン高原、イラク、ハイチや南スーダンといった国や、地域においてです。これら実績をもとに、日本は、世界の平和と安定のため、これまで以上に責任を果たしていく。そう決意しています。そのために必要な法案の成立を、この夏までに、必ず実現します。国家安全保障に加え、人間の安全保障を確かにしなくてはならないというのが、日本の不動の信念です。人間一人一人に、教育の機会を保障し、医療を提供し、自立する機会を与えなければなりません。紛争下、常に傷ついたのは、女性でした。私たちの時代にこそ、女性の人権が侵されない世の中を実現しなくてはいけません。自衛隊員が積み重ねてきた実績と、援助関係者たちがたゆまず続けた努力と、その両方の蓄積は、いまや私たちに、新しい自己像を与えてくれました。いまや私たちが掲げるバナーは、「国際協調主義にもとづく、積極的平和主義」という旗です。繰り返しましょう、「国際協調主義にもとづく、積極的平和主義」こそは、日本の将来を導く旗印となります。テロリズム、感染症、自然災害や、気候変動――。日米同盟は、これら新たな問題に対し、ともに立ち向かう時代を迎えました。日米同盟は、米国史全体の、4分の1以上に及ぶ期間続いた堅牢さを備え、深い信頼と友情に結ばれた同盟です。自由世界第一、第二の民主主義大国を結ぶ同盟に、この先とも、新たな理由付けは全く無用です。それは常に、法の支配、人権、そして自由を尊ぶ、価値観を共にする結びつきです。

まだ高校生だったとき、ラジオから流れてきたキャロル・キングの曲に、私は心を揺さぶられました。「落ち込んだ時、困った時、目を閉じて、私を思って。私は行く。あなたのもとに。たとえそれが、あなたにとっていちばん暗い、そんな夜でも、明るくするために」。2011年3月11日、日本に、いちばん暗い夜がきました。日本の東北地方を、地震と津波、原発の事故が襲ったのです。そして、そのときでした。米軍は、未曾有の規模で救難作戦を展開してくれました。本当にたくさんの米国人の皆さんが、東北の子どもたちに、支援の手を差し伸べてくれました。私たちには、トモダチがいました。被災した人々と、一緒に涙を流してくれた。そしてなにものにもかえられない、大切なものを与えてくれました。――希望、です。米国が世界に与える最良の資産、それは、昔も、今も、将来も、希望であった、希望である、希望でなくてはなりません。米国国民を代表する皆様。私たちの同盟を、「希望の同盟」と呼びましょう。アメリカと日本、力を合わせ、世界をもっとはるかによい場所にしていこうではありませんか。希望の同盟――。一緒でなら、きっとできます。ありがとうございました。


※太字・赤字などの強調は管理人によるもの。

卑屈でなく特定の他国に対する非難もなく(^^;)堂々と日本とアメリカの過去の関係から未来への指針を謳いあげた妥当な演説だと思う。

文句をつける連中は何をどう言おうが文句をつけてくるのは明らかなので(^^;)これはこれでよし。まぁ、懸念があるとすればISのようなテロ組織には日米の一体化が強調された分、その標的にはされやすくなったことだろうか。

人質殺害事件が起こっている以上、それ以上のテロ攻撃が起こるリスクは特にこの演説がなかろうと変わらないとも思うのだが、事件が起こるたびに引き合いに出されることは間違いない。外務省及び外事警察や公安警察にはこれからは大変な時代になることだけは確実だ。労ばかり多かろうが最良の結果を期待しよう。

安倍首相の米議会演説に米国でエールの声:JB PRESS(古森義久)
「戦時の謝罪は必要ない、日米同盟の実績を訴えよ」

私はタレント氏に、あえて安倍首相の訪米と議会演説について意見を問うてみた。「安倍首相が4月末に議会で演説をする予定ですが、何を語るべきか、助言がありますか」という質問だった。
(中略)
「では僭越ながら述べるとすると、私の期待としては、安倍首相には日本が長年、米国と歩調を合わせてアジアや世界の平和と安定に寄与してきた実績、そして今後もそうした道を進むという決意を強く伝えてほしいのです」

 タレント氏は現職議員ではないが、上下両院軍事委員会での実績を買われて議会の諮問委員格で現在も活動する。いま両院で圧倒的多数を占める共和党のジョン・マケイン上院議員らとの絆が深い。米国議会の多数派の視点から外交政策や安保政策を俯瞰するには適切な人物であり、日米関係にも近からず遠からず一定距離をおいて全体図を把握している政治家だとも言える。

今回の訪米に先立って掲載されていたこの記事の期待通りの演説であったということだろう。これを見ても安倍晋三は、民主党オバマ大統領よりは共和党寄りの政治家であることがわかる。

私の唯一の不満点はTPPを推進する立場を崩さない点だが、日本の医療や食の安全が保証され、外国企業の不当な優遇が否定されるのであればこの限りではない。まぁ、高価な国産食品は富裕層が、私のような底辺層は安全性の低い安価な輸入食品と言う図式が促進されるのは想定内だが、実際の所、過去の輸入自由化でも日本の各種農業は健闘しているしいくら安くても日本人に合わない輸入食品は売れない事は実証されているので、時間が立てばそう今と変わらないかもしれない。

早いところではもう安倍演説に対する批判(誹謗中傷・八つ当たり含む)が某国を中心に巻き起こっているであろうが(^^;)どれほど頓珍漢な言い草であるかはもはや想定内であるし、少し毛色の違ったことをいうところがあるかどうかが私の関心事でもある(爆)

もっとも、一番つまらないことを言いそうな朝日新聞とか朝日新聞とか朝日新聞とか(^^;)が、たまにはマシなことを言わないものかというかすかな期待はこれでも持っているのであるが、そのあたりでこのメディアが期待に応えたことは今までないのでまず無理であろう(爆)


JUGEMテーマ:社会の出来事


Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



永遠という名の刹那【えいえんというなのせつな】

新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致しますm(_ _)m

「謹賀新年」と書くと一瞬「金が信念」と脳内で誤変換されたのは、大晦日からBSなどで2020年東京オリンピックの記念番組を見過ぎたためだったのか、アベノミクスを始めとする経済動向予測の記事をネットで読み過ぎたせいなのかよくわからない(^^;)

とにもかくにも今年は例年のような惰眠をむさぼる寝正月ではなく、私としては非常に珍しくアクティブな年初の動きであった。

まず、3が日以内に行っていた墓参を朝の8時から行い(^^;)「ファーストデー(毎月最初の1日は1000円)割引」を利用して朝9時40分からの新春興行で「永遠の0」を見てきた。



以下ネタバレなので、これから映画館へ見に行く方はスルーしてほしい。





結論から先に言うと、「うまくまとめたがやはり評価が割れる作品であろう」という印象は否めない。

一番原作とは異なるニュアンスはやはり「9・11テロとの比較論」であった。左翼的な視点から「特攻をテロと同一視する」「思想統制を洗脳と捉える」あたりの中傷とも思える言い草に映画では明確な反論をしていない。

原作では快刀乱麻のごとく「左翼のいいがかりを元特攻隊員が論破」していたが、私の予想以上に「軽はずみなシーンの中で語られ」私は、「こんなタイミングでこの話を!?」と驚きを禁じ得なかった。しかしその後の話のつながりを見るうちに、むしろ「心無い中傷を浴びせる頭でっかちな独善」をあえて放置することで、見る側に「拒否反応を誘う演出」のようにも思えた。
その言葉に憤る主人公の心情は、映画の中に感情移入していく観客とシンクロしていたし、リアルな現実を生きる人々の心情を計る視点を持たない反戦的批判は、空虚であり人間の尊厳や思いを一切無視する非情さに満ちている。それを皮膚感覚で観客に訴えるためには、小むづかしい理屈をこね回す「論戦」よりも、「戦争を知らない無関心世代の明らかに不遜な言動」に言わせたほうが効果的だったはずだ。(それでも原作のように当時を知る元兵士が一喝して左翼頭の愚か者を論破するスッキリしたシーンを期待していた私にはやはり不満がのこる)

映画館を出る頃には、兵士の一命を国に捧げる作戦を強要する当時の軍首脳と、イデオロギー的解釈を絶対的に信奉する左翼的反戦平和主義の批判は、私には裏返しの布のようにも思えた。相手の考えを圧殺し独善をゴリ押しするその態度が似ていると思ったわけだ。

