ブログパーツ

本当というバランス【ほんとうというばらんす】

数日前、ネットで衝撃的な動画を見た。それが↓



見たものをそのまま翻訳!Googleのリアルタイム翻訳が凄かった(動画):らばQ

まずは動画を。スマホを持ってるなら即ダウンロードして自分の身近にある英文字にかざしてみればいい。

私も即ゲットして家の中から外出先で色々「翻訳カメラ」の映像を楽しんだ(^^;)傍目には「ポケモンGO!」をやってるように見えたかもしれないが(爆)このモンスター級の翻訳の嵐ははっきり言ってゲームよりも面白いかもしれない(^^;)

動画の中でもスタッフが言ってるように「視覚をハックされたような」「攻殻機動隊の世界」がそのまま体感できるのは何と言っても衝撃的だ。

攻殻機動隊のハリウッド実写版も春には見られそうだし、自分が「電脳義体化された気分」を味わえるのは特筆モノである。

すごいなぁ・・・。未来の、SFの世界がどんどん現実になってきている。今見えているもののすべてを疑ってかからねばならない日もそう遠くないかも。

とは言え、今見えている世界がたとえ翻訳されたものであっても「事実と違って見える」ことを再認識するのは快感であると同時に恐怖でもある。概念として理解していたものを覆されて、驚きと共存する戸惑いや不安。あるいは過剰に感じていた現実の圧力からの開放は、知的好奇心をこの上なくくすぐってくれる。

以下のサイトも以前拾ったものだが、それと同じ様な感じを私は持った。

THE TRUESIZE.com

検索ウインドウに国名(英文)を打ち込むとそれを示す国境線が描かれる。それはドラッグして自由に動かしたり回転することが出来る。複数の国を並列に並べて大きさを比べてみると意外と面白いのだ。

The True Size Of

メルカトル図法による面積表示の歪みで極地周辺域の必要以上に巨大化したイメージを抱いていたり、モルワイデ図法や正距方位図法の現実離れした地形の歪みに違和感を覚えたりしていたが、これで見ると大きさの「思い込み」をかなり打ち砕いてくれる。

THE TRUE SIZE OF

The True Size Of 赤道

元の位置と赤道上に移動させたときの大きさの変化を見ると、「あれ?」と思う国も少なからずある。日本と中国(支那)のように緯度がほぼ同じの国はそんなに印象が変わらないがロシアなどは明らかに「小さく」感じる。

見えているようでいて、実際は認識と少し(あるいはかなり極端に)違っていることをある日知らされたときも、やはり好奇心としては非常に興奮するも、そのギャップに改めて愕然とすることもある。

私のような嫌韓派には彼の国の混乱に至る「精神的病理の根源」はある程度知っているつもりだが、下の記事を読むと改めてその根の深さ、闇の深さに驚かされる。

韓国人「米国と日本が離れていったら、韓国はどうなるのか?」:【韓国の反応】みずきの女子知韓宣言(´∀`*)

↓これは上で福27810諭吉さんの紹介したリンクのブログ記事の翻訳です。

韓国のアイデンティティ

「無明」というブログの人

韓半島は、三国時代と、これを統一した新羅と高麗を経て、長い期間仏教の地だったし、その期間は儒教時代よりも長いのに、今は文化財がたくさん消滅し、残っているのは朝鮮後期のものだけである。
何故このようになったのだろうか?
シン・チェホによると、こうである。

申采浩シン・チェホ(申采浩)1880 - 1936
「後にできた王朝が前の王朝を憎んだ。高麗ができると新羅の歴史を抹殺し、李氏朝鮮ができると高麗の歴史を抹殺した。このようにして、今まで過去をずっと抹殺し続けてきたので、歴史的文化財が貧弱になったのである」

韓半島では、国ができたとき、前にあった国を継承したり発展したりするよりも、その逆のこと、つまり破壊を介して正統性を認めてもらおうとする。
絶え間ない破壊行為を通じたネガディブな方法だけが、歴代の韓半島の国々がアイデンティティを確立する手段だったのだ。
そのため、韓国人のアイデンティティを一つの単語でまとめるとするなら、まさに「憎悪」である。
一般的に知られている「恨(ハン)」が韓国人のアイデンティティではないかと反問する人もいると予想されるが、「恨(ハン)」というのはあくまでも支配される側の感情の状態であり、韓国の支配層まで含めたアイデンティティではない。
韓国の歴史的伝統を勘案するなら、支配される側に限定される「恨(ハン)」というものを意図的に強調するのは、真実を覆い隠してしまうとも言える。

