ブログパーツ

凶育【きょういく】

森友学園の国有地払い下げ問題だが、この件を足がかりに、この学校法人がどうにも胡散臭い「右派民族思想教育」を最大の売りにしている件が色々取り沙汰されている。

学校法人森友学園の歩み、環境|学校紹介|瑞穂の國記念小學院

瑞穂の國記念小學院

この問題の発端は、国有地の評価額に対して非常に安い金額で払い下げられたことに対する「政治家の介入=何らかの汚職があったのではないか」と言うものだった。

1.近隣国有地の約1割で売却した理由
2.地下のごみの撤去費としての減額が適性であったか(撤去費と減額評価の根拠)
3.売却先の学校法人と安倍首相(とその夫人)の関係性
4.関与した人物と売却に至る過程に問題がなかったかの疑惑
5.学校法人の教育方針の妥当性


あたりでぐじゃぐじゃやっていて、野党が張り切って政権を追求にかかっているのだが、まぁ、安定政権に油断ぶっこいた自民党側の脇の甘さをうまくつついているとは思うものの、何事にも優先して取り上げる「最優先政治課題」とは思えない点では野党の相変わらずの「民意音痴ぶり」にうんざりしている。

安倍首相がヒステリックに関与否定、森友学園へ国有地払い下げの闇…「特別な意図」か:Business Journal
 森友学園の籠池泰典理事長は保守系の民間団体「日本会議」大阪支部で代表・運営委員を務めている。日本会議は設立以来、憲法改正や首相の靖国神社参拝を求めており、国会にはその活動に賛同する超党派の議員連盟もある。安倍首相はその議連では特別顧問の立場にあり、日本会議とはかねてから親しい関係にあるのは有名だ。

日本会議は民族主義的な思想を持つ民間の政治団体で、日本の伝統と文化の継承を重視した「日本原理主義」的な懐古主義的傾向が見える組織である。

日本会議とは:日本会議
 私達の国民運動は、これまでに、明治・大正・昭和の元号法制化の実現、昭和天皇御在位60年や今上陛下の御即位などの皇室のご慶事をお祝いする奉祝運 動、教育の正常化や歴史教科書の編纂事業、終戦50年に際しての戦没者追悼行事やアジア共生の祭典の開催、自衛隊PKO活動への支援、伝統に基づく国家理 念を提唱した新憲法の提唱など、30有余年にわたり正しい日本の進路を求めて力強い国民運動を全国において展開してきました。

 今日、日本は、混迷する政治、荒廃する教育、欠落する危機管理など多くの問題を抱え、前途多難な時を迎えています。私達「日本会議」は、美しい日本を守り伝えるため、「誇りある国づくりを」を合言葉に、提言し行動します。

つまりリベラル系野党にとっては、与党ひっくるめて、全部まとめて攻撃対象になりえる非常にわかりやすい図式の事件でもある(^^;)

右派(民族主義的)教育機関を建設推進するために、思想的に繋がってる与党含めた財界の影響力で、「日本の民族学校」を作ろうと「コストダウン(払い下げ減額)への協力依頼(陳情)」や、寄付金集めに安倍首相周辺のバリューのある人物を軒並み(講演会などで)動員して経済効果を高める部分が注目されたように見える。

私はこの問題が取り沙汰された途端に、舛添前東京都知事が推進しようとしていた東京都内の朝鮮人学校の認可取り消し騒ぎを思い出した。

韓国人学校問題は、舛添知事の「命取り」になるかもしれない『門田隆将』:iRONNA
 発端は、3月16日、東京都が韓国学校を増設する用地として、新宿区矢来町にあった旧都立「市ケ谷商業」の跡地を韓国政府に有償で貸し出す方向で「具体的な協議に入る」と発表したことだ。

 そのことを報じた産経新聞によれば、「韓国政府から要請があったため」で、都は地域住民の意見を踏まえ利用方法や条件などを詰めるのだそうだ。しかし、これに反発の声が上がった。新宿区と言えば、東京都の中でも待機児童の多さで、かねて有名な地だからだ。

 新宿区では、昨年4月時点での待機児童は「168名」となっている。話題になったツイッターの「保育園落ちた日本死ね!!! 何なんだよ日本。一億総活躍社会じゃねーのかよ」とつぶやいた母親ではないが、本当に「何なんだよ日本」と思っている母親はいくらでもいるのである。

 都では「保育所」や「特別養護老人ホーム」など福祉施設が大きく不足しており、待機児童、待機老人問題は言うまでもなく喫緊(きっきん)の課題だ。やながせ都議によると、東京都は都立公園の緑地まで「福祉施設に転用」しなければならない事態に陥っているという。
舛添 韓国人学校

舛添と言えば公私混同の激しさで職を追われた「セコい政治家」の代名詞にもなった人物だが、勝手に国際交流という名の独自外交を行って、都の所有地に有償とは言え外国人学校を建てようとしたのが、都民ならずとも国民の怒りまで買ってしまった一件である。

舛添はこれ以外にも国民の神経を逆なでにする言動に終止し、結果的に「公私混同による都税の実質的横領」という犯罪行為まで疑われて辞任に至った。

森友学園は、総理周辺で起こったことではあるのだろうが、これが即安倍政権の致命傷にはならない気がする。直接関与が証明できるとも思えないし、おそらく学校の趣旨に異論もない事もあってスポンサーの日本会議の顔を立てる程度にバリューを与えた程度にしか見えないからだ。

ただ、↓のように内容を全く理解できない幼稚園児にこういう刷り込みを行うような教育は正直適切であるとは思えない。

平成26年同期の桜を歌う会 T幼稚園 教育勅語・日の丸行進曲... 投稿者 Anonymousユーザー5582238

思わず↓の動画を思い出した(^^;)

北朝鮮への忠誠を誓う東京朝鮮学校の生徒たち


朝鮮学校の子どもたちも幼い頃から塚本幼稚園のような刷り込みを行われてきたことは間違いなく、高校生程度の素養を持ってして「自発的に政治体制の称賛を行う」動機づけをあたえていると思えるからである。

これでは日本民族のいい部分が歪曲して伝わってしまう。幼児に歌わせるのであれば童謡などの子供に適した唱歌がふさわしく、軍歌は不適切。少なくとも成人した人間による音楽としての「合唱」でなければ「偏った思想性」を危惧されて当然だ。

大体幼稚園児の唄はちっとも上手くないではないか(爆)

無理に歌わせているのが鮮明になって痛々しいだけだ。

韓国から見た日本〜反日教育の実態〜


もう周知のことではあるが、韓国における反日教育は極端な愛国と結びついて「絶対的な敵視の十分な動機」となっている。国外で学んだ者ならこれらが韓国内でのみ通用する認識であることを自覚する者も出てくるが、多くは他国の歴史認識が誤っていると考える。そればかりか特定の国を必要以上に貶めて侮辱するネガティブに過ぎる洗脳を行うのは正常な教育ではない。

狂育、いや凶育だ。

少なくとも森友学園ではない日本の教育は自虐史観に毒されているものの、「理性的である」との評価を外国から受けている。

「一番公正な歴史教科書は日本」米スタンフォード大学:BLOGOS

読売新聞081216
※クリックで拡大

昨年(2010年)12月に読売新聞が報じた「日本の歴史教科書は最も抑制的」(右)というスタンフォード大学Stanford Universityの調査報告について、スタンフォード大学の学者が雑誌サピオに論文「日米中韓台の比較研究で分かった一番公正な歴史教科書は日本」を寄稿している。

戦争賛美せず 愛国心あおらず 日本は最も抑制 :先の大戦に対する各国の歴史認識問題が、アジアの国際関係に影を落とし続けている。米スタンフォード大学アジア太平洋研究センターは、日中韓と米国、台湾の高校歴史教科書比較研究プロジェクトを実施し、日本の教科書は戦争を賛美せず、最も抑制的だと指摘した。

(中略)
日本の教科書 :今回比較した中では日本の教科書が最も愛国的記述がなく、戦争の賛美などは全くしていない 。日本の中国進出についてのくだりは全く事実をそのまま伝えており、当時の軍と政府のリーダーたちの責任だとしている 。非常に平板なスタイルでの事実の羅列であり、感情的なものがない。

韓国の教科書 :韓国の教科書は特にナショナル・アイデンティティーの意識の形成に強く焦点を当てている。自分たち韓国人に起こったことを詳細かつ念入りに記述している。韓国の教科書は、中国で起きた戦争に関する記述が希薄だ 。韓国は日本の中国に対する行為には興味はなく、日本が自分たちに行ったことだけに関心がある 。私が驚愕した一つの例は、主要な韓国の教科書には広島長崎の原爆投下の記述がないことだ。それほどまでに彼らは自己中心的にしか歴史を見ていない。

