ブログパーツ

マガジン【まがじん】

若い頃、いわゆる現役(正規雇用)時代は雑誌中毒と言っていいくらい雑誌を読み漁っていた。最高で月に2万円ほどをほぼ1年費やした時期もある。一つは趣味的なもの、また一つは仕事上必要な知識を得るため、もう一つは媒体は定めず知りたい業界の専門誌を情報を得るため買い続けた。それ以外にも新書系は時折買っていたので年間では25万円近くを消費したことになる(^^;)

知的好奇心が旺盛だったと言えば聞こえは良いが、少々無謀に金を使ったといえる。図書館に通えばいくらかは節約できたのだろうが、睡眠不足気味に長時間就労していたため、つい手近に入手できる本屋で入手することが多く、読みたい記事だけを読んでは本棚の肥やしにしては定期的に処分(廃品回収)する繰り返しで何とも効率の悪い「浪費」であった。

今の私を支える知識はこの「浪費時代の賜物」とは言えるが、ネット時代の到来で全ては激変した(^^;)

手当たり次第入手しては「ハズレ」の冊子・書籍を読了せずに投げ出していたものが、Amazonなどではレビューが参考になるうえに、書店に無いものも「取り寄せ」できるので「仕方なく代わりに選んで(ハズレの本を)買ってしまう」リスクが軽減できたし、そのうちネットが成熟するに連れて「無料でも結構な情報量が獲得できる」時代になり、個人が色んな意見を発信するサイトなどは、深い内容の書籍の引用も豊富で、それを参考に書籍を購入する流れができると、書籍を購入するきっかけとしてのネット・サーフィンであり、膨大な[レビュー」を漁るような巡回を毎日行うようになると、いつしかパッタリと雑誌から遠のいてしまった。結果、それまでの反動もあって、ものすごく節約できた(^^;)

やがてスマホの時代になり、それまで時折は利用していた電子書籍も取り扱いやすく(読みやすく)なり、昨年末のiPhone7Plusになってからは大画面の恩恵で雑誌の閲覧も以前よりは楽になった。

何より雑誌から遠ざかっている間に、雑誌の電子書籍化が進み「期間限定ながら各種雑誌が読み放題」のサービスが気がついたときにはかなりのデベロッパーから供給されていて、感心するやら呆れるやら(爆)で、先月に一つのサービスに加入することにした。

dマガジン

dマガジン

下の比較レポートも参考にしたが、やはり自分の「読みたい雑誌がほぼ入っている」点で私の場合はdマガジンが最適だと判断した。今まで毛嫌いしていた(^^;)NTTドコモのサービスではあるが、アプリさえ対応すればPC・スマホなど複数の端末で利用できるメリットは大きい。

【全11社をリスト化】雑誌読み放題サービスの長所・短所の徹底比較まとめ:ゆるぢえさん

そして無料の「Fujisan.co.jp」は最新号は数ページだけ(立ち読み感覚)だが、バックナンバー(数ヶ月〜約1年前)ならかなりのページが読めるものもあり、最新号にこだわらず雑誌を試してみたい場合には最適なサービスだ。dマガジンで読めないものでもここで電子版を購入することも出来る。

Fujisan

この二つのアプリで仕事の休憩時間は忙しくなった(^^;)通常のニュースチェックと巡回はそこそこにして、マガジンアプリを読みふける場合が多くなった。ただ、集中して読み込むと加齢による悲しさか、やはり目が疲れる(^^;)大画面になってかなり楽にはなったが、30分以上読み込むと、時折画面から目を離さないと疲労感を覚えるようになった(爆)

こりゃ最終的にはタブレットを買うしか無いのか?タブレットサイズのKindleFireにはこの二つのアプリは対応していないのでもし余裕があればタブレットを考えても良いかもしれない・・・。と、またまた浪費の虫が・・・(爆)

それは別にしても、ちょい読みでも色んな雑誌をどこでも試し読みできるのは何ともありがたい時代になったものだ。若い頃にこれがあれば、随分節約できたのになぁ(^^;)