韓半島では、新しい王朝が開かれると、改革を叫びまくったが、その実像は、単に王族の姓が変わっただけで、新しい独裁体制(despotism)が樹立されただけだったのだ。
姓が変わっただけの支配集団に統制されるだけなので、歴史的発展というものはなかった。
それでも王朝の正統性とアイデンティティは立てなければならないので、前に存在していた政治集団に対するネガディブキャンペーンと破壊を、滅亡するその日までずっと続け、暗黒の戦いを繰り広げて、お互いがお互いの後頭部を殴りながら、憎しみを育てていったのである。
中国を中心とした中華世界は、近代に至るまで常にこのパターンを無限ループしていて、少数の名君がいたとしても、パターンは継続されていた。

新しい王朝が発生したら、受け継いで発展させるのではなくて、「リセット(reset)」をしたのだ。
奴隷国家を確立した朝鮮王朝のように、リセットの後にどんどん逆行することもあった。
肯定的な部分は出てきたくても出てくることができない。
支配集団が政治的にすることというと、常に前に存在していた政治集団に対し、絶え間ないネガティブキャンペーンをして、破壊をして、アイデンティティと正統性を確立して、腐った名分論で国を治めるのが精一杯である。

口先だけで新しさや創造を叫んでいる韓国人は、救済不能なほど邪悪で、何も新しいものを作ることができない。
支配政治集団が変わるたび、外部から入ってきた思想を体制維持のために使う韓国の歴史的伝統においては、最終的にはすべてが憎悪へと帰着するのである。

日本から独立した後、韓国が日本に絶え間ない憎しみを燃やし、365日反日扇動をするのは、韓国の邪悪な歴史的伝統に沿った極めて当然の行動である。

総督府の建物を使った期間が日本よりも韓国の方が長くて、だから多くの歴史的な場所となったというのに、破壊して、憎しみを介して名分を確立したのだ。
そうして大衆を制御するのが邪悪な韓国人の心なのだ。
だから韓国人にとって文化財の破壊は、民族の精気の実現になるのだ。
これは到底救済できない。
なぜなら、破壊の実行者も、それを支持する大衆も、邪悪を邪悪だと認識できず、極めて正当な行為だと認識しているからである。
それこそ骨の中から邪悪無道の群れだといえる。
文化財を破壊するイスラム原理主義者たちが、自分たちの行動を悪だと認識できるだろうか?それと同じである。

「純粋な韓国語を探す」とか、「純粋な私たちの歴史を見つける」とか、「日帝の遺産をすべてきれいに消す」とか、こういったものはすべてこのような次元で行われる極めて韓国的な習性から出てきたものである。
韓国がアイデンティティを確立する道は、憎悪しかないのだ。
前に存在していた韓半島の王朝がそうだったように、韓国は、国民にポジティブ(positive)なものを提供するのではなく、憎悪に基づいた名分で統治する。
大衆も憎悪のほうを簡単に受け入れる。
それが韓国人の習性である以上、他の方法を探すほうがむしろ非合理的だということになる。
そう、悪魔が悪を望むのは当然のことだから。

今の韓国人は、自分たちが素晴らしい名分を実現していて、自分たちは正当だと勘違いをしているが、実際には、韓半島にあった歴代王朝がしていたことを再現しているに過ぎない。
近代教育とメディアを通じて、大衆までそれに加わったので、邪悪がさらに濃くなったというのに、邪悪な大衆はやはり逆の解釈をしている。

そういった過去の朝鮮半島の歴史とは異なり、日本は今も存在している国であり、韓国より強く、韓国がどうすることもできない国で、さらに友好国で、韓日基本条約後も援助を通じて韓国の成長を支援してくれたというのに、それでも日本に憎悪を燃やしている。
こんな外道な韓国に、一体どんな真実性があるだろう?