原作同様この「永遠の0」は反戦映画である。映像で表現される旧日本軍の戦闘機や空母赤城は「兵器」以上の造形的魅力を備え、たしかにカッコイイ。しかしミッドウェー海戦での赤城の被弾や、レイテ沖海戦での特攻の描写は、無駄に消耗させられていった若者の命の羅列でしかなく、あれほどに生還を希望していた宮部久蔵がついには特攻を志願するその悲痛さに、一部の人間が批判する「戦争礼賛」など、どこを見ているのか理解に苦しむ。

真珠湾攻撃も描写よりも、日本軍が打撃を受ける描写のほうが多いし、特攻機突入では成功した機の描写は皆無である。

さすがにパンフレットは買わなかったが、「それなりに救われるまとめ方」で、原作を読まない人には入りやすい映画になっていたと思う。VFXを駆使して表現された戦闘シーンは中々の仕上がりで、もはや「怪獣映画のようなミニチュア実写による<特撮>」の時代ではないのだなということを改めて思い知った(^^;)

“超リアルなCG”をどう実現したのか? 映画『永遠の0』を制作した白組のオフィスに潜入:WIRED

空母赤城

あの戦争の時代。散っていった兵士たちの意志は、無残に風化の危機にさらされ、醜く歪みながらも復興発展を遂げた日本には「別の荒廃」が訪れている。死を迎えるその消え入りそうな一瞬、その刹那。本当の意味での「愛国」や「希望」が復活し、それは永遠となるような気がした。

宮部久蔵が大石賢一郎として松乃の前に姿を見せたように。

前回の鑑賞映画「ゼロ・グラビティ」に被せるなら、宮部久蔵の重力は「国家」ではなく「家族」にこそ存在していた。生き残った者達の「重力」は「死んでいった者たちへ報いるため」=同胞愛や友情に通じる使命感だったろう。

私には今のところ怠惰な刹那の膨大な蓄積しか無い(^^;)あの戦争を生き抜いた人々のような気力も忍耐力も全く欠けている(^^;)生きていて恥ずかしいばかりだが、何かできることが見つかった時点で、できるだけアクションするように心がけようと思う。私にとっての「刹那」の思いがこれからの私の「重力」となることを期待しながら。

しかし、飽きっぽい私ゆえ、この思いが今年の年末まで続くとも、また思えないのではあるけれど・・・(爆)

JUGEMテーマ:映画

Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



永遠の夢【えいえんのゆめ】

百田尚樹「夢を売る男」を読んだ。欲望に付けこむ商業主義の嫌らしさとそれに良心の呵責の一塵も持たない「業界人」の非道が、何とも下衆な匂い漂う社会の暗部を見る面持ちで、読了するまでは「苦痛」すら感じていた。

永遠の0 チラシ百田尚樹氏の1冊めはデビュー作でベストセラーにもなった「永遠の0」だった。評判通り感動もしたし涙腺もしっかり緩めてくれた。人間関係の織り成す絢も緻密で読み終えて納得できる完成度の高さは、さすが傑作との評判高い作品だと思った。が、いまいち自分の中では表面上の関係性の下にある作家百田尚樹の意図が読みきれなかった。
「まだ何か文中に潜めた思いがあったのではないか?」
そんな気がしていたのだ。なので2冊目を読んだあとにもう一度読んでみようと思い、読後の書評は敢えて書かずにいたのだ。少し時間を空けて2冊めを読んだ今、ようやく気がついたことがあったので備忘録を兼ねてエントリを起こすことにした。

※画像はクリックで拡大します。映画「永遠の0」公式サイト

以下はネタバレ的な部分もあるので未読の方は読了後に閲覧願いたい。
私の読後感と比較するのもお楽しみの一つとなるかもしれないから。

<↓文字の表示色を変えています。読まれる場合はカーソルを入れて反転してお読みくださいm(_ _)m>


「永遠の0」の宮部久蔵が残した思いは、妻松乃を介し再婚後の夫賢一郎(健太郎の義理の祖父)に引き継がれていた。松乃は傷ついた日本そのものであり、久蔵も賢一郎もその時代の最前線を生きた「日本人の心」そのものだった。時代の変節とともにその「心」が失われようとしていた時、健太郎と慶子という久蔵の孫達は「久蔵の真実」を発掘しにかかるが、これは当時の日本人の歴史と思いを発掘することであり、尊い先人たちの精神を現在によみがえらせる行為に等しい。

そう、永遠なのはゼロ=ゼロ戦ではなく、軍国主義や官僚の体質によって踏みにじられた日本人本来の優しさや崇高な志である。マイナスから敗戦によって日本がゼロに戻った時、プラスに向かって歩き出すすべての日本人こそが永遠なのだと。
これが「永遠の0」の隠し言葉だったのではないか?
そして健太郎と慶子がその「0」を継承する日本の若者であることへの果てしない期待とその後の世代に継承される祈り。・・・ようやく今、この作品が理解できた気がした。

作品全体を貫く「熱い思い」、「個人の思いが届かない不幸な時代に真摯に生きていた人々」への限りない愛情を今は感じる。いや、最初から引きこまれ一気に読破したあのモチベーションは、私も作者の愛情を行間に感じ、離れがたい思慕の念を抱いたからではなかったか?それは読了後も感動的な余韻だけでなく心のなかでくすぶり、消えることのない痛みにも似た当時の日本人への感謝と今日本人であることへの誇りに違いない。

この作品によって私は「日本人であることの誇り」を確信できた。過去には忌まわしい歴史があったとしても、その当時の日本人が今の我々と何も違わない(いや、むしろ今よりもはるかに忍耐強く)「心優しい」共通の美意識を持ち得ていたことが嬉しかったのだ。

知らないはずはなかった。自分たちの父母や祖父母が自分に優しかったように、何時の時代を生きる人間も「優しく強かった」はずなのだ。悪意だけを刷り込まれた自虐史観から解き放つのに最適な作品だと思う。戦争を知る世代が「滂沱の涙」と共に読んだというのなら、それは自ら封じ込めた思いが開放されたことを意味する。

この1作を持って、ようやく日本は「戦後」から脱出できるドアを開いたのではなかろうか。

イデオロギーに凝り固まること無く、普通の人間の心情を織り込まれた優雅で美しい織物・染物を見るように物語は淡々と進んでいく。美しい織物にそれを織り込んだ匠の技と心が染みこむように、この作品もまた「永遠」の光彩を放つ。そんな佳作だった。


・・・う〜ん、今となっては2度読まないと気が付かない作品のポイントに少々ショックでもある(^^;)私の読解力も老化してきたのかもなぁ(爆)それとも私の自虐史観もかなり強固に染脳されていたのかもしれない。

特定の認識・思想を刷り込むことを「洗脳」と呼ぶが、「染脳」の方が的確ではないだろうか?「脱染脳」こそ「洗脳」というべきなのではなかろうか?軍国主義に染め上げられた日本人でも「日本人としての誇り」は保っていたことを考えると、戦後の自虐史観という名の「染脳」は、「言論や思想の暴力」にも等しい単一の価値観の押し付けだったという印象がある。軍国主義に染められた真逆の方向に「染脳しなおした」ように思えてならない。変に素直で従順な日本人は平衡点のゼロを通りすぎて、またもや逆のマイナスに落ち込んでいった。

天皇制と帝国主義と覇権・利権・精神主義のもっとも悲惨な融合が思考停止した官僚によって歯止めの効かない暴走を生み出し、それに惑わされた日本と欧米列強はそれぞれに外交に失敗した。実にくだらないことが重なって多くの命を失う戦争が始まってしまうが、そういう閉塞感が蔓延した状態で決断しない為政者たちが、冷静な分析すらできない思考停止に陥る。

それこそが戦争を生み出す要因であって、日本だけを悪とする自虐史観が続く限り、却って反動としての極右化から戦争への道を歩きかねない。かつてワイマールという「平和憲法」と莫大な補償金で徹底的に追い込まれたドイツのように、逃げ場のない閉塞感に再び日本を追い詰めるのは、「自虐史観に染められた、誤った無責任な平和主義」である気がしてならないのだ。

