ブログパーツ

慰安なき日々【いあんなきひび】

更新がこのところ滞っていたが、特に言及したいネタがなかったわけではない。下調べに時間がかかっていて未だまとまる気配が見えてこない(^^;)要するにネタ選びを間違えたということなのだが、複合的に最近の出来事を網羅しようとしたのも判断の誤りであった(^^;)
しかし昨日その中の一つで非常に興味深いソースを拾ったので、急遽これを単独で扱うことにする。

それは朴槿恵韓国大統領の弾劾手続きに合わせて沸き起こっている「日韓慰安婦合意の破棄」運動と、それに連動した釜山の日本領事館前に設置された慰安婦少女像に反応した日本側の措置が騒ぎを大きくしている一件である。

日本「あの少女像撤去せよ」→韓国「イヤだ日本総領事館前にも作る」→日本「それなら大使を一時帰国」…日韓関係は崖っぷちなのか?:ホウドウキョク
慰安婦像
日本としては問題解決のため、大人の対応というか10億円を拠出して日韓合意したのに、メンツを潰されたような感じです。ここで新しい大統領が選ばれ日韓合意が反故にされるとまた一からやり直さないといけません。ですから、日韓合意というのは国家同士のきちんとした約束ですよということを野党含めきちんと確認させる。そのためには、今までのように遺憾を表明するとかでは収まらないので大使を一時的に帰国させたんです。日本のこれまでの外交からすると、強硬と捉えられるかもしれませんけど、私は毅然とした態度を見せるという意味で強硬ではないと思います。

これが、大使を「召還」したのだったら完全に外交断絶ということになります。大使を「引き上げる」と、国としてもう付き合わないという、国交断絶も辞さないという態度です。それに対して、今回の「一時帰国」というのはソフトランディングというのか、マイルドではあるけれども毅然とした態度を見せるというような意味合いが強くあると思うんです。

日韓合意に反する韓国側の行為に、日本が「不快感を態度で示した」のが4項目。

在釜山日本国総領事館前の少女像設置に対する我が国の措置:外務省
1.昨年12月30日(現地時間同日)に在釜山日本国総領事館に面した歩道に少女像が設置されたことを受け、1月6日、我が国の当面の措置を発表しました。
2.これを受け、長嶺安政駐韓国大使及び森本康敬在釜山総領事は、関係者との打合せ等を行うため、1月9日から一時帰国する予定です。
【参考】1月6日に発表した我が国の措置
(1)在釜山総領事館職員による釜山市関連行事への参加見合わせ
(2)長嶺駐韓国大使及び森本在釜山総領事の一時帰国
(3)日韓スワップ取極の協議の中断
(4)日韓ハイレベル経済協議の延期

日韓合意

日本にとっては、日韓合意そのものが慰安婦問題解決というよりも国際世論に向けたアピールであった以上、これを反故にしかねない動きには断固たる抗議行動を取るのは当然なのだが、韓国側はここまではっきりとした外交措置をとるとは思っていなかったようだ(^^;)どこまでも虫のいい連中である(爆)

菅義偉官房長官会見詳報 韓国・釜山の慰安婦像設置に対抗措置 菅氏「日韓関係に好ましくない影響」「国と国として約束、履行してほしい」:産経ニュース
 −−日韓合意では韓国政府は慰安婦像の撤去に「努力する」としており、確約はしていない。確約はしていないが、努力を怠っているということか

 「日韓間で合意した。そのことについて互いに誠実に実行することになっているので、そこはしっかり合意を実施してほしいとの思いの中で今日まで強く求めてきている。今回、新たな釜山市の件を受けて、政府としてこのような措置を採った」

そもそも日本にとっては韓国の言いがかり的「強制徴用」「慰安婦強制連行」などは事実に反している上に、一部で存在する戦争犯罪的事案に関しても1965年(昭和40年)の日韓基本条約「両国間の請求権の完全かつ最終的な解決」を謳っている以上、日本が慰安婦問題での合意を行うこと自体が大幅な譲歩であった。
実際日本国内の右派はこぞって反発したし、多くの人が「この合意はいずれ破棄(無効化)される」と予想した。

現在の動きはすべて日韓合意締結時に「想定内」であったが、韓国側にとって「想定外」だったのは、これまではっきりとした態度を示してこなかった日本にしては「過剰に反応している」ということだろう。

それは日本の狙いとするところを韓国側が理解せず、「韓国の要求に日本が屈した→韓国の勝利」としか捉えてこなかったことと無縁ではない。だから韓国の親北左派にとっては、「どのような勝利であってもこの問題を終わりにする気はないので、勝手に合意などけしからん」ということでしか無く、朴槿恵大統領の失脚騒ぎは日韓合意潰しの絶好の機会と思ったはずだ。

外交における戦勝国の韓国様の都合で合意を撤回するから加害国日本は、慰安婦問題に関して追加措置を含めて(永遠に)再検討しなければならない。というのが向こうの感覚ではないだろうか?だから日本側の反発もまたけしからんとなるのだ。この推測が正しければ感想は一言、「アホか」である(爆)

日韓合意に関してその内容は、余命三年時事日記で分析されている。

399 2015年12月28日時事:余命三年時事日記
.....韓国が全面降伏しただけですよ。韓国は国内の収拾がつくかどうか、これからが大変だな。まあ、どうなろうと関係ないが。
1.最終決着の確認。
2.不可逆の確認。
3.慰安婦像の撤去。
4.賠償金は不可。
以上4点が最低条件であったが、これを全部韓国がのんでしまった。というよりは破綻寸前の経済状況と日本人の高まる嫌韓状況を押さえてスワップをはじめとする日本の援助を模索するにはのまざるを得なかったということである。
 初代余命からゴールポストが移動するサッカーなんかやってられないとして慰安婦問題は一切取り上げてこなかった。先般、海外の慰安婦像問題で活動されている方々の件で少しふれておいたが、そこで、この件はバックの韓国を叩かなければ解決しないという余命のスタンスをあきらかにしている。韓国系住民の慰安婦像の設置と、慰安婦問題だけではなく、その他の捏造問題でも国連への働きかけが強まっていることから1月中の対策会議の設定をしていたところである。
 国内では安倍総理が全面解決のタイミングを見ていたわけだが、韓国のなりふりかまっていられない国内事情からの年内解決という再三の要請に乗る形が、そのタイミングとみて、急遽、外相会談になったという背景をまず把握しておく必要があるだろう。日本の要求4項目について分析する。

1.最終決着の確認。
この問題は、この外相会談の合意をもって決着するということを日韓双方が確認したという意味は大きい。ゴールポストが固定されたということである。これによって、今後、朴槿恵が国外でのいわゆる告げ口外交が封印されできなくなってしまった。日本国内でも慰安婦が〜という話は終了となる。

2.不可逆の確認。
 蒸し返しのブロックまで確認したということ。要するにアンタは信用できないから一筆書いてねということ。国家としては恥ずかしい限りだが、これもなんと認めてしまった。

3.慰安婦像の撤去。
 日本の要求は慰安婦像の撤去であった。これは大使館前の像に限定した要求ではなかった。撤去すると明言させるところまで追い込むと朴槿恵政権はもたない。そこで韓国外相が「この件についての解決に努力する」という文言で妥協した。しかし、これは慰安婦像の撤去についての借用書を書いたということにとどまらず、米国、その他の慰安婦像設置に対しての活動のはしごを外したということでもある。この影響は大きい。

4.賠償金は不可。
村山内閣の時に「アジア女性基金」という形で民間の補償措置をとったのであるが、一部を除いて受け取りを拒否。日本政府の責任と補償を求めるということで韓国側につぶされている。今回は日本政府拠出として財団に一括、10億円ということであるが、この金額は文書には全く記述されていない。
 また、この財団は韓国が設立し、日本が資金を拠出するものである。運営の主体と責任は韓国政府にある。日韓協調の取り組みであるから、当然、資金は賠償金ではない。
 何よりも問題となりそうなのは、現在慰安婦の利権集団のような挺対協や関係組織から政府の財団に処理が移行するということで、長年、寄生してきた利益集団がその利権?を簡単に手放すとは思えない。そもそも財団ができるかどうかが危ぶまれる。
 もう一つの問題は、この財団資金は、対象慰安婦に全額支給されるものではないということである。「アジア女性基金」では一律200万円の支給であったが、この財団がどのような運営をするかについて日本政府は関知しない。要するに「手切れ金」である。これで慰安婦問題は「完全決着」となれば安いものだ。
 この資金拠出には条件がついている。「具体的には,韓国政府が,元慰安婦の方々の支援を目的とした財団を設立し,全ての元慰安婦の方々の名誉と尊厳の回復,心の傷の癒やしのための事業を行うこととする措置を着実に実施する」との前提での話である。
要するに韓国が財団をつくってきちんと慰安婦対策をするということが前提
なのだが、果たしてどうなることやらまったく不透明である。
 また、「韓国政府は,日本政府が在韓国日本大使館前の少女像に対し,公館の安寧・威厳の維持の観点から懸念していることを認知し,韓国政府としても,可能な対応方向について関連団体との協議を行う等を通じて,適切に解決されるよう努力する」としているが、努力の結果が出なければ、合意は当然、白紙になる。この件は海外の慰安婦像はOKというわけにはいかないだろうから、韓国国内の説得には時間がかかるだろう。
なんと言っても最大の成果は以下の3点である。

 崙本政府は,韓国政府と共に,今後,国連等国際社会において,本問題について互いに非難・批判することは控える」
◆峇攅饑府は今般日本政府の表明した措置が着実に実施されるとの前提で,日本政府と共に今後,国連等国際社会において本問題について互いに非難・批判することは控える」
「今回の発表により,この問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する」

