ブログパーツ

人を呪わば穴二つ【ひとをのろわばあなふたつ】

朴槿恵大統領を罷免する:the hankyoreh(ハンギョレ日本語版)

憲法裁判所
 イ・ジョンミ憲法裁判所長権限代行が10日、朴槿恵(パク・クネ)大統領に対する国会の弾劾審判請求事件判決で裁判官の全員一致で「朴槿恵大統領を罷免する」と明らかにした。
 イ権限代行は「大統領は憲法と法律によって権限を行使しなければならず、公務遂行は透明に公開しなければならないが、朴大統領はチェ・スンシル国政介入を隠し、疑惑が提起される度に隠し、これにより国会など憲法機関のけん制とメディアの監視がきちんと作動されなかった」と明らかにした。さらに「朴大統領の憲法・法律違反は在任期間もわたり継続的に行われ、事実を隠蔽し関連者たちを取り締まった」、「朴大統領は国民向け談話で真相究明に協力するとしたが、検察と特検捜査に応じず、大統領府の家宅捜索を拒否した」と明らかにした。

 続けて、「弾劾訴追と関連した朴大統領の言動を見ると、法違反行為が繰り返されないようにする憲法守護の意志が見られない」、「朴大統領を罷免することが憲法守護の利益において圧倒的に大きい」と明らかにした後、裁判官全員一致で罷免すると明らかにした。

やはり、毎度毎度のこととは言え、結末は、よりいっそう激しく悲惨なものになった。韓国の権力者は上り詰めた途端に奈落の底へ叩き落されるカウントダウンを始めたようなものだ。

韓国大統領が在任中または退任後に迎える結末一覧
画像退任後(本人および周辺の状況)
1〜3李承晩(イ・スンマン)李承晩李承晩ラインを武力で設定し国際法に違反し、竹島を不法占拠。長男の李康石は一家心中を試みた挙句、自殺。再選の為に大規模な不正選挙を強行。4・19革命で失脚し、亡命。
4尹潽善(ユン・ボソン)尹潽善クーデターで退任を余儀なくされる。軍法会議で懲役3年の判決。
5〜9朴正煕(パク・チョンヒ)朴正煕長男が麻薬服用で逮捕される。狙撃事件が発生し弾がそれて夫人に命中し死亡。5年後、金載圭KCIA部長によって暗殺される。
10崔圭夏(チェ・ギュハ)崔圭夏学生デモ等が収まらず、粛軍クーデターを容認。結局収まらず、光州事件発生。8ヶ月で退任。
11〜12全斗煥(チョン・ドゥファン)全斗煥光州事件において反乱首謀罪で死刑判決。退任自ら財団を設置し院政を狙うが、利権介入などが発覚し親族が逮捕される。子息の不正貯蓄について検察から出頭を求められる。
13盧泰愚(ノ・テウ)盧泰愚大統領在任中の不正蓄財(数百億にのぼる)・収賄容疑により、退任後逮捕。粛軍クーデター・光州事件の内乱罪も発覚し懲役17年の判決。
14金泳三(キム・ヨンサム)金泳三在任中に経済危機に陥りIMFの介入を招く。次男は利権介入による斡旋収賄と脱税で逮捕。
15金大中(キム・デジュン)金大中息子3人全員を含む親族5人が金がらみの不正事件を起こす。
16盧武鉉(ノ・ムヒョン)盧武鉉退任後、盧武鉉の側近・兄など親族が横領や贈賄容疑で相次いで逮捕された。不正資金疑惑について、包括収賄罪の容疑で本人に事情聴取を行われた後、岩崖から投身自殺した。
17李明博(イ・ミョンバク)李明博実兄の国会議員李相得とその側近が斡旋収賄などの疑いで逮捕される。また政治資金法違反では実刑判決。夫人のいとこも逮捕されている。土地不正購入疑惑でも追及中。
18朴槿恵(パク・クネ)朴槿恵(5〜9代大統領朴正煕の娘)
崔順実(チェ・スンシル)に関連する違法行為・汚職等で憲法裁判所の大統領弾劾決定により失職。逮捕・起訴を経て有罪判決が予想される。

※備考欄の内容は矢印のサイトより引用(一部修正と変更・追記済み)
反韓・嫌韓情報サイト NO-KOREA.COM

ちなみに我が国における人気のない民主党政権の三人の元総理の場合(^^;)

画像退任後(本人および周辺の状況)
93鳩山由紀夫はと憲政史上最低の首相として名高い。国内外に禍根を残す諸問題を引き起こし、政界引退後も余計なことばかりやって国と国民の顰蹙を買い続けている。
94菅直人かん憲政史上最悪の首相として名高い。知ったかぶりと出しゃばりな性格で東日本大震災直後の日本を迷走させた。今なお現役で害毒を垂れ流している。
95野田佳彦のだ前任二人よりもマシのように思われているが、景気復調の腰をへし折る消費税導入と政権をバーターした財務省の忠犬「ヨシ公」。勝てるはずのない総選挙を行いアベノミクスへの道を開いた、ある意味安倍政権誕生の影の功労者。

罵倒はされてものうのうと3人共生きながらえている。日本国民は韓国国民並みにもっと怒っていいと思うぞ(爆)

