ブログパーツ

想定の狭間【そうていのはざま】

二週間近く更新をサボっているうちに色々社会は変化した(笑)

マスゾエは辞任し、鳩山邦夫が死に、イギリスはEUから離脱を決定、参院選がスタート・・・。

英、EU離脱へ=欧州分裂、大きな岐路に−残留派に僅差で勝利・国民投票:時事通信
1973年に前身の欧州共同体(EC)参加以来、43年にわたる英国のEU加盟に終止符が打たれる。域内2位の経済大国である英国の離脱で欧州は分裂し、大きな岐路に立たされる。また世界経済に大きな混乱を招くのは必至だ。
EU離脱の対立軸
<画像元:時事通信「【図解・国際】英国民投票の対立軸(2016年6月)」>

アメリカでトランプ旋風を巻き起こしている「低学歴・低所得層」がイギリスでも「反国際協調路線」あるいは「国粋的利益優先路線」を引き起こし、自分の首を絞める様な自縄自縛に陥っている状況にも見えなくはない。

安倍首相の消費増税延期が、こうなると見事なまでの危機管理能力の発露として認識されているが、(私を含めて)大方は「なんだかんだ言ってもイギリスは欧州での影響力を残すために残留するだろう」と思っていただけに、安倍さんの慧眼には驚きを禁じ得なかった(笑)

しかし実は伊勢志摩サミットの時点で声明にちゃんとこのリスクのことは言及されていて、主要国の総意が残留だったことは逆にイギリスの「離脱傾向」が各国首脳には「想像以上に高いリスク」として認識されていた事を証明している。

伊勢志摩サミット 英のEU離脱を警戒…宣言で援護射撃:毎日新聞
伊勢志摩サミットの首脳宣言は、英国が欧州連合(EU)から離脱する可能性に言及、「成長に向けたさらなる深刻なリスクである」として強い警戒感を表明した。離脱の是非を問う国民投票を6月23日に控え、キャメロン英首相は経済への影響を前面に出して残留支持を国民に呼びかけており、G7として援護射撃をする意味合いもありそうだ。

G7 伊勢志摩首脳宣言 平成28年5月27 日 :PDF
世界経済
世界経済の状況

世界経済の回復は続いているが,成長は引き続き緩やかでばらつきがあり,また,前回の会合以降,世界経済の見通しに対する下方リスクが高まってきている。近年,世界的な貿易のパフォーマンスは,期待外れの状況にある。弱い需要及び未対応の構造的な問題が,実際の及び潜在的な成長に負荷を与えている主な要因である。非経済的な由来による潜在的なショックが存在する。
英国の EU からの離脱は,より大きな国際貿易及び投資に向けた傾向並びにこれらが生み出す雇用を反転することになり,成長に向けた更なる深刻なリスクである。悪化した地政学的な紛争,テロ及び難民の動きは,世界の経済環境を複雑にする要因である。我々は,新たな危機に陥ることを回避するため,経済の強じん性を強化してきているところ,この目的のため,適時に全ての政策対応を行うことにより,現在の経済状況に対応するための努力を強化することにコミットする。

ここまで来るとイギリスをEU離脱に向かわせた「大英帝国の過剰なプライド」あるいは「欧州分断の世論誘導工作」の存在やらが詮索されて一気に陰謀論の範疇に入っていく(笑)

風刺画
↑EU離脱派だった前ロンドン市長(BorisJohnson)を皮肉った風刺画。英タイムズ紙が伊勢志摩サミットの時に掲載したものだ。
「G7首脳ら、あの大馬鹿者(BorisJohnson)から逃げよう!」

↓大波の鼻と口がボリス・ジョンソン氏に似ている(笑)
ボリス・ジョンソン

どうやら世界は「大馬鹿者」から逃げることはできず、じわじわと大馬鹿者の決定に翻弄されることになる。

世界経済は大混乱..それでも、イギリス国民が「EU離脱」を望んだ3つの理由:NAVERまとめ

イギリスはEUのしがらみからは開放されるものの、かなりの茨の道を歩くことになりそうだ。と言うのも、スコットランド(残留派が多数)がイギリスからの独立を指向する動きが出てきたからで、欧州はおろかイギリス(イギリス王国連合:UK)まで解体される恐れが出てきたからだ。

英EU離脱 スコットランド独立機運再燃 連合崩壊の懸念:毎日新聞
 英国の国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が決定したことを受け、2014年の住民投票で英国からの独立を否決したスコットランドでは独立機運が再燃している。北アイルランドでも英国からの離脱を求める声が強まっており、英連合王国崩壊への懸念さえ出始めている。

となると、離脱派を推進する工作を行い、これにより利益を得る「外部勢力」はどこなのかが焦点になってくる。

【緊急拡散】イギリスEU離脱の真の目的が ヤ バ す ぎ る !!!? これ万が一当たったらドイツとフランスと中国終わるぞ…:NEWS.U.S
247 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 03:33:29.76 ID:Fn2VHC/f0.net
英国EU離脱
米国トランプ大統領当選
全て計画通りに進行している

中国がイギリスのインフラ関連をほぼ買収完了済み 阿片戦争の仕返しとしてイギリス連合王国の解体までいく

258 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 03:35:40.49 ID:4uA0qpOO0.net
>>247
と、思うだろ?
EU崩壊は確定しており、勝者は英米のヘッジファンドなんだわ これ知っている人は少ないけど既に確定している

273 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 03:37:56.62 ID:4uA0qpOO0.net
お前らにクイズ出します
EUと中国で共通して抱えている問題は何でしょう?

336 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 03:47:30.57 ID:4uA0qpOO0.net
>>331
OK
正解は、対外債務返済のためのドル不足です。 EUも中国も、ドルで借金しているのですね

372 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 03:54:35.06 ID:4uA0qpOO0.net
>>342
欧州債務危機発生以来、欧州系金融機関は極端なドル不足となり、ドル調達コストも跳ね上がりました。
中国も国内の銀行、企業は総じてドル建短期債務の自転車操業で経済発展しており
経済成長鈍化により借金返済の為のドルが急激に不足しています。 それがAIIB詐欺の理由。
金を貸しているドイツ銀行などは、中国がドルを揃えてくれないと破綻してしまいます。
そういう事情で、欧州が青くなってAIIB詐欺に参加したわけです。 貸した金を返してもらうための参加ですね

ということで、FRBが利上げすると即死するかもなわけ

(離脱派のバックはアメリカで間違いなさそう)

397 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 03:58:44.90 ID:4uA0qpOO0.net
第2問です
英国の離脱派の背後にいる勢力は、何を狙っているでしょうか?

430 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 04:03:47.67 ID:4uA0qpOO0.net
>>424
第2問の正解を出しますね。

ドイツとフランスを国ごと破壊する為です。 それに英米のファンドはベットし、既に勝利は確定しています。

460 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 04:08:07.72 ID:4uA0qpOO0.net
>>440
EUというのは、ドイツとフランスで無理やり拡大してきたわけですね。
欧州債務危機の発生自体が、英米の仕掛なんですね。 危機は欧州中銀が債券発行することで、表面上の独仏のギリシャ債などは移し替えました。
しかし欧州債務危機のゴールは決まっており ドイツ、フランスの金融機関の全滅と財政破綻 ここで、英米のヘッジファンドには莫大な利益が転がり込むのです。


471 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 04:10:06.17 ID:G2kut/Wa0.net
>>460
イタリアの金融機関はどんな感じですか?