「永遠の0」が、だからこそ今生まれ、今読まれることに意味がある。そんな気がしてならないのである。

夢を売る男・・・さて(^^;)「夢を売る男」だが、出版業界の詐欺的商法を槍玉に挙げながら作家を夢見る人間の「虚栄心」「身勝手で浅薄な欲望」をえぐり出す冷めた筆致が痛々しい。自ら出版業界に身を置く作家百田尚樹渾身の皮肉だ。

特にブロガーに狙いを定めて自費出版ビジネスを仕掛けるあたりは、多くのブログ・ポータルが「書籍化ビジネス」を展開する点でさもありなんという話で、「1円にもならないブログを高頻度で更新するブロガーは自己顕示欲の塊である」という評価など、嫌味も甚だしい(^^;)
少なくとも私は自己顕示欲と言うよりは自分自身のガス抜き、精神衛生上のメリットを感じてるからこそ書いている。もちろん人目に晒す文章であるから、最低限の自己顕示欲は否定しないが<あるんかいな(^^;)

有名になりたいとか、本にして文化人の仲間入りしたいとか、まるでアイドル歌手を目指す妙齢の少女たちのような「打算的だが一途な無垢さも併せ持つ」部分は、全く無いわけである(爆)

百田尚樹は「騙される側」の心理を知り尽くした知能犯である牛河原の巧みな操縦術で、「騙す側の快感」さえ読者にいだかせる。軽妙でしたたか、狡猾で悪魔的な手管には、めまいすら覚える。作中で「元テレビ屋の百田何某」と自身を茶化し罵倒して見せてるのはご愛嬌だが腹立たしい話なのに軽妙な語り口でなぜか憎めない。
読んでいる内に登場人物たちの行動が「ちょっとしたコメディー」のように扱われ、欲望に動かされてしまう人間の弱さや愚かさを炙りだしてゆく。

永遠の0の丁寧な描写はここには見られず、まるで安物のドラマがストーリーをすっ飛ばし気味に走り出している感さえある。機を見るに敏、口八丁手八丁の主人公の人物像を重ねるように会話は踊り、出版希望者(カモ)も踊らされる。上述の「アイドルを夢見る気持ち悪い素人の群れ」にも似た「食い物にされる側のスケベ心」が何とも苦々しい。

最後の最後で出版界の腐った世界観をわずかに浄化してくれるのは百田尚樹ならではの「救い」なのか、これも「どんでん返し」の内なのか(^^;)それまでがひたすら守銭奴の浅ましき業行の羅列だけに読了直後の今は正直疑っている(爆)

しかし、百田尚樹は読み甲斐のある作品を書くものだ。これでは今絶好調に売れている「海賊とよばれた男」も読まない訳にはいかないではないか(爆)

なぜなら作家志望でないものの、本好きの人間は間違いなく騙される側の「夢を買う男」なのだから(^^;)

JUGEMテーマ:小説全般

Posted by soup2001 | comments(2)  trackbacks(0)



餌食【えじき】

インターネットが普及して以来、一般市民の側が獲得した力がある。それが「ノイジー・マジョリティ(うるさい多数派)」とも言うべき、「黙っていない連中」の批判・皮肉の発信だ。掲示板では時に討論が発生し、ブログでは炎上と言う表現で激しく罵り合うエジプト動乱にも似た(^^;)ネット騒乱だ。とはいえ、これはその問題に積極的にアクセス(検索など)したものが感じる世論の沸騰であり、局地的なことである。

まぁ、サッカー日本代表が優勝したアジアカップ関連の話題なら、本来場違いな場所でも言及される機会も多かろうが、政治談議や映画談義、ましてやアイドル談義やアニメ談義はマニアックすぎる部分において世論の中心にはならない。だからこそ気楽に楽しめるのだが、ひとつの事柄で妙なところで無関連のマニアがクロスする場合がある。今回は例のグルーポン「おせち」事件だ。

『グルーポンおせち問題』がついにFLASHゲーム化!

おせちゲーム
ゲーム本体

ゲーム自体の「とほほ」ぶりまでおせち並みとは恐れ入る(^^;)事件が露呈して2〜3日の公開と言うから、正月早々webゲームを作成していたことになる(^^;)さすが洒落に強いネットの住人たちだ(^^;)

そしてその次はフィギュアらしい(^^;)

グルーポンの「おせち」がついにフィギア化!見事な再現率に絶賛

おせちフィギュア

1ヶ月遅れの洒落だったが、事件を風化させないのはいいことだ(^^;)実際フィギュアとしてこのサイズにリアリズムを追求して完成させるにはこれくらいの時間が必要なのかもしれない。実際のおせち(の中身の薄さ)を再現するのはおそらく「立派なおせちを再現する以上に難しい」ことだったろう(^^;)

この社会では、一般市民が「悪辣な商法」の餌食になろうとも、民意の結集としてこれらの批判や各種の反撃が行われる。面白おかしく騒ぎ立てるのは不謹慎と捉える考える人もいるだろうが、法の裁きや行政処分よりも確実で迅速なこうした一般市民の「誹謗中傷」こそが反撃の手段となることを示している。悪徳業者こそが今度は彼らの餌食となるのだ。

こういう袋叩きは、既存マスメディアのある種得意とするところでもあり、政権担当者に対しては「批判」を超えた「誹謗中傷」的な世論を作り出すことで、自らが勝ち馬に乗ろうとする狡猾さも併せ持っている。

いずれにしても「敵」として標的にされないためのさまざまな危機管理に長けたものだけがこの災禍を潜り抜けられるのだろう。グルーポンはこの点で信頼を失った。おせち事件は誰もが認める内容のひどさもあいまって、商品としてではなく「ネタ」として非常にオイシイという二重に皮肉な結果になっているのだ。

いや〜こういう洒落に洒落が掛かってるようなネタは私の最も好物とするところだ。まったくグルーポンよ、いや、バードカフェよ、

ご馳走サマンサ(激古)



Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



エンディング・テーマ【えんでぃんぐ・てーま】

最近エンディング・テーマばかり聴いている。それもアニメ映画の。それもかなり暗い曲調のものばかり(^^;)



「イノセンス」(GHOST UN THE SHELL-攻殻機動隊 劇場版の続編)のメインテーマ曲である。オリジナルのジャズ曲かと思ったら、原曲はクラシックだった。

cygnus_odile の 雑記:follow me ( 試訳 )

ここにはその原曲もある。伊藤君子のバージョン違いのものも聴ける。

まるで死の世界へ誘うかのような妖しく甘美さが滲み出る曲。で、ありながらゾクゾクするような緊張感の漂う辺りがいい味わいだ。




thanatos-if i can't be yours- 歌詞
thanatos-if i can't be yours- 訳詞

旧「エヴェンゲリオン劇場版 まごころを君に/Air」 のメインテーマ。
THANATOS-IF I CAN'T BE YOURS-wikipedia

こちらも何やら「死の匂い」を感じさせる。思いつめた感じの内容。愛する何かを失う時の痛みを歌ったような切なさがいい。



「スカイ・クロラ」のエンディングで流れる主題歌(川井憲次作曲のメイン・テーマは別に存在する)。甘ったるいラブソングかと思ったら・・・こちらも哀しい想いが溢れている。

今夜も星に抱かれて… - 絢香

三本中二本が押井守監督作品だった。この人の選曲のセンスはかなり良い。三本とも共通するのは、現実逃避か(^^;)あるいは屈折した(演歌的)センチメンタリズムか(^^;)どちらにしても「死と隣り合わせの生」「離別と追想」「別の世界への誘い」のニュアンスが含まれる。
ちょっとアンニュイで暗いこんな曲ばかり選んでしまうのは、歳のせいなのか(^^;)秋という季節のせいなのか(カッコつけすぎ)・・・

奇しくも三本とも「自己のアイデンティティ」「死生観」に対する共通のテーマが底流にあるため自然とこういう雰囲気の曲調になるのかも知れない。しかし、暗いが決して弱くはない。むしろ「意志の強さ」を感じる。絢香の曲が唯一「幸せの記憶」をピュアに感じられて救いがあるものの、全体には「すべて今の自分にないものを求める」指向性もある。それは生きるもの全ての根源的なテーマなのかも知れないとは言え、決して明朗快活な表現でなく、苦痛か諦め、あるいは嘆きのような哀しい感情がつきまとう。