(中略)
中国の教科書 :歴史学の観点から見て、最も問題が多いのは中国の教科書だ。
中国の教科書は全くのプロパガンダになっている。
共産党のイデオロギーに満ちており、非常に政治化されている。太平洋戦争に関してほとんど記述がなく、広島・長崎の原爆投下もほとんど言及していない。 中国の教科書は2004年に改定されているが、改定後は中国人の愛国心を謳い、日本との戦いを強調している。内戦の話は後退し、抗日戦線での勇ましい描写が増えた。南京事件などをより詳細に記述するなど、日本軍による残虐行為もより強調されている。つまり中国人のナショナリズムを煽っている。

このスタンフォード大学を擁するアメリカとて、日本が「(太平洋戦争時点で)正義であっては困る国」の一つであるので、この評価を根拠とするのは非常に不愉快ではあるのだが、他国(反日国家)に比べて健全である一つの証左となろう。

私はここ数年で随分右寄りにはなっているとは思うものの、この教育方針は正直好きにはなれない。教育勅語は最低でも小学校高学年。軍歌というジャンルは高校の日本史と音楽のコラボ授業としてなら容認できるものの、「教育方針」「教材」として幼年期の人間に刷り込むべきものではない。そのポジティブなエッセンスのみ抽出して「普遍的な善性」を教えるべきである。

また、私は嫌韓派で反中派だが、この考えを幼い子どもに吹き込もうとは思わない。人種差別や民族差別につながる考え方を教える気はないのだ。理解力と行動力が伴う年令になって歴史とともに他国やその国民・国民性に評価を与えられる見識が身に付いた時点で「情報を与えて判断させれば良い」その時に私の意見を求められれば、嫌韓反中を隠すこと無く表明するだろうが、それは誰にも強制すべきものではないのだ。

しかし、この一件は安倍政権の長期化の弊害と言えるのかもしれないな。野党がちゃんとしていればチャンスが拡大しているはずなのに、彼らは相変わらず「政権の足を引っ張ることだけ」のためにこれを使うんだろう。

そういう意味ではまだまだ安倍さんは枕を高くして眠れそうだな(爆)

<2017年3月6日追記>
あまりに端折りすぎて、森友学園の問題に関して事実関係の記述がなかったので全体が把握しづらい内容になっていた。私自身は森友学園の民族教育そのものは否定しないが、個々の内容には異論があるということである。また、野党が問題にしようとやっ気になっている背景状況を、わかりやすく説明してくれている2ちゃんねるまとめサイト(のコメント欄の一部)を引用しておく(^^;)

【国会-森友学園】民進・玉木「国として調査すべき」 麻生財務相「何を調子いいこと言ってんだか」 民進は抗議:政経ch(コメント欄)

[ 1711980 ] 名前: 政経ch@名無しさん 2017/02/25(Sat) 02:00
・そもそも森友学園の土地は、森友学園が買い上げる前までは「借用地」。
→もともとの不動産価格が9.56億円。そんな大金なんて無いから最初は国から土地を借りてた。
・借用中に、汚.染土壌を確認。ゴ.ミ撤去費用として1.32億円実費負担。
→つまり、借用地の使用者が借用地の価値を1.32億円上昇させた。
・更に調査を進めた結果、本来国が処理しなければならないはずの土壌ゴミが更に存在することが判明。
→国交省の試算によると、8.19億円。(どんぶり勘定だった場合の責任は、国交省にあり、少なくとも安倍夫妻には一切関係がない)

・瑕疵付きの土地ということになり、土地の価値が9.56−8.19で1.34億円に目減り。
→1.34億円であれば買えるということで、森友学園側は土地を買い上げることに。
→その際、借用地が借用地では無くなったため、有益費償還1.32億円が発生。

・瑕疵付きの土地を、「瑕疵を甘受したまま使用するか」「瑕疵を徹底的に除去して使用するか」は買主である森友学園側の自由。
→よって玉木雄一郎議員が「実際に8億円のゴミ撤去があったのか調べるべきだ」という主張は成り立たない。撤去していようがいまいが今回の話とは全く関係がないからである。


[ 1711982 ] 名前: 政経ch@名無しさん 2017/02/25(Sat) 02:14
朝日新聞:築地1坪200万以上の国有地を1坪56万で購入
読売新聞:1坪600万の国有地を1坪83万で購入
大阪朝鮮学園:公用地を50年以上格安貸与の上売却
兵庫朝鮮学校:公用地を相場年間2600万を26万で貸与
東京朝鮮学園:公用地を20年間無償貸与後、地価の1/10である1.7億で売却


※管理人注:参考記事URL
維新・丸山穂高議員「朝日新聞、読売新聞、朝鮮学校にも国有地を格安で売却。森友学園だけではない。」 各マスコミ黙殺
http://paradoxin.net/archives/3402


※時間指定再生(7分〜13分42秒)。最初から見る場合はyoutubeオリジナルサイトで。

[ 1711983 ] 名前: 政経ch@名無しさん 2017/02/25(Sat) 02:15
しかも夫人を辞任に追い込んでいるし
政党あげて業務妨害をし、その矛先が子供の通う教育機関という最悪の状況。

選挙違反の外人の党首としては日本の教育を妨げれて目的達成だろうけど


[ 1711986 ] 名前: 政経ch@名無しさん 2017/02/25(Sat) 02:27
おめーん所の党首の国籍を調査しろよ

安倍夫妻にとってバツが悪いのは、良いように広告塔に利用された点だろう。ただ、自虐史観を粉砕する民族教育の私学に対して冷たくもできない立場(保守系右派)を考えると、むしろタカられたようにも見えるし、政治資金の裏金を掴んでいないなら被害者と言って良いかもしれない。金の流れが出てくると話がややこしくなるのだが、興味深いネタを掴んだので後日再追記する予定である。

<2017年3月8日追記>

森友学園追及の裏には辻元清美が出てくる:さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」

さて、この一連の森友学園潰しの一角が見えてきた。
マスコミの取材に応じていたゴミ撤去業者が「ゴミを埋めた」と証言していたが、この業者は孫請け業者の「生コン」業者であった。

生コン業者

この時の取材では、この孫請け業者の社長も取材に応じており「埋戻しなどしていない」と述べていた。

しかし報道ではこの社長の発言は取り上げず、作業員の発言だけが取り上げられていた。マスコミは都合の悪いものは報じないのだ。

この社長の話では、この作業員は3日しかおらず、非常に態度の悪いヤツだったと言っている。しかもこの作業員は「連帯ユニオン関西地区生コン支部」の人間だという。

この連帯ユニオン関西地区生コン支部に所属している在日朝鮮人の事件が多くあり、ホームページには生コン業者であるのに「共謀罪阻止」や「戦争するために必要な防衛省予算増額を阻止しよう」と掲げている極左活動を主としている団体なのだ。

さらには、MXニュース女子の「マスコミが報道しない真実」を「なにが真実の報道だ」と書き、「反対運動のなかには韓国人はいるわ中国人はいるわ、など民族差別する発言もある」と書き「私たちは、このようなデタラメや排外主義を煽ることを許さず、沖縄の仲間と共に闘うことが必要です」と辛淑玉を擁護している。素性がわかる。

この連帯ユニオン関西地区生コン支部の所属議員が辻元清美と木村真(豊中市議)なのだ。木村真は左翼活動家で森友学園の土地問題を専門に追及している。

辻元

また、「瑞穂の國記念小學院」の認可を握る私学審議会の委員には、森友学園の小学校開校をさせたくない反対派の大阪府幼稚園連盟の人間がいる。

この大阪府幼稚園連盟の会合には辻元清美が顔を出す。私学審議会の元委員の安家周一は特に辻元とは昵懇であると評判である。

また民進党の森友学園追及チームの中心が辻元清美だ。

このように今回の森本学園潰しを追及していくと必ず辻元清美に突き当たる。

そう言えば辻元は国会をサボってわざわざ大阪まで視察に行っていたな。

連帯ユニオン 関西地区生コン支部
連帯ユニオン 関西地区生コン支部


民進党議員が予算委員会を欠席して視察へ?与党議員から苦言「不真面目すぎ!!」「(怒)」:buzznews.jp
2月21日に民進党議員が「森友学園」についての現地視察を行っていた件に関連して、これに同行した議員らが予算委員会を欠席していたとして与党議員から批判の声が上がっています(画像は赤羽議員のTwitterより)。

民進党議員による視察についてはテレビでも報じられていますが、公明党衆議院議員の赤羽かずよし氏は2月21日の午後からTwitterで疑問を呈していました。

「間もなく衆議院予算委員会中央公聴会が始まります。各党推薦の公述人をお招きしての重要な会合です。が、ナンと民進党は、11名の委員のうち出席者はたった4名!辻元さん、前原さん、玉木さん等の民進党の顔の面々は、午前中も欠席していました。不真面目すぎ!!」

