ブログパーツ

桜の朝【さくらのあさ】

昨年は愛用のデジカメが不調のため、また、時間が取れるタイミングと開花時期が合わなかったため写真の「桜狩り」をしなかった。今年も本来のデジカメは使いものにならないままだったのでiPhone7Plusの内蔵カメラで撮ってみた。

桜1

桜5

この画像の足元が1枚めの石畳に落ちた桜の花弁の画像。

桜4

夜勤明けの早朝なので光の角度が強くやや赤みがかっている。春先の早朝の光は少々頼りない感じがするものの厳冬を乗り越えたものだけが共有する期待感や安堵の感情を呼び起こしてくれるような気がしてならない。

桜2

桜3

デジカメを新調する余裕がなく、安物のデジカメならiPhone内蔵カメラ(一応1000万画素)でも十分撮れるだろうと思っていたが、画質は思ったよりも上々。長尺ズームや特殊な撮影(長時間露光)などが使えないが、この程度のスナップ撮影なら全然可能だ。私としては少々物足りないが、しばらくはこれで我慢だ。(^^;)

上の2枚は夜勤に通う道すがらにある登弥神社。古い建物(神社仏閣やお城)と桜はよく似合う。日本の原風景としての相性は抜群である。

登弥神社 奈良県奈良市石水町:神社と古事記



JUGEMテーマ:日常。



Posted by soup2001 | -  -



左残オールスターズ【さざんおーるすたーず】

ネット民の言語を操るセンスには毎度感心させられる(爆)

【 #衆院選2017 】立憲民主党、50人超擁立へ〜ネットの反応「ゴミ箱を作った枝野の功績は偉大」「グループ名:左残オールスターズ デビュー曲:勝手に晋三罵倒」:アノニマスポスト
立憲民主党
<衆院選>立憲民主党、50人超擁立へ
10/4(水) 7:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171004-00000002-mai-pol

民進党の枝野幸男代表代行が衆院選に向けて結成した新党「立憲民主党」は3日、総務相あての設立届を東京都選管に提出し、受理された。毎日新聞の取材では、枝野氏や長妻昭元厚生労働相ら民進党の前衆院議員14人のほか、元職11人、新人23人が既に参加の意向を表明。希望の党から公認を拒否された民進の候補予定者らがさらに加わるとみられ、立憲民主党からの出馬は50人を超える公算が大きくなった。

設立届では新党の代表を枝野氏とし、前衆院議員6人が名を連ねた。長妻氏は記者団に、全国11の比例ブロック全てに候補者を擁立する考えを明らかにした。

ゴミ箱

グループ名:左残オールスターズ 

デビュー曲:勝手に晋三罵倒


声に出して笑ってしまった(爆)

希望の党は希望の党で「小池百合子の野望の党」「新党バブルですぐに弾ける気泡の党」「主義主張の違いを飲み込んで公認を取り付ける元民進党議員には辛抱の党」と言われ放題(爆)

何だか今度の選挙が楽しみで仕方なくなってきた。小池劇場のシナリオが狂い始めてきた今、公示後更に混乱が拡大するのか、それとも鎮静に向かうのか(まぁ、これはないだろうが)投票日の夜勤はスマホのニュースをこっそりチェックしまくりになるかもなぁ(^^;)

変遷【へんせん】で作成した「政党変遷図」がこの所アクセスが増えているので(^^;)コチラでもその図を掲載しておく。実はマメにアップデートしていて現状の最新版がこれである。選挙後は余計な政党が削除されることを期待しているがさて、どうなることやら(爆)


政党の変遷
※クリックで拡大(1280×1604ピクセル):2018年6月26日更新

さて、私の祈りを込めてお口直しにこの曲を紹介しておこう。ご存じの方も多いだろうが、海上自衛隊の至宝。戦勝の歌姫(こういう表現はご本人には迷惑かもしれないが勝手に命名)三宅由佳莉さんの美声である。

彼女にはその名もぴったりの「希望」と言う歌があるのだが(^^;)ここで貼るのはあまりにも失礼なので(爆)この曲にしておく。とりあえず楽天主義(オプチミズム)な未来を描ける希望そのものが歌われていたということで。




JUGEMテーマ:社会の出来事



Posted by soup2001 | -  -



さらばF1【さらばえふわん】

【F1】F1の無料放送が日本で消滅。フジテレビF1中継30年目に突入も岐路を迎えた日本のF1。:Yahoo!ニュース
「BSの無料放送が無くなってF1中継が見れない!」
ネット上にはそんな日本のF1ファンの悲痛な叫びが多数書き込まれている。「オーストラリアGP」からスタートする2016年の「F1世界選手権」だが、今年は残念ながら衛星放送チャンネルの「BSフジ」によるF1の無料テレビ放送が行われない。フジテレビ地上波の全戦放送も2011年を最後に休止状態にあるため、ついに日本におけるF1無料放送は消滅してしまった。

1987年の放送開始以来、地上波の半生中継(^^;)にかじりつき、1996年のスカパー放映開始にともなって有料放送にのめり込み、1997年から2006年まで鈴鹿詣でを繰り返した私だが、経済的事情と健康面の不安からそれ以降の生観戦を諦めても2008年までスカパーを見続け、経済事情のさらなる悪化に有料放送を断念し、それでも地上波やBSフジでの録画中継を毎戦に近い頻度で見てきたが、今回ばかりはとうとうF1観戦そのものから撤退することになった。

2001
※2001年10月11日

F1だけのために有料放送を見ることはなんとかできても、その中継の殆どを時間的に見ることはできない以上、諦めることにしたのだ。F1以外でも若い頃に熱中してみていたスポーツの殆どが、年齢を重ねるごとに興味の対象からは外れていく。

2002
※2002年10月14日

60にはまだ少し時間があるものの若い時代とは確実に嗜好が変わっている。これが老いなのだとしたら実に味気ないものだ。その代わりF1に比べて安価で手に入る「歴史関連書籍」はF1観戦時代の倍以上のコストを掛けている(^^;)

2002-2
※2002年10月14日

見てワクワクするものから知ってワクワクする方に、なおかつ時間は掛かっても安価で「教養」としてのバリューを感じる方になっていったとも言える。貧乏人らしい嗜好(指向)の変化(爆)とも言えるが、F1というスポーツカテゴリが「金」「政治的抗争」「ルールの変化」など、他のスポーツに比べてもやたら激しく「意地汚さ」を隠す意識に欠ける(^^;)あたりも少々うんざりしてきたのも確かだ。

ネットの時代になって日本では人気のある野球や相撲も「薄汚い部分」はこれまでに無く曝露されるようになったし、中継を続けてくれたフジテレビ自体の衰退も視聴者の減少に多少は影響したかもしれない。

・・・まぁ、もう見られないと思えば見られた時代の記憶が「私にとっては過去の栄光」(^^;)のようにも感じられるし、CSでの有料放送を続けていてくれれば宝くじでも当たれば数年間ぐらいは「悠々自適をしながらF1三昧」という儚い夢も見られる点ではフジテレビにはなんとかこのF1の灯を灯し続けていただきたいものだ。

あと昔鈴鹿でお世話になったF1同好の士諸氏もそれを支えていてくれたならもう言うことはない。<あくまで他力本願(^^;)

2003
※2006年10月5日

JUGEMテーマ:スポーツ
Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



策士達の黎明【さくしたちのれいめい】

自民党、甘利明TPP担当他大臣が辞任した件。色々情報が出てきて面白いことになっている(^^;)甘利氏にはヘボい秘書のせいで地雷を踏んだ格好だが、人を見る目がなかった、あるいは人の運がなかったという点ではお気の毒としか言いようが無い。発端はセンテンススプリング(爆)の告発記事から。

文春
衝撃告発「私は甘利大臣に賄賂を渡した!」(2016.01.20 16:00):週刊文春WEB
 甘利明TPP担当大臣(66)と公設秘書に、政治資金規正法とあっせん利得処罰法違反の疑いがあることが週刊文春の取材でわかった。千葉県内の建設会社の総務担当者が週刊文春の取材に応じ、メモや録音を基に金銭の授受を証言した。

まぁた献金問題で大臣のクビが飛ぶのか。自民党の悪しき体質は変わらないな・・・と思ったのもつかの間、事件の背景を伝える情報が続々登場(^^;)「おとり捜査」並の罠にはめられた状況が鮮明に浮かび上がった。

それでも金銭の授受があったり献金元の調査が不十分など、甘利氏側の失態も否めない。それでも罠に仕掛けた方の手口がえげつなさすぎ。これじゃヤクザだ。

新潮

【甘利氏金銭授受疑惑】 週刊新潮が告発者のヤバ過ぎる正体暴露 (2016/01/28):モッコスヌ〜ン
週刊新潮「甘利大臣を落とし穴にハメた怪しすぎる情報源の正体」

しまりすマネージャ ?@simalis1 5時間5時間前
今週は新潮を購入。
右翼団体所属、甘利家と関係の深い人権NPOに入り込み、公設秘書を接待漬け&実弾攻勢で取り込んで千葉に後援会を結成。
録音マニアで接待の領収書は全て保管、言質取ってはカネを要求するとか、やくざモンみたいな輩ですね。>一色某 #seiji

しまりすマネージャ ?@simalis1 5時間5時間前
続き)全国紙の社会部記者:
「薩摩と一色は補償交渉でURからカネを取ろうと、甘利を利用しようとした。
が、動きがよくなかったため、切り捨てて、文春にタレこんだという構図でしょう」(週刊新潮2/4)

しまりすマネージャ ?@simalis1 5時間5時間前
続き)薩摩興業:
「文春の記事は、一色の一方的な主張が書かれているだけです。
薩摩興業が一色と一緒になって甘利氏を嵌めたという見方がなされていますが、それは間違い。(中略)
現在、社長と一色は、関係が完全に切れています。」(週刊新潮2/4)

しまりすマネージャ ?@simalis1 5時間5時間前
薩摩興業・一色某サンのご立派な名刺。しかも、人権NPOの名刺は団体の許可なく無断で作成されたそうな。(週刊新潮2/4)
一色某サン、マックロクロスケな方ですかねぇ。 #seiji #kokkai

なんだかなー・・・な後追い情報(^^;)2ちゃんねるでは案の定お祭り状態(爆)

薩摩興業一色武の正体は、稲川会右翼だった。(前半)週刊新潮が特集で明らかに:zoot

一色武は稲川会右翼から薩摩興業へ。そして甘利明大臣に目をつけた(後半)週刊新潮が暴露:zoot

事件の経緯はこのサイトが丁寧で詳しい・・・って文春記事と新潮記事の要約ですね(^^;)

カミカゼじゃあのさん「甘利疑惑は公安案件だwww なぜなら、賄賂を渡した建設会社は“任侠系右翼団体”と資金的につながっているからだwww」(2016年01月28日):正義の味方
455: カミカゼ 2016/01/27(水) 20:56:46.84 ID:qyGASr4f0.net
つまりまとめるとこうだな

甘利大臣の疑惑に関しては、政治結社大日本青嵐同志社かかわる、薩摩興業の一色武が、独立行政法人都市再生機構(UR)が行っている道路建設の補償を巡り、計画的に録音、写真撮影、紙幣及び紙幣番号のコピーも用意し、甘利事務所に口利を依頼したのち、一色武の証言が正しければ、その口利きが思うようにいかず、結果週刊文春に告発した

といった感じかなwww
まあ、こいつが右翼政治結社の組織的な関与があったのか、もしくは一色が独断でやったのかかはわからんがねwww

この事件が世間の目にさらされる発端に関しては有名ブロガー木走まさみず氏も分析を試みている。

■[社会]一色氏が甘利事務所を実名告発した理由を推測してみる(2016-01-29):木走日記
さて文春の記事や新潮の記事を元に、ちょっとネットの情報などを調べたうえで、今回の事件を当ブログなりにまとめてみます。

 まず薩摩興業が今回の土地トラブルでURから損害賠償や立ち退き料をぶんどろうと画策するのが今から9年前のことです。 まあ、クレーマー企業の典型ですわな。

 で、当時、薩摩の寺床博好社長は、東京八王子にあるAと神奈川県のBという二つの右翼団体に300万払って協力を依頼します。

 でもこの交渉はうまくいかず、寺床博好社長は右翼団体に「1000万払え」と激怒します。 この寺床博好社長、右翼団体を脅すほどの怪人物であります、地元ではたちの悪さで相当有名だったような。 右翼団体側は当時構成員であった一色武氏を担当として交渉を続けることと経過報告をすることを約束、寺床社長も納得します。

 これを機に一色氏は薩摩興業の名刺を持つようになります。 さてその後の動きは既に報道されているとおりであります。 では、一色氏はなぜこのタイミングで甘利事務所を告発したのでしょうか。

 ここからは当ブログの個人的推測です。

 まあ本件はネットなどではTPPつぶしの陰謀論もありますが、おそらく立ちの悪いクレーマー会社と発言を録音しては県議などを脅す癖があった元右翼構成員により、脇の甘い甘利事務所が利用されていたという構図であります。

 で、最大の謎は、もう少しでURから新たな補償金が入る予測もあったのに、なぜこのタイミングで甘利事務所を告発したのでしょうか?

 これはずばり一色氏の薩摩興業の寺床博好社長に対する嫌がらせであると推測いたします。 新潮記事によれば、今回の告発は薩摩興業側には一切知らせていない、一色氏の独断によるものであり、薩摩興業側は激怒しているとのことです。 現在、薩摩の社長と一色氏の中は完全に決裂しています。 であるならば一色氏は本件をつぶしに回ったのではないでしょうか。

 一色氏は自分が努力してきた本件で、薩摩興業に膨大な金が入っても、何の益もなくなった、ならば週刊誌に告発して話しそのものをつぶしてしまおう、当ブログは一色氏がそう判断したのではないか、と推測します。

 こう推測すれば一色氏が危険を冒してまでなぜ実名告発したのか、理由が納得できます。 で、甘利事務所は薩摩興業と一色氏の仲違いの結果に、完全に巻き込まれてしまったのではないでしょうか。 まあ、甘利事務所の脇の甘さはどうしようもないのでまったく同情はできませんですがね。

何となく納得できる話ではある。ただ、話はここで終わらない(^^;)

甘利氏を嵌めた週刊文春「禁じ手」スクープに屋山太郎がモノ申す!:iRONNA
 はっきり言って、今回の週刊文春のやり方は感心しない。甘利氏の疑惑を告発した「ネタ元」とタッグを組んで写真を撮ったり、録音したりするとか、はじめから甘利氏を罠に嵌めて「事件」にしてやろうという魂胆が見え見えだ。こんなのは、オーソドックスな雑誌記者のやり方じゃないし、何度も言うけど文春らしくない。

 もちろん、安倍政権の最重要閣僚を辞任に追い込むぐらいの大スクープなんだけど、なぜかスカッとしない。それは彼らが真っ向勝負をしていないからに他ならない。こんな「禁じ手」まで使ってしまうようでは、もうジャーナリズムなんてあったもんじゃない。かつて、立花隆が月刊誌「文藝春秋」で田中角栄の金脈を暴いたときは、誰もが文句のつけようのない完璧な「調査報道」だった。私はね、どうせ政治家のスキャンダルを暴くんなら、ああいうスカッとした調査報道をしてもらいたいと常々思っている。「天下の文春」には特にそれを期待していたしね。

私のようにそこそこ長く生き、数々の疑獄事件を目撃し、その度に憤りや諦め、無力感や絶望に襲われた人間の一人としては、「マスコミの正義」が必ずしも「国民の期待する正義」と一致しない今回の事件の流れに、戸惑いとこれまでとは違う憤激を感じずには居れない。事件を知れば知るほどその思いを増すばかりなのだ。

屋山氏はその感情の一端を説明してくれているのだろう。いわゆる「おとり捜査」のような「罠」を仕掛けて脇の甘い政治家を貶める。そんな権謀術数は、告発した側のいかがわしさと同類のおぞましい正義とは真逆の反則・犯罪でしか無く、自作自演にも近い犯罪に加担したのも同じとしか思えないからだ。

文春の問題はきちんと指摘されるべき:パチンコ屋の倒産を応援するブログ
民主党は甘利大臣が民主党の言う通りにしないからとか、辞任しないから審議拒否とか言っていましたが、
小渕優子の時は「辞任しないから審議拒否」で、辞任したら「すぐに辞任したから審議拒否」で、結局は審議拒否して審議の妨害をしたいだけだということを行動で示してきました。

・甘利が辞任したから審議拒否
・甘利を任命した安倍が辞任しないから審議拒否
・安倍が甘利の件で謝罪しないから審議拒否
 →謝罪しても謝罪が足りないとか反省の色が見えないとか言って審議拒否(2段セット)
・甘利の言い訳に納得できないので審議拒否

このあたりが民主党の予定かと思われます。
(中略)
今回の週刊文春の記事の件は非常に疑問点も多く、
また今後どの議員でも同じような手口を使えば脅してお金をゆする
なんてこともできる構造
であることが判明しました。

おまけに議員本人がまっとうな対応をしていたつもりでも、
秘書をたらし込むなり秘書が最初から工作員だったりした場合は、
狙った議員を確実に潰す事ができる
という手法を示しました。

このブロガーのように解釈すると、私には昭和初期に起こった軍部のテロ「五・一五事件」「二・二六事件」が頭に浮かぶ。例えネット民のマスコミに対する疑念を払拭できずとも、メディアの持つ力で政権運営を妨害し、機能麻痺に追い込むテクニカルな罠の存在と脅迫を政治家に行ったとも取れるからだ。

甘利大臣を嵌めた黒幕は???:ヤマちゃん日記

<甘利経済産業大臣辞任の怪>
この事件報道には上記以外に多くのいかがわしい点がてんこ盛りである。

第一に、週刊文春が匿名とした当該建設会社名を、シナの新聞“中央社”が『薩摩興業』だと早くも1月21日に実名で報道している点である。日本で隠されていた建設会社名をシナの新聞が何故知っていたのか???・・・・大いなる疑問である。シナがこの事件の実行を指令したのならば、当該建設会社名が『薩摩興業』とわかっていたのは当然であろう。
(中略)
第九に、公設第一秘書清島健一にも怪しい部分がある。2002年から江田憲司衆議院議員の秘書を勤め、江田憲司氏落選後2005年頃甘利事務所に移った渡り秘書となり、2011年公設秘書となり、現大和事務所所長。永田町では『金の匂いを嗅ぎ分ける男』として評判であり大変な酒豪だそうな。

他にも情報はいろいろあるが、上記情報に基づくと、あの手この手で甘利大臣サイドに接近し信頼を得た上で、甘利大臣に陳情し、解決のお礼として金品を贈った証拠を計画的に集めた薩摩興業総務担当一色武は、薩摩興業社長寺床博好とグルであり、大臣室での証拠写真撮影をセットした公設第一秘書の清島健一も、一色武、寺床博好とグルであった可能性を否定できない。これに週間文春も加わった複合詐欺事件の様相が浮かび上がってくる。

背景にはシナ共産党スパイからの指令があった可能性を否定できない。甘利大臣を辞任させて安倍政権の人気を落とし、今年夏の参議院選挙で大敗させるのがシナ共産党の狙いと推定される。恐らく夏の参議院選挙前に、第二の甘利大臣が犠牲になるかもしれない。さらに第3の犠牲者も準備完了でありシナ共産党からの指令で週刊誌での発表を待つだけであろう、

最終的な狙いは、第一次安倍内閣が参議院選挙後の大敗によって辞任に追い込まれたパターンの再現ではないか????あの時もマスコミが反安倍の大合唱を一斉に唱えたのである。

安倍政権が倒れれば、シナ共産党の思うままに日本を操ることができる。

いずれにしても、日本のマスコミが、甘利大臣政治資金問題を暴露した、在日コリア系暴力団だったという一色武の出自に全く言及せず、問題建設会社名を隠している事は、『怪しい』の一言に尽きる。

少なくとも『週刊文春』は国家転覆罪を問われるべきではないか!!!!

