ブログパーツ

潮流【ちょうりゅう】

大阪都構想否決:さらば橋下徹劇場 その弁舌に振り回され(毎日新聞):アオイ•レイのオール•ザット•ジャズ

リンク先は毎日の記事をバックアップ掲載されている人のブログである。さすが毎日新聞は橋下徹とは犬猿の仲だっただけに満面の笑み(ドヤ顔)で書いている記者の顔が目に浮かぶ(爆)



口では全く歯が立たなかったという点では、「弁舌に振り回された」のは毎日新聞だったろうが(爆)


いずれにしても大阪維新の会の戦いは、ある意味予想通りの「僅差の敗戦」という結果に終わった。勝ってもおかしくない雰囲気を漂わせていたのは、橋下市長の好戦的な弁舌もさることながら、目に見える改革(特に意識の部分)が顕著で、このまま時間を掛けて大阪に救う寄生虫を退治していけば、財政再建はもとより日本第2位の大都市としての経済的復権も夢ではなかっただけに、私としては「そんなに大阪都構想に拘る必要があったのか?」という思いが消えず、何やら時期尚早な住民投票を強行したことも敗因のような気がする。

橋下市長 大阪維新の会 実績:Yahoo!知恵袋

橋下市長の実績:TOGETER

などを見る限り、税金の無駄遣いに次々と手を付け、自分自身の報酬を大幅にカットするなど自ら身を切る姿を見せながらの実行力は、「なかなかやるじゃん」と好意的にも見ていただけに、大看板とはいえ「大阪都構想」に拘泥しなくても「維新の会改革」路線でもかなりのレベルまでやれたような気もする。

既得権益を片っ端から槍玉に挙げていったその戦いぶりは、「戦国時代の猛将」にも似た苛烈さで、あれだけ当たるを幸いになぎ倒しながら(^^;)よく息切れしないものだと、隣の奈良県に住み直接的に関係のない野次馬としても他人事ながら感心していた(爆)

維新会のシンボル的政策であった「大阪都構想」は、確かにギャンブル的な部分もあり、財政破綻寸前の地方自治体が大博打を打つには少々リスクが大きすぎる点は、批判勢力の言にも一理あると思っていただけに、徐々に旗色が薄れていく維新の会のシンボル的政策に頼るだけでなく、現実的な政策の集合の上で実績と評価を得ながらゆるやかに支持者を増やす戦術も可能にも思われたからだ。

なぜ大阪から企業が逃げていくか(飯島勲:内閣参与):PRESIDENT

安倍総理や菅官房長官など「官邸」と親交のある橋下徹だが、内閣参与の「モノノフ飯島」(^^;)とは相性が悪いらしい。彼も大阪都構想には否定的だ。ただ、肯定派にも否定派にも思うことだが、「大阪」という特殊な地域性をどこまで理解しているのかが不明な分、隣県の住民である私などはどちらも額面通りに支持できないという現実がある。おそらく橋下徹にしてもかなりの大博打ではなかっただろうか?機を見るに敏な割には腰の重い大阪人の特性を知っているだけに(爆)

それだけに橋下市長の任期中にすべての改革をやり終えるスケジュール設定に無理があったとしか思えないし、それに拘泥するために「独裁」と皮肉られる強引さが最終的に失敗した最大の原因だったように見える。

つまり、大阪を食い物にしている既得権者には実は大阪市民自身が含まれていたことを橋下市長が知っていた分、これらに手を付ける前の段階で「大阪都構想」を決めてしまおうとしたような気がするのだ(^^;)

穿った見方をすれば、今年7月の「在日外国人登録制度の更新期限」後では、在日住民や元在日の帰化日本人が多数居住する地区での「行政側に対する反発が強まる」点も危惧していたかもしれないし、もっと穿って見た場合、橋下市長が在日擁護政策を取るために大阪市解体をして特別区として「在日の多いエリアを実質的な自治区として半独立させる」意図を持っていたとも見ることができる。どちらにしても在日外国人の「不法滞在者」や「グレーな永住許可住民」に対する国の政策変更での軋轢が最も予想できるのが大阪だからだ。為政者としてみた場合、余計なリスクを増やすだけの法改正に対向するには、これが実行される前に「大阪のカタチ」を変えてしまうしか無いと考えてもおかしくないからだ。