辻元清美・玉木雄一郎両議員の国会「無断欠席」で民進党が「指示だった」「手違い」「陳謝する」:buzznews.jp
「わが党の予算委員会委員の大阪出張は国会対策委員会の指示に基づくものですが、委員差替手続が未了でした。本件を厳粛に受け止め、陳謝いたします。今後、同様の手違いが生じないよう万全を期します。出張で得た情報は審議に生かして参ります。国会対策委員長 山井和則」

「連帯ユニオン」とは非正規雇用をもカバーする一人から入れる労働組合の全国組織であり、母体が「関西地区生コン支部労働組合」であり元々は共産党系労組で内部分裂してできた「過激派」の性格を持つ。この組織のトップ武建一(威力業務妨害・強要未遂・政治資金規正法違反などで複数回の逮捕歴があり、辻元清美に1000万円以上の政治献金を行っている)は、民主党政権時に当時の平野博文官房長官との繋がりを問題視されたり、労組の親玉として暴力団まがいのパワハラを行って蓄財をしている背景がマスコミにも暴かれている。

森友学園のゴミ埋め戻しに関与した業者に「反日(利権)左翼」のスパイが紛れ込み、そのスパイの本体とつながりのある国会議員が視察を名目に当該学園を訪れる。(福島瑞穂・辻元清美、両国会議員は2017年1月14日、大阪の労組新年会に出席。)

辻元清美が国会をサボってまで行った「森友学園視察」の真意がわかろうというものだ。確かに「現状視察」を行ったのだろう(^^;)右派の作る民族学校は認めず、なんとしても潰す。しかしマスコミや朝鮮人学校は格安で土地の払い下げを受ける(^^;)その経緯の透明性はどうなっているのだ?(爆)

森友学園の思想教育とのネガキャンは別にしても、土地取得の手口はマスコミや朝鮮学校と同じ。意図も目的もはっきりしている上に、自分たちもやってることを問題化して藪蛇というか、お得意のブーメランがまたも炸裂とは、毎度毎度なんと学習能力のない連中なんだろうか?(^^;)

このままでは別の意味で民主主義が死ぬ。民進党や共産党のような「ボンクラ議員」「無能政党」が野党の主流では、自民党はじめとする保守系政党まで劣化・腐敗する。

頼むからもうちょっとしっかりしてくれ。本当に有能な政治勢力が現れたのなら、自民党を支持する必然性など何もない。国民はそれを最も期待しているのだ。

あと森友学園も実態はかなり怪しい。あの理事長も補助金詐欺で立件される可能性すら出てきた。やっぱり極端な思想教育とかやりすぎる組織は共通の闇が広がっているようだ。労働者を食い物にする「左翼ユニオン守銭奴」も「国粋愛国教育信者」も「共産党独裁政権」の北朝鮮と変わらない。最近は韓国まで北朝鮮化しつつあるようだが(^^;)

つまらん話ばっかり溢れてくるなぁ(溜息)

JUGEMテーマ:社会の出来事



Posted by soup2001 | -  -



北へ帰ろう【きたへかえろう】

表題を見て「寺内貫太郎一家」とか「徳久広司」とかが頭に浮かんだ方。

おめでとう。間違いなくあなたは「おっさん(おばはん)」です(爆)

先週は日曜から北朝鮮のミサイル発射。火曜には金正男暗殺ときな臭いニュースが続くが、北朝鮮がらみの動きがやけに活発である。

弾道ミサイル
<画像元:ロイター「北朝鮮、新型ミサイル発射実験に成功と発表」>

金正男
<画像元:ロイター「北朝鮮指導部が暗殺指示」>

ミサイル発射は間違いなく金正恩の指示だろうし、意図するところはアメリカや中国・背後のロシアに向けての揺さぶりだし「どうだ、俺っちもう立派な『核大国』だぜ(えっへん)」と言うところだろう。

日本への援護射撃も兼ねてトランプ大統領は北朝鮮の動きを非難するも、具体的な制裁措置には触れずどこまでやるか(できるか)は全く闇の中。中国はアメリカ同様に非難しているものの、イギリスのメディアなどは喜んでいるとも論評していて中々一筋縄ではいかない。

そこへきての金正男暗殺事件であるから様々な憶測を呼ぶのは当然である。このところフェイク・ニュースが色々クローズアップされていることもあり、正直最初は真実とは思っていなかったし、多くの外電が発信し始めた今も疑っている。マレーシア政府(警察当局)の公式表明も出ているが、今なお捜査段階であり「死亡した人物のDNA分析」を含めてそこに偽情報が入り込む可能性を捨てきれないのだ。

また、「犯人(実行犯)が特定されている」点などは、「仕立てられた犯人」としての危惧を覚えるし、騙されて利用されたにせよ「教唆犯とその黒幕の意図するところ」は、いくらでも憶測が可能だ。

想定できる可能性を並べてみる。

<条件1>死んだのは金正男ではない場合

1.北朝鮮以外の国が黒幕:金正男の生存を消し地下に潜らせる→北朝鮮に対する情報撹乱と黒幕となった国家による北朝鮮への威嚇
・・・これを行う可能性は、中華人民共和国>アメリカ合衆国>大韓民国>ロシアの順で並ぶ。
●中国が行った場合は、金正男の完全保護(隔離)により北朝鮮の反体制派(旧「張成沢」派残党)の取り込みと情報戦としての「暗殺」によるミサイル発射など「中国の面子を潰す挑発行為」を繰り返す金正恩への警告(威嚇)
●アメリカが行った場合は、トランプ政権発足直後にミサイル発射などの揺さぶり(挑発)に対する報復(威嚇)と金正男の拉致監禁による保護か、中国の庇護からの強奪であり情報収集のための拘束。
●韓国が行う場合は、北朝鮮のミサイル発射などの挑発に対する報復(威嚇)と大統領不在な状況での北朝鮮による攻撃を回避(牽制)するとともに「脱北者」としての亡命が不可能な今、死亡したことにして別人として受け入れる政治工作。
●ロシアが行った場合は、中国と北朝鮮の離反を誘発し東アジアに緊張をもたらすことで、その後起こりうる突発的な事態での仲裁役として影響力を行使するための調略。

2.北朝鮮が黒幕:金正男の生存を消し、北朝鮮の「正統的継承権」を消失させることを条件に北朝鮮へ帰国を認め、別人として余生を過ごす。
●金正男が金正恩に「命乞い」していたと言う情報もあるので、北朝鮮当局がこれを許す条件として「金正日嫡流としての金正男の抹殺」を指示したため替え玉を用意して実行した。失踪にしてしまうと関係各国が捜査に乗り出す可能性もあるため「北朝鮮工作員による暗殺」を演出した。

「私や家族を助けて」 正男氏は弟・正恩氏に命乞いの手紙を送っていた 韓国情報機関「2012年にも暗殺計画」:産経ニュース
 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄で、マレーシアで死亡したとされる金正男(ジョンナム)氏(45)について、韓国統一省報道官は15日、「政府は殺害されたのは確実だと判断している」と記者会見で述べた。情報機関、国家情報院は、正恩政権発足直後の2012年にも北朝鮮当局が本格的に正男氏の暗殺を企てたと明らかにした。米韓当局は、北朝鮮工作員による暗殺との見方を強めている。
(中略)
 国情院の説明によると、北朝鮮の工作機関が暗殺を狙う動きは12年ごろから確認され、その年の4月には、正男氏が最高指導者に就任した金委員長に宛て「私や私の家族を助けてください」と記した手紙を送ったという。手紙には、自分たちを処罰する命令を中止するよう求めた上で、「私たちは行くところも避けるところもなく、逃げ道は自殺だけだとよく分かっている」と書かれていたという。


<条件2>死んだのは金正男の場合

1.北朝鮮以外の国が黒幕:北朝鮮への最大限の脅し(見せしめに殺害した)可能性と考えるなら
●中国が手の内に飼っていた金正男を消す理由としては、利用価値がなくなったので始末し、金正恩に「中国に逆らい続けるなら次はお前だ」もしくは「中国は北朝鮮と交渉・援助する意思を失った=決別」のメッセージを送る。
●アメリカやロシアが金正男を殺す必然性はあまりない。唯一あるとするなら、韓国の右派による「米韓・韓日連合を阻害する工作員を背後から操る北朝鮮への政治圧力としての暗殺」くらいだろう。アメリカが関与したのであれば北朝鮮および韓国の高官が保有する在米資産の凍結(実質的没収)の宣言または(もっと直接的に)処刑され、金正男に流れた張成沢の在米遺産の強奪。