憎しみがアイデンティティの韓国を、短期間だとしても満足させる唯一の道は、日本の滅亡である。
反日がアイデンティティの韓国の希望は、まさに日本の滅亡なのである。
だから韓国は憎悪の実現のため左傾化しているものであり、さらに日本の左翼や共産党と手を握って親中外交をするのも、日本の滅亡を希望しているからである。
これは極めて韓国的な行動なのである。


韓国は民族社会主義と非常に相性が良い。
米国と日本の影響力がなくなったら、韓国がどうなるのか知りたいなら、北朝鮮を見ればよい。
この世界のすべてのことは、一見矛盾が多いように見えるかもしれないが、分かってみるとすべてが必然である。
矛盾に満ちた外道韓国が憎悪を叫べば叫ぶほど、それに合った世界観を持つことしかできないし、それによる結果が来るしかない。

「無明」というブログの人

引用ソース
http://blog.naver.com/zero53/220893483327

※強調(太字・赤字)は管理人による。

(中略)
韓国は「ある程度」がない。
韓国は、徹底的にやりつくし、「今の王朝」が「前の王朝」のすべてを完全に否定しないと、今の王朝の正統性が確保されないという思想がある。
大きな枠としては「日帝時代の否定」があり、小さなものとしては「前大統領の否定」がある。「その政策や文化が良いものかどうか」よりも「その政策や文化を創ったのは誰か、その政策や文化に正統性はあるか」を基準にして考える。正統性を「錦の御旗」で手に入れることのできないあの国は、破壊や書き替えによって正統性を確保しようとするんです。
韓国人の起源へのこだわりの強さも、この思想の影響ですね。「桜がステキなものかどうか」よりも「桜の起源はどこか、正統性はあるのか」がその文化を守るかどうかの基準になるということ。桜が前王朝の日帝のものなら破壊しないといけないけど、ウリナラ起源ということにすれば守れる。
もちろん韓国人の多くはこういうことを意識してないでしょうけど。
永久に混乱と分裂と破壊を繰り返すしかない意識構造が、あの国の思想文化のなかに溶け込んでいるということです。

100%相容れることのない認識。共有できない感覚。断交に等しい距離感を持って、極力関わりを減じる努力なくしては彼の国とは共存すら難しい。何をやろうとも、いずれ武力によって殺し合う可能性が低くない。その可能性を低くするためには経済制裁という名の断交と日韓交流の封鎖を行って半島の国力を削ぎ落とす必要がある。

日帝支配35年、戦後70年余。約100年をしてようやく(韓国民の望む?)中国の属国たる「戻るべく状態」に回復できる。

今後もこのブログでは嫌韓系のネタがいくつか上がるだろうが、上がらなくなる日を、つまり日韓が断絶する日を私は少なくとも望み、期待するのである。北主導で半島統一を(日米が)黙認する代わりに拉致被害者が返ってくるなら、それこそ日本の国民は北朝鮮を支持するだろう。

ただし、その後の情勢は非常にリスキーではあるのだが、そこまで行けば「平和ボケの日本人」も少しは目がさめるような気がするのである。



Posted by soup2001 | -  -



忘却に震える夜【ぼうきゃくにふるえるよる】

予震(前震)・本震・余震・・・。分類上命名されている地震の種類など全く関係なく地震はやってくる。

内陸での直下型地震がこうも連続して起きるというのは驚きを禁じ得ない。東日本大震災のあと、近畿地方でも弱い地震が頻発することはあったがこれほどではなかったし、震度4以上の群発地震が非常に短いサイクルで繰り返されるのも、東日本大震災の時以外では記憶が無い。

阪神淡路大震災も東日本大震災も、また今回の熊本地震も正直「ノーマーク」と言っていいほどの無警戒だったことを考えると、明日は我が身であろうとひしひしと感じる。

私自身はたとえ震災で死ぬことがあっても「痛い思いをするのは嫌だなあ」程度のもので(^^;)後顧の憂いもなんにもない気楽な独身貧乏人である(爆)下手に生き残ってしまったほうがその後の生活苦や、体に負ったダメージに気持ちが負けてしまう事が予想されて、どちらにせよ心中穏やかにはいられない。

まぁ、気休めというか、心の準備というか覚悟というか。そういう地震リスクを実感できるサイトがないかを検索してみたところJ-SHIS 地震ハザードステーションというのを見つけた。

現在、下記で地震調査研究推進本部(wiki)のデータを閲覧することができる。これは将来の地震リスクを地図上に表示したハザードマップの集合体だ。webプログラムで視覚化されたシミュレータでもある。