どんどん話がでかくなってくる(爆)いや〜面白い(^^;)とうとう特亜国家機関の陰謀説まで浮上(爆)

ただ、荒唐無稽と笑うことはできない。民主党や共産党が問題を拡大化して安倍政権の追い落としにつなげようと必死だからだ。上に列記したブログ記事の筆者の多くが指摘しているように、贈賄側の犯人がわざわざ犯罪として検挙される可能性のある事件を警察や検察でなくスクープのネタとして出版社に持ち込むことの不自然さもまた、単純な金目当てとしても疑問を感じざるを得ないのだ。もし司法取引などの密約を当局と交わしていたなら、事件として立件する前に週刊誌にリークするのは証拠隠滅の恐れもあるわけだし(かなりの証拠をおさえていたとはいえ)重要な証人が公開後パタっと消息を消したのも気味が悪い。

安倍政権を潰してトクをするのは、野党とそれに繋がる反日勢力および特亜国家である。そして政権への批判を「主義・思想・報道の自由」を大義名分に振りかざすマスコミこそそれらに繋がり「正義を偽装する常習犯」なのだから。私の報道テロとの感覚もあながち大外しはしていないようにも思うのである。

・・・さぁ、この事件が今後どんな展開を見せるのか興味津々である。ネット民の期待に応えて周辺情報が蓄積されてくればそこからまた新たな分析ができるかもしれないが、通常ありえないパターンでの疑獄事件として、興味の対象が本筋よりも背景や周辺に広がっていく点でも目が離せない。

そろそろネタも出尽くしてきたようにも思うのだが(^^;)まだ驚くような部分が見えてくるのだろう?

私のように、今後マスコミ各社には「掟破りの同業への粛清」劇を期待してしまうのは、あまりにも人が悪いだろうか?(爆)



明けない夜はないというが、闇に隠されたいろんなことがこれから白日のもとに晒されるのであるならば、今の状況はさしずめ「黎明」と言えるのかもしれない。見たいものや見たくないものまで照らしだしてしまう光に浮かび上がるのは何か?恐らくは仕掛けた側ですらそれをコントロールできるかどうか戦々恐々としているように感じるのが私には痛快でたまらないのだが・・・やはり私は相当人が悪いな(爆)

JUGEMテーマ:社会の出来事


Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



三分の理【さんぶのり】

8月5日はちょっとした大事件があった日だった(^^;)あの朝日が、捏造大魔王朝日が、開き直り大邪神朝日が、おまゆう宇宙レベル大ブーメラン帝王の朝日が・・・以下略(^^;)とにかく過去記事の一部をようやく訂正したのだ(爆)

「済州島で連行」証言 裏付け得られず虚偽と判断:朝日新聞デジタル
2014年8月5日05時00分

■読者のみなさまへ
 吉田氏が済州島で慰安婦を強制連行したとする証言は虚偽だと判断し、記事を取り消します。当時、虚偽の証言を見抜けませんでした。済州島を再取材しましたが、証言を裏付ける話は得られませんでした。研究者への取材でも証言の核心部分についての矛盾がいくつも明らかになりました。

ん?取り消して?お詫びの言葉はないのか?あれだけの問題を引き起こした総本山なんだぞ!(爆)取り消しだけで済むと思ってるのか?まぁ、いまさら「言葉だけの謝罪」など何の意味もないのは確かだが(^^;)

慰安婦

強制連行 自由を奪われた強制性あった:朝日新聞デジタル
2014年8月5日05時00分

■読者のみなさまへ
 日本の植民地だった朝鮮や台湾では、軍の意向を受けた業者が「良い仕事がある」などとだまして多くの女性を集めることができ、軍などが組織的に人さらいのように連行した資料は見つかっていません。一方、インドネシアなど日本軍の占領下にあった地域では、軍が現地の女性を無理やり連行したことを示す資料が確認されています。共通するのは、女性たちが本人の意に反して慰安婦にされる強制性があったことです。

スマラン事件のことを言っているのだろうが、これは戦争犯罪としてすでに告発処罰されている。実際にあった事件だからだ(^^;)しかも日本軍の軍人が主導した紛れも無い犯罪だった。事実は事実としてしっかりと表面化し当時関わった人々の中でも周知の事実となっていることと、当時の人々の中では全く知られず、貧困にあえぐ朝鮮人の身売り(注:日本人も貧困のため身売りをしていた時代)が、本人の同意を得なかっただけのことを「全て日本が悪いとする反日教」の教義に則って(^^;)歪曲した事象とは同列に語れないはずなのだが?

「元慰安婦 初の証言」 記事に事実のねじ曲げない:朝日新聞デジタル
2014年8月5日05時00分

■読者のみなさまへ
 植村氏の記事には、意図的な事実のねじ曲げなどはありません。91年8月の記事の取材のきっかけは、当時のソウル支局長からの情報提供でした。義母との縁戚関係を利用して特別な情報を得たことはありませんでした。

だ・か・ら・ぁ!(^^;)身内から情報提供を得ていないというその言葉は、どういう客観的証拠を持って証明されるというのかね。そういうスタンスを取るならば、間違っても植村隆本人に記事を書かせるのが疑念を招くという感覚はなかったのか?それが日本のクオリティ・ペーパー(自称?)のクオリティなのか?(^^;)

他紙の報道は:朝日新聞デジタル
2014年8月5日05時00分

 他の新聞社は慰安婦問題をどう報じてきたのか。国立国会図書館に所蔵されているマイクロフィルムや記事を検索できる各社のデータベースなどを参考に、特に1980年代後半以降の読売新聞、毎日新聞、産経新聞の記事を調べた。

慰安婦問題の本質、直視を 編集担当・杉浦信之:朝日新聞デジタル
2014年8月5日05時00分

 慰安婦問題に光が当たり始めた90年代初め、研究は進んでいませんでした。私たちは元慰安婦の証言や少ない資料をもとに記事を書き続けました。そうして報じた記事の一部に、事実関係の誤りがあったことがわかりました。問題の全体像がわからない段階で起きた誤りですが、裏付け取材が不十分だった点は反省します。似たような誤りは当時、国内の他のメディアや韓国メディアの記事にもありました。

 こうした一部の不正確な報道が、慰安婦問題の理解を混乱させている、との指摘もあります。しかし、そのことを理由とした「慰安婦問題は捏造」という主張や「元慰安婦に謝る理由はない」といった議論には決して同意できません。

 被害者を「売春婦」などとおとしめることで自国の名誉を守ろうとする一部の論調が、日韓両国のナショナリズムを刺激し、問題をこじらせる原因を作っているからです。見たくない過去から目を背け、感情的対立をあおる内向きの言論が広がっていることを危惧します。

 戦時中、日本軍兵士らの性の相手を強いられた女性がいた事実を消すことはできません。慰安婦として自由を奪われ、女性としての尊厳を踏みにじられたことが問題の本質なのです。


僕だけじゃないもん。みんな間違ってたんだから。僕は悪くないもん。・・・とでも言いたいわけか?(爆)今から見て過去をどうこう評価することの愚かしさがまだわからないと見える。当時の朝日新聞内部では、自分たちが先鞭をつけたネタに他紙が続々と追随している状況を喜んでいたはずだ。少なくともこの文面からは、火をつけた放火魔が類焼の具合をほくそ笑みながら眺めていた図が思い浮かぶのだが(^^;)

兵士

それに「日本軍兵士らの性の相手を強いられた女性がいた事実を消すことはできません。」って誰が消そうとしているというのかな?(^^;)戦時売春婦の存在は誰もが認めている事実だ(爆)
そして(経済的理由で慰安婦という職業を選ぶしかなかったと言う意味において)「自由を奪われ」たのは、朝鮮女性だけじゃないのだが?「女性としての尊厳を踏みにじられたことが問題の本質」あれ?少し前まで「軍の強制性ガー」とか言うのが最大の問題だったと思うのだが、宗旨替えでもしましたか?(^^;)

タイムスタンプまで入れたのは、3本が同時配信だったことを示していて、「吉田清治の記事を否定したけど朝日はあくまで従軍慰安婦問題は今までどおり糾弾し続けるよ」という、使えなくなった古いネタを切り捨てただけだったわけだ。負け惜しみのように「でも、強制性はあったと思ってる」「植村隆の家族を利する意図はなかった」ことを誰かに向けて発信したかったと思われる。その誰かとは・・・。

「慰安婦振り返ってこそ未来に進む」朝日新聞、右翼に反撃:中央日報日本語版
2014年08月06日08時25分

慰安婦関連報道の先駆者な役割をしてきた朝日新聞は、この日過去の一部記事の誤りについては率直に認めながらも「慰安婦として自由を剥奪されて女性としての尊厳を踏みにじられたことが問題の本質」としながら日本国内の保守勢力の「責任否定論」に警告した。

早速日本ストーカー日報が朝日の記事をネタに一本記事を書いている(^^;)

この件に関しては、このブログでも時々紹介している親日韓国人ブロガーシンシアリー氏もエントリを上げているが、重要なポイントを解説してくれていた。

慰安婦問題の方向転換?(※追記しました:シンシアリーのブログ
2014-08-05 10:59:31

ここで指摘しておきたいことは、

今まで慰安婦問題を支えてきた「日本軍による強制連行」という側面が弱まると、その分、慰安婦問題を外交問題として扱うことは難しくなるということです。

人権問題、特に過去の人権問題が、今になって外交問題になれるか?ということですね。

相変わらず的確な分析(^^;)シンシアリー氏のような冷静さと真摯な分析眼こそが朝日新聞には必要なのだろうが(^^;)朝日新聞自体が(シンシアリー氏いわく)「反日教」に染まっている以上、どんな強弁をしてでも間違った記事を社会に垂れ流した自らの罪を反省も謝罪もしないだろう。

反日教につける薬なし!

慰安所

朝日新聞の慰安婦特集を興味のある方は読んでもらってもいいだろうが、「盗人にも三分の理」レベルの言い訳でしか無いので、やはりこのメディアは新興宗教カルト新聞として改めて認定して差し上げたいと思う(^^;)

最後に、エントリ中の画像を拝借してきたサイトだが、Everyone says I love you !宮武嶺こと弁護士徳岡宏一郎は共産党員で龍谷大学客員教授。バリバリの左翼というところか(^^;)この問題で肯定派の代表格として紹介しておこう(^^;)この本文よりもコメント欄の荒れっぷりが面白い(爆)

「従軍慰安婦」は「慰安婦」ではなく、まさに「強制的な性的奴隷(enforced sex slaves)」だ:Everyone says I love you !
※コメント欄
Unknown (Unknown)
2012-07-11 10:05:09
当時の出来事を現在の道徳と法律で裁いてはいけません。強制的に親などから売られた悲劇的な方もいらっしゃるでしょうが自分の意思で売春する人間は聖書の時代から存在するのです。豊かな時代にも大量に存在するのですから大部分が貧困な生活をする時代には存在して当たり前です。人権の前に貧困が問題であったのです。人権が無視される悲しい時代ではありましたが国家が無ければ人権云々も無い時代です。当時、日本国家も国権を救済してくれる世界機関があったら良かったでしょうね。戦争しないで済んだ事でしょう。ちなみに戦争の後にはどの戦争でも兵士と現地の方との間の子供が大量に置き去りにされます。例外的に日本の戦争の後にだけはそのようなことはありません。
これがネット右翼か (AS)
2012-07-11 12:49:51
“慰安婦などいなかった、全部売春婦だ”と仰る皆さんへ。
皆さんが尊敬してやまない天下の皇軍が、厚顔無恥にも売春婦をなぜ雇ったのですか?
中曽根証言や鹿内証言までも嘘だとは言いませんよね?それこそ名誉毀損ですよ?
自分が見たいものだけを殊更に採り上げ、見たくないものは全て切り捨てる、あなた方は単なる情報難民です。
Unknown (Unknown)
2012-07-11 13:29:30
“売春婦などいなかった、全部性的奴隷だ”と仰る皆さんへ。
両方いる含まれる場合は全部性的奴隷でしょうか?
自分が見たいものだけを殊更に採り上げ、見たくないものは全て切り捨てる、あなた方は単なる情報難民です。
Unknown (Unknown)
2012-07-11 13:37:10
何でもかんでも「ネット右翼」って言葉に結びつければいいと思ってる類の人間というのは何といいますか…見ていてひどく浅はかなものですね。
右とか左とかがそんなに大事なのだろうか?何かしらのカテゴリーや枠組みをつけることでそんなに差別化したいのだろうか?
この問題の本質はそんなところにないことすら解らないのだろうか

コメント欄での応酬こそがこの問題の「議論になりそうでならない決定的なスタンスの違い」を鮮明に炙りだしている。

私には、強制された人もいただろうし自分から入った人もいただろう、その中でも騙された人や経済的事情で泣く泣く入った人もいたはずで、そんな個別の事情を一切無視して「全部ひとまとめに性奴隷」と言うあたりの酷く荒っぽい論法がものすごく間抜けに見える(爆)
男を管理するだけでも大変な軍が、女を直接的に管理を行うはずもなく、業者に委託するのは自然な形だと思うし、発注者側の責任はそれなりに存在するとは思うものの、非道な事にならないような通達や業者の摘発も行ってたりするわけだから、どんなに酷いことでも「当時の法の範囲内のこと」だと思われ、この部分を無視して現代の倫理観で過去の事象を犯罪呼ばわりするのは極めて不適切。

宮武嶺こと徳岡宏一郎は、弁護士のくせに法の粗逆適用ならぬ倫理観の粗逆適用には抵抗はないのね(爆)

朝日新聞を始めとする「日本を何が何でも貶める」言動+頭の働きは、結局反日教のなせる技としか考えられない。冷静に考えれば、女性たちに不遇な時代ではあったと思うものの、男たちは引き換えに命を国に捧げていたわけだから、ここはもう不満はあっても飲み込むしか無いと考えるのが賢者の思考だと思う。

過去のしがらみや憎しみをいつまでも引きずると、嘘に嘘を重ねて何が何でも自分を正当化せずにいられなくなる極めて偏狭で痛々しい思考から抜け出せなくなる・・・
おや、隣の国にそっくりだね(爆)

Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



歳月の果て【さいげつのはて】

事故から半月が経過しようとしている韓国旅客船セウォル号の沈没事故。事故はまだ完全に収束しておらず、犠牲者の収容もなかなか進まない。情報がどんどん風化しネット上で探すのも困難になる恐れがあるため備忘録代わりに現時点での情報の集積を行っておこうと思う。例によってかなりの長文なので前もってお断りしておく。

事故直後
<画像元:47NEWS>

<事故発生>

●04/16 AM10:01 350人が乗船の韓国船が朝鮮半島西南海域で沈没―中国報道:XINHUA.JP

●04/16 AM10:57 沈没中の韓国船は左に横倒しの状態 乗員は472人、120人を救助 2時間以内に救助完了の見通し―中国報道:XINHUA.JP

事故概要
<画像元:ASIAN JUNKKIE>

●04/18 AM10:59 韓国旅客船沈没 徐々に明らかになる事故原因:Yahoo!ニュース
事故概要2


<錯綜する発表と報道>

★04/16 PM02:00 政府発表368人救出、107人安否不明 → 嘘

●04/16 PM03:01 <客船沈没> 290人生死不明...大惨事の懸念(韓国語):NAVER
16日午前に全南珍島海上で発生した旅客船沈沒事故に関して午後2時現在、数百人が失踪または生死が確認されていない 状態であることと知られて大型海上惨事の憂慮が出ている。

政府は午後2時基準で368人が救われたと明らかにしたが集計過程にエラーを確認し、救助人員を再確認している。
(中略)
生死を確認することができなかった搭乗客たちは
▲ 民間漁船などによって救われて移動中なので救助者統計に含まれていない場合
▲ 船体沈沒後、海上でずっと救助を待つ場合
▲ 沈んだ船体内にそのまま残っている場合などを仮定して見られる。
(以下略)

○一部日本語訳:おーるじゃんる

●2014年韓国フェリー転覆事故(経緯):wiki
・16日11時過ぎ - 京畿道教育庁が船に乗っていた高校生の保護者たちに「壇園高校の生徒を全員救助」というメールを一斉に送付するも、同日午後になり救助された人数に誤りがあったことが判明、直後に安全行政部と海上警察が行方不明者の数を修正して発表。


★救助者数179名 → 嘘

●04/18 PM20:24 年月号の救助者名簿」、同一人物の重複集計」された(韓国語):NAVER
(機械翻訳)政府の「年月号」の救助者179人の名簿から、同一人物が重複して集計されたという有力な手がかりが確認された。そうでなくても数回変更され、くだらない議論を呼んできた政府の救済者集計の信頼性に打撃が避けられないことになった。


<不適切な現場の対応>

★沈没時の船内放送「客室がより安全だから中で待機してください」 → 嘘

●04/18 AM08:47 <韓国旅客船沈没>「乗客を置いて先に脱出したのは事実ですか」(1):中央日報
スピーカーを通じて「安心してください。動かずに部屋の中で待ってください」という放送が流れた。だが船は片側の方向に傾き続けた。カン氏がいた案内デスク事務室も完全にひっくり返った。船が完全に傾いた状況の中でも、イ船長の追加の指示はなかった。カン氏は「午前9時30分ごろ船室から案内デスクに『乗客を安心させる放送をしろ』という内容が伝えられた」とした。このため以後30分間『部屋の中で動かないで』という同じ放送を7回も繰り返した。