2.北朝鮮が暗殺を行う場合の目的(意図)。
●金日成-金正日の嫡流である金正男の儒教的世襲の正当性を抹殺し、北朝鮮内外の反乱分子の糾合のシンボルとなりうる存在を消す。(脱北者を中心とした北朝鮮の<正統的>亡命政権を他国で設立する恐れを排除した。)
●張成沢(2013年12月12日処刑)の援助と影響が強かった金正男が受け継いだ張成沢遺産の変換を拒否したことへの報復。

「北朝鮮亡命政府」に担ぎ出されて暗殺された金正男:wedge infinity
金正男報道
韓国・国家情報院長は事件について、「金正恩政権発足後、継続的な暗殺指示があった。5年前から暗殺を試みていた」と報告し、北朝鮮の犯行であることを指摘した。
(中略)
 ある脱北者団体のリーダーは昨年夏、2017年上半期までに米国ワシントンに「北朝鮮亡命政府」を樹立する構想を披露した。金正恩体制に反発して脱北したエリートを中心とする亡命政府を作り、政治的には自由民主主義体制を、経済的には中国式の改革・開放政策を目指す国家を樹立するという内容だ。

 そして公にはされていないが、「北朝鮮亡命政府」の首班に金正男氏を推戴することも計画されていたという。


金正男暗殺は資産「200億円」が理由だった…返還命令に従わず:日刊ゲンダイDIGITAL
海外を転々としていた正男は、張成沢から多額の資金援助を受けていたという。張成沢の死刑判決文には、「1年間に460万ユーロ(約5億5000万円)以上を秘密金庫から引き出して使った」とあった。正男が後継者争いに敗れた2009年から張成沢が処刑される13年まで毎年、引き出した5億円のうち2億〜3億円が正男に流れていた可能性もあり、トータル10億円以上になる計算だ。

 正男は張成沢から、資金援助とは別に巨額資産も譲り受けたという。

「張成沢は北朝鮮に入ってくる援助物資の一部を闇市に流したり、北朝鮮に進出する中国企業から仲介マージンを徴収して蓄財に励んでいました。マレーシアやパナマの金融機関に蓄えた信託資金は2億1900万ドル(約220億円)にもおよぶと報じられています。金正恩が叔父を処刑したのは、巨額資金を“強奪”する目的もあったのでしょう。ただ、身の危険を察知した張成沢は財産を小分けにして金正男に“生前贈与”し、処刑前にほぼ全額を譲り渡したといいます」(北朝鮮事情通)

事件の裏には必ず「金の動き」が存在し、「情報は金で動き、金は情報で動く」ことを考えれば、北朝鮮をコントロールしようとする勢力に暗殺された可能性が大で、周辺国ならどこでも動機となりうる事情を抱えている。その意味では日本とて例外ではない。ただ、今の日本にそこまでの直接工作を行う実力も無ければ動機も薄いのではあるが・・・。亡命政権の話が面白いのだが、金正男には「その気」はなかったらしい。しかし<正統性>にこだわる朝鮮人気質によると、「金王朝」の継承権に疑念を生じさせる人物の存在を徹底的に排除したいと思うのは、その<正統性>に自信のない金正恩には必然だったということらしいのだ。


歪んだ「序列意識」の源泉:韓国人が暴く黒韓史(シンシアリー著)
黒韓史
 あるお金持ちの貴族に二人の息子がいたと仮定します。
 一人は嫡流の子で、乱暴で遊んでばかりでとても父の仕事を受け継ぐには相応しくない男でした。もう一人は庶流の子(庶子。正妻でない、妾腹の子)で、人徳があり仕事も上手で、町の人気者でした。大勢の人たちが、庶流の子が仕事を継いでくれればいいのに、と願いました。お金持ちは仕事と、それに関連した遺産などを誰に譲るべきでしょうか?
 普通に考えると、庶流の子だと思われるでしょう。しかし、結果は違います。他の国ではどうなのかわかりませんが、朝鮮の儒教では、無条件で嫡流が権利を持っていました。養子縁組などは、基本的に認められません。
 だから嫡流の子は「正統性」で勝っています。この喩え話の中で実際に遺産と仕事を継ぐのは、嫡流の子になります。
(中略)
 そのためか、韓国では嫡流を「統」と書きます。これが儒教思想的にいかに大事なことなのか、おわかりでしょうか。
 正統性は、すなわち「人より上に立てる(嫡流になれる)」力でもあるのです。逆に、正統性がないと「格下(庶流)」になってしまいます。


「金正男暗殺」は、20年前の事件とソックリだ〜故・金正日総書記のいとこ暗殺も2月だった:東洋経済ON LINE
1997年2月に発生した故・金正日総書記のいとこである李韓永氏が殺害された事件を想起させるからだ。李氏はソウル首都圏・京畿道城南市のあるマンションで2月15日に殺害された。

この事件は北朝鮮にとって「特別な日」の前日に発生した。2月15日は金総書記の誕生日である「光明星節」の前日である。そのため、北朝鮮内の各機関が最高指導者への忠誠心を見せる競争を繰り広げたものと多くの専門家が分析していた。「今回の事件も、現体制の基盤固めを目標に、北朝鮮内の各種機関が最高指導者への忠誠心競争を繰り広げ、金委員長へのプレゼントとして行われた」と、ある専門家は分析する。

李氏は北朝鮮のロイヤルファミリーの実像を暴露した本を出版するなどしたため、“金王朝”の怒りを買った。金正男氏もまた金日成、金正日、金正恩と続く三代世襲を公に批判したことで金委員長の怒りを買っていた。
(中略)
「金正男氏が金正恩側近による行きすぎた忠誠心競争によって殺された可能性がある」と見る。北朝鮮は毎年、光明星節を前に機関別に忠誠心報告大会を開くなど、金正日・金正恩への忠誠を誓う競争を行ってきた。

一方で、金正男氏が韓国に亡命しようとするのを阻止するために殺害したのではないかという「亡命阻止説」も出ている。これは、今回の事件を説明する重要な背景の一つだ。韓国の情報機関・国家情報院は否定しているが、金正男氏は亡命させる価値のあるターゲットの一人だった。韓国・統一研究院のチャ・ドヒョン研究員は「政権の頂点にいるファミリーが亡命したとなれば、ファミリーにとって対外的に大恥をかくことになる。一般的なエリートの亡命とは意味が違う。そのため、金正男氏をあわてて除去しようとしたのではないか」と指摘する。
(中略)
金正男氏は2004年にはオーストリアで、2009年には北京で暗殺されそうになったことがある、ともいわれている。2009年に北朝鮮・人民武力相だった金永春が中国を訪問したのも、金正男氏の暗殺未遂を中国当局に謝罪するためだったという話もある。

ロイター通信は2月15日、ある消息筋の話として「米国政府は北朝鮮の工作員が金正男氏を殺害したと強く信じている」と報じた。

とりあえず、死んだのは金正男で殺したのは北朝鮮の意思に通じた者で、情報操作(?)は進行している。となると気になるのは次の展開である。それについては下記がヒントになるのかもしれない。

68 韓国よさらば(2015年8月21日):余命三年時事日記
第一次安倍内閣の時代、日米安保で極秘交渉があった。米軍再編成、沖縄問題等公になっている部分以外に、日米の超高官レベルで別途の問題の核心的提案があったのである。日本側からでは、合意に至ったか、文書化されたか、記録に残されたかはまったくわからないが、米側からの情報でその交渉の中身はすべてわかっている。何十年か後に米国公文書館においてみつかる可能性がある。
「我々は日本側が一切の記録を残さないことを前提に提案を行う。米国は韓国に対し、過去、現在、将来の各種分析を行った結果、同盟国としては不適格との結論に達した。よって経済的には,スワップの延長停止をはじめとして積極的に関わる援助等は行わないことを決めた。軍事に関しては、最先端軍事技術の供与停止をはじめとして、軍事訓練等もそれを考慮して対応する。来る2012年米韓指揮権委譲後は速やかに在韓米軍の撤退をすすめ、統合司令部だけを残す予定である。その後の北朝鮮侵攻のような事態については、朝鮮戦争勃発当時とは大きく周辺国の状況が変化しているので、韓国の国防力と中国非参戦を考慮すれば米国や日本が巻き込まれることはないと判断している。原則、米国は介入しない方針だ。韓国との原子力協定改定を認めることはない。陰で核開発を進める国に核開発のお墨付きを与えるようなもので論外である。米中ともに朝鮮半島非核化を望んでいる。このままの中途半端な米韓同盟は北朝鮮の核武装を進め、それはIAE脱退による韓国の核武装と必然的に日本の核武装につながる。米国が半島から手を引いて日本とともに第一列島線防衛に専念することは両国にとっても多くのメリットがあると考える。半島は中国の影響を受け韓国は半属国となるであろうが、即、侵攻、占領のパターンは考えにくい。韓国が国として存在するならば中国は北朝鮮と韓国に自国の安全保障上、絶対に核を持たせないであろうから半島は非核化されるであろう。ついては事実上、敵となる韓国と直接向き合い対峙することとなる日本に対し、米国は以下の対応をとる。まず日米安保の密接強化。軍事共同訓練の強化。日本の防衛力強化への協力。また戦後の軍事産業にかかる制限や規制を原則解除、容認、黙認することとする。米国は直接の脅威となりうる原潜と大陸間弾道弾は認めないがそれ以外は注文をつけない。日本の国内事情が許せば、中国に対する抑止力の範囲で核弾頭を売却してもよい。日本が軍備増強し、中国に対する核抑止力を持つことはアジアの平和、世界の平和につながると我々は確信している。日本はこの提案を踏まえて適切な対応をとられたく思う」まさに驚愕メッセージ。これは2007年と思われるが、当時はもちろんのこと、現在であってもこんなものが明るみに出れば国内大混乱となるでしょうな。小生の以上の記事は2009年とそして20013年には再掲して検証している。安倍政権が民主政権となり、また韓国の対北朝鮮との関係から指揮権委譲が2012年から2015年に延長された以外は完璧にシナリオ通りにことが進んでいることがわかる。