表題の意味は御存知の通り、「人に害をなす者は報復される」「人を恨んで呪う様な人間は自分自身をも滅ぼす」ということだが、反日政策・告げ口外交に徹した朴槿恵などは、歴代大統領の中でも初代の李承晩に匹敵するぐらいに両国の関係を悪化させたし、それによって一番利益を得るであろう北朝鮮とは対決姿勢を取りつつ中国に擦り寄って、日米を呆れさせた。

格言通り。日本を呪って政権を維持しようとした大統領は、その卑しい心根のまま、自らの不徳によって身を滅ぼしたといえる。

世論の操作に失敗したとも言えるが、最大限に優先すべく政策よりも「反日」だけが目立ってしまうほどの民意(支持率)の獲得手法もまた崔順実の入れ知恵なのだとしたら、元々この人は政治家の器ではなかったということだ。こんな無能者を大統領にしてしまった韓国国民の失態だが、北朝鮮の陰謀というのであればまさに「南の無力化」の最大の手駒として朴槿恵という存在は利用されたのだろう。

我が国も「民主党政権」という黒歴史が近年あったものの(^^;)マスコミによる世論操作の手口があまりに露骨であったこともあって、それ以降マスコミ主導の世論操作は不調の連続と言っていい。韓国では相変わらずマスコミへの信頼は厚く(?)「反日」を煽っていれば世論が反応するので(^^;)非常にやりやすそうだ。その世論操作の差が「国民性」であると言うのは安易な結論ではあろうが、理屈に情緒が勝ってしまう習性をものの見事に利用されている点は、彼らは自覚しているのだろうか?

朴槿恵「無能な4年」…国内分裂あおり、外交空振り:the hankyoreh(ハンギョレ日本語版)
 朴槿恵前大統領の執権4年は、当選の辞で述べた約束とは正反対に疾走した時間だった。国内では、在任期間中、常に「私たち」と「彼ら」に分断する政治を進め、強硬で一方的な外交によって朝鮮半島を荒波に追い込んだ。国民の代議機関である国会を政府のイエスマンに転落させ、政治の「政争化」を引き起こし、何よりも国民の生命と安全を守る基本的な責務も遂行しなかった。
(中略)
 2015年12月28日に妥結された韓日政府間の日本軍「慰安婦」合意は、朴槿恵政権の外交惨事として記録される。朴槿恵政権は、慰安婦被害者たちの反対にもかかわらず、日本に一方的に有利な「最終的・不可逆的な合意」を妥結してしまった。日本政府の公式謝罪と賠償を受ける機会を、韓国政府が先頭に立って遮断したということだ。

韓国人特有の責任のなすりつけ、自分を安全圏に置くために相手を一方的に悪に仕立てる評価を羅列した記事だが、太字の部分は韓国特有の「志向」「感情」「傲慢」がはっきり出ている。

「私たち」と「彼ら」に分断するは、ウリ(我々)とナム(それ以外)と常にレッテルを貼り差別し自分を有利な状況に置こうとする彼らの習性そのものである。朴槿恵だけの話ではない。

強硬で一方的な外交は、その「ウリ」の主張を認めないものを容認しない、「ナム」として敵視し攻撃をいとわない彼らの習性を忠実に外交で再現しただけである。

国民の生命と安全を守る基本的な責務は、お互いを尊重する精神に欠け、他人を蹴落としても自分だけが利益を得るために全ての能力を注ぐ韓国人には、最も苦手な資質を要求するものだ。食品トラブル(細菌汚染・異物混入など)が絶えず沸き起こる上に、建築物の崩落や手抜き工事で世界的に有名な韓国人の「いい加減さ」を知る日本人には、国家レベルでの意識改革が伴わなければ、誰が大統領でも国民の生命と安全を守る基本的な責務は今後も達成できまい、としか思えない。

日本政府の公式謝罪と賠償を受ける機会を、韓国政府が先頭に立って遮断したは、未だ日本政府が一切の謝罪も(賠償ではない)補償も行っていない前提に立つ上に、その「機会」が今後もあるという認識、韓国側から遮断したという感覚は、むしろ「民族の誇り」が安っぽい優越感の上にしか無いことを証明していて日本人としては只々ため息をつくばかりだ。

このハンギョレの記事に象徴されるような「自分は蚊帳の外」にいて、遥かな高みから見下ろして断罪する物言いは、マスコミなどのメディアにはよく見られることではあるが、私には「ウリとナム」の線引きを行って責任回避してるだけのように思えてならない。
少なくとも日本人にはそれを「自戒として受け止める」倫理観を伴っている。民主党に政権を与えてしまったのも日本人なら、安倍政権と心中するしか無い政治環境を育ててしまったのも日本人であるということを、多くの日本人は自覚している。だからあの政権交代以降はマスコミの世論誘導に「警戒心を持って」接している。

韓国が日本を呪うのは(国としての)日本にとっては正直どうでもいい話である。彼ら自身の問題であって日本がどうこうできるものではないからだ。しかしそれに実際に対峙する日本人(国民)はどうでもいいとは言えない。降りかかる火の粉ははらう必要があるし自分の身を守るためにも相手の動きを注視する必要は絶対にある。

しかしそこから日本人は彼らのように声高に「他国やその国民を一方的に貶める」行動は取らない。取る人がいたとしても少数派だろう。しかし警戒する人間は大多数で、相手を冷ややかな目で監視するのみだ。リアクションとしては無視してると言っていい。