 今回の合意に安倍総理が謝罪したとして問題視している人がいるが、簡単な話、歴代総理の発言のコピペであって、河野談話の踏襲に過ぎない。ただそれだけの話である。

韓国の政府系の資金を得て活動する反日ロビー活動を抑える目的で、する必要のない合意を取り付けて韓国の国家としての「反日活動支援」を封じ、韓国内の親北左派の反発を想定して「韓国側から合意を破る事実」を顕在化して国際的な視点の集まる中で「外交的合意の不履行に対する制裁的措置」を行う。そして韓国側がさらに暴発して「国際的な慣例違反を繰り返す実態を蓄積させ、日本に国際的な支持を集め最終的に国交断絶も視野に入れて国内外の反日勢力にとどめを刺す」そこまで考えれば、あの日韓合意はなかなか良く出来たシナリオだったわけである(爆)

韓国は、慰安婦合意を破棄するとは言わない。「日本が破棄した」と言うだろう:シンシアリーのブログ
韓国側は明らかに慰安婦合意を破棄することでしょう。もうしたと見てもいいところです。 ですが、韓国は、合意を破棄「する」とは言わないはずです。
「日本が破棄した」「日本が私たちに破棄・さ・せ・た」と主張するでしょう。いつもの、「韓国を主語として使わない」やりかたです。
(中略)
多分、こちらが合意違反するのは正当な権利で、日本がそれを指摘することこそが不当なことだから、真の合意違反だ・・とでも思っているのでしょう。

どうやら日本側の予想の中で向こうは動いているようで、それを察知したのかなんと民進党まで今回のことには真っ向から安倍政権に批判を加えていない(^^;)

民進・野田佳彦幹事長「ゴールポストがずるずる動く」と韓国の対応を批判:産経ニュース
 民進党の野田佳彦幹事長は16日の記者会見で、慰安婦問題の最終的かつ不可逆的な解決を確認した日韓合意をめぐり、韓国内で破棄を求める動きがあることについて「無責任なことを言う人たちが出てきている。政府間できちんと詰めた合意であり、さかのぼった議論に戻るのはおかしい」と批判した。

 韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦像が設置されたことについては「韓国は、もう少し反省してもらわなければいけない」と述べた。

 フリーランスの記者が「まず相手(韓国)の気持ちを聞くべきだ」と質問すると、野田氏は「ある意味ずっと聞いているじゃないですか」と色をなして反論した。

 また、「韓国はゴールポストがずるずる動く。この繰り返しをしてはならない」とも指摘。「一回決めたことは、お互い歯を食いしばって前進させる努力がないといけない」とも語った。

今頃日和られてもねぇ(爆)いや、本国(韓国)がズダボロになってるんで朴槿恵に習ってコウモリのように勝ち馬に乗ろうとしてるのかもしれない(^^;)あ、そうそう、勝ち馬と言えばもう一人。

潘基文「慰安婦像撤去するなら10億円を日本に返せ」:シンシアリーのブログ
いまのところ次期大統領候補支持率2位の潘基文氏が、

「日本から受けた10億円が慰安婦像撤去の対価であるなら、返さなければならない」と話しました。

彼は前に「慰安婦合意は(朴槿恵大統領の)勇断だった」とコメントして、叩かれたことがあります。それについて、「前から懸念されてきた案件に合意したからよかったと言っただけで、具体的によくやったと言った覚えはない」と話しました。
http://news.tvchosun.com/site/data/html_dir/2017/01/13/2017011390059.html

一部の日本側の記事で、潘基文氏を「保守右派だから他の左派候補より反日も弱いのでは」という記述を読んだことがあります。

しかし、彼はただ勝ち馬に乗りたいだけの人で、右も左もありません。必要ならいつでも言葉を変える人です。

とりあえず、これで、1位(ムン・ジェイン)、2位、3位(イ・ジェミョン)がそろって慰安婦合意は破棄すべきだと公言したことになります。

潘基文はあの日韓合意で既に慰安婦のかなりの人数はカネを受け取っているんだが、それはどうするつもりなんだろうね?(^^;)「もうこれで終わりにしようと考える」彼女たちの気持ちは無視なわけ?(爆)

潘基文

慰安婦被害者の現金受け取り表明 5人増え34人に=韓国財団:聯合ニュース
【ソウル聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦問題をめぐる昨年末の韓日合意に基づき日本政府が拠出した10億円を活用し支給される現金の受け取りを表明した被害者が29人から34人に増えた。

 被害者を支援するため韓国政府が設立した「和解・癒やし財団」は23日に理事会を開き、現金受け取りを新たに表明した被害者5人のうち2人に対し年内に1億ウォン(約970万円)を支給することを決めた。ほかの3人については現金支給に向けた手続きを進めているという。

 同財団は今年8月、10億円について、約8割を被害者に現金で直接支給し、約2割を財団の目的に沿って被害者追悼など象徴的な事業に用いる方針を決定。昨年の合意時点で存命だった被害者46人のうち今年10月までに受け取りを表明していた29人への現金支給は完了した。

 財団側は残り12人の被害者の意思を確認するため、引き続き面談を進める。

韓国側の役人たちはそれなりに頑張って「国家の約束を果たそうとしている」のに、次期大統領有力候補は誰一人そういう部分は見ない人間のようだ(^^;)

潘基文は韓国国内に日和ったのだろうが、野田佳彦が日本国内に日和ったのはひょっとして下記に倣(なら)ったのだろうか?(^^;)

【韓国の反応】在日民団「韓国は慰安婦像を撤去しなければならない。100万在日同胞の共通の思い」「最大の被害者は在日同胞」→韓国人発狂「売国奴!」「お前らは同胞じゃない!」:【韓国の反応】みずきの女子知韓宣言(´∀`*)
民団団長
オ団長は、韓国と日本の国家間の約束が、このように簡単に破られてはならないと主張して、今回設置された慰安婦少女像を撤去しなければならないというのが100万在日同胞の共通の思いだと明らかにしました。

オ団長はこのような立場を今後韓国を訪問して政府側に伝えるということです。

オ団長は時事通信とのインタビューで、韓国内での反発が予想されるが、覚悟しているとしつつ、両国関係の悪化による最大の被害者は在日同胞だと主張しました。

http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=104&oid=052&aid=0000957524

日本にいる韓国人にはさぞや肩身が狭かろうと思うが、こんなややこしい関係の国に住むのはもうやめて、韓国でも日本でもない国へ出ていったらどうか?(^^;)米トランプ新大統領ではないが「不法移民は追放」を日本も見習って犯罪歴のある在日外国人は退去勧告or強制送還の検討に入って良いかもしれない。

本国の連中は凝りもせず、またぞろおかしな事を企んでるようだし。

今度は竹島にも慰安婦像設置 韓国地方議員らが年内を目指し募金開始:産経ニュース
 【ソウル=名村隆寛】韓国・京畿道の議員団が竹島(島根県隠岐の島町)に慰安婦像を年内に設置しようと、16日から募金活動を始めた。韓国ではソウルの日本大使館前に続き、昨年12月末に釜山の日本総領事館前にも慰安婦像が違法に設置されたばかりで、日韓の新たな外交問題に発展する恐れがある。

韓国国内ならまだしも(世界各地に計画されているらしい)、日本軍の従軍慰安婦がいなかった土地に像を建てるのが好きなようだ。ここまでくると慰安婦像はいわゆる「女性の人権侵害」としての象徴では最早無くなってるとしか言いようがない。そう思っていた時、衝撃的なエントリを拾ったのだ。申し訳ないがここまでの全てはこれを紹介する前フリにすぎない(爆)

韓国の慰安婦像にはなぜ椅子が二つあるのか?また、いつから「少女」の設定になったのか→実は在韓米軍基地で事故にあって死んだ二人の女子中学生のモニュメントの使いまわしだった?:アノニマスポスト
韓国の慰安像にはなぜ椅子が二つおかれているのか。また、なぜ「少女」の設定になってしまったのか。そこに座っての記念撮影用?これをネットで調べてみると、なかなか興味深いというか、笑えるようで笑えない話に繋がっていく。

まず、この「少女」という設定だが、日本の研究者でもこのような少女はいなかったというのが定説。「日本人の研究者の言うことは嘘だ!」という人のために、韓国人の朴 裕河氏が書いた「帝国の慰安婦」を引用しても、年齢は25〜26歳くらいとしている。

では、なぜ「少女」という設定になったのかというと、本末転倒なのだが、まず「少女像」ありきからこの話は始まっているようだ。
2002年に在韓米軍基地に忍び込んで遊んでいた二人の女子中学生、シン・ヒョスンさんとシム・ミソンさんが米軍の装甲車に轢かれて死亡するという痛ましい事件があった。
この時、韓国では大規模な反米デモが起こった。

もちろん今の慰安婦騒動やパククネ大統領の弾劾デモのように、その運動の主体は親北朝鮮勢力だ。
(中略)
米軍装甲車女子中学生轢死事件

米軍の装甲車に轢かれて亡くなった二人の少女像が、なぜ今に売春婦像として蘇ったのかはわからないが、ネットの情報では、この少女像を作った造形家が、本来の目的とは違うと反対するも、金額で納得させたという情報もある。

少女二人を座らせると、韓国人なら「米軍女子中学生れき殺事件」を思い起こさせ、本来の目的とぼやけることを危惧したため一人としたのかもしれない。
また、「米軍女子中学生れき殺事件」でのアメリカへの当てつけの意味も運動組織にあるのかもしれない。

とにかく、反日・反米のためなら、実際の事故で亡くなった二人の女子中学生をも売春婦としてしまうこの運動体の異常さが表れている。

アメリカもこのことはわかっているかもしれない。実は「反米少女像」だったことを。

衝撃の事実!