在韓米軍
<画像元:日本とアジアニュース>

日本側が一切の記録を残さないことを前提あたりが曲者だ(^^;)つまり「これはアメリカの思惑なのでオフレコで聞いてくれ」と取るならば直球ズバリの本音だろうし、後々前言を翻したとしても「あれはオフレコの話だから」と公式に結んだ国際条約でも協定でもないので反故にすることもある含みを持つ。

しかし以前からアメリカが南鮮防衛は必要最低限で積極的に朝鮮統一に動かない理由の一つがここに垣間見える。実際在韓米軍は減少の一途を辿っている。朴槿恵政権が焦って親中外交に走ったのは無理からぬ事だったとも言えるのだ。

元々アメリカは太平洋の覇権が重要なので半島から大陸に至る戦略的要衝には興味が薄い。しかし大陸から太平洋の海原に出るうえで外壁として存在する日本は太平洋と言う海洋権益を守るためには極めて重要な地域であり、自国の影響力が失われるのを好まない。

ただ、極東において面倒な相手を黙らせる有効な手段があるなら、アメリカも興味を示す可能性はある。北朝鮮の場合は背後の中国やそれに連携するロシアに対する牽制に使えるし、その点で上述の「金正男<北朝鮮亡命政権>」構想はお手頃な外交カードでもある。北朝鮮の体制存続交渉にアメリカを引っ張り出したいのは山々だが、金正男をアメリカに奪われ、交渉の主導権を握られるのは困る。自分の支配下に置けないのであれば抹殺するほうが得策・・・。と北朝鮮が考えるのは当然だろう。

「後ろから顔を掴まれて、顔面に液体をかけられた」のは公式に伝えられている正男のコメントだ。その後意識を失い絶命するまでに何かを話したかもしれないが、彼自身は最後の瞬間犯人を誰と考えたのだろう。最後に何を話したかったのだろう。

あなたが死ぬ前に言う最後のセリフ:vonvon

ちなみに私の最後の言葉は・・・

最後の言葉

117歳も生きれば悔いもなかろうと思うが、私としては117歳も生きてしまうのか!と、この設問を試してしまったことを悔いるのみだ(爆)

表題は死を悟った金正男が最期に思ったことが「祖国の地で死にたい」であれば、漠然とこうつぶやいたかもしれないという私の勝手な想像である(^^;)

仕方ないので冒頭の徳久広司の演歌でも貼っておく(^^;)・・・一応私の一族の父方のルーツは秋田らしいので、まぁ、魂が帰っていくのはそこかもしれないし。「北」繋がりということで(^^;)

北へ帰ろう・・徳久広司 投稿者 prdlpp

JUGEMテーマ:社会の出来事



Posted by soup2001 | -  -



危機の予感【ききのよかん】

前回エントリと順番が逆になるが、消費増税延期の理由にされた(?)伊勢志摩サミットで安倍首相が発言した「現状はリーマン・ショック前の状況に似ている」が各所で批判を浴びている。

伊勢神宮
<画像元:産経ニュース>

安倍晋三首相「リーマン前と似てる」 消費税再増税の先送りを示唆:産経ニュース
安倍晋三首相は消費税再増税先送りの条件を「リーマン・ショック級」の状況としていたが、現在の経済情勢がリーマン前と似ていることを指摘し増税先送りを示唆した。

しかしこの見方は世界的には不評である(^^;)

<伊勢志摩サミット>「リーマン級」に批判相次ぐ:YAHOO!ニュース(毎日新聞)
 英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は「世界経済が着実に成長する中、安倍氏が説得力のない(リーマン・ショックが起きた)2008年との比較を持ち出したのは、安倍氏の増税延期計画を意味している」と指摘した。首相はサミット初日の26日、商品価格の下落や新興国経済の低調ぶりを示す統計などを示し、自らの景気認識に根拠を持たせようとした。しかし、年明けに急落した原油価格がやや持ち直すなど、金融市場の動揺は一服している。米国は追加利上げを探る段階だ。英国のキャメロン首相は26日の討議で「危機とは言えない」と反論。FTは英政府幹部の話として「キャメロン氏は安倍氏と同じ意見ではない」と指摘した。

開催中は出てこなかった不協和音。このニュアンスの違いはなんだろうか?と考えていると国内でもこれに便乗する動きが(^^;)

民進党・岡田克也代表「理解に苦しむ。増税先送りの言い訳に利用」 首相の「リーマンに似た状況」を批判:産経ニュース
 民進党の岡田克也代表は26日夜、主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)で安倍晋三首相が世界経済の現状について「リーマン・ショック前と似た状況にある」と言及したことに対し「何をもって言っているのか、理解に苦しむ」と批判した。党本部で記者団に答えた。

 首相が平成29年4月に予定している消費税再増税を延期する場合、「リーマン・ショック級の事態」を条件としていることを念頭に、「増税先送りの言い訳に使えるよう、先進7カ国(G7)の場を利用しているといわれても仕方がない。非常に恥ずかしい」と不快感を示した。

増税延期を打ち出していた野党側の民進党は、同様にサミットでの安倍首相発言に絡んでいるが、増税延期なら参院選での対立軸を失うことになる。これが困るためにいちゃもんをつけてるようにしか見えない(^^;)

慌てて「増税延期ならアベノミクス失敗の証拠」と強弁して安倍政権の責任をあげつらおうとしているのだが、有権者側には「景気浮揚に失敗したと言うか無策だった民主党崩れが何を言うのか」(^^;)という感覚を当事者の旧民主党勢が全く認識していないことに呆れているのが全く把握されていないことに改めて唖然としている(爆)

「安保法制」が有権者受けしないことに争点をアベノミクス批判に変更したかったのだろうが、機先を制して安倍首相(+自民党&公明党)にうまく根回しをして国民の最大関心事である消費増税で争点を消してしまえば、実績でモノを言う与党が有利となる。増税延期理由の一つに熊本地震があるとも思われるが、災害対応でも自民党政権と民主党政権の違いは明快だ。政治資金のスキャンダルでも甘利VS山尾で引き分け(爆)

どうにも、どこから見ても野党側に魅力を感じないのである(^^;)

何でもかんでも自民党(安倍政権)に反対する野党側の主張は往々にして反日勢力の主張とかぶる。韓国・北朝鮮・中国である。特に経済及び外交的には民進党(旧民主党)は中国との結び付きが強い。旧社会党系の議員も多い民進党(旧民主党)ならではあるが、中国は今回のG7サミットには批判的である。

まぁ、経済の国際協力会議に、GDP世界第2位なのに除外されているわけだから面白くないのは当然だし、本来ならG8でロシアと言う親中国勢力がクリミア問題でペナルティとしてサミット対象国から除外されてしまったためG7ではこれらのロシアや中国の勢力拡大路線に批判が集まる事が予想され、実際それを匂わせる首脳宣言も発表された。

サミット首脳宣言(PDF):外務省

サミットに不満の中国、弱い犬程良く吠える:YAHOO!ニュース(Japan In-depth)
中国が伊勢志摩サミットの首脳宣言に「強い不満」を表明した。相変わらずのドギツイ表現だが、中国が普通の「不満」を表明したことはあるのか、と突っ込みたくもなる。新華社通信は「成果が乏しかった」、「議題は空虚で実質性がない」と批判した挙句、「議長国として日本はサミットの場を私物化した」と批判したそうだ。弱い犬ほどよく吠える。今回サミットが如何に成功したかは中国側の反発の大きさが如実に示している。


李克強
<画像元:sputnik日本>

ところが、サミット終了後、手のひらを返したような論評が飛び交う。日本は孤立してしまったのか?