エンディングはひとつの「時間の区切り」を表すが、人は生きている限り「エンドレス」であり、「自分のエンディング」=「死」を表す以上、ひとつの物語のエンディングには必ず含まれるニュアンスなのかも知れない。

ああ、だから心に残る映画のラストシーンは名残惜しい気持ちになるのだろう。自分の存在をその映画に落とし込める場所を見つけていたのかも知れない。それなのに「まだ生き続ける自分を残して、映画は終わってしまう」その惜別に心が軋むのかも知れない。

そして、その感動は日々に薄れ、また別の映画で同じ感情を刺激される。これもまた生きる限りエンドレスな日常の1カットなのだが、本人以外それを記憶しているものはいない。次の感動がいつ訪れるのかが分からないが、私はそれを繋いで生きているような気がしたここ数日である。<う〜ん暗い(爆)
Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



遠景の騙し絵【えんけいのだましえ】



point of view=観点
It's more than just print=印刷以上

近すぎては見えない。離れてようやく見えることがある。この動画は比喩でもなんでもなく、視覚上のトリックを使ったタイポグラフィデザインの試みだが、原理的には「騙し絵」と同じ。ある一点からの視点でしか見えない文字列によるアート(芸術的表現)である。

えらく高尚な動画のように見えるが、何のことは無い。私たちの既成概念、固定観念に縛られた視点をはずして見ると、点でバラバラの線の羅列でそれ自体にはまったく意味が感じられないように見える、日々の日常を視覚化しただけのことである。ところが日々の日常の中でそれを「正しい方向から見える立場に立ち、そのバラバラのはずの線の意味を理解できる人間」は案外少ない。

これを、経済や政治に置き換えるとどうなるか。われわれ庶民は少なくとも全体を見える立場には立っていない。無意味にばら撒かれた税金や何かの新しい税金らしきものにただ戸惑うだけだ。しかしそれが高所から見下ろして正しく見ることができる人間がやっているのならまだ信頼も置けるが、どうやらやらせている側にも「正しく見えている人間」は居ないようだ。

このところの「非実在高齢者」騒ぎなどは、壁に引かれた無意味な線の1本と同じだ。引いてみてようやく現れた「住民基本台帳と戸籍の非整合性」。放置される不備だらけの記録。こんなことでは、国民のあまりに基本的なデータ管理がこの状態では、社会保険庁のようなずさんなデータ管理になるのも無理なく理解できる気がする。(^^;)
それだけ行政システムが機能しなくなっている、われわれの社会を構成する基本システムが老朽化し制度疲労を起こし、早晩使い物にならなくなってきているということなのだ。今回のことはその警鐘なのかもしれない。
・・・いや、そんなことはすでに何度でも目にしているはずだ。どれだけ国民が困窮しようとも、党利党略・既得権保護・権力闘争にしか興味を示さない政治ゴロのお祭りがこの国の最大の注目なのだ。すでに民主主義の総本山にして制度は崩壊しつつあるのを私たちは毎日のように見ているではないか。

まぁ、それは結果として国民の生活がよくなり、不公平感が解消され景気が浮揚すれば、少々の不満や制度の問題点は気にならなくなる。今、末期的症状に見えるすべての不具合は「今、しっかり検証し原因を探っておかなければならない重大な視点であるはずなのだ」

この次に首相になる人が誰であれ、そこまで見えているのか?それこそ小沢一郎は「少し離れた位置から」党や政府、国会と国民を見ていたはずだ。

・・・この動画のように、少し離れた位置から「正しく」この国が見えていたのだろうか?見えたつもりで近づいていったらまったくめちゃくちゃの線の羅列で収拾が付かなくなるような醜態だけは見たくない。それなら今のままでも十分である(爆)

この次騙されるのは・・・さて、どっちなのだろうか?



Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



英雄願望【えいゆうがんぼう】

まぁ、世の中には自分をとてつもなく「愛してやまない」どうしようもないナルシストがいる。昨日のクニオちゃんもその一人なんだろうが、悲しいかな本人以外は誰一人として「偉大な人物」とは思っていない。「バカボンのパパ」フィギアそんなクニオちゃんのような寂しい人のために、思いっきり妄想に浸ってもらう?サイトが出来ていた。
映画の中で「ヒーロー」として崇め奉ってくれる設定だ。と言っても莫大な制作予算を必要とはしない。
昔同じような妄想を持った挙句詐欺商法で金を集めて、自分をプロモーションするアクション映画を撮ったアホなオッサンがいたが、それよりは健全なナルシストにはぜひお勧めしたい。用意するのは画像1枚と2分弱の時間だけだ。

私はネットで拾った右の画像→
バカボンのパパのフィギア画像を使用した。(アップロード時にトリミング指定できる)

仕上がりは↓中央の三角を押すと読み込みが始まるが、現れた画面に再び(99)と出る。これはここからさらに99秒待ってくれと言うサインである(^^;)まぁ、時間のある方はじっくり待って見てほしい。バカボンのパパがどのように使われているか・・・ちょっと驚きの合成の仕上がりである。



大画面で見たい方はこちら>http://en.tackfilm.se/?id=1269005701265RA24

自分でも作ろうと言う方は、4MB以下の画像を用意して↓へアクセス
Make a thank you movie!
(イントロスキップで画像アップロード画面へ)

どうやらヨーロッパの衛星放送局のプロモーションムービーらしいのだが、好みの画像を合成して映画仕立てで見せるというのは手が込んでいる。時間はかかるものの、たいした技術だ。面白い。

昨日の続きではないが、お好みの画像で、あなたも映画を1本いかが?(^^;)

Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



エンター【えんたー】

非情口「エンタ」と書いた場合、すぐに思いつくのは「エンターテイメント」の略語だろうか。PC使いには入力確定のenterキーかもしれない。「enter」は「入る」と言う意味があり、「入学」「上がりこむ」とか何かに加わったり、設備・場所の中に入ったりする意味がある。関連語の「entrance」はそのものずばり「入口」だ。

イチローの9年連続200本安打達成は「入口」ではなく「出口」かもしれないが、未踏の大地への「入口」でもある。彼ほどの実績をもってしても重圧に苦しむことは避けられず、自分の残した実績ゆえに重圧も大きくなるのは人生の皮肉とも思えるが、それが「やりがい」でもあるわけで、何をやってきたかわからない「空気のような仕事ぶり」の敗残自民党議員と戦々恐々としている官僚には、おそらくイチローの高潔なプロ意識は微塵も無いことだろう(爆)

鳩山政権がそろそろ具体的になりつつある今日、民主党の大勢力の1/2近い新人議員ももうすぐ国会の入口に立つ。そして今日、私にもある「具体的な結果」「私にとっての入口」が見えた。
求職で履歴書を送りまくり、面接3箇所目でようやく内定を頂き出社日の連絡をもらったのだ。。面接打率は3割と悪くないが、履歴書送付はトータル19社、約1/20打率、0割5分・・・消費税と同じ確率では良いとは言えない。それでもこの際、合格ならば文句は言うまい(^^;)

実は先週の月曜の時点で、「採用内定です」との返事はもらっていたのだが、出社日が確定せず、昨今のご時世では「内定取り消し」もありえない話ではないため、出社日の連絡が来るまで、応募こそしないものの最悪に備えて別の就職先を探し続けていたのである。
幸か不幸か私のキャリアとしては今までで一番大きい会社である(^^;)しかも業界はコレまで属したことの無い業界、不動産業だ。とりあえず内定をもらい「やれやれ」ではあるが、就業の条件については最初の出社日に正式な労働契約書を見てみないと微妙なところでもある。応募時にこちら側がかなり幅のある「就業パターン」を提示したため、最悪週3日のパート〜最高で正社員のフルタイム勤務のどのあたりになるか見当が付かない。まぁわざわざ出社日が決まる以前(受け入れ態勢が整う前)に連絡を入れてくれたのは、悪い感じはしないが、そこから1週間かかってる点は「処遇に苦慮した」可能性もある。キャリアの実績部分だけを望まれたのであれば、良くても1年間限定の契約社員のパターンか?・・・どちらにしてもあまり期待はしない方が良いだろう(^^;)