しかし、貧乏になった今にしてこんなサービスが利用できるのはありがたい。色々問題もあるが、私にはここ数年のPC関連の環境は非常に嬉しい状況になっている。

今でも時折買うことがある「新書系」書籍も今後は電子版にするかもしれない。・・・となるとタブレット以外にも眼精疲労対策のグッズも併せて・・・。



私の浪費癖は好奇心と同じく中々枯れてくれないようだ(^^;)

JUGEMテーマ:日常。



Posted by soup2001 | -  -



眼差し【まなざし】

韓国で起きた客船事故はその悲惨さに比べて、吉本新喜劇の一発ギャグのように連射される嘘と誤報と無責任とお門違いな攻撃・責任転嫁が続き、いい加減うんざりしてきた(^^;)
日本では当然のように行う「避難誘導」を率先して行った若い女性船員がそのために逃げ遅れて亡くなる悲劇でさえ、最初は「また嘘か」と疑ってしまう有り様で、もはや伝えられる内容をそのまま受け入れる気がなくなっている。
亡くなった人に罪はないだろうが、その背景に横たわる韓国という国や国民の感覚に正直「哀悼」や「お悔やみ」を表明する気がなくなってくるのだ。

客船事故
<画像元:時事通信>

そろそろ私なりの分析や解釈でもエントリしようかと思っても、次から次と出てくる「信じられないようなお粗末情報」にその都度「エントリを書く意欲をそがれる」状況で(^^;)完全に事態が収束し死亡者数が確定するとか事故原因が特定できたとか、ある程度決着が見えてこない限り「下手にいじるのがバカバカしい」と思うようになった(^^;)・・・なので、ひょっとするとこの件はもう二度と言及することはないかもしれない・・・。

いろんな人がそれらしい「韓国・韓国人の気質」を論じてくれるたびに、我が国の隣になぜ「韓国」があるのかが不思議であり、我が国がなぜにこれほど韓国と違うのか、歴史はそれなりに勉強した上でなお、どうしても納得がいかない(^^;)

まぁ、そういう感覚自体が「日本人的」で「自己同一視」しやすい国民性なのかもしれないが、つくづく「日本に生まれてよかった」と思うことしきりである。

どれだけ親方日の丸で公務員が私利私欲に走り、国民を蔑ろにしようが、どれだけ政治家が国民に嘘をつきまくり、私利私欲に走ろうが、どれだけ起業家・経営者が労働者を蔑ろにし、利己的な金欲主義にまみれようが(^^;)・・・それでも、交通や治安の管理に関しては遥かにマシと言えるレベルだし、危機管理・事故対応でもあれほど無能ではない(爆)

国民のリアクションでさえ、現場の監督官庁の対応のまずさに非難が巻き起こることはあっても、その責任が直接国家元首に向かうのは日本では珍しい方だろう。

対応の不味さに国民が露骨に怒りを表したのは、鳩山と菅が総理をやった時ぐらいではないか?(^^;)

2ちゃんねるを中心にして今回の大惨事を「悼むよりも面白がる」声が少なくない。本来であればこれは日本人のメンタリティではないが、ここまで「下品な言動」が表面化することに、それだけ日本人の不満が拡大し「嫌韓」が進行しているとも言えるし、「日本を悪者に仕立てる工作」として在日韓国人が日本人になりすまして「不遜な発言」を繰り返しているとも勘ぐられてしまうのである。

天災や大惨事の対応の不味さで政権が傾くのは古今東西どこの国家でも起こっている。阪神大震災時の初動の遅れを批判された村山内閣。巨大台風カトリーナで迅速な救援ができなかった米ブッシュ政権。東日本大震災での菅内閣の迷走。さきごろ日本でも「豪雪被害」で安倍内閣が「言いがかり」のような批判を受けたばかりだ(^^;)朴槿恵政権が反日以外で国民を納得させられなければ、支持率の急降下から早期の退陣さえない話ではなくなる。現に韓国においては反日一辺倒だったメディアまで自国の政府批判を始めた。

対日経済がどん底に沈む現状を顧みず相変わらず強硬路線をひた走る政権運営にじわじわ批判が出てきていた矢先の不手際に一気に不満が噴出した形なのだろう。

この手のひら返しに、佐村河内やSTAP細胞の騒動に似たものを感じるし、どこの国でもメディアというのは浅ましく「叩ける(叩きやすい)獲物を探しまわる」ハイエナのような「外道」なのだと実感するばかりである。