消費税再延期も財政出動も意味なし? サミットでハシゴを外された日本 - 加谷珪一 経済ニュースの文脈を読む:YAHOO!ニュース(ニューズウィーク日本版)
 今年の前半は、資源価格の下落や中国の景気失速など不安材料が目白押しで、伊勢志摩サミットでは、経済対策が主要な議題になるとの声も多かった。安倍政権としては、7月の参院選を控えており、サミットをうまく活用することで大型の景気対策を打ち出し、選挙を有利に進めたいとの思惑があったようである。米国の一部から財政出動が必要との見解が示されていたことを利用し、サミットでは、協調した財政出動について安倍首相がリーダーシップを発揮するというシナリオが準備された。

 だが、財政出動についてドイツは当初から否定的であり、英国やフランスもドイツの立場を尊重する可能性が高かった。各国が協調した財政出動を実現するには、どうしてもドイツのメルケル首相を説得しなければならない。安倍首相がゴールデンウィーク中にわざわざドイツと英国を訪問し、メルケル首相と会談したのは、財政出動についてメルケル氏の理解を得るためである。

 しかし、一連の首脳会談においてドイツはほぼゼロ回答に終始し、キャメロン英首相も各国の事情を考慮すべきと、日本側には同調しない方針を明確にした。安倍首相はほぼ手ぶらで帰国し、今回のサミットに臨む結果となった。

 ドイツが日本主導の財政出動に対して否定的な理由は2つある。ひとつは、経済政策に対するドイツの基本的な考え方であり、もうひとつはマクロ的な経済環境の変化である。

 ドイツは、基本的に財政出動が経済を持続的に成長させるという認識を持っていない。財政再建を積極的に進め、過大な政府債務を削減した方が、長期的な効果は大きいとの立場だ。実際、ドイツは財政再建を実現しており、2015年度予算からは事実上国債の発行がゼロになっている。

チャイニーズ・リスクをひしひし感じている隣国日本と、直接的に国境や領海を接していない日本以外の首脳国メンバー6カ国ははっきりした違いがある。日本にとっては中国経済と軍事力が脅威だが、他の国にとって脅威となるのは中国経済の崩壊だけである。つまり中国バブルの崩壊リスクに加え戦争リスクを一番感じているのは日本ということでもある。

金融の動きは私には分からないが、リーマン・ショックとはサブプライムローンに端を発する「信用度の低い金融商品の蔓延が招いたバブル崩壊」である。中国の経済自体もそれに比べて充分にバブリーであり、経済数値の信頼性や情報の正確性が低い点はサブプライムと変わらない。そういう意味では安倍首相の「リーマンショック以前」の表現は、正に「中国バブル崩壊リスク」と言いかえれば合点がいく。

ところが欧米など日本とアメリカ以外の主要国は中国にかなりの金融投資をしている。日本と米を除くG5は軒並みAIIB(アジアインフラ投資銀行)に加担している。ロシアのクリミア同様に領土拡張路線を容認はできないが、金融危機を声高に(日本と並んで)叫ぶことはしたくなのではないか。

こうなると先日暴露されたパナマ文書で、軒並み西欧及び中東の要人にプレッシャーが掛かったのが意味があるようにも思えてくる。比較的その暴露対象が少ないアメリカと日本がAIIBと関係が薄いのは偶然だろうか?(^^;)

パナマ文書暴露は中国とそれに与するヨーロッパや中東の要人に対するアメリカの警告であり、習近平体制に反発する中国の反主流派の反撃材料となる点で反中勢力に最適なスキャンダルであった(^^;)

そう考えると今回のサミット首脳宣言の内容と終了後の安倍発言批判と金融出動の否定は、このパナマ文書の報復ではあるまいか?(^^;)少々陰謀論めいているが私としてはかなり納得できる裏事情なのである(爆)

サミット
<画像元:newsweekjapan>

実際に砲火を交えない「経済と情報の戦争」はすでに始まっているし、その国威を支えるものが日本の場合は「高度な技術」、アメリカの場合は「圧倒的な経済力と軍事力」。そのアメリカに「経済力と軍事力」で迫らんとする中国に危険なほどに経済・金融依存するヨーロッパこそ「リーマン級のリスク」と言わしめたのではあるまいか?これはアメリカに言わされた感が強いと思うし、その代償がオバマ大統領の広島入りと考えるなら、最近の一連の流れでバランス外交を展開する日米の戦略とも取れる。

どおりで、ヨーロッパではオバマ大統領の広島入りは大きく扱われないわけだ(^^;)
↑元々大戦中のアメリカの広島長崎への原爆投下と現在の広島訪問は、日本が被爆国だけに敏感に反応するが、世界共通の重大関心事案ではない。多少の知識と同情を集めるものの、アジア地域以外での関心は日本人が思うほどに高くはないのだ。

「核なき世界」という新世界秩序や世界的平和構築の構想の大風呂敷を広げた割には、クリミアやシリアでヨーロッパの期待に答えなかった分、アメリカの行動が冷ややかに報じられる理由も「日米間のタダの自己満足。何の意味もない」と切り捨てられる理由も理解できるというものだ。

今後の展開は日本における選挙とアメリカの大統領選挙の結果で大きく変わってくるだろうが、憲法改正や自主防衛路線を期待できる点では案外「トランプ大統領」は改憲派には好都合かもしれない(^^;)

まぁ、いろいろ物騒な御仁だが(^^;)いきなり戦争おっぱじめるほど馬鹿ではないだろうし、「ヒラリー大統領」でも日本に有利とは限らない点ではいい勝負だ。

これからの激変リスクの高い時期に、安定感を保ってきた安倍政権を揺るがす愚かな選択はするべきではないと思うのは私だけではないだろう。そう言う意味では選挙が何やら楽しみになってくる私なのである(爆)

JUGEMテーマ:社会の出来事


Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



逆襲【ぎゃくしゅう】

この所連日「舛添東京都知事」関連のニュースで持ちきりである。まるでパナマ文書の飛び火を恐れるかのように、民進党山尾志桜里(通称:ガソリーヌ山尾)議員の政治資金規正法違反容疑を覆い隠すように(^^;)

自民党に批判的で民進党をはじめとする「なんちゃってリベラル」には毎度毎度甘々のマスコミ各社だが、舛添都知事のネームバリューに比してその行状の「セコさ」や「強弁」ぶりが各所で失笑され批判されている。
どこかで聞いたようなパターンだと思っていた私も、号泣会見の野々村竜太郎元兵庫県議会議員の類似点に思わず爆笑(^^;)

舛添要一都知事と野々村竜太郎元県議の動作がそっくりだと話題に:ガジェット通信
野々村+舛添
舛添要一東京都知事の政治資金規正法違反の疑惑にまつわるニュースが連日のように報じられているが、その中で”号泣議員”こと野々村竜太郎・元兵庫県議が再び脚光を浴びている。
「号泣会見」のさなか、野々村氏は耳に手をあてて質問を訊くポーズが話題となった。それとそっくりなポーズを、今回舛添都知事が行っているというのである。また、二人とも水を飲む時に口元を隠して飲む動作を行っているということで、これらの比較画像がネット上には溢れることとなった。

いわゆる「朝鮮飲み」とされる作法が「金に汚いイメージの某民族」(^^;)と相まって相乗効果を出している。実際に両者が「在日帰化人」かどうかは不明だしそういう家系である立証もされていないので、「在日認定」はやり過ぎだろうが、心にやましい物を持つ人間が殊更に丁寧さや誠実さを演じようとして不自然にオーバーアクションになってるのは間違いないだろう。小学生の喧嘩で不自然に敬語を使って自分の主張を繰り返すのと同じだ(^^;)