Xday 7.9を考察する:余命3年時事日記
 安倍さんのシナリオは7月9日に黒白つけて、未更新は強制送還、更新者は住民登録と通名ころがし不動産資産のあぶり出しと、プラス口座一本化で、名義人の特定ですから、まさにこの日がスタートです。通名口座の方は凍結となると管轄が国家公安委員会となり、テロ三法がからんできますから逃げられませんね。
 こうして一本化、一元化してマイナンバー制度とコラボというのが安倍シナリオです。
この日本の一元化、在日資産寄せ集め、口座一本化が終了した段階で出てくるのが韓国です。日本では韓国系無国籍は韓国籍の扱いですから日本からの在日情報にはすべて無国籍在日の情報が含まれます。2010年から、とくにここ2年は国籍離脱届け不備、帰化取消しもという話が飛び交っています。戦後、ずっと韓国系無国籍暴力団を放置し、強制送還も拒否してきた韓国が、韓国籍などいらないという無国籍在日に、人道的立場から?国籍を付与するという流れですから、韓国の国家財政と人治主義をみれば可能性は否定できません。
 韓国籍を付与したあと強制的に韓国住民登録、これで日本における難民という扱いが消えて、永住許可取り消しという段取りです。これで韓国は在日の兵役、資産コントロールが、自在にできるようになります。これが韓国の理想的シナリオです。
 この段階で強制送還対象者の処分について日韓で話し合いということになるでしょう。数十兆円が目の前にあれば無条件受け入れでしょう。下手な条件をつければ北が出てきます。在日の出番が全くありません。在日は棄民なのです。

いずれにしてもドラスティックな改革政策はなくなった。ただ、維新の会以前の曖昧な慣れ合いに戻ってしまうなら、近い将来「財政再建団体」に陥り、橋下待望論が巻き起こって安倍首相のように華麗に復活?(^^;)なんてシナリオも全くない話ではなくなるし、橋下徹にしてみれば「政界引退」してしばらく野に下っていた方が「国政に進出しやすくなる」「(どこかの政党に)担がれやすくなる」という見方もできる(^^;)

橋下徹・大阪市長はこのまま消え去るのか?菅官房長官は放っておかないだろう(田崎史郎):現代ビジネス
橋下は12月の市長任期切れまで務めた後、政界から消え去るのだろうか? それを許さない勢力が2つ存在する。

まず、維新の党の大阪維新系の議員。もし、橋下がいなくなれば、彼らのほとんどは次の衆院選、参院選で国会議員バッジを失うのは確実だ。橋下側近の国対委員長・馬場伸幸は「橋下氏の完全な政界引退は絶対にさせない」と意気込む。

もう一つの勢力は安倍と菅だ。安倍は18日、雑誌「正論」のインタビューで、憲法改正の必要性を共有している橋下氏について「今後とも強いリーダーシップや国民に訴えかけていく力を生かしていただきたい」と述べ、今後の連携に含みをもたせた(産経新聞ホームページから引用)。

橋下との付き合いにおいて、菅の方が安倍よりも長い。菅は橋下が2008年1月の大阪府知事選に出馬した際、自民党選対副委員長として内々支援した。菅は橋下がどんな不利な立場になろうとも、一貫して橋下を支持し続けている。

菅が評価するのは、橋下の改革姿勢と、メディアと堂々と渡り合い、かつメディアを活用して自分の考えを拡散していく、たぐいまれな能力だ。政治家にとって、メディアとの関係はつねに悩ましい問題の一つであり、菅には橋下がメディアを活用できる、たった一人の政治家と映っている。


・・・そこまでの深謀遠慮があるかどうかは全くの勘ぐりでしか無いが(^^;)当初の勢いを失い、潮目が変わった時期を見誤っていたのだとしたら、本人の思い通り弁護士として活動できるかも正直微妙だと思う。人気者でもあるので仕事自体はあるとは思うが、これまでのいろいろな件で「日本弁護士連合会」のかなりのメンバーを敵に回しているのは確実なので、そんなに思い通りというわけにも行かないかもしれない(^^;)

ひょっとして今回の敗戦は、橋下劇場第二ステージの開幕の序曲だったりするかもしれない・・・と思えるのである(^^;)

↓2015年5月20日 最後の一言に馬鹿受けしたので追記(爆)



JUGEMテーマ:社会の出来事
Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



致死率【ちしりつ】

何らかの原因によって死に至る確率を致死率という。ところが、世の中の生きとし生けるものは必ず死を迎える。今生きているものすべて将来の致死率は100%ということになる。