479 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 04:11:26.19 ID:4uA0qpOO0.net
>>471
イタリアはカウント外ですね EUは、ドイツとフランスの金融機関が焦げ付かせている問題で逝くのです

748 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 04:46:08.67 ID:4uA0qpOO0.net
ドイツとフランスは抜けられないですよw EU加盟国にどれだけ金を貸し込んでいると思いますか

506 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 04:16:10.12 ID:TC+EZCgk0.net
ギリシャ危機の対応で、ドイツは非常に厳しい態度にでたけど
その理由はドイツの銀行が貸した金が不良債権にならないようにメルケルが工作しただけ
メルケルの野郎は最悪で金だけで動く政治家だと評価した番組もあったなww

511 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 04:17:12.65 ID:4uA0qpOO0.net
>>506
ま、そういうことなんですよね。 ドイツの銀行は中国でもやっちまっているし 新興国でもやっちまった
(ロンドンシティがEUを見捨てるということか)

02 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 04:15:35.52 ID:4uA0qpOO0.net
>>485
イギリス国家というより、イギリスのヘッジファンドに良い事なのです。 英米のヘッジファンドは、ユーロが壊れる、ドイツとフランスが逝くに賭けて、既に勝利しました。 まだ莫大なお金が入っていないけど、既に勝ちました。

522 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 04:19:20.32 ID:4uA0qpOO0.net
>>517
イギリスは、もう金融業で食っていくしかないんですわ それも風前の灯火でシティは生き残りに必死

538 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 04:21:17.66 ID:EjrSWNm80.net
>>522
なるほど、イギリスは既に死に体か ちなみにユーロがもし崩壊したなら、
一時的に世界不況が起こりそうだけど、その後はもしかして元が強くなったりするの?

571 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 04:24:24.35 ID:4uA0qpOO0.net
>>538
元は既に死んでいます。 あんなのドルペッグ通貨です。 なのにドル不足だからAIIB詐欺始めたのです。ドルの完勝ですな。

592 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 04:27:49.25 ID:EjrSWNm80.net
>>571
良かった元は死んでるのか安心した、 円はどうなりそう?

609 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 04:28:53.45 ID:4uA0qpOO0.net
>>592
円はアメリカ次第なんで ドル高になれば円安です
(これ離脱残留問わず勝ちって意味かな?FRBの利上げって言ってるし)

520 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 04:18:31.17 ID:b9uj38se0.net
>>502
既に勝ったと言っているが何か目に見える根拠はある? 相当な自信があるようだが

553 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 04:22:52.77 ID:4uA0qpOO0.net
>>520
EUも中国もドル建債務の山なんですよ FRBが金利あげるだけで、勝ちでしょ?
欧州でのドル調達コストも跳ね上がっている 英米のヘッジファンド側にトリガーはあるのです


582 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 04:26:03.25 ID:b9uj38se0.net
>>553
投票については操作されると考えてるの? それとも残留派の中に離脱派が大勢隠れているという考え?

607 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 04:28:51.00 ID:CKy0rQ3v0.net
>>553
FRBもグルなのかよw

630 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 04:30:47.74 ID:4uA0qpOO0.net
>>607
そうです。グルです。 なぜかというと、これはリーマンショックから始まったバーナンキQE作戦が中心だから
あれはEU,中国、ロシアからアメリカが受けた集団リンチ そこに手を差し伸べたのが日本ということです。
QEとは、肉を切らせて骨を切る作戦なのですね


678 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 04:36:18.72 ID:Za1k+P5K0.net
>>630
根本的に勘違いしてね?

690 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 04:38:08.27 ID:4uA0qpOO0.net
>>678
いえいえ QEというのは、中国バブルなどを限界まで膨らませて返せない次元の不良債権を製造する手段なの
出口戦略ははっきりしており、利上げ
(ドイチョンが踏ん張る可能性もあるし最後まで分からないぞ)

683 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 04:37:01.83 ID:YfNlsNpm0.net
英に追従しそうな国はあるのかな

712 :名無しさん@1周年:2016/06/23(木) 04:40:44.89 ID:pSsWW/bO0.net
>>683
イギリスが離脱出来る理由は通貨がユーロじゃなくポンドだからなのよね
つまり債権国家のマイナスでユーロ安が生じている旨味をイギリスは享受できない状態
EUにいることで負担が大きいドイツやフランスはユーロ安の恩恵を受けまくってるから離脱なんて選択肢は考えも及ばないよw

NEWS-U.S.そのものの信頼性は疑問符がつくが(笑)2ちゃんねるで解説している「名無しさん」はファンド系金融企業の人間なのだろう、背後関係と進行する筋書きが恐ろしいほどにリアルだ(爆)

ここで注目なのが英米のヘッジファンドだが、それっていわゆるロスチャイルドやロックフェラーとかのユダヤ系金融財閥のことなのでは?(笑)

世界の様相が変化する時、そこには必ずこの手の金融財閥が背後で暗躍しスクラップ・アンド・ビルド(破壊と再建)を繰り返して莫大な富をかっさらっていく。

日本もその餌食となり、その末端組織の一員として生き延び、今や強力な下僕と化して盲目的に従属するが、彼らが見切りをつけた時、大東亜戦争の時のように再び梯子を外された挙句、壊滅的消耗を強いられる可能性は今後もあるわけだ。

恐ろしいのは、自分の足元であるイギリスをも巻き込んで欧州勢力をかつての枢軸国(ドイツ・イタリア・日本)のように打撃と消耗を強いて、自分たちの都合のいいように作り変えることである。

日本やドイツは敗戦国から再生したが、英米のファンドに抗するような「経済圏システムとその主導権を持つ国」は、どれだけ利用価値があったとしても簡単に切り捨てられる。日本を明治維新から支え続けたイギリスをはじめとする欧米が取った仕打ちを見ればそれは明らかだろう。

大東亜共栄圏といった日本を中心としたアジア経済圏の構築を図り、東アジア全域の制覇を目指した日本がロシア(ソ連)まで巻き込んで抹殺されたのは歴史的事実であり、今回は矢面に(かつての日本のような覇権主義に侵された)中国が立てられてその背後にあるドイツやフランスなどEU主要国の弱体化を狙ったと考えれば、パナマ文書などの経済スキャンダルを含めて詰将棋のようにヨーロッパを追い詰めていった勢力の存在が「荒唐無稽な陰謀論」として片付けられなくなってくる。

この後のシナリオは、8月のG20杭州サミットを睨んで展開されることになるのだろう。

「伊勢志摩サミットより期待度高い」=中国、100日後のG20杭州サミットをアピール―中国メディア:レコード・チャイナ
G20 杭州サミット
日本が議長国を務めた主要7カ国(G7)首脳会議(伊勢志摩サミット)の閉幕日にあたる27日は、杭州サミットにとっては「開幕まであと100日」という区切りの日だ。王外相は「議長国として世界経済の回復のため大きな役割を果たしたい」と表明、「世界経済が直面している核心的な挑戦と突出した問題について各方面とプランを探りたい」と述べた。27日付の環球時報は「G20に対する世界の期待や支持はG7を超えている」とする専門家のコメントを紹介し、海外メディアの報道を交えて「発展問題を議事日程の突出した位置に置く杭州サミットへの期待に比べ、G7は日本の政治ショーのようだ」と報じた。

上の2ちゃんねる氏の解説通りなら、金の力で欧米諸国をねじ伏せる気満々だった中国に「ドルの力」で「好きにはさせないよ」とのアメリカの牽制球が抜群の効果を得るだろうし、議長国中国の主導に欧州は従順になれない背景を作ったことになりはしないか?

中国もまたアメリカの通貨政策の影響を強く受ける力関係の中にあり、中国の最も親密なパートナーだったイギリスが欧州経済圏から分離し、連合王国という国体崩壊までのリスクを見せつけられた今、アメリカ(バックのユダヤ金融財閥)に露骨に歯向かう愚策は取れなくなるはずだ。

精一杯面子を保ちながら、実質的には親米的路線に舵を切る他なくなるだろうし、そうなれば東アジアでの中国の国威拡大行動にも少なからずブレーキを掛けざるを得なくなる。

これだけを見るとイギリスのEU離脱はむしろ日本にはメリットがありそうにも思えるが、国際的なパワーバランスの流れ(方向性)において日本には利があるものの、イギリスや中国、同じくEUに日本(企業)は相当額の投資を行っているし彼らからの投資も受けている。それらが非活性化し停滞することでデメリットは必ず出てくるし、円高株安を引き起こせば、輸出で収益を上げる企業は軒並み減収減益は避けられまい。

政治的に旨味はあっても経済や国民の生活レベルの話では「かなりの出血を覚悟」する必要さえあるように思う。

色々な想定が計られ、どの国も被害を最小限に食い止めようと躍起になることだけは間違いがなく、それらの想定の境界線上に立つ者達にはハードな2016年後半になるだろう。

金融とは無縁に思える貧乏人の私でさえこの程度のことは想像に難くない以上、少々げんなりしている私なのである(笑)