どうやら生存者の希望もほぼ無くなりそうな雲行きに、今後「嫌韓感情をむき出しにする品の無さ」を暴露するくらいなら「無視」すべきだとも思うし、2ちゃんねらー得意の「生暖かく見守る」くらいでちょうどよかろう(爆)

いや、愛情の欠片もなくドン引きしてチラ見するのだから「キンキンに冷たい眼差し」あたりでいいのかも知れない。(爆)

JUGEMテーマ:社会の出来事


Posted by soup2001 | comments(2)  trackbacks(1)



真冬の方程式【まふゆのほうていしき】

真夏の方程式

正月休みももうすぐ終わる。追い立てられるように見逃した+見ておきたい映画をレンタルで借りて鑑賞する「正月カウチポテト」的な年末年始休暇。元旦の映画館からずっと読書→映画映画→読書→映画映画の繰り返しで映画4本と読書2冊(一部はまだ読み終えていない)をこなしたが、残り1日でできれば3冊目に取り掛かりたいのだがさて・・・・(^^;)

ガリレオシリーズの映画版第2弾として昨夏公開されたものがもうレンタルに出ている。それ以外にもパシフィック・リムやアルゴ、2012版のトータル・リコールなどようやく見ることができた。

「真夏の方程式」はTV版ガリレオシリーズにない情緒感はあるが、スピード感に欠け私としてはいまいちだった(^^;)この作品に1800円は出せない。レンタルの200円で文句がない程度か(^^;)前作「容疑者Xの献身」の方が、謎解きとしてのトリックの面白さも「犯罪者をかばう犯罪」の意外性も満点で、それに比べると2作目のジンクスに陥っているようにみえる。鉄面皮がものすごくよく似合う福山雅治ならではの当たり役だが、本作は少々残念な仕上がりだった。

ガリレオ映画版に共通だったのが「ある犯罪の犯人をかばおうとするために犯す犯罪者」の物語で、映画版特有の設定になっているのだが、その真犯人への限りない愛情とは裏腹に、不正義を働く異常さを何処かで容認してしまうところが人間の弱さと通じているような「苦々しい後味」を伴う。

これが、小説やドラマの話ならまだしも、組織的な犯罪や不正に対しての「隠蔽」や「改ざん」に対してはある意味で我々はドラマ以上の「寛容さ」で受け入れている気もする。

百田尚樹:twitter(2013年12月31日 - 11:25)
百田尚樹

年末の安倍総理靖国参拝を受けて一斉に反発する特亜国家。中でも一番強い反応を示したのは「なぜか始めた」韓国だが(^^;)、靖国神社には日帝支配時代の朝鮮系日本軍兵士も合祀されている。中国は反発はするもののいつぞやの反日デモも無く現状は思ったほどでもなく平穏なものである。なるほど、両国との関係が冷えきった今ならこれ以上悪化しようがないと踏んで参拝に踏み切ったのは正解とも言える。

靖国神社問題:wiki
1985年(昭和60年)8月に中曽根首相が参拝するまでは、非難はされていなかった。1985年の参拝に対しては、それに先立つ同年8月7日の朝日新聞が『靖国問題』を報道すると、一週間後の8月14日、中国政府が史上初めて公式に靖国神社の参拝への非難を表明した。
(中略)
年表
1978年(昭和53年)10月17日
極東国際軍事裁判(いわゆる東京裁判)におけるA級戦犯14人を国家の犠牲者「昭和殉難者」として合祀(翌1979年4月19日に新聞報道により一般に知られることとなる)。


【拡散】靖国参拝を政治問題化させたのが朝日新聞である事がよく分かるコピペ:News U.S
福田赳夫  1977年4月21日    沈黙
      1978年4月21日    沈黙
      1978年8月15日    沈黙
      1978年10月17日 =A戦犯合祀される=
      1978年10月18日   沈黙

大平正芳  1979年4月21日  =A戦犯合祀判明=
      1979年10月18日   沈黙
      1980年4月21日    沈黙

中曽根康弘 1983年4月21日    沈黙
      1983年8月15日    沈黙
      1983年10月18日   沈黙
      1984年1月5日     沈黙
      1984年4月21日    沈黙
      1984年8月15日    沈黙
      1984年10月18日   沈黙
      1985年4月22日    沈黙
      1985年8月7日     朝日新聞が参拝を批判
      1985年8月15日    中国の新華社通信が参拝を批判

                    天安門事件 (1989年)

橋本竜太郎 1996年         中国抗議!!!!!