少なくとも「呪う」ことはしない。どれだけ軽蔑しても個人的に被害を被った者以外は「恨み・呪う」ことまでは考えないのが普通だ。

下に以前のエントリで引用したものを再掲しておく。韓国国民がこの先、自ら掘った墓穴にズルズルと落ちていくのを、これを思い出しながら確認させていただこうではないか。

韓国人「米国と日本が離れていったら、韓国はどうなるのか?」:【韓国の反応】みずきの女子知韓宣言(´∀`*)

↓これは上で福27810諭吉さんの紹介したリンクのブログ記事の翻訳です。

韓国のアイデンティティ

「無明」というブログの人

韓半島は、三国時代と、これを統一した新羅と高麗を経て、長い期間仏教の地だったし、その期間は儒教時代よりも長いのに、今は文化財がたくさん消滅し、残っているのは朝鮮後期のものだけである。
何故このようになったのだろうか?
シン・チェホによると、こうである。

申采浩シン・チェホ(申采浩)1880 - 1936
「後にできた王朝が前の王朝を憎んだ。高麗ができると新羅の歴史を抹殺し、李氏朝鮮ができると高麗の歴史を抹殺した。このようにして、今まで過去をずっと抹殺し続けてきたので、歴史的文化財が貧弱になったのである」

韓半島では、国ができたとき、前にあった国を継承したり発展したりするよりも、その逆のこと、つまり破壊を介して正統性を認めてもらおうとする。
絶え間ない破壊行為を通じたネガディブな方法だけが、歴代の韓半島の国々がアイデンティティを確立する手段だったのだ。
そのため、韓国人のアイデンティティを一つの単語でまとめるとするなら、まさに「憎悪」である。
一般的に知られている「恨(ハン)」が韓国人のアイデンティティではないかと反問する人もいると予想されるが、「恨(ハン)」というのはあくまでも支配される側の感情の状態であり、韓国の支配層まで含めたアイデンティティではない。
韓国の歴史的伝統を勘案するなら、支配される側に限定される「恨(ハン)」というものを意図的に強調するのは、真実を覆い隠してしまうとも言える。

韓半島では、新しい王朝が開かれると、改革を叫びまくったが、その実像は、単に王族の姓が変わっただけで、新しい独裁体制(despotism)が樹立されただけだったのだ。
姓が変わっただけの支配集団に統制されるだけなので、歴史的発展というものはなかった。
それでも王朝の正統性とアイデンティティは立てなければならないので、前に存在していた政治集団に対するネガディブキャンペーンと破壊を、滅亡するその日までずっと続け、暗黒の戦いを繰り広げて、お互いがお互いの後頭部を殴りながら、憎しみを育てていったのである。
中国を中心とした中華世界は、近代に至るまで常にこのパターンを無限ループしていて、少数の名君がいたとしても、パターンは継続されていた。

新しい王朝が発生したら、受け継いで発展させるのではなくて、「リセット(reset)」をしたのだ。
奴隷国家を確立した朝鮮王朝のように、リセットの後にどんどん逆行することもあった。
肯定的な部分は出てきたくても出てくることができない。
支配集団が政治的にすることというと、常に前に存在していた政治集団に対し、絶え間ないネガティブキャンペーンをして、破壊をして、アイデンティティと正統性を確立して、腐った名分論で国を治めるのが精一杯である。

口先だけで新しさや創造を叫んでいる韓国人は、救済不能なほど邪悪で、何も新しいものを作ることができない。
支配政治集団が変わるたび、外部から入ってきた思想を体制維持のために使う韓国の歴史的伝統においては、最終的にはすべてが憎悪へと帰着するのである。

日本から独立した後、韓国が日本に絶え間ない憎しみを燃やし、365日反日扇動をするのは、韓国の邪悪な歴史的伝統に沿った極めて当然の行動である。

総督府の建物を使った期間が日本よりも韓国の方が長くて、だから多くの歴史的な場所となったというのに、破壊して、憎しみを介して名分を確立したのだ。
そうして大衆を制御するのが邪悪な韓国人の心なのだ。
だから韓国人にとって文化財の破壊は、民族の精気の実現になるのだ。
これは到底救済できない。
なぜなら、破壊の実行者も、それを支持する大衆も、邪悪を邪悪だと認識できず、極めて正当な行為だと認識しているからである。
それこそ骨の中から邪悪無道の群れだといえる。
文化財を破壊するイスラム原理主義者たちが、自分たちの行動を悪だと認識できるだろうか?それと同じである。

「純粋な韓国語を探す」とか、「純粋な私たちの歴史を見つける」とか、「日帝の遺産をすべてきれいに消す」とか、こういったものはすべてこのような次元で行われる極めて韓国的な習性から出てきたものである。
韓国がアイデンティティを確立する道は、憎悪しかないのだ。
前に存在していた韓半島の王朝がそうだったように、韓国は、国民にポジティブ(positive)なものを提供するのではなく、憎悪に基づいた名分で統治する。
大衆も憎悪のほうを簡単に受け入れる。
それが韓国人の習性である以上、他の方法を探すほうがむしろ非合理的だということになる。
そう、悪魔が悪を望むのは当然のことだから。

今の韓国人は、自分たちが素晴らしい名分を実現していて、自分たちは正当だと勘違いをしているが、実際には、韓半島にあった歴代王朝がしていたことを再現しているに過ぎない。
近代教育とメディアを通じて、大衆までそれに加わったので、邪悪がさらに濃くなったというのに、邪悪な大衆はやはり逆の解釈をしている。

そういった過去の朝鮮半島の歴史とは異なり、日本は今も存在している国であり、韓国より強く、韓国がどうすることもできない国で、さらに友好国で、韓日基本条約後も援助を通じて韓国の成長を支援してくれたというのに、それでも日本に憎悪を燃やしている。
こんな外道な韓国に、一体どんな真実性があるだろう?