以下は上記の記事に加えて別の「像」の話も紹介している。続けて読めば韓国の求めている物の本質がよく分かる。

なぜ売春婦像に椅子が2つあるのか?実は「米軍装甲車女子中学生轢死事件」の犠牲者2人の像だった:正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
脱北少女像
中国大使館前の「脱北者少女像」設置運動はダメ?:wedge.ismedia
脱北少女と家族 実は、韓国には外国大使館前に「少女像」を設置しようとする市民運動がもう一つある。それは、中国大使館前に「脱北者少女像」を設置しようとする運動だ。北朝鮮から脱北を図る人々が現在も絶え間なく中国へと渡っているのだが、中国当局は彼らを保護することなく、北朝鮮に送り返している。これに対して抗議する人権団体の運動である。

 中国から北朝鮮に送還された脱北者たちは収容所に連れて行かれ処刑されるケースが多い。このような脱北者の人権を考えない中国を非難する意味で「脱北者少女像」を中国大使館前に建てようというのだ。この運動は北朝鮮脱北者を支援する市民団体により始められた。北朝鮮と中国を同時に批判するという意図が込められた活動である。

→右上の画像:瀋陽・日本領事館、脱北家族駆け込み事件(2002年5月8日)、当時2才のハンミちゃんが脱北少女像のモデル

 ところが、(慰安婦問題とは異なり)現在も被害者が続出しているこの問題に対して韓国政府もマスコミも無関心だ。外交部は「中国を刺激してはならない」と設置に対して憂慮を示し、中国大使館が位置するソウル市中区庁は「脱北少女像を道路に設置することは不法であり、設置されれば撤去せざるを得ない」(国民日報 2014.3.10)と設置を認めない方針を明らかにしている。「国民感情」を理由に日本大使館前への少女像設置を黙認する対応とはあまりにも対照的な反応である。

 日本大使館、領事館前の少女像設置は黙認しておきながら、中国大使館前の少女像設置に対しては厳格な措置をとる。この韓国の対応が示唆しているのは以下の二点である。

 一点目、中国に対する怯え。同じ行動をしたとしても日本は我慢するだろう、あるいはすべきだという意識があるが、中国にはそんな甘えが通用しないことを知っているのだ。韓国がサード(米国の高高度ミサイル防衛システム/THAAD)配置を決定すると、中国は直ちに韓流コンテンツの制限に踏み切ったように、中国が具体的「報復」行為に踏み切ることを恐れているのだ。


中国を恐れ、アメリカも恐れるのに日本は舐めきっている。そんな証拠をしっかり残すのはさすが反日韓流である(爆)いずれにせよ日本をダシにアメリカ批判の意味もあるのだとしたら、アメリカや世界に像をおっ立てようという意図も納得できるような気がする。もちろんどうしようもなく馬鹿げた陰湿な、日本には迷惑な話だが、一度で二度美味しい反日反米の少女像であるからこそ彼らが必死で建設しようとするのも理解できるではないか。

アメリカで人権問題として慰安婦少女像建設に協力するのが如何にアメリカ人を馬鹿にした話か、英語の出来る方、是非紹介して欲しい(爆)

いやはや、これほどまでとは想像の斜め上を行くのも程があると言うか呆れ果てるというか、あれだけの大言壮語で日本を貶める少女像が、反米の囮であったというのは、しかも使い回しと言う手抜きであったのはもう絶句である。

新年早々驚かせてもらった(^^;)このソースのサイト、RSSに登録しておこう(爆)

JUGEMテーマ:社会の出来事



Posted by soup2001 | -  -



異人の偉人【いじんのいじん】

リオ五輪が閉幕。日本勢は過去最高のメダル数と次回2020東京五輪に向けてもいいスタートを切ったように見える。そんな日本勢に異常な敵対心を燃やす国があった。

何もそこまで…韓国メディア、日本に異様な“ライバル心” 「メダル偏らぬ日本」「宗主国」いまだ使い…/リオ五輪:産経ニュース
 リオデジャネイロ五輪で“メダル・ラッシュ”に沸く日本に対し、韓国のメディアが異様なほどの「ライバル意識」を燃やしている。何もそこまで…と思えるほどの内容。不幸な日韓の歴史がそうさせるとはいえ、何かにつけて日本と比較したがる韓国は、もう少し自信を持ってもいい−。

毎度のこととはいえ、少々うんざりもする韓国の日本アレルギーだが、日本選手自身も確かに昔に比べれば「プレッシャー」に潰されること無く伸び伸びと実力を発揮する選手が増えたようにも思う。

メダル数推移
<画像元:社会実情データ図録>

特に2004年のアテネ大会あたりから今に続く強豪選手は頭角を現して来たようにも見えるし、今やレジェンドとなったイチローがMLBデビューし、その卓越した打撃で大リーグを席巻したのも2000年以降の話である。私だけの感じ方かも知れないが、21世紀に入り日本人はその気質を変化させた。戦後に生まれ育った世代が子孫を残し2世代目に入った頃から世界で活躍する人物は確実に増え、ノーベル賞の受賞者も2000年以降に急激に増えた。こちらは学術論文の英文などへの対応、発表機会の増加などテクニカルな部分があったとはいえ、この2000年付近を境界にして日本人の世界への対応が変化したことがやはり大きかったようにも思えるのだ。

それと併せて、この10年ぐらいで急速に自虐史観が見直されつつある感触がある。日本に自虐を強いる先鋒の中国や韓国への反発が遠因なのは言うまでもないが、私自身過去の韓流ブームには反発するような部分もあって、冷ややかに見ていた(嫌韓と自覚していなかった)時代から、「いつも日本に文句を言う鬱陶しい連中」と感じ、中華帝国の属国としての歴史の長さは知識として知っていたこともあり、「地理的に日本に一番近いけど、心情的にはアジアのどこよりも遠い国」と云う「なんとなならないものかなー・・・」ぐらいの生温い視線を送ってきた。そしてある時韓国(朝鮮)には、世界級の偉人がいないことに気がついた(^^;)

学術・文化・科学・政治・宗教・哲学(思想)などで、世界あるいは複数の国家・地域にまたがって影響を与えたり尊敬を集める人物というのは、欧米中心の世界観の中で認定された偉業・功績を上げた人々であることだ。となると、属国という一地域の偉人は知名度で決定的にハンデを背負う。
白人至上主義思想の強い19世紀から20世紀前半において、それでも古代中国の思想家や明治維新を成し遂げた日本人の一部は世界的に知られることとなり、その国の国民が世界に目を向け始めた時から世界で活躍するフィールドは目の前に広がっていた。

私が子供の頃には「世界偉人伝」「日本偉人伝」など読み物やアニメで知った偉人も大勢いたが、アジアで日本人以外というと孔子や孟子の古代の中国人思想家ぐらいでそれ以外は殆ど記憶が無い。近代になってマハトマ・ガンジーがやっと名前が上がってくるぐらいか。

ワードを変えて検索を続けるとにニコニコ動画に行き着いた。ただニコ動は余計な字幕が多いので翻訳歌詞のみを抜き出したものを貼っておく。

↓元動画
【ウリナラファンタジー】韓国を輝かせた100名の偉人たち
http://www.nicovideo.jp/watch/sm24036534



【ウリナラファンタジー】韓国を輝かせた100名の偉人たち 投稿者 soup2001

韓国を輝かせた100名の偉人たち:wiki
「韓国を輝かせた100人の偉人たち(朝鮮語: 한국을 빛낸 100명의 위인들)」は、パク・イノ(박인호:本名パク・ムニョン、朴文栄、박문영:別名チョン・サン)が作詞作曲し、1989年に発表した歌。韓国では童謡(동요)として扱われており、小学校の授業などで歌われている。韓国の歴史上の人物を、おもに説明文とともに羅列していく歌詞で、韓国では高い大衆性と認知度をもっている。

1989年と言うから平成元年と、童謡にしては新作の部類になるが曲を聞いてみると、昔懐かし昭和のアニメソングのような雰囲気(^^;)名前だけで何をしたかわかるのは安重根くらいのもので(^^;)(日本における神武天皇のような存在で)伝説上の人物として檀君くらいしか正直知ってる人物はいなかった(^^;)まぁ、私は日本人だし当然なのだが。

どこかで聞いたことがあるような曲なのは、パクリ大得意のお国柄だけに上手く盗んだのだろうが、紹介されている偉人や創作上の英雄や主人公(?)には日本のものからの盗用?を疑わせるものも混じっていたり中々油断ならない(爆)

属国としての歴史に日本統治下という彼らにとっての「長い長い黒歴史」を持つ民族には、自民族の英雄がそのまま偉人として祭り上げられることになる。日本で言えば戦国武将の何人かが「偉人級」で扱われたようなものだ。

確かに織田信長は戦国の混乱を収拾に向かわせた「時代の変革者」としての評価を与えてもいいだろうし、豊臣秀吉は「下層出身者のサクセス・ストーリー」としての評価と為政者としての評価は分かれるし、徳川家康は「泰平の世を築いた」という点では評価されるが、そのために大きな内戦を数回も起こした「腹黒い戦略家」との評価にも該当する。

これらの3人は現代に繋がる民族の精神性や価値観の多くに影響を与えた点でも、あくまで国内的な「偉人」であり、世界を相手に「評価される業績」を残したといえるのは、どう考えても明治時代以降の人物ということになる。

