ブログパーツ

マガジン【まがじん】

若い頃、いわゆる現役(正規雇用)時代は雑誌中毒と言っていいくらい雑誌を読み漁っていた。最高で月に2万円ほどをほぼ1年費やした時期もある。一つは趣味的なもの、また一つは仕事上必要な知識を得るため、もう一つは媒体は定めず知りたい業界の専門誌を情報を得るため買い続けた。それ以外にも新書系は時折買っていたので年間では25万円近くを消費したことになる(^^;)

知的好奇心が旺盛だったと言えば聞こえは良いが、少々無謀に金を使ったといえる。図書館に通えばいくらかは節約できたのだろうが、睡眠不足気味に長時間就労していたため、つい手近に入手できる本屋で入手することが多く、読みたい記事だけを読んでは本棚の肥やしにしては定期的に処分(廃品回収)する繰り返しで何とも効率の悪い「浪費」であった。

今の私を支える知識はこの「浪費時代の賜物」とは言えるが、ネット時代の到来で全ては激変した(^^;)

手当たり次第入手しては「ハズレ」の冊子・書籍を読了せずに投げ出していたものが、Amazonなどではレビューが参考になるうえに、書店に無いものも「取り寄せ」できるので「仕方なく代わりに選んで(ハズレの本を)買ってしまう」リスクが軽減できたし、そのうちネットが成熟するに連れて「無料でも結構な情報量が獲得できる」時代になり、個人が色んな意見を発信するサイトなどは、深い内容の書籍の引用も豊富で、それを参考に書籍を購入する流れができると、書籍を購入するきっかけとしてのネット・サーフィンであり、膨大な[レビュー」を漁るような巡回を毎日行うようになると、いつしかパッタリと雑誌から遠のいてしまった。結果、それまでの反動もあって、ものすごく節約できた(^^;)

やがてスマホの時代になり、それまで時折は利用していた電子書籍も取り扱いやすく(読みやすく)なり、昨年末のiPhone7Plusになってからは大画面の恩恵で雑誌の閲覧も以前よりは楽になった。

何より雑誌から遠ざかっている間に、雑誌の電子書籍化が進み「期間限定ながら各種雑誌が読み放題」のサービスが気がついたときにはかなりのデベロッパーから供給されていて、感心するやら呆れるやら(爆)で、先月に一つのサービスに加入することにした。

dマガジン

dマガジン

下の比較レポートも参考にしたが、やはり自分の「読みたい雑誌がほぼ入っている」点で私の場合はdマガジンが最適だと判断した。今まで毛嫌いしていた(^^;)NTTドコモのサービスではあるが、アプリさえ対応すればPC・スマホなど複数の端末で利用できるメリットは大きい。

【全11社をリスト化】雑誌読み放題サービスの長所・短所の徹底比較まとめ:ゆるぢえさん

そして無料の「Fujisan.co.jp」は最新号は数ページだけ(立ち読み感覚)だが、バックナンバー(数ヶ月〜約1年前)ならかなりのページが読めるものもあり、最新号にこだわらず雑誌を試してみたい場合には最適なサービスだ。dマガジンで読めないものでもここで電子版を購入することも出来る。

Fujisan

この二つのアプリで仕事の休憩時間は忙しくなった(^^;)通常のニュースチェックと巡回はそこそこにして、マガジンアプリを読みふける場合が多くなった。ただ、集中して読み込むと加齢による悲しさか、やはり目が疲れる(^^;)大画面になってかなり楽にはなったが、30分以上読み込むと、時折画面から目を離さないと疲労感を覚えるようになった(爆)

こりゃ最終的にはタブレットを買うしか無いのか?タブレットサイズのKindleFireにはこの二つのアプリは対応していないのでもし余裕があればタブレットを考えても良いかもしれない・・・。と、またまた浪費の虫が・・・(爆)

それは別にしても、ちょい読みでも色んな雑誌をどこでも試し読みできるのは何ともありがたい時代になったものだ。若い頃にこれがあれば、随分節約できたのになぁ(^^;)

しかし、貧乏になった今にしてこんなサービスが利用できるのはありがたい。色々問題もあるが、私にはここ数年のPC関連の環境は非常に嬉しい状況になっている。

今でも時折買うことがある「新書系」書籍も今後は電子版にするかもしれない。・・・となるとタブレット以外にも眼精疲労対策のグッズも併せて・・・。



私の浪費癖は好奇心と同じく中々枯れてくれないようだ(^^;)

JUGEMテーマ:日常。



Posted by soup2001 | -  -



眼差し【まなざし】

韓国で起きた客船事故はその悲惨さに比べて、吉本新喜劇の一発ギャグのように連射される嘘と誤報と無責任とお門違いな攻撃・責任転嫁が続き、いい加減うんざりしてきた(^^;)
日本では当然のように行う「避難誘導」を率先して行った若い女性船員がそのために逃げ遅れて亡くなる悲劇でさえ、最初は「また嘘か」と疑ってしまう有り様で、もはや伝えられる内容をそのまま受け入れる気がなくなっている。
亡くなった人に罪はないだろうが、その背景に横たわる韓国という国や国民の感覚に正直「哀悼」や「お悔やみ」を表明する気がなくなってくるのだ。

客船事故
<画像元:時事通信>

そろそろ私なりの分析や解釈でもエントリしようかと思っても、次から次と出てくる「信じられないようなお粗末情報」にその都度「エントリを書く意欲をそがれる」状況で(^^;)完全に事態が収束し死亡者数が確定するとか事故原因が特定できたとか、ある程度決着が見えてこない限り「下手にいじるのがバカバカしい」と思うようになった(^^;)・・・なので、ひょっとするとこの件はもう二度と言及することはないかもしれない・・・。

いろんな人がそれらしい「韓国・韓国人の気質」を論じてくれるたびに、我が国の隣になぜ「韓国」があるのかが不思議であり、我が国がなぜにこれほど韓国と違うのか、歴史はそれなりに勉強した上でなお、どうしても納得がいかない(^^;)

まぁ、そういう感覚自体が「日本人的」で「自己同一視」しやすい国民性なのかもしれないが、つくづく「日本に生まれてよかった」と思うことしきりである。

どれだけ親方日の丸で公務員が私利私欲に走り、国民を蔑ろにしようが、どれだけ政治家が国民に嘘をつきまくり、私利私欲に走ろうが、どれだけ起業家・経営者が労働者を蔑ろにし、利己的な金欲主義にまみれようが(^^;)・・・それでも、交通や治安の管理に関しては遥かにマシと言えるレベルだし、危機管理・事故対応でもあれほど無能ではない(爆)

国民のリアクションでさえ、現場の監督官庁の対応のまずさに非難が巻き起こることはあっても、その責任が直接国家元首に向かうのは日本では珍しい方だろう。

対応の不味さに国民が露骨に怒りを表したのは、鳩山と菅が総理をやった時ぐらいではないか?(^^;)

2ちゃんねるを中心にして今回の大惨事を「悼むよりも面白がる」声が少なくない。本来であればこれは日本人のメンタリティではないが、ここまで「下品な言動」が表面化することに、それだけ日本人の不満が拡大し「嫌韓」が進行しているとも言えるし、「日本を悪者に仕立てる工作」として在日韓国人が日本人になりすまして「不遜な発言」を繰り返しているとも勘ぐられてしまうのである。

天災や大惨事の対応の不味さで政権が傾くのは古今東西どこの国家でも起こっている。阪神大震災時の初動の遅れを批判された村山内閣。巨大台風カトリーナで迅速な救援ができなかった米ブッシュ政権。東日本大震災での菅内閣の迷走。さきごろ日本でも「豪雪被害」で安倍内閣が「言いがかり」のような批判を受けたばかりだ(^^;)朴槿恵政権が反日以外で国民を納得させられなければ、支持率の急降下から早期の退陣さえない話ではなくなる。現に韓国においては反日一辺倒だったメディアまで自国の政府批判を始めた。

対日経済がどん底に沈む現状を顧みず相変わらず強硬路線をひた走る政権運営にじわじわ批判が出てきていた矢先の不手際に一気に不満が噴出した形なのだろう。

この手のひら返しに、佐村河内やSTAP細胞の騒動に似たものを感じるし、どこの国でもメディアというのは浅ましく「叩ける(叩きやすい)獲物を探しまわる」ハイエナのような「外道」なのだと実感するばかりである。

どうやら生存者の希望もほぼ無くなりそうな雲行きに、今後「嫌韓感情をむき出しにする品の無さ」を暴露するくらいなら「無視」すべきだとも思うし、2ちゃんねらー得意の「生暖かく見守る」くらいでちょうどよかろう(爆)

いや、愛情の欠片もなくドン引きしてチラ見するのだから「キンキンに冷たい眼差し」あたりでいいのかも知れない。(爆)

JUGEMテーマ:社会の出来事


Posted by soup2001 | comments(2)  trackbacks(1)



真冬の方程式【まふゆのほうていしき】

真夏の方程式

正月休みももうすぐ終わる。追い立てられるように見逃した+見ておきたい映画をレンタルで借りて鑑賞する「正月カウチポテト」的な年末年始休暇。元旦の映画館からずっと読書→映画映画→読書→映画映画の繰り返しで映画4本と読書2冊(一部はまだ読み終えていない)をこなしたが、残り1日でできれば3冊目に取り掛かりたいのだがさて・・・・(^^;)

ガリレオシリーズの映画版第2弾として昨夏公開されたものがもうレンタルに出ている。それ以外にもパシフィック・リムやアルゴ、2012版のトータル・リコールなどようやく見ることができた。

「真夏の方程式」はTV版ガリレオシリーズにない情緒感はあるが、スピード感に欠け私としてはいまいちだった(^^;)この作品に1800円は出せない。レンタルの200円で文句がない程度か(^^;)前作「容疑者Xの献身」の方が、謎解きとしてのトリックの面白さも「犯罪者をかばう犯罪」の意外性も満点で、それに比べると2作目のジンクスに陥っているようにみえる。鉄面皮がものすごくよく似合う福山雅治ならではの当たり役だが、本作は少々残念な仕上がりだった。

ガリレオ映画版に共通だったのが「ある犯罪の犯人をかばおうとするために犯す犯罪者」の物語で、映画版特有の設定になっているのだが、その真犯人への限りない愛情とは裏腹に、不正義を働く異常さを何処かで容認してしまうところが人間の弱さと通じているような「苦々しい後味」を伴う。

これが、小説やドラマの話ならまだしも、組織的な犯罪や不正に対しての「隠蔽」や「改ざん」に対してはある意味で我々はドラマ以上の「寛容さ」で受け入れている気もする。

百田尚樹:twitter(2013年12月31日 - 11:25)
百田尚樹

年末の安倍総理靖国参拝を受けて一斉に反発する特亜国家。中でも一番強い反応を示したのは「なぜか始めた」韓国だが(^^;)、靖国神社には日帝支配時代の朝鮮系日本軍兵士も合祀されている。中国は反発はするもののいつぞやの反日デモも無く現状は思ったほどでもなく平穏なものである。なるほど、両国との関係が冷えきった今ならこれ以上悪化しようがないと踏んで参拝に踏み切ったのは正解とも言える。