憎しみがアイデンティティの韓国を、短期間だとしても満足させる唯一の道は、日本の滅亡である。
反日がアイデンティティの韓国の希望は、まさに日本の滅亡なのである。
だから韓国は憎悪の実現のため左傾化しているものであり、さらに日本の左翼や共産党と手を握って親中外交をするのも、日本の滅亡を希望しているからである。
これは極めて韓国的な行動なのである。


韓国は民族社会主義と非常に相性が良い。
米国と日本の影響力がなくなったら、韓国がどうなるのか知りたいなら、北朝鮮を見ればよい。
この世界のすべてのことは、一見矛盾が多いように見えるかもしれないが、分かってみるとすべてが必然である。
矛盾に満ちた外道韓国が憎悪を叫べば叫ぶほど、それに合った世界観を持つことしかできないし、それによる結果が来るしかない。

「無明」というブログの人

引用ソース
http://blog.naver.com/zero53/220893483327

※強調(太字・赤字)は管理人による。

(中略)
韓国は「ある程度」がない。
韓国は、徹底的にやりつくし、「今の王朝」が「前の王朝」のすべてを完全に否定しないと、今の王朝の正統性が確保されないという思想がある。
大きな枠としては「日帝時代の否定」があり、小さなものとしては「前大統領の否定」がある。「その政策や文化が良いものかどうか」よりも「その政策や文化を創ったのは誰か、その政策や文化に正統性はあるか」を基準にして考える。正統性を「錦の御旗」で手に入れることのできないあの国は、破壊や書き替えによって正統性を確保しようとするんです。
韓国人の起源へのこだわりの強さも、この思想の影響ですね。「桜がステキなものかどうか」よりも「桜の起源はどこか、正統性はあるのか」がその文化を守るかどうかの基準になるということ。桜が前王朝の日帝のものなら破壊しないといけないけど、ウリナラ起源ということにすれば守れる。
もちろん韓国人の多くはこういうことを意識してないでしょうけど。
永久に混乱と分裂と破壊を繰り返すしかない意識構造が、あの国の思想文化のなかに溶け込んでいるということです。


JUGEMテーマ:社会の出来事



Posted by soup2001 | -  -



標高【ひょうこう】

秋の深まりが気温となって朝晩の冷え込みが強くなってくると、これまで以上に天気情報サイトのお世話になる頻度が高まる。私の住む奈良県は北西部の「奈良盆地」に人口が集中しているが、天候や気温に関しては周囲を山に囲まれていることもあり平野部よりも山岳部に近い部分も少なくない。

実際に奈良盆地の平野部でも海抜(標高)は60メートル以上あるから気温も若干低めになる。冬期で2〜3℃大阪市内よりも低い。夏期も基本的には同じで、大阪市内と変わらないか1〜2℃涼しい場合が多いが、逆に盆地の気候(フェーン現象の原理?)で2〜3℃高い日もある。

ちなみに下記のサイトは住所からその場所の標高を表示してくれる。住所は平城宮史跡(朱雀門)周辺のもの。

朱雀門
(2010年4月4日撮影)

Google Maps 標高表示(V3 APi版)
Googlemap

地図クリックで住所/緯度経度/標高検索 [1]:ちょっと便利帳
ちょっと便利帳

若干誤差はあるものの、太古の都だった平城宮は標高63メートル前後ということになる(^^;)考えて見れば不思議だが、極端な立地でない限りその土地の標高などはあまり気にすることはない。山国であればそれなりに高地であろうし、海沿いであれば海抜からはそれほど高くはなかろうというのは想像できる。

都道府県データランキング 『都道府県庁 位置/標高』

 キャプション 
※クリックで拡大

これで見ると朱雀門から車で10分弱の奈良県庁は90m。確かに県庁前にはちょっと急勾配な坂はあるがこれほど標高があるイメージはなかっただけに少し驚きだ(^^;)全国でも8位という標高も意外だった。

国道369号線---Google-マップ
国道369号線 近鉄奈良駅から県庁方向:Google-マップ ストリートビュー


画像だけではわかりにくいが、ストリートビューに行って周囲をぐるりと一回転してみれば、道に傾斜が付いているのが分かる。徒歩ならかなりの勾配を感じる坂なのだ。

そして更に私の住む地域の出身小学校の校庭に(今はもう無くなっているかもしれないが)昔(私が小学生当時)測量ポイントの木標が立っていて「標高140メートル」と書かれていたことを記憶しているし、私の住まいはそこから数十メートル丘陵地帯を登った場所にあるので、私の家はそこそこの高みにあるわけだ(^^;)

上述の標高検索サイトでの測定値は標高179メートル(^^;)ちなみにこの標高で検索をかけると、神奈川県平塚市の湘南平沖縄県渡名喜島(となきじま)の最高点ということになる。ピンと来ないあなたのために(^^;)更に例を挙げるなら、大阪梅田の阪急グランドビル(阪急32番街空庭ダイニング)の127メートルの更に50メートル高い場所である。

結構な山の上ではないか(爆)
そりゃ夏涼しいわ、冬寒いわ(^^;)


冬が苦手な私だが、今の居住地が夏が涼しいので「何となく夏のほうが過ごしやすい」と感じていただけなのかもしれない(^^;)海抜(標高)の低い、夏が暑いところに住んでいれば冬のほうが楽だと思うのだろうか?