小泉純一郎 2001年         中国・韓国抗議!!!!!
      2002年3月       韓国駐在武官参拝
      2002年4月21日    中国・韓国抗議!!!!!
      2003年         中国・韓国抗議!!!!!
      2004年1月1日     中国・韓国抗議!!!!!
      2005年10月17日   中国・韓国抗議!!!!


しかし朝日新聞や中国が批判の根拠にするA級戦犯合祀だが、合祀された時点では日本国はもちろん講和条約に署名した連合国が承認した上で戦犯の名誉回復がなされている。処刑されなかった戦犯、公職追放者にもいわゆる「追放解除」が行われ、それにより戦後総理になった「鳩山一郎」や安倍総理の祖父「岸信介」が復帰を遂げている。

軍国主義の指導者として彼らは決して尊敬される存在ではないかもしれないが、死してなお辱める対象でもあるまい。少なくとも日本人にはそんなメンタリティは持ち合わせていない。中国や韓国の慣習に日本が合わせる必要はないわけである。

【拡散】朝日新聞がとんでもない嘘をついていた:News U.S
サンフランシスコ講和条約第十一条の手続きに基づき、関係十一カ国の同意のもと、「A級戦犯」は昭和三十一年に、「BC級戦犯」は昭和三十三年までに赦免され釈放された。

さらに 1952年 戰犯在所者の釈放等に関する決議。

これによって全ての戦争犯罪人とされた人たちは「公務死」と扱われることとなった これは日本政府及びサンフランシスコ講和条約に則った手続き。
この決議に真っ向から反対し今にいたるまで「戦犯」と呼び続けているのが 朝日新聞です。


朝日新聞はやはり日本の報道機関ではないらしい(爆)新聞の略ではないかという説もあながち間違いとはいえないかも(^^;)

A級戦犯#名誉の回復:wiki

靖国参拝

しかし、安倍総理の靖国参拝のタイミングには別の見方がある。

靖国参拝の件、アメリカが想像以上に失望してしまった理由が判明か!? IMFの件、そんなにヤバイの??:News U.S
韓国政府は借金100兆円と発表してたのにIMFが「嘘つけ、監査する」って言ってきて 急いで「本当は1500兆円」ですって発表したけど、それでもIMFが「それも嘘だろ。監査する」って言われてた監査の結果発表が、年末か年始に出るんだよ。 だから、韓国は日本に乞食しにくる気だったんでしょう。 なくなりましたけどね。

後、アメリカが韓国と仲良くして欲しいのは、そのIMF絡み。 韓国の主要銀行の7つの内の6つはアメリカが出資している銀行。 日本が韓国を見捨てたら、アメリカが助けるしかなくなるのです。


ところがIMF監査発表がまたまた延期らしい。

【韓国経済崩壊】IMFのストレステスト結果発表、また延期らしいぞ!!! ⇒ その理由がまさにあの件だった!!!:News U.S
もともとストレステスト関係は11月発表だった 中身がアレっぽかったからか、精査という名目で12月に伸びた その間に、局長が韓国人に変わってる。

韓国系の銀行は、アメ資本と欧州資本がずっぽり入ってるんで、破綻した場合、ケツ拭くのはアメか欧州なんよ。一部の証券や銀行で本社が外国になるような純外資は逃げ切ったんだが、 現地資本に出資したようなのは当然逃げられない 。

2013年の間にIMFの連絡窓口が韓国内に出来たりと、 色々なフラグは立ってた。
アベノミクスの成果や、消費税あげて増やしたキャッシュで、 これのケツを拭かせようとしたが、靖国参拝で、ババ抜きで1抜けしたのが現状。