靖国神社問題:wiki
1985年(昭和60年)8月に中曽根首相が参拝するまでは、非難はされていなかった。1985年の参拝に対しては、それに先立つ同年8月7日の朝日新聞が『靖国問題』を報道すると、一週間後の8月14日、中国政府が史上初めて公式に靖国神社の参拝への非難を表明した。
(中略)
年表
1978年(昭和53年)10月17日
極東国際軍事裁判(いわゆる東京裁判)におけるA級戦犯14人を国家の犠牲者「昭和殉難者」として合祀(翌1979年4月19日に新聞報道により一般に知られることとなる)。


【拡散】靖国参拝を政治問題化させたのが朝日新聞である事がよく分かるコピペ:News U.S
福田赳夫  1977年4月21日    沈黙
      1978年4月21日    沈黙
      1978年8月15日    沈黙
      1978年10月17日 =A戦犯合祀される=
      1978年10月18日   沈黙

大平正芳  1979年4月21日  =A戦犯合祀判明=
      1979年10月18日   沈黙
      1980年4月21日    沈黙

中曽根康弘 1983年4月21日    沈黙
      1983年8月15日    沈黙
      1983年10月18日   沈黙
      1984年1月5日     沈黙
      1984年4月21日    沈黙
      1984年8月15日    沈黙
      1984年10月18日   沈黙
      1985年4月22日    沈黙
      1985年8月7日     朝日新聞が参拝を批判
      1985年8月15日    中国の新華社通信が参拝を批判

                    天安門事件 (1989年)

橋本竜太郎 1996年         中国抗議!!!!!

小泉純一郎 2001年         中国・韓国抗議!!!!!
      2002年3月       韓国駐在武官参拝
      2002年4月21日    中国・韓国抗議!!!!!
      2003年         中国・韓国抗議!!!!!
      2004年1月1日     中国・韓国抗議!!!!!
      2005年10月17日   中国・韓国抗議!!!!


しかし朝日新聞や中国が批判の根拠にするA級戦犯合祀だが、合祀された時点では日本国はもちろん講和条約に署名した連合国が承認した上で戦犯の名誉回復がなされている。処刑されなかった戦犯、公職追放者にもいわゆる「追放解除」が行われ、それにより戦後総理になった「鳩山一郎」や安倍総理の祖父「岸信介」が復帰を遂げている。

軍国主義の指導者として彼らは決して尊敬される存在ではないかもしれないが、死してなお辱める対象でもあるまい。少なくとも日本人にはそんなメンタリティは持ち合わせていない。中国や韓国の慣習に日本が合わせる必要はないわけである。

【拡散】朝日新聞がとんでもない嘘をついていた:News U.S
サンフランシスコ講和条約第十一条の手続きに基づき、関係十一カ国の同意のもと、「A級戦犯」は昭和三十一年に、「BC級戦犯」は昭和三十三年までに赦免され釈放された。

さらに 1952年 戰犯在所者の釈放等に関する決議。

これによって全ての戦争犯罪人とされた人たちは「公務死」と扱われることとなった これは日本政府及びサンフランシスコ講和条約に則った手続き。
この決議に真っ向から反対し今にいたるまで「戦犯」と呼び続けているのが 朝日新聞です。


朝日新聞はやはり日本の報道機関ではないらしい(爆)新聞の略ではないかという説もあながち間違いとはいえないかも(^^;)

A級戦犯#名誉の回復:wiki

靖国参拝

しかし、安倍総理の靖国参拝のタイミングには別の見方がある。

靖国参拝の件、アメリカが想像以上に失望してしまった理由が判明か!? IMFの件、そんなにヤバイの??:News U.S
韓国政府は借金100兆円と発表してたのにIMFが「嘘つけ、監査する」って言ってきて 急いで「本当は1500兆円」ですって発表したけど、それでもIMFが「それも嘘だろ。監査する」って言われてた監査の結果発表が、年末か年始に出るんだよ。 だから、韓国は日本に乞食しにくる気だったんでしょう。 なくなりましたけどね。

後、アメリカが韓国と仲良くして欲しいのは、そのIMF絡み。 韓国の主要銀行の7つの内の6つはアメリカが出資している銀行。 日本が韓国を見捨てたら、アメリカが助けるしかなくなるのです。


ところがIMF監査発表がまたまた延期らしい。

【韓国経済崩壊】IMFのストレステスト結果発表、また延期らしいぞ!!! ⇒ その理由がまさにあの件だった!!!:News U.S
もともとストレステスト関係は11月発表だった 中身がアレっぽかったからか、精査という名目で12月に伸びた その間に、局長が韓国人に変わってる。

韓国系の銀行は、アメ資本と欧州資本がずっぽり入ってるんで、破綻した場合、ケツ拭くのはアメか欧州なんよ。一部の証券や銀行で本社が外国になるような純外資は逃げ切ったんだが、 現地資本に出資したようなのは当然逃げられない 。

2013年の間にIMFの連絡窓口が韓国内に出来たりと、 色々なフラグは立ってた。
アベノミクスの成果や、消費税あげて増やしたキャッシュで、 これのケツを拭かせようとしたが、靖国参拝で、ババ抜きで1抜けしたのが現状。

ストレステストの結果は、ケツを拭く人間が決まらないと発表されないと思う。
もう、そういうレベルの話になっちまってる。


さんざん敵対視しておきながら擦り寄ってくる寄生虫まがいな態度に決別のサインが靖国参拝だったということか(^^;)なかなかいい仕事をなさるではないか安倍総理。

安倍首相の靖国参拝をマスゴミがあまり叩けない理由:News U.S
・総理就任1周年
・毛沢東生誕120年
・報ステお休み
今日からテレビ局は、年末特番で枠が埋まってるため、 叩くための番組を用意できない。 せいぜい犬hkのニュース程度です。
マスゴミが叩けないタイミングを狙って参拝した、とも考えられます。


国内外にベストなタイミングということなのだろうが、もう一つタイミングとしての「妙」があったらしい。

【中国崩壊】中共が靖国参拝抗議デモを必死で抑え込んだ理由がヤバすぎた!!!:News U.S
理由
“神府デモに化けるから
12/26に償還できなかった理財商品(高金利ファンド)のデフォルトを避けるため、日本から金を借りる交渉をしないといけないから

短期金利の暴騰に注意。おそらく今度はデフォルトする。 26日の償還だと、月曜の送金事故で、発覚して取り付け騒ぎになるのは水曜。


年明け後、中国市場で大騒ぎになっていないことを見ると(^^;)水面下で日中の手打ちができていたのか、それとも別の方法かはともかく「デフォルト〜取り付け騒ぎ」の混乱は避けられたのかもしれない。中国経済が崩壊すると日本にも影響は大きい。日本どころか世界経済の危機に直結する分、韓国のIMF査察結果以上の影響を考えると、中国支援の条件として靖国参拝を表面上は反発しても実質的には容認させる最大のチャンスでもあったわけだ。

韓国としてもIMF査定結果に対応するには日本の協力を仰ぎたいわけで、その意味でこれ以上の反発はできまい。朴槿恵政権にはどうにも手詰まりな状況である。
特亜国家の反発を封殺しつつ実質的な国益を守る点で、年末の靖国参拝のタイミングは実に最高だったということらしい。

私としては現時点での靖国参拝にはそれでも問題があると感じている。「国家神道」が是であった時代の残滓である宗教施設に、政教分離を原則とする政府関係者が参拝する、または特殊な施設としての格式や権威付けを与えるような行動はやはり異常だと考えるからだ。

靖国神社法案:Wiki
この法案では、靖国神社を日本政府の管理下に移し、政府が英霊を慰める儀式・行事を行い、その役員の人事は国が関与し、経費の一部を国が負担及び補助する事を規定している。
政教分離規定への抵触を防ぐため、靖国神社を宗教法人から特殊法人に変え、神道祭祀の形式において宗教色を薄めるとしている。このため、『この法律において「靖国神社」という名称を用いたのは、靖国神社の創建の由来にかんがみその名称を踏襲したのであつて、靖国神社を宗教団体とする趣旨のものと解釈してはならない。』(第2条)、また『靖国神社は、特定の教義をもち、信者の教化育成をする等宗教的活動をしてはならない。』(第5条)と規定している。
本案を支持する全国戦友会連合会や日本遺族会などは、「靖国神社国家護持」を嘆願する署名を2000万筆集めた。
一方左派からは、戦前復古であるとして反対論が展開された。他の宗教団体も国が靖国神社を特別視するものだとして反対論が多く表明された。また、当の靖国神社自身も、宗教色が薄くなることから反対していた。


せめて上記の法案でも成立していれば、法制上の矛盾はなくなるのだが、この法案は何度も国会に上梓されたが成立していない。結局のところこの靖国問題も「戦後レジューム」の一つである以上、安倍内閣時代のうちに解決のきっかけぐらいは作ってほしいものだが・・・。

私としては現法制上では内閣閣僚など政府機関の人間が参拝することは反対だし、英霊の遺志に沿うとは思っていない。かつて現人神(あらひとがみ)としての天皇と同格の軍神として祀られる約束で、国は兵士に命を捧げることを求めた。政府要人はもとより天皇陛下もまた靖国神社に参拝していたが、天皇陛下は現在靖国参拝を行っていない。亡くなった英霊たちが心に望むのは、政府要人よりも「命を捧げた天皇陛下による参拝」ではなかろうか?

そういう意味では、政府関係者が公人として参拝する「軍関連戦没者慰霊施設」は靖国とは別に作られておかしくない。その際には「逆賊」として死んだために未だに合祀されていない明治維新の元勲「西郷隆盛」も、その中に併せて祀るべきだろう。つまり、ただの国家に殉じた戦没者ではなく、昔も今も天皇に殉じた戦没者施設が靖国神社なのである。

特亜国家の身勝手な都合で靖国参拝を叩くネタを今回は安倍総理が逆手に取って、うまく外交カードに使った。

しかし本来は自衛隊の法的根拠と同じく非常に曖昧で海外からは疑念や懸念を招きやすいものであることも確か。スッキリはっきりさせる意味でもやはり、まずは自国内のいろいろな矛盾や「隠蔽したい真実」に光を当て、白黒はっきりつける必要があるだろう。それともこのまま曖昧な方が時代の空気によってどちらにでも利用できるということなのだろうか?