J-SHIS

J-SHISマップ:J-SHIS 地震ハザードステーション

J-SHISを使って地震や地盤についての情報を調べるには?:J-SHIS 地震ハザードステーション

今回の熊本地方も活断層などのリスクが出ているものの、危険度の色を見る限り首都圏や関西地方に比べても高いとはいえずやはり「ノーマーク」だったと云う感じが消えない。

またぞろ地震特番などで地震予知の難しさを学識経験者が力説するものの、地下のように目に見えない場所で起こる現象を予測できると考えるのもおかしな話だ。

これだけハッキリ見える空の天気でさえ、精度は高まったとはいえ「雨が降り出すタイミングや強さ」の予想は「大体当たり」「どちらかと言うとあたってる」
くらいで、雨雲レーダーをスマホ等で確認しないかぎり、正確に雨を避けるタイミングを計れない。

今の地震予知は天気予報での長期予報「今年の夏は冷夏だ」とかのレベルでしか無く、「7月上旬に超大型台風が最低1個は来襲する」と云う予報も発信できない。大気の流れは変化が激しく早すぎて読み切れないかもしれないが、地下の動きは遅すぎて流れが読めないといえるのかも。

上記のJ-SHISで自分の地域周辺まで拡大してみたところ、リスクがかなり低い方に判定されていてやや安心したのだが、少し広域に戻すと濃厚なリスクの塊が周囲を取り囲んでいるので、自分だけ生き残って周辺地域が壊滅、救援が届かないという生き残るのが最悪になりかねない地域とも言える(^^;)

被災地の方々の苦境をまた目にするのは心が痛いが、これも日本に生きる我々の宿命。不安な夜を過ごす人々に安息の夜が早く訪れることを祈るだけだ。

そして「ノーマーク」な地域に住む私を含む被害を受けなかった人々には、「備える気持ちを忘れる」そんな夜こそ恐れ、震えて眠らなければならない事を改めて心に刻もうと思うのである。

Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



ポスター【ぽすたー】

甘利TPP担当大臣の弁明(釈明もしくは開き直り)会見を明日に控えた今日、民主党の新しいポスターが公開されたとのこと。早速それが槍玉に上がっている(^^;)

「民主党は嫌いだけど…」=参院選ポスターで自虐コピー(時事通信):Yahoo!JAPANニュース
 民主党は夏の参院選に向け27日発表したポスターで、こんな自虐的なキャッチコピーを掲げた。枝野幸男幹事長は記者会見で「安倍政権に不安や疑問を持ちながら、民主党に対しても批判的な方はいる。全員に共通するメッセージはなかなか難しい」と苦心ぶりを明かした。

2016年民主党ポスター

一番左は岡田代表だが、最初は誰かわからなかった(爆)この人の笑顔なんて見た記憶があまりないし(^^;)横目遣いが何とも卑屈に見えて気持ちが悪い(^^;)恐らく、横のキャッチコピーに視線を送っている絵なのだろうがわざとらしくてやっぱり気持ちが悪すぎる(爆)これらの画像のオリジナルは民主党のHPにデータが掲載されている。

広報活動(CM・ポスター・新聞広告) :民主党

ところが何故か2012年以降しかない。つまりその前の菅直人と鳩山由紀夫、小沢一郎などの民主党にとって黒歴史・・・じゃない・・・輝かしい歴史を作った人のポスターは割愛されている(^^;)なかったコトにしたいのはわからないでもないがそうは問屋が卸さない(爆)あの時は私も「その気になって民主党を信用しようとした」部分において黒歴史に加わったからだ(^^;)

歴代民主党ポスター

それぞれ党代表が「顔」となって党のイメージを訴えているのだが、2007年以前は

菅直人・鳩山由紀夫(共同代表):1996年9月28日〜1997年9月16日
菅直人:1997年9月16日〜1999年9月25日(代表選で鳩山に敗れる)
鳩山由紀夫:1999年9月25日〜2002年12月10日(自由党との合併問題で支持を失い辞任)
菅直人:2002年12月10日〜2004年5月18日(本人の年金未納問題による責任を取り辞任)
岡田克也:2004年5月18日〜2005年9月17日(郵政解散に伴う第44回衆院選で敗北)
前原誠司:2005年9月17日〜2006年4月7日(偽メール事件で引責辞任)
小沢一郎:2006年4月7日〜2009年5月16日(西松建設事件の影響で選挙対策のため辞任)
※民主党代表:wikiより