★最初の救助者リストで救出時に「一般人」と申告した船長 → 嘘

●04/21 AM04:52「尻が痛くて飛び出してきた」 とんでもない船長の言い訳:東亜日報

船長のイ容疑者と乗組員らは、海洋警察の取調べでも、理屈に合わない供述や主張を繰り返している。検警合同捜査本部などによると、イ容疑者など、セウォル号の乗組員10人は、乗客の大半が船内に孤立している状況の中、最初に救助船に搭乗し、命を助けた。船内指揮義務に反し、救助船に乗り込んだ理由について、イ容疑者は、「私も(尻が)相当痛かったので、飛び出してきた。ちょうど、救助船が目の前に到着し、救助隊員らから『舟に乗りなさい』といわれ、その言葉に従っただけであり、乗客らを見捨てたわけではない」と供述したという。

●04/22 AM07:55 韓国客船沈没 乗客見捨てた船長、自衛隊に救助された過去:Yahoo!ニュース
韓国・済州島の新聞(2004年元日付)に船長のインタビューが掲載されている。この中で船長は「初めて乗った船が沖縄近海で転覆し、自衛隊がヘリコプターで救助してくれた。あの時、救助されなかったら、今の私はなかった」と語っている。
 台風など危険な時については、「人とはずる賢い。だが、危機を乗り越えればそんな思いは消える。それで私は今日まで船に乗っている」と、今回の対応とは正反対の話をしていた。

●04/17 AM03:00 [単独]キャプテン "暗礁衝突ではない...原因はわからない"(韓国語):donga.com
(機械翻訳)「暗礁衝突ではない。急に沈んだ。しかし、正確な原因は分からない」と答えた。この氏とのインタビューは、3分程度行われた。李氏は当時、海水に濡れた5万ウォンの2、3枚と1万ウォンの10余枚を治療室オンドル床の上に干してあった。他の乗組員1人が5万円を奪っていく「私ガトゲトダ」と言う防ぐこともした。

イ・ジュンソク船長
●04/27 AM11:34 <韓国旅客船沈没>脱出した船長、2003年にも同じ海域で事故:中央日報
中央SUNDAYが入手した木浦(モクポ)地方海洋安全審判院裁決書(海上事故判決文)によると、イ氏が船長を務めた清海鎮(チョンヘジン)高速フェリー1号は2003年8月に毎勿島(メムルド)南端から5マイルの海上で警戒不注意により先行するタンカーと衝突した。事故地点はセウォル号が沈没した海域から北西に20キロメートル離れたところだった。当時裁決書は、「航路を短縮するため相対的に狭い孟骨水道を通ろうとしたのは安全運航のために望ましくないと判断される」と記述した。
仁川(インチョン)〜済州(チェジュ)航路は通常、閑麗(ハンリョ)水道西側の勧告航路を利用することになっている。気象や運航状況などを考慮し孟骨水道を航行しても違法ではない。狭く潮流が強い孟骨水道航路で不注意な運航をして事故を起こした点がセウォル号沈没事故と似ている。

正規の船長でない臨時の代理船長か知らないが驚くべきクズっぷりである。なぜこんな男が客の生命を預かる最高責任者だったのかは、やがて明らかになってくるのだが、この時は憤りを通り越して嫌韓派の私も全く言葉を失ってしまった。

★船を操舵した3等航海士の生存者名簿の名前 → 嘘

●【韓国】船を操舵した3等航海士、名前を偽って脱出か 船長も救出時に身分を偽る ← 韓国人はみんなこんなのなんだろうか?:おもしろ韓国ニュース速報
旅客船「セウォル号」沈没事故が起こった当時、操船権を握っていた3等航海士のパク・ハンギョル 容疑者(26)=女性=が、救助されたとき身分を隠そうとしたのではないかとの疑惑が浮上した。


★船に積み込んだ貨物量と車両台数の点検報告書 → 嘘

●04/22 AM03:44 貨物検査後に車15台を新たに積み込む、監視カメラ映像で明るみに:東亜日報
当時、セウォル号の船積み作業に参加した仁川港運労働組合の労働者A氏は21日、東亜(トンア)日報との単独インタビューで、「15日午後6時、セウォル号の貨物への仁川海運組合の安全検査が終わったが、霧のために出航が遅れると、船会社のチョンへジン海運側の要請で、午後8時半まで、カーニバル(韓国KIA自動車製のバン)15台を追加で乗せた」と話した。追加で車両を載せる様子は、海洋警察庁が押収した埠頭の監視カメラの映像にも映っているという。
チョンへジン海運側はこれまで、貨物の過積載疑惑について、出航前に海運組合の船足(船の床から水面までの高さ)検査を通っており、過積載など無いと発表してきた。
また、重さ50トンの超大型トレーラー3台を船積みしながら、貨物室の中央ではなく、左に2台、右に1台を配置した。セウォル号が傾いた左側に、さらにトレーラー1台が積まれた格好だった。A氏は、「トレーラーのように重い貨物の場合、貨物室の中央におくべきだが、トレーラーを外側にアンバランスに配置したのでは、船の重心維持に問題を起こしかねない」とし、「貨物配置は、作業者が任意で決定するのではなく、チョンへジン海運や荷役下請け会社のW荷役社の作業指図によるものだった」と話した。
(中略)
自動車も、ほかの貨物船に比べ緩めに固定された。当時、セウォル号には自動車が規定の積載台数の148台より32台も多い180台が載せられていたが、自動車を床の輪に、三角形のロープで二重に固定せず、一重に固定しただけだったという。そのため、船が激しく傾いた時、ロープが切断された可能性が高いという。
海洋警察は、セウォル号の荷役作業を取り仕切ったW荷役社が、貨物固定作業の免許が無かったのにも関わらず免許を所有する会社に作業を依頼せず、独自に固定作業を行った容疑についても取り調べている。海洋警察は、W社が免許を所有する業者に委託すべきだったが、コスト削減のため独自で作業したものと見ている。東亜日報の取材結果、W社は仁川の5つの貨物固定作業の免許所有会社のうち、1社と下請契約を交わしているが、この会社はこれまで、実際に作業に参加しなかったことが、確認の結果分かった。

●04/22 PM11:57 韓国旅客船沈没 基準量3倍超過で貨物積載:Yahoo!ニュース
日本から導入後、改造したセウォル号の復原性を検査し、承認した韓国船級(KR)は、構造変更後に重心が51cm高くなったので貨物を減らしバラスト水を多くするよう指示したにもかかわらず、海運会社がそれを無視して貨物を多く積んだため事故を招いたことが明らかになった。
改造2


<デマと嘘と偽情報>

★沈没船からの救難メール → 嘘

偽メール
●04/18 AM01:14 <韓国船沈没>船内からのSOSメール、偽物だった=小学5年生がいたずら―韓国:Yahoo!ニュース
行方不明となっている乗客の家族が「娘」を名乗る発信者からメールを受け取ったのは16日午後11時10分。メールには「電話はかけられないが、メールなら送れる。船の中にまだ閉じ込められている。船にはまだ人がいて、周りは真っ暗。泣いている人もいる。私はまだ生きている。生存者が4人いる。早く私たちを助けて!」と書かれていた。
しかし、警察が調べたところ、メールの発信者はソウル市に住む小学5年生と判明したため、保護者から事情を聴いている。

●04/18 AM08:28 <韓国旅客船沈没>「船内にいる」…行方不明者SNSは「事実でない」(1):中央日報
保護者の携帯電話に生存者が作成したとみられるメッセージが次々と到着した。珍島体育館に突然、希望の光が差した。しかし半日も過ぎず、このメッセージは偽りであることが分かった。


★報道 現地にはダイバー500人、航空機29機、船舶171隻 → 嘘

●04/19 <韓国旅客船沈没>救助員やヘリの動員数も全然違う・・乗客家族が現場の状況暴露、「これが大韓民国の現実」―韓国メディア:Xinhua

★海洋警察 救助作業員を555人、ヘリは121機と説明 → 嘘

●04/18 PM10:09 不明者の家族 政府のずさんな対応に激怒=韓国客船沈没:聯合ニュース

★ダイバーが船内潜入に成功しました → 嘘

●04/18 PM01:14 海警 "船体進入報道は誤報」公式発表(韓国語):donga.com
(機械翻訳)全羅南道進歩年月号沈没事故発生3日目の18日午前、救助隊員たちが船の内部進入に成功し、生存者の確認作業に突入したという報道は事実ではないことが正式に確認された。チェチャンサム西海地方海洋警察庁ギョンムグァ長はこの日の昼12時30方の進歩室内体育館状況室で公式発表を通じて「一部マスコミの報道で食堂に進入したとの報道が出てくるレストランの進入がなく、空気注入している」と述べた。


★酸素を船内に注入成功しました → 嘘

●04/18 PM03:13 <韓国旅客船沈没>海洋警察に騙された!乗客家族ら激怒、「船に酸素注入はウソだった」―台湾メディア:exciteニュース

★遺体の身元が確認されました → 嘘

●04/23 AM09:41 <韓国旅客船沈没>遺体収容続く…「身元未確認」掲示板に家族集まる:中央日報

★民間ダイバー「政府に救助活動を妨害されています。」 → 嘘

●04/18 PM01:02 MBN側"報道局長に直接謝罪に来て、民間のダイバーホンガヒェ身元把握中」(韓国語):TV REPORT
(機械翻訳)ホンガヒェ民間ダイバーには、「身元を把握している。一般人だと難しい部分がある」とし、「ホンガヒェさんの意見を確認せずに放送で流した。行方不明者の家族らと視聴者の皆さんに混乱をおかけし、本当に申し訳ない」と謝罪の言葉を伝えた。

●【韓国客船沈没】虚偽発言した「民間女性ダイバー」に赤坂・性悪ホステスの過去:東京BREAKING NEWS
この民間ダイバーを自称するホン・ガヘという女性、業界の一部で「うそつき」として有名だったのだ。彼女はダイバーでもなんでもなく、もちろん発言内容もまったくのデタラメだった。
 ホン・ガヘはK-POPアイドルにまつわる騒動も起こしてる。日本デビューも果たしているガールズグループTーaraをご存知だろうか。このT-araは現在、ほとんど活動できていない状態だが、その理由にはホン・ガヘが絡んでいるという。


偽ダイバー


★KBS「船内で絡まった死体を多数発見」 → 嘘

●04/18 PM08:04 KBSの誤報+刺激字幕...」船内練れている遺体の多くの確認」?(韓国語):nate.com
(機械翻訳)この日の進歩海上に出ている構造多国の言葉を引用したKBSがこのような報道をしたが、海洋警察は同日午後4時30分頃震度群青ブリーフィングルームで記者会見を開き、民間ダイバー2人が買い求め年月号2階の荷台の出入りを開放、船内の中に進入したが、行方不明者を発見したことはありませできなかったと正式に発表した。これにより、KBSの誤報という事実が明らかになった。


★「1億ウォン払えば子供を船から助け出す」 → 嘘

●04/19 AM00:23 [進歩客船沈没】「1億くれれば子供取り出してくれる」(韓国語):nate.com
(機械翻訳)客船沈没4日目の19日、行方不明者の家族(保護対策本部)によると、密かに接近してきてお金を要求するブローカーが活動している。このブローカーは、自分自身を、民間のダイビング会社の関係者と説明した後、「1億ウォンを与えれば子供を船から取り出してくれる"と言うことが分かった。

救助活動

★感動のツイートのやりとりに国民が涙 → 嘘 

●04/19 AM07:20 [進歩客船沈没】涙ぐいっと抜いた「いとこのお土産「メッセージ...「イタズラ」で明らかになってネチズン '公憤'(韓国語):nate.com
(機械翻訳)このダイアログは、インターネットコミュニティとSNSの広がり、多くの人が目頭を赤くした。しかし、翌日、キャプチャ画像は、学生が行った「偽」で明らかになった。17日午前、問題のメッセージをあげたネチズンの知人が「いとこのツイートはすべて嘘である。知っている姉が倍に乗った友人の言葉に、私は構えた仕業だ」と告白したのだ。


★日本の救助支援打診を韓国政府が拒否 → 指摘されるまで公表せず

●04/19 AM00:51 不明者家族ら「日本支援を拒絶」説を非難:産経ニュース

<運営側の問題>

★当該船舶は元々スクラップ用として購入 → 客数を増やす改造して運行

●04/21 AM04:47 [年月号沈没の悲劇]日で「くず鉄値+α」に買収された船。??で100億優遇融資疑惑(韓国語):daum.com
(機械翻訳)特に年月号を売却した当時「清海海運船を買って再運航する」という話を聞いたことがなかったことが確認された。最終的には清海海運は、実質的に廃線に近いフェリーを鉄スクラップの値よりも少し高い価格で輸入、改造して運航してきたわけだ。


★現場の問題提起や警告  → 無視

●04/23 AM04:00 [年月号沈没の悲劇 - 単独] 50tサイドランプちぎれ私。倍左右のバランス崩れた(韓国語):daum.com

改造3
(機械翻訳)日本の港に停泊した様子を収めた過去の写真を見れば選手右舷に車と貨物の出入りのためのどっしりした鉄門とクレーンなどの重機が設置されている。しかし、これを輸入して改造した年月号には、このような設備がすべて消えた。仁川港湾関係者は22日、「年月号の倍のひずみが激しく、新船長(47・元船長)がとてもたくさん心配した」とし「船長からの最近の'船尾に部屋をより上げて重心が高くなった庭であるが、サイドランプをはずせばならないことだった」という話を聞いた」と伝えた。この関係者は"サイドランプ撤去でバランスが乱れたことを挽回しようと、その場しのぎにバラストタンクにバラスト水を30tより入れて通った"と付け加えた。この日、検・合同捜査本部に拘束された1等航海士のシンさん(34)やはり、全羅南道木浦サポートの令状実質審査の直後、記者団に「月日号は、あまりにも回復力(お腹が片側に傾く原状回復する能力)がない倍だった」とし、構造的な問題があったことを認めた。清海海運もこのような事実を知っていたが、無視てきた。事故1週間前にも仁川港湾関係者が経営陣にこのような懸念を伝達したが、「誰がそんな話をしたのか。見つけてそっとしておかない」という言葉だけをしたとする。清海海運は、悪化した経営事情を打開するために、サイドランプを除去し、貨物積載スペースを増やしたことが分かった。

改造1
<画像元:KOREA HERALD>

航路
●04/23 AM05:37 [単独]「故障ジョタギ修理しなかった "(韓国語):daum.com
(機械翻訳)【記者] 去る1日、年月号の船長が清海海運側に出した修理申込書です。ジョタギの電源接続が不良なので、根本的に直してくれという内容です。しかし、その後、清海海運は何の措置もとられていないこと確認された。清海海運のジョタギ修理を担当していた協力会社側はYTNの取材陣との歳月号ジョタギを最近修理したことも、修理依頼を受けたこともないと述べた。
※ジョタギ=操舵装置

<画像元:Sankei Biz+EX>

不可解な急速旋回は、正に操舵装置の不具合が原因の可能性が高いと思われる。

★救命ボートを装備  → 使用不能=無いに等しい

救命ボート

●04/25 PM07:00 船会社 救命ボート管理怠ったか:NHKニュース
セウォル号には救命ボートが40隻以上備え付けられていましたが、事故が起きたとき、ほとんどが船体に固定された状態のまま使われなかったことが分かっています。また、乗客らの救助に当たった海洋警察の隊員たちは救命ボートを取り外そうとしたものの、ほとんど取り外すことができなかったということです。
このため、海洋警察と検察の合同捜査本部は、セウォル号を運航していた船会社が所有する別の旅客船を調べたところ、救命ボートのほとんどが固定されて船体から取り外せなかったり、取り外しても浮かばせるために広げることができないなど、多くが救難時に使えない状態だったことが分かりました。


ホテルニュージャパン火災あまりにも安全性を軽視した改造・運行・管理。ふと日本における大惨事「ホテルニュージャパン火災」を思い出した。このホテルの経営者横井英樹の専制君主的な経営と度重なる消防当局の指摘・指導に従わず安全設備を整えなかったことは当時多くの批判を呼んだ。利益を優先し安全性を損ない消防隊長を買収しようとするなどあまりにも倫理観のない守銭奴ぶりは、当時国民のすべてを敵に回したと言ってもいいくらいに顰蹙を買った。セウォル号の船長らとともにこの企業の責任者に対する非難は止むことはあるまい。


★反社会的宗教組織を運営  → サイコパス

●04/25 AM10:14 とんでもない前科者だった「セウォル号」オーナー!オカルト教団主宰し横領・詐欺:J-CASTテレビウォッチ
沈没したセウォル号の運航会社オーナーとされるユ・ビョンオン前会長(73)の新たな実像が浮かび上がってきた。カルト教団の実質的な教祖で、過去に32人の信者が集団自殺する事件に関与した疑いがもたれたこともあった。
「キリスト教福音浸礼会」という宗教団体で、オカルト宗教に詳しい紀藤弁護士によると、強引な勧誘、家族破壊、高額な献金で韓国内で以前から問題視されている団体だ。信者は20万人ほどといわれ、セウォル号の運航会社の社員の9割が信者という。

こりゃ、まるでオウム真理教が船舶運用の会社をやっていたようなものだな(恐)ちなみに「セウォル」とは韓国語で「月日」「年月」「歳月」を意味する言葉らしい。だから韓国語の機械翻訳で「月日号」とかの表記になる。この事故が韓国民に強い自省をもたらす事はあるのだろうか?それとも「歳月」とともに都合よく「忘れ去る」のであろうか。
このオーナーや一族のかなりの数は海外に資産を移しており、一族の数人や当人もすでに出国しているらしい。韓国政府の出国禁止措置で抑えられたのは下っ端の雑魚ばかりで、当局も最初から捕まえる気がなかった(逃げるための時間をわざと作っていた)とさえ疑われる始末である。

●【韓国 旅客船沈没事故】船会社背後にカルト教団 オーナーはPCデータ初期化し国外逃亡=“信者32人、集団自殺事件”で詐欺罪の前科:NEWS SCRAP
韓国の旅客船セウォル号の沈没事故をめぐり、同国メディアはこのほど、この船を運航する清海鎮海運の実質的オーナー、兪炳彦氏が当局から出国禁止命令を出される前に、すでに出国していたと報じた。中国中央電視台(CCTV)が25日伝えた。

韓国客船沈没 船会社オーナー 資産236億円の宗教家:産経新聞
(前略) 中央日報(電子版)によると、兪氏は1941年、京都に生まれ、大戦後に韓国に戻った。兪氏の妻の父が興したキリスト教系を自称する新興宗教の傘下団体で牧師として活動していたが、系列の別団体を運営していた男の工場で87年、信者32人が集団自殺する事件があった。