前職の勤務先(週1〜2度お手伝い、引継ぎをかねて数時間単位で勤務していた)にも連絡を入れ、ちょうど締め日の20日で完全退社となる。明日も呼ばれてるがそれが最後の勤務になるだろう。

前述のイチローではないが、転職を繰り返す私がいつも思うのは、「入口と出口は同じであることが多い」ということだ。スーパーなどでは入り口専用、出口専用が決まってるものもあるが、たいていは入口兼出口である。仕事への入口はひとつだが出口は結構種類がある。そういう意味では私はいろんな出口を経験してきた。そしてその「組織とのかかわりが中間的な状態」と言う点で入社直後と退社直前は雰囲気がやや似ている。入社直後は試用期間であることが多く、正社員雇用でも待遇が正社員ほど確立していない。社内の対人関係もどこか「よそ者」「金を払わないお客さん」的な微妙な空気感がある(^^;)辞める前も「もうすぐ部外者になる人間」にはそれまでとは違う緊張感が漂う。その緊張感自体は嫌いではないし大組織ゆえのしがらみが無い分、気楽ではあるが早々「極楽とんぼ」を決め込むことも無理だろうし、自分の置かれるポジション次第では、どっぷりしがらみに漬かる必要もあるかもしれない(汗)

とはいえ今は入口に至る道筋が見えただけだ。先のことは案じても仕方が無いし「その時なにができるか」がまた試されることになにやら期待感を持って「楽しんでる自分」すらいる(^^;)

・・・あ、いや何も、それを「エンターテイメント(娯楽)」と思っているわけではないので念のため(爆)

JUGEMテーマ:仕事のこと


Posted by soup2001 | comments(3)  trackbacks(0)



栄誉【えいよ】

ノーベル化学賞、野依 良治氏のノーベル賞メダルノーベル賞の大量受賞が、不景気な話題の多いこの時期には一服の清涼剤となっているが、私が子供の頃は1949年湯川 秀樹、1965年朝永 振一郎、1968年川端 康成の3人で、気がつくと今回の受賞で16人と約5倍の数になった。
わが国の発展も大したものだと思いたいところだが、国別の受賞者をみるとアメリカの304人を筆頭に欧米先進国の圧倒的勝利だ。
全体の8位、アジアの第1位であるがアメリカの20分の1でしかなく、同じアジアでは、インドの4倍、日本を目の敵にする中国の8倍で韓国の16倍である(^^;)

色んな分野での日本のランキングの平均的な順位にも感じるのが妙に納得できるのだが、資源を持たない国の技術立国指向を示す証拠でもある。同様に資源国で無いイギリスがアメリカに次ぐ第2位と言うのも興味深い。近代文明の祖、産業革命が始まった総本家らしい成績である(^^;)

画像はノーベル化学賞、野依 良治氏のノーベル賞メダル。
(画像元リンク「備忘録:国立科学博物館 」)


ただ、日本の受賞者でもその半数近くは海外での研究活動が多く、日本に在住し、日本で研究している学者は最近は特に少ないようだ。まるで一流選手を根こそぎメジャーに持っていかれるプロ野球界を見る思いである(爆)
プロ野球選手がメジャーを目指すのはやはり世界最高峰がそこにあるという目標になっている点であり、高額な報酬も無縁ではない。学者も研究できる環境と評価される環境のある場所で働きたいと思うのは当然の話だ。
一時期話題になった「404特許訴訟」のようなレベルでは日本や国内産業に技術は育まれないわけである。この裁判での裁判官が示した功績評価額は1000億円以上と言われる。だから判決で200億円の支払命令が出された訳だが、実際に和解した額は8億円(^^;)原告の中村修二氏は現在、出身企業はおろか日本も離れ、カリフォルニア大学サンタバーバラ校で教授をしている。

評価される環境と、評価する側の環境がこの国に無い訳だ。これでは将来アメリカに追い付くどころかブッチ切りで差をつけられるばかりだろう。こういう「必要な部分に充分に投資する発想や器量」が日本の企業に損なわれているとしたらひたすら不幸だ。
なにより「評価するべき相手に評価を与えない」その態度は、コスト至上主義でワーキング・プアなど格差社会を生み出す根っこであるように思えてならない。

日本のプロ野球ではセ・リーグの覇権が決まった。ジャイアンツの連覇、最大13ゲームの差をひっくり返しての快挙だが、今年のジャイアンツの快進撃にはファームから上がってきた生え抜きのベテランに「才能を発揮できる環境=出場機会を多く与えた」ことも無縁では無いように思う。他球団からの補強だけではこういうことにはならないとも思えるのだ。もっともジャイアンツもタイガースも報酬の高額な点や注目度の大きさで言えば(昔ほどではないにせよ)日本国内ではメジャー級と言えるのだろう。
どっちも他所の球団から主力選手を持ってくるのが大得意である。過去の補強を見ると、ジャイアンツはスワローズと、タイガースはカープと順位が入れ替わっていてもおかしく無いのだ(爆)

まぁ、どっちにせよ栄誉とは縁の無い私が愚痴っても仕方が無いことだが、「いちゃもん・難癖をつける才能」だけは、ひょっとするとノーベル賞級ではないかとひそかに思っていたのだが、イグノーベル賞と言うものがあるのを知り、自分の自信がまったくの自惚れでしかなかった事を思い知らされた(^^;)上には上があるものだ・・・というよりこれらの受賞者は本業もちゃんと評価される仕事をしている人ばかりである。やはり私が貰えるとしたら「(いちゃもんを)述ーべる賞」位である・・・という最低の駄洒落でオチをつけるしか無いのだ、すいませんね(^^;)

せめて、その駄洒落「ええよ」と言ってくれたら多少は報われるのだが(爆)
Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



栄光と挫折【えいこうとざせつ】

昨夜の話題だが野球は韓国が金メダル!

韓国の皆さん。優勝、金メダルおめでとう!

これで今日の日曜はさしづめ大阪鶴橋のコリアンタウンは焼肉&キムチ半額か?(^^;)

実のところを言えば、日本が勝てないのであれば世界最強はキューバであって欲しい・・・つまりアジア最強はまだ日本だと思って居たかったのも偽らざる心境である。しかしなんだかんだ言っても全勝無敗でもぎ取った完全優勝の前には、兜を脱ぐほかは無い。
一昨日のソフトボールをピークに日本勢は衰退ムード。リレーの陸上男子での日本勢初メダルはあったにせよ、4勝5敗の日本野球は予選リーグを勝ちあがっただけの屈辱的な惨敗となった。「金メダル」を至上の命題として臨んだ大会。なおかつアジア圏での開催と地の利を生かせなかったのは惜しまざるを得ない。調子の上がらぬ選手たちを選ばざるを得ない星野監督も苦しかったことだろうし、前回アテネより一層戦力の低下したチームを率いる羽目になった点など同情も禁じえない。

皮肉なことにアメリカ・日本と多くの超一流選手をメジャーに輩出した両国が3位・4位に甘んじ、国をあげての野球王国を目指したキューバと、レギュラーシーズンを止めてまで世界戦への意気込みを示した韓国が決勝に進むのは必然だったのだろう。栄冠を勝ち得たのは韓国だったが、WBCに続き、アジア勢が世界戦を制した意味は今後いろんな形となって現れてくるかもしれない。
世界大会ともなれば審判の判定が毎回各競技で物議をかもすが、野球もまたボール・ストライク、ハーフスイングの判定ではかなりのバラつきが見られた。野球は団体競技に見えるが、ピッチャーの投じた球をバッターが打つと言う「個人対個人」の競技でもある。そういう個人競技の集合体である側面を考えると、メンタルに非常に影響を与える判定のゆらぎは世界競技としての野球の課題ではあるだろう。また、JUDOがそうなったように、野球が将来オリンピック種目として復活する場合、タイブレーク制以外でもさらなるルール変更を余儀なくされ、我々の知っている「野球」とは離れていく可能性は否定できない。
今日の男子マラソンも日本選手は1人欠場。結果はメダルに遠く及ばない結果だったが、スポーツで勝利するために、科学的戦略が不可欠な時代にあって無様とさえ思える調整の失敗。それも男女揃って・・・は陸連の責任問題に発展する可能性もある。

結果的にメダルに近づき、メダルから遠のいた、上下幅の差が少ないよく言えば「底上げ日本勢」であって、突出する勢いを出せなかったあたりは、スポーツ戦略に欠けるJOCの体質にも一因があるだろう。