日露戦争でロシア帝国のバルチック艦隊に圧倒的勝利した帝国海軍司令官の東郷平八郎などは、世界中で西欧列強に挑んで勝利した勇者として記憶される最初の日本人かもしれないし、細菌学でノーベル賞をもらい損なった北里柴三郎や黄熱病研究で知られる野口英世などは、学術研究の分野でもアジアの中でいち早く世界から評価される実績を残した人々である。

朝鮮民族に限れば、最近になってようやく世界的な影響力を持つ人物が登場しているが・・・残念ながら(^^;)評価は高くない(爆)

国連事務総長の潘基文(パン・ギムン)である。

「歴代最悪の国連事務総長」と酷評の潘基文氏…韓国次期大統領選では支持率トップ!?:産経WEST
 英国誌エコノミストが今年末に任期切れとなる潘基文国連事務総長を「歴代最悪の事務総長の一人」と痛烈に批判した。「無能」、「縁故主義」、「国連を私物化」など潘氏はこれまでも非難を浴びてきた。すでに国連は次の事務総長を選ぶ作業に入っており、「ポスト潘」に視線が集まるなかで出てきたエコノミストの酷評は2期10年に及ぶ潘氏の“総合評価”といえそうだ。

国連の潘基文氏に全世界から批判の声殺到! 海外の反応:海外反応! I LOVE JAPAN 
国連が一度公表した報告書を訂正し、特定国を除外するのは極めて異例。複数の人権団体は「政治的圧力に屈した」として潘氏を非難する書簡を国連に提出した。

 2日公表された報告書では、子供を殺傷したり少年兵として徴用したりしている組織や国として、内戦状態にあるイエメンの項目で「サウジ主導の連合軍」が入った。このリストは「恥のリスト」とも呼ばれ、作成は潘氏が直轄する「子供と武力紛争事務総長特別代表室」が担当している。

 これに対し、サウジのムアリミ国連大使は6日、「報告書の内容は不正確だ」などと抗議。ドゥジャリク事務総長報道官はリストの訂正を一度は否定したが、潘氏は同日夕に対応を一転させ、リストからの削除を発表した。ムアリミ氏は「この決定は覆らない」と強調し、潘氏に感謝の意を示した。

 潘氏は9日、記者団に対し「最も苦痛で困難な決断だった」と釈明した上で、「国連のプログラムへの資金援助が打ち切られると、他の何百万人もの子供たちが深刻な状況に陥るという見通しを考慮せざるを得なかった」と述べ、サウジなどから資金面での圧力があったことをにじませた。

 一方、ヒューマン・ライツ・ウオッチやアムネスティ・インターナショナルなど、20を超える国際人権団体は連名で抗議文を潘氏に提出。アムネスティは「潘氏は国連全体の信用を傷つけている」と非難した。

 前代未聞の事態に、「あしき先例を作った。これがまかり通ると、貧困国しかリストに載らないことになる」(国連関係者)との声が上がっている。

潘基文国連事務総長は海外でどう評価されているのか?:THE PAGE
潘基文
 潘氏の任期中には、リビアやシリアにおける内戦、イスラム国による危機の拡大など国際の平和と安全を脅かす事態が多発した。これについて潘氏のリーダーシップの欠如を批判する声もあるが、ペイス氏は「国連事務総長ではなく、安全保障理事会の常任理事国5カ国に主たる責任がある。これらの国連の失敗事例について、国連事務総長はスケープゴートになっている」と話す。
 ペイス氏は潘基文事務総長について、「明らかに、強くてカリスマ性があるリーダー、話し合いがうまい人物とはみなされていないが、私は、彼は与えられた地位に対して、最善と全力を尽くし、彼のレガシー(遺産)は尊敬に値するものだと多くの人が同意するだろうと考えている」として、人権や開発分野での優れた功績を評価する。

ポジティブな評価を与えているものもあるが、2015年の「子供と武力紛争」報告書での日和見な対応は、韓国人のリーダー特有の事大主義的対応を見ることが出来る。
大国の狭間にあって、コウモリ外交よろしくどの国にもいい顔をして渡り歩いてきた歴史的DNAのなせる技か、「信念と説得なき調整能力」と言い換えられる彼等なりの「現実主義」の発露なのかもしれない。

彼を見ると私は鳩山由紀夫が一瞬頭をよぎる(^^;)それなりの地位にありながら、周囲に混乱と落胆をばら撒きながら余計なサービス精神だけは旺盛なリーダー・・・。彼が韓国において次期大統領最有力と言うのは、トップ外交において同じような日和見と混乱を招く事が想像できる分、周辺国には少々うんざりであろう(^^;)

まぁ、現大統領も似たようなことしかやっていないが(爆)

孫正義経済面で言えば、海外の企業を軒並み合併して拡大し続けているソフトバンク・グループ総帥の孫正義などは、アジア系で一代でのし上がった企業人として偉人の仲間入りを果たすかもしれないが、在日であり今はアメリカ人になってしまっているのでちょっと微妙かも(^^;)まぁ、稀代の借金王としては当確だが(^^;)

それでも孫正義は日本においては偉人と呼んでいいと思う。韓国に比べて立ち遅れ気味だった日本のIT業界を一気に飛躍させたYahoo!BBの革新的な普及で、ネットのインフラ整備には多大な貢献を認められるからだ。iPhoneを日本に持ち込んだのも彼だし企業人としての決断力(意思決定力)は群を抜いているのは間違いない。

まぁ、他にも「エラい人」(関西弁で面倒を起こす大変な人の意)という意味では、韓国も日本に負けず劣らず、あるいはそれ以上の資質はありそうだが(^^;)孫正義以外で世界に散らばっている韓国系の人の中から、真の世界人となり功績を讃えられる「偉人」が出現することを、期待せずに・・・まぁ私は待たないけど(^^;)・・・待ってる人を生暖かい目で見守ろうと思う。(爆)

JUGEMテーマ:歴史



Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



巌とならぬ苔むさぬ【いわおとならぬこけむさぬ】

面白い文章を拾った。

7月 16, 2016:LOVE cake &(tumblr)
"「本日はお足元の悪い中、本校を巣立つ生徒たちを祝福にいらしてくださり、まことにありがとうございます。わたくしは3年2組の担任をしております、理科教師の○○と申します。卒業生、在校生一同に成り代わり、お礼を申し上げに参りましたっ!
先ほどからご指摘いただいております国歌斉唱を行わない教師でございますが、
そ れ は わ た く し で す!


街宣車から「日教組の手先がー!」というヤジが飛んできた。しかし全く動じず彼はさらに声を大きくして「なぜならばっ!」とヤジを一喝した。

「岩石の微細な亀裂に雨水などがしみこみ、温度変化によりその水分が膨張し亀裂を広げー・・・(長かったので略)このようにして巌はさざれ石になっていくものであり、これは何億年という地球の地殻活動の中で営々と続いてきたことであります。
間違ってもさざれ石が寄り集まり年月を経て巌になるわけではないのです!苔が生そうとも!苔の生すまで!わたくしは理科教師です。大学では地学を専攻しておりました!そして自然科学の理を手に生徒を教え導くことを職務とする者であります!そのわたくしが科学の真理に反することを生徒たちの前で肯定できましょうか!もう一度繰り返します、さざれ石がー巌となることはないのです!そ の 逆 は あ っ て も !苔の・・・」

「わかった!もうわかったから!日教組のせいで歌わないんだってことにしといてくれよ!」と言いながら去っていこうとする街宣車、そして助手席から顔を出した一人が

「おい○○!お前昔っからそうだな!だからまだ嫁が来ないんだよ!」と捨て台詞を吐いて去って行った。なにぶんにも田舎町だったので基本的にみんな顔見知りだということもあって彼もこういう行動に出たのかもしれないが、このときわたしは彼の嫁になってもいいかもしれんとちょっと思った。ほんとにちょっとだけ。"

漂流生活的看護記録 (via lovecake)

tumblrに投稿されていた「あるブログ」のエントリだが、大本のブログ自体は既に更新停止していて過去ログも参照できない状態だ。面白い話だったので他のエントリも読みたかったが仕方がない(^^;)

tumblrというSNSとブログの中間のようなネットツールならではのwebスクラップブック的な使い方だと思う。証拠を取るだけならウェブ魚拓などもあるが、中々発信力を持った媒体とも言いがたいので、やはりアーカイブとしての価値を再発信できるのはtumblrのユニークな特徴だと思う(^^;)

君が代の歌詞に科学的な考証を行っているあたりが笑えるのではあるが、なるほど岩が砕かれてさざれ石や砂になることはあってもさざれ石が巌(いわお:大きな岩の意味)に勝手に生成することはない。巌になるためには他の砂やさざれ石とともに地中深く埋まって地盤の強力な重みで岩盤と呼ばれる強固な地層を形成するしか無い。しかしそんな状態では苔をむすことはなく、地熱と鉱物から栄養を取得できる一部の細菌やバクテリアが生息するだけだ。

苔をむすためには地殻変動で岩盤が砕け、地表に出現して(ここで巌状態となる)長い間雨風に晒されて苔の胞子が付着し萌芽することで苔がむす。

君が代の歌詞はその中間過程をあまりにも省略しているので「科学的ではない」と批判されているのである(爆)

石の基礎知識 石ができるまで:TENDER TIME

ただまぁ、君が代の歌詞は、そのまま解釈すると「君(大君:天皇)」の「世(代々)」が、「岩が形成され苔が生えるくらいの長い間(時代を超えて)」続きますように・・・という天皇家を中心とする日本という国が子孫繁栄・国家安泰を願う「永続的・恒久的」な日本民族の繁栄を願う歌でもある。長い時間の比喩なのだから細かいことはまあ良いじゃないの(^^;)と言うところが多くの日本人の感覚であろう。