兪炳彦


<不謹慎な者ども・その他>

●04/19 PM00:56 モデルのホ・ジェヒョク、不謹慎な写真掲載に非難殺到…自粛入隊を招く:Kstyle
ホ・ジェヒョク
セウォル号が沈没した16日、ホ・ジェヒョクは自身のInstagram(写真共有SNS)に一枚の写真を掲載した。「面白い遊び」という書き込みとともに掲載されたのは、バスタブに沈んで目を閉じた一人の男性の写真だった。
同写真がインターネット掲示板を通じて広がり、非難する声が上がるとホ・ジェヒョクは同写真を削除した後、セウォル号事故を知らなかったと釈明した。ソウルに引っ越してまだ3ヶ月も経っておらず、家にテレビやパソコンがないということだった。しかし、ホ・ジェヒョクのInstagramには彼がノートパソコンを利用して映画を見ている写真も載せられており、人々の怒りはさらに大きくなった。

安全行政局長
●04/21 AM09:11 <韓国旅客船沈没>死亡者名簿の前で「記念写真を撮ろう」…安全行政部局長が職位剥奪(1):中央日報
20日午後5時30分、珍島郡パンモク港。「何だと」という怒鳴り声が聞こえた。行方不明者の家族代表と話し合った安全行政部監査官の宋英鉄(ソン・ヨンチョル)局長が死者の名前が書かれた状況ボードの前で「記念写真を撮ろう」と話したことに対し、家族が見せた反応だった。宋局長は近くの状況室に避難したが、家族は追いかけて行き、状況室の前で謝罪を要求した。このため李柱栄(イ・ジュヨン)海洋水産部長官までが状況室から出られなくなった。


●04/22 AM00:05 [進歩客船沈没】行方不明者の代表の風変わりな行為...分かってみれば、政治家(韓国語):nate.com
(機械翻訳)[クッキー社会]年月号沈没事故で多くの学生が犠牲にされた中行方不明者の家族の代表として活動してきた人物が今回の事件と大きな関連がない政治家だという報道が出て衝撃を与えている。総合編成チャンネルのチャンネルAは21日、行方不明者の家族代表を務め、活動中のソンジョングンさん(53)が、京畿道安山の新しい政治民主連合京畿道議員予備候補であることが確認されたと報道した。

●04/24 AM10:44 <韓国船沈没>韓国議員が「犠牲者家族を装っている!」と指摘の女性、実は本物の不明者家族だった―韓国紙:Record China
2014年4月23日、韓国・東亜日報によると、セヌリ党の権恩嬉(クォン・ウニ)議員は自身のフェイスブックで、「不明者の家族の感情をあおっている者がいる」と述べ、物議を醸した。同議員はその後、書き込みを削除し、謝罪している。

●04/23 AM07:55 韓国客船沈没 活動家ら抗議扇動疑い 家族装い便乗、警察調査:産経新聞
韓国のテレビ朝鮮は22日、旅客船「セウォル号」の沈没事故の後、無関係の人物が安否不明者の家族を装うなどして待機所がある体育館に入り込み家族らを政府への抗議行動に扇動した疑いがあるとして、警察が調査に乗り出したと伝えた。

●04/24 PM05:09 [年月号沈没】トルコのケバブボランティアの方々、激しい抗議に、最終的に撤退(韓国語):中央日報
トルコ人ボランティアを追い出す
(機械翻訳)現場を訪れたトルコ人たちは、兄弟の国として知らないふりをすることができない食事をろ過し、人々の健康を取りまとめるために走ってきたと述べた。彼らは「年月号沈没事故の犠牲者の冥福を祈ります。さらに、行方不明者の無事帰還を切に願っています。兄弟の国トルコ」というフレーズが書かれたプラカードをつけて直接ケバブを作って運び、5時間の奉仕活動をした。しかし、トルコのケバブのボランティアは、午後1時ごろ、急いで撤退せざるを得なかった。粛然とした現場の雰囲気とケバブのボランティアが似合わない漂ってくる肉のにおいが失礼という抗議が殺到したからだ。

●04/25 AM11:26 なぜ海軍特殊戦旅団(UDT)でなく民間企業が? ‘ウンディーネ’を巡る6つの疑問:ハンギョレ・ジャパン
 セウォル号失踪者の救助作業過程で民間潜水士と政府間の衝突が発生した背景には、清海鎮海運と契約を結び現場で救助作業を主導してきた民間企業 ‘ウンディーネ マリン インダストリー’(UMI·Undine Marine Industries)がいたことがわかった。 このため水難救助まで政府が責任を負う民・官・軍協力体系から民間企業に委託する民営化体系に切り替えたのではないかという指摘が出ている。
(中略)
1. ウンディーネが独占した救助作業
 海軍特殊戦旅団(UDT)同志会のキム・ミョンギ(36)氏は、<ハンギョレ>との通話で「迅速な救助のために商売を放棄して現場を訪ねたが、海洋警察に阻まれて全く水中に入れずにいる」と話した。
(中略)
3. 政府は水難救助まで‘民営化’した
当初、政府と契約した業者として知らされたウンディーネは実際はセウォル号のオーナーである清海鎮(チョンヘジン)海運と契約を結んだ業者であることが明らかになった。
(中略)
4. ウンディーネは本当に専門性のある業者なのか
 ウンディーネの主要事業内容を見れば、船体引き揚げ、油流出防除などが記録されているだけで、人命救助に関する内容はない。ウンディーネが公開した既存事業内訳にもウンディーネが人命救助作業を行った記録はない。 政府はウンディーネが国内唯一の国際救難協会(ISU)正会員だと広報しているが、実際ウンディーネには専門救助人材がおらず、必要の都度、短期で契約し人材を投じていたことが明らかになった。
(中略)
6. 残る疑問点-ウンディーネは救助ではなく引き揚げ契約を結んだのか?
ウンディーネが救助作業に無能であることをさらし、ウンディーネが清海鎮海運と結んだ契約は失踪者救助作業に対する契約ではなく、船体引き揚げ作業に対する契約ではないかという疑問も提起されている。
 ファン・テヨン韓国水中環境協会代表は 「なぜ救助団体ではなく引き揚げ業者が来たのか」とし 「初めから人命救助には大きな関心がなかったのではないか」との疑問を提起した。
 だが<ハンギョレ>が確認した結果、政府はウンディーネが清海鎮海運と結んだ契約の内容を具体的に把握できていないことが明らかになった。 ウンディーネ側もやはり「具体的にどんな契約を結んだのか現時点では確認できない」と話した。

先に出てきた嘘つき女「ホン・ガヘ」の「政府に邪魔をされた」と言うこの点だけは事実だったようだ。しかし無責任なのか危機管理能力がないのか海難救助を民間企業に独占させると言うのも聞いたことがない。複数の救助者を仕切る権限も能力もない代わりに、海洋警察を使って他者を排除することだけは徹底されたことになる。だから日本の自衛隊による救助支援を断ったと言うことか。

●04/26 PM01:48 沈没船捜索の照明弾?現場近くで山火事 韓国:朝日新聞デジタル
山火事
 26日午前2時50分ごろ、韓国全羅南道の離島、東巨次島(トンゴチャド)の山で火災が発生した。同島は旅客船セウォル号の沈没事故現場に最も近い島。出火当時、数キロ先の海域で、照明弾で海面を照らしながら遺体を収容する夜間捜索活動が続けられており、軍関係者は照明弾の一部が強風にあおられて山に落ちたとしている。

●04/26 <韓国旅客船沈没>救出の高校生を治療する病院に爆破予告―中国メディア:xinhua.jp
韓国の旅客船セウォル号が4月16日に沈没した事故で、大勢の犠牲者を出した檀園高校の負傷者の治療にあたっている高麗大学安山病院に、爆破を予告する不審なメモが届けられていることが明らかになった。中国メディア古漢台網が25日、韓国メディアの報道を引用して伝えた。

●04/27 AM10:22 「年月号の家族のふり '救援物資の大量手にした詐欺師(韓国語):NAVER
年月号沈没事故の犠牲者の家族のふりをして様々な救援物資を大量に集める、30代の詐欺師が警察に捕まった。全羅南道進歩警察署は27日、虚偽の行動に救援物資を奪った疑い(詐欺)でイ某(39)氏に対して拘束令状を申請した。李さんは22日から25日まで進歩ジムと牙モクハンで行方不明者の家族であるかのように行動し、様々な救援物資を大量にもらって行った疑いを受けている。

●04/28 PM00:01 韓国旅客船沈没 救助要請に緯度経度聞く 初動に過失、海洋警察署を捜索:Yahoo!ニュース
【珍島(韓国南西部)=加藤達也】旅客船「セウォル号」の沈没で、検察などの合同捜査本部は28日、事故当時、現場で救助に当たった木浦(モクポ)海洋警察署の初動態勢に過失があった可能性があるとの判断を固め、同署の家宅捜索を開始した。
 検察は海洋警察が事故の発生を知らせ、救助を要請する通報を受けた直後から救助までの間に、“職務怠慢”があり、これが被害を拡大した可能性があるとみて、刑事責任追及の可否について検討するもようだ。

もはや「劇場型」とも言えそうな事故とその後の騒動である。もう何が出てきても驚かないぞとも思っているのだが(爆)彼の国のことだ、なおいっそう予想もつかないような話が出てきて、それが例によって嘘だったとしても、最初はやはり「えええ?」とか反応してしまうのだろう(^^;)

それにしても出てくる人間・団体・政府機関が揃いも揃ってクズばかり(^^;)良くもこれだけネタが尽きずに出てくるものである。弱いものには攻撃し強いものにはへつらう「事大主義的韓国人気質」がこんなところにも出ているのかもしれない。

唯一の例外?が自分を犠牲にして救命胴衣を子どもたちに配った女性船員の存在だ。今となってはただこれだけがたった一つの救いである。

パク・チヨン
●04/21 PM07:49「私は最後」 救出優先の女性乗務員に称賛:産経ニュース
「乗務員の退避は最後。みんなを助けた後に私も行くから」。韓国の旅客船セウォル号の沈没事故で、おびえる乗客を最後まで励まし続け、自らは犠牲となった女性乗務員パク・チヨンさん(22)に称賛が集まっている。乗客を置いて逃げ出した船長らの行動と対照的だったこともあり、韓国社会の関心を引きつけている。

(画像は彼女をたたえる署名活動を行っているサイト)

日本人が相変わらず「反日」として彼らの攻撃対象になっているのは、日本人が反撃をしないことにも一因があるのだろう。
反論しない=自らの非を認めている=弱いもの=いくら叩いてもOK・・・あたりの心理が働いているのかもしれない。しかしこの関係性は日本における「いじめの構造」にも似ている。在日が多い日本だけに彼らの悪しき習性に毒されている部分もあるかも知れない。おそらくは韓国を併合した弊害というか、日本側に残る「日帝の残滓」と言えるのかもしれない。

しかしたった2週間程度でこれだけのネタが噴出してくるとは唖然とするしかない。ちょくちょく記事やリンクなどを拾って溜め込んでいたが、エントリに仕上げるのにあまりに数が多いので時間がかかり少々疲れてしまった(爆)

最後に2ちゃんねる(まとめサイト)から興味深いテキストを拾った。同一人物の発言が細切れで紹介されているのだが、読みづらさもあるので少々長いが全文を「本編」のみ抜粋・引用する。※改行位置の変更・太字強調の追加などはこちらで加工している。

【論説】とある海技士から見た韓国海事:ワラノート

事前に書いたものを投下する

海技士資格とは大型船舶を操縦する資格で、小型船舶を操縦できる小型船舶操縦士資格とは別物である。
その海技士資格は航海士と機関士で別れており、取得にはそれぞれの専門的な知識と乗船履歴という経験が必要である。詳細を知りたい場合は各自調べて欲しい。

さて、この文章を書いた理由は日本と韓国の海技士の練度について業界の外へ居る方々へ伝えたいからというもので、先ずは一つ例を取り上げてみたいと思う。

あまり一般的な言い回しでは無いが海技士の中では有名な言い回しがある。
「海技士資格は日本唯一の試験官が成績不良受験者へ 説教を行うことのある国家資格だ」

皆さんの経験、そして聞いた話で国家資格取得時に試験官から直接クドクドと「君はまだこの試験を受けるレベルにない」とか、「しっかりと勉強をしたのか馬鹿者ッッッ!!!」と激怒されたというものはあるだろうか?

勘違いしないで欲しいのは海技士資格の合格率は高めの傾向だと言うことである。
高難度の弁護士資格や医療資格に比べればかかるお金も勉強量も少なくて済む。

別に海技士資格は高難度の資格なんだと言いたいわけではない。

海技士資格を取得しようとする者は商船系大学学部や、商船系高校、水産系高校の学生であるが、海技士資格を取得しようとする時に指導教官から上記の様に脅されることもしばしばだ。

更に実際の試験の際、そういった場面へ出くわす受験生も少なくなく、先輩の口から経験談として試験官の厳しさを知る。そういったことから海技士資格は弁護士資格ほどの難易度では無いにしろ、試験に対して真摯に取り組む伝統が形成されているのだ。

韓国にも当然ながら船舶免許は存在する。
歴史的経緯から日本の海事法規を踏襲した部分が多く、近年のSTCW(国際)条約加盟に合わせて韓国船員法は改正され、数値上の海技士資格取得難度は日本とそう変わらないだろうと考えている。

※STCW条約
船員の訓練及び資格証明並びに当直の基準に関する国際条約一定以上の船員練度を確保するために結ばれている国際条約

日本と韓国の海技士練度の差は何によって発生するのか?と疑問になり、韓国の海事教育機関のことを独自に調べていると1つの特殊な制度を見つけた。

それは「3年間船員就労義務」である。こんな制度は日本にない(そもそも兵役制度がないから当然なのだが)。
その内容を確認すると「3年間船員としてしっかりと働けば兵役を免除される」という制度のようだ。

更にくまなく調べていると韓国海事学生が卒業し3年間船員就労義務を経た後、多くの者が船員として引退しその他の職業へ就くという事実も発見した。つまり、この3年間船員就労義務は韓国人にとって見れば過酷な兵役を逃れる手段の一つであり、この制度こそ日本と韓国の海技士練度の差を生んでいる。

これは単なる予想でしか無いが、そもそも日本の海技士のように船乗りになりたくて海技士資格を取得する者は少ないのではないか?兵役を免除されるための手段であり、他の職業へ就く足がかり程度にしか思ってないのでは?と考えられずには居られない。

その証明となるかはわからないが筆者の狭い経験上、実際に韓国人船員のモラルは低い。この発言に対し神仏、そして先祖に誓う。韓国人船員のモラルは低いのだ。

証拠は?と言われると船乗りではない多くの皆さんが確認するのは難しいが、韓国人船員による国際VHF無線の運用モラルによって証明できる。

もしかするとこの論説を同業の海技士が読んでいるかも知れないが、韓国にほど近い福岡県北九州沖は国際VHF無線無法地帯と言ってもいいほどの様相を呈している。

※国際VHF無線機
早い話が無線通話の機械である。国際VHF無線器を運用するにも海上特殊無線技士という国家資格が必要である。

福岡県北九州沖では違法である、私用で会話する、音楽を再生する、ラジオを流す、歌う、イタズラをするなどの運用が日常的に行われている。
韓国語の独特なアクセントでの会話、流行のK-POPが聴こえてくることから韓国人船員によるイタズラだと思われる。
更に瀬戸内海で韓国から来た船が規則を無視してマーチスから注意勧告されることも少なくないことは瀬戸内海を航行する日本人船員なら知っていることだろう。

※マーチス
日本語で言えば海上交通センター。安全のために航行を管制する。
ちなみに韓国から来た船と何故判るかといえばAIS(船舶自動識別装置)の情報を確認するとわかる。AISの情報は無線送波装置から発射され周囲の船へ情報を提供する。

筆者は一人の船員として韓国社会へ対し「3年間船員就労義務」などという船員の誇りと練度を失わせる制度は廃止すべきだと主張したい。
この制度を無くせば韓国は船員の成り手確保に困るであろうが、それは韓国政府がしっかりと船員の就労条件を潤沢にすれば解消することだ。
例え韓国内の平均から言っても韓国船員の就労は潤沢な方だとしても更なる厚遇が必要なのであればするほか無かろうと筆者は思う。

これは韓国だけを思って言っているのではなく、周囲を航行する我が国と各国の船舶の安航と、自然環境の保全という意味をも含んだ主張である。

最後にこの論説は個人法人、大小メディア問わず大いに転載していただいても構わない。むしろ積極的に転載をし海事業界及び各界有識者、更には全ての人々へ周知され熱い議論していただけるようにOpen2chへの投下を決めた。

ご静聴いただき感謝する。

author by UW

韓国の海運業者や従事者のレベルの低さの一つの考察であると同時に、職業意識の無さが単純に韓国人気質によるものではなく制度的な欠陥があることを指摘している点など説得力がある。

さしずめ今回の事件を他山の石として自省する能力のある日本人なら、ここまでの醜態は演じないとは思うのだが・・・。彼らのごとく「愚かな対応をしてしまう資質」は我々にもあることを忘れてはならないと思うわけである。

JUGEMテーマ:社会の出来事
Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



さくら【さくら】

昨日の休日時に撮影した毎年恒例桜画像。佐保川の奈良市南端付近。

桜5

桜1

桜2

桜3

桜4

蝶

モンシロチョウやモンキチョウが忙しく飛び交ううららかな春の午後だった。

「さくら」の呼び名の語源には諸説あるらしいが、「さ」は神の意味があり、「くら」は「坐」で場所を示す、つまり「神の宿る植物」の意味があるということらしい。この説は異端に属する部類らしいが、神々しい桜の美しさを見る限りなんとなくわかる気がする話である。


JUGEMテーマ:お花見&桜


Posted by soup2001 | comments(2)  trackbacks(0)



サイコパス【さいこぱす】

あちこちで問題視されかなりのバッシングを受けている「史上最低の元宰相」鳩山由紀夫。私も今更ながらとは思うもののすこし言及してみたい。

鳩山氏“売国発言”に識者ら激怒!「許しがたい」「頭がお花畑に…」:iZa
中国による尖閣強奪謀略に加担するような言動に、民主党時代の同志や、沖縄県の地元関係者、識者らは怒り心頭に発している。

バカ山「馬鹿」「頭がおかしい」「逝ってよし」系列の罵倒語が絶えず浴びせられる点でも、今日本で最も嫌われている人間として「菅直人と合わせて」双璧をなしている(^^;)

<画像元:痛いニュース>

実際この男の経歴をみてみると、「金持ちのアホぼん」※「ぼん」は関西弁の「ぼんぼん(子息)」の意味・・・と言う言葉が感じられてならない。東大に行っている分「学業秀才」ではあっても、世間の認識からは逸脱した「現実・現場を知らない非常識人」と言う評価しか出てこない。総理を経験し、その実務能力が決定的に欠落していることを国民が知ってからは、それまでの肯定的評価のすべてを失い、もはや日本国内で彼を擁護する意見を探す方が困難である。。