眠眠打破・・・てな具合で、どんだけ人材難なんだよ(爆)
20年も前から4〜5人の回し合いじゃないか(^^;)党内実力者が政治的に有能でないことはこれだけを見ても明らかだが、如何に新しい人間を押し上げる(新陳代謝の)システムが無いかを物語っている。野田佳彦・海江田万里が挟まって再び岡田克也なんて人選も、有権者の「民意」とやらに鈍感な部分を強調するだけだし、今回のキャッチコピーに至ってはもうギャグとしか思えない。中でも「一強打破」は「自民打破」の方が眠気覚ましの「眠眠打破」のパロディとして秀逸ではないか(^^;)

あと私が気に入らなかったポスターがある。2015年のそれである。

許さない

反安保法制の先鋒だったこともあるが、気持ち悪い筆文字の「アベ」が踊る「無責任平和主義」の象徴的なメッセージとしての「文字だけのポスター」に見えて仕方がないのだ。
挙句に「民主党は嫌いだけど民主主義は守りたい」とか、「そんなあなたへ、すぐに信じなくてもいい。野党として止める役割をやらせてください」とか、拗ねまくりな物言いは情けない限りだ。

安保法制の矛盾を追求する前に、自らの安全保障に対する見識をハッキリ示せ!違憲だというのなら現実主義的対応としての憲法改正の是非を問え!九条だけでなく憲法の問題点は数多いのに「神聖にして絶対不可侵」などという、過去の「天皇制を頂点とした全体主義的な信仰」を捨てて、改憲論議に応じよ!

日本国民を再優先にして幸福にせよ!有権者である(日本国籍保持者の)日本国民すら幸福に出来ないくせに、他国の民族を幸福にするために日本と日本人を犠牲にするな!(※優先順位が違うだろ!という意味)

結局、公約・マニフェストの中で何一つとしてやり遂げたものはなく、禍根を残す大問題ばかり残して政権を去った民主党政権時代を国民は忘れないのである。

お前らを許さん

私の意思は上のお習字の通りだ。あまりに下手すぎて申し訳ないが(爆)これは下記のwebツールで書いたものなのでご容赦頂きたい。え?このヘタさ加減は民主党の政治といい勝負?

いや〜キツイっすねぇ(爆)

みんなのAir書道

JUGEMテーマ:社会の出来事


Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



骨まで愛して【ほねまであいして】



子供の頃に聞いたことがある歌。ノスタルジックさに満ち満ちている典型的な「昭和歌謡」である。「骨まで愛して」と言うくらいの強い愛情なのだろうが、生々しくもあり少々陳腐に思えるのは40年後に生きるものの感覚なんだろう。

そういう精神的なことでなくても日本人は骨を愛してきた。昔の女性を飾った「簪(かんざし)」や「櫛(くし)」などのアクセサリーを中心に、伝統的に動物の骨は「素材」としてよく工芸品などに使われる。

神は細部に宿る。動物の骨を削って作られた精巧でスペクタクルな工芸品:ARTIST DATABASE

工芸品1

工芸品2

見事という他無いが、中国では翡翠や瑪瑙などきれいな色をした鉱物でもこうした精巧な彫刻が施されている工芸品が多い。象牙やべっ甲なども有名だ。

動物の骨から作られたエイリアンFACEHUGGER:obviouswinner(英語:機械翻訳)
男ゲームオーバー!「寄生」別名、この宇宙人(xenomorph)facehuggerはハコガメ、ミンク、スカンク、コヨーテ、マウス、野生の七面鳥の骨で作られています。

フェイス・ハガー

現代アートでも骨は素材としての魅力があるのかもしれない。しかしエイリアンの「フェイス・ハガー」が骨でフィギュアになるとは思わなかった(爆)

人の骨で作られた仏像「一心寺」【大阪】:日本珍スポット百景
骨仏は、骨仏師といわれる専門家が遺骨を砕き、粉末状にしてコンクリートやセラミックスなどに混ぜて、造り上げられます。真新しい13期の骨仏は白くすべすべとしていました。
骨仏