それでもやはりスポーツは良い。試合時間がテレビ局やスポンサー企業(外国テレビ局)の意向で変更されるなど、「平和のための世界的スポーツの祭典」から「スポンサーの政治力の強さで運営その他を左右される単なるショー」になって行く流れは当分変わらないとは言え、鍛え抜かれた人間の可能性とひたむきな勝利への希望、執念、情熱を感じられるオリンピックは、やはり人々の心を強く捉えて離さない。

それだけに中国のように国威高揚の道具として「スポーツ先進国」「スポーツ強国」を目指す指向はプロパガンダ的な胡散臭さは伴うし、それだけの栄光の陰に中国の中にも多くの挫折を生み出しているはずである。中国系のニュースサイトによると「中国の金メダリスト生産のコストは日本円で10億円」という試算記事も載っていた。
中国の外交などを見ると日本などよりははるかに戦略的でしたたかさを感じるだけに、こうした「費用対効果」の面でも日本のスポーツ振興とその戦略性の無さを感じる訳だ。

JOCが今回の結果を「惨敗」と見るのはおかしいし、「大成功」と考えるのも違う気がする。選手側とサポートする側の意思統一や戦略がどこまで練り上げられていたのか、そしてその意図がどこまで反映・実現できたのか。
それらを検証して初めて「日本の北京オリンピックにおける栄光と挫折」は語られるべきでは無いだろうか。

・・・と、見てるだけの外野で自分に戦略も強い意志も持たない私はテレビの前でごろごろしながら勝手なことをのたまっているわけである(^^;)
Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



英雄【えいゆう】

野球界の英雄である「英雄(ひでお)」の引退の報に時代の移ろいを感じる。そう言えば今年は桑田も引退。日本とメジャーで話題をさらった選手の相次ぐ引退。そして恐らく故障まみれの怪物清原も今季限りが予想され、時代を作った英雄(ヒーロー)が去ってゆく。

振り返れば野茂の足跡は驚くべきものがある。野茂英雄(wikipedia)

F1界における日本人ドライバーのパイオニア、中嶋悟。未踏の大地に向かったその背景には、純粋な「世界最高峰への憧れ」もあっただろうが、「停滞する日本国内」への不満も無いわけではなかったろう。しかし野茂の場合はハッキリ言って「期待されて送り出された」というよりは「球団の意に従わない奴は出て行け」と、追放にも近い扱いだったのだ。
実際ファンもその当時、「野茂の変則フォームと持ち球のフォーク・ボールである程度はやれるかも」とは思っても、「制球が定まらない欠点が致命傷にならなければいいが」と、心配はしてもさほど期待していなかったというのが本当だった。
しかもこの年は故障もあって成績もそれまでに比べても凡庸なものだったため、メジャーであれだけ活躍した時はむしろ驚いたのだ。



CMの動画を見つけたのでこちらを入れておく。「殻破り」は当時、ちょっとした流行語にもなったのを思い出す。

とにかく「ひでお」が「えいゆう」になった途端、手のひらを返したように「日本のヒーロー」ともてはやした私を含めた日本人の卑しさを私は忘れない(^^;)
そういう意味では「(見る側にとって)痛いヒーロー」だったかもしれないが、彼の在籍した近鉄は、ついに「日本シリーズ優勝経験の無い球団」として終焉した。楽天のように身売りではなく新設された球団があるから、唯一の球団であるかはわからないが任意引退扱いだった関係で日本球界に復帰しても「選手」としてはオリックスに権利があるらしく、もはや日本でもあのトルネードを見ることは無い。そう思うとちょっと残念だ。

数年休んだ後、「マスターズリーグ」あたりで見られたらちょっと嬉しいかも(^^;)
なにはともあれ、長い間お疲れ様でした。
Posted by soup2001 | comments(4)  trackbacks(0)



エコ料亭【えこりょうてい】

偽装に使い回しと客を馬鹿にしてるとしか思えない「高級料亭 船場吉兆」がついに再建を断念。廃業・解散と言うことになったようだ。食い倒れの街大阪においても「名店」と称された料亭だったが、料理の腕は一流でも倫理観は最低な店であることが次から次と露わになってはもはや生き残れまい・・・と思っていたら、実際そうなった。



発展途上国のホテルの料理は結構使いまわされると言うことを聞いたことがあるが、船場吉兆もそういう国でなら再建可能かもしれない(^^;)食物の素材を無駄にしない、ある意味「エコロジカルな店」であることは疑いが無いからだ(爆)



さて、問題の店は無くなったが、そこで勤務していた従業員は「他店で使いまわす」ことになるわけだ。人材のリユースである。まさか「船場吉兆」のような愚行を繰り返すことは無いと思うが、もし「船場吉兆エコ・ウイルス」に感染する店が増殖するようなら、いっそ「リユース食堂」としてちゃんと事業化しても良いかもしれない。



保健所が目くじら立てて飛んできそうだが(^^;)衛生面で問題の無いような調理方法加工技術を駆使すれば良い。他人の箸がついてはいないものの、スーパーなどの惣菜に使われる素材は明らかに生食用の素材を加熱調理したものだろうし、その売れ残りを再加工調理したと思われるようなものもある。



貧乏ゆえにそういう「安い惣菜」をさらに閉店間際の半額セールを狙って買う私はなんてエコな人間なんだろうか(爆)いや〜・・・やっぱりね、船場吉兆の腕前でスーパーの惣菜を扱うとどれほどの味になるのか、ちょっと興味があるわけなのよね(爆)<意地悪すぎ
Posted by  | comments(2)  trackbacks(0)



炎上【えんじょう】

昨日の激務の後遺症か、やたら眠くて仕方が無かったが、とりあえずいつもの屋内での業務で一息をついていた。世間では今日も9人が熱中症で死亡。今月に入って56人の死者を出しているらしいが、こうなるともう立派な災害だ。台風や地震などの被害者数と差が無い様に思うのは考えすぎだろうか?最も静かに忍び寄る災害としての「真夏日」。

熱中症と効いて思い浮かぶのが

せんせーの、なまえは、きたの、こーだい!

1という御馴染み(というにはかなり古いが)のフレーズで知られた水谷豊主演のドラマ「熱中時代」。
当時はこういう熱血漢の教師を「熱中先生」と呼んで、教師の鑑ともてはやしたものだが、最近は「熱中症患者を出しかねない先生」のように聞こえてどうも人聞きが悪い(^^;)


熱いと言えば、時々ネットニュースで「誰それのブログが炎上している」と出ることがある。最初は「火事場の野次馬」よろしく「どれどれ」と覗きに行ったものだが(^^;)ネットニュースに出るくらい大炎上してしまうと、アクセス不能になっていたり当該記事は削除されて、違うエントリに飛び火していて「話が見えない」状態だったり、興味を持った部分の解決には程遠い情報のゴミの山に埋もれるのがオチだと気が付いた頃から時間を置いてから「後日談」のエントリを検索する程度にとどめている。どこの誰が「非常識」だとか「反社会的な言動だ」と言ったところで、それはネットだから「思わず観衆の目を忘れて本音をこぼしている」うっかりものの所業であって、失言を繰り返す「政府要人」や大敗北を喫したにもかかわらず開き直って居座ろうとする「非常識な首相」を奉じてるこの国の住人にとってはなんら珍しくも無いはずなのだ。

そりゃ「あの亀田兄弟が揃って性転換手術を受ける」というような、太陽が西から昇るような衝撃的ネタで「論戦と言うかボケと突っ込みの応酬で炎上状態」のブログなら、プレミア付きのチケット買ってでも見たいものであるが(爆)<彼らの試合はもう見る気がしないけどね(^^;)

結局のところ私憤の捨て場所として利用されてしまった「大炎上公衆トイレ」と言ったところだろうか。いや全く、臭そうじゃなくて、これがホントのヤケクソなんてオヤジギャグでもなくて、スケープゴートにされている感もあるのである。
もちろん最初の火種が起こった時に最善の対応が出来なかったから火が大きくなるのだが、言葉のニュアンスの問題で真意を誤解されるなどはありうる話だし、また最初のエントリが私憤をぶちまけるが如くの問題のある内容だった場合、さっさと自分の非を認めればともかく、理屈をこねだすと火に油状態の爆発炎上となるようだ。