先日亡くなったキンキンこと愛川欽也。死後、生前の左翼的言動が注目されていたが、昔はこんなアナーキズムに満ちた(^^;)歌を歌っていた。いや〜中々破壊力満点だ、死ね死ね(爆)

「死ね死ねブルース」歌詞書き起こし:youtubeコメント欄(tws615tws615 )より
朝目が覚めたら死ね   なんとなく生きてたお前死ね
明日もきっと死ね   ダラダラ生きるだろ死ね
あんなに空が綺麗に青く澄んでるというのに

何かが足りないよ死ね  何かが欲しくて死ね
走ってみるんだ死ね  夜明けの街一人
一番星から〜  輝いているのさ死ね

豚が西向きゃ〜しっちゃかひっちゃか…
朝日を追いかけ夕日〜しっちゃかひっちゃか…
泣きたい涙も何処かに消えた〜しっちゃかひっちゃか…
天国探して地獄を見つけた

死ねブルース

煙が苦いよ死ね  人生甘すぎる死ね
心が寒い死ねよ  世の中暑いよ死ねよ
タコの足10本イカと間違えちゃうよ死ね

男と女ちょっとの違いで死ね  どして揉めるの死ね
たかがバスト90ウエスト90ヒップ90  ただのドラム缶死ね


怒るのに疲れた死ね  泣くのに疲れた死ね
笑うのに疲れた死ね  喋るのに疲れた死ね
歌うのに疲れた死ね

歌詞ネットにもないこんな歌詞誰が書いたんだ?(^^;)死ね死ね。
間違いなく世の中の矛盾や個人的不満への八つ当たりソングだ。死ね死ね。
タコとイカを間違えたぐらいで死ね死ね言うな。死ね死ね。
中でも「ただのドラム缶」では爆笑したぞ。死ね死ね。

何と言っても小学生低学年の喧嘩レベルの罵倒が「死ね死ね」であることを再発見する画期的な歌である。死ね死ね。
それにいちいち死ね死ね言わなくても俺もお前も誰も彼も必ず死ぬんだよ。死ね死ね。

こんなに救いのない歌なのに、何故笑えて面白いんだ?やはり「とんがった音楽は死なない」ということか?・・・少なくとも私は寿命が来るまでは、死ねねえ死ねねえ(^^;)

JUGEMテーマ:動画
Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



兆候【ちょうこう】

先日までエントリしていた「特亜国家シリーズ」で近代史をおさらいしていた関係か、日本の対外戦略で上手く言ってる部分とそうでない部分がそれなりに見えてきた。(的を射ているかどうかは別にして、少なくとも私はそう思っている)

エンジン部品英艦提供を政府容認 川崎重工製、禁輸三原則抵触せず:47NEWS

今やミサイルの時代となっている以上、通常戦力の中でも「示威戦力」としての効果ぐらいしか考えにくい「海軍」だが、核武装が無く通常戦力で対応するしかない日本と違って英国の周辺に通常戦闘を想定するような敵対国はいない。そういう意味では戦争産業でもある重化学工業が規模縮小していく時代の変遷はある程度仕方が無いのかもしれない。
とはいえ、イギリス国内ではそのあたりの「危惧」を論じる国民も少なくないようだ。プライドの問題だけでなく自国の安全保障にかかわる軍事生産技術の衰退を恐れているわけだ。

軍艦用エンジン輸出

海外「日英の100年は対照的」 川崎重工が英海軍に艦船部品輸出へ:パンドラの憂鬱
川崎重工業にとってはビジネスチャンスでありますが、
イギリス人にとっては悲しい現実であるようで、
コメント欄には国を憂う声すらいくつか見られました。

■ 何でこのパーツは国内で、自分たちで作れないんだ?

   ■ それは明白だろ。6、70年代のことを覚えてないのかな……。
     イギリスの鉄鋼業は労働組合に乗っ取られてしまったんだ……。 
     そしてそんな時、突如としてニューフェイスが現れた。……日本だ。
     俺らの鉄は品質は悪いくせに、高かった。納期にも遅れるしな。

■ EUに加盟する前は、俺達は自分たちでこういうパーツを作り、
  そして世界中に輸出してたはずなんだがな。

■ 政府は英国の資産を安く売り払ってきた。
  そんなこんなで自分たちで艦船の部品すら作れなくなってしまった。
  売国奴がいたるところにいやがる!