ただ、それ以上の意味があるとの解説動画を拾ったのでこちらも貼っておく。



天皇家のみにとどまらず、日本全体のことを歌っているということらしい。男女の営みが繰り返されて人々が増え、一つの大きな国を作る。この営みが永遠に続きますようにという民族賛歌だとのこと。



未来に夢を託し繋いでいくという意味では、ヘブライ語の解釈も可能な君が代の根本理念は不思議なくらい共通している。さざれ石=国民が集まって巌=国家を作り繁栄すると言う「文学的な言い換え」はどうも「直接的説明を得意(試みよう)とする科学」とは相性が悪そうだ。

ある思想を理想に掲げる政治理念が、中々現実を伴わないように、君が代は「理想を謳った」祈りのような歌であるならば、完全には実現し得まい。しかしこうしてこの国が存続し、古くから続く王室も君臨し、世界の中で特色を持った民族として認められている我々は、その最低限の理想は実現できているとも言える。

もし危惧するのであれば「キミが代」で少子高齢化が進み人口減少の道をたどる今こそ、君が代の理想が脅かされている時といえるのだろう。

時代劇を見るまでもなく、昔から日本は「家」「血族」の存続を第一に社会が形成されてきた。

いつしか子孫繁栄と性の自由化が切り離されて少子高齢化が叫ばれている割には「代替性処理産業」であるAV業界や風俗業界は衰えを見せない。少子高齢化対策を言うならば性表現を一部制限して「セックスを家庭に取り戻す」事が必要かもしれない(^^;)

こう書くとジェンダー・フリーや性的少数派への迫害だ、挙句に女性蔑視に繋がる危険思想だとレッテルを貼られそうだが、そんな面倒くさい話ではなく(^^;)単純に子育てママの支援とともに「家族を持つ歓び」を「子供の頃から教育していく」ことがもっと必要な気もする。それが証拠に個人が生きやすく便利になればなるほど「家族」「家庭」は崩壊する傾向にあり、私の知り合いだけでも思った以上に離婚率は高い。

家庭を持たない私が言っても全く説得力はないのだが(爆)いや、だからこそ、結婚意欲が減退している適齢期世代に警鐘を鳴らしたい。私が若いころに既に性風俗産業は隆盛を誇っていた。しかし今AV業界だけを見てもかなりの市場規模だ。風俗産業の市場規模も昔4兆円を超えると聞いたことがあったが検索してみたらそれをテーマにしていたブログエントリがあった。

実はあの業界よりスゴイ!? アダルト業界の驚異的な市場規模:ラブトーク
そしていよいよ、アダルト業界の市場規模をご紹介させていただきます。
なんと・・・・・

アダルト業界
6兆1884億円

この金額は風俗産業とアダルトビデオ産業を足した数字で、
内訳は以下のようになります。

”俗産業/5兆6,884億円

・ソープランド:9819億円
・キャバクラ:9900億円
・ヘルス・イメクラ:6708億円
・ピンサロ:6457億円
・デリヘル:2兆4000億円
合計:5兆6,884億円

▲▲瀬襯肇咼妊産業/約5000億
´△鮃腓錣擦6兆1884億円


風俗産業に至っては、地下に潜っているアングラなものが相当あると考えられ、実質的な市場規模は8兆円を超えるのではないかとも言われています。

8兆円規模と市場というと、近い規模で・・・


コンビニエンスストア市場/9兆1771億円
アパレル市場規模/8兆9230億円
印刷産業市場規模/7兆9222億円
EC産業/7兆7000億円
介護サービス/7兆8204億円
  
がある。どれも今の日本においてなくてはならないものばかりで、それと同じくらい市場から求められているビジネスがピンクビジネスというわけだ。

AV業界以外は、太古の昔から存在する売春と大して違わない接客業であり「快楽」を「生殖」から切り離したのが風俗業なら、「簡易的な快楽」を「リアルな性情動」から切り離したのがAVなどの「娯楽として楽しむポルノ」とも言える。

恥ずかしながら若い頃より私自身お世話になっているわけで(爆)こういう娯楽がもし存在しなかったら、若気の至りで誰彼見境なく「嫁取り」に執心した可能性は否定出来ない(^^;)幸か不幸か、こんないい加減な人間を家族にする不幸を他人の誰かに与えなかったという点では、AV業界は世のため人のためになったとは言えるが(爆)確実に人口減少には加担した(^^;)

それでも以前のエントリでも言及した「成人女性(日本における19歳から55歳の女性)」に対する風俗産業経験人口比率5%に対しても慰安婦問題に通じる「詐欺的勧誘(または労働契約)」「労働契約を盾にした強制」などが問題となり、就業人口は減少傾向にあるらしい。

出演強要に罰金命令 AV業界は新作激減で“冬の時代”突入へ:日刊ゲンダイ
「トラブルに巻き込まれるのを恐れてAVデビューを断念する女性も出てくるはず。女性の数が減れば美人も少なくなる。その一方で“AV出演を強要された”と訴えて賠償金をせしめようとする女が出てくる可能性もあります。あと半年はAVの作品数が激減しますよ」(前出の関係者)

 ひとつの事件が男の楽しみを奪いそうだ。

こういうものはどんどんエスカレートする傾向にある。20年以上前にAVがレンタルビデオショップで見かけるようになった時、「修正」とは「見えなくする修正」であったのだが、その後モザイクという「見えないようで見えてる様に思える」ものに変わり、そのモザイクの大きさがどんどん小さくなって「そのものズバリではないにせよ何をしているかはわかる」レベルにまで来ている(^^;)
久しぶりに借りて見てみると「もうほとんど解禁してるのと同じじゃないのか?」(爆)と感じるほどに過激である。海外配信の有料サイトでは無修正モノも日本国内で閲覧可能な以上、国内向けのモザイクAVがより過激な演出(画像処理を含む)にエスカレートしてきたことは間違いない。

昔は性風俗産業へ通い詰めることは「悪所通い」と言って「必要悪」としては認められても決して褒められることではなかったが、AVマニアとなって自宅にDVDやら海外配信のDL動画をコレクションするのは、「より安易に性処理可能になった」部分では少子高齢化の遠因にもなっているような気がする(^^;)

さざれ石は巌とならず細かい砂になり、苔もむさない。ある種「倫理的」「公序良俗」としては良いが、人口問題としては禍根を残す。こうした性風俗産業が繁栄すればするほど「退廃の中で国が衰退していく」歴史の再現を見るような気がするのである。

前述したように8兆円産業とも言われるこの業界の全てが消え去ることはないだろうが、その国の主要産業化することは避けるべきだろう(^^;)少なくともこれからは「老人や子育て世代が抱える幼児など、生殖世代以外の年代向けのサービス産業の隆盛」が期待できる分、これらの産業の従事者がそのまま移行するとは考えにくいが、また、少々大げさかもしれないが、この人口減少期の日本人の選択が、今後日本という国が真に再生できるかの分かれ道にもなるように思う。

この話はすればするほど自分にブーメランとなって帰ってくるので(爆)この辺りで打ち止めにするが(^^;)AV業界の衰退が、副次的に植物化男子を再び肉食化する効果があるのなら、人口対策としてはひょっとすると「有り」なような気がするのである(^^;)>ほんまかいな(爆)

君が代からトンデモナイ方向に話が飛んでしまったが(^^;)あるべき姿の男女とその関係性が取り戻せないかぎり、民族は滅亡に向かっていくように思える。私が生きている間はともかく、数世代後の日本人がこの時代の日本人をして「民族滅亡の元凶」として断罪するのも想像に難くないのだ・・・。

まぁ、ある程度人口が減って今の利便性が失われ、人間が1人では生きにくくなった時「家族ブーム」=「ベビーブーム」が復活して行くこともない話ではあるまい。民族が入り乱れ(混血が増加し)日本人としての純血種的な人口増加にはならないかもしれないが・・・。

きりがないのでここで筆を置く。なので当然この話のオチは無いのである(^^;)

JUGEMテーマ:日常。



Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



犬死【いぬじに】

フランス・パリで起こった同時多発テロによってISへの非難や憎しみを増幅させている人々の増加に、ある種の危惧を感じている。「戦いの最前線」に引きずり出そうとでもするようなテロリストたちの行動は、彼らにとって最善の戦略足りえるのだろうか?