ただ、標高の高い地域の唯一のメリットは、自然災害でも海に関する災害と無縁であることだ。山国なのでそりゃ当然だが(^^;)

海面上昇シミュレーション
海面上昇シミュレーション

このサイトは地球温暖化による海面上昇のシミュレーションサイトである。デフォルトでは東京(関東)地域を表示しているが地図上をドラッグすれば好きな地域に移動できるし、左上の「+7m」のプルダウンメニューで上昇値を変更できる。たった10m近く海面が上がっただけで大阪はほぼ全滅状態。中央区のあたりは標高が意外と高かったのか島のように残りそうだが沿岸部や他の都心部ではビル群が水上に立ち並ぶ図となるだろう。

元々は大阪城のあった場所は海岸線に近く周囲を湿地で囲まれ、城として攻めにくい防御に適した天然の要害でもあった場所で、現在の沿岸部は後年埋め立てられた土地なので、治水政策に失敗したり災害が起きれば水没は当然ということになる。

築城時の大阪城と大阪行き航路図
※クリックで拡大<画像元:wiki>
築城時の大阪城と大阪行き航路図(画面左側にある島は淡路島、右側の対岸にすぐ大阪城が描かれている。)

これはすなわち10m級の津波が押し寄せてきた場合、この地域は津波被害を受ける可能性があるということにもなるわけで、押し流された瓦礫がダムの役割を果たし実際はここまで内陸部に水が入ることはないだろうが、これは少々洒落にならない。

奈良県は経済活動の多く(というか大部分)を大阪経済圏に依存している。大阪が壊滅すれば次に滅ぶのは奈良県なのだ(^^;)大阪都構想や道州制で大阪の自治を活性化するのもいいけれど、関西経済の牽引車である大阪は、その責任とともに防災上の危機管理をもっとした方がいいのではないか?

まぁ、大阪だけじゃなく、日本の大都市は海面が20m上昇すれば壊滅する所が多いので日本全体の問題ではあるのだが・・・。東京の西側は武蔵野台地上に立地しているおかげでそこそこの海面上昇には耐えられるものの、低地からの避難民や物流網の壊滅でトンデモない状況になることは確実だ。

平成27年9月関東・東北豪雨:wiki

高潮に上記のような豪雨災害などが重なった時どうなるか・・・。



奈良のように山に囲まれていれば少なくとも海に関する災害はない。土砂崩れ・山津波など土砂災害とは無縁ではないが、事前に警戒することである程度は被害を軽減できる可能性はある。山国に住む者としては「標高の高さ」は案外メリットとして感じてもいいのではないか?(^^;)

自分を慰めるように勝手にそんなことを思っていた週末であった(^^;)

Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



肥大【ひだい】

「肥大」と聞いた時、少なくとも私はその言葉にポジティブなイメージを持たない。それは「非正常」な成長や「不自然」な状態を指す言葉として認識されるからである。歳を取ると余計にその病的な響きが不愉快にも感じるが、これが食品の場合、我々はその病的なものをあえて好んで食する場合も少なくない。

ファミマ・フォアグラ弁当「残酷」と発売中止へ:読売新聞(Yahoo!ニュース)
フォアグラ弁当ファミリーマートは24日、材料にフォアグラを使った弁当の発売を中止すると発表した。
理由について同社は、消費者から「フォアグラの生産法は残酷で、そうした食材は使わないでほしい」などと指摘があったため、としている。

ハンバーグにペースト状のフォアグラを載せた弁当(税込み690円)で、28日から全国で販売予定だった。同社が力を入れる高品質シリーズの目玉商品として約28万食を売る計画だった。
同社は今月10日、ホームページなどで商品を公表したところ、カモに強制的に餌を食べさせるフォアグラの生産方法を問題視する意見が、電話やメールで約20件寄せられたという。同社は「一部でも消費者に不快感を与えるのは本意ではない」と説明している。



フォアグラの生産方法はあまりスマートではなく動物虐待といえるものだという話は聞いたことがあるが、「食材として育てるために特別な餌を与える」のはフォアグラに限ったことではない。日本の食肉牛は「霜降り肉」を作るためにビールを飲ませるなどしているが、筋肉や内臓に脂肪を蓄えさせる点では同じだし、野菜や果物など植物は遺伝形質を特化させた「品種改良」によって「人間に都合の良い(食品となる)種」を生み出している。

それでも特定の思想を持つ人々には看過できないものらしい。

動物保護偽善

NPO法人アニマルライツセンター

動物を使った娯楽や肉食を残虐性とか非人道的とか「感情面で」否定するベジタリアンのNPO。食物連鎖を考えれば肉食否定がもたらす生態系破壊への懸念はないのだろうか?また、植物も命を持つ生命体だが、人間の都合で生み出され殺されて食べられていく。そちらには何も感じていないようだが?(^^;)