JUGEMテーマ:社会の出来事



Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



組織論【そしきろん】

ワタミ会長やユニクロ会長のブラック企業ならではの職業倫理観と経営哲学の押し付けも記憶に新しい昨今だが、今アベノミクスによって「好景気の予兆」が広がりつつある。当然求人も増え、就活中の若者にも大いなる期待感が増すというものだが、市井の中に身をおいている分には、さほど実感が無い。ましてや勤務先の状況はブラックではないもののホワイトとも言いがたい(^^;)微妙な経営方針と形骸化している(ように見える)朝礼時のスローガン集団音読も、傍から見ているものには結構白々しく見えて仕方がない(^^;)

今日意外な所である男が組織論を論じてる動画を拾った。



いや、昇進して怪人になりたいとは思わないが(^^;)ショッカーって結構組織としてはいいじゃん。少なくともチンケな中小企業よりはマシかも(爆)

仕事にモチベーションを持てるか、職場は従業員にモチベーションを与えているか・・・確かにこの辺りのコミュニケーションを怠った時、その企業は「ブラック」の烙印を押されるのかもしれない。

しかし、こんなトコロで感心するとは夢にも思わなかったなぁ(爆)

ショッカープロジェクト

ショッカー


JUGEMテーマ:社会の出来事
Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



空の果て【そらのはて】

遥か彼方、遠い空。到達し得ない永遠の時空を暗喩するかのような言葉に「空の果て」と言うものがある。実際には飛行機で飛び上がってしまえば着陸しない限り、永遠に空を飛ぶことが概念としては可能だ。地球は球体であり軌道上にある限り「果てはない」に等しいからである。

つまり「空の果て」は、あくまで個人的主観における到達限界点を意識したものということになる。それを踏まえた上で、晴れ渡った空の果て、最大でどれだけ遠くの空が見えているのだろうか・・・ある日そんな疑問がふと頭をよぎったが、ず〜〜〜〜っと忘れていた(^^;)ようやく本日PCの前でそれを思い出し(爆)検索をかけてみると・・・

空の見える範囲空に見える雲は何km彼方の雲だろう?(Excit Bit)

ピタゴラスの定理の応用で割り出した数値は・・・

雲の高さが低い場合である300mのときは、雲までの距離が約60kmとなり、見えている雲は、60km先まで見えていることになる。
また上層にある高い雲の場合、その高さを10kmとして計算すると約350kmとなる! 350kmといえば東京?京都くらいの距離。地形の影響もあるので実際は見えないだろうが、理論上では東京上空の雲も京都で見えることになる。


なるほど少なくとも日本の本州に居る限りは外国の空を見る事にはならないようだ(^^;)googlemapAPIを利用したwebツールを使って描いてみたのが、下の画像。私の住む奈良市を中心に半径350kmの範囲を示したものだ。


350km円

地図上に好きな半径の円を描けます (Google Maps API V3版)

「地名で移動」に住所等入れて、「円の半径」を指定して「Go!」ボタンを押すと地図上にバルーン型のマーカーが出現するので、それをクリックすると指定半径の円が描かれる。

空を見て低空に雲がなく、高空をたなびく雲であった場合は、東は静岡県、西は広島県、北は石川県、南は和歌山県沖あたりまで見えていることになる。とは言え運が良ければ最大700kmの範囲の空は目視可能なわけで、ちっぽけな存在たる人間にしてはかなり広範囲の空模様を目撃できることに少し感慨を覚えた。

だから雨雲の場合は100km以内(約半日)で空模様が流れてくるし、夕焼けの赤く染まった空は岡山・広島上空の空を見ていることになる。

演歌雲

この画像は昨年撮影した夕焼け空に浮かぶ雲だが、北(〜北東)の方角である。日本海の夕焼け雲だったとは、意外と演歌系だったのだなぁ、と改めてその渋さを味わっている(爆)

JUGEMテーマ:日常。
Posted by soup2001 | comments(2)  trackbacks(0)



総占拠【そうせんきょ】

今日夜TVを付けると「AKB48総選挙生中継」が流れていた・・・・しばし唖然として5秒ほど固まっていたが(^^;)気を取り直してHDDレコーダーの未消化閲覧分を流すことにした。

ある意味「プロ野球オールスター投票」の様でもあり、先ごろ話題になった「コンプガチャ」の様でもある。・・・その心は、いくらでも投票が可能ではあるが必ず報われるとは限らない。

あぁ、本来の選挙(衆議院や参議院または地方)でも「厳密に1票」が管理されているだけで「必ず報われるとは限らない」のは同じか。いや、報われない方がどう見ても多かろう。

で、そんな有権者の失望と諦めの象徴のような記事を先ほど拾うにあたっては、もう何をかいわんやである(^^;)

AKB48の総選挙投票券付きCDが大量のゴミ化!酷い末路だと話題に:秒刊サンデー


CD

予想されたことではある。フィギュア付お菓子の大人買いと同じ、目的はそこじゃないのだから当然の帰結である。まぁ、確かに「資源の無駄遣い」であることは確かなので、どうせなら廃品回収とばかりに、「ご不要になったAKB48の残骸CD20枚と新作CD1枚(特典付)を交換いたします」くらいのことはやってもいいように思うのだが?(^^;)
実売数がどうであれ、楽曲やアーティストとしての支持が販売数でないことは明白なのだが、それでもやっぱり年末の「歌謡賞」は彼女たちの独壇場になるのだろうか?私にとってはこっちの「総占拠」の方がもっと馬鹿馬鹿しく感じられてならないが・・・(^^;)

結果はご丁寧にYahooニュースでも報じてくれるくらいだから、興味の無い私でも強制的に頭に入ってしまう。そんな結果でさえ、私個人としては篠田麻里子くらいしか「マジ可愛い」と思える娘がいないので(^^;)どうでもいい。その他の娘たちはそのまんま「おばさん化」してしまう様が目に浮かぶくらいだから、(結婚引退もあるだろうが)このうち40代まで芸能界で残っていられるのは何人だろう?

第4回AKB48選抜総選挙 投票結果発表(6月6日・日本武道館)

しかしまぁこれの上位10人くらいはそこそこ長く芸能界でやっていけるだろう。少なくとも民主党の議員や・・・NDA95part2(95代首班、野田第2次改造内閣)よりは(爆)

JUGEMテーマ:社会の出来事


Posted by soup2001 | comments(2)  trackbacks(0)



素材集【そざいしゅう】

新しい職場でもそうだが、ビジネスであれデザイン書類であれ「ちょっとここに何かワンポイントが欲しいな」というような、妙な空きが出来ることがある。私などはこれまでにネットで落としたものや市販の素材集でそのスペースを埋めるものを探したりするのだが、今日もそういう場面に出会ってネットで検索を掛けてみると、今までヒットしなかったサイトに行き着いた。

広告宣伝アドレンジャー

アドレンジャー
素材集

「orz(失意体前屈)」をはじめとするちょっと冗談ぽいコンテンツが中途半端な量置いてある(爆)・・・いや、バカにしているのではなくて、どうもこのサイト、「ちょっと外したライン」を狙っているのではないかと充分に疑えるのである(^^;)でなければ将来「それらしく見えるジョーク・サイト」として認知されそうな雰囲気なのだ。各素材の説明もわざと「ボケ」ているニュアンスだったり、キャッチコピー製造機とかプレゼン台本製造機とか、結構遊びのページとしての機能のほうが充実しているからだ(爆)

キャッチコピー

私が1万人いたことになってると思うのだが、soupが「2億11万人」流出してるようにも読める。日本の人口より多いとはなぁ・・・(爆)
それにこりゃ昔あった「今日のあなたのキャッチフレーズ」ジェネレータと同じではないか(爆)

<プレゼン台本製造機:現代用語のクソ知識2009の場合>

先日「現代用語のクソ知識2009」を拝見させていただきました。
とても興味深い内容ですね。
ただ「現代用語」で検索してみると、100万件ものサイトが存在しているようです。
「クソ知識」でも同様の結果ですね。
ここはひとつくだらないを全面的にフィーチャーしてみてはどうでしょう。
ロングテール的にもくだらないやおもしろいは有効だと思います。
名付けて独自の視点大作戦!
パレートの法則によれば、独自の視点の80%は20%のおもしろいが生み出すと言われています。
そう言えばこの前変幻自在が「あるある大辞典」で取り上げられていました。
変幻自在はけっこうニッチなマーケットにフィットするかもしれませんね。
独断と偏見は「独断と偏見男」の設定でストーリーテリングしましょう。
現代用語と貧乏とのコラボレーションも話題性十分です。
オヤジをパブリネタに使って、(^^;)を強力にプッシュできるよう、広報体制を整えておいてください。
これで「現代用語のクソ知識2009」の成功は間違いなしです!
予想されるコンバーションレートから逆算して、予算は1,000万円でいいですよね。
それじゃあこちらにサインをお願いします。