それが最も現実的な結論ならば、色んな意味で寒すぎる。まさに「真冬の方程式」と言えるかもしれない。

IMFが韓国のストレステスト結果を発表しない理由の1つは、※※※の※※待ち? アメリカ内部で「韓国潰す派」と「韓国上げ派」に分かれている可能性あり!なおジム・ロジャーズは韓国潰す派の模様:News U.S

NEWS U.Sからのネタを並べてみたがなかなか面白い(^^;)2ちゃんがソースなので信憑性はそれなりだが、背景の理由付けとしては説得力あるものが多くすべてが「ガセ」とも思えない。最後の朝鮮統一論などは最も過激かつとんでもな内容だが、朝鮮半島がそんな状況で活性化してしまうと日本としては軍事的な脅威が増大するだけなのであまり喜んでもいられないだろう。統一直後はアジア最貧国となって苦しむかもしれないし日本に大量の難民が漂着しそうだし経済協力だとか言ってたかられそうなので、日本としても完全に断交して敵国として対峙し、緊張関係を維持しながら朝鮮半島の経済成長とその後の軍国化に備える・・・あたりが想像できるぐらいである。

まぁ、どちらにしても寒い未来だねぇ(^^;)これならグズグズな現状が一番望ましいのかもしれないなぁ(爆)

JUGEMテーマ:映画


JUGEMテーマ:戦争・紛争
Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



マジっすか?【まじっすか?】

今日は休日で給料日♪(^^;)朝イチのニュースチェックをしていたら、変な会社の変なニュースを拾ってしまった(^^;)

ドミノ・ピザがダジャレを社内公用語に、アメリカの本社からもゴーサイン



ユニーク過ぎる(爆)私もこの会社で働きたくなったぞ(^^;)
・・・動画のダジャレははっきり言って「オヤジギャグ」でしか無いと思うけど、それなら若い奴に負けない自信もあるし(爆)

「お電話ありがとうございます!ドミノ・ピザ〇〇ですのーと!」
「デリバリーできますか?」
「はい!ありがとうございます!ご注文を銅像!」
「クワトロ・リストランテのMサイズとハラペーニョ・サブ、ポテチキとリゾットコロッケを全部1つずつ、アイスティーのLを2つで」
「お会計4,250円になり益若つばさ!」
「どれくらいで出来ますか?」
「〇〇町の○○様ですね約30分ほどでお届け出来マスタード!」
「じゃ、お願いします」
「ご注文ありがとうございマッターホルン!!!」


残念ながら奈良県内にドミノ・ピザは出店していない(爆)上記の仮想オーダー電話も全て空想である(^^;)こんな会話がデリバリーや店頭で繰り広げられると思うとものすごく楽しい。特に関西圏のドミノ・ピザは「自分のダジャレを披露したくてウズウズしている」吉本ノリの客が大挙して押し寄せそうだ(爆)オーダーカウンターはさしずめ「ちょっとした漫才状態」になるのは間違いなかろう(^^;)

ダジャレを考え過ぎるあまりに本業がグダグダになりはしないか、脱力系ダジャレが蔓延して全員のテンションが下がりまくるという危惧もあるが(爆)笑い(失笑)の絶えない社内はきっと明るさで満たされることだろう。あまりにスベるダジャレばかり言う人は社内評価も下がったりして(^^;)

「社内英語化」よりはとっつきやすい「ダジャレ公用語化」。就活中の若者がこぞってダジャレトークを磨きにかかるかもしれない。
そんな若者に私からの応援の気持ちを込めて以下のサイトを紹介しておく(^^;)

ダジャレナビ

ダジャレ・ステーション

★オススメ↓
ダージャリスト・石黒謙吾の 「科学するダジャレ」〜地アタマが良くなる知的メソッド

【twitter】ダジャレナビ公式bot

【twitter】おはヨーダ(起床bot)

【twitter】ただいマンタ(帰宅bot)

【twitter】おやすみったー(就寝bot)

【書籍】ダジャレ練習帳


うん、日本の未来は明ルイジアナ(爆)

JUGEMテーマ:社会の出来事
Posted by soup2001 | comments(4)  trackbacks(0)



マンガナイザー【まんがないざー】

子供の頃は「強く正しく」育てと周囲も願い、本人も「それなりにその気になって」(^^;)男の子なら尚更「正義の味方」とか「悪いやつをやっつける」という勧善懲悪的ヒーローに憧れる。だが、実のところヒーローは「時代性を写す鏡」のように、姿形も昔と今ではかなり違う。

現在老齢期を迎える60代以上の人なら「ヒーロー」は時代劇の中やスポーツ(野球やプロレス・相撲)の中にいた。私のような50代になるとウルトラQ〜ウルトラマンなどの特撮世代に入り、ヒーロー像はいきなり日本人どころか「地球人でさえない」グループが加わり時代劇のヒーローは影を潜める(^^;)40代前後になると仮面ライダーなどの等身大ヒーローが登場し、顔はどんどん異形の者となっていく。仮面ライダーの生みの親「石ノ森章太郎(執筆当時は石森章太郎名義)」氏などは仮面ライダーのデザインに昆虫のバッタをモチーフにしたものを考えだしたが、「子供はこの顔を怖がるかもしれない」と危惧してたらしい。

最近はかつてのように「カリスマ性のあるヒーロー」があまりいない。宇宙戦艦ヤマトや機動戦士ガンダムシリーズなどの「アンチ・ヒーロー系」の影響か「絶対的な正義の味方」像が、アンチ・テーゼの出現によって疑われ否定され嫌われる傾向にあるのかもしれない。

それでも一方では「水戸黄門シリーズ」などは随分延命して終了するまで「最後の勧善懲悪時代劇」の火を灯し続けた。ただ、「個人的な正義」は否定されるどころか、むしろ積極的に受け入れられようとしている。

チビ八重大河ドラマなどに顕著な「歴史のバイプレーヤー」達の目を通した正義は脈々と続いているし、今年の大河ドラマ「八重の桜」も序盤の子役のヒットで視聴率も上昇気運に乗るかと思われたが、主人公の「八重」が歴史の中に完全に埋没している時期が暫く続くだけに戊辰戦争の活劇に至るまでは苦戦するかもしれない。

今回の子役の鈴木利央ちゃんの愛らしい演技は、「子役フリーク」の満足感を満たしたと思える点で前年の「平清盛」を上回った。第1回のいかにも「好奇心にあふれた子供らしい眼差し」が印象的で、私のHDDレコーダーから第2回までが消せないで居る(^^;)



時代劇は、時として現代劇以上に今自分が生きている時代を意識できる。すでに過去のものとなり結果がわかっているだけにその時代の人物に自分や世相そのものを投影し、「未来予測」あるいは「未来願望」を行なっているのかも知れない。
そういう意味では時代劇のヒーローが細分化され、時代劇の中に自分の立ち位置を再発見する面白みを感じてる(または求めてる)人が時代を超えて生き残っているのだろう。歴女ブームや古代フリークなど考古学から講談本までの幅広い「歴史系ファン」が今尚絶滅しないのは現代劇にはない「一種の非日常」の世界で、勧善懲悪モノであれ、歴史に忠実なモノであれ大筋で結果がわかっている(予測できる)ものに「かつてヒーローに感じた一体感や同調感」を期待して感情移入する人が存続するということでもある。

そうは言っても、特撮ヒーローであれ、時代劇であれ、マンガであれ、実際には中々自分を投影するにも限界がある。明らかに住む世界が違うものに感情移入しづらいと言う人にはこういうのは如何だろう。

顔写真がイラスト化されてマンガの主人公として登場する「マンガナイザー」を使ったら予想外の結果に:GIGAZINE

マンガナイザー

ANAが海外のユーザー向けに「日本文化をアピールする目的で」画像の人物をマンガ化して実際のマンガのストーリーにはめ込むと言うサービスだ。手の込んだサービスなので日本人向けにもやって欲しいのだが(^^;)残念ながら海外向けなのでネーム(セリフ)も全て英語。それでもまぁ単純なストーリーなので英文だけでも「何となくこういう話なんだろうな」というニュアンスは伝わってくる。

安倍晋三私も実際の人物の画像を使って作ってみた。→

彼がモデル。その名も「SHINZO」である(^^;)

さぁこの画像からどんな主人公が生み出されるのか・・・?

マンガナイザーANA ※サイト公開終了


取り込み
カスタマイズ
最初に提示されたのがあまりにイメージと違ってたので(^^;)カスタマイズを繰り返す(^^;)ほぼ全部のパーツを貼り直した・・・って意味無いじゃん(爆)

完成

できました。ん?カスタマイズ結果と顔が少し違ってる(特に輪郭)が・・・(^^;)

「無刀侍」というタイトルのお話。普段は「羽衣村」で地侍として農作をしているSHINZO(24歳)が、良い領主と思われていた殿様の陰謀を知ってしまった村娘が拉致されたのをきっかけに大立回りを演じるお話・・・。

殺陣
なかなか迫力ある描画。

負傷
モデルSHINZOだけに腹部を負傷?偶然だけど(^^;)

カウントダウン
え?時代劇なのにデジタル表示のカウンターが・・・(爆)


他にも「そんな設定なのかよ!」と突っ込みたくなる内容なので絵だけを追っても結構楽しめる(^^;)

もちろん自分の画像で遊ぶことも可能。女性には学園青春モノ風?(一応「サスペンス」で探偵モノ)のストーリーもあるらしいのでそちらを試すのも面白いかも。

日本人でも楽しめるし外国人にはウケるかも。しかし・・・これでほんとに日本への旅行客が増えるんだろうか?全日空さん(爆)

まぁしかし、民主党政権が終わった途端、アベノミクスだ何だと実際的な行政が動き出す前に「円安になり株は上がり」まるで現実のほうがよほどマンガチックに激変している。そうなるとよりよい結末を期待したいのだが、単純なマンガほどつまらないものはない。紆余曲折、苦労の果てに大団円を迎える感動的な未来をぜひとも期待したいものだ。(^^;)



Posted by soup2001 | comments(4)  trackbacks(1)



末裔【まつえい】

お盆期間は先祖への奉仕期間でもあり、過日の思い出などにのんびり浸る期間でもある。そんな訳でもないが数日前「日ユ同祖論」と言うものを拾った。古代イスラエル滅亡後に四散した「失われた10支族」の一部あるいは多くが大陸を横断し日本に来ていたという話だ。言語的な類似点や習慣の共通点などが思ったよりも多く、なるほど面白い。中には聞いたことのあるような話もないではなかったが、ここまで類似性が議論されていることは全く知らず、今更ながら驚きであった。

ただし、だからといって日本人がユダヤ人の末裔というのは少々リアリティに欠けると思う。日本人は「受け入れるのが得意な民族」である。ユダヤ人は頑なに自らの民族的伝統を守る。特に定まった様式を持たない当時(紀元前〜3世紀頃)の日本にイスラエルの民の風習を書き込み、それにユダヤの伝統を守る保守性が日本文化と融合して伝承された。と考えるなら、日本人は確かに「ユダヤの末裔」であるかも知れない。しかしあくまでそれは「一部の形式・様式」の話。・・・と思っていたら、今日になって君が代の謎などというものを拾ってしまい唖然としている(^^;)