動物はあなたのごはんじゃない。

はぁ?お前何様のつもりだ。
ベジタリアンが道徳的に肉食肯定派よりも優れているとでも言うのか?アホか(爆)

僕らはみんな誰かのご飯
ネット民によるパロディだが、思想的にはこっちのほうがよほどマトモだ(^^;)

感謝を込めて
これこそが日本人が古来より継承してきた人間以外の「食材になる命」に対するメンタリティである。結局のところ、かのベジタリアンの独善的主張などは、動物愛護と環境保護と絶滅危惧種保護とをごちゃ混ぜにした挙句、正論と詭弁の区別すらつかなくなった痛々しさが顕著である。

「フォアグラ弁当販売中止」を、考えるために必要な3つの視点。:Yahoo!ニュース(秋元祥治)

この論説は冷静なのだが、ベジタリアンたちの根本的な認識違いについては消極的でもある。いずれにしても、自分の価値観や倫理観を主張し、相手に押し付けるのは、欧米人特有の昔からの定石ではあるとしても、これらの根底に欧米人に共通する「白人優先主義=優生保護思想≒差別意識」を感じるのは私が黄色人種の日本人だからだろうか?

「追い込み漁は非人道的」 ケネディ米大使がのツイッターでイルカ漁に反対:産経デジタル

素人外交官を早くも露呈してしまったキャロライン・ケネディ大使だが、彼女には典型的な欧米型自然保護が見える。それを間違っていると思わずとも、全く疑問を感じていないのなら残念ながら彼女には何も期待できないだろう。そもそも鯨(イルカなどの属する「鯨類」の仲間)を乱獲したのは石油が発見される前のアメリカではないか。江戸幕府に開国を要求した黒船のペリー提督の要求の一つは、「アメリカの捕鯨船のために燃料・飲料水・食料を補給できる基地を開設する」ことだったのだ。

しかも蒸気機関の燃料にするために鯨油を絞るだけ絞ったらただ捨てるだけのアメリカと違い、日本は古来より皮や骨など肉以外でも利用できるすべての部位を活用して「生命を奪った鯨への感謝」を忘れることはなかった。

安倍首相が「イルカ漁」に言及 日本は海外からはどのように見られているのか:ハフィントン・ポスト

イルカは一部の地域を除き、多くの日本人は食用にしない。しかし鯨と同様に好き好んで食べることを批判する気はないし、それが地域の伝統であるならば部外者がとやかくいうことではないと考える。ケネディ大使の発言は少数の消費者に対する圧力であり、その事実を持つ日本に対する圧力でもある。でもまぁケネディ大使に関しては本国のこの御仁が痛烈な一撃を見舞っているので(^^;)今後は彼女に期待しない点で認識を改めればよかろう。しかし、さすが「民主党」(爆)国は違っても国民の印象は同じなのだな(爆)



ベジタリアンの連中は是非この映画を見てほしいものだ。「食材」という名の人類が捕食する動植物たちの記録映画であり、このブログで以前エントリした独善【どくぜん】でも紹介したその動画(予告編)だ。


いのちの食べかた [DVD]

娯楽作品ではないので退屈かもしれない。しかしそこには「非人道的に生産され殺される莫大な数の生物」が記録されている。

ここまで直接的でなくても、例えば自然にあふれた郊外で女性が野辺に咲く花を手折って愛でたとしよう。花の側から見れば「一方的な感情で無慈悲に殺され、その遺体に頬ずりして自己満足に浸る女」という捉え方もできるのだ。

人間はこの世に存在する有機生命体に接する時、多かれ少なかれその殺生に関わり、時に娯楽のために時に食に供するために命を奪っているのだ。
このことを自覚した上で、動物の虐待とかベジタリアンだとか人間以外の生命の尊厳を追求する前に、我々がやるべきことは人間同士の非人道的な殺し合いや騙し合いをやめるべきだろう。

その矛盾に満ちた現実から逃避し、

独善的で感傷的な博愛主義を人間の

下位に存在すると思っている動物に

投影するのはただの自己満足、

あるいは欺瞞である。



その欺瞞には自然を我が物顔で支配しようとする人間の傲慢さが垣間見える。フォアグラのように病的に肥大しているのは、正にこの自然の摂理に反した人間の思いあがりでしか無い。

あぁ、この程度の道理が理解できない人間もいるのだなぁ・・・しかも大量に(爆)

Posted by soup2001 | comments(4)  trackbacks(0)



非有吉【ひありよし】

昨日あたりからこのサイトのアクセスが爆発的に増えた。はぁ?なんで?