「あるある大辞典」なんて、ネタがちょっと古いなぁ(爆)
まぁ、中々よく調べていると思うけど、サインはできないねぇ(^^;)

JUGEMテーマ:仕事のこと


Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



素養【そよう】

私は自分のことを「比較的常識がある平凡な人間」と思っているが、友人などに言わせると「非常識ではないけど充分変わり者」との評価だ(^^;)通常人が感じる感じ方とは少しずれているらしい。まぁ、だからこそブログに書くことが面白いなどと言ってもらえるのでそれはいいのだが、「一部ではすごく博識・博学なのに基本的なことを案外知らない」とも言われたりする。主に有名ブランド品や流行に関してとか、酒の飲み方のセオリーとかだが、確かに人付き合いの仕方や流行はどうも苦手だ。何より昔からそういうものには関心がない。

自分でも着用したいと思うブランドは特にないし、ユニクロや無印良品などの「ノーブランド風ブランド」でも私には充分だ。エルメスやルイ・ヴィトンなどなぜにあんなにバカ高い物をそんなにありがたがるのかがさっぱり理解できないのだ(^^;)

アルコールも外で飲み歩くほど強くないため「自宅で自分のペースで一人酒」が身に染み付いている。だから酒場などで人に会っても下戸のフリをするしかない。「よく知らないけど多分飲んだことある」が私の酒の味の感想の常套句だ(^^;)実際、洋酒などはあまり差がわからない。ウイスキーでもブレンド物スコッチとモルト原酒、あるいはバーボンくらいはっきり差が付かないとピンとこない。そもそもウイスキー自体さほど旨いとは思っていないのだ(^^;)飲んで苦に感じないのがバーボンなのでウイスキーならたいていバーボンを選ぶが、ワイルドターキーくらい度数が上がってこない限り、香りやら味わいやらは正直わからない程度の酒飲みである(^^;)

それ以外にもおそらく普通なら知っているはずのことを知らないことも多々あろうが、世の中には自分よりも無知な人が案外多いことも最近たびたび知ることがあり驚いている。

女性は総じて歴史や地理に弱いと言われる。古典好きの人なら歴史は私より強かろうがやはり地理には弱く、岐阜県と長野県を混同していたり、島根県と鳥取県が区別できない。
以前「(奈良県から)東京と北海道ってどっちが遠い?」と聞く人(男)がいて心底驚いた。
「アンタ絶対日本人とちゃうやろー!!!」((爆))

地理的な無知は興味の無い人は全く無いだろうと言うのは理解できるが、科学的な常識が無い人がいたり、社会的な事象にあまりにも疎い人がいるので驚くことも多い。

apollo科学の方は女優:遠野凪子ブログが圧巻だし、アメリカ宇宙開発史に燦然と輝く「月面着陸のアポロ計画」がNASAの捏造だったと思ってる人が案外多いとかいうものである(^^;)・・・確かにそういう陰謀論者・捏造論者は昔からいたし、その後予算縮小のために他の惑星探査計画や有人宇宙船による探査計画がなくなってしまったため、30年以上も昔に月面に人が立ったのを信じられないのも「心情的には理解できる」(^^;)しかし、歴史的事件や天文学の常識中の常識がしっかり教育の中で教えられていない・・・伝わっていないのは衝撃的だった。クイズ・ヘキサゴンのおバカ6人衆どころの騒ぎではない。

まぁ、総理大臣が漢字が苦手だったり、民主党員が「日の丸」に国旗としての敬意を払わなかったり、それをまた鬼の首でもとったように取り上げてやれ国を守るとか、やってもいないことを今までやってきたように吹聴したり(^^;)
・・・日本の国境とも言える対馬や与那国島、尖閣諸島に竹島、北海道最北端など、「国を守ると言う以上最低限の国境警備隊くらい配備してるんでしょうね」と言う突込みがいとも簡単に、一介の素人の私にさえ言われてしまうのってどうよ?(^^;)

自民党が官僚と既得権を守ってきたしこれからもそうしたいのはよくわかるんだが、民主党が何を「やらかす」のかがイマイチよく見えてこない。自民党以上に「烏合の衆の寄り合い所帯」なのが丸見えで、矛盾無く政策実行できるかが非常に未知数、不確定要素だからだ。


これら考え方の違いや感じ方の違いを考えると、いかに「共通認識」が大事か、「知識の共有化が無い状態」では、「共感」「理解」が困難になっていくと言うことがよくわかる。ただ、だからといって「統一された知識だけ」を詰め込まれるのは「洗脳」に他ならないわけで、つくづく「基礎教育」「素養」と言うものは大事だと思うわけである。

我々は子供のころから「素養」の部分も「どうでもよい知識」も無差別に吸収してきた。学校で教えられたことでも反復して使う知識でなければすぐに忘れてしまうし、毎日のように読んでいたためにマンガのせりふを大人になっても一言一句たがえずに覚えていたりするわけだ。

こんなブログを書く私でも、政財界のことは全く無知に近いし、歴史的事実でもそれは「表向きに知られている常識レベル」を超えない。つまり真実ではない歴史を信じ込まされている危険性を常にはらんでいる。古代の歴史などは新発見によって簡単に変更されるし、現代の歴史は権力者によって容易に捻じ曲げられる。多くは望まないにせよ最低限の「表向きの知識」くらいは選挙権のある成人なら共有したいものだ。

金持ちや貧乏人の区別無く、一般教養の無いバカは話していて非常に疲れる。私でさえそうなのだから私よりはるかに高レベルの教養人は私と話す時、ものすごく疲れることだろう・・・まぁ、申し訳ないがそれでも私が言えることは「ご苦労様」だけなのだが(爆)

JUGEMテーマ:日常。


Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



草食系【そうしょくけい】

最近「男」の多くは「草食系」と言われるような、温厚で受動的、やる気が無いのか奥ゆかしいのか良くわからない「大人しい」人間が増えているらしい。
草食系男子(wikipidia)

WBC優勝で時の人となった侍ジャパンの原監督などは、リーダーにおける「草食系」の代表として記事などでは書かれている。

原監督「涙目の新リーダー」

原監督
(画像元:サンスポ)
記事の内容と関係なく、面白い表情の画像があったので思わず使ってしまった(爆)


内容的には、まぁ当たらずと言えども遠からずな感じもしないではない。強烈な個性を放ち、良くも悪くも派手に目立つタイプではなかったし、東都大学系の野球エリートを地でいく育ちと経歴。「若大将」と呼ばれ、巨人の4番という重責に「ガラスの4番」と揶揄されながらも耐え続け、それなりに勤めを果たした。今なら「微笑み王子」とでも言えそうな「陽性」で「実直・誠実」が見える優等生だった。草食系とは少々「弱っちい」印象を伴うが、俊敏なイメージがあり、「肉食系」の脂ぎったムキムキ・マッチョで凶暴・粗野・知能指数の低いイメージよりはマシかもしれない(^^;)

さしづめ私などは、「草食・時々肉食系」と言うべきか、それとも加工インスタント食品が多い「ジャンク系」「雑食系」と言えるのかも知れない(^^;)え?そのココロは何だって?