この男が転落していく原因の一つとしては、名門鳩山家の長男・東大出身というエリートとしての肩書きに年齢を経るごとに「自意識過剰」「評価・称賛願望」が増大していったことが推察される

これは一般のキャリア官僚にも通じる「意識」だと思われるが、自分の能力以上に「経歴による権威」を位置づけ、「有能であるという錯覚」を強固に持ってしまう病理的傾向である。

「最高学府の東大出身の人間は優れている」「その出身者である官僚(役人)のすることに間違いはない」こういう傲慢というか自意識過剰というか権威主義に凝り固まって判断能力が消滅してしまう事例は官僚などの言動がスキャンダルになる度に顕著に現れる。

そういう錯覚を持つ人間が政治家になってしまうと鳩山由紀夫のような人間が発生するのだろう。何より彼はこの傾向が極端に出てしまっている。現役の頃から常に「大衆に迎合する」主張を繰り返し「大義名分」を重んじる(今から思うと)幼稚な政治論を展開しているし、それが結実したのが政権交代を実現した当時の「民主党マニフェスト」だった。


退任会見でも「国民が聞く耳を持たなくなった」の発言や、政治資金規正法違反疑惑でも「巻き込まれた」と、自らの責任を認めていない旨の主張をするなど、徹頭徹尾「無責任」な発言に終始した。一応形式的には謝罪も行なっているものの、中身があまりに薄い会見内容に殆どの国民が唖然としたものだ。

検索すると鳩山批判の記事は枚挙にいとまがない(^^;)さすがに今年の分は数が少なくもはや誰も相手にしなくなったいい証拠でもあるが、画像とコメント内容のバランスがいいものを貼っておく(^^;)

鳩山由紀夫の失言、問題発言集:NAVERまとめ
首相を退任後、政界に残ってはいけない。影響力を残したいという人が結構いるが、首相まで極めた人がその後、影響力を行使することが政治の混乱を招いている(2009年7月26日)
いちいち挙げていたらキリがないが・・・(爆)鳩山御殿で静かに余生を送っていればいいものを・・・つくづく余計なことばかりする男だ。

売国鳩
<画像元:画 像 で 笑 っ た ら 寝 ろ:キニ速>※クリックで拡大します。

私もすぐに寝ないといけないようだが(爆)

鳩山イラン訪問の大失態(佐藤優):中央公論

鳩山由紀夫は政界引退前、イランを訪れ核開発疑惑を持たれているイラン側に理解を示す発言をし、軍事同盟国であるアメリカ批判を行った。本人はこのコメントを否定しているが、内容的には「そういう解釈が自然に成り立つ言い方」をしている点で「自分の発言に責任を持たない」習性は以前と何も変わっていないことが確認できた。

今回の尖閣諸島の帰属問題に関しては沖縄返還時に米国首脳内でコメントを録音したものが残っている。ここには占領軍として主導的に日本に駐留していたアメリカの意志が見えるが、鳩山の言う「尖閣を盗んだ」との言い方が「中国側に迎合した見解」でしかないことがわかる。

尖閣諸島の日本返還巡る米の録音記録 投稿者 livenotenet

繰り返される失言はこうした「相手に迎合した発言」であることからも、過去の発言同様「その場しのぎのリップサービス」であり、当然「発言の重要性を考慮していない上に責任感もない」ものである。過去の政党マニフェストもやはり同様で、その根っこにあるものは「私は称賛される人間であるべきだ」「私は社会に有益な人間であることを認められるべきだ」という実に幼稚な自己顕示欲の発露にしか思えないのである。

結局、鳩山由紀夫がこうした「虚言癖」にも似た妄言・迷言を繰り返すのは、多くの人が指摘するように「精神的に問題が多い」としか思えない。具体的に言うと、自己愛性パーソナリティ障害、英雄症候群や厨二病と呼ばれるものに近いと思われる。

自己愛性パーソナリティ障害:wiki
発症因子として実際に社会的評価が高かったり、ルックスや家柄が良い、IQが高い等、常に賞賛を浴びる状態が幼少期から続くなどの環境要因が強く主張されている。自己愛性パーソナリティ障害の万能感は母子関係によって強化されることがある。
発症因子に多くの一致点が見られることや、鳩山安子(実母:故人)との関係性を見てもこの自己愛性パーソナリティ障害があったことは間違いないと私は考えている。

英雄症候群:wiki
行動原理は、自己犠牲ではなく自己顕示に過ぎない為、状況を見極める冷静さや責任感を持つ者は皆無に等しく、計画性も無い行き当たりばったりな手段でやる傾向が強い。より性質の悪い者の中には、厳しい状況になった途端放棄して逃げ出したり、無茶な行動を止めようとする人間のその行為に不快感を露にして新たな揉め事を起こす等、かえって大きな混乱を呼び起こす元凶にもなり兼ねない。
この英雄症候群の発症要因は上述の自己愛性パーソナリティ障害とは異なり、周囲の評価が低い場合に起こるとされているようだが、自己愛性パーソナリティ障害の過保護な環境から一転「無能宰相」などの酷評を受けるにあたって、汚名挽回を狙って「能力以上のパフォーマンス」を求めたり、その行為を自己正当化し自己顕示欲を満たす方向のみに突出していく辺り、合致する点も多い。

中二病(厨二病):wiki
自意識過剰やコンプレックスから発する、一部の言動傾向を揶揄した俗語である。基本的には精神的に不安定になる思春期に成長する自意識と残った幼児性の間で背伸びをするような言動。またそのためにおかしな行動をとってしまうことを言う。
私は成長期に過保護な状態が続くことでこの厨二病は醸成されるように(根拠はないが)思っている。差し迫った経済的・社会的苦難が少なく、自己顕示欲と願望の境界が曖昧になる自意識の発育不全だと思われるからで、正直私の中にも存在する傾向でもある。戦争・紛争地域では、如何に夢見る世代の子供であってもこんな「生ぬるい幻想」に浸ってる余裕はないからだ。成人してもさしたる危機感を持たずちやほやされる傾向にあった者はここから脱出する機会を失ったといえるだろう。

上記3つの精神性疾患やその傾向はもれなく鳩山由紀夫に当てはまるように思う。「いいところの出」がある意味最悪に作用してしまった例とも言える気がする。

鳩山由紀夫の実家が名門で資産家でなければ、ここまで取り沙汰されることもなく、「救いようのない馬鹿」として世間の肴にされるだけだが、間違っても「首相経験者」と言う肩書きを与えてしまった以上、国民の総意によってこの男の活動を制限することに私は反対しない。例え「人権侵害」と呼ばれようとも、国家・国民に対する実害が大きすぎる。

一時的かつ国民の感情を逆なでする迷惑度で言えば、朝日新聞や日教組を超えているかもしれない(爆)

一部では「外患罪」を適用すべきとの声も上がっているし、過去の政治資金規正法違反を再捜査し、新たな事実を発掘することで逮捕・拘束すべしとの声すら出ている。
要は、この男を完全管理のもとに置く事の必要性を誰もが感じてるということだ。

外患罪:wiki

外患罪関連で言えば、「外患予備罪・外患陰謀罪」がこの場合一番近いと思うが、尖閣諸島で小規模でも戦闘や中国人(軍)の上陸が行なわれた時は、外患罪そのものを適用出来る可能性がある。量刑は外患予備罪で、1年以上10年以下の懲役になるが、外患誘致罪で有罪となれば未遂であっても死刑である。つまり現状が未遂状態であると解釈するならば逮捕・拘禁が可能であることを意味する。まず裁判で長期間足止めできることが国益に叶うし、実際に死刑確定しても執行しなければ永遠に収監状態のままだ。逮捕以前に法整備を行なって外患罪に問われた被疑者が有罪の場合、資産を凍結または没収できるようにすれば完璧だろう(^^;)

まぁ刑法犯でも精神障害者に対する措置入院でもなんでも構わない。この男の言動がニュースの俎上に出ることが不快。この男の存在自体を思い出させることが不快でしか無いのだ(^^;)

この件に関しては、巡回に加えている某ブログにもコメントしたが、鳩山由紀夫という人物が

自分が一番正しいと思い、理解されないのは自分に非があるのではなく他人が間違ってると思う。他人の考えを尊重するふりはしても実際には逆の行動をとる。自分の言ったことがどう他人が解釈するかを考えない。取り繕う必要が有る場合のみ謝罪はするが反省はしない。


ということを改めて思い知らせてくれる結果にしかならなかった。「自分が正しい」と思い込むことは、普通に自我が完成している人間・特に頑固者には見られる傾向であるが、ここまで数多くの批判にさらされても今持って真摯な反省・行動の改善が無い点は驚愕するほかない。

小さな世界、影響力が数人程度の個人的社会の中でなら容認できても、鳩山由紀夫の場合は、内容も影響力も自己愛性パーソナリティ障害、英雄症候群、厨二病を超えている。



以前はサイコパス診断の動画を入れていたが、元動画が削除されたので別のものに変更した。それでもやはり冒頭の説明文が鳩山由紀夫の特徴に合致している。(※元の動画が再掲されたので再度そちらに貼り替えてます)

良心の異常な欠如
他者に対する冷淡さや共感の無さ
慢性的に平然と嘘をつく
行動に対する責任が全く取れない
罪悪感が全くない
過大な自尊心で自己中心的
口の達者さと表面的な魅力


なので、私個人としては今後、ルーピー鳩山ではなく、サイコパス鳩山と呼称することとする。

JUGEMテーマ:社会の出来事
Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



最低と最高【さいていとさいこう】

すごい日本 〜誇るべき日本の世界1位〜:NAVERまとめ

お国自慢というか、謙虚過ぎる国民性×自虐史観の相乗効果で恐ろしく自信喪失気味だった日本国民を「何とか自信回復させよう」と言う気運というか、静かなムーヴメントがここ数年高まりつつある。
日本を槍玉に挙げ「反日」で攻撃すればするだけ利益になると勝手に思い込んでいる悪質な隣国もようやくそれが誤解であり、自分たちの撒いた種がしっぺ返しとなり、反日特亜排除の流れが顕在化して、自分たちの勝手な思い込みの誤りに戸惑っているニュアンスがチラチラ見えている。

上記リンク先の内容を反日国が比較して検証・考察すれば、「日本にあって彼らにない」ものが少しは理解できようというものだが・・・そういう生真面目さはむしろ「日本的」であったりするわけで(^^;)反日の観点からすれば、日本の実績の高さが「陰謀」や「詐欺的野心」に裏付けられていると、むしろ「陰謀(朝鮮人によるパクリ・文化略奪)」「野心(中華思想に基づく覇権主義)」的な分析を行うと見るのが正しい理解だろう(^^;)

これらの輝かしい日本の実績や評価は、よくも悪くも日本人のバランス感覚や公平性をよく表している。と思う。・・・中には「どうでもいい」(^^;)ようなランキングもあるのだが、これもまぁ賑やかしの一つである(爆)

ひざ枕
バカバカしさでも世界一だと思うこの枕(^^;)妻帯者の方にこそ買って欲しい。独身者が買ったら洒落じゃ無くなるからね(爆)でも2個セットの意味がよくわからん(^^;)

[書評]【日本が世界一「貧しい」国である件について】を読んでみた後、いろいろな世界ランキングで日本の順位を確認したぞ!

これは最初の「日本最高!」とは真逆の評価を集めた書籍の評だが、日本に対する高評価より低評価のこっちのほうが何やら実感がある(爆)・・・これも自虐史観に染まった自虐傾向のある私の性格のせいだろうか?(^^;)

官尊民卑と男尊女卑と金尊貧卑とか、両極のどちらに属するかで人間そのものの価値まで決定されてしまうような「血脈主義」や「権威主義」が自由闊達さを阻み、それらが遠因となって、個の利益より公共の利益を優先する価値観が日本人に染み付いている。しかし、裏を返せば権力や社会的地位を得たものは、やがて公共の利益の中から個の利益をピンはねする欺瞞を身に着けていき、日本の美徳とする精神性を形骸化させ腐敗させていく。

Tシャツ中国や朝鮮も多分に漏れず同じ体質を有している。民度が低いせいか、この利益をためらわず優先する民族的価値観のなせる技か(^^;)この点では日本人より実に正直に見えるのはなんという皮肉だろう(^^;)

左巻き専門の方御用達と思える右のTシャツ。正しいことのようにも思えるが、それぞれは直接関連性のない問題。共通項はそれぞれの反対者には管轄官庁の利権が絡むということである。
本来別の問題を反対でまとめてしまう乱暴さ。・・・といってしまうと、政策ごとに政治家を選べない今の選挙制度〜議院内閣制の欠陥がいみじくもこのTシャツに表現されている(^^;)

セカンドベストならぬセカンドワーストしか見えてこないこの国の選択肢の少なさが何よりも最低に思える今夜の私なのだ(^^;)



JUGEMテーマ:社会の出来事
Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



残念なCM【ざんねんなしーえむ】

今日奈良テレビを見ていたら何とも言えないCMが流れていた。



AKB48ローカルの(^^;)NMB48から更に奈良出身者のみの選抜で制作されたCMだが・・・いやはやとても「良いとは言えない」はっきり言ってダサい。クサイ。

「クサイ車はありません〜♪」と歌う歌があまりにひどすぎる(^^;)アイドルに金使いすぎて、CMソングまで予算が回らなかったのか?いやしかし。今をときめくAKB48系列のアイドルを起用するにしてはお粗末過ぎる内容。

しっかり印象には残ったし、シマダオートという名前も覚えたけど・・・実は通勤時にこのお店の前を通るんだよね(爆)ホンダネット奈良系列では近畿地方を担当するCMタレントとして浜口順子さんのCMシリーズが定番だが、(彼女はそこそこ美人なのにコメディエンヌ風の演出を物ともせずに受け入れる)ちょっといわゆる「可愛い子ちゃんCM」とは違うノリが見えるので面白い人なのだが、シマダオートのはちょっといただけない。

ホンダフィット ハイブリッド 2012.5 CM:浜口順子

ホンダカーズ 2013.1 CM:浜口順子

見るところ、「奈良出身ガールズ」は、可愛い子ちゃん系でも十分持ちこたえられる素材だと思うのだが(^^;)CMの構成が滅茶苦茶で印象には残っても、シマダオートに「センスの良さ」を求める客はまず来るまい(爆)
まぁ、トホホ系ローカルCM殿堂入りは間違いないだろう(^^;)オリジナルの動画はそのうち消えても保存して転載する人は出てきそうだしね。

奈良ではないのだが、残念トホホ系でも笑えるCMが下の信長書店(^^;)



もう10年以上前に流れていたCMのはずだが、インパクトが凄かったらしく(^^;)youtubeにも上がっていた(^^;)
この書店は大阪日本橋にもあったと思うが、萌え系アニメ・漫画本からアダルトまでを揃えた「オタク系」書店のハシリとも言える本屋。初見時には最後の「ウヒョ〜」の掛け声に吹き出した(^^;)

これとは違うが、近畿地方では有名な関西電気保安協会は「面白ダサい系」のCMとして徹底している(爆)



予算がないので、カッコイイCMなど最初から求めず、ダサい系をわざと狙ってる狡猾さ(爆)ときおりシュールなくらいの不条理ギャグを織り交ぜながら、インパクトの強いメッセージを伝えている。シマダオートもやるんだったらこれぐらい気合を込めてダサクサ系、残念トホホ系のCMを目指してほしいものである(^^;)

JUGEMテーマ:テレビ全般
Posted by soup2001 | comments(2)  trackbacks(0)



桜の城【さくらのしろ】

ようやく花咲く春の到来。休日にあいにくの花曇りではあったが、大和郡山城へ恒例の「桜狩り」へ向かった。この時期はこれまた恒例の「お城まつり」が開催され、城内の咲き誇る桜の中をそぞろ歩く人々も多数。平日の午前中でも結構な人出。土日ともなればかなり混雑するのだろう。

お城まつり1
お城まつり2
お城まつり3
お城まつり4
お城まつり5

お城の周りを市街地が取り囲む。現代に生き残る城下町らしく、この場内だけは流れる時間が違う雰囲気。また、このお城はその敷地内に甲子園に出場することも時々ある公立高校(県立大和郡山高校)があったり、柳沢神社(徳川幕府5代将軍綱吉の側用人だった柳沢吉保とその子吉里を祀る神社として郡山城破却後の明治時代に建てられたもの)があったりと、ただの史跡にはない活気が漂う。

大和郡山城
(Google map)

お城まつり6
お城まつり7
お城まつり8
お城まつり9
お城まつり10

城郭を一回り、堀を渡って本丸を一回りするとさすがに汗ばむくらいだったが、桜の木々の密度感に「お、あそこからの見栄えはどうかな?」とついつい足早になり、カメラを構える繰り返し。結構いい運動になったかも(^^;)携帯カメラやコンパクトカメラはもちろん、本格的な一眼を構える人も多い。平日の午前中だったせいもあっただろうが高齢者多し(^^;)杖をつくおじいさんまでがデジカメを(機能呼び出しに四苦八苦していた模様だが(^^;))操作する姿は何ともほのぼのしている。正午近くになると人も増え、カメラ族もそこら中にいるのでうっかり撮影の邪魔をしないよう気を使いながら歩く(^^;)

お城まつり11
お城まつり12
お城まつり13
お城まつり14
お城まつり15
お城まつり16
お城まつり17
お城まつり18
お城まつり19

最後は城のすぐ横を走る近鉄橿原線越しにお堀と石垣に垂れ下がる桜を狙う。長身の撮影者とすれ違うが、やけに颯爽としてると思ったら欧米と思わしき黒尽くめのファッションで包んだ外国人男性。やはり「桜と城」という純日本的なこの被写体は逃せまい(^^;)しっかり一眼で何度もシャッターを切る。

その前に城内ですれ違った外国人は中国人(^^;)こちらは、早口で喋りながら記念撮影だ接写だ(?)とばかりにせわしなく歩きまわる。それにもまして近くの幼稚園からの遠足組か幼稚園児の集団に遭遇。神社横(追手向櫓:おおてむかいやぐら)の空き地を走り回って運動会状態(^^;)さすがに今日は何とも賑やかな城内。以前訪れた時はひっそりとしていてとても穏やかな落ち着いた場所だったのだが・・・(^^;)

桜はやはり世代や人種を超えて「ハイテンション」になる風景なのかもしれない。来週までは持たないだろうが晴天ならもう一度足を運んでみるか。

JUGEMテーマ:お花見&桜


Posted by soup2001 | comments(4)  trackbacks(0)