特亜国家シリーズが、大好評を博し・・・なんてはずはない(爆)あんなに重苦しく堅苦しくだらだら長いエントリをちゃんと読んでくれる来訪者は・・・まず居るまい(^^;)ご常連さんの中でも数えるほどだろう。

アクセス解析の「検索ワード」に「現代用語のクソ知識」というのがかなり多数含まれていたので、こちらもそれで検索してみると・・・

現代用語のクソ知識

本あー、有吉弘行の単行本「現代用語のクソ知識」の発売日が10月16日だったか(^^;)

あー、おまいらのためにリンクなんか張らないから勝手に検索して探せ(^^;)

あー、もちろん私もこの本の元になるEX大衆の有吉の連載は知っていた。EX大衆に興味も有吉に興味も無かったので一度も買ったことはないのだが・・・。そのうちBOOKOFFで100円ぐらいで売るようになったら買ってもいいけど(爆)

あー、あと、このブログを始めた当初、ネットで「同名サイト」がないか調べたことがあるが、5つほど見つかった。

同名【どうめい】:2004.12.26

なのでここが「現代用語のクソ知識」の総本山・本家・宗家・家元・聖地などとどこかの国の住人のように主張する気は全く無いが(^^;)有吉も一言言ってほしいなぁ・・・


「ネットではやってないよ」とかさぁ(^^;)

あー、ちなみに有吉のブログはこちら。

有吉弘行の馬鹿だからブログやってます

というわけで皆様、
ここは有吉弘行とは全く関係ございません。

AA

くそ〜!!AAが崩れるので画像で張るしかなかったぁぁぁぁ!!(^^;)

JUGEMテーマ:日常。
Posted by soup2001 | comments(2)  trackbacks(0)



低い城の男【ひくいしろのおとこ】

表題は過去エントリ:幻想の世界征服【げんそうのせかいせいふく】でも扱った高い城の男:フィリップ・K・ディックのもじりである。内容は第2次世界大戦で連合国側が敗れ、日独伊を中心とした枢軸国側が勝利した世界を描いている。作中である作家が「連合国側が勝利した場合の仮想世界の小説を書く」ところがユニークなお話なのだが、主人公が東洋文化に傾倒していた設定(日本側が勝利した影響を盛り込もうとしたのだろうか?)で易経・・・筮竹(ぜいちく)を用いて占う典型的な「易(占い)」の手法で自らの行動を決している(^^;)

高い城の男(地図−小)
高い城の男の世界。茶色がナチス・ドイツ、赤がその同盟国、オレンジがイタリア王国(地中海はナチスの開拓事業によって埋立地となった)、水色がカナダ、濃い緑が大日本帝国、黄緑がその勢力圏、アメリカは薄赤がナチスの傀儡国家、緑と薄茶が日本の傀儡国家(wikipedia)※クリックで図を拡大


今更日本人が太平洋戦争で勝利していたらという仮想に酔いしれることはないが、今少し過去の「大日本帝国時代」の精神的風土が残っていたなら、ここまで軟弱弱腰な日本になることもなかっただろうし、中国や朝鮮半島国家との摩擦ももっと早くに顕在化しただろう。

【コラム】日本が「侵略」されていたら(1/2):朝鮮日報

朝鮮が日本を侵略した場合の架空の話なのだから目くじらを立てる必要もないのだが(^^;)1895年(明治25年)は日清戦争が行なわれた年で10月8日と言えば、戦勝に酔った後占領地としての台湾に進駐し、台南あたりで抵抗勢力鎮圧にあたっていた時期である。軍の規模としても日清戦争ほどの規模ではなく、主力はほぼ朝鮮半島〜本土にあり外国勢力のテロ集団が簡単に東京を襲撃できるとも思えないし、そのテロに呼応して日本軍全体の指揮権を手中に収める能力は当時の李氏朝鮮政府にあったとは思えないのだが・・・(^^;)

あえて10月8日を選んだのは朝鮮王朝の閔妃暗殺事件があったため敢えて皮肉を込めたのだろうが、史実は真逆でありどう逆立ちしても朝鮮政府に日本全土を蹂躙する力はなかったはずなのだ。もしそれが可能とするなら、日韓の歴史がまるごと逆転するしか方法はない。明治維新のような急進的近代化は朝鮮半島で起こっていなければ土台無理な話であって、それを可能にするような国家意識や先見性のある人材の輩出などが実現していればの事である。

もしフィリップ・K・ディックのような仮想歴史SFを構築したいのなら、朝鮮の歴史をかなり以前から変更し、清國の属領から脱却する歴史を持たなければならない。そして明治維新に匹敵する近代化とそれを支える民衆の文化的教育水準を高めていなければならない。

そんな仮想歴史を構築できる能力があるのなら、そこから朝鮮がなぜ他国に蹂躙されるような悲運の歴史を背負ったのか理解できそうにも思うのだが何故かそういう方向に知恵は回らないらしい(^^;)

安倍総理の「侵略の定義は定まっていない。国の立場によって異なる」は、竹島という領土紛争を見れば明らかだ。現状は韓国が日本領を侵略した状態になっているわけだが韓国では当然そうは思っていないわけで、ここでも国家の立場によって侵略の概念は逆転してしまう。

以上の点で、記者の考察は浅いと言わざるをえない。

まぁ、私の場合、第二次世界大戦以前の日本は対ロシアの安全保障上「朝鮮半島が完全な独立国家でなかった」点が日本を半島に向かわせた最大要因であって、日清戦争の発端も清國との利権競争であることに違いはなく、日本のみならず全世界が「侵略」的な利権追求・国益拡大を求めていた時代だった点で「大日本帝国の侵略的野心」はあったことは認められるのである。