雑食系【ざっしょくけい】
手軽で親しみやすく、仕事が早いが本物の仕上がりというよりは「とりあえず」のレベルにとどまる。多少コンプレックスから来る屈折した価値観を持つが、高級品・ブランド品にはさほど頓着しない。そのくせ妙にこだわりを持ち、頑固・自己主張が強く、ややもするとキレやすい(爆)

↓画像は素材集から拾ってきた、イメージ的に肉食と思われるゴリラ(^^;)。
↓実際は「繊維性食物を中心とした雑食(wikipedia)」で完全な「草食系」でもないらしい(爆)
草食

不況が続くと「強制断食系」のスッキリ痩せ体型が増えてひょっとするとメタボ対策になるかも知れないとも思うが、実際のところは「中途半端な貧乏は却って太る」のだ。私自身が体験しているから間違いない(^^;)
痩身を保ったり、ダイエットする方がコストがかかる時代だ。余計なコストをかけないためにも、栄養バランスを考えて「菜食系」にはなりたいと考える今日この頃なのである(^^;)
Posted by soup2001 | comments(2)  trackbacks(0)



相対性駄論【そうたいせいだろん】

日本と違って怖いほどに期待されて「華々しく」就任したオバマ大統領の支持率が下がったと言うニュースがあった。
就任以前から、やれビッグ3だAIGだと政府の公的資金を投入してでも金融恐慌を阻止しようとしているにもかかわらず、かの企業の重役は「契約」によって超高額のボーナスを受け取ったことを許してしまったことが大統領への批判として反映されたようだ。
その結果大統領は激怒し、下院ではこのボーナスに90%の所得税・10%程度の住民税・・・つまりほぼ全額国が接収すると言う法案まで通してしまった。
契約社会のアメリカにとって、このオバマ大統領の怒り・国民の怒り・下院議員団の怒りは契約を無効化するいわば「社会主義的対応」だと逆批判さえ出てくる混乱ぶりだ。

本来ボーナスとは成功報酬を意味する一時金で、定額支給を契約条件にしていたなら、いくら高額でも通常の給与なのだ。それでも企業が業績不振になれば経営の責任者は現場の社員以上に「報酬カット」が当たり前の日本からすれば、「報酬や待遇面で幹部に責任を問えない契約」というのもありえない不当な契約と言わざるを得ない。
少なくとも日本ではここまで企業を食い物にする「契約」幹部社員はちょっと考えられない。(せいぜい退職金をせしめる程度だろうが(^^;))「契約」という資本主義的な制度に寄りかかった「分別・節度のない契約条項」があったといわざるを得ないだろう。

資本の再配分に対し、個人の権利を最大限認めるのが資本主義と言えるだろうが、欲望に任せて「好き勝手=暴走」をはじめるといずれ大きなしっぺ返しを喰らうのは、これまで数多くの企業の栄枯盛衰を見れば明らかである。

経済至上主義の急先鋒でもあるアメリカはキリスト教の国であり、その起源に繋がるユダヤ教を奉じるユダヤ人を多く抱えている。ユダヤ人は昔から金融業など商才に富み、蓄財を続けた結果ロスチャイルドなどの世界的財閥を形成するに至っているが、アメリカやヨーロッパで大きな影響力を持つキリスト教は本来、金融業(金貸し)を禁止している。イスラム教においてもそれは同じで、金の魔力に魅せられ「節度・品格」を喪失する戒めとしていたようだ。しかしキリスト教はローマ法王庁が「金を貸して利子を取る業務」を容認したためユダヤ人の金融業に力を与える原資となった。
イスラム世界では、金融業は個人への貸し金は無利子が基本と言う。利益は法人・企業への融資利息や投資の運用で得ているらしい。

宗教的にはどちらも「原理主義傾向」なイスラム世界とアメリカを中心とするキリスト教世界。宗教独裁の色が濃いイスラムの方がこの面においては理性的に見えるのがちょっと面白い。

アインシュタイン20世紀が生んだ物理学の天才でユダヤ人でもあり、本人が辞退しなければイスラエル大統領にもなっていたアルバート・アインシュタインは皮肉なことに社会主義の信奉者だったらしい。
何故社会主義か:アルバート・アインシュタイン
元サイト:ペガサス ホームページ

画像は「アルベルト・アインシュタイン:Wikipedia」より


(本文より抜粋) 生産は、使うためではなく利益を上げるために行われる。働く能力と意思のある者が全て、いつも職を見つけられるという保障はない。「失業者軍」はいつも存在しており、労働者は職を失う危険にさらされている。失業者・給与の十分でない労働者は利益の上がる市場を作らないから、消費財の生産には限界があり、その結果大きな困難が生じる。技術的な進歩はしばしば、全ての人の仕事を楽にするよりも、失業者を増やしてしまう。利潤のためという動機は、資本家同士の競争と共に、資本の蓄積と使用に不安定をもたらし、不況が深刻化することになる。制限のない競争は労働の巨大な浪費と、既に述べたような個々人の社会的意識の麻痺をもたらしている。
 人々の社会的意識の麻痺は、資本主義の一番の害悪だと私は思う。われわれの全教育システムは、この害を被っている。過度に競争的な態度が学生に叩き込まれ、学生はその将来のキャリアの準備として、欲深い成功を崇拝するように訓練される。


今起こっていることを見事に予言している。というより、欲望に支配された自制無き資本主義経済の成れの果てはこの時点で、物理学と言う畑違いの学者でも既に予想出来ていた点が面白いし、現実になっている点はなんとも情けない(^^;)

学者先生の言葉だけに小難しい言い方だが、要は「人は自己中心的な経済活動に執心するあまり、却って自分で自分を追い込む悪循環を生み出す」辺りの事を言っているのだ。
そしてそうなる原因は極めて単純、「自分以外を信じない」「不正や社会正義を正すことより、法を犯してでも効率的な蓄財方法を求める」ことに尽きる。
そしてそれを実行する人間が増えれば増えるほど、社会は不信感で満たされ「信頼できる」物か、必要最小限の物しか消費しなくなる。あるいは自分が人より不当に不利益をこうむったりすることの恐怖心が蔓延するのだ。

とはいえ、有史以来、人間はこうした疑心暗鬼の中からでしか発展の歴史を築けなかったことも事実。結局のところ私利私欲がプラスの方向に向かってこそ打算と言う信頼が生まれ、経済を活性化させる原動力となるのかもしれない。
しかし、世に偽装や嘘が蔓延し、信頼も失い、公平性も疑われ、為政者や立場のある者に節度や信義が感じられない今、事態が好転するきっかけは見当たらない。

だが、だからと言って全てを金融屋や政治屋、官僚屋の利己主義の責任にすることは出来ない。そういう連中をはびこらせ、自らのその利己主義的な社会を醸成する媒介となった「自分」を認識することからはじめる必要がある。
そしてもう一つ。約100年前の世界恐慌になぞらえ、恐怖を煽るマスゴミこそがこの不信と疑心暗鬼を負の方向に向かわせているこの国最大の癌細胞かもしれない(^^;)

政府や官庁だけでなく、やらせや誤報、正義の味方面をしていい気になっていられるのは今のうちだ。もはや「新聞・放送メディア」の偏向性や商業主義体質は広く国民の知るところとなっている。テレビやラジオだけの情報を鵜呑みにする人間はこれからはドンドン減っていくことだろう。良くも悪くも情報が疎だった大昔に回顧していくような、「信頼・信用に耐える真の情報」が情報の海に埋没してしまう時代こそ、これらマスゴミ・ジャーナリズム、政治屋・官僚屋(役人)には公平性と透明性、そして節度ある運用・運営が求められているのではないか?

アインシュタインの物理学のマジックは、不変と考えられていた「時間」の概念を変えたことにある。深い思考実験の中から生まれてきた「予想外の仮説」がその後の世界を変えるきっかけになった。
とりあえず、実際的な打開策のアイデアは、何かが・誰かが目新しくもなく当たり前のことを、少し見方を変えることで新しい生き方としての「予想外の仮説」を生み出してくれることを今は待つしか無いだろう。

・・・私自身はもちろんだし、ネスカフェのそっくりさんにも到底無理だろうしねぇ(爆)



Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(1)



ソウルフード【そうるふーど】

バラク・オバマ新大統領の誕生で黒人の社会的地位もついに頂点を極めた感があるが、音楽・ファッション・食文化の面ではとっくの昔に黒人は各界に確たる地位・存在感を示し、黒人以外の人々にも広く受け入れられている。
ブルースやソウルを代表とする黒人音楽ももはや変貌を遂げ、音楽界には欠かせないものとなっているが、かつて「被差別民族(人種)」としての苦悩の時代の記憶は薄れ、(未だに差別の実態は残るとはいえ)もはや過去のものとなりつつある。