まるで先日のデーモン小暮閣下の唄ではないか(爆)

君が代
<画像元:日本人は知ってはいけない>



現在ヘブライ語の解釈で君が代を考える日本人はまずいないだろうが、(ヘブライ語を理解できる)ユダヤ人が居たなら君が代を聴く度にイスラエルに思いを馳せ(^^;)自国に対するナショナリズムを刺激されていることになる(爆)






マジですか?ほんとに?(^^;)すんごく面白いがこじつけもここまで徹底すると空恐ろしくもある。生物学的(遺伝学的)には直接的な証拠もなく、混血の可能性も否定出来ないもののユダヤ民族の遺伝的痕跡はあったとしても極めて微細であり証拠能力は弱い。何れにしてもユダヤ人が日本に渡来した可能性があるのは朝鮮半島や中国大陸との交流が活発だった古代王権群〜ヤマト王権(大和朝廷)初期の可能性が高いため少なくとも1500年以上前の話としてロマンを感じる程度のものにしておいたほうが良さそうだ。

それとも天皇家および宮内庁が発掘を禁じている(?)幾つかの古墳や地域にこれらの決定的な証拠でも眠っていれば将来解明される日が来るかもしれないが、それは現時点では確認不可能な話なので「考古学的な夢」くらいに楽しんだほうが健全だろう。

文化人類学者にとっては考古学者ほど恐ろしいものはないらしい(^^;)遺された文献でいくら知恵を絞って仮設を立てても、トンデモな出土品が出てくればそれまでの通説・仮説はいとも簡単に吹っ飛ぶからだ(^^;)

とはいえ、試練に強い・勤勉で有能な民ユダヤの血と繋がっていなくても、自然災害の猛威に晒され続けた日本人は似た特性を保有している。それがユダヤのもたらした文化・風習に影響されているのだとしたらコレこそ「民族の叡智」と言う感じもする。大陸の果て、海に隔たれた島国に到達した渡来文化の吹き溜まりが日本文化を生み出したのならこれもまた日本という特殊な地理条件が生み出した奇跡といえるのかもしれない。

残念ながら、現在の日本はそんなせっかくの知性も文化も有効に活用されていないように感じることもある。特に政治とか政治とか政治とか政治とか(爆)
自分の生まれた国の起源、自分の生まれた家の起原(出自)をもう少し大切にした方がいい・・・そういうふうに感じるのは自分が歳をとったせいかもしれないが、オリンピックで上がる日の丸を見る度にふとそう思った今年の夏であった。



<追記>
実際の歌の数々を見つけたので動画を加えました。

JUGEMテーマ:歴史

JUGEMテーマ:社会の出来事

Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



真夏の夜の悪夢【まなつのよのあくむ】

昨夜はとうとうエアコンを回して寝た。・・・と書くと「え?奈良って暑いんじゃないの?」と思う方も多いことだろう。そのとおり。暑い。非常に暑い。大都会のコンクリートだらけの市街地に起こる「ヒートアイランド」状態もアスファルト路面を歩けば簡単に体感できる。しかし大都会と違うのは、風さえ吹けば「それなりの涼風」として「屋外サウナ風呂」からは解放されることだ。基本的には田舎なので(^^;)大きい木の周辺や小さい緑地でもあれば、それらの日影を繋いで涼み歩きのできるところもある。

まして私の住む団地は奈良市の西の端っこで、となりの生駒市への境界となる山の際に隣接しているので、そばを通る阪奈道路の騒音以外は「気分は山間部」な暮らしなのである。団地なので鉄骨鉄筋コンクリート造だが、そのためか昼間より夜のほうが「コンクリート内に蓄積した熱」をまともに受けることになる。台風でも近づいていて風が通ればまだいいが、空気が淀む「熱帯夜」の時はかなり寝苦しい。世間が真夏モードに入っても、これまでは熱中対策商品のひんやりシーツやアイスノン枕で耐えてきたのだが、昨夜は我慢の限界を超えた(^^;)全く寝付けず仕方なくエアコンをつけたのが午前3時。おかげで正午迄爆睡してしまった(^^;)

その前にエアコンを回して寝たのは、急に気温が上がり夜12時頃でも室温が30度を切らなかった6月末頃。3日ほど連続使用したが、その後気温が下がったのと、体が「真夏モード」に対応したため使用しなかったのだ。

さっきまで夕立(?)風に雨がザーザー降っていたが、さほど気温は下がらない。現在扇風機だけだと体感温度は30度以上。実際の室温は32度・・・ベッドまで生温かいので(爆)エアコン必須だろうなぁ(^^;)・・・ってやっぱり3時だし(爆)

元々「暑いのは強い方」なので例年でもクーラーを使うのは真夏の10日間(ちょうど今頃)程なのだが、いくら節電が叫ばれるご時世でも、ピークの昼間ではないので遠慮なく使わせていただこう。これでも例年よりはエアコンの使用開始が少し遅いほうだし。

政治の世界は相変わらず魑魅魍魎(ちみもうりょう)が跋扈(ばっこ)する、百鬼夜行の様相でようやく管政権の終焉が見えてきた途端に次のポスト闘いや駆け引きに終止する見苦しさ。これが与党のみならず野党まで巻き込んでいるからややこしい。震災法案が通り、事態が進む目処が付いたのは良いとしてもやっぱり「先行きは見えない」状況に変わりはない。

原発稼働に関して思うことは、止めようが動かそうが存在している危険性にさほど差はない。先の震災でも原子炉暴走に至る危険性は正常に阻止されたが、冷却に失敗したから重大な事態に陥った。地震などの災害やテロで原子炉設備が破壊されようがされまいが、重大事に至る可能性は使用済み核燃料を含めて、存在する限り完全にゼロにはできない。つまり原発がある限り「放射線漏れ事故」のリスクは免れない。

これまで嘘と欺瞞に満ちた安全洗脳教育でごまかされていたものの、それによって得られたエネルギー消費社会はもはや原発抜きでは動かせなくなっている。ある意味、今の節電ブームは原発の存在意義を見直す好機となっているが、今一度日本を激甚災害が襲い、原発の稼働が止まったとき、事故があろうとなかろうと「原発以外の発電方法」に頼らざるをえないのも間違いない。

地震の年表(日本):21世紀

この年表の膨大な地震の記録でも(原発が対象となる20世紀後半からでも)、今まで地震による原発事故の記録は福島の1件だけだ。しかし毎年のように起こるM6以上の地震が、「想定外の津波」を伴って来ないとは限らないし、原発建設地域に「未知の断層」があった場合の被害や、直下型地震による被害は「運のいいことに今までない」。

もし、(地震によらなくてもいいが)原発事故が再び起きたら・・・

原子力事故(日本国内)

私の心配は杞憂かも知れない。これまでの地震レベルであれば、津波を伴わなければ、原発施設の建築施工業者が手を抜かなければ、原発の運営責任者が正しく対処できれば、そして政府が正しく対応していれば、どんなことが起ころうときちんと正確な情報を出すことが出来れば、最悪の事態に対する備えがちゃんとできていれば・・・心配などしなくていいのかも知れない。

前から順番に信頼度が下がっていくこの現実のほうが私には悪夢でしかないのである。・・・怖いですね怖いですね怖いですね(^^;)

悪夢
Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



埋没【まいぼつ】

昨日、ブロ友の茅須まいるさんのたのしい検索ゆかいな検索で紹介されていたある記事に驚いた。

東日本大震災の翌日深夜長野と新潟の県境付近で発生した巨大地震をご存知だろうか?

アンサイクロペディア:栄村大震災

長野地震(M)6・7被害の様子【長野県 栄村】



映像を見てもかなりの被害。死者が出なかったのが不幸中の幸いだったが、最大の不幸は東日本震災の約12時間後に起こったこと。そして東日本震災のほうがあまりに甚大すぎる被害を受けたこと。完全に忘れ去られた被災地「栄村」。
普段は「究極の不謹慎」さをモットーとするパロディサイト、アンサイクロペディアで極めて真面目な記事が掲載されていることと、既存のメディアや大手ポータルサイトにまで無視された不条理を訴えてることが、この被災地の抱え込んだ苦痛を物語る。

多少なりとも全国的な連鎖地震が起こった3.11以降だったが、栄村大震災は埋没した。大震災が天災でもその後の救援体制の不備は明らかに人災だ。マスコミが社会正義を代弁する気があるなら、この地域を見殺しにしていいはずがない。むしろこういう少数で、誰からも救われない社会の弱者を見出してこそ「ジャーナリズムの正義」があるはずだ。大いなる不幸の影に改めてこの国の醜さを思い知った。

東日本だけが苦しんでいるわけではないことを肝に銘じておこう。

栄村震災義援金受付口座

JUGEMテーマ:社会の出来事


Posted by soup2001 | comments(5)  trackbacks(0)



万歩計【まんぽけい】

パートで働きだして1ヶ月以上経過し、ようやく業務にも慣れてきた。それでも初日で腰痛、筋肉痛を感じ、1週間を待たずして、腰痛コルセットや湿布薬、挙句に鎮痛剤まで動員して耐えるくらい体はなまりきっていた(^^;)

年末までに筋肉痛・腰痛は解消され、いまは「単純に筋肉疲労」を感じる程度にまで落ち着いた。そこで先週末思い出したのが、よく巷間で言われる「健康情報」のひとつ、「1日1万歩程度歩けば運動不足解消になる」と言うものである。

万歩計勤務中の4時間とその前後1時間は立ちっぱなしで動いているので、歩数としてはかなりカウントしているかもしれない・・・と思ったので、帰りに100均ショップで万歩計を買い、土曜の1日を計測してみた。それが画像の数字である。

職業訓練講座への通学も含めた丸一日の徒歩数は「9914歩」。講座はほとんど座っているだけなので、9000歩前後はほぼスーパーでの勤務中のものだ。こりゃ長く続ければ健康効果が期待できるかもしれない(^^;)

講座が終了し、午後からのパート先が別に決まれば10000歩超えもありうるし、今のパート先の勤務時間(午前8時から正午まで)のおかげで強制的に早寝早起きになっている(^^;)経済的には苦しいものの、今までよりははるかに健康的な生活パターンを作れるかもしれない(爆)

貧乏になれば境遇がそれに対応するように変化して行く。その生活パターンに体が慣れる様に健康効果を付加してくれる。全く世の中はうまくできているものだ・・・ひとりで感心していた昨夜の私であった(^^;)






JUGEMテーマ:日常。


Posted by soup2001 | comments(2)  trackbacks(0)



間違った愛情【まちがったあいじょう】

12月8日は日本時間における太平洋戦争の開戦日である。かつて国民を存亡の危機に陥れた無謀な軍事的拡大の野望は3年半で挫折し、日本は耐え難いトラウマとともに経済的復興を遂げるが、自らを抑圧してきた60年間、物質的に豊かになったこの国も精神的な整合性を失い、わずかな民族意識のみで国家を形成しているだけのように見える。