私が日本の行った侵略行為をほぼ確信したのは対華21ヶ条要求の内容である。どう見ても他国の主権を侵害し自国の国益のみを追求しているとしか思えない点で「野心をあらわにした証拠」足りえると思えるからだ。
ただ、この一件には裏の見方があって、日本が建国間もない中華民国の袁世凱に嵌められた点は否めなく、袁世凱自身の私腹を肥やす一面もあって日本が利用された点もあるものの、「賄賂を受け取って不正を行う悪代官」並の卑しさ、国際的反発を予見する見識の無さ(^^;)はその後の太平洋戦争に突入していく「無謀・無鉄砲」に繋がる判断能力の欠落の一端が見えるのである。
また、その挑発に乗った?背景には当時の日本が抱えていた経済力の弱さに対するコンプレックスも感じられて、(今だから言えることではあるが)これらの安易な国益追求に走った点は後年から見れば痛恨の極みなのである。

対華21か条要求が出された理由と背景:OK Wave

対華二十一カ条の要求の真相:かつて日本は美しかった

フィリップ・K・ディックには申し訳ないが、たとえ日本が世界大戦で勝利するチャンスを得たとしても、当時すでに政治・軍の中枢に蔓延していた「官僚病」がその機会を潰したことだろう。戦争に最も重要な情報戦を軽視し科学技術への無理解が自ら生み出していたレーダー技術を敵国に利用されるなど宝の持ち腐れな戦いぶりしか出来なかったのだから、これは歴史が逆転する可能性は低いとしか思えない。

もしそれらの先見性や情報戦に長じて世界情勢をしっかり先読みできていれば、安易な中国戦略を取らず、日独伊三国同盟に加担せず「ヨーロッパ大戦」の趨勢を見ながら、自分の血を流すことを最小限に抑えて東南アジア諸国で独立戦争のゲリラ戦を演出してみせるなど、したたかな国益拡大政策が取れるはずだ。

しかし日本は過信にも似た傲慢さで現実を軽視し、自らに心地よい事実だけを重視して破局への階段を登っていったのだ。その階段の果てに行き着いたのは世界を見下ろす「高い城」ではなく13階段の頂上だったのかもしれない。

それでもそこを「低い城」くらいに思い込み、ひたすら同胞たる日本人の生命を浪費していった歴史を我々は真摯に見つめなければならない。そうでなければ過ちを繰り返すか、某国のように自分に都合のよいことだけを賛美し都合の悪いことは全て隣国に責任転嫁する「愚かな国」に成り下がることだけは避けたい。

少なくとも自分が生きている間はそんな姿は見たくないものだ。

・・・しかしそこまで書いた時点で古代史に似たような状況(朝鮮側からの侵略的攻撃)があったことを思い出した。新羅(しらぎ)百済(くだら)任那(みまな)<加羅(から)とも呼称>の時代、大和朝廷が形成されるも安定的な国家運用はされておらず、中央集権的な強国ではなかった未熟な日本と朝鮮半島とは激しくせめぎ合っていた時代の事である。少し色々と怪しげな(^^;)動画だがわかりやすくまとまっているので見ていただきたい。全編見るとちょっとした歴史ドラマ並みのボリュームだ。

新羅の入寇:wikipedia









そして日本史教育を受けたものなら知らぬものはない元寇。これも大半は高麗の戦力で、やったことはこれまでと同じ(^^;)



その後荒らされた九州北部の住民が海賊化して報復行動を取り始めるとこれが倭寇と称されるようになる。
そして時代は戻るが、大和朝廷の時代、新羅の入寇以前の古代になると少し様子が違う。



やれやれ・・・、日本もやることはやっていたようで(^^;)お互い様ということか(爆)古代から中世にかけて前半は倭国(日本)が半島にちょっかいを出し続け後半中世辺りまでは朝鮮の勢力が日本に攻めこむことが多かった。ということのようだ。・・・お互いに祖を近いところに持つためか、おそらく海を隔てていても全く別の国という感覚はなかったのかもしれない。

何れにしても2000年の昔から半島と列島は仲が悪かったのだ。今更何をしようが仲が良くなるはずがあるまい(爆)やはり激しく攻め合ったその後、数十年〜百年ほどはお互いに手を出さない時代があったことを考えれば今はそろそろその時かもしれない。福沢諭吉の脱亜論のように淡々と反日国家にはそれに応じた待遇と扱いで対峙するしか無いと思われる。・・・で、オチは?

こんな展開であるわけ無いだろが!(爆)

JUGEMテーマ:歴史
Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>



目次&ランダムピックアップ

現代用語のクソ知識の目次

当ブログの目次(管理人のオススメ一覧)です。かなり古い時事問題に関する記事もありますが、当時を思い出してご覧いただけると幸いです。



↑上のボタンを押すと、ランダムにエントリを表示します。
もしもエラーページが出たら、ごめんなさいm(_ _)m「戻る」ボタンでエントリを表示するまでお試しください。

言い訳ページはこちら(^^;)

---------------------------------
---------------------------------






ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ


マウスコンピューター/G-Tune

 RSSリーダーで購読する

Profile
Archives
Recent entries
blog parts







マウスコンピューター/G-Tune

エニアグラム診断によると私はタイプ4番でした。
無料診断のできるサイトはこちらです。
Links
tools


悪徳商法マニアックス




簡単自動登録
無料でSEOならSEO.CUG.NET

大黒天
金運アップブログパーツ
Categories
AdSense







途上国の人々への支援をお考えの方にCARE支援プログラム

ドメイン取るならお名前.com

マウスコンピューター/G-Tune
Mobile
qrcode
Sponsored links
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
このblogのfeedburner