■ 国内で作ろうとしたらもっと金がかかるし、結局外国に頼るしかない。  

   ■ もちろん。すべてが国外のほうが安い。だからこそ失業の嵐が吹いてるわけで。

■ もちろん自分たちで作るべきだとは思う。
  だけど日本のバイクと自動車に15年乗ってる俺から言わせてもらうと、
  彼らが作る物なら信用して間違いない。

■ 部品の使用説明書がオートバイのモノよりちゃんとしてることを願うぜ。
  フレームのことをシャシって書いてあったり、間違った翻訳が多いんだよ。

■ ここで文句言ってるヤツらで日本車orドイツ車に乗ってる人間は何人いるんだ。
  そして中国製のテレビで番組を観てる人間は。
  イギリスの産業を破壊してるのは、イギリスの消費者や経営者だろ。  

重工業の衰退と産業の空洞化が進行しているイギリスの深い病理が垣間見えている。しかし、最後のコメントには一つだけ間違いがあることにどうやらイギリス人は気づいていないらしい。
消費者や経営者がイギリスから産業を衰退させたのは間違いが無いが、その前に存続しうる高品質の部材・部品を作る意識が欠落しているからこそ産業が衰退し、消費者が自国の製品を見限ったのだ。

日本は総合メーカーは衰退しているが、部品メーカーは変わらず健闘を続け、外国の軍調達品にまで食い込む活躍ぶりだ。これはハイテク化が進んでいる最先端兵器も例外ではなく、もし日本が壊滅的な被害を受けた場合、先の東日本大震災の時、自動車部品の出荷が遅れ世界各国で自動車産業をはじめとして生産が滞ったように、各国の軍に装備されているハイテク兵器のメンテナンス部品が枯渇することを意味する。

そして皮肉なことにそれは日本を敵視する中国軍も例外ではない。

兵器製造現場から告ぐ、日本の製造業のすごさは脅威だ―中国掲示板:RECORD CHINA
中国は自分たちが必要としている軍事用部品を加工するのに使う工具が作れない。だから、どんなに高額でも日本から買うしかないのだ。筆者は日本の高い技術力が怖い。要するに日本と戦争になったら、技術力で劣る中国は旧式のライフルで立ち向かうしかないということだ。これは決して大げさな話ではない。

現場レベルが一番実態を把握している。緒戦で兵器を使い果たしてしまったら、補給品の再生産に必要な機材や部品がそろわなくなるわけだ。当然自国で生産可能な「旧世代兵器」に頼らざるを得なくなる。

日本は日本で、防衛戦のみに戦闘が限定されるため、弾薬・整備部品の備蓄量が圧倒的に中国に劣っている。物量作戦で押してきた場合、数日で日本の弾薬は尽き果てるが、軍需産業保護の為に即座に近隣の同盟国の弾薬を供給して備品を共有できるような体制になっていない。米軍の兵器と自衛隊の国産兵器では、仕様が違うために弾薬を共用できない。流用可能なのは、米軍と同じ装備・生産メーカーから輸入した兵器だけである。



陸上自衛隊の装備品一覧:wiki

海上自衛隊の装備品一覧:wiki

航空自衛隊の装備品一覧:wiki

膨大かつおびただしい種類の兵器があるが、その多くは米軍調達品からのライセンス生産品や国産品であり、自衛隊用のカスタマイズが含まれることを考えると有事の際の互換性は疑問が多い。
ミサイルや航空機の多くは米軍と共用していると思われるが、自衛隊の保有量を考えると初期戦闘で消耗した場合はなんとも心もとない。最後は米軍頼みでしかない状況であることは間違いが無いのだ。

武器輸出三原則は日本の「戦争による紛争解決」を阻止する意味があったが、今の時代においてはむしろ日本のハイテク武器を輸出したほうが「補給・メンテナンス」の部分で日本に依存する以上「日本と戦うことへの抑止力」も期待できるかもしれない。もちろんそういう狙いであるなら輸出できる兵器とできない兵器を選ぶ必要があるが、それはアメリカもやっているように「最高性能でない、ワンランク下の性能品」を出せばいい話だ。

安倍政権が、「非常に用心深く」確かな国防への歩みを踏み出しているような状況で、特定秘密保護法や集団的自衛権の解釈等を整備しつつある。日本版NSCの発足も含めて「日本のカタチが変わりつつある兆候」なのかも知れない。