大げさなことを言う気は無いが、明治維新後の日本は間違った「愛国」に直進してしまったのは否めないだろう。そもそもは列強に肩を並べ、他国の侵略や内政干渉を受けないための「富国強兵政策」が、列強と同じ植民地支配と領土拡大政策に変化してしまった。それでもせめて列強並みにある程度「自制的」で露骨に侵略を仕掛けなければ「その後」は違ったものになったかもしれない。そうならなかったのは、資源に乏しい日本が他国の資源に依存する構造的弱点を重大すぎるほどに認識し、そのために資源の豊かな「大陸」を闇雲に欲した結果だったろう。

経済的優位性のために武力を行使すると言う点は、21世紀に入った現在も変わらない。中国が軍備を増強させ続け周辺国の脅威となっている点は否定できないし、それに対応する策をわが国の現政府は全く見出せないで居る。前総理は「友愛」を説き、与党内の起訴間近の実力者は「訪中団」を率いて「脅しをかける相手」に尻尾を振る始末だ(^^;)

大体自民党であれ民主党であれ、本来は自主防衛路線(憲法改正・再軍備)のはずがどこでどう間違って今に至るのか釈然としない。アメリカに金で買収された自民党ではあるが、永く日本の政権の中枢に居て安全保障においては一日の長があるはずのこの政党にして日本の未来像を描けない「政治資金集金集団」になってしまったのだとしたら非常にお寒い限りだ。

想像を絶する「閉塞感」が充満している今、私は心配でならない。今政治の世界で「カリスマ」となりえるスターが登場したらあの「小泉狂想曲」のように国民の支持を集め、走り出しかねない。それが良い方に向かっていくのであれば大歓迎だが、かつての危険な「富国強兵」政策に向かわなければいいのだが・・・。

間違った愛情と言えば、笑えるネタがネットに転がっていた。

オロナミンC炊き込みご飯など、メシマズ嫁の想像を絶する料理:おたくま経済新聞


母親を早くに亡くし、高校生時分から自分の食べるものは少なからず自分で作っていた人間から見れば信じられない料理の数々。創作料理で信じられない組み合わせが意外とおいしい場合もあるのだが、これは絶対的にまずいだろうと言う創造しただけで吐き気すら催す料理もある(^^;)記事の締めくくりにある「間違った愛情」とは言いえて妙だ。

愛情なら正しく伝えてこそ愛情であって、誤った伝え方なら「嫌がらせ」にしかならないことを知らなければならないし、「罪悪でしかない無邪気さ」は対峙した者がしっかりと受け止めつつ矯正してやら無ければいけない。
今の政治家や官僚は「間違った愛情を国民に注ぎ」いや、「自らの利権につながるようにゆがめた愛情を国民に注ぎ」それで国全体がきしみ始めていることを気がついていない。

「なんで戦争起こしちゃったの?」
「みんなでのけ者にしようとするんだもん。自分の土地に近いところを広げようとしただけなのにー」

「なんで最初の予定通り自主独立路線を守らなかったの?」
「だってアメリカの言いなりになったほうがお得だったしぃー楽なんだもん♪」

「なんで中国人船長を無罪放免しちゃったの?」
「だってぇー、中国人声が大きくて怖かったのー♪」

「なんで約束守らないの?」
「あると思ったお金なんだけどー、無いことにしちゃったほうが得かなーなんて♪」


そっかー、かつての大日本帝国も民主党も自民党も「飯マズ嫁」だったのかー!(爆)

せいろ

JUGEMテーマ:社会の出来事


Posted by soup2001 | comments(2)  trackbacks(0)



マルコフ連鎖【まるこふれんさ】

今日も求職検索とネタ探しとを並行して行っていたら(^^;)人工知能に関するトピックに突き当たり、そこで「マルコフ連鎖」という言葉に出会った。なんのこちゃ?と、wikiに行ってみたがあまりに難解(爆)で、どうにもチンプンカンプンなのでもっと優しい解説のページを探してみると・・・

1日3分で身につけるMBA講座 経営戦略編:Lesson 66 マーケットシェアのからくり(マルコフ連鎖)

どうやら過去の履歴(統計実績)を元に、数学的計算で未来予測をする理論のようだ。

人工知能で人間と会話する上で、論理矛盾を生じないためには会話の意味と流れを考慮しつつ別の回答を返す必要があるわけだから、こういう複雑な計算が必要になるらしい。その理論を人工知能として進化させるということなのか?

ということは、我々人間は普段から「マルコフ連鎖」の実践をかなり高度なレベルで行っていることになる。
さすが人間(^^;)

ついでに面白い例が見つかったのでこちらも紹介しておく。

まず基本のテキストとして2ちゃんねるで超有名な「伝説の吉野家文章(昔)」を念頭において、
こちらをご覧頂きたい。

マルコフ連鎖による文章生成

いわゆる文章変換ジェネレータのためのプログラム理論ということなら、いわゆる「ブログ・ペット(人工無能)」とかいう適当に言葉を返す類はこれを使っているのか?「デス川柳」とか「今日のあなたのキャッチフレーズ」とかもそうなのか?(^^;)



キャッチフレーズ

まぁ、「デス川柳」や「今日のあなたの〜」は、過去の統計は完全に無視してそうなので(^^;)単純な単語のシャッフルでしか無いと思うが、このいい加減さや支離滅裂さ、どうも違和感がないと思ったら・・・

現日本政府の言動と似てないか?(爆)

何考えてるのか全く理解出来ないあたりは「そのまんま」じゃないか(^^;)

まさか左翼の聖典「マルクス主義」のダジャレで「マルコフ主義」とか言わないだろうね?(爆)


JUGEMテーマ:社会の出来事


Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



魔女狩り【まじょがり】

最高検が地検特捜部を切り捨てた。さて、今回の「割り屋」は誰で、どんな「シナリオ」のもとに前田検事の供述を操作・誘導したんだろうか?(^^;)

証拠改ざん:検察内から悲鳴「大阪の特捜はお家断絶」

これで有利になったのは小沢一郎だと言いたいところだが、あの人の場合、自分の説明不足が致命的で、この事件の検察官は萎縮しても、国民感情(心証)はほとんど変わらず疑惑は晴れないんじゃないか?・・・と思っていたら案の定、検察審査会では「起訴相当」の裁定で、強制起訴されることになった。しかしこの決定は昨今の検察不信が起きる以前の9月14日(なんと民主党代表戦当日)にされていたというから、これもまた驚きである。

小沢一郎右は以前の使い回し画像だが(^^;)2回目の登場を記念して「連敗」の文字に書き換え、鼻水もサービスしておきますた(^^;)

【東京第5検察審査会の議決書全文】


しかし、なぜこの時期の発表なのかがよく判らない。ひょっとして司法はこの決定を出したくなかったのか?そう言えばあの事件の前田検事は小沢一郎の西松疑惑事件で応援に向かっていた。あらゆる勢力の力学に鑑みて影響が「誰か」に及ばないことを確認して出してきたような印象だ。

同じく今の時期に裁判を行っている人間も多くの場合は影響は少ないだろう。法廷闘争上の戦術がひとつ増えたくらいではないか?まして時々芸能欄に出てくる押尾の場合は全く関係なかろう(^^;)押尾自身の供述が検察以上に信用できないことが証明されているからで、今回の量刑より増えることはあっても少なくなることはちょっと考えられない。もし量刑が減るようなら何かの力が働いたと見るのがいいかもしれない(^^;)・・・だって某森元首相の長男とか、某森元首相の長男とか、某森元首相の長男とかの関与が噂されてるしね(爆)


なんにせよ、事件が起こったらその真実を明示し、法に基づいて「責任の所在を特定し処罰する」。それが捜査機関・司法に求められることではあるが、「悪者を作り出すことだけが目的」になってしまえばこれは「魔女狩り」だ。

最近良く言及しているアメリカ中央情報局(CIA)は諜報謀略機関だが、彼らはその存在理由を保持するために謀略やアリもしない危機をでっちあげてきた過去がある。もし特捜検察がこの「自らの存続のための捏造」に走る傾向が出ているなら、これはおよそ時代錯誤な野蛮な犯罪以上にひどい腐敗といえる。

検察の在り方について徹底的に検証されることに異論はないものの、誰かに責任をかぶせて処刑するだけなら、中世の魔女狩り裁判と何も変わらない。そんな事になるなら、国民はもう一度そんな結果を導いた「魔女探し」を求めるだろう。

・・・ひょっとすると検察も我々も永遠の魔女狩りをしているだけなのだろうか?

JUGEMテーマ:社会の出来事


Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



豆ごはん【まめごはん】

朝方はまだ薄ら寒いくらいだったが、昼近くになってようやく春らしい陽気に包まれ、歩き回るとうっすら汗ばむほどの好天。もうとっくに桜が終わっているのだからそうでなくっちゃ(^^;)カメラ担いで今日も「仕事にも使える」奈良市内の撮影ミニ・ツーリングをしていた。

最近入手した「広角コンバージョンレンズ」のテストも兼ねていたが、やはり広角系のレンズが加わると映像の幅が広がる。写真初心者だった大昔は、「とにかく超望遠レンズ」が欲しくて仕方なかったが、この歳になってようやく標準から広角系のレンズが好きになってきたのだ(^^;)

JR奈良駅

標準レンズでも似た感じの画像は取れるのだが、画像の中心から端にかけての画像のゆがみがやはり強い。<より>ダイナミックな感じになるのだ。(画像は改装中のJR奈良駅旧駅舎部分)

そんな春らしい一日を走り回って帰り道、夕飯の献立を考えていて思いついたのがこれ↓

豆ごはん

「枝豆の豆ご飯」である。雑穀に胚芽玄米とマンナンヒカリ(ダイエット用のお米風こんにゃく粒)まで加え、鰹節でとった出汁で炊いた。仕上げに別茹での枝豆に人参を刻んで散らすと彩りが増した。
食べたのはこれだけではない(サーモン刺身・湯葉の吸い物<ご飯用にとった出汁のあまったもの(^^;)>・タコと胡瓜のポン酢和えなど)が一番見栄えがよかったので、画像はこれだけ(^^;)

今日は久しぶりに料理らしい料理だった。さて明日は何にしようか・・・


JUGEMテーマ:料理


Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



曲がり煎餅【まがりせんべい】

まがりせんべいフィギアスケート女子は、期待の浅田真央が自己ベストの得点ながらそれを上回る完璧な演技を見せたキム・ヨナに次ぐ銀メダル。

インタビューで悔しさからか涙に暮れていたが、わずか19歳の少女に我々はとんでもなく重い重圧を背負わせていたことを改めて思い知った。いまはただ彼女の健闘をたたえるのみだ。