パリ 同時多発テロ

有志連合など欧米を中心とした「反IS軍」による空爆や包囲網が功を奏して、ISの組織維持が苦しくなっていることの裏返しだとの分析もあるが、憎悪を増幅させた先にあるものは果てしない殺戮と破壊だけだ。恐らく、こうした多国籍軍による軍事攻勢は、やがてISの実質的支配を現在の支配地域に対しては終焉させることはできるだろうが、世界中に拡散させてしまうような事になりはしないか少々気がかりである。

このブログでも分析を試みた以前のエントリ「歴史という名の欺瞞【れきしというなのぎまん】」でも分かる通り、現在の中東の混乱は「ヨーロッパが行った帝国主義的植民地支配の後遺症」と言う見方が可能であり、こじれにこじれた結果、その膨大なひずみがヨーロッパそのものに痛烈なしっぺ返しとして覆いかぶさっていると思われるからだ。

対症療法も喫緊の課題として必要ではあるのだろうが、戦後処理としての中東地域の安定化政策の青写真がどうにも見えてこない。社会的な問題を解決する手段として「スクラップ・アンド・ビルド(解体と再構築)」が中東地域全体として行われなければ恐らく次の世紀をまたいでもこの地の混乱や戦闘は形を変えながら継続されるだろう。

IS(ISIL)がイスラム教における最高指導者「カリフ」の統治による国家設立を宣言し現在の呼称に変更したのは2014年6月。第一次世界大戦の勃発は1914年の7月である。中央同盟軍側として参戦したオスマン(トルコ)帝国の敗戦による中東地域の分割と、第二次世界大戦中のイギリスやフランスの不誠実な外交対応で戦後はヨーロッパに一番近い火薬庫と変貌し、第一次世界大戦から100年後にはとうとうヨーロッパに対する直接的脅威にまで発展させてしまった。今後100年でこの問題を根本解決する方法は今のところ見いだせていない。後100年経っても相変わらず戦争を続けている可能性は否定出来ないのだ。

日本が明治維新以降西欧列強の「帝国主義」を輸入し、アジアにおける領土拡張、安全保障の確立と経済的優位の確保を狙って朝鮮半島から満州へと触手を伸ばしていった結果、この地には日本に対する根強い反発をもたらしてしまった。無抵抗ではなかったにせよ同じように(最も長い期間)日本統治下にあった台湾は戦後、日本の近代化政策の恩恵を十分に受け取ることになったが、これには当時の中華人民共和国が今ほど軍事的・経済的な優位性がなかったため、潜在的な緊張関係にはあっても直接対決には至らなかったのも大きいだろう。

代わりに当時のソ連や中共の影響の強かった北朝鮮は韓国に戦争を仕掛けてアジアの最前線となった。中東よりは遥かにイデオロギー色の強い分断国家による戦争は、各陣営から国家承認を得たとはいえ、軍事独裁政権同士の戦いであり、双方に非人道的な殺戮(虐殺)を伴っていて、今見ると朝鮮半島に二つのISが生み出されて戦争を起こし東西両陣営の思惑で踊らされたようにも見える。その後遺症に日本は今もいろんな形で苦しめられている。帝国主義を奉じた報いといえばそうかもしれないが、その割には直接的な戦争被害者がその後日本に発生していないのはある意味では日本の戦後処理としては「上手くやった(立ちまわった)」と言えるのかもしれない。まぁ、その時折の国際情勢に助けられた幸運も間違いなくあったとは思うのだが・・・。

となれば、いま中東で起こっているISによる「反ヨーロッパ」的な戦乱は、案外敵対している国々にとっては「都合のいい悪役」であるかのようにも見えてくる。

パリ同時多発テロを戦争へと誘導する未確認情報の不気味:newsweekjapan
 どうも、この間の数日の報道や情報の流れを見ていると、「IS空爆」という戦争を激化させようとする政治的な意図のもとに、未確認情報が飛び出し、それによって世論操作が行われ、政治が動いているように思えてならない。その陰で、フランスや欧州の足下で重大な危機が広がっていくのではないかという危惧を抱かざるをえないのである。

同じような印象操作を感じているのはジャーナリストも同様のようだが、少なくともこの人は「体制側」に操作された「リーク屋に見せかけた工作員」ではなさそうだ。・・・なんてことを思っているととんでもないネタも上がっている(驚)

パリの同時多発テロの続報・・報道されない事実:日本や世界や宇宙の動向
以下の通り、パリのテロ事件は自作自演の偽旗だということが益々濃厚になってきました。
ISISを使ってテロ事件を起こした権力者達は、様々な目的を達成したもようです。

バタクラン劇場のテロ事件はフランス政府の自作自演だった?:日本や世界や宇宙の動向
バタクラン劇場
以下の記事は、フランス政府がバタクラン劇場にいた人たちを殺害しテロの犠牲者として利用したことが明らかになったと伝えています。
この記事を読む限り。。。どうやら今回の偽旗同時多発テロは、NATOなどがシリアを完全に破壊するために第三次世界大戦を手っ取り早く勃発するための工作だったようです。

いやはや・・・。9.11同時多発テロの時も米政府の自作自演(はもちろん情報操作・偽装や隠蔽工作の痕跡と政治利用の可能性)疑惑はすぐに出てきたが、やはりフランスでも同様だった。

ちょっと信じがたい話でもこうやって世界に配信されるのは、それが何らかの効果が有る事をわかっていてやらせている事も考えられる。これはこれで「戦いへの煽動」に結びつく可能性は否定出来ないのだ。フランス政府や有志連合国家群の偽善に憤ってISに参加しようとするお調子者だって居るだろうしなぁ・・・(笑えない)

ソースにしている「beforeitsnews.com」のヘッドラインを翻訳させたりするとその見出しで類推できるものはトーチュウとかのスポーツ・ゴシップ専門誌なのではあるが(^^;)案外2ちゃんねるあたりの珠玉混合なネタを取り上げるメディアだけに「意外と核心をついている」可能性は・・・無くはない(^^;)ようにも思える。

2015年11月13日パリ同時多発テロにみるクライシスアクターとThe World in 2015にみる陰謀説:真我のメモ帳
クライシスアクターが有名となったのは、一昨年に発生した「ボストンマラソン爆弾テロ事件(2013年4月15日 死者5名)」ですが、その前にあった「サンディフック小学校銃乱射事件(2012年12月14日 死者26名)」や「オーロラ銃乱射事件(2012年7月20日 死者12名)」でもクライシスアクターは登場しており、亡くなったはずの子供が2日後にオバマ大統領と一緒に写真に写っていたり、あまりにもずさんで手抜きのヤラセばかりとなっていて、年々事件が起こる度にネットの世界は呆れかえってもいます。

クライシスアクター

ただ、今回はアメリカではなく、ハリウッドからも遠く離れたフランスではあったので、さすがに同じ役者はいないかと思えば、なんと今回もまた同じ役者が発見されており、それが冒頭の写真にも登場した悲痛な泣き顔を見せている女性であります。

驚くべきことに、彼女はオーロラ、サンディフック、ボストンに続き、今回のパリも登場するという4回連続の出演であり、これがヤラセではなく真実であれば、よほど不運の人生としか言いようがありません。

ここまで来ると、テロそのものが、この女性を狙ったものとも言えるほどのシンクロ率ですが、当然ながらそんなわけもなく、結局のところ世界のテロ事件は役者を使っての自作自演テロであり、世界にテロリストの恐怖を植え付けて悪の討伐の正当性、世界大戦への流れを生み出したい戦争屋の人々の意図的な犯行であります。

私の中で陰謀論増殖中(爆)・・・こういう画策・工作・陰謀などは古代や中世の昔からヨーロッパではある種デフォルトではあるものの、目の前に出されて「さぁ、信じろ!」と言うのもちょっとねぇ(爆)出来過ぎてる気がしないでもないわけで、結局この辺の情報のもたらすものは「木を見て森を見ず」にも似た真相への道筋のはぐらかしや、真の意図をごまかす仕掛けだったり・・・と言う感じなのだ。

早い話、自作自演だったと思わせる配役を意図的に置いた。・・・つまり誰かは予め事件が起きるのを把握していた可能性があるということになるが(^^;)犯人に事件を起こさせ、悲劇役の「ヤラセっぽい人間」をわかりやすく配置すれば、本来の首謀者の存在を隠匿できるかもしくは事件全体の情報を撹乱する効果は期待できる・・・。いや、疑いだしたらキリがない(^^;)

こういうものは所詮、一般市民には知り得ることのない真実として「状況の一端」が将来開示されるかもしれない期待を持っているぐらいがちょうどいいのかもしれない。我々にできることは今後起こる情報操作から引き出される「国際世論」の妥当性を注意深く見ることかもしれない。

もちろんISのような存在を認める気も無いのでこんな勢力を一掃することには異論はないが、その後のことについての平和維持構想や国際協力構想が出ていないのが気に入らないのだ。どれだけ言い出した当事国の身勝手な理屈であろうとも全く無いよりはマシだからである(^^;)

犯人探しをしたところでフランスの国家的威信がせいぜい保てるぐらいであまり意味はあるまい。9.11のアメリカ同時多発テロ後に首謀者とされたビン・ラディンが殺害された時もそれで全てのケリが付いたと思う人間は皆無だったはずだからだ。(アメリカ政府が9.11テロの可能性(情報)を把握していたにも関わらず阻止に積極的に動かなかったのはもはや事実として認められている。)

日本では直接的な危機意識が希薄なせいか、一部で妙に矮小化された方向の(?)論争が起こっている。

「KAMIKAZE」がダメ? またまた特攻の美化が始まった:弁護士 猪野 亨のブログ
フランスで起きた同時テロですが、フランスのマスコミがテロのことを「KAMIKAZE」と言っているようです。
 それに対して、ウヨク勢力を中心に、特攻隊をテロリストと一緒にするなと憤っているというのですが。
「特攻隊は「テロリストとは違う」「戦友への侮辱だ」 仏報道に88歳元隊員憤り」(産経新聞2015年11月17日)

 これを元にして種々述べているのが永江一石氏のこのブログです。
「特攻隊は断固としてテロリストじゃないのでフランスがかなり嫌いになった」(ブロゴス)

 何だか非常に的外れの批判です。
 私にはどちらも同じようにしか見えません。

個人的に偏向した思考をお持ちなのはわかるが(^^;)今最も言うべきはそこじゃないでしょうに。典型的な頭でっかちな「屁理屈言い」な論旨がその後の関連エントリでも止まらない。いや、弁護士だけに「理屈だけが正義」なのは理解できるが、それだけで物事が解決できないのが現実の人間の世界だ。そこには利害と感情が常につきまとう。

前のエントリ「芋の煮えたもご存じない【いものにえたもごぞんじない】」の左翼頭に共通する理想論的な世界観に支配されてるのが痛々しい上に、「賢い私が理屈もわからず感情論でしか考えない君たち馬鹿に教えてあげよう」的な傲慢ささえ行間ににじみ出る(^^;)