再来【さいらい】



かつて世紀末の不安な空気を反映するかのように一つのジャパン・ホラーが大ブームを巻き起こした。鈴木光司原作の1998年公開の映画「リング」「らせん」である。
17年の時を経て「リング」が復活するという。「貞子3D」はインターネットの動画がビデオの代わりとなる。考えれば特定のソースであるビデオカセットが無限増殖する設定なので、恐ろしさも無限増殖しかねない。実際モニタから実体化し飛び出してくる貞子のショットもあるので、この呪いの犠牲者たるやパンデミック状態の疫病以上かもしれない。

ただ、突っ込みどころがあるとしたら、最初に見たメディア(再生機)から貞子はやってくる。少なくともオリジナル作品ではテレビであった。呪われた本人の最も至近に存在するテレビが貞子の立ってくる扉だったのだが、今回は動画である。パソコンモニタが基本的に貞子の出口になるわけだが、人によってはスマホである場合も考えられる。携帯依存症のオタクなどはその傾向が強いだろうし、「ネットに接続」していない限り大画面のテレビからは出てこれないはずなので、iPhoneやAndroidで呪いの動画を見た場合、貞子はどうやって出てくるのだろうか(^^;)

貞子
※ツィートの画像を含めてネタですのでTwitterで検索しないように(^^;)

まさかなぁ(爆)

一応映画の公式アカウントができているが宣伝臭が強すぎておすすめできないし、山村貞子(botと思われる)の方はフォローした相手に「取り憑く」だけなので面白くない(爆)

再来とは言え、貞子のテレビから出てくるアイデアは衝撃的で「うぉぉ!」と思わず私もうめいたのを記憶している(^^;)アイデアに驚いたのと、その映像が明らかに「想定外の恐ろしさ」を持っていたためだ。

さて、話は全く変わるのだが、再来と言えば「検察審査会の強制起訴裁判」で窮地に立たされた小沢一郎が、完全復活する可能性が出てきた。無罪判決を得た場合、野田(小沢グループ排除)政権と全面対決する状況が顕在化したからだ。

すでに連立与党の国民新党を「切り崩し」によって分裂状態にした上に先の「谷垣自民党総裁との密談疑惑」から、小沢グループが増税法案に造反した場合、自民党の一部を取り込んで可決させ、「解散カード」を使って自民党の増税賛成グループと部分的統合を行なって民主党を解体するというシナリオもにわかに現実味を帯びてきた。

無罪判決を勝ち得たとしても小沢一郎の影響力を最大限封じる包囲網ができているという環境づくりを野ダメ総理が水面下で行なっていたのだとしたら、かなりの豪腕・やり手と言える。増税反対派が結集するシンボルとして、小沢一郎が頂点となり得るとは私は思っていないが、反増税勢力としてこの「小沢一郎」のネームバリューが凶と出るか吉と出るかあまりに不確定なだけに、安易に担げないまま野ダメ総理の作戦勝ちになる恐れもあるのだ。

貞子の復活のように政界に復活する小沢一郎が表舞台に登場する時メディアは彼をどう捉えるのだろうか。

井戸

私が危惧する点はただひとつ。貞子がテレビから実体化してくる時のポーズが「失意体前屈」つまり「orz」のポーズであり、復活しても「挫折する可能性は消せず」、
野田政権を呪い殺す力はない場合もあるということだ(^^;)

貞子何より国民にとっての災厄と思えるのは、この政争によってさらに国民のための政策は、東北の復興は、脱原発のための政策、再稼働の判断と根拠の提示などは、予想以上に先送りされ遅れに遅れることが予想されることだ。
結局最大の政争案件「消費税増税」が決着するだけで、その他のすべての懸案事項が「呪い」。いやすべての懸案事項の判断・決定が「ノロイ(遅い)」と化すことが決定的なのである>ダジャレかい!(^^;)

あぁ、貞子よいっそ国会議員もろとも呪い殺してくれよ(^^;)

JUGEMテーマ:映画

Posted by soup2001 | comments(2)  trackbacks(0)



才能【さいのう】

新しい才能はもちろんだが、誰もが認める「優秀さ」を表現してくれる人には、

「栴檀は双葉より芳し」
(せんだんはふたばよりかんばし)

と言う言葉を思い出す。

8 year old The Mini Band guitarist Zoe Thomson working on Stratosphere by Stratovarius.
(ストラトヴァリウスの「成層圏」、8歳のMINI BANDギタリスト、ゾーイ・トムソン。)



これはカバー曲だが、指の動き(運指)が半端ない。すげー才能(^^;)8歳って小学2年生でしょ?・・・将来どんなギタリストに成長してくれるんだろうか?既に現時点でアイドル・ギタリストの仲間入りだ(^^;)ちなみにストラトヴァリウスの「成層圏」のオリジナルは↓



音だけ聞くと違いがもうわからない(^^;)・・・すごい奴は若い時から凄いのだ。ゾーイちゃんにしてもギターキャリアは3年と言うところらしいが、楽器にかぶれるティーンエージャーならいざしらず10代以前にしてこのセンス!ちなみにMINI BANDとは彼女が所属している「子供だけで編成されたバンド」らしい(^^;)

センスと言えば、もう一つ。かのクイーンの名曲「ボヘミアン・ラプソディー」をたった一人の多重録音+画面分割映像で再現したこの動画に感動。



日本なら山下達郎も真っ青(爆)というところだろうか?リッチー・カステラーノというアメリカのミュージシャンらしいが、大した腕の持ち主である。この1曲だけでも彼の溢れるセンスと才能の片鱗が伺えるではないか。ヴォーカルの才能もある。一応クイーンのオリジナルは↓



普通ならここで別の題材にネタを振って・・・才能の欠片も感じない政治家の面々を引き合いに出したくなるのだが、あえて言わずとも誰もが知っていることなので(爆)今日は余計なボケは無し(^^;)



Posted by soup2001 | comments(4)  trackbacks(0)



残念ながらその日が来た【ざんねんながらそのひがきた】

アップルのジョブズCEO辞任「残念ながらその日が来た」

ジョブズ

私のパソコンデビューは、ワープロ専用機や8ビットの低価格MSX機を除けば、AppleのMacintoshだった。私がLC575を購入した時、ジョブズはAppleを去った後だったが、復帰するやいなやiMac、iBook、iPodと立て続けにヒットを飛ばし、iPodとiTunesを組み合わせた音楽聴取スタイルは、世界標準となった。iPhoneはこれの発展形であり、Macintoshで培ったプロダクツ開発力に一層の輝きを与えたものだった。
いわば創業社長でもあるジョブズの第一線からの引退は、今後のAppleの未来に曇りを生じるかも知れない。それほどにIT長者でもありPC業界のカリスマであった彼の後を託された経営陣はかなりプレッシャーが掛かることだろう。それでもAppleが数年毎に発表する「少し先の未来」が続けられる限り、Appleブランドは半永久的なブランドとなるかも知れないが・・・SONYが今や「ただの電気屋」になった感もある様に、Appleとて同じ轍を踏まない保証はない。私の目の黒いうちに情けない姿は見たくないものだが・・・(^^;)

羽賀事件の裏で狙われる、大物芸能人の「危険度」:日刊サイゾー

極心会
(画像元:Mickey&Neptune Tournament Result ※紛らわしい画像ですいません(^^;)全く無関係です)

極心連合会:極道実話
極心連合会:wikipedia

古い記事だが、今この記事を読めば「A」が島田紳助であることはよくわかるし、「引退」しただけで済むとも思えないほどの「繋がり」が伺える。確かに暴力団幹部とは数年に1度の接触だったかも知れないが、紳助が関わる事業の大部分で、暴力団のフロント企業が入っている可能性は高いと思える。あの引退宣言の日が「残念な日」だったのだろうか。「もっと残念な日」が近々訪れてもおかしくない。

もしそうなら、政界入りどころか刑務所入りも有りうる(^^;)鑑別所出身の元不良は人生の絶頂期に再び臭い飯を食らうハメになるのだろうか?お笑いタレントとしての才能は「好き嫌いは別にして」充分あったと思えるだけに、余計なことに手を出してそれが命取りになるとは、やはり勿体無いと思わざるをえない。2ちゃんねらーには嫌われていたようで「祭り」状態らしいが(^^;)



Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



さよなら日本沈没首都消失【さよならにほんちんぼつしゅとしょうしつ】

太平洋戦争後60年も過ぎると、この間に大活躍した多くの人々、私にとってはここ30〜40年間に輝いた人々が次々と鬼籍に入っていく。数日前に亡くなっていたことを、ついさっき偶然知った。SF作家としてはおそらく日本一有名な「日本を沈めた男」(^^;)小松左京氏逝く。表題は適当に氏の作を繋げただけだ(^^;)バラエティに富んだ作風の作家だっただけに一言で言い表すのが難しい。ということで(言い訳)



日本沈没でなく、氏の作品の中でも好きな中の一つ「復活の日」の予告編動画を上げておこう。今ならこちらの方がグッと来る。

小松左京氏自身が映画製作に深く関わった「さよならジュピター」は想像以上の駄作(^^;)となったものの、初期のアイデアあふれる作品群は一読の価値がある。今からAmazoneでまだ未読の小松作品を探してみようと思う。

しかし・・・今死んじゃダメだよ。日本を沈めちゃった責任者としてはさぁ(爆)もうちょっと頑張って欲しかったなぁ(^^;)

JUGEMテーマ:社会の出来事


Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



錯覚あるいは幻想【さっかくあるいはげんそう】

人間の目や頭脳というものは、案外単純なトリックに欺かれる。それは生物学的に獲得した能力と比例して反作用のように現実で無い認知をもたらす。うまく使えば人間の社会や文化に貢献し有意義な実りをもたらすのだが、中には少々困った作用をもたらすものもある。

画面の中央を見続けて、視線をはずすと世界がゆがんで見える錯覚(錯視)


画面中央の「+」を見続けると、左右の人物の顔が怪物のように見える錯覚(錯視)

naglly.com:視線の両側にある顔が怪物の様に醜く変化する目の錯覚(動画)

改めて顔だけを見ているとさまざまな人の個性的な顔が入れ替わっているだけ。面白い現象だが、自分の目に見えているものの信頼感が少し揺らぎそうな動画だ。

これはコントである。現在の状況に見えてしまうのは錯覚である(^^;)


笑えなさ杉(爆)もはや総理の存在自体が政治的テロに近い(^^;)実際に菅直人を止めるのはもはや本物の「テロ」しかないのか?

もっと笑えないのが、下の動画。今「脱原発」で解決できると思う錯覚に対する厳しい指摘がここに・・・

武田邦彦(中部大学)ホームページ

本来、日本列島で養える人口は自給率100%で考えた場合、江戸時代の頃の3千万人といわれている。現在のようにその4〜5倍ほどの人口が生存するためには、技術革新によるエネルギー供給と輸入による食糧確保が絶対条件でもある。少子高齢化で人口減少に向かうわが国のひとつの選択肢として、人口政策(口減らし)で国土から得られる自然の恵みを、出来るだけ公平に効率的に再分配する事も考えておくべきなのだろう。

でなければ、今の繁栄が錯覚あるいは幻想であったと思う時が、そう遠くない未来に来るかもしれない。



Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



サラダ【さらだ】

おれっちはSPAMが完璧な女の部長が『これはいけるッ』とごり押しするぐらい大きな声で「グレートだぜ・・・億泰!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日6月22日もSPAM料理を作ることにした。
今日はボウリングの日ってこともあって、きゅうりとスパムと長芋でピリ辛炒めに決めた。
おれっちはこのきゅうりとスパムと長芋でピリ辛炒めに世界的に評価の高いぐらい目がなくて10日に10回は食べないと今まで聞いたことも無いスターライトブレイカーするぐらい気がすまない。

幸い、きゅうりとスパムと長芋でピリ辛炒めの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。スターフルーツさっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の絡みつくような白飯と、寒い剣崎辛長なんば、覚えるものが少ないから点数とりやすいスターフルーツを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに10等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を44分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのザクのような香りに思わず、「『覚悟』とは!!暗闇の荒野に!!進むべき道を切り開くことだッ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の絡みつくような白飯を首都高でF1レースするかのように、にぎって平べったくするのだ。
剣崎辛長なんばスターフルーツをザックリとぞっとするような明け方マジックする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く89分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せはれたような新党立ち上げするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらトマトのシンプルサラダをつまんだり、ライチサワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというジューシーな、だが、体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような・・・。
ちくりとするような旨さに思わず「私に向かってよくおっしゃる・・・。なぜオレを助けたのか聞きてえ!!」とつぶやいてしまった。
きゅうりとスパムと長芋でピリ辛炒めは安部元総理に似ている浅田真央のような鼓膜が破れるほどの大声で挨拶ほど手軽でおいしくていいね。


『コーラ』と言いたいところだが今回はコーヒーにしよう。








サラダを最近よく食べる。自炊生活が長いが、サラダのように意外と手間のかかるメニューは面倒くさがって今まであまり作らなかった。しかし貧乏生活が長引くにつれ(^^;)生野菜のボリューム感で胃袋をごまかさないとどうしても過食気味になってしまう。一応「ダイエット意識」中なのだが、肉体労働の悲しさ、「食わずにおれない衝動」をどうにも消せず(^^;)量はともかく総カロリーを減らすために欠かすことの出来ないメニューとなっているのだ。

さて、サラダには葉物野菜が必須ではあるが、冷凍の洋風野菜にするとスライスしたにんじんにカリフラワー、ブロッコリー、カーネルコーンなど、ゴロゴロした歯ごたえのサラダになる。きゅうりなどを加えるとさらに歯ごたえのある食感が楽しめる。ドレッシングもマヨネーズにポン酢を足したり、酢醤油にゴマだれを混ぜたり、特に市販のドレッシングを買わずともバリエーションを出して、マンネリにならないように気をつけている。

引用符のついた上記の支離滅裂な記事(^^;)は、記事の最下段にリンクがあるように「アフェリエイトつき日記ジェネレータ」という、インチキブログツールである(^^;)

アフェリエイトつき日記ジェネレータ

時々検索エンジンで「そのものずばり」のキーワードを含む記事があると思ってジャンプすると、上記のような「意味不明のweb自動翻訳ソフトで作ったような破壊された日本語のブログ」に出くわすこともある。これはその手のアフェリエイター御用達のツールで作成されたブログだったのだ。なので意味などありはしない。あわよくば「文中のリンクをクリックしてくれれば儲けもの」程度の何とも詐欺まがいのSEO対策済みアフェリエイトツールなのだ。

私を儲けさせてくれるなら上記リンクをガンガンクリックしてお買い物してほしいが(爆)そんなことはもとより期待していないので無視してもらって結構である(^^;)・・・ためしにクリックしてみたが「そんな商品は存在しない」そうだ。どこまでも人を食ったツールである(^^;)

こういう意味不明の文章を自動生成するツールを「ワードサラダ」というらしい。「言語障害」の意味もあるというから皮肉が念入りすぎる(苦笑)

しかし、政治ネタとも思える「安部元総理」や「F1」など意外とこのブログと相性がいいのではないか?とも思える。ネタに困ったときはまたお願いしちゃおうかな?(爆)



Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



最後の砦の一つ前【さいごのとりでのひとつまえ】

菅内閣不信任案は否決。菅首相にとって最後の砦の一つ前でようやくしのいだ。多くの国民は呆れ顔だろう。菅首相がダメだからといって「政治空白を生み出す事が最優先課題なのか?」という疑問は避けられない。国会戦術の応酬で協力関係が築けないからということで不信任案・・・他に方法がないのか?結局「足の引っ張り合い」にしか見えないんだが(^^;)

そんな政治局面的には穏やかでない1日はさらに穏やかでない話題が飛び交っていた。

「福島第一原発の安全装置は8年前に外されていた」原口氏が衝撃の告発

安全装置の一つを外すリスクを取っていたということだが、それこそ最後の砦を放棄したようなものではないか。IAEAもこれこそ評価対象にするべきことではないのか?この暴露情報が先なら先の調査団査察による「福島原発事故報告案」も少しニュアンスが変わったような気さえする。
原口氏の言う「核サイクルの欺瞞」とは、

じつはもっとヤバイ(河野太郎)

にも出ている、核の最終処分場が決まらないまま走りだしている政策で、中間処理も何もかも今後決着する見通しがないにもかかわらず、引き返すことができない最悪のシナリオを進んでいることを意味する。いや、今ならまだ引き返せる分岐点かもしれない。そういう意味でも「最後の砦の一つ前」と言えるか?「脱原発」に30年という時間的制約を設け、その間の原子力利用で発生する核廃棄物の総量上限を定めた上で対策に注力するならば、開発力に定評のある日本の企業群なら、予想より早く数々の対策やエネルギー開発技術を創出していくだろう。

ゴールを、目的を定めることで、努力のベクトルは集約され安定する。現政権のように「曖昧な言葉ばかりが宙を舞い、具体性を欠く」絵空事の詐欺師まがいな目標は目標ではない。為政者として「復興の青写真」を早急に定め、そのための法整備、緊急措置を矢継ぎ早に繰り出してこそリーダーシップと呼べるものだ。

スタンドプレーが好きなら、根回しなしに理想論を吹聴してもいいから(^^;)野党も巻き込んで「もっと実のある話」に纏め上げてこそ政治力ではないか。・・・まぁ、現総理は延命にしか興味がなさそうなので(^^;)次の人に期待・・・できないだろうなぁ(爆)

政治の信頼度という点ではもう「最後の砦の一つ前」くらいの危機だと思うのだが、よくこの国では中東のような反政府暴動が起きないものだなぁ(^^;)

携帯電話は原発より危険だ:池田信夫blog

池田信夫センセといえばNHK出身の経済評論家で、言論プラットフォーム「アゴラ」の主催者である著名人だが、どうにもこの取り上げ方は胡散臭い。何かの「引っ掛け」のような気もするし、大真面目で言っているなら池田先生も「携帯には弱い世代だったのか」(^^;)と少々ほのぼの感すら漂ってしまう。それとも巨額の義援金を出し、原発批判に回った孫正義氏への皮肉?(^^;)
というのも過去には

酒やタバコは放射線より恐い

と言う「反<反原発>」的な論調が最近見えるからである。すぐに排除可能なリスク(喫煙・飲酒・携帯)とすぐに排除できないリスク(原発)の同一視を批判しているだけならいいのだが、池田センセもやはし経済学者であらせられられられられられ・・・・(変な敬語を使うからロレツがおかしくなった(^^;))・・・るから、原発全否定はイカーン!とばかりに「原発も みんなで無視すりゃ 怖くない」あたりのキャンペーンに参加したのだろうか?(^^;)