「○○ちゃんがそう言いました!」
「言ってません!」
「言いましたー!」
「絶対言ってませーん!」
「絶対絶対言いましたー!」

野々村の「子供じみた醜態」は不快感しかなかったが、舛添の「慇懃無礼な誤魔化し」も大して違わない。

【書き起こし】野々村竜太郎県議、”号泣”記者会見 「キッチリ報告してんのに、なんで自分を曲げんといかんのや」:ログミー
ですから、……皆さんのご指摘を真摯に受け止めて、議員という大きな、ク、カテゴリーに比べたらア、政務調査費、セィッイッム活動費の、報告ノォォー、ウェエ、折り合いをつけるっていうー、ことで、もう一生懸命ほんとに、少子化問題、高齢ェェエエ者ッハアアアァアーー!! 高齢者問題はー! 我が県のみウワッハッハーーン!! 我が県のッハアーーーー! 我が県ノミナラズ! 西宮みんなの、日本中の問題じゃないですか!!
そういう問題ッヒョオッホーーー!! 解決ジダイガダメニ! 俺ハネェ! ブフッフンハアァア!! 誰がね゛え! 誰が誰に投票ジデモ゛オンナジヤ、オンナジヤ思っでえ!
ウーハッフッハーン!! ッウーン! ずっと投票してきたんですわ! せやけど! 変わらへんからーそれやったらワダヂが! 立候補して! 文字通り! アハハーンッ! 命がけでイェーヒッフア゛ーー!!! ……ッウ、ック。サトウ記者! あなたには分からないでしょうけどね! 平々凡々とした、川西(市役所)を退職して、本当に、「誰が投票しても一緒や、誰が投票しても」。じゃあ俺がああ!! 立候補して!!
この世の中を! ウグッブーン!! ゴノ、ゴノ世のブッヒィフエエエーーーーンン!! ヒィェーーッフウンン!! ウゥ……ウゥ……。ア゛ーーーーーア゛ッア゛ーー!!!! ゴノ! 世の! 中ガッハッハアン!! ア゛ーー世の中を! ゥ変エダイ! その一心でええ!! ィヒーフーッハゥ。一生懸命訴えて、西宮市に、縁もゆかりもない西宮ッヘエ市民の皆さまに、選出されて! やっと! 議員に!! なったんですううー!!!

動画を見ると、だんだん腹が立ってくるのだが、文字で読むと読む気力がどんどん失せてくる(爆)・・・いや〜書き起こされた方、ご苦労様(^^;)よくもこんなくだらない会見コメントを文字起こししてくださいました(爆)

「白紙の領収書」「家族同伴のホテル会議」舛添知事の答弁に記者が総ツッコミ:ログミー
記者10 読売新聞のコシムラと申します。先ほどのホテルの関係なんですけれども、宿泊費のすべて込みで会議費として一本化しましたと。
それは知事の説明ですと、政治活動だったとおっしゃいましたけども、少なくともほかのご家族3人か奥様、お子様の分の宿泊費も含めたものが会議費として計上されて、収支報告書に載ってると。
それをチェックしたときに、「これでも、会議をやったときに自分の子供も入ってるよね」「それはどうしても政治活動とは思えないよな」というのが普通の認識だと思うんですけれども、そういうときにチェックは働かなかったのでしょうか?
舛添 ですから、それを私自身が、「これはもう政治活動だ」という認識をまず持ったんですよ。非常に大きな決定をやるので。ただいまコシムラさんがご指摘のことは、いま十分反省しておりまして、今後こういうことは絶対にないようにしたい思ってます。
記者11 フジテレビのツバキハラと申します。よろしくお願いします。そのホテルの宿泊代について、ご家族の宿泊費用を含まれているものを政治資金として、指摘がなければ当然として計上していたと。
そういった感覚が庶民の感覚からずれていると思うんですけれども、そういったことは都民の理解を得られると思いますか?
舛添 ですから今回、その点は深く反省して、非常に大きな政治的決断だということで決断したんですけれども、それはツバキハラさんおっしゃる通りなので、これはもう訂正削除して、返金をしてしっかりと謝罪をするというのが今の立場です。
記者11 その訂正削除ということですけれども、オリンピックを控えた大事な時期に、やはり都知事を務め上げられると思われていらっしゃいますか?
舛添 いや、しっかりと仕事をして、先ほど申し上げましたように、この2020年大会を成功させるために全力をあげたいと思っております。はい。

「盗っ人猛々しい」とか、「盗人にも三分の理」とか、どう考えても「税金泥棒」の守備範囲から出て行かない(爆)まだ国内に居てやってる分、パナマ文書のように狡猾さや悪質さは無いかもしれないが充分にうんざりさせられる。

東京都は知事の人材に恵まれないねぇ(^^;)まだ変な金を掴まされてやめた猪瀬直樹の方が都民から集めた税金を「公私混同して使いまくる事(横領)」はしなかったからマシに見える(爆)

ただ、普通なら舛添知事が誕生した背景を考えても、自民党や都の職員などがフォローに回っても良いはずが、最初に告発した「文春砲」にむしろ実弾を供給してる(爆)・・・つまり内部情報をリークしてどんどん追い詰めているようにも見えていた。ひょっとしたなんかやらかしたか、舛添?(^^;)

と思っていた矢先、その理由が書かれている記事を発見。

舛添都知事が恐れる3つの「時限爆弾」〜さらなる追及、刑事告発、自民党離反の可能性を予測する(高橋洋一):現代ビジネス
舛添氏は、地方自治体であっても「外交」すべきという持論をもっている。自らの語学力を生かしたいという気持ちもあるだろうし、これまでの学者生活や国政経験で培った舛添氏の売りは「外交」であった。猪瀬氏のあと、急遽舛添氏は都知事になったわけだが、筆者はこの「都市外交」を、場違いだと感じたものだ。

いうまでもなく、外交は国レベルで行うもので、地方自治体はそもそも「外交」を行う主体でない。いくらこちらが叫んだとしても、相手国でも地方自治体に「外交」を認めるわけもなく、せいぜい「友好都市」レベルの話である。
(中略)
政治的な見方からすれば、ポイントは、政治資金の使い方で今後さらに新たな問題が出てくるのかどうかという点だ。

記者会見を踏まえて、(市民団体などが)刑事告発が行われるかどうか、また、都議会がどのように対処するのか、百条委員会(自治体の事務について疑惑や不祥事があった際、事実関係を調査するために設置される委員会)を設置するのかどうかである。

7月上旬に参院選もあるので、都議会自民党や公明党が、世間からの批判の矛先がこちらに向くのを恐れて、舛添都知事に対する姿勢が一気に変わる可能性もあり、予断を許さない。そうなったら、舛添都知事はかなり危うくなるだろう。

多少は納得できるものがあるのだが、舛添はそもそも政権交代で野党になった時に自民党を飛び出した言わば裏切り者であることを考えると、案外その「報復」はすでに始まっているんじゃなかろうか?とも思ったのだ。
何故今のタイミングだったのか。それの答えは別の記事にあった。

舛添バッシングの裏に自民党・都庁職員との“政争” 鉾木雄哉[清談社]:ダイヤモンド・オンライン
「舛添さんと都議会自民党の関係が悪化の一途をたどったのは、まずは東京オリンピック会場計画を都知事主導で見直したことからです。特に新設予定だった都内3会場の建設を中止したのは決定的でした。新設予定の会場には、それぞれ自民党都議の利権が紐付いていたので、それを白紙にするということは、つまり自民党の利権を奪いとることに他なりません。このほかにも、知事就任以来どんどん勝手に改革と称していろんな政策を進めることで、当然、都議会自民党とは最悪の関係になっていました」(前出の公明党幹部)
(中略)
「話は、石原慎太郎さんが勝利した1999年の都知事選挙まで遡ります。このときに国際政治学者でタレントだった舛添さんも立候補し、3位で敗れたものの80万票以上を獲得して注目を集めました。そんな舛添さんの人気に目をつけたのが、ときの自民党、中でも価値が高いと評価していたのが森喜朗元首相と言われています」(自民党都議団幹部)

森+舛添
<画像元:huffingtonpost>

 自民党は、舛添氏を2001年の参院選に引っ張り出し、比例全国区から出馬させた。結果は160万票近くを獲得しトップ当選。自民党に大きく貢献した。

「森さんはことあるごとに舛添さんに、『あんたは将来の総理候補。自民党の宝だ』と最大限の待遇を約束したと言います。しかし自民党は、選挙で舛添人気を利用しただけで、その後は舛添さんを冷遇します。第一次安倍内閣で入閣こそさせましたが、総裁候補にしようとか、派閥の後継者にしようという声は一切出ず、党内の主流派からは外したままでした。また独断専行が目立ち、執行部に批判的な言動を繰り返す舛添さんに対して、党内では『舛添不要論』さえ囁かれるありさまでした」(前出の自民党都議団幹部)

 09年の総選挙で自民党は歴史的な大敗を喫して下野。政権担当与党でなくなった自民党に用はないとばかりに、舛添氏は自民党を飛び出し、新党改革の代表となった。

「舛添さんからすると『俺を総理にしてくれるって言っていたのに約束が違う』という思いがありますし、自民党にすれば『自民党が野党の苦しいときに飛び出しやがってふざけるな』という話で、これが両者が対立する根本的な原因です」(前出の公明党幹部)