日本における被差別民というと「部落・同和」地区の問題が最近は逆の意味で再燃していたりするが、彼らの伝えた「食」の財産は今でも時折ブームとなって旬のトレンドとして浮上したりするから面白い。
「もつ鍋ブーム」は考えるともう20年も前のことだが(汗)家庭でも鍋物の定番と化した。少々飽きられたとはいえ、BSE騒ぎが無ければもっと広がりを見せたかもしれない食材だけに、騒ぎのせいもあって供給量が減り「もつ」がそれ以前ほど安くなくなったのは惜しまれる。

「もつ」で言うと2〜3年ほど前、大阪では「かすうどん」がブームだったらしい。讃岐うどんブームに乗っかって一時期うどんも頻繁に食べた私だが、本来は「蕎麦好き」なので「かすうどん」ブームは全く知らなかった。
この「かす」は牛の小腸、いわゆるホルモンを素揚げし、油分を取り出した後の「油かす」をトッピングしたうどん。高タンパク低カロリーの上にコラーゲンも多く含有と昨今のヘルシー志向にも合った食材だ。これも部落などでは昔から食べられていたもので、その由来を考えると、日本でも「差別問題」は随分解消されてきたのだなと実感させられる。

かすうどん

画像は奈良でも最近増えてきた「かすうどん」を出すお店の「かすうどん・おにぎりセット」。「かすうどん」はブームになるはるか前、もつ鍋以前の大昔に食べたような気もするがはっきり覚えておらず、それだけ記憶に残らなかった(さほど美味くなかった?)のだが、今日たまたま食べる機会があって試してみた。

「もつ」だと意識して食べなければ、ほんのり甘味の出汁が特徴的なだけで、普通に美味しいうどんである。ただ「かす」をすぐに飲み込まず時間を掛けて噛み潰すと、なんとも言えぬ甘み・旨味がにじみ出てくる。これに関しては立ち食いうどんのように早食いしてはいけない(^^;)以前はあっという間に食べたため、この味に気づかなかったのかもしれない(爆)

黒人社会におけるソウルフードにも「もつ」を食材に使うものが多い。被差別民ならではの極貧の生活によって生み出され進化を続けた食材を現代人の「飽食」の中に組み入れるのも時代の変遷というものだろうが、これらの食材には「過度の美味追求」とは対極にある「素朴さ」「優しさ」が感じられてこれもまた現代に受け入れられる要因になっているのだろう。

「美味い物は美味い」と言えばそれまでだが、単なる「美味追求・グルメ志向」で廃れていった食材も少なくない中、「もつ」の類の食文化は「食を提供してくれる動植物」のわずかでも無駄にしないという意味で、これからもっと重要になってくるような気がするのだ。

今日食べた「セット」メニュー。大食漢時代の私なら、絶対的に足りないはずのボリュームなのだが、「満腹」とは言わないが量を不満にも思わなかった。ダイエットの方向性に「小食化」もあるだけにその点でも安心した私であった(^^;)
Posted by soup2001 | comments(3)  trackbacks(0)



相殺選【そうさいせん】

自民党はどうやら完全にメディア戦略に打って出たようだ。小沢民主党の脅威をひしひしと感じている証拠か、候補者乱立させて麻生氏への期待と批判の集中を避け、お祭りムードを醸成し「自民党の活性化」を演出しているように見える。それによってマスメディアは自民党総裁各候補を無視できなくなる。
俊輔一人をマークすればいい日本代表型布陣ではなく、どこからでも誰からでもキラーパスが出てきそうなブラジル代表型布陣とでも言おうか・・・そんな感じだ。惜しむらくは自民党はブラジル代表ではなく、小沢民主党にとってはせいぜいナイジェリアかカメルーンくらいだと思われる点で(爆)結局ストライカー一人をマークして繋いでくる奴を警戒すれば勝負になると踏んでいるかもしれない。
自民党の目晦まし戦法に今のところ「踊らされてる」のは情け無いことにメディアである(^^;)国民はそんなに政治を見て無いと思っているのか、馬鹿にしてるのか、まったく。

今日のNHKで小沢氏にかねてから主張する政策について「お決まりの財源不安」をインタビュアーが問うていて、それに答える小沢氏は「各省庁の無駄な出費を削れば財源などまだまだある」と、これまでどおりの主張。

これが共産党や社民党が言ったなら「まぁた出来もしない風呂敷を広げて」とか「理想論だけは一人前」と思うところだが、小沢氏が政権交代を前提にして言い放つとなるとニュアンスが違って聞こえることに気がついた。

「各省庁の無駄な出費を削る」=「自民党と結びついた政官癒着の利権構造を削ってこれらの自民党系の癒着体質を破壊する」そして、「本当に必要な事項に集中的に予算を投入し、景気回復と格差是正、政治への信頼を回復する」=「民主党系の利権構造に作り変える段階でこれまでの自民党利権とその親派勢力は一掃するぞ」
・・・と言っているように聞こえたのである(爆)

う〜んさすが豪腕(^^;)いくら温厚に「正論」をぶってもこう聞こえてしまうのは「強面(こわもて)」のなせる業である。

どっちにしろ政治家は「自分のための政治」しか行わないのが垣間見えるのだが、自民党利権が膨れ上がりすぎて自らでは削れなくなってるのも確か。どこまでやってくれるかは別にしても、民主党系の利権構造に書き換えられる段階で国民にも多少のおこぼれは出てくるだろうと思わせる点がニクイではないか(爆)

今更自民党の誰が総裁になろうが「その期待感(だけ)で勝ちに行く」のは無理に思える。だからこそ「ワッショイお祭り騒ぎ」で自民党&官僚の蜜月ムードを誤魔化して「明るい未来」に無駄に時間と金をかけているわけである。一番盛り上がってるのは多分官僚だろう。その次は官民癒着で甘い汁を吸う企業や特殊法人だろうか(^^;)

総裁選で泡沫候補が熱弁を振るえば振るうほど、狙いを「相殺」してしまうことに気がついてる国民も多いと思うがねぇ・・・。久しぶりの総選挙が今から待ち遠しいなぁ。頼むから小沢民主党よ、変なスキャンダルで潰れてくれるなよ(爆)

Posted by soup2001 | comments(2)  trackbacks(0)



総理バトン【そうりばとん】

ABE氏より去年受け取ったバトンです。そろそろ次の人に回そうと思います。
受け取った人は次の人に渡すときこのバトンを添えてください。
by fukuchan

ここから-----------------------------------------

総理をやっていた人から次の方へ渡す時のことを質問します。

●総理になったら何がしたいと思っていましたか。
やっぱり官邸に住んで最高権力者としての仕事をしたい。

●総理になるとして特に決めていたことはありますか。
特に無いですね。前任者の路線を踏襲してそこそこやれればいいなと。

●総理になって一番良かったことは?
オリンピックの開会式にいけたし、金メダリストにも逢えた。

●総理になって一番悲しかったことは?
金メダリストの石井のようなガキにまでバカにされたこと。

●総理を次の人に渡そうと思ったのはいつ?
石井のコメントを聞いたとき。

●総理としての仕事には満足?
自分的には満足かな?よく我慢したと思うし、これだけ支持率の低い中では頑張った方だと。

●あの時ああしていれば・・・と思うことはある?
総理になることをやめておけば良かったかなとは思う。

●内閣改造はフェイント?
ABEちゃんを見習ったんだけど悪い?