焼け跡が削除もされず半焼くらいで残ってる場所(^^;)を何度か見たこともあるが、膨大なコメント欄には「言いたいことを全部先に言われて、昂ぶった気持ちを抑えきれず、2ちゃんねる厨房的にただ罵倒するしかない」ような稚拙な発言がかなりの数見受けられた。火種をつけてしまったブログ主はもう言うべきことだけ言って放置プレイに徹するしかない。

ただ、有名人ならともかくそんなに有名とも思えない「政党の関係者?」や「芸能裏ネタにやたら精通している」ブログなどが突然炎上したりすると、自作自演の宣伝活動?と思えるくらい変な波及効果があるようだ。それだけネット野次馬が多いということか。まぁ私自身その中の一人には違いないのだが(^^;)

結局のところ、「ディベートとは程遠い言葉の暴力を振るいたくて仕方が無い」(としか思えないような)連中がネットにはわんさかいるようだ。攻撃目標を常に探査しているレーダー攻撃ヘリか、ポケットに刃物を忍ばせて町を徘徊する危険人物と変わらない。彼らにとってはそれが「正義感」に起因するものであっても、傍目には「正義を振り回して破壊活動を繰り返す某米国」のようにさえ見える。もしくは「魔女狩り」のハンターというべきだろうか?

ブログのランキングや紹介サイトも数え切れないくらいあるが、どうせなら「ただいま炎上中」とかのウォッチサイトなど誰かやってくれないものか(爆)もちろんエッセンスだけのまとめサイトとしての機能を期待するのだが・・・う〜んこれはひょっとすると「ネット上のワイドショー」並みに「存在意義の薄い」サイトに陥る危険性があるなぁ(^^;)
Posted by  | comments(0)  trackbacks(0)



エゴロジー【えごろじー】

今夜テレビで「アニヤ・なんとか」(^^;)のエコ・バッグの騒動が語られていた。「オークションで転売」目的で並んでる「業者」ならともかく、たかが「エコ・バッグ」。ブランド品としては格安かもしれないがあそこまで殺到し、パニック騒ぎを起こすほどのものかと思う。
私はそもそも「行列に並ぶ」のが大嫌いなので、「行列ができる○○屋」の類に並んだことは無い。結局商売人の「煽り」に乗せられてるだけのことに一喜一憂することの馬鹿馬鹿しさを禁じえないのだ。

しかし時にはどうしても並ばざるを得ないこともある。スーパーなどでの買い物のレジ待ち、電車の券売機での行列、行楽地での公衆トイレなどだ。
幸いにして「人の多いところに興味が無い」ので、並ぶことでストレスを溜める頻度が少ないが、その分「並ぶ」ことの耐性が弱く、少し待たされただけで痺れが切れてしまう。せっかちなんです。ハイ(^^;)

並んでも「人が持っていないブランド品を買いたい」というのは物欲に支配されたエゴでしかない。しかし、「並ぶのが嫌い」というのも「自分の都合上、不便なことを嫌う」というエゴである。なんだ、私は「エコ・バッグ欲しい」症候群の連中と五十歩百歩ではないか(^^;)

少なくとも自分のエゴをコントロールできない人間に「本当のエコロジー活動」は向いていないと思うのだがどうだろう?

エゴイスティックと言えば、中国の「段ボール肉まん」のニュースなど、「モラルの低い中国人」と言うイメージを定着させるだけで、よくこんなニュースが中国政府の検閲にかからなかったなと不思議なほどだ。
禁止薬物・危険な成分を含有又は使用した製品のニュースがこのところ毎日のように流されている。韓国は韓国で「ベンツが現代(ヒュンダイ)自動車の製造したエンジンを使用することが決まった」などという「誤報・虚報」が流されていた。あの国は相変わらず「妄想癖」が抜けないようだ(^^;)

・・・などと「対岸の火事」を笑ってるこちらの日本にしても、社会保険庁の「犯罪的怠慢と不正」や「産地偽装」食品はちょくちょく出てくるし、なんだなんだ人のことは言えないじゃないか(爆)

どうも「自分さえ良ければ」的なエゴロジーの方が流行しているとしか思えない。いや、それはそうだろう。エコロジーはたかだか十数年ほどの歴史しか無いのに比べて、エゴロジーはおそらく人類発祥の昔から続いてきた習性なのだろうから。
人間って中々進歩しない動物だなぁ・・・少なくとも心の方は。
Posted by  | comments(2)  trackbacks(0)



エイプリル・フール【えいぷりる・ふーる】

四月馬鹿というけれど、
四月阿呆じゃダメですか
四月ボケも却下かな。
四月ダラもだめだろう。
ウソをついていい日が
なぜ4月1日なのか、
Wiki先生を見てみると
切に悲しい起源あり、
笑いの陰の歴史の闇に
世の無常をふと思い、
せめて今日だけは誠実に
生きようかとも思ったが
私には無理だと諦める。

中途半端な馬鹿にしか
なれない我が身に失望し
せめて属性だけでも
馬鹿でかく(^^;)
見づらかったら
ごめんなさい。(爆)

Posted by  | comments(2)  trackbacks(0)



エアギター【えあぎたー】

「エアギター」というのはいわゆる「弾き真似」ともいうべき「形態模写」に近い。実際のギターを持たず、「いかにもノリノリで弾いている風のボディアクション」を演じるものだ。今日のネットニュースで思わず笑ってしまったのが、「ダイノジ」おおちがエアギター世界一というものだった。「ダイノジ」のおおち・・・って言われても全く知らないが(^^;)なぜか「エアギター世界選手権」の存在だけは知っていて、よくもこんな馬鹿馬鹿しい競技の世界大会があるものだと感心というか呆れると言うか、とにかく開催地のフィンランドというお国柄の一端を見る思いなのだ。

スキーのジャンプ競技の「アホネン」などは有名だろうが、私のようにモータースポーツ好き(特にF1)にはフィンランドという国はちょっと特別な国である。WRC(ラリー)のマキネン、F1のハッキネンなどの世界チャンプを輩出した国でF1のミハエル・シューマッハーの引退後にフェラーリに移籍が発表された「ライコネン」という次世代のスターをも擁する「モータースポーツ大国」だからだ。日本勢はモータースポーツと言うとせいぜい2輪で125ccなどの小排気量カテゴリーで世界チャンプを生み出すのがやっとで、4輪では日本人の世界チャンピオンはまだ出ていないのが現状。「モータースポーツ発展途上国」なのである。メーカーではホンダ・トヨタ・スバル・三菱など「製造者部門」で栄冠を得たことは幾度もあるが、運転者側にはまだそこまでの高みに到達したものがいない。私の目の黒いうちには一人くらい何かのカテゴリーで世界チャンプになって欲しいと思っている。

それだけにこの快挙は素直に喜びたいところなのだが、フィンランドだけに
「ダレヤネン(誰やねん)」>おおち
というのが正直なところである(^^;)


YouTubeで見られるらしい・・・他のエアギタリストも多数。

しかし馬鹿だねぇ・・・ほんっとに馬鹿だねぇ(爆)
・・・でもこういうの大好き(はぁと)
Posted by  | comments(4)  trackbacks(0)



栄冠【えいかん】

この夏の高校野球はこれまでになく盛り上がったようだ。「ようだ」と言うのは残念ながらろくに見れておらず、決勝戦の後半をうとうとしながら見たのがまともに見た最初で最後だった。決勝再試合も勤務先のテレビを社長がつけるまで忘れていて、「斉藤」という恐ろしくタフなピッチャーが最後のバッターを討ち取る場面だけは見ることができた。NHKの視聴率も30%越えと、乱打戦が多かっただけに劇的、奇跡的な逆転劇も多々あり、ホームランも量産されるなど、「高校野球らしくない」ダイナミックな展開が随所に見られたのが全体の盛り上がりにつながったようだ。

元々トーナメントを戦う高校野球は「一球」のドラマが作られやすい上に、100g重くした「規定バット重量」に各校球児が対応しガンガンかっ飛ばして見せたのが見る者の心を捉えたのかも知れない。