日本の自主防衛路線を拡充するのはいいのだが、これら一連の「危機誘導」が、いわゆる「世界秩序の構築を志向する勢力」の仕掛けだとしたら、最終的な着地点を常に意識していないといつか来た道のように「日本が単独で暴走するような状況に変えられないとも限らない」。そういう警戒だけは怠ってはならないのだが、さて、背景にうごめく「意思」を的確に捉えるアンテナを「日本は持っている」のだろうか?それを持てた時にすでに手遅れになっていないことを祈るのみだが・・・。

JUGEMテーマ:戦争・紛争
Posted by soup2001 | comments(2)  trackbacks(0)



遅参【ちさん】

長らく噂だけが取りざたされていた「NTT DocomoのiPhone」がようやく実現。日本における携帯キャリアのすべてがiPhone対応となり、Apple社の独壇場かと思いきや、日本でもiPhone族は3割程度でガラケー派とAndroid派が仲良く共存する図式となっており、今後の展開次第ではスマホのスタンダードの地位は微妙な感じでもある。

後はAndroid陣営がサムソン以外で強力なメーカーとタッグを組んでAppleに大攻勢をかけることができるかにかかってるのだろう。サムソンは今後は衰退していく可能性が高い。部品供給でも販売でも各国のメーカーと技術盗用の訴訟を起こされ、経営環境がこれからも安定するとは思えないからだ。なにより製品品質が相変わらずのレベルにとどまってるので、ちょっと信じられないようなトラブル・事故がこれからも予想される点で、目の肥えた消費者から敬遠されていくのは必至だからである。昇竜の勢いに乗って世界でサムソンブランドを売りまくったまではよかったが、3〜5年もすれば粗悪部品を使った製品の寿命が尽きるのは確実でその際のサポートがあの国のメーカーに期待できるとは思えないからである。売った数だけ信用に結びつくが、それは製品信頼性はもとより、ユーザーサポートの質にかかっている。失望された分だけ客は離れていくわけで、サムソンの販売力がウォン高でどんどん目減りしていく中、世界的なサポート網を築いているはずも無く、そのブランドイメージが急落する可能性も十分にあるからだ。

そういうメーカーのパクリ製品を主力にすえていたドコモがいまさらながらでも、iPhone市場に参入してきたことは、日本のユーザーにとっては喜ばしい限りだが、現状は必ずしもiPhone待ちのユーザーに応えられてはいない。

数年以内に改善できなければ「やはりドコモの一人負け」に陥る可能性も無くは無いのだ。

ドコモが大変な結果に…!iPhone 5s,5cはドコモ、au、ソフトバンクのどこがいいか、山手線全ての駅で速度を比較してみました:らばQ

下り速度比較

案の定、LTE対応でauのぶっちぎりの勝利。softbankにすらダブルスコアの差をつけられる状況ではまだまだどこも退く線は続きそうである。
ドコモ参入で一番警戒感が強かったsofbankだが、使用電波帯域の不利をカバーする健闘を見せている。私はsoftbankユーザーだが、これならMNPする必要を感じない。auのLTEにしても利用エリアがまだまだ都市圏中心であり、現状のiPhone4sで十分満足しているユーザーには、あえてauに乗り換える必然性はさほど無い。まして料金的にも通信能力的にも劣るドコモにする意味が無いというものだ。

ソフトバンクがドコモ、KDDI を上回る結果を記録 -- 都内で iPhone 5c の通信速度実測調査を実施:Livedoorニュース

ソフトバンク1位

「バリバリバンバン」のCMは伊達じゃない(^^;)地方はともかく首都圏ではsoftbankの健闘が光る。そういうわが町奈良市内でも3G回線やフリーWiFiでの接続は不満はなくなっている。昨年ぐらいまでは車で移動中に圏外になったり、GPSナビの応答が極端に悪くなるときもあったが、今年に入ってからはそんな不具合も無くなった。

もはや最新機種に「命を懸ける」(^^;)歳でもない。不満無く使えればそれで十分。これ以上何でもかんでもスマホに依存する生活はかえってわずらわしい。だから「電子書籍閲覧」はkindle fireにしたわけで、今慌てて新機種にするつもりは毛頭無いのだ。

まぁ、ドコモの結果がそれを裏付けてくれたのは言うまでも無いが(^^;)

JUGEMテーマ:iphone
Posted by soup2001 | comments(2)  trackbacks(0)