●前任者に今言いたいことは?
就任当初はあったけど、今はもう良いや。

●引き継ぐ人に一言。
丸投げされたから丸投げするけど、よろしくね。

●総理を辞めた後はどうしたい?
とりあえず温泉。後の人に任せて一息つきたいね。

●では総理バトンを回す人を指名してください。
私が決めて良いなら指名するけど、どうせ無視されるでしょう。

ここまで-------------------------------------------

<参考資料>バトンセンター
Posted by soup2001 | comments(5)  trackbacks(0)



想像図【そうぞうず】

未来を想像することが子供の頃は楽しかった。SF小説で描かれる「ハイテク」グッズに囲まれ不可能と思われることが現実のものとなり・・・と、夢を見ることが出来たからだ。



ある程度歳を取ってしまうと未来は想像するのが辛くなる。決してバラ色ではない、夢は夢でも悪夢に近くなる。暗黒に近いグレーな未来しか想像できなくなってくると、近視眼的に目の前のことだけに集中するか、自分の死後の家族に思いを馳せることになる。



でなければ全く自分とは関係ない他人や今若さを謳歌している若者の老いさらばえた頃の変貌振りを想像するくらいだろうか。



GiGazine:短命で亡くなった有名人が年老いた姿の想像図は、はかなくとも迫力満点の想像図だ。



想像図



やっぱり・・・と、どこか納得できる仕上がりが凄いが、ここまでリアルだと、この容姿で彼らがどんな演技を見せてくれるのかもちょっと興味が湧いてくる。

しかしヒトラーはどう考えても「生かされざる人物」なので、生きていたらの想像が付かない・・・ていうか、死んだ時は初老期なので見た目にはあまり驚きが無い(^^;)正常進化ならぬ正常老化にしか見えないからだ。



作者のサイトが結構凝っているのでリンクを置いておく。(Gigazineのリンクは明らかに張り間違いなので(^^;))



Andrzej Dragan PHOTOGRAPHY
Posted by  | comments(4)  trackbacks(0)



空飛ぶ円盤【そらとぶえんばん】

かな〜り昔「謎の円盤UFO」という子供向け番組とは思えないほどのリアルな特撮を駆使して作られたドラマがあった。子どもの私は特撮部分の精緻な撮影に心を奪われ、「ウルトラマン」シリーズとは違う「ヒーロー無き宇宙戦争もの」の世界観に強く興味を持った。

未だにこのドラマのファンは多く、そのファンサイトもあったりする。

SHADO~謎の円盤UFO

メカニカルデザインがよく出来ていて37年前(!)のテレビ映画とは思えないほどだが、この時期、日本テレビの矢追純一ディレクターによる「UFO特番」に夢中になっていた私は未来を感じるものとして「UFO」が作れるような時代が「未来」だと漠然と思ったものだった。

数日前のLivedoorニュースにその時代の幕開けを告げるような記事が出ていた。

空飛ぶ車『M200G Volantor』生産開始へ

1

ホバークラフトの延長線上にあるような乗り物だが、量産型が開発されたとなると将来の交通のあり方を根底から覆しかねない気がする。緊急自動車などがこの手の乗り物に向いているかもしれないし、もっと性能を上げればレスキュー的な使い方も出来るだろう。ヘリコプターのような巨大なローターを持たない分、安全性も高そうだし高高度を飛ばないならば色んな使い道がありそうだ。

無重力飛行のUFOとは以前差が大きいとはいえ、私には十分「未来を感じる」ニュースだった。

最後に実際の飛行状態の動画があったのでリンクしておく。
ちょっと危なっかしい感じなので、私は乗りたくないけどね(爆)

Moller m200x

Posted by  | comments(2)  trackbacks(0)



ソニー【そにー】

ソニーが揺れている。かつてマネシタと言われた松下電器に先んじて「小型軽量&高性能」を実現する技術力の高さを売りにしていた「神話」は過去のものとなってしまったようだ。PC用のバッテリーの不具合に、技術力もしくは生産管理力の低下を印象付けてしまっている。なまじ汎用バッテリーで他社供給していただけに、その数は400万個を超える膨大な数だ。
私のソニー遍歴の最初はというとカセットレコーダーだったと思う。アルバイトのギャラをためて買った今で言えば「ガンダムっぽい」角ばったいかにもメカメカしいやつだったと記憶している。その後のステレオセットは「リバティ」という名前のアルミハニカムスピーカー仕様の高音が非常に綺麗なコンポであった。特にソニー教信者にはならなかったものの、どこよりも垢抜けていて洗練された物造りを深く胸に刻みつけたものだった。
ケチのつきはじめといえばやはり「VHS vs β」のビデオ戦争だったろうか。成人したばかりのころに民生用ビデオ機が家庭になだれ込んできて、ついでにレコードに代わりCDが席巻したのも同じような時期であった。
思えばこの頃は私の世代が経験した最初の「技術革新」のラッシュであったのかもしれない。家にいていつでも好きなときに映画を見るなどというのは「自宅シアター」設備を持つ金持ち専用の楽しみだったが、それがステレオのプリメインアンプほどの機器で実現するなど、私にとっては「未来的」な家電品で同じ映画を数十回は見返したものだ。それが今ではHDDレコーダーに録画だけしておいて、見る気がなくなったので消すという「贅沢」な使い方をしている。
「革新」という言葉がソニーから離れ始めたのは、AppleがPC業界に新風を吹き込んだあたりからか。その当時からApple Macintoshのモニターはソニーのトリニトロンだったり、初期のAppleにとってソニーは製品的にもイメージ的にもベストマッチなパートナーだった。Appleが単独のOSとハードメーカーに徹したせいで、ソニーにMacintoshのライセンスが下ることもなくソニーはPCの世界ではWindows陣営に入る。独自技術にこだわってきたソニーが、ソフトウェアでは完全に後手に回ってしまったのは私にはとても意外に思えた。NECや富士通はオリジナルOSで健闘していただけにソニーの選択が「β敗北」のトラウマのように感じていたのだ。そのせいかその後ソニーは家電機器よりも音楽産業や映像産業に注力するようになった。その頃から神話崩壊は始まっていたのかもしれない。
ウォークマン後継のCDやMDタイプもAppleのiPodやICメディアプレーヤーに比べると「先進性」は感じなかったし、唯一ノートPCのVAIOのみがソニーらしい機能美の血統を受け継いでいるように思っていた。

ソニー神話と書いたが、これはソニー教信者だけの思いだったかもしれない。裏を返せばそれだけ誇り高い技術者企業だったはずが、技術の精鋭化以上に必要な時代のニーズをつかむ、または時代の牽引車たる新しい発想に後れを取った根本の芽は、この絶頂期のソニーの中にこそあったと思うからだ。加えて製品の信頼性が揺らいでしまってはソニー再生も困難であると思われるだけに、いい時のソニーを知る世代には「惜しい」という感情が出てしまう。

しかし実は私も何度かソニー製品の不具合は経験している。そのせいかウォークマン全盛時は見向きもしなかった。そこまでして音楽とともに生活したいとも思ってなかったし、音楽によって「生活音」の聞こえない世界に違和感を持ったのも事実だからだ。実際1日だけ友人のウォークマン(第2世代)を借りたことがあり、1日中音楽付けの生活に浸ったことがあったのだ。私は音楽が好きだが、この時「これは特に必要ではない」と感じたのも確かで、その後MDタイプを買い「通勤時のみ」使用することはあっても歩くときはほとんど使わなかった。そんな私でもiPodにはハマッたのだが、それは持ち歩ける曲数がそれまでとは桁違いの数であったことが大きい。私のように「聞いているうちから別の曲が聞きたくなる」ニーズにこたえてくれたのは唯一iPodだけだったのだ。

考えてみれば携帯音楽プレーヤーの元祖たるソニーがこういうニーズ(使い方)に関して掘り下げが浅かった・・・あるいはひたすらハードの進化のみにこだわっていた・・・部分がソニーの限界だったのかもしれない。

しかし、あれほどの技術力を持った企業なので、もう一度世界を変えるような「新しい文化をもたらすような製品」を作れると、私は思っている。いや、思いたい・・・だけかもしれない(^^;)
Posted by  | comments(0)  trackbacks(0)



早春【そうしゅん】

早春1

自宅のすぐそばの「こぶし」の木。蕾がパンパンに膨らんだ。
もうすぐもうすぐ。

早春2

気が早い桜がいました。一番乗りおめでとう。でも君だけしか咲いて無いので、心なしか寂しそう・・・かな?