打つだけでなく「斉藤投手」は4連投で決勝戦15回の表や再試合の最終回でも140km台の速球をビシビシ決める、これまた「高校生らしくない怪物」ぶりを見せてくれたのもファンの心を鷲掴みにしたのだろう。そこには「高校生」とか「子どもたち」という表現では失礼とも思えるほどの「完成されたアスリート」の姿があり、私などは終わってしまってから「もうちょっと見て置くんだった」と後悔しきりだったのだ。

ただ今年はそれ以外にも「いつもと違う」夏であったようにも思う。ジャイアンツのボロボロ大負けの惨状の連続にテレビ各局が軒並みプロ野球中継(巨人戦)の地上波をやめてしまったため(一部UHF局などは除く)「ひたむきな高校球児にくらべてなんともチンタラ試合をこなすプロ選手の醜悪さ」が見られなかったのだ。

しかも昼の高校野球がコレまでになく面白くホームランは出まくるわ、好投手は連投してもナイス・ピッチングは連発するわでは、「プロのお株を取られた」様に感じてしまっても不思議ではない。私などはそれなら「高校野球」を一日4試合もするのではなく、2試合ずつナイターなども交えて夜の時間帯にやってくれないかと思ったほどだ。実際この方が「未来のある球児たちの身体」を考えるなら適切だと思う。・・・応援団は宿泊費用がかさむだろうが(^^;)

栄冠を得るための血のにじむような努力は「プロ野球」の方が行われているはずなのに、「高校野球」に「観客の喜ぶ質の高い、レベルの高い野球」をされてしまっては「プロ野球選手」もおちおちいい加減なプレーはできまい。

試合進行も早いし、こういう点でも「観客のニーズに応えた野球を見せた」高校球児すべてが「栄冠」を受けるにふさわしいと思う。

野村<楽天>監督の苦虫を噛み潰した顔や、野村<楽天>監督の苦虫を噛み潰した顔や、
野村<楽天>監督の苦虫を噛み潰した顔や、野村<楽天>監督の苦虫を噛み潰した顔や、
野村<楽天>監督の苦虫を噛み潰した顔
しか売りが無いプロ野球ももうちょっと努力が必要であろう。・・・あ、私はプロ野球の中継はスカパーの<楽天戦>くらいしか見てないので恐ろしく「偏った意見」ではあると思うのだが(爆)
Posted by  | comments(0)  trackbacks(0)



遠近両用【えんきんりょうよう】

なんだか毎日のように「自分の年をとった実感」を書いているようで情けない限りだが(^^;)先週の土曜、たった一人の休日出勤時に遠近両用眼鏡を作りに行った。眼鏡を作るときは視力検査と完成後の度の確認なども行うので通常出勤で忙しく働く同僚が横にいる状態では「長めの昼休み」がとりづらかったので、唯一のチャンスだったのだ。
これまでも何度か作ろうと思ったことはあったのだが、なかなか気に入るフレームに出会えなかった。最近は縦方向のサイズが狭い(横に細長い)形状の眼鏡が流行のようで、上下の視線の移動で見分ける遠近両用眼鏡には不向きなフレームばかり。なので少々古くさいタイプではあるのだろうが、地上波テレビ並の縦横比のフレームを見つけたとき、ようやく煩わしい老眼の苦痛から解放されるときがくるとホッとしたのだった。

余談だがこの検査時に判定用にかける眼鏡はかなりチープで、今時コメディアンでもこんな眼鏡かけないと思われるほどダサい(^^;)そこにいろんなレンズを組み合わせて「見える度数」をチェックしていくので、ロイド眼鏡につまようじが多数刺さっているようなトンでもな状況になる。私のように近視に乱視に老眼とトリプルにトラブった視力の持ち主は予想以上の時間を浪費してしまうのだ(^^;)

そういう事情もあったのだろう、通常の眼鏡であれば即日渡しも可能なほどスピーディーな眼鏡屋でも、さすがに「遠近両用は1週間ほどかかります」と言われた。かけてみて問題なさそうであればそのまま帰れるが、少しでも「酔い」の症状のような悪影響が出るようなら、度数を調整して作り直しになるとのこと。下手すりゃ数週間お預けを食らうかも(^^;)

視力に障害を持たない人には、まずこの苦痛(わずらわしさ)は理解できない。私がまだ20代前半のころ、「目だけは健康優良児」という友人が、「近視」に興味を持った。

「どんな風に見えてるん?」
「目の力を抜いてだら〜っと見るでもなく、見ないでもない中途半端に焦点をあわせる感じかな?」
「・・・・あかん、どうしても焦点あわせてしまう」
「無理にせんでもええがな。ちゃんと見えてるんやし」
「なんとか感じつかむ方法無いのん?」
「なんでこんなしょーも無いこと興味持つねん」
「・・・・」
「ん?」
「つまり・・・俺の女が目ぇ悪いから・・・」
「近視?めがね掛けてへんやん。あ、コンタクトか?」
「そや」
「ほほー、彼女の気持ちを理解したいわけや」
「まぁな」
「うぉぉぉぉぉぉぉぉーーー愛やのぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!」
「もぉええて、茶化すな」
「わはは、照れる照れる、カワイイ奴っちゃなぁお前(^^;)」
「シバクぞ!しまいに!」

結局その話をしていたのが私の自宅で、当時私はカメラ小僧をしていたので(^^;)・・・といっても鉄道マニアでもなく、盗撮マニアでもない(念のため)(^^;)・・・一眼レフのアウトフォーカス状態(ピンボケ)が近いことを思い出しファインダーを覗かせた。

「うわー、こりゃうっとおしいな」
「俺もめがね外したらこんな感じや」
「怖いやろ」
「外歩くときは不自由に感じるな。チャリンコもさすがに乗ろうとは思わへんし」
「ふーん・・・ほなこの状態でめがね掛けたらみえるんか?」
「多分」

レンズの前に私の掛けているめがねをかざしてやった。

「うぉーほんまや!ばっちり見える」
「俺の場合はコレに乱視が入るから、ボケた上にダブってんねん」
「そら、めがねが無かったら生きていけへんな・・・ちゅうことは俺の<視力がエエ>のは結構ラッキーなんやな」
「やっとわかったか(^^;)」

そいつがその後、彼女に「何かをしてやった」とかは聞いていない。ただ、そいつがそのとき彼女の抱え込んだ煩わしさを理解しようとしたことは確かだ。・・・はて、今のヨメさんはそのときの娘だったかな?違ったかな?(^^;)
そいつも昨年か一昨年ついにめがねデビューを飾った。元の視力が良かっただけ「老眼」という「遠視状態」は「近視」の人間より早く訪れるからだ。ただ、手元を見るとき以外は必要としないので仕事でデスクワークをするとき以外は必要ない。車の運転時もただのサングラスだけでOKなのはちょっと羨ましかったりする。

レンズに度を入れる必要のある人間には選択できないサングラスがあるからだ。キアヌ・リーブスが「マトリックス」でしていた顔の曲面にフィットするように湾曲したサングラスは私には装着できない。まぁ、私がサングラスしたところでせいぜいジョン・ベルーシ(ブルース・ブラザースの太った方)がいいところなので、チンピラやくざ風にしかならないのだが(爆)
Posted by  | comments(0)  trackbacks(0)



S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>



目次&ランダムピックアップ

現代用語のクソ知識の目次

当ブログの目次(管理人のオススメ一覧)です。かなり古い時事問題に関する記事もありますが、当時を思い出してご覧いただけると幸いです。



↑上のボタンを押すと、ランダムにエントリを表示します。
もしもエラーページが出たら、ごめんなさいm(_ _)m「戻る」ボタンでエントリを表示するまでお試しください。

言い訳ページはこちら(^^;)

---------------------------------
---------------------------------






マウスコンピューター/G-Tune

 RSSリーダーで購読する

Profile
Archives
Recent entries
blog parts







マウスコンピューター/G-Tune

エニアグラム診断によると私はタイプ4番でした。
無料診断のできるサイトはこちらです。
Links
tools


悪徳商法マニアックス




簡単自動登録
無料でSEOならSEO.CUG.NET

大黒天
金運アップブログパーツ
Categories
AdSense







途上国の人々への支援をお考えの方にCARE支援プログラム

ドメイン取るならお名前.com

マウスコンピューター/G-Tune
Mobile
qrcode
Sponsored links
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
このblogのfeedburner