IARC発がん性リスク一覧

なんてのもあるので一度見てみたらいかがだろう。この表のグループ1とグループ2(A・B)が実質的に発ガン物質として警戒すべき物質である。・・・しかしなぁ「太陽光曝露 (Solar radiation)」って「日焼け」でしょ?(^^;)洗車係で日中10台以上を洗車する私の場合、約2ヶ月の勤務で「土方のおじさん」なみに日焼けしちまったんだが、これって100ミリシーベルトよりやばいの?(^^;)

まぁ、私も今更、退職するわけにはいかないのでこのまま「日焼けがんリスク」を受け入れます。しくしく(ToT)

酒タバコをやりながら海辺で日焼け、しかもそれを福島原発20km以内の海岸でやればどれほどのリスクになるんだろう?(爆)

日差し

JUGEMテーマ:社会の出来事


Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



櫻の園【さくらのその】

絶好の花見日和となった日曜の午後。カメラを提げて恒例の「桜狩り」。まずはいつもの団地の斜面から。満開だとここで十分と思えるほどのボリューム感。花見の家族が写り込まないように撮影するのに一苦労(^^;)

桜1

桜2

アングル的には昨年までの分と変化がないので(^^;)今年も佐保川へ。去年より撮影ポイントを2kmほど下流へ移動したが、ほぼ全域で圧倒的な桜の密度はさすが。

桜3

桜4

桜5

桜6

桜7

やはり桜は「癒し効果」が高い。道行く家族連れは、いや、今日は犬連れが多かった(^^;)トイプードルにミニチュアダックス、チワワにパピヨン(?)どうせなら柴犬も見たかったが(^^;)・・・そこかしこで「躾の甘いわんこ」のガン飛ばし合戦が見られた(爆)

桜8

桜9

桜10

桜11

佐保川には河川敷を利用した小さな公園がところどころ作られていて水面に近いところまで降りていける。散った花びらが「まったり」と流れていく。穏やかな風と相まってなんとも至福の時間が得られる。・・・とあって、人出もいつもの10倍はいそうな勢い(^^;)・・・実際撮影時の周辺も道路や岸に人が溢れて、それぞれにカメラや携帯を桜に向ける大賑わい。もう少し余地があったら確実に「屋台」や「出店」が並びそうだが、観光地ではない奈良市民の桜の名所に、観光地並みの商業主義は不要だ。そういえば昨年だったか、竜田川流域の「ちょろっと桜が何本か並んでいる公園」に「たこ焼き」の屋台が1店だけ出ていて思い切り笑った記憶がある(^^;)ものすごくみみっちく、わびしく見えてしまったからだ。あれなら絶対無い方がマシ(^^;)

佐保川流域の桜並木は大阪天満の「造幣局の通り抜け」に負けないと思うが、妙に派手派手しい無粋な露店はここには似合わない。

桜12

桜13

桜14

桜15

桜を愛でるのも、あまりに人が大勢ではその空気に浸る気が薄れる。明日、月曜の午後にでももう一度足を運んで「少ない人出の桜並木」を楽しむことに決定(^^;)帰路についた。

最後の1枚は佐保川ではないが、阪奈道路を奈良方向に走って学園前インターにさしかかると見える、奈良への来訪者を迎える「ウエルカムメッセージ」。せんとくんよりも「シカとしめようシートベルト」の交通標語オヤジギャグがまぶしい(^^;)

オヤジギャグ愛好者の方は車での奈良観光をおすすめする(^^;)

JUGEMテーマ:日常。


Posted by soup2001 | comments(2)  trackbacks(0)



サイズ【さいず】

私の足のサイズは23.5cmである。偉そうなことばかり書いてるので、上から目線が染み付いている図体もでかい木偶の坊(でくのぼう)をイメージしている方もいるかも知れないが、実は私は低身長な男なのである(^^;)
だから偉そうなことを人に対して言っていても、大抵の場合は上目遣いだ(爆)

今のパート先には若い女性も入っていて、可愛らしい話し方をすることもあり、大学生だとばかり思っていたが、実は案外見た目より年令が高く、しかも人妻という「人は見た目じゃわからない」女性がいる。そしてその彼女にあるとき

「足のサイズどれくらいですか?」といきなり聞かれた。
「23.5やけど?」
「わ〜、やっぱり〜。いいな〜ちっちゃくて〜」
「(想定外の質問&リアクションに少々引きながら)なんで?」
「私。25.5もあるんですよ〜」
「へー、逆やったら丁度ええのになぁ」
「ですよね〜」

以前言及した「もやし兄ちゃん」の1才年上の彼女は、やはり今時の人らしくスラっと長身で細い。そして日本人特有な「豊満とは言えない」タイプの可愛げのある女性だ。だから実際よりも若く見えるのだろうが・・・なぜか足だけ「男の子並にデカい」のがコンプレックスだと言う。

年齢的に言っても、彼女くらいの娘がいてもおかしくない私には彼女の悩みが「可笑しくて」しょうがなかった。もちろん私が男であり、私の中学・高校の頃の悩みは「女の子並に全部のサイズがちっちゃい」だったからもある(^^;)
しかし見事な裏返し。性差も年齢差もコンプレックスさえも(^^;)

私が男として人並みのサイズを持っているのはウエストサイズくらいのもので(^^;)胴囲約90センチ。見事なくらいメタボなサイズ(^^;)そのためダイエットを志すも、体重の加減は一定の数値でストップしたままピクリとも減らなくなった。肉体労働のパートに出ているため食べないともたないせいもあるが、わずかに減らしたい量が減らせない。みごとに現状維持パターンに嵌ってしまったのである。

ただし「男の標準」なのは横方向のサイズ(主に「太さ」系)で、縦方向のサイズ(主に「長さ」系)は相変わらず女子並みの貧弱さである。このようなアンバランスな体型が子供の頃から程度の差はあれ続いているのでいい加減慣れてはしまったのだが、やはり既製品の服が「そのままジャストフィット」することはまず無い(^^;)

トップスの場合、肩幅ぴったりでも袖は長すぎ、2回は袖を折って丁度いいくらいになるし、ボトムズの場合も、デニムを3本買ったら、裾上げカット分でもう1本デニムが作れるくらい生地が余る(^^;)なので、私にとって一番喜ばしいサイズはF(フリーサイズ)になる。

パート先でも制服を着る必要があり、支給品のサイズを聞かれて一瞬返答に困る。「大は小を兼ねるであろう」という思いで「L」と答えると、相手は必ず私をチラ見して一瞬間を置く。「L」ですね。と「ル」の方を強く発音して「エム」でないことを確認する。

ええ、そうですそうです。こう見えてもわたしは横方向に関しては どが付くくらいの「L」 「どL」です!ただし、縦方向に関しては見た目通り、どが付くくらいの「S」「どS」なんです!と、多少キレ気味に声を荒らげて主張したくなるのをぐっとこらえ、ヘラヘラ笑いながら「見た目よりは太いので」と頭を掻きその場を取り繕う。

脳内では どL≠どM・・・当然≠どSと、サイズ以外のニュアンスを含めた妄想がぐ〜るぐる回る(^^;)


画像元:Probash Kantha

性格的にはSもMも織り交ざったややこしい性格だと思うのだが、本人としてはいたってN(ノーマル)のつもり、「どN」を主張したいのだ。

でもやはり自分にジャストフィットな「既製品」の服というのは少し憧れだ。なおかつ紳士用靴売り場で23.5cmのサイズが買えるならこれに勝る喜びはない。普段は人目を気にしながら婦人靴のウォーキングシューズ系で通勤用の黒革靴を探すしか無いのだ。
カジュアルな靴でもそれは同じこと。ピンクや水玉のポップな柄入りの販売コーナーには絶対近づかない。「婦女子の靴を好むフェチ」に間違われる恐れがあるし、ヘタをすると「見かけによらない女装趣味の持ち主」に思われるのはまっぴらだからだ。

ああ、誰か「変則サイズの既製品」を作ってはくれないだろうか。太さが「L」で長さが「M」な既製服。
そして胴回りが90で裾を最初から12cmカットしてあるデニム(爆)

この変則L〜MなN(ノーマル)の既製品。あったら私は絶対買う(^^;)

JUGEMテーマ:日常。
Posted by soup2001 | comments(4)  trackbacks(0)



三人寄れば亡者の知恵【さんにんよればもうじゃのちえ】

スポーツ以外は相変わらずパッとしない日常である。検察不祥事では、まるで黒澤映画の「羅生門」ばりに真っ向から対立する法廷闘争に一般の素人はもう「口を開けたまま呆れるほかはない」(^^;)
双方の言い分に関してはどちらもありうる話としか思えず、それでもまだ見えない「裏の裏」が隠れているのではないかと、今更誰も信用できない心持ちだ。

元々は裁判証拠を改ざんした事実をどう「覆い隠すか」の話で、3人の検事が「地検としての思惑」で行ったことなのだが、もうちょっとマシな知恵はなかったのか?(^^;)
社会正義の守護神たる検察がこの有様では、全てが虚しい。この国にもはや正義はない象徴のような事件だ。大体「三人寄れば文殊の知恵」と言うが、国立大学を出たエリート検察官のこいつらの持っていたのはどんな知恵なのだ?(^^;)

信用できないといえば、ちょっと前のニュースだが、これまた脱力系の話。

もんじゅ燃料交換用のパイプ脱落=もんじゅ、回収作業へ−原子力機構

8月にトラブルでまた止まったもんじゅが、さらにひどい状況に陥っているらしい。


もんじゅ装置回収中にトラブル 原子力機構、作業中断

(右の画像の元記事)

ダメだこりゃ(^^;)

なんともはや、お粗末な設備だ(^^;) おおよそ「高速増殖炉もんじゅ」と聞いて「問題なし」のイメージは全く無い。事故ばかり起こす不良設備、日本が世界に誇る最大の失敗作、究極の金食い虫・・・でしか無いと思えるのだが・・・


高速炉もんじゅに出た『生殺し』死亡宣告


どうやら日本はとんでも無い「疫病神」を産み出してしまったようだ。ここへ到るまでの決定や判断に問題がなかったとは思えないし、そもそも日本がなぜ高速増殖炉を開発しなければならないのか?核燃料の再利用だけが目的なのだろうか?

でんきの情報広場:高速増殖炉

ここの解説が今後どう改定されるかが楽しみだ(爆)

各国が開発を諦めたにもかかわらず現計画では2050年以前を目標に開発を継続するらしいが、現状ではタダの金食い虫でしかなく、これから先ン十年も莫大な予算を食いつぶした挙句、まったくモノにならない可能性まである。

現状の科学技術であまりに困難であるなら、一時撤退し基礎研究だけを続けていくべきで、事故を起こした「もんじゅ」を如何に無害化し廃棄するかに注力すべきだ。

それとも誰か三人以上の知恵者を集めて名案をひねり出すとでも言うのだろうか?(^^;)





JUGEMテーマ:社会の出来事


Posted by soup2001 | comments(2)  trackbacks(0)



サクラスイッチ【さくらすいっち】

3分咲き

ようやく春らしい穏やかな午後だった。花もそろそろ咲き始めたが3分から5分咲きと言った感じ。次の日曜か来週の水曜までが花見にいい頃だろうが、その間には雨が来る。なんとか1日でも長く華やかな桜の季節を味わいたいと願うものの、多くは名残を惜しむうちに桜は去ってゆく。・・・人の世の別れと同じように。

別れと出会いの季節でもあるこの時期、明日は「エイプリル・フール」という悪い冗談のような日を挟むのは、私としてはいいのだが日本の情緒感は全く無い(^^;)とりあえず、明日は何を書いても嘘だと思われるだろうから(爆)今のうちに紹介しておこう。

サクラスイッチ

サクラスイッチ

見せ方がちょっとお洒落な「格言サイト」の一種だ。KDDIのスペシャルサイトだが、KDDIと言えば携帯ならauだ。この間の「いーだこーりんぐ」と言い、なかなかお洒落なサイト企画をしてくれる企業だ。
数ある「サクラスイッチ」の中から私のチョイスは・・・

「人生は短く、金は少ない」ベルトルト・ブレヒト(ドイツの詩人:作家)

いや〜わかるわかる(爆)もう50の坂にまでたどり着いてしまった。子供の頃は自分が40代以上の年齢になることなど全く想像できなかった。大病をしたわけではないがさほど丈夫な方でもなく、体力も無い方だったので恐らく40を過ぎる頃にはくたばっている事だろう(^^;)・・・と思っていた。実際20代から30代中ごろまでは、今考えても「自分のような人間にしては良くやれたなぁ」と思うくらい仕事漬けの日々だった。体力が無い割りに「しつこい性格」(爆)が功を奏し、「タフネス」と称された時期もあり、私は自分を過信し、40代過ぎについに体は悲鳴をあげ始めた。それで頑張れるのがホントに丈夫な人なのだろうが、もともと「体力の無さとヘタレ」には自信を持っていた私のこと(爆)一気に健康不安は顕在化し、自信も体調も最低レベルにまで落ちた。

さほど稼いでいたわけではないが、その薄給までも稼げなくなったとき、いよいよ年貢の納め時かと思って、言わば「自分の最後の死に場所を求めて転職を考え始めた」のが4年前の今頃だった。

なのにただ貧乏に拍車がかかっただけでとりあえず存命しているし、ダイエットをするやら禁煙するやらで以前より体調は良い(爆)

おかしいなぁ・・・もうそろそろドカンと大病やらかして自分の死期をはっきり意識しながら燃え残った命の日々を静かに燃やしている・・・はずだった50代は、運動能力や抵抗力はともかく、今のところ順調である(^^;)まぁ、無理が出来ない性格な分、ギリギリの線で耐えられたか、余計に負荷がかからず体には良かったのかもしれない(^^;)

とまぁ、なんとも情けないこれからの人生「無設計」なのだが、それでもまだ与えられた命の時間があるとは言え、人生は短いと思える。今からどこまでいけるかは分からないが区切りの大台に乗った今年、私の「どこかに残っている未開発の」スイッチがあるなら、押していかねばなるまい。それにはふさわしい「格言サイト」ではある。

ただ、スイッチを入れたとしても、「それが」始動できるかわからないのが気がかりだが(爆)

JUGEMテーマ:お花見&桜


Posted by soup2001 | comments(2)  trackbacks(0)



サクラの桜【さくらのさくら】

きっさまっとおっれっとぉーはー、どうきのさっくっらっ♪

なんて昔の軍歌ではないが、桜の季節の訪れである(^^;)まだ咲き初めの蕾の中からちらほらと白い花びらが顔をのぞかせていた今日(正確には昨日の日曜)気温はまた下がり「花冷え」の感じで「花曇り」の天候。

せめてもの気分で↓のようなブログパーツが配布されているサイトを発見。(クリックでそのサイトへジャンプ)



マジック桜かと思えばネットショップでは→のような「マジック桜」などという商品も出ている。面白いが本物の桜の季節に合わせて売れるものなのか?(^^;)

確かに受験生には縁起物として重宝されそうだが・・・売れたのかなぁ(爆)もし今年、天候に恵まれず花見をしそこなったら代替「桜」としては使えるかも?

まぁ、ブログパーツも、マジック桜も本物じゃなくて「サクラ」ってことで・・・そゆこと。(爆)



Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



錯覚【さっかく】

山崎前社長(合成)JR福知山線脱線事故の事故調査委員会関連の不正では、役人企業らしい「隠蔽体質」や「親方日の丸的裏でこそこそしている典型的役人根性」が白日の下に晒されただけでなく、事故調査委員会の人選や信頼性まで地に貶めることになった。やはり腐っても元国鉄。元国営企業。民間では考えられない赤字を垂れ流し続けたあげく、サボタージュ・不正の巣窟と化し、国民の大批判を受け1987年に民営化されて20年を経てもなお、国民や利用者への不実な態度は変わっていない。

私など子供のころに持った国鉄職員のイメージがいまだに抜けない。抜けさせてくれない(^^;)尊大で傲慢、客を上から見下ろすような態度で乗車券の検札に回っていた
この上なくえらそうな車掌の顔を私は今でも覚えている。<執念深い奴(爆)
上位者には弱いが下位または客には非常に高圧的な態度をとっていたのが子供心にも鮮烈に焼きついているのだ。たまたま極端な例を見てしまった(と思いたい)わけだが、これが私の国鉄=JR職員を見る上でのフィルターになってしまっている。
こいつらは無礼が基本。サービスなど期待しないし、愛情も持たない。もちろんしてもらった行為以上の感謝など絶対に表明しない。そうしないと何かあるごとにものすごく不愉快な思いをするからだ。

衆人環視の前でこそ平身低頭、猫を被っていても、裏に回ればコネを最大限利用して情報収集や報告書の改ざん工作するあきれてものが言えないような行動の根っこは全て、子供のころに感じた上記の旧国鉄職員と同じものなのだと確信してしまうのである。
それにしても依頼する方も依頼する方だが受ける方も受ける方だ。この連中には責任ある立場の自覚も、それに求められる潔癖性も、社会正義も、被害者への配慮も全く無い。あるのはただ、自己保身と責任回避、無責任と予定調和のバランスを取ることのみ。「真に事故をなくそうとも思っていない」し、「真相などどうでも構わない」と思ってるとしか思えない。
こういう連中こそが本当の亡国の徒だ。

所詮、国民や利用者というのは役所における「納税者」と同じで、尽くす対象ではなく搾取する対象でしかないのだろう。そういう精神風土・構造があればこそ、こういう不正が平然と行えるわけだ。彼らの感覚は我々庶民からすると「人のもの(生命・財産)を自分のものと錯覚している」と考えられるのだが、こうも悪びれず淡々と「遺憾の意」あたりで逃げおおせる状況は、ひょっとしたら錯覚してるのは我々の方ではないかと思ってしまう。

国家とは、一部の支配階級の持ち物であり、決して主権者として謳われている国民のものではない・・・なんてね(^^;)

もちろん、一部の支配階級はこの民主国家のような法治国家だったりする日本でも存在し、多大な影響を及ぼし続けるのは間違いがない。が、例え建前であっても主権者が国民である以上、公僕たる役人やもと国営企業の人間なら、他の一般民間企業と同様、良い意味で国民に媚を売り、へりくだりつつしっかり利益を取ればよいのだ。

それがいまだに「国民を小馬鹿にしている」ようなこう言う不正とそれの根本にある腐れ根性は、JR自体を大手私鉄にでも払い下げない限り無くならないのかも知れない。こんな腐れ役人級石潰し経営者こそ無駄な存在だ。民主党さ〜ん。すんごく馬鹿デカイ無駄がありまっせ!(爆)

民主党政権になった今、新旧経営陣の粛清や追放だけでなく、完全なるJRの民営化を進めるためにも、私鉄に分割払い下げて余計な役人的職員やその予備軍を追放するのもひとつの方法かもしれない。

無駄といえば最近よく話題に上るのが「八ッ場ダム」だが、経緯を見ると事業計画自体がもはや化石級の無駄であり、官僚や一部業界人の利権を守る以外の何の効果も期待できない点では、マニフェストどおり中止し、それに伴う補償などの整備を進めた方が早いだろう。計画を推進したところで移住村民の代替地など補完事業は大して進んでいないも同然なので、今更声高に国にたてついている地方自治体の長こそ何か勘違いしているように見える。

結局おまいら金が欲しいだけだろ金が!