ストレステストの結果は、ケツを拭く人間が決まらないと発表されないと思う。
もう、そういうレベルの話になっちまってる。


さんざん敵対視しておきながら擦り寄ってくる寄生虫まがいな態度に決別のサインが靖国参拝だったということか(^^;)なかなかいい仕事をなさるではないか安倍総理。

安倍首相の靖国参拝をマスゴミがあまり叩けない理由:News U.S
・総理就任1周年
・毛沢東生誕120年
・報ステお休み
今日からテレビ局は、年末特番で枠が埋まってるため、 叩くための番組を用意できない。 せいぜい犬hkのニュース程度です。
マスゴミが叩けないタイミングを狙って参拝した、とも考えられます。


国内外にベストなタイミングということなのだろうが、もう一つタイミングとしての「妙」があったらしい。

【中国崩壊】中共が靖国参拝抗議デモを必死で抑え込んだ理由がヤバすぎた!!!:News U.S
理由
“神府デモに化けるから
12/26に償還できなかった理財商品(高金利ファンド)のデフォルトを避けるため、日本から金を借りる交渉をしないといけないから

短期金利の暴騰に注意。おそらく今度はデフォルトする。 26日の償還だと、月曜の送金事故で、発覚して取り付け騒ぎになるのは水曜。


年明け後、中国市場で大騒ぎになっていないことを見ると(^^;)水面下で日中の手打ちができていたのか、それとも別の方法かはともかく「デフォルト〜取り付け騒ぎ」の混乱は避けられたのかもしれない。中国経済が崩壊すると日本にも影響は大きい。日本どころか世界経済の危機に直結する分、韓国のIMF査察結果以上の影響を考えると、中国支援の条件として靖国参拝を表面上は反発しても実質的には容認させる最大のチャンスでもあったわけだ。

韓国としてもIMF査定結果に対応するには日本の協力を仰ぎたいわけで、その意味でこれ以上の反発はできまい。朴槿恵政権にはどうにも手詰まりな状況である。
特亜国家の反発を封殺しつつ実質的な国益を守る点で、年末の靖国参拝のタイミングは実に最高だったということらしい。

私としては現時点での靖国参拝にはそれでも問題があると感じている。「国家神道」が是であった時代の残滓である宗教施設に、政教分離を原則とする政府関係者が参拝する、または特殊な施設としての格式や権威付けを与えるような行動はやはり異常だと考えるからだ。

靖国神社法案:Wiki
この法案では、靖国神社を日本政府の管理下に移し、政府が英霊を慰める儀式・行事を行い、その役員の人事は国が関与し、経費の一部を国が負担及び補助する事を規定している。
政教分離規定への抵触を防ぐため、靖国神社を宗教法人から特殊法人に変え、神道祭祀の形式において宗教色を薄めるとしている。このため、『この法律において「靖国神社」という名称を用いたのは、靖国神社の創建の由来にかんがみその名称を踏襲したのであつて、靖国神社を宗教団体とする趣旨のものと解釈してはならない。』(第2条)、また『靖国神社は、特定の教義をもち、信者の教化育成をする等宗教的活動をしてはならない。』(第5条)と規定している。
本案を支持する全国戦友会連合会や日本遺族会などは、「靖国神社国家護持」を嘆願する署名を2000万筆集めた。
一方左派からは、戦前復古であるとして反対論が展開された。他の宗教団体も国が靖国神社を特別視するものだとして反対論が多く表明された。また、当の靖国神社自身も、宗教色が薄くなることから反対していた。


せめて上記の法案でも成立していれば、法制上の矛盾はなくなるのだが、この法案は何度も国会に上梓されたが成立していない。結局のところこの靖国問題も「戦後レジューム」の一つである以上、安倍内閣時代のうちに解決のきっかけぐらいは作ってほしいものだが・・・。

私としては現法制上では内閣閣僚など政府機関の人間が参拝することは反対だし、英霊の遺志に沿うとは思っていない。かつて現人神(あらひとがみ)としての天皇と同格の軍神として祀られる約束で、国は兵士に命を捧げることを求めた。政府要人はもとより天皇陛下もまた靖国神社に参拝していたが、天皇陛下は現在靖国参拝を行っていない。亡くなった英霊たちが心に望むのは、政府要人よりも「命を捧げた天皇陛下による参拝」ではなかろうか?