ミスが無かったとは言えキム・ヨナの得点があまりに高いため少々不自然に感じる者もいたようだが、我々素人には判断できないし、ノーミスでなおかつ「高得点を狙う」戦略の結果だとも思う。とにかくこの最高の舞台でのプレッシャーと戦い、メダルを獲得した選手に賞賛を惜しまないはずも無い。金でなかったのは残念だがこれも時の運。前回のトリノでの荒川静香のびっくり金メダルも感動的だったが、今回の浅田選手の銀メダルもまたすばらしいものだった。他のスピードスケート陣、男子フィギアの高橋大輔選手のメダルと共に凱旋帰国が待ち遠しい。

ところで、どうやら「今回は金メダルは無し」の雲行きが濃くなったが、今回のメダル、↑の画像のように私には「曲がり煎餅」のように見えて仕方ない(^^;)ユニークな形なのだが、日本人にはなんとなく素朴な餅菓子に見えてしまうのだ。

金は薫り高き「しょうゆ」銀メダルは「塩味」銅は唐辛子入り「ピリ辛醤油」あたりか?私は煎餅は塩か唐辛子激辛が好みなので、今回の日本勢の獲得煎餅は非常に満足しているのである(爆)<なんじゃそれ

JUGEMテーマ:社会の出来事


Posted by soup2001 | comments(5)  trackbacks(0)



抹茶【まっちゃ】

抹茶キャラメル以前のエントリでキャラメルにはまってしまったことを書いたが、今日、思いが通じたのか生産終了の抹茶キャラメルについに出会った。早速食べてみると「予想通り」の味わいだがなかなか良い。
生産終了するには惜しい味である。きなこやあずき、黒糖まで出ている今、

抹茶なくしては
「和風四天王」の
味わいが楽しめない
ではないか(爆)


大体「抹茶」は今や甘味処では超定番の味わいで、
ラーメンなら「しょうゆ」につぐ「みそ」か「とんこつ」にも匹敵する巨頭なのだ。(なぜに例えがラーメン?)
コーヒーなら「ブルマン」に次ぐ「モカ」か「キリマンジャロ」(なぜにコーヒー?)
おにぎりなら「梅干」に次ぐ「おかか」か「昆布」。ちょっと洋風の「シーチキン」である。おっと「明太子」も捨てがたい。(だからなぜにおにぎり?)

とにかく。森永製菓には速やかに抹茶キャラメルの再発売をお願いしたいということで、くれぐれも
頼ん抹茶(親父ギャグ)


JUGEMテーマ:日常。


Posted by soup2001 | comments(4)  trackbacks(1)



抹殺【まっさつ】

芸能ネタは得意分野で無いので(^^;)エントリを上げるつもりは無かったのだが、結構私の周囲でも話題になっていたので取り上げることにする。

北野誠 ラジオで謝罪、活動自粛を発表

「リスナーがイベントを録音!?」北野誠 突然"無期限謹慎"の裏事情


「バーニング!」桂ざこば ラジオで北野誠にエールも憶測呼ぶ不規則発言


私は芸人としてもタレントとしてもデビュー当時から「北野誠」を全く評価していないので、彼自身の問題でどうなろうが知ったことではないのだが、今回は背後に不穏な力学が働いていたようで、一般では計り知れない業界の裏側の鬩(せめ)ぎあいが非常に興味を刺激したのである。

ゴシップまぁ、裏ネタ専門、「歩くゴシップ野郎」(有吉の毒仇名風(^^;))の北野誠だけに、やりすぎてバッシングを受ける可能性は以前からあったはずだ。私は彼のこういった話には全く興味が無いので、単純な舌禍事件だと思うのだが、なんとも動きが不透明すぎて気持ち悪い。

「奢る平家は久しからず」と言うように「暴露ネタ」「他人の褌で相撲を取る芸」だけで持っているタレントや、「裏側の権力で一人の人間の抹殺しようとする企業」のどちらも永続することは無いだろう。

裏ネタ暴露タレントの再就職先は「アサヒ芸能」か「週刊実話」か、はたまた「大スポ」か「トーチュウ」あたりが似合いかもしれない(爆)




Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



マスコットメーカー【ますこっとめーかー】

以前「平城遷都1300年記念事業マスコット」が酷く不評なエントリを上げたが、昨年すでにこういうニーズにこたえるべくツールがあった!な〜んだ最初からこれでやっておけばよかったんじゃん(^^;)



で生み出されたのはこれ。







1



微妙といえば微妙だが、まだ可愛いと思える気がする(^^;)

将来の夢が「大学教授になる」というのもグッドだ(爆)



色々遊べそうなのでURLをこちらに入れておく。



マスコットメーカー
Posted by  | comments(3)  trackbacks(0)



マジック【まじっく】

私の世代では「マジック」というと吉本興業の「ゼンジー北京」師匠でも「マギー司郎」師匠でもなく引田天功だった。と言っても先ごろ「重傷を負った二代目」ではなく初代の引田天功である。彼の得意なマジックは「どこまで信じていいのかよくわからないほど大掛かりな舞台装置」に、爆薬やらの派手な「危険因子」を配した「絶体絶命の脱出マジック」なのだ。1時間30分の番組でたった一つのネタを命がけで、3ヶ月以上の時間をかけて生み出していた。

今から思えば規模の割には派手さも華やかさも著しく欠けていたのだが、寄席などで定番の「オリーブの首飾りをBGMにした手品用の道具を操作するだけの演芸的マジック」よりは緊迫感に溢れていたので、子どもの私は結構はらはらしながら見ていた。

初代が亡くなるちょっと前にはテレビのワイドショー風の番組にも出てきて小ネタのテーブルマジックなどを披露したり、CMへの前振りで、催眠術師の言い方で
「サンン、ニィィ、イチッッ・・・裏番組を見ると頭が痛くなる!」
と言ってくれるのも結構好きだった(^^;)

その後はマジック界も人材が枯渇していたのか目立つ人物が出てこなかったのだが、衝撃的だったのが「Mr.マリックの超魔術」だった。
およそトリックの仕込みようが無い状況や、小物を巧みに操り「ありえない現象」を見せてくれるその手際は今思い出しても不思議である。「超能力っぽく」演出されたので
後に批判を受けることもあったが、彼のスタイルは独創的で、しかも観衆の目の前で演じるその実力の確かさは後に出てくるマジシャンにも影響を与えたことだろう。

ちょっと以前に話題になった「デビッド・カッパーフィールド」の消失・移動マジックは規模的にもすごいのだが、どのマジックでも、マジックである以上必ず「騙されている自分」を認めざるを得ない瞬間があり、「どこで騙されているかがわからないうちに、自分の想定外の結果が整然と提示される驚き」が実に快感なのである。

昨夜アジアカップの前に、ビデオ撮りして見忘れていた番組を見ていたのだが、やはりその「快感」が得られて面白かった。が、前にも増して巧妙なトリックの連続に、「クラクラするくらい」頭脳の観念破壊の快感に浸った。

セロ(Cyril)のマジックも手際のよさや、キャラクターの立たせ方で独特の物を感じるし見ていて楽しい。ネットでは種明かしをやるサイトもあるようだが、最初からギブアップして見に行くのも少々悔しいので、できれば自分で種を考えてみたいものである。まぁ、無理だろうけど(爆)

フォトショップと言うソフトがある。グラフィックを扱う仕事をしていれば必ず一度は使うソフトだが、その活用の幅は広く、真の実力を使いきらないままの人も多いと思う。
↓のYoutubeはそういう人には衝撃的である。
フォトショップの威力

これを見て感じることがある。いくら種を知っていても実演する技量がなければ、「タダの知識」でしかない。フォトショップでの女性のスリム化はスリムになった女性の完成図が頭の中でイメージでき、それを再現する技量が必要だ。絵を描くのと同様の技術が無ければ、バランスが崩れまくった醜悪な仕上がりにしかならない。

マジシャンのマジックもあらかじめ用意された「結末」へ見る者をいかに上手く誘導できるか、その過程に必要なテクニックや観客の反応を熟知していなければ、「サプライズ」は生まれない。

さて、議員センセ方は毎回「大風呂敷」を広げては、当選後「観客の期待を真逆に裏切るサプライズ」が大得意だ(^^;)少なくとも今の日本に、Photoshop職人やセロ級のトップレベルのマジシャンがいないと言うことなのだろう。小泉前首相のようにネタがばれそうになって幕間に消えるタイミングだけは一流の、「逃げ上手なマジシャン」はいるようだが、どうも安倍さんは「騙すのも、逃げるのも下手」っぽい。

さて、どういうオチを用意してるのかだが・・・あまり切れは良く無さそうである(^^;)
Posted by  | comments(2)  trackbacks(0)



マフラー【まふらー】

このクソ暑い季節に「マフラー」はないだろ!と思うだろうが、排気消音装置のマフラーのことである。今朝通勤途中・・・というか勤務先に到着直前、エンジン音が変わった。「ん?」とは思ったが極端に変わったわけではなかったので、そのままにしていたら・・・帰路走り出すと明らかにおかしい。どんどんエクゾーストのボリュームが大きくなってくる。「エアクリーナー」か「エキゾーストパイプ」の損傷でも起こっている感じだ。一旦停止してエンジン周りを見てみたが暗くてよくわからず、なんとか帰り着くまで持てばと走り出して数分後、けたたましい音がなり始めた。あまりの大音響に「やっぱりエキパイだ!」とスローダウンして路肩に寄せると、すぐ後ろを走っていたアメリカン・バイクのお兄ちゃんが「マフラー落ちてるで」と教えてくれた。

見るとマフラーがぐにゃっと曲がったように横にせり出している。「なんで?」と思ってエンジンを止め、近くにあったコンビニまで押して行き、明るい灯りの下で見ると、マフラーの固定ビスが飛んでいて、金具が脱落している。かなり以前から少しずつ緩み始めていたのだろう。今朝の異音はそのビスが飛び、振動でエキゾ−ストパイプが、マニホールド付近で割れた音だったのだ。しかもなにかのワイヤー1本だけでぶら下がってる状態でとても走れる状態ではない。いや、大音響を出すが走れなくは無い。しかし、もし走行中にブラブラになってるマフラー部分全体が脱落して後続車に損傷を与えたり、歩行者に当たって怪我でもさせれば最悪だ。しかたなくバイクを置ける場所を探して押し歩き。うぐぐ・・・運動不足の身には、平地とはいえ、きついよぉ(爆)

どうせならもっと早く割れきってくれれば昼のうちにバイク屋を探して修理を依頼するところだったのだが、帰り道半ばの夜中では、頼めるバイク屋もいない。運が悪いとしか言いようが無いが、ボーナス直後だったのが不幸中の幸いか(爆)修理代は問題なく払えるが・・・Macminiがまた遠のいていく(^^;)

それにしても(毎日50〜60km走ってるとはいっても)2年以内に大きな障害が2度も起きるバイクってダメダメじゃん(T_T)こりゃはやいうちにヤマハは見限った方がいいかもなぁ(^^;)