特攻による死の強要は「無駄死に」そのもの いやアジア・太平洋戦争で死んだ日本人はみな「無駄死に」だ:弁護士 猪野 亨のブログ

「特攻で死んだのは犬死に」遺族の前で言える? 「英霊」と言うことこそ侮辱だ:弁護士 猪野 亨のブログ

その前からこのネタはご執心だったようだが、中々しつこい(^^;)

特攻による死の強要 家族のために死を選んだなどと冒涜も甚だしい これこそが特攻の犠牲の美化そのものだ:弁護士 猪野 亨のブログ

こんなに露骨な挑発もちょっと珍しいのだが、私は間違ってもこの人に弁護依頼をしたいとは思わないね(爆)分析も歴史的考証も足りているとは思えないからだ。

いちいち反論するのも面倒なので上記エントリの中で反論コメントがいくつか入っているので紹介しておこう。

特攻による死の強要は「無駄死に」そのもの いやアジア・太平洋戦争で死んだ日本人はみな「無駄死に」だ

■No title
>犬死だったことを認めたがらない

人の死を悼むことと、暴言で終わらせる表現をすることは全然違うと思うのです。
先生は同じことを言っているかもしれませんが、伝わっていない以上は「受け取り方の問題だ」と切り捨てる以前に何か考えることがあるのではないかと思います。
2015/11/21(07:38) 一般の人 URL 編集

■No title
(コメント)
>それにしても、未だに特攻を美化したり、
>犬死だったことを認めたがらない人たちが少なくないことに驚かされます。

この文章を読んで唖然としました。
猪野さん、あなたは心の奥底では「思想・価値観の多様性」を否定してるんですね。
まさしく「俺の考えがすべて正しい」という雰囲気が露骨に出ています。
「正しいはず」の考えが否定されまくっているわけですが、
猪野さんのこの論理展開では当然の結果です。

(コメント)
>岩田温氏は、自称政治学者なのでしょうね。
>全く世間からは相手にされていないのですが、ウヨク受けするのか、
>ネット界で幅を利かせているので、そのようなものばかりを
>蔓延させてはならないので、一石を投じたいと思っています。

では聞きます。
あなたは何なんですか?

自称・政治学者ですか?自称・政治家ですか?違うでしょう?
岩田氏にケンカを売る意味がどこにあるんですか?

あなたは私たちと同様、国民の一人ですよ。
敢えて聞きます。
このテーマにおいて、弁護士という肩書を特別視していませんか?
2015/11/22(06:43) 青湘遊郎 URL 編集

この弁護士は自分の死についてはどう考えているのだろうか?他人の死をその後ろにいる家族や死に至った経緯や時代背景をロクに検証もせず「犬死」と切り捨てるこの無残さは何なのだ。

検察側の起訴状の文面だけで裁量を行うのとどこが違うのだろうか?そこに人の情や思いやりを伴って、図らずも罪を犯した加害者やひどい目にあった被害者の「心が傷ついた人間を法で救済する」弁護士としての役割は全く感じられない。慰謝料とか権利とか、殺伐とした利害だけで飯を食ってる弁護士なんだろう・・・としか私には見えないのだ。

強いて言うなら、基本的に人間の死は全て無駄死でもある。「意味のある死」は、故人となった人間を追悼する側の人間にしか無い。そして誰もが死からは逃れられない。その死を悼む人間が1人でも居るなら「犬死」のように「誰からも顧みられない無意味な死」「役に立たない死」「野生動物の死」と同じというのは暴言である。

時間とともに忘れ去られる全ての人間は「その人生の意味を問わず<単なる死>」として認識される。いくつかも時代を経た後、今を生きる我々の直接的に役に立つことはほどんど無いだろう。だからその意味で誰しも行き着くところは「単なる死」それを「無駄死」と呼ぶ人も居るかもしれない。

ただ、特攻隊員に特別な感情を持つのは日本人の遺族や右翼思想に染まった人間だけではない。これは敵対したアメリカ兵でも同じである。

神風とメダル表彰者:Michael Yon JP
1944年の時点で,事実上,日本が自国への進行を押しとどめる可能性はゼロであった.
我々の軍隊は日本軍を徹底的に追い詰めた.その過程で我々の軍隊の大勢が青の錠剤を選んだ.日本軍には,神風という,ほんのわずかのチャンスだけが残されていた.

ずっと昔に神風が日本を救ったことがある.それは民族の記憶の一部となっている.
日本軍は敵であった.しかしながら神風という青い錠剤を選んだことに対しては,我々は畏敬の念をもたねばならない.

特攻

度々紹介しているアメリカの元軍人で軍事ジャーナリストのヨン様(^^;)もまた、彼ら(特攻隊)に対し敬意を払っている。青い錠剤というのは本文中で書かれた喩え話で「自己犠牲を選択して仲間を救う意志」の現れ、対する赤い錠剤は「戦場から離脱し隠れて生き延びる卑怯者の意志」のことだ。

そして一応付け加えておくが、「特攻」という自己犠牲を厭わぬ(勇敢と評価される)攻撃は日本だけの専売特許ではない。日本独特だったのは戦局の打開のため、軍指導部が意図的に「戦死率100%の攻撃」を兵士に課した点である。

外国人から見た"KAMIKAZE"

このリンクには実際に特攻機の攻撃に遭った兵士たちのコメントが複数掲載されている。多くは恐怖を語り理解不能を訴えるが、戦士としての畏敬の念を表す者も居る。

 「本書の目的は、そのような皮相的な見方から一歩踏みこんで、西欧から見た神風に、新たな脚光を浴びせることであった。また著者の意図したところは、この日本の自殺攻撃が集団的発狂の興奮の結果などでは断じてなく、国家的心理の論理的延長が到達した点であらわれた現象であり、戦局の重圧がそれをもたらしたものであることを明らかにすることにあった。
  著者は日本において2000年間眠りつづけてきたハスの実が、栽培されて開華したことを耳にしたことがある。その花に著者は神風の精神をなんとなくなぞらえてみたくなった。
  たしかに日本人の実行したこの突飛な飛躍はむなしい。結果としてのいたましい敗戦に、この行為はあまりにも不合理とも見えよう。そしてこの行為に散華した若者たちの命は、あらゆる戦争におけると同様に無益であった。しかし、彼らの採った手段があまりにも過剰でかつ恐ろしいものだったにしても、これら日本の英雄たちは、この世界に純粋性の偉大さというものにつて教訓を与えてくれた。彼らは1000年の遠い過去から今日に、人間の偉大さというすでに忘れられてしまったことの使命を、とり出して見せつけてくれたのである。」
ベルナール・ミロー著「神風」

上記「神風」の著者ベルナール・ミロー氏は下手な日本人以上に彼らを理解していた、いや理解しようとしていたのが分かるではないか。酷い悲惨な死ではあったし、そんな作戦を実行させた軍指導部が批判されるのは当然ではあるが、戦死した兵士たち、戦争で亡くなった死者全てを「無意味を意味する犬死」と評するのが死者に対する冒涜以外の何物でもないことは明白だ。
彼らの死を冒涜し否定することは、その後この世に生を受け、平和を享受している我々自身を否定することに繋がってしまうと考えるのは間違いだというのだろうか。

軍国主義者たちは確かに兵士に死を強要した。日本国男子として報国の使命を刷り込まれ死地に送り込まれたことは無残な話である。誰もそのことを賞賛することはないはずだ。それでも死を受け入れたその時代の兵士たちのその死を悼み、感謝と尊崇の念を抱くことを批判できるものはこの世には居まい。

上述したように全ての人間は無駄死に至る。300年前のご先祖様の死を悼むのは実感が伴わないし、死者への礼節は違えずともその死に特別の感情を持つことはあまりない。
しかし特定の歴史的事件や記録に残されて死に至る経緯がわかるものについては、他人であってもその死を悼む人はいるだろう。同様にその人物が自分に近ければ近いほど、感情を伴って死は受け入れられる。それでも普通ならやがてこの世の大多数の人間は「無駄死」「犬死」と変わらず特に顧みられること無く忘れ去られる。

この弁護士の場合、死を迎えた時どれだけの人が悼んでくれるのだろうかなどと心配するのは余計なお世話だが、この国に住み、この国で法律家をやっているならば、この国の国民の感情や精神的特徴、歴史に対する最低限の配慮・礼節は持つべきだろう。でなければこの本人こそが何の意味もない死(人生)=誰からも顧みられない犬死を迎えることになりかねない。

フランスのテロに話を戻せば、第一次世界大戦の最も深刻な後遺症となりつつある「帝国主義時代の植民地支配」が生み出した中東の混乱は、それ全体で一つの時代を超えた「宗主国連合vs非植民地民族」の戦争・抗争と見ることも可能だ。この弁護士いわく、戦争は馬鹿げた行為なのだからその死者全ては無駄死だというのはひどく乱暴な言い方だし、9.11テロや今回の11.13テロでの被害者も無駄死だと言い放つのと同じである。なんという無礼、なんという不謹慎さ、軽薄さだろうか。

少なくとも、この一連の事件や報道に絡めて、このように何らかの感情を刺激しおかしな方向に煽動しようとしているかのような論説こそ危険だと改めて自分に言い聞かせる私なのである。


<2015年11月24日 追記>
あの有名ブロガーも肴にしてました(爆)・・・いや〜木走センセも存外お人が悪い(^^;)

素晴らしい!一人「KAMIKAZE」状態のその言論力、実践力を見よ。:木走日記
 さて、「本当に最低レベルの」当ブログとしては、先生のご高説に対して反論するような不敬なふるまいはできれば避けたいのです。