八ッ場ダム(ウィキ):政権交代による事業計画の転換

さらに【親方日の丸な人々】八ツ場ダム問題は省内人事で解決を見れば、どっちにしたってものすごくくだらない「役人の都合」で国民が迷惑を受けていただけだったという構図がとてもよくわかるのだ。大体ものすごく反対運動が強力だった地域、今回の結果で移住せずにすんで(複雑な思いはあろうが)むしろ喜んでいるのではないのか?地方の負担分の返還を求めるのは当然としても、「いったん決めたことはどれだけ無駄なことであろうと最後までやれ」と聞こえるのはいただけない。国の都合に振り回されて面白くないのはわかるが、それに依存するしか今は無い以上、国の決めた超長期計画を撤回する場合の補償に関する法整備をこの際行えば良い。そしてそんな税金の無駄遣いに対して計画の必然性に検討を加えなかった官僚の職務怠慢や計画に担当責任を負ってもらう法律も必要だ。

おっと、公的な事故調査委員会などに選ばれた人間の「不正」に対する罰則(刑事告発)も立法化する必要がある。新政権はいろいろ忙しいねぇ(^^;)

民主党のやることが「今までと違う」と言って怒っている諸君。錯覚するのも仕方ないかもしれないが、政権が変わったのだ。今までとは手順も行程も変わるのだ。いくら主権者である国民であっても、「自分に都合のいいところだけ以前のまま」というのはあまりに虫が良すぎる。それでは、山崎前社長と事故調査委員会の不正や八ッ場ダムの利権を失いそうになって慌てて新政府に食って掛かる守銭奴と変わらない。

我々が声を上げるのは、現政権が国民を裏切ったその時だ。まぁ、あの自民党でも60年ほど声を上げなかったんだから・・・日本国民というのはホントに辛抱強いとは思う(爆)さすがに最近は気の短い辛抱の足りない国民が増えたとは思うけどね(^^;)

JUGEMテーマ:社会の出来事


Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



彩雲【さいうん】

青雲 それは君が見た光 僕が見た希望

青雲 それはふれあいの心 幸せの青い雲

青雲

詞・曲:森田公一


じゃなくてぇ(^^;)↓彩雲


虹色?

画像は今日の夕方近く、ふと空を見上げて気がついた異変を撮影したもの。PCで色を強調するためにコントラストを強くした。いわゆる「虹」とは思えないのだが、虹色のようなものが空を染めているのがわかるだろう。

考え付くのは水蒸気か何かがある程度の濃度で発散し、上空で「虹」のように光を屈折させたもの・・・というのだが、今までこういうものを見たことは無い。

調べてみると彩雲(wiki)ではなく、環水平アーク(wiki)と言うものだったようだ。

綺麗な環水平アークは↓にたくさんある
県立ぐんま天文台

こういう珍しい現象は普段起こっていてもなかなか気がつくことは少ない。デスクワークなんかしてるとなおさらである。それだけに今日はちょっとだけ「得した気分」になったのであった(^^;)

JUGEMテーマ:日常。


Posted by soup2001 | comments(2)  trackbacks(0)



さらば森田と言おう!【さらばもりたといおう!】

ヨシカワくん!だぃたぁいキミはだなぁー!

森田健作なんていうフレーズを物まねしたのははるか昔。どう考えても30年くらい昔だ(^^;)あのころ森田健作は青春ドラマのスターでヒーローだった。正直で直情型の男らしい高校生を演じて、それまでの七三分けからセンター分けの髪型を一気に主流にもって行ったような記憶がある(^^;)もちろん森田健作以前にミュージシャン(ニューミュージック〜フォーク系)の歌手などが既にセンター分けになっており、それなりに普及していたと思うのだが、いわゆる「男前」「アイドル系」の芸能人の中でも、比較的早い時期にセンター分けの代名詞になったのは森田健作だったように記憶している。

なにより彼こそ「男性版直毛さらさらストレートヘアーの元祖」だったと言えるのだ(爆)

何を隠そう、小学校高学年から剣道道場に通い始めた私が中学に上がっても部活で剣道を選んだのはこの森田健作のドラマによるところが大きい(^^;)
奈良市は当時剣道(をはじめとする武道)を奨励していた。当時の市長が剣道の有段者であったし、おそらく全国的にもブームだったと思う。そんな事情で私の住む町にも少なからず町道場があったのだ。暴れん坊の子どもを思い切り暴れさせるいい場所を親も見つけたと思っただろうし、森田健作のような好青年に育ってくれることをこっそり期待もしただろう。


ああそれなのにそれなのにっ!(爆)


今回の選挙。法的に問題はなくとも、「法の抜け穴を突き、詐欺まがいの弁舌で知事の座を盗み取った」感は否めない。釈明会見やニュース映像で流れる森田健作には、もはやかつて演じたドラマの主人公のような「正義感に溢れ、誠実な人間性」は微塵も感じられない。高い声で話し、二枚舌を使い、分け目も七三か八二に変わり(爆)、非常に無責任かつ軽々しい「男らしさ、若々しさを履き違えた醜悪さ」しか見えてこなかった。元気の良さをアピールする演技だったとしたら、「とんだ大根」である。あの若々しく輝いていた日の姿はもはや「遺影」となってしまったのか。

もちろんかつての演技のイメージをひきずったのは有権者の勝手だが、利用したのは確かだし、まったく悪びれたそぶりのなさに至っては人格の問題としか思えない。かつて主役を張った若者が役者としてはその後恵まれず、歳相応のスタイルを確立しないままに政界へ転じたのは「主役」へのこだわりか、「勘違いしたままの正義感・使命感」だったのかもしれない。
政治家になりたい人ではあったのだろうが、少なくとも私には政治家として「まともな仕事」は期待できないと思う。

せめてもの救いは千葉県民がこの事態に告発を行ったことだ。法的責任を取らせるのは難しいようだが、県民の監視が強化されるのは間違いがないだろう。森田知事もスタートでミソをつけた以上、よほど評価される仕事をしないと次は誰も信用しまい。

だから「♪雨の降る日を待って、さらば森田と言おう!」(爆)
Posted by soup2001 | comments(8)  trackbacks(0)



桜吹雪【さくらふぶき】

実に爽やかな日曜の朝。桜が終わろうとしているので慌てて外へ。 やはり満開を通り越して5分から7分の咲き具合散り具合(^^;)

桜1
桜2
桜3

桜のトンネル(回廊)も薄緑の若葉の色がチラホラ見える。そして風が吹くたびに、パーッと広がる桜吹雪。

桜5
桜4

画質が悪いが動画も撮ってみた。





ピアノの旋律などが似合いそうな軽やかで儚げな桜の舞いだ。
今年はもう今日あたりが千秋楽か。再演はこの場所で、また来年。

JUGEMテーマ:お花見&桜
Posted by soup2001 | comments(2)  trackbacks(0)



サンデーモーニング【さんでーもーにんぐ】

日曜朝のTBS系列でやっているニュースワイド番組である。司会が関口宏という温和に見える策士(^^;)がやっている点で、朝日系列のサンデープロジェクトとは一線を画する。あちらは鋭い刃物に見えるなまくら刀、田原総一郎が仕切る、センセーショナルに演出している「提灯番組」だけに、私はサンデーモーニングの穏やかの中に潜む影が垣間見える快感に時折打ち震えるのだ(嘘)

白状すると、少々あざといしモロ提灯<太鼓持ち>番組の癖にしっかり業界の裏話や「儲かる理由」が分かりやすい経済番組である「がっちりマンデー」を見たいが故に、早起きしているだけの話で(^^;)正直惰性で見ているサンデーモーニングの前半部分は良く寝ている。
親分と張さんの「渇!」「あっぱれ!」でなんとなく正気に戻る「日曜の朝=サンデーモーニング」なのである(爆)

予想ネット:【TV】親分&張さん、今週の辛口コメント
まぁ、平和ボケ日本らしいサイトというか問題と言うか、まぁ私も基本的に似たようなことはしているのでこれ以上は批判しない(^^;)

しかし、「サンデーモーニング」というこの番組名、なんちゅう芸のないネーミングか(^^;)
それでも最近のお気に入りは、ニュース解説の「夏休みの宿題ノリの手作り解説フリップ」なのだ。「欽ちゃんの仮装大賞」とか素人参加番組の素朴感と当たり外れの大きいサプライズがなんともイイ。

そんな微妙にイタさのあるニュースワイドには例によってコメンテーターが必須である。本来門外漢であるはずの問題でも、大した知識を持っていなくても何かしらもっともらしいことを言わねばならない辛さは、常人の想像を絶するものがあるだろう。
見慣れた「ほぼレギュラー」コメンテーターを前にネタをふる関口さんをみてると、

「文化人笑点」「ニュース大喜利

のように見えてくる(爆)

日本テレビで夕方に関東の噺家がやってる番組と一番違うのは、コメンテーターが如何にバカなことを言ってても、「気がつかない危うさ」だろうか(^^;)
今週の番組内でも「不可解な謝罪」が流され、なんのこっちゃ?と思ってその夜検索を入れてみると・・・

サンデーモーニングの意味不明なお詫び



上のブログに貼ってあったYoutubeをココにも貼っておくことにする。

いつものレギュラー陣とは一味違う人が来ていたため、彼にしては「リップ・サービス」のつもりで「裏ネタ披露」のつもりだったのかもしれないが、もう少し発言のバックボーンまで含めて「噂」「怪情報」の類の話として出していれば、翌週分けの分からない謝罪を聞かされることにはならなかったと思う。
この手の「失言」はやはり生中継のリスクとして含まれなければならないだけに、コメンテーターには「限られた時間内に全てを話す」恐ろしく有能な解説能力が要求されるわけだ。

今週も「不法入国で長期滞在した両親が娘一人を残して国外退去」という部分では、同情論や感情論を押し出した女性教授?が「閉ざされた国」発言をしていたが、さすがに私にもこの言いようは「違うだろ」と思うものがあった。
後処理としての救済策を論じるならともかく、犯罪行為によって不法に入国した人間を排除するのは世界共通の常識である。既成事実があればどんな不法・無法も許される訳では無いのだから、けじめをつけるべきところで一度決着を付ければいいだけのこと。少なくとも私には、支援団体や国際組織の支援を受けている「幸運な人」にしか見えないわけだし、娘に辛い思いをさせた責任を本来負うべきは親なのだ。
まぁ、再入国への許可に関しては寛大な措置を期待する点で私も同じなのだが。

それにしても「ニュース内容を捏造」「不適切な発言」はサンデーモーニングだけの話ではない。日本テレビでは嘘を見抜けず誤報を流した挙句、社長が引責辞任をする始末である。日本テレビといえば関西では読売テレビの系列だが、関東には絶対にネットしない宣言をしている「たかじんのそこまで言って委員会」という番組は録画である。なのでやばい発言は<ピー>が入る。過激な論戦も最後はボケと突っ込みでオチに強引に持っていく手法で他のディベート風番組と似てはいるのだが、どこかに救いがあるように感じている。

所詮は「落として終わるディベート」だから出演しているコメンテーター(パネラー)も極めてリラックスして「言いたいことを言っている」(^^;)もちろんカットされることも期待しているためであろうが、どのみち生でない方がバラエティとしてはまとめやすく完成度が上がるのであれば、サンデーモーニングもあと1時間収録を早めて、1時間の時差中継で危ない文言をカットしたり修正する時間的余裕を取ってはいかがだろうか。

どうせ報道番組とは言えないし、私もそうは思っていないのだから本気で御検討いただきたいのである(^^;)

それより今日一番笑ったのが↓である。

【楽天市場】サンデーモーニング お詫び の検索結果:通販


そりゃないだろ、普通(爆)どういう具合でこんなところに検索が入ったのかは分からないが、謝罪映像集とかまさかDVDになってたりしないだろうな(爆)
Posted by soup2001 | comments(4)  trackbacks(7)



覚めない悪夢は性質の悪い現実【さめないあくむはたちのわるいげんじつ】

気がつけば禁煙して早2ヶ月が過ぎようとしている。特に「どうしても吸いたい」というのではないが、何気ない瞬間「一服やりたいな」と感じることがある。おそらく長年の習慣で「こういう時(タイミング)の一服が非常に美味い」と体が記憶しているからだろう。

そして先日ちょっと意外な瞬間が訪れた。
ふーっつ・・・と吐いた息がもうもうたる白煙を伴った。口腔や鼻腔を刺激する独特の香りと刺激。「あっ!」ふと左手を見ると、中ほどまで燃えたタバコを持っている。「え?しまった!吸っちゃった・・・止めていたのに・・・」少しうろたえながら、久しぶりのタバコ(ニコチンとヤニ臭さ)の余韻に浸っていたが、おかしい。タバコを買った記憶も火をつけた記憶もない・・・と思いつつもう一度タバコをくわえようとした途端、目が覚めた。夢だったのだ。

出来の悪いフィクションさながらの「夢オチ」だったが、覚醒した私は「禁煙破り」が夢の中の出来事だったことに安堵すると共に、習慣性・依存性の強さに改めて驚いた。
おそらく「タバコを吸いたいという欲求」というより、最近感じることのなくなったニコチンからの作用を身体が懐かしんでいる様に思えた。頭が欲したのでなく、純粋に身体が反応した。なんとなく酸味の強い物を食べていないことを思い出し、梅干を想像して唾液が湧く様なものだ。

タバコ画像は素材集にあったタバコのイメージ→
絶対に私は吸ってないからね(^^;)

これからも何度かはこんな夢を見るかもしれないが、もう驚きはしないだろう。夢の中にいながら「これは夢だ」と自覚できる瞬間があるように、かつて喫煙を習慣として受け入れていた時は「長い悪夢から覚めずにいたようなもの」だろう。
目覚めた今ならあれが非常に長い悪夢だったことがわかるが、悪夢であることを気づかずにいたならそれは「とても性質の悪い現実」でしかない。そこらじゅうが停滞し、閉塞感でがんじがらめになっても脱出も開放も得られない。それが例え「悪夢」だったとしても夢であることに気がつかなければ、「悪夢のような現実」なのだ。なんでも「物は考えよう」なのである。


政治もいつかは変革の時を迎える、景気もいつかは回復し好景気の時を迎える。今が悪夢の時ならば覚めるのを待つしかない。覚めた時に何をしたいか考えておけば、悪夢の毒に心まで害されることはない。・・・それにしてもこの政権もこの景気も寝覚めが悪そうだよねぇ(爆)
Posted by soup2001 | comments(3)  trackbacks(0)



錆【さび】

「身から出た錆」という言葉があるが、悪行ならずとも普段の行いによっておのずと生じる結果・・・つまり生活習慣病を表現した場合、自戒を込めて言うときなどに良く使われる。中川前財務・金融担当大臣も会見前や仕事中の飲酒は常習らしいから正に「身から出たさび」。一体何様のつもりなのか知らないが、仕事や国民を舐めるにもほどがある。

まぁ世界に向かって日本の恥をさらしてくれた御礼に私から画像をプレゼントしたい。
まぁまぁ遠慮はいらないから(爆)

中川<酔っ払い>財務・金融担当前大臣

生活習慣病という言葉は、何も人間の健康面だけの話ではなく、ある意味「生活態度全般」に言えることだ。怒りっぽい人や、やたら世話が焼ける(それも迷惑を掛けているのに態度を改めない人・反省が無い人)は周りから敬遠され、コミュニケーションが自然と疎遠になって孤独な生活環境を生成しやすい。
もしくは、普段からいい加減なことばかり言っている人は信用されず、味方を作ることが出来ない。あるいは露骨に排除されることがあったり、相手にされなくなる。

また「生活態度が劣悪なために仕事の成果が出てこない病」と言うものも確実にある。
それは被雇用者の場合は、企業の課すノルマが苛烈すぎたりして本来あるべき就業倫理が守れない時などである。早い話が企業のトップや社員が偽装や偽物・詐欺的行為に走るときは「病的」になっており正常な判断が出来なくなっている。

事が露見すれば取り返しのつかない信用失墜を起こし、生存権すら危うくなるのにそのリスクを軽視する。まさに身から出た錆だ。中川前財務・金融担当大臣や彼を閣僚に起用していた麻生内閣全般に「錆」が噴出している状況はもはや目も当てられない(^^;)

麻生氏も欲をかいたのか自信があったのか、就任直後に当初の予定通り解散しなかったためにいろんな無理・矛盾が表面化し、もはや何を抗弁しようが効果はゼロ。国民に見切られているため、官僚はおろか国民にも相手にされなくなってきては、何を持って国民の代表と言えるのか根拠が存在しなくなっている。

2/3議席を取った小泉元首相にまでいちゃもんを付けられるあたりは「趣味の悪いギャグ」のようでもあるし、小泉氏の器量の大きさも良〜く見えた気がする(^^;)

いや〜・・・もう何でもいいからとにかく早く解散しろっての!(爆)
Posted by soup2001 | comments(4)  trackbacks(0)



S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>



目次&ランダムピックアップ
現代用語のクソ知識の目次

当ブログの目次(管理人のオススメ一覧)です。かなり古い時事問題に関する記事もありますが、当時を思い出してご覧いただけると幸いです。

2017年5月分よりtwitterまとめエントリを自動投稿するように設定しており、通常エントリが遡りにくくなっているため、通常エントリだけの目次を下記においておきます。

2018年11月の通常エントリ
2018年10月の通常エントリ
2018年 9月の通常エントリ
2018年 8月の通常エントリ
2018年 7月の通常エントリ
2018年 6月の通常エントリ
2018年 5月の通常エントリ
2018年 4月の通常エントリ
2018年 3月の通常エントリ
2018年 2月の通常エントリ
2018年 1月の通常エントリ
2017年12月の通常エントリ
2017年11月の通常エントリ
2017年10月の通常エントリ
2017年 9月の通常エントリ
2017年 8月の通常エントリ
2017年 7月の通常エントリ
2017年 6月の通常エントリ
2017年 5月の通常エントリ


↑上のボタンを押すと、ランダムにエントリを表示します。
もしもエラーページが出たら、ごめんなさいm(_ _)m「戻る」ボタンでエントリを表示するまでお試しください。

言い訳ページはこちら(^^;)
---------------------------------
ブログパーツ

---------------------------------



ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ


マウスコンピューター/G-Tune

 RSSリーダーで購読する

Profile
Archives
Recent entries
blog parts
Links
tools
Categories
Mobile
qrcode
Sponsored links
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
このblogのfeedburner