 ただし14年の都知事選では、自民党は脱原発の細川護熙氏を絶対に勝たせたくなかったことや、候補を擁立する時間がなかったこともあり、舛添氏を支援。舛添氏サイドも自民党の応援が欲しかったため、表面上は一時的に和解した結果、舛添都知事が誕生した。

自民党にすれば、選挙で支援したんだから、都議会運営には当然協力してくれるものと考えていたようですが、舛添さんの自民党に対する恨みは凄まじく、オリンピック会場の建設計画を中止は、大会組織委員会会長を務める森さんへの復讐とも取れます。オリンピック運営費の無駄を省くなどの政策は、一見合理的に見えますが、その実は森さんが仕切っているオリンピックに水を差すことで、森さんの顔を潰す結果にもなります。要するに国会議員のときはさんざん利用されたけど、都知事になったことで自民党や永田町へのリベンジを果たしているのでしょう」(前出の公明党幹部)

 そしてオリンピック関係以外でも、韓国人学校を増設するため都有地の韓国政府への貸出を決めるなど、舛添氏はことごとく都議会自民党に反する政策を進めていった。

自民党東京都連や都議会は、もう舛添さんを切る方向で動いています。それで今回の『週刊文春』以降、この問題を放置し、むしろ陰では『いつまで持つか。俺たちは模様眺めだ』などと言っているのです。また不倫スキャンダルで潰れましたが、乙武洋匡氏を参院選に出馬させて、ゆくゆくは自民党から知事候補として公認し、舛添さんの後釜に据えるというシナリオもあったんです」(前出の自民党都議団幹部)

こうなると、そもそも舛添を知事選の時に支援していた自民党が案外「文春」にリークしていたことも考えられる(^^;)

何の事はない。お互いが相手を利用しようとして思惑が外れた途端に「報復」を始める泥試合の応酬だっただけだ。それぞれが「金に汚い亡者」どもの痴話喧嘩に過ぎなかった(ため息)・・・どこかで「こんなオチ」になるような気がしていたが、それにしても舛添の脇の甘さというか「私腹を肥やす小物っぷり」が鮮明であればあるほど一方的に損をするのは舛添の方だろう。

舛添の方にさらなる逆襲のチャンスは有るのだろうか?私にはソッチのほうが面白そうなのだが(^^;)舛添の方から「文春」に自民党の不正をリークしたら更にヒートアップは間違いないのだが・・・(爆)

あと、先ほど拾ったニュースに別の事件で、「これは大逆転のきっかけになるかもしれない」と思わせるものがあった。

STAP現象の確認に成功、独有力大学が…責任逃れした理研と早稲田大学の責任、問われる:ビジネス・ジャーナル

小保方晴子

 今年3月10日、ドイツの名門大学、ハイデルベルク大学の研究グループがSTAP関連の論文を発表した。
(中略)
 わかりやすく解説すると、以下のようになる。
<小保方氏が発見したSTAP現象を、がん細胞の一種であるJurkatT細胞を用いて再現実験を試みた。同細胞に対しては、小保方氏がネイチャーで発表した細胞に酸性ストレスをかける方法ではうまくいかなかったため、独自に修正した酸性ストレスをかける方法を試してみたところ、細胞が多能性(体のどんな細胞になれる能力)を示す反応を確認した。それと同時に細胞が死んでしまう現象も確認されたので、何が細胞の運命を分けているのかを探っていきたい>
(中略)
 日本国内では、マスコミによる異常な偏向報道によって、完全に葬り去られたように印象づけられたSTAP現象だが、そのような先入観もない海外の大学によって再現実験が試みられた事実は大きい。
(中略)
 小保方氏の人権を蹂躙するかのようなマスコミがつくり上げた世論に同調し、常識を逸脱した禁じ手まで使って論文をなきものとして責任逃れをした理研や早稲田大学と比べ、真摯に生物学的現象を追究するハイデルベルク大学のニュートラルな姿勢は、科学に向き合う本来のあり方を教えてくれる。

さて理化学研究所とその背後に連なる者共の、その名の通りの「利権」(^^;)によって葬られた小保方晴子に逆襲の時は来るのだろうか?
ちょっと「ズルをした」科学者であり研究者の小保方が、海外に迎えられて(向こうで研究者として認められ)日本の科学界と理研の腐敗構造に宣戦布告してくれたらものすごく注目するのだが(爆)

すでに其の芽は発芽しつつある。

STAP問題の元凶は若山教授だと判明…恣意的な研究を主導、全責任を小保方氏に背負わせ:ビジネス・ジャーナル
若山氏はキメラマウスをつくる技術を小保方氏に教えなかった。小保方氏の要請に対して、「小保方さんが自分でできるようになっちゃったら、もう僕のことを必要としてくれなくなって、どこかに行っちゃうかもしれないから、ヤダ」と答えたという。

小保方+若山
<画像元:wellstone1017(Twitter)>
 
 この若山氏の言葉は見逃すことはできない。なぜなら、STAP細胞実験を行っていた当時、小保方氏はCDB内の若山研究室(以下、若山研)の一客員研究員にすぎなかったからである。小保方氏の当時の所属は米ハーバード大学バカンティ研究室(以下、バカンティ研)であり、若山氏は小保方氏の上司であり指導者という立場であった。
 当時の小保方氏は、博士課程終了後に任期付きで研究員として働くいわゆるポスドク、ポストドクターという身分だった。不安定な身分であることが多く、日本国内には1万人以上いるといわれ、当時の小保方氏もそのひとりであり、所属する研究室の上司に逆らうことはできなかったのだ。
 この弱い立場が、のちに巻き起こるマスコミのメディアスクラムに対抗できなかった最大の理由である。メディアがつくり上げた虚像によって、まるで小保方氏が若山氏と同じ立場で力を持っていたかのように印象づけられていた。
(中略)
 そもそもバカンティ教授の仮説から始まり小保方氏の検証から動き出した研究の主導権が、完全に若山氏に渡ってしまい、ついには若山氏が特許配分51%を要求するまでになる。バカンティ研所属でいながら若山研の客員研究員という複雑な立場の小保方氏は、アメリカと日本の大先生の板挟みとなっていく。

擁護派の記事も早速登場。確かに寄ってたかって小保方に責任を押し付けるような「醜悪さ」は感じていたし、科学者って言っても責任問題になると、事実検証を棚に上げて「ひたすら逃げまくる、何とも意地汚いものだな」と思ったものだった。今後の経緯や如何に?

いや〜世の中、順風満帆に見えていても一寸先は闇だねぇ(^^;)

JUGEMテーマ:社会の出来事
Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



記念品【きねんひん】

今日の夜勤で意外な記念品をもらった。今の業態で商売をはじめて40周年だったらしい。家に帰って開けてみると(^^;)

どら焼き

どこの夜勤に勤めてるかバレバレだが、焼き印がマークになってるのが妙に可愛い(^^;)しかしデカイ(爆)贈答用のこのデカさのドラ焼きを見るのも随分久しぶりだ(^^;)さすが一流企業、日頃はケチケチしているが(爆)使うところは律儀にきっちり使っていらっしゃる。

一応契約社員以上の従業員限定だったらしい。見本に置いた100円玉でも大きさがわかるが直径約14センチ。通常の大きさのものがおおよそ10センチ未満位なので体積比的には約4倍のボリュームになる(爆)

流石に1人で食べるには大きすぎる。カロリー的にもこれはよくない(^^;)パック入りなので開封したら当日に食べないと乾燥したり傷んだりするかもしれない。なので話の種にもなるし自分では食べずに、昼勤の(別の)職場の女子に「袖の下」として使わせていただこう(^^;)

JUGEMテーマ:日常。


Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>



目次&ランダムピックアップ

現代用語のクソ知識の目次

当ブログの目次(管理人のオススメ一覧)です。かなり古い時事問題に関する記事もありますが、当時を思い出してご覧いただけると幸いです。



↑上のボタンを押すと、ランダムにエントリを表示します。
もしもエラーページが出たら、ごめんなさいm(_ _)m「戻る」ボタンでエントリを表示するまでお試しください。

言い訳ページはこちら(^^;)

---------------------------------

---------------------------------






ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ


マウスコンピューター/G-Tune

 RSSリーダーで購読する

Profile
Archives
Recent entries
blog parts







マウスコンピューター/G-Tune

エニアグラム診断によると私はタイプ4番でした。
無料診断のできるサイトはこちらです。
Links
tools


悪徳商法マニアックス




簡単自動登録
無料でSEOならSEO.CUG.NET

大黒天
金運アップブログパーツ
Categories
AdSense







途上国の人々への支援をお考えの方にCARE支援プログラム

ドメイン取るならお名前.com

マウスコンピューター/G-Tune
Mobile
qrcode
Sponsored links
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
このblogのfeedburner