春分の日。興奮の後のおだやかな時間。晴れだったらもっと春気分にひたれたのだろう。
でも、春はもう目の前。春一番にしては強すぎる風の日々を過ぎ、もうすぐまぶしい光の季節が訪れる。この季節を長らく待っていた。おーい早く来てくれ(^^;)
Posted by  | comments(2)  trackbacks(0)



ソフトバンク【そふとばんく】

私の会社のネット環境はYahooBB、私のケータイはVodafone、で私はF1ファン・・・そのココロは「ソフトバンク」。
Vodafone日本法人の買収が本決まりになったらしいが、家庭用ネット環境(固定電話網)と移動体通信網を手に入れて、フジテレビと関係を深め、プロ野球チームのオーナーであり、F1のスーパーアグリをスポンサードする事が噂されている。

手広く商売を広げてる感じがありありで、金の亡者を見るように「引いて」もおかしくないところなのだが、やることが思い切りよくて「想定外」のアプローチを仕掛けてくるものだから、今度はどんなことやらかしてくれるかがちょっと期待なのである。
YahooBBのモデム配布大作戦では大赤字だったのに、サポートの評判は最悪だったのに(^^;)気が付くとユーザー数では最大手となりNTTの度肝を抜いてくれた。Yahooがここまで大胆な「仕掛け」をしなかったらADSLや光の普及はもっと遅れたのではないだろうか?少なくともこれまでは驚かされるほどのメディア戦略を示してきた会社なので、次の一手が待ち遠しい。

ワン・セグ放送も始まるし、携帯からワン・セグを見てネットへアクセスし、各種ショッピングやチケット予約はもちろん携帯向けのオン・デマンド放送・・・くらいのことは想像が付くが・・・さて?近未来の日常はどう変わるんだろ(^^;)

とはいえ、金を使わせるきっかけというか、窓口が増えただけのような気もするんだけどねぇ(^^;)
Posted by  | comments(0)  trackbacks(0)



想像力【そうぞうりょく】

最近よく聴く言葉に「想像力の欠如」というものがある。多くは非人道的・反社会的な犯罪に手を染めた被疑者に対して向けられる批判だし、世相全般・・・というより(明らかに低年齢化した)若年犯罪者やリスクマネジメントのできない無能な有名企業や組織の幹部に対して浴びせられる。

確かに巷には「便利な製品・商品・サービス」があふれているので、これらの登場以前は必要だった工夫・努力する機会が減っている。楽をして「阿呆」になったというわけである。また公序良俗に反する性風俗や仮想現実的な暴力描写の過激なゲーム、刺激的な映像などが、多くの人間に悪影響を与え、「人の痛みに思いが及ばない」「身勝手きわまる」犯罪に手を出す遠因となっている・・・と言われている。

こう主張している人々は、ある意味で「想像力が豊富」であるといえるだろうし、また逆に「あんたこそ想像力が欠如している」とも思うのだ。

どんな社会にも猟奇的犯罪に手を染めるものはいる。連続大量殺人鬼は数年に一人は出てくるし、未成年の殺人や凶悪犯罪は昔から存在していた。犯罪者の低年齢化は先進国がみなたどっている経緯とも言えるし、犯罪検挙率もまた同じ、ある意味で社会の成長と共に増加傾向が出てくるのは必然と言える。社会構造の変化も犯罪発生率に影響するだろうから、世知辛い・冷血な世相が表立ってきたからと言って「犯罪者側の想像力の無さ」を槍玉に挙げるのは、ちょっと違うんじゃないかとも思う。

少なくともそういう「定型句」で紋切り型に押し込めてしまうこと自体「(論じる側に)想像力が豊かにある」とは言えないと思うのだがどうだろう?

まず、「想像力の欠如」を憂う人の多くは成熟した大人である。価値観がある程度固定化されてしまった大人である。この時点で子供のような自由で柔軟な「想像力」は衰退している。また、この加速する時間の中にいるようにストレスとプレッシャーにさらされる現代人には、自分以外のことに思いをはせる精神的余裕は日々失われている。「思慮が足りない」のは「想像力が無い」のではなく、そこまで思いをはせる「時間的余裕・精神的余裕」が無いのではないか?

もしくは「想像力を働かせる場所が変わってきている」のかもしれない。「人間は考える葦である」との名言を吐いたパスカルではないが、本来人間は考えずとも良いことまで「考えてしまう動物」のはずである。誰も彼も余裕が無くなれば無くなるほど、自分の事しか考えられなくなる。メディアは商業的恐喝とも思える「ダイエットや健康の脅迫情報」を垂れ流し、「勝ち組、負け組」と経済力や社会的地位の優劣でしか人を評価しない。競争社会の中で優先されるべきは「経済力と社会的優位性の確保」であり「自分に良いこと」になる。そういうことにしか興味を示さず、そう考えることが日常的になっている人ほど、利害の絡まない対人関係では「思いやり」に欠けているのではないか?

このブログでも何度と無く書いてきた「人間の精神や能力のキャパ(許容量)」と「人間の限界まで酷使する社会」のひずみこそが遠因となっているとは考えられないだろうか?

経済効率を優先して「人災」に及ぶ危険を「想像できない企業経営者」
収益・保身を優先して「不正」「違法行為」に手を出した結果を「想像できない組織のトップ」
自分の嗜好・欲望を優先して「暴力」「凶悪犯罪」を起こした結果を「想像できない犯罪者」
ストレスの開放(暴発)を優先して「見ず知らずの被害者」が受ける苦痛・恐怖を「想像できない犯罪者」

「想像できない○○」のところに自分が当てはまる可能性を「想像できない自覚無き現代人」

・・・まるで「プロジェクトX」の登場人物のように日本人は、いや現代人は社会や経済、技術の方に「想像力」を配分しすぎているのかもしれない。自分の「有限の資産である想像力」を使い果たす前に、「あるべき自分の姿を想像する」ことだけは忘れたくないと思う今日この頃である。
Posted by  | comments(0)  trackbacks(0)



造花【ぞうか】

勤務先が引っ越したのは以前書いたが、その「以前とは大違いなきれいなビル」のエントランスに花が生けてある。2日目に「造花」と気づいたが、よく見て近づいて触ってみて確信した。それほど良くできた造花だった。100円均一で売ってるレベルを遙かに超えている(^^;)さらに今日先日は見逃していたものを発見。水滴である。下の方の大きい花に隠れそうな小さい花の花弁に蕾に・・・。なんと芸の細かい(^^;)造花版「海洋堂」だなこりゃ!と思ったくらいのリアリティへのこだわりである。

1

大ぶりの花(カラー)も一つとして同じ形がないのも100均とは違う<だからぁ(^^;)

2

エントランスを通るホンの一瞬だけ、心なごませる「本物と見まごうばかりの造花」はビルの管理者の良心かも知れない・・・経費を浮かせるための造花(つまり偽物)も、ここまで「立派」であれば、騙されていた方が得をしているような気がする。

こんな「花」ならたとえ騙されても罪はないが、小泉純一郎の「郵政民営化法案」のドタバタは、逆に「どこが、だれが、なにが本物なの?」と聞きたくなるくらい、ご都合主義に流されているように見える。

うまく騙されるならいいのだが、どうも最近の政治家と来たら「詐欺師」としても二流だからなぁ(^^;)
Posted by  | comments(2)  trackbacks(0)



空耳【そらみみ】

↓ミルコ・クロコップ
1
↓ミルク・黒コッペ
2

オヤジギャグですんまそん(^^;)

続きを読む
Posted by soup2001 | comments(2)  trackbacks(0)



S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>



目次&ランダムピックアップ
現代用語のクソ知識の目次

当ブログの目次(管理人のオススメ一覧)です。かなり古い時事問題に関する記事もありますが、当時を思い出してご覧いただけると幸いです。

2017年5月分よりtwitterまとめエントリを自動投稿するように設定しており、通常エントリが遡りにくくなっているため、通常エントリだけの目次を下記においておきます。

2018年11月の通常エントリ
2018年10月の通常エントリ
2018年 9月の通常エントリ
2018年 8月の通常エントリ
2018年 7月の通常エントリ
2018年 6月の通常エントリ
2018年 5月の通常エントリ
2018年 4月の通常エントリ
2018年 3月の通常エントリ
2018年 2月の通常エントリ
2018年 1月の通常エントリ
2017年12月の通常エントリ
2017年11月の通常エントリ
2017年10月の通常エントリ
2017年 9月の通常エントリ
2017年 8月の通常エントリ
2017年 7月の通常エントリ
2017年 6月の通常エントリ
2017年 5月の通常エントリ


↑上のボタンを押すと、ランダムにエントリを表示します。
もしもエラーページが出たら、ごめんなさいm(_ _)m「戻る」ボタンでエントリを表示するまでお試しください。

言い訳ページはこちら(^^;)
---------------------------------
ブログパーツ

---------------------------------



ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ


マウスコンピューター/G-Tune

 RSSリーダーで購読する

Profile
Archives
Recent entries
blog parts
Links
tools
Categories
Mobile
qrcode
Sponsored links
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
このblogのfeedburner