そういう意味では、政府関係者が公人として参拝する「軍関連戦没者慰霊施設」は靖国とは別に作られておかしくない。その際には「逆賊」として死んだために未だに合祀されていない明治維新の元勲「西郷隆盛」も、その中に併せて祀るべきだろう。つまり、ただの国家に殉じた戦没者ではなく、昔も今も天皇に殉じた戦没者施設が靖国神社なのである。

特亜国家の身勝手な都合で靖国参拝を叩くネタを今回は安倍総理が逆手に取って、うまく外交カードに使った。

しかし本来は自衛隊の法的根拠と同じく非常に曖昧で海外からは疑念や懸念を招きやすいものであることも確か。スッキリはっきりさせる意味でもやはり、まずは自国内のいろいろな矛盾や「隠蔽したい真実」に光を当て、白黒はっきりつける必要があるだろう。それともこのまま曖昧な方が時代の空気によってどちらにでも利用できるということなのだろうか?

それが最も現実的な結論ならば、色んな意味で寒すぎる。まさに「真冬の方程式」と言えるかもしれない。

IMFが韓国のストレステスト結果を発表しない理由の1つは、※※※の※※待ち? アメリカ内部で「韓国潰す派」と「韓国上げ派」に分かれている可能性あり!なおジム・ロジャーズは韓国潰す派の模様:News U.S

NEWS U.Sからのネタを並べてみたがなかなか面白い(^^;)2ちゃんがソースなので信憑性はそれなりだが、背景の理由付けとしては説得力あるものが多くすべてが「ガセ」とも思えない。最後の朝鮮統一論などは最も過激かつとんでもな内容だが、朝鮮半島がそんな状況で活性化してしまうと日本としては軍事的な脅威が増大するだけなのであまり喜んでもいられないだろう。統一直後はアジア最貧国となって苦しむかもしれないし日本に大量の難民が漂着しそうだし経済協力だとか言ってたかられそうなので、日本としても完全に断交して敵国として対峙し、緊張関係を維持しながら朝鮮半島の経済成長とその後の軍国化に備える・・・あたりが想像できるぐらいである。

まぁ、どちらにしても寒い未来だねぇ(^^;)これならグズグズな現状が一番望ましいのかもしれないなぁ(爆)

JUGEMテーマ:映画


JUGEMテーマ:戦争・紛争
Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



マジっすか?【まじっすか?】

今日は休日で給料日♪(^^;)朝イチのニュースチェックをしていたら、変な会社の変なニュースを拾ってしまった(^^;)

ドミノ・ピザがダジャレを社内公用語に、アメリカの本社からもゴーサイン



ユニーク過ぎる(爆)私もこの会社で働きたくなったぞ(^^;)
・・・動画のダジャレははっきり言って「オヤジギャグ」でしか無いと思うけど、それなら若い奴に負けない自信もあるし(爆)

「お電話ありがとうございます!ドミノ・ピザ〇〇ですのーと!」
「デリバリーできますか?」
「はい!ありがとうございます!ご注文を銅像!」
「クワトロ・リストランテのMサイズとハラペーニョ・サブ、ポテチキとリゾットコロッケを全部1つずつ、アイスティーのLを2つで」
「お会計4,250円になり益若つばさ!」
「どれくらいで出来ますか?」
「〇〇町の○○様ですね約30分ほどでお届け出来マスタード!」
「じゃ、お願いします」
「ご注文ありがとうございマッターホルン!!!」


残念ながら奈良県内にドミノ・ピザは出店していない(爆)上記の仮想オーダー電話も全て空想である(^^;)こんな会話がデリバリーや店頭で繰り広げられると思うとものすごく楽しい。特に関西圏のドミノ・ピザは「自分のダジャレを披露したくてウズウズしている」吉本ノリの客が大挙して押し寄せそうだ(爆)オーダーカウンターはさしずめ「ちょっとした漫才状態」になるのは間違いなかろう(^^;)