 ですが一言だけ余計なお世話ですがその言論力、実践力をたたえさせていただきたいです。

 先生自身のエントリーが猛烈な反論の嵐の中を勇敢にも突っ込んで行く、一人「KAMIKAZE」状態です。

 先生の論をお借りすれば、一人「無駄死に」状態とも言えます。


 素晴らしい。

 猪野亨先生に光あれ。

 ふう。


JUGEMテーマ:社会の出来事
Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



芋の煮えたも御存じない【いものにえたもごぞんじない】

表題の意味は下記に。

芋の煮えたも御存じない:故事ことわざ辞典
【読み】 いものにえたもごぞんじない
【意味】 芋の煮えたもご存じないとは、世間知らずでおっとりした人を、あざけっていうことば。
【芋の煮えたも御存じないの解説】
【注釈】 芋が煮えたのか煮えていないのかの区別もつかないほどのお坊ちゃん育ち、お嬢さま育ちの意味から。
「芋の煮えたも知らない」とも。
『江戸いろはかるた』の一つで、「ゐ」の項。

話が通じない相手に対する侮蔑的な言い回しだが、もっと見下した言い方だと「馬の耳に念仏」とか「豚に真珠」とかの人間扱いすらされないものになる(^^;)

この言葉が頭をよぎったのは、昼間の休憩時間にネットのある記事を見た時である。

小田嶋隆「『話せば分かる』はお花畑理論だと得意気に言う人達に一言。話さなければわかりようがない」:痛い2ちゃんねるニュース

小田嶋
小田嶋隆 @tako_ashi


11: ナガタロックII(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/11/18(水) 22:43:45.20 ID:RMY/ev820.net
かつて本当に話してわかったケースがあっただろうか

15: キチンシンク(家)@\(^o^)/ 2015/11/18(水) 22:44:13.46 ID:heF36E7s0.net
話し合わなければ分からないのは事実だが
だからといって話せば分かるわけではない


25: ヒップアタック(アラビア)@\(^o^)/ 2015/11/18(水) 22:45:40.95 ID:AYxtTuWi0.net
>何かを言ったつもりになっている
まんまこの人じゃんw

40: ストレッチプラム(京都府)@\(^o^)/ 2015/11/18(水) 22:47:16.61 ID:1X+UxIOC0.net
話し合いですべて解決できると思ってるのがお花畑だと言われてるんだろ
話し合い自体否定してねーよ


65: カーフブランディング(茸)@\(^o^)/ 2015/11/18(水) 22:52:27.89 ID:sOFsBghV0.net
相手が話す気がなければ何も出来ないって事を知らないといけないなぁ〜
相手は己が有利に話しが出来るように殴り続けるんだから、話し合いの段階にもって行く為に
殴りかえさないといけない…って事がわからないからお花畑と言われるでしょww

小田嶋隆はもう少し現実感覚のある人のように思っていたのだが買いかぶりだったか(爆)ねらーのリアクションをいくつか拾っておいたがそれらが痛々しいほどのツッコミとして小田嶋隆の「言葉足らずさ」を白日のもとに晒す(^^;)いや「思慮不足」の方かな?(^^;)

どちらにしても、こういう「常識的に良い人風の発言」をする人を私はあまり信用しない(爆)どうでもいい世間話の中でなら適当に相槌も打てるが、結構ガチに「思考」がぶつかるネットでの発言は、慎重さを欠いている自覚がない点で小田嶋隆のボロ負けである(爆)

大体こういう話はTwitterに向かないのだ。たった140字でどれだけ凝縮した表現力を明示できるかが問われるメディアで、それでも意識的に発言した場合は「宣戦布告=挑発」と見なされる(^^;)

「話せば分かる」は、これまでの歴史を見る限り、争いの初期段階か最終段階でしか機能しない。

争いや小競り合いが起き、話し合うが交渉決裂する
 ↓ 
戦 争
 ↓ 
決着が付かず被害だけが増大し双方疲弊して和平交渉を行う


この場合、必ずと言っていいほど当事者同士は対話のチャンネルを持っている。戦争中でさえ日本とアメリカは人脈を通じて情報交換を行い戦争終結のタイミングを見計らっていた。おそらくISに対しても欧州連合やシリア政府は非公式なチャンネルは持っているはずだ。そこを通じての駆け引きは公にはならないものの、収束に当ってお互いの利害が一致した場合は「突然和平が実現」したかのように見える。イスラエルとパレスチナの戦いはいつもそんな感じだ。

戦いが始まった段階で戦いを一方的に終了宣言することは敗北宣言と同じである。そんなことをするとしたら、敵に包囲されて降伏する場合以外はありえない。つまりどちらも話し合いは否定しないものの、話し合いの条件設定のための戦闘を繰り返すのだ。

その辺りの現実や駆け引きを歴史から学んでいない者だけが、安直に「話せば分かる」という美辞麗句に全てを依存してしまう。

小田嶋隆のツイートは(真意が別にあったとしても)まさにそのように見えてしまう。

こういうのってやっぱり九条教護憲運動の人々と被って見えてしまうのだが(^^;)「話せば分かる」を現実的に解釈できる人と、この言葉だけで思考停止気味に満足してしまう人の差のように見えて仕方がない。

リベラルと称される人や自認している人の多くは、自分の理想に対しての現実感覚はあるのだろうか?

・・・例えばこの私(55歳のしょぼくれたオヤジ)が、有名な女優と(まぁ例えば石原さとみとか綾瀬はるかとか)結ばれることを理想としたとしても、私はそれが天文学的確率の低さでしか実現しないことを知っている(爆)(可能性はゼロに限りなく近い)でも「可能性はゼロではない」と言えるだけの理由で、「可能性は低くない」と論陣を張るのは単なるバカのやることだ(爆)

例えば。あくまで例えば、だが、私が今からでも整形でもして容姿端麗となり、演技の勉強をして上手くなってオーディションに受かり、注目されて人気者になり、遂には憧れの女優さんと共演出来たとしても、その女優さんの恋愛対象としてのスタートラインにすら立っていない(^^;)年齢差をものともせず(^^;)効果的にアタックを続けて、運よく好意ぐらい持ってもらったとしても「友達」「いい人」で終わってしまう可能性のほうが高いのだから絶望的にゼロ確率のほうが近いのである(^^;)

九条教の人たちは、憲法9条を守ることで世界を平和にできる道筋を考えたことがあるのだろうか?

話せば分かるという人たちは、どう話し、どう動けば戦争を回避し終結させられるか、その具体的な道筋・構想を持っているのだろうか?

それらが可能だというのなら、せめて私が女優さんと結ばれる最低限の条件設定くらいの行動はとってからにしていただきたいのである(爆)


自分で言っててなんかムカつく。くそ〜(^^;)

<2015年11月20日 追記>
まさに上記エントリの話をシリア情勢で説明している評論を拾った。冷戦の時代から変遷している国際情勢と合わせて非常にわかりやすいので紹介させていただく。

世界はなぜ「暴力の時代」に逆戻りしたのか? ターニングポイントは中・露の「無法行為」だった!
「話せば分かる」はもう通じない
:現代ビジネス


私たちが相互依存原理を捨て去る必要はまったくないし、いつか日本が中東の繁栄に一肌脱ぐ日もくるだろう。だが、いまテロリストたちに「話せば分かる」式で対応しても仕方がない。

「武力の応酬で問題は解決しない」という主張は一見、美しく響くだけで、どうすべきか、何も政策を語っていない。日本は日本自身の存立が脅かされない限り武力行使をしないが、テロリストとの戦いでフランスと連帯すべきである。

リンク先の記事の冒頭にはこんな一節もある。

集団的自衛権というと、日本では「戦争につながる」などとトンチンカンな議論が横行したが、そもそもは他国に攻撃されないよう仲間を作る権利だ。「仲間に手を出せば全員で報復するぞ」と牽制したのである。

労働組合の団交(ストライキという武力行使をちらつかせた交渉)も言わば集団的自衛権だ(^^;)

つまり、話し合いをするということは決裂した場合の対応も同時に考える極めて現実主義的な知性が必要な行為・行動なのだ。それ相応の覚悟と準備・対応力がなければ、「話せば分かる」は解決に至る言葉ではなく、「ちょ、ちょっとタンマ!」程度の時間稼ぎ、あるいは現実から逃避するだけの思考停止の言葉でしか無いのである。(^^;)

JUGEMテーマ:社会の出来事
Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>



目次&ランダムピックアップ

現代用語のクソ知識の目次

当ブログの目次(管理人のオススメ一覧)です。かなり古い時事問題に関する記事もありますが、当時を思い出してご覧いただけると幸いです。



↑上のボタンを押すと、ランダムにエントリを表示します。
もしもエラーページが出たら、ごめんなさいm(_ _)m「戻る」ボタンでエントリを表示するまでお試しください。

言い訳ページはこちら(^^;)

---------------------------------
---------------------------------






ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ


マウスコンピューター/G-Tune

 RSSリーダーで購読する

Profile
Archives
Recent entries
blog parts







マウスコンピューター/G-Tune

エニアグラム診断によると私はタイプ4番でした。
無料診断のできるサイトはこちらです。
Links
tools


悪徳商法マニアックス




簡単自動登録
無料でSEOならSEO.CUG.NET

大黒天
金運アップブログパーツ
Categories
AdSense







途上国の人々への支援をお考えの方にCARE支援プログラム

ドメイン取るならお名前.com

マウスコンピューター/G-Tune
Mobile
qrcode
Sponsored links
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
このblogのfeedburner