宗教的には仏舎利など「お釈迦様の骨」として珍重されるなど「骨」に対する思いは強いわけだが、大阪市内に存在する「納骨のコンビニ」とも思える「(法要での読経の時間が)早い(納骨費用が)安い(都市圏にあるので)近い」お寺としては超有名な一心寺に「骨仏」があるとは知らなかった。しかし遺骨を再利用して仏像を作るという発想はユニークだ。200万人以上の遺骨によるということを考えても、単純に「納骨堂を設置して個別に祀るスペースがない為の苦肉の策」ということなのだろう。なかなか合理的と思うが「靖国神社の合祀」的にまとめて一つにしてしまうというのは案外日本的な考え方なのかもしれない(^^;)

セドレツ納骨堂:wiki
セドレツ納骨堂(チェコ語:Kostnice Sedlec, コストニツェ・セドレツ)は、チェコの首都プラハから東に約70キロほどの町クトナー・ホラ近郊のセドレツにある納骨堂。セドレツ墓地内の全聖人教会地下にある。この教会と納骨堂は約4万人の人骨を保管し、そのうち約1万人分の人骨を用いて礼拝堂内の装飾をしていることで知られる。
セドレツ1

セドレツ2

なんと直接的な再利用方法(爆)カンボジアのトゥール・スレン虐殺博物館(プノンペン)も真っ青の使いまわしっぷり(^^;)もっともこちらは正常に亡くなられた人の骨で作られているわけだが少し生々しすぎる。欧米人の悪趣味ぶりがよくわかるというものだ(^^;)

廃棄X線プレートに押し付け禁止洋楽のソ連時代のブートレッグ録音:junkculture(英語:機械翻訳)
ビニールが不足した時にテープレコーダーが利用できる前と1950年代、ソ連の人々は、廃棄されたX線に禁止された西洋音楽のレコードを作り始めた。特殊な装置の助けを借りて、禁止された密造ジャズ、ロックンロール·レコードは、病院のゴミ箱から回収した後、直径23〜25センチメートルのディスクにカット厚いX線写真に「押された」であった。

レントゲンレコード1

レントゲンレコード2



こりゃソノシートですな(^^;)レコードを作ろうにも物資は統制され、すぐに足がついてしまうことを考えれば、再利用可能な素材を見つけてくるのは必然だったのかもしれない。しかしソ連の人々の抑圧された中での音楽愛はすさまじい(爆)

彼らは音楽を「骨まで愛して」いたんだろうねぇ(^^;)

JUGEMテーマ:音楽
Posted by soup2001 | comments(2)  trackbacks(0)



忙中雑記【ぼうちゅうざっき】

今月は職場の決算月、多忙に加えその他のこともあってなかなかエントリ更新が進まない。ネタを貯めこんではいるが咀嚼する時間が取れないので、とりあえずの手抜きエントリでご勘弁願いたいm(_ _)m


●雑記1●
世間はW杯で盛り上がるかとおもいきや、グループリーグ突破が厳しい状況となり何とも微妙な空気感である。私はサッカーは詳しくないので、やはり実力はランキング通りだったのかと少々前景気の煽り方に憤りすら覚えるのだが、これとていつものことであり(^^;)そういう心の隙につけ込むのがメディアの常套手段だということを人は「期待したい事柄」の場合簡単に忘れてしまうのだろう。いや、当初から少し懐疑的ではあったのだが、やはり気落ちしてしまうのは日の丸を背負って立つ選手たちに、日本の未来を託したい気持ちをどうしてもかぶせてしまうからだろう。

この期に及んでもまだ煽りをやめない浅ましさというか(^^;)諦めの悪さというか(^^;)いや、サポーターや選手たちは最後の最後まで可能性を信じてもいいのだが、テレビ放映を控えている局の「アゲ」が度を越して酷い(爆)

【NHK速報】日本が負担するサッカーW杯の放映権料がガチで高すぎwwwwwwww:俺的VIPER速報@2ch
放映権料

上記の画像は放映権料の総額か?とにかく今回日本が負担した額は400億円らしい。これだけ金払ってるんだからまぁ元を取ろうとする気持ちはわかるんだが・・・(笑)