ダジャレを考え過ぎるあまりに本業がグダグダになりはしないか、脱力系ダジャレが蔓延して全員のテンションが下がりまくるという危惧もあるが(爆)笑い(失笑)の絶えない社内はきっと明るさで満たされることだろう。あまりにスベるダジャレばかり言う人は社内評価も下がったりして(^^;)

「社内英語化」よりはとっつきやすい「ダジャレ公用語化」。就活中の若者がこぞってダジャレトークを磨きにかかるかもしれない。
そんな若者に私からの応援の気持ちを込めて以下のサイトを紹介しておく(^^;)

ダジャレナビ

ダジャレ・ステーション

★オススメ↓
ダージャリスト・石黒謙吾の 「科学するダジャレ」〜地アタマが良くなる知的メソッド

【twitter】ダジャレナビ公式bot

【twitter】おはヨーダ(起床bot)

【twitter】ただいマンタ(帰宅bot)

【twitter】おやすみったー(就寝bot)

【書籍】ダジャレ練習帳


うん、日本の未来は明ルイジアナ(爆)

JUGEMテーマ:社会の出来事
Posted by soup2001 | comments(4)  trackbacks(0)



マンガナイザー【まんがないざー】

子供の頃は「強く正しく」育てと周囲も願い、本人も「それなりにその気になって」(^^;)男の子なら尚更「正義の味方」とか「悪いやつをやっつける」という勧善懲悪的ヒーローに憧れる。だが、実のところヒーローは「時代性を写す鏡」のように、姿形も昔と今ではかなり違う。

現在老齢期を迎える60代以上の人なら「ヒーロー」は時代劇の中やスポーツ(野球やプロレス・相撲)の中にいた。私のような50代になるとウルトラQ〜ウルトラマンなどの特撮世代に入り、ヒーロー像はいきなり日本人どころか「地球人でさえない」グループが加わり時代劇のヒーローは影を潜める(^^;)40代前後になると仮面ライダーなどの等身大ヒーローが登場し、顔はどんどん異形の者となっていく。仮面ライダーの生みの親「石ノ森章太郎(執筆当時は石森章太郎名義)」氏などは仮面ライダーのデザインに昆虫のバッタをモチーフにしたものを考えだしたが、「子供はこの顔を怖がるかもしれない」と危惧してたらしい。

最近はかつてのように「カリスマ性のあるヒーロー」があまりいない。宇宙戦艦ヤマトや機動戦士ガンダムシリーズなどの「アンチ・ヒーロー系」の影響か「絶対的な正義の味方」像が、アンチ・テーゼの出現によって疑われ否定され嫌われる傾向にあるのかもしれない。

それでも一方では「水戸黄門シリーズ」などは随分延命して終了するまで「最後の勧善懲悪時代劇」の火を灯し続けた。ただ、「個人的な正義」は否定されるどころか、むしろ積極的に受け入れられようとしている。

チビ八重大河ドラマなどに顕著な「歴史のバイプレーヤー」達の目を通した正義は脈々と続いているし、今年の大河ドラマ「八重の桜」も序盤の子役のヒットで視聴率も上昇気運に乗るかと思われたが、主人公の「八重」が歴史の中に完全に埋没している時期が暫く続くだけに戊辰戦争の活劇に至るまでは苦戦するかもしれない。

今回の子役の鈴木利央ちゃんの愛らしい演技は、「子役フリーク」の満足感を満たしたと思える点で前年の「平清盛」を上回った。第1回のいかにも「好奇心にあふれた子供らしい眼差し」が印象的で、私のHDDレコーダーから第2回までが消せないで居る(^^;)



時代劇は、時として現代劇以上に今自分が生きている時代を意識できる。すでに過去のものとなり結果がわかっているだけにその時代の人物に自分や世相そのものを投影し、「未来予測」あるいは「未来願望」を行なっているのかも知れない。
そういう意味では時代劇のヒーローが細分化され、時代劇の中に自分の立ち位置を再発見する面白みを感じてる(または求めてる)人が時代を超えて生き残っているのだろう。歴女ブームや古代フリークなど考古学から講談本までの幅広い「歴史系ファン」が今尚絶滅しないのは現代劇にはない「一種の非日常」の世界で、勧善懲悪モノであれ、歴史に忠実なモノであれ大筋で結果がわかっている(予測できる)ものに「かつてヒーローに感じた一体感や同調感」を期待して感情移入する人が存続するということでもある。