数百メートルさらに押して、オートバックスの駐車場に一時置かせてもらうことにした。明日業者に引き取るなり連絡を取らせるつもりだ。そこからはもう深夜帯の時間だけにタクシーしかない。路線バスの最終も終わっている。最寄り駅までタクシーを使って帰れば帰宅時間はさらに遅くなる。日ごろ「反感を募らせるタクシー」だが、涙を呑んで(^^;)拾って帰って来た。山越えもあり距離もあったので4500円也・・・(ため息)

バイクを押して数百メートル〜1キロくらいを歩いたおかげで全身汗だくである。タクシーのクーラーの冷気が「天国」に思えた(^^;)

この時期の「マフラー」だけに、帰り着くまでに「大汗」かいてしまうくらい、超クソ暑い帰路になってしまったというオチでした(T_T)
Posted by  | comments(0)  trackbacks(0)



マトリクス【まとりくす】

勤務先のプリンターがトチ狂った。こいつは時々こうなるが、こちらが油断してると下の画像のような意味不明コードの羅列を「用紙が無くなるまで」出し続ける羽目になる。おかげでA3のまるまる1束分がこいつの餌食になった(汗)この全く無意味な資源浪費出力紙を勤務先では「マトリクス」と呼んでいる(^^;)キアヌ・リーブスの映画のイメージなのだ。

マトリクス1

白黒だと雰囲気が出てないので拡大し色をつけて見た(^^;)らしくなったでしょ?
まぁ、上の白黒はA3全面があんな調子になっていて、画像はその一部をA4スキャナで取り込んだものなのだが(わざわざスキャンするか?)最初の数枚はほぼ全面だが数枚後から飛び飛びの印字が際限なく続く。

マトリクス2

下の画像などはその一例。結構いろんなバリエーションで滅茶苦茶にしか見えない文字列が吐き出される。まるで映画「シャイニング」(スタンリー・キューブリック監督、スティーブン・キング原作のホラー)で、主演のジャック・ニコルソンが打ち込んだ「勉強ばかりで遊ばないジャックは今に気が狂う」の英文タイプのバリエーションを見せ付けられた女房の心境だ。<長いボケ(^^;)

マトリクス3

しかしこの画像のように妙な漢字が縦に並ぶと、中国人ハッカーにプリンタを壊されたような気分になる(爆)

・・・結果、余計な仕事が増えました(T_T)・・・余白がA4ほど残ってるものを抜き出して(再利用するため)A4サイズにカットする作業が・・・(ため息)
Posted by  | comments(3)  trackbacks(0)



マスコット【ますこっと】

マスコット

画像は私が今使っている携帯である。カラーコーディネートされた(?)左の緑色の奴はポンキッキの人気キャラ「ガチャピン」である。いい歳こいてマスコットが賑やかというか(汗)チャラチャラしているというか・・・いやがおうにも私の精神年齢の低さを再認識してしまう(^^;)

言い訳めくが「ガチャピン」は今日勤務先の同僚の女子社員からいただいた。私に似てるとのことだ(T_T)そりゃ頭は坊主刈りだし目はギョロ目の類だし、鼻は低い。しかし私は緑色ではない!・・・と言ったとたん・・・

「携帯とピッタンコでしょ?」

・・・言い返せない(爆)

せっかく私を「いじってくれている」わけなのでその好意(?)に甘えることにした。というわけでしばらく付けてみようと思うが、マスコットとしては異常にデカいのでポケットの中で邪魔だ(^^;)

ぬいぐるみと同じなので携帯に傷はつかないが、こういうものは数日と持たず「手垢で黒ずむ」か「足ひれ」が取れるであろうから、悲惨な状態になる前に外すつもりである。第一私のようなオヤジがつけるマスコットではない(^^;)

また、そうでなくとも他にマスコットはついているので「間に合っている」のだ。

宝くじを買ったときにもらった「招き猫に小判」・・・なんとも嫌味とも取れるびみょーなマスコットだ(爆)
右上の黒っぽいのはF1鈴鹿で配っていた「F1ケータイグランプリ」のタグ型液晶クリーナー。
形はつまらないがコレが一番実用的(^^;)

以前は食玩のミニチュアカーなどつけたこともあったが、金属製だと携帯に傷がつく。プラスチック製やビニール製は造形がちゃちなので、外してしまった。この先どんなマスコットと付き合うかはわからないが、このガチャピンのように巨大な奴はごめんだ(爆)
Posted by  | comments(0)  trackbacks(0)



松の内【まつのうち】

年頭なので風流に句をひねって見ました。

 まったりと 撮り溜めビデオ 鑑賞会

 スカパーの 歴史番組 はしごする

 結局は 運動不足 未解消

 みかんのみ 消費が増える 寝正月

俳句というよりは、やはり川柳にしかなりませんな(^^;)
HDDビデオに撮りだめたものを見るはずだったのですが、消化できたのは今のところ3本だけ。
テレビが15インチのCRT状態では大作映画の迫力は微塵も無く、残り2日で何本見れるかわかりません。スカパーの「ヒストリーチャンネル」で「プロジェクトXセレクション」や「そのとき歴史が動いたセレクション」が大晦日〜元旦から連続して放映されたので、そっちに興味が移ってしまってしまいました(汗)私はこういうドキュメント系が、特に歴史ドキュメントには目が無いので、気がつくとほぼ2日間、F1レジェンド再放送(フジ721)とちゃんぽんで見まくってました(^^;)

正月休みで寝正月だと体がなまって仕事始めがキツイので、何か軽運動をしようと考えていたにもかかわらずな〜んにもしていない(汗)いかん。これでは私は全く学習効果の無い人間ではないか(^^;)

明日、とりあえず駅まで往復1時間のウォーキングをしよう・・・雨でなければ(爆)
Posted by  | comments(2)  trackbacks(0)



マジシャン【まじしゃん】

プロ野球界には「マジック使い」が多いようだ。誰もの予想を裏切る好成績を残した監督に対する称号だ。かつては最下位から翌年日本一に輝いた「三原マジック」から、最近では「仰木マジック」と言われるくらい「用兵術に長けた」監督をさすが、共通するのは「誰もが活躍を予想しない、期待しない選手を発掘」して好成績に結びつけた点だ。そういう意味ではロッテの「ボビー・バレンタイン」監督も「ボビー・マジック」と呼んでいい位の用兵家である。

楽天の監督が来季は野村克也氏だともっぱらの噂だが、彼もまた「野村マジック」の具現者である。阪神時代は女房の脱税事件で結果を出す前に辞職を余儀なくされたが、その遺産が星野SDによって有効活用されたのは周知のこと。まさに「野村再生工場」が再び「誰を再生させるのか」が期待できて面白い。清原・元木・後藤とジャイアンツ「清原組」の郎党が集結するとの噂も飛び交い、これらの決着がつけば面白い人材が楽天に集まる。

どうもそうなると田尾監督は貧乏くじを引いたようにも見えるが、彼にとっては非情にも見える「解任」はむしろ温情のようにも感じる。というのも、監督経験のない田尾氏をいきなり監督に据えた時点で、今シーズンの記録的惨敗は容易に想像できる。ゆえに今切れば田尾氏に傷をつけないからだ。将来の復帰も可能性が高まる。とすると田尾氏の役どころは「新生球団のイメージ・キャラクター」というところだったのではないだろうか?だとすれば彼の実直で爽やかな人柄は、「地に落ちたジャイアンツ」よりもはるかにいいイメージで迎えられ、その効果で「楽天球団」そのものが「若々しい未来のあるチーム」として受け止められているからだ。実際は中古選手の吹き溜まりでまともにペナントを争える戦力ではなかったのだから。

そこで、次に戦力アップと選手発掘のできる用兵術を持った老練な指導者として野村氏は最適である。来季たとえ開幕直後の3週間ほどでも快進撃を続ければ、「楽天の戦力が強化された」と野村効果を実感できるだろうし、球団は盛り上がる。もし優勝まで手が届くことは無くとも数年続くであろう「野村再生工場」で生み出される選手は間違いなく次の時代の財産となる。

おぉ〜っと。ここまでの戦略を三木谷社長が構想していたのなら、さすがIT企業の勇だけのことはあるというものだ。これがまんまと当たって数年後プレーオフに出てくるようにでもなれば「三木谷マジック」と呼んでもいいかもしれない。

ぜひ、野村氏&三木谷社長、二人のマジシャンのお手並みを拝見したいものである。
・・・で、気づくこと。三木谷社長って本気でプロ野球やる気があったんだねぇ。ホリエモンの対抗馬に「担ぎ出されて」当初はあまりやる気がありそうに見えなかったんだけど・・・。

つまり今度の監督交代劇は「三木谷マジシャン」→三木谷マジじゃん(^^;)ってことだったのねぇ〜(爆)
Posted by  | comments(0)  trackbacks(0)



満載【まんさい】

満載
ちょうどお昼ごろ、会社の前を画像のトラックが通っていった。なんぼなんでも積み過ぎじゃないの?積荷を落としたら事故や渋滞の原因になりかねないのでちょっと気になった。軽量の自転車とはいえワイヤー1〜2本で固定しきれるものなのか?

「わー中国の曲技団みたい」

わが社の女史はなんとものんびりしたものだ(^^;)第一中国曲技団のものは人間が大勢1台の自転車に乗る技であって、1台のトラックにやけくそ気味に自転車を積み上げる技ではない。

この山盛り自転車、「黄色い撤去札」がついていなかったので、地方自治体の撤去作業で引き取られなかった自転車たちだと思うが、スクラップになるのか、発展途上国へ輸出されるかなんだろうな。少なくともその地の人々のほうが日本人よりは大事にしてくれるはずだ。

子供のころは自転車にも愛着があったものだが、今職場に持ち込んでいるマイ自転車も「盗まれても構わない」くらいの気持ちで置いているので、この光景はほんの少し心が痛んだ。

あのトラックには「驕り高ぶった日本人の心」も満載されていたに違いない。
Posted by  | comments(0)  trackbacks(0)



マグニチュード【まぐにちゅーど】

日本語では「震度」に変換されることの多い地震の(エネルギーの)大きさを測る単位だが、16日の宮城沖地震ではM7.2だとか。本来ならもっと甚大な被害になってもおかしくない地震エネルギーだったが幸いにして死者もなく、負傷者も100名を下回った。それでも広域に浅く被害は広がって帰省客のUターンには影響が大きそうだ。

あの阪神・淡路大震災でM7.3だったらしいから、揺れ方が「被害を大きくしない揺れ方」だったのかなと思う。専門家による分析を待つほかないが、何はともあれ・・・である。

耐震構造や発生した時間帯、地域の防災意識が高かったこともあるのかもしれないが、私の目には「奇跡的」にさえ見える。最近のデータで見ても、新潟県中越地震や福岡県西方沖以上の地震エネルギーだったことを考えると、関係者も安堵したのではなかろうか。