【悲報】ワールドカップ特番視聴率がヤバいらしい・・・:なんJチャレンジ
ワールドカップ関連特番
06/13金 *8.4% 19:00-20:54 NTV FIFAワールドカップ開幕特番・日本人の好きなサッカー選手Best100人(さんま)
06/13金 *7.2% 19:30-20:45 NHK 2014FIFAワールドカップデイリーハイライト開幕スペシャル
06/15日 *4.5% 19:00-20:54 TBS 2014FIFAワールドカップDAILY(加藤)
06/15日 *7.4% 21:00-22:50 NHK サンデースポーツがんばれ!日本代表スペシャル(ペナルティ)
06/16月 *3.9% 19:00-19:54 CX* 2014FIFAワールドカップブラジルデイリー(ピース、大島優子)

初戦前にしてこの結果は痛々しすぎる(爆)余計な太鼓持ちバラエティよりも実戦しか視聴者は興味ないわけで、視聴者の方が冷静ですな。

【画像あり】TBSがコロンビアを徹底分析 勝利の方程式を発見
希望的予想

もう言葉がない・・・(爆)分析というより、信仰とかオカルトのレベル(笑)こりゃ敗退は確実で、無残な負けっぷりをしっかり目撃して4年後に備えたほうが賢明かもしれない。もちろんメディアの煽り対策として(笑)


●雑記2●
前回のエントリのFeedlyのDDos攻撃も収束したようで、その時にバックアップ代わりになるRSSリーダーを模索したわけだが、期待通りではなかったものの案外使えると思ったのが「Pocket」である。これまではRSSリーダー以外でwebザッピング中に気になるページを見つけても、ブックマークするほかなかったし効果的に分類・編集する術がなかったのだが、「Pocket」はブラウザ上で拡張機能(アドオン)か、RSSリーダー上からもURLを登録でき、特定のメールアドレスにURLを送信することでも登録できる。加えてスマホからもアプリで登録可能と結構使い勝手がいい。
pocket

これは思わぬ拾い物だった(^^;)ネタ帳代わりにしばらく使わせていただこう♪


●雑記3●
新しいパソコンを使い始めてからセキュリティソフトも試用版のはしごを続けて今日から3本め(^^;)ただし2本目のアンインストールに手間取ってしまった。それは「ESET SMARTセキュリティ」。なんと通常のインストーラーからのアンインストールができない(^^;)数回試してなかなか削除できないので検索してみると「アンインストールツール」をダウンロードして、セーフモードで起動してから使用しなくてはならない。さらに微妙に違うバージョンのソフトを正しく判断して使用しなくてはシステムに不具合を残してしまう。最初に誤ったツールを使ってしまったがために、ネットに繋がらないばかりかシステムの復元まで利かなくなってしまった(汗)

なんとかセーフモードから有効な復元ポイントで三週間前の状態にまで戻して、正しいアンインストーラーで削除ができ、システムの不具合も解消した。こんなにアンインストールに手間のかかる「セキュリティソフト」は初めてだ(爆)まるでコイツ自体がウイルスあるいはマルウェアではないかと思うぐらいに面倒だった(^^;)

そういう点は、一つ前のマカフィーの方がまだマシだったな。さて今日から使用するカスペルスキーはどうだろうか?アンインストール時にややこしくないことを願うばかりだが(^^;)

セキュリティソフトの比較表 2014年版

ソフト比較

来月になればもう少し更新頻度が増えるかも・・・と、書いてる私自身が期待したいものである(爆)

JUGEMテーマ:PC関連
Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>



目次&ランダムピックアップ

現代用語のクソ知識の目次

当ブログの目次(管理人のオススメ一覧)です。かなり古い時事問題に関する記事もありますが、当時を思い出してご覧いただけると幸いです。



↑上のボタンを押すと、ランダムにエントリを表示します。
もしもエラーページが出たら、ごめんなさいm(_ _)m「戻る」ボタンでエントリを表示するまでお試しください。

言い訳ページはこちら(^^;)

---------------------------------
---------------------------------






ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ


マウスコンピューター/G-Tune

 RSSリーダーで購読する

Profile
Archives
Recent entries
blog parts







マウスコンピューター/G-Tune

エニアグラム診断によると私はタイプ4番でした。
無料診断のできるサイトはこちらです。
Links
tools


悪徳商法マニアックス




簡単自動登録
無料でSEOならSEO.CUG.NET

大黒天
金運アップブログパーツ
Categories
AdSense







途上国の人々への支援をお考えの方にCARE支援プログラム

ドメイン取るならお名前.com

マウスコンピューター/G-Tune
Mobile
qrcode
Sponsored links
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
このblogのfeedburner