そうは言っても、特撮ヒーローであれ、時代劇であれ、マンガであれ、実際には中々自分を投影するにも限界がある。明らかに住む世界が違うものに感情移入しづらいと言う人にはこういうのは如何だろう。

顔写真がイラスト化されてマンガの主人公として登場する「マンガナイザー」を使ったら予想外の結果に:GIGAZINE

マンガナイザー

ANAが海外のユーザー向けに「日本文化をアピールする目的で」画像の人物をマンガ化して実際のマンガのストーリーにはめ込むと言うサービスだ。手の込んだサービスなので日本人向けにもやって欲しいのだが(^^;)残念ながら海外向けなのでネーム(セリフ)も全て英語。それでもまぁ単純なストーリーなので英文だけでも「何となくこういう話なんだろうな」というニュアンスは伝わってくる。

安倍晋三私も実際の人物の画像を使って作ってみた。→

彼がモデル。その名も「SHINZO」である(^^;)

さぁこの画像からどんな主人公が生み出されるのか・・・?

マンガナイザーANA ※サイト公開終了


取り込み
カスタマイズ
最初に提示されたのがあまりにイメージと違ってたので(^^;)カスタマイズを繰り返す(^^;)ほぼ全部のパーツを貼り直した・・・って意味無いじゃん(爆)

完成

できました。ん?カスタマイズ結果と顔が少し違ってる(特に輪郭)が・・・(^^;)

「無刀侍」というタイトルのお話。普段は「羽衣村」で地侍として農作をしているSHINZO(24歳)が、良い領主と思われていた殿様の陰謀を知ってしまった村娘が拉致されたのをきっかけに大立回りを演じるお話・・・。

殺陣
なかなか迫力ある描画。

負傷
モデルSHINZOだけに腹部を負傷?偶然だけど(^^;)

カウントダウン
え?時代劇なのにデジタル表示のカウンターが・・・(爆)


他にも「そんな設定なのかよ!」と突っ込みたくなる内容なので絵だけを追っても結構楽しめる(^^;)

もちろん自分の画像で遊ぶことも可能。女性には学園青春モノ風?(一応「サスペンス」で探偵モノ)のストーリーもあるらしいのでそちらを試すのも面白いかも。

日本人でも楽しめるし外国人にはウケるかも。しかし・・・これでほんとに日本への旅行客が増えるんだろうか?全日空さん(爆)

まぁしかし、民主党政権が終わった途端、アベノミクスだ何だと実際的な行政が動き出す前に「円安になり株は上がり」まるで現実のほうがよほどマンガチックに激変している。そうなるとよりよい結末を期待したいのだが、単純なマンガほどつまらないものはない。紆余曲折、苦労の果てに大団円を迎える感動的な未来をぜひとも期待したいものだ。(^^;)



Posted by soup2001 | comments(4)  trackbacks(1)



S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>



目次&ランダムピックアップ

現代用語のクソ知識の目次

当ブログの目次(管理人のオススメ一覧)です。かなり古い時事問題に関する記事もありますが、当時を思い出してご覧いただけると幸いです。



↑上のボタンを押すと、ランダムにエントリを表示します。
もしもエラーページが出たら、ごめんなさいm(_ _)m「戻る」ボタンでエントリを表示するまでお試しください。

言い訳ページはこちら(^^;)

---------------------------------

---------------------------------






ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ


マウスコンピューター/G-Tune

 RSSリーダーで購読する

Profile
Archives
Recent entries
blog parts







マウスコンピューター/G-Tune

エニアグラム診断によると私はタイプ4番でした。
無料診断のできるサイトはこちらです。
Links
tools


悪徳商法マニアックス




簡単自動登録
無料でSEOならSEO.CUG.NET

大黒天
金運アップブログパーツ
Categories
AdSense







途上国の人々への支援をお考えの方にCARE支援プログラム

ドメイン取るならお名前.com

マウスコンピューター/G-Tune
Mobile
qrcode
Sponsored links
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
このblogのfeedburner