ちょうど高校野球で東北高校が同じ東北勢の青森山田に競り勝った直後で、応援に来ていた人々を含め、気が気でなかっただろう。

人間にとってのマグニチュード(衝撃度)という言い方をするならば、地震ほど厄介なものはない。自分が難を逃れたことに「幸運」を感じることも事実だろうが、家族や知人をその地域に持つ場合は、自分がその現場にいないことはどうしようもなく歯がゆいものだ。

私自分も阪神・淡路大震災のときは関西ではなく仕事で福岡に行っていたので、なかなか連絡のつかない年老いた父と友人の安否をものすごく心配した。
幸い知人で被害にあった10人ばかりのうち、不幸にあったのは2人だけで、死者の多く出た神戸市東灘区に住む知人は無事だった。彼には生まれて間もない乳飲み子がいたこともあり、無事なことがわかったときはほっとしたものだった。自分の父親もなかなか連絡がとれず気をもんだが、親戚から「地震の前に具合が悪くなって、今入院してるから心配要らない」と連絡があった。

即時的な危機には遭わなかったものの「入院」の言葉が気がかりだった。その後仕事で福岡と大阪を時折行き来することが増え、国内便の航空機チケットの予約に苦労しながら自宅に戻ることも増えたが、父は震災の半年後他界した。

その年、私の心のマグニチュード(衝撃度)は紛れもなく高かった。
それでも直接被害に会われた人に比べると微々たるものだったことだろう。

死者が出なかったこと・・・どんな災害でも、これに勝る「不幸中の幸い」はないと思った宮城沖地震のニュースだった。
Posted by  | comments(0)  trackbacks(0)



魔法堂【まほうどう】

こういう名前のラーメン屋を職場の近くに見つけた。ちょっとエスニックな雰囲気が漂う店内には、「台湾風」「韓国風」の文字が躍っている。繁忙期で忙しく働くマスターがさしずめ「魔法使い」ということになるのだろうか?ランチを頼むと、エビチリとライスに高菜漬けと背脂系しょうゆ味のラーメンが出てきた。
1

2
味はなかなか。いける味だ。くどすぎず、かといって「京風」という名のパンチのないひたすら上品さだけを狙った「頼りなさ過ぎる貧弱なラーメン」にはなっていない。麺の感触も心地よく、もう一二度いけば「はまる」かもしれない・・・が、私が気になったのはラーメンの味ではなかった(^^;)


色紙中央の文字が読めるだろうか?「三船剛」である。マッハ号のドライバーだ!
マッハGoGoGoという昔のアニメの主人公・・・ではなくて、

その名を頂いて実際に国内のSuperGT選手権に参戦する三船剛選手のものだ。

・・・アニメほど「美男」ではないのはご愛嬌(爆)だが、夢があっていいですなぁ・・・しかしなぜ彼が?ここに?
その周辺にもチームのレースクイーン?らしき女性の色紙もある。それにしてもここのマスターはレース通なのだろうか?、芸能人の色紙よりもいい位置に貼られている(^^;)

次にくるときは少し時間をずらしてマスターに聞いてみたいものだ。
Posted by  | comments(0)  trackbacks(0)



松屋【まつや】

今日いつもの「松屋」に食べに行くと・・・

 「当店は3月17日午後3時を持ちまして閉店いたします。
 長い間のご愛顧ありがとうございました」


えええ?マジで?閉店セールと言いつつ5年も続けている靴屋とは違い、こっちは本物のようだ。そうすると私の昼食の単価が、一気に値上げされることと同じ意味である。

滅茶苦茶痛いぞ!(^^;)

単価が一食あたり300円上がってしまうではないか!つまり1ヶ月6000円以上の出費増!
洒落にならん!(汗)吉野家よりもすき屋よりもなか卯よりも足繁く通っていたのに(T_T)<会社に近かったせいもあるけど
吉野家にいたっては、会社の隣なのだが、わざわざ離れた「松屋」に通っていた。食事休憩10分になってしまう吉野家より、25分になる松屋を選んだ。「味は吉野家」と言う人には、味噌汁が致命的にまずい吉野家よりも、学食みたいな味だけどまともな味噌汁がデフォルトでついてくる松屋こそ正統派と主張した。BSEで牛丼が出せなくなったからと、いろんなものを作り出した吉野家よりも、それ以前から「牛丼」だけでない食事を提供してくれた松屋を選んだ。吉野家は毎日通うのは無理だが、松屋なら毎日でも通えるし、サイドメニューも豊富だ。そんな松屋を頼りにしていたのに・・・・

あぁ私の昼食は!財布の中身はぁ!!


実はもう10分ほど歩けばあるんだけどね>松屋(爆)
Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



窓と林檎の遍歴【まどとりんごのへんれき】

どうも私の今使っているMeは「ダメダメOS」らしい。そういえばブロードバンド速度計測サイトでも「Me」はBBに向いてないのでアップグレードを検討してくださいと、警告されていた。

しかしなぁ、今更買い換えるのも面倒だしなぁ・・・カスタマイズといっても大したことはしていないしほとんど「すっぴん」のままなので、さほど困ったことにはなっていない。むしろWindowsDTP時代対応を考えて会社に持ち込んだXPの方が問題多し。

Me以上にわかりにくく感じるのは何故ダロー(^^;)一応95や98、2000とこのMeとXP、ひととおり触ってみたけど、一番厄介な使い勝手なのがXP。CPUに比べてメモリやOSの負担が大きすぎるように感じている。

とにかく遅い!初代PowerPCのPM8100+漢字トーク7.1を彷彿させるくらい遅い!(爆)
どうせ買い換えるならこっちを何とかしたい(^^;)

最初の窓機=SofmapのshopビルドモデルでWin95。
2代目=中古の東芝リブレット、これは98。
3代目=日立プリウス型落ちの2000。
この3代目は液晶でTVパソコンで、DVDが使えたがなぜかDVD-Rが焼けず(RAMのみ)で、マシン自体の使い勝手が良かった割には(液晶も綺麗でモニタはとても気に入っていた)イマイチ使い込むには力不足で、iMac液晶の登場であえなく処分(^^;)
4代目=この今使っているVAIOでMe。
5代目=富士通のLOOKでXP。CPUが1GHzないのが致命傷か?とにかく遅い!

さて林檎はというと・・・長い間の付き合いだけに・・・話も長くなる(^^;)

最初の林檎機=LC575という機種当時としては「巨大一体型(^^;)」。OSは漢字トーク7.1.3(だったかな?)その後「川柳」にハマるのを予感させるような型番(爆)や、コレを購入した4〜5日後にアイルトン・セナ(F1ドライバー)の事故死というショッキングな思い出も手伝って、いまだに13インチ画面の小ささを思い起こすことがある。
2代目=実はまだ家にある(といっても退役)のPowerMac7100。漢字トーク7.5。AVパソコンとして、テレビを画面に映しながらニフティの会議室をさまよった、これまた思い入れの強い機種。
3代目=Paforma6120。漢字トークは確か7.5。拡張性のあまりの無さにわずか3ヶ月で処分された一番短命な機種(^^;)
4代目=PowerBook Duo230c。漢字トークは7.5だったか?会社デビューを果たしたモバイル的に使ったはじめてのパソコン。一度HDDを修理に出したが、割と気に入っていたにもかかわらず、周囲がPowerPCの中での68kCPUで32Mhzのクロックではあまりに辛くなり、買い替え。
5代目=PowerBook5300cs。PowerPC603-80Mhz(クロックはうろ覚え)で明らかに速さを感じたが、筐体も大きく重くなって、モバイル使用するたびに背中が痛くなる機種だった(^^;)
6代目=中古PowerMac8100vc(^^;)当然デフォルトOSは漢字トーク7.1。だがG3カードを刺してクロックは200Mhz相応に。HD やCDを換装したり、結構いじり倒した。今も仕事用のバックアップ機として準退役モード。OSは8.6までアップグレード。
7代目=PPC-G4/350MHzで、いきなりデフォルトOSが8.6に。バカ速い印象だけが記憶に残っている。仕事場が新しいUSBやFireWireに対応せず、宝の持ち腐れになって結局1年半で処分。
8代目=iBook500白/Dual-USBそれまでのiBookのおもちゃっぽさを脱却した白い美麗なノートMac。G3で500MHzなので速度的には全く不満はなかったが、メンテナンス時のHD検証が滅茶苦茶遅い!(^^;)OSは9.1と10.1
9代目=iMac800日立プリウスの代わりにDVDマシンとして我が家デビュー。OSは9.2と10.2(ジャガー)<その後10.3(パンサー)を搭載して今にいたる。いろいろ使えるまだまだ現役。
10代目=OS9起動可能な最後のiBookということでAppleBTOモデルを日本橋の、今は倒産した「ニノミヤムセン」で購入。
今のところここで林檎遍歴は止まっている。その分iPodは2代目だったりするし、CLIEなどのPDAにせっせと身銭をつぎ込む。どおりでローンはいつまでたっても終わらないし、クレジットカードの一枚はずーっと限度額目いっぱいのまま(^^;)

おっと、林檎でダメダメなOSというと、10.0(パブリックベータ)と10.1くらいか?このあたりはクラシック環境の安定性が悪いのでしょっちゅう勝手に落ちていく(^^;)使い勝手も「こぎれいなWindows」の域を出ていないと思ったし、このあたりを使うならOS9.2を使ったほうが使いやすく楽しい。

古物商を開く気があるなら(^^;)漢字トークなら7.5.5。7.6はロクに使ったことがないし、あまり良い評判を聞かないし、すぐに MacOS8.0が出たのでほとんど良く知らないっす(^^;)OS8.xを使うなら8.6がお勧めだがシステムエラーの嵐(特に最近)に見舞われることがときどきあるので、やはり旧MacOSなら9.2.2がおすすめ。

・・・ということで、どーでしょう?(^^;)>KMJさん
Posted by  | comments(0)  trackbacks(0)



S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>



目次&ランダムピックアップ

現代用語のクソ知識の目次

当ブログの目次(管理人のオススメ一覧)です。かなり古い時事問題に関する記事もありますが、当時を思い出してご覧いただけると幸いです。



↑上のボタンを押すと、ランダムにエントリを表示します。
もしもエラーページが出たら、ごめんなさいm(_ _)m「戻る」ボタンでエントリを表示するまでお試しください。

言い訳ページはこちら(^^;)

---------------------------------
---------------------------------






ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ


マウスコンピューター/G-Tune

 RSSリーダーで購読する

Profile
Archives
Recent entries
blog parts







マウスコンピューター/G-Tune

エニアグラム診断によると私はタイプ4番でした。
無料診断のできるサイトはこちらです。
Links
tools


悪徳商法マニアックス




簡単自動登録
無料でSEOならSEO.CUG.NET

大黒天
金運アップブログパーツ
Categories
AdSense







途上国の人々への支援をお考えの方にCARE支援プログラム

ドメイン取るならお名前.com

マウスコンピューター/G-Tune
Mobile
qrcode
Sponsored links
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
このblogのfeedburner