血と名誉【ちとめいよ】

東京オリンピック・パラリンピックが決まり、早くも前景気期待で株価が上がるなど「アベノミクス」の特別ボーナス(^^;)的な盛り上がりもあいまって、一部ではまるで景気回復したような錯覚を持つ者もいるようだが、これまた「アベノミクス・イメージ」の延長でしかなく、本当の経済発展・景気回復にはこれからの国民の監視が必要なのはいうまでも無い。

安部総理が大見得を切った割には、福島第一原発の収束状況は相変わらず不透明なままで、汚染水漏洩や全体状況の把握の点ではあまりにも不具合が多い。安部総理が「コントロール下にある」という意味は、放射性物質の封じ込め(安全対策)が万全という意味ではなく、「東電を完全支配している」という意味で・・・それすら少々危なっかしいのだが(^^;)、国民や海外の期待する「コントロール」ではなさそうな気もする。何よりコントロールできているのは「情報管理」で、不具合の発生から公表までのタイミングが完全にコントロールされているとしか思えないのが現状だ。

早く、現実的に有効な方策を決め、責任の所在を明確化して実行しなければいくら金をつぎ込んでもキリが無い。安部総理のリーダー的決断をさらに期待したいものだ。

そのひとつは、将来的な脱原発の方向性の明示と代替エネルギー開発への予算投入と現エネルギー政策における利権の付け替えを加速することだ。併せて発送電分離政策など、生産と供給のシステム改造が一体となって進まなければ、東京オリンピックなど絵に描いた餅でしかなくなる危険性もある。

私のiPhoneには「週間地震情報」「強震モニタ」「ゆれくる」と3つのアプリが入っている。それらを毎日見ずとも時折情報が発信されてきては全国どこかで「地震」があったことを知らせてくれる。この9月14〜15日だけでも東北関東近辺で12回の地震が発生し、関西方面で1回、北海道で1回、九州で2回の震度1〜4までの揺れが来ている。

週間地震速報

デカイ箱物をイメージするより国土強靭化計画の方に意識を集中させるほうが7年後より先の日本には有益なはずである。

ただ、このところ特亜国家の反日活動のおかげで(^^;)日本のナショナリズムも高まりを見せ続けている。オリンピックと言えば、代替戦争としてのスポーツとそれによる平和の祭典だが、国家と国民にとっても国威高揚・民族意識の活性化の祭典でもある。

2020年東京オリンピックが決定した後も特亜国家などは「反対」だの「ボイコット」だの「妨害」だの政治に絡ませないスポーツの祭典という視点がまったく欠落した、極めて感情的な論調を発している。まぁ、理由はともかく来ないのならその方が世界の選手たちも安心してプレイできるだろう(^^;)特に格闘系など体が接触する競技は確実に安全性が高まる。

彼らは「反日」という国威高揚行為をナショナリズムと結合させて訴えているが、これは少し危険な行為だ。

オリンピックを国威高揚のみならず政治利用した最初の国といわれているのがドイツでありヒトラーである。

ベルリンオリンピック
ベルリン・オリンピック

ところがこの前年、1935年に制定されたニュルンベルク法は、ユダヤ人排除の根拠になった人種差別法案であり、後のアウシュビッツでの民族虐殺の端緒になった法案でもある。血統・人種でアーリア人とそれ以外の人種(暗にユダヤ人を特定)に分け、公職追放など公民権を剥奪する今日では到底考えられない法律である。

日本で言えば、血統的に外国からの帰化日本人の主権を一切剥奪するもので「国民と認めない」といっているのも同じ内容だ。

「帝国市民法」と「ドイツ人の血と名誉を守るための法律」の総称がニュルンベルク法であるが、欧米での奴隷制度が廃止された後の制度としては非常に後退的な内容である。ある種「近代の魔女狩り」的な人種差別・人種分離法案でその後ドイツはナチス党の下で急速に国粋主義化していく。

特定の反民族主義と自国民のみの保護優遇を意図する民族主義の融合がこのときのドイツには巻き起こった。

この流れはナチス党が前身のドイツ労働者党時代に策定した「25カ条綱領(1920年)」にすでに表されており、左翼的財産の分配や社会規範の改革が謳われている。

不労所得の撤廃、寄生地主の打倒。企業全ての国有化。大企業の利益の分配。老齢保障制度の大幅な強化。
など、民衆が喜びそうな内容とともに、
故意の政治的虚言およびその報道による流布に対する法的な闘争。(マスコミの許可登録制、報道に対する検閲、ドイツ人以外の従業員雇用の禁止)
や、
国家の強力な中央権力の確立。中央議会の国家全体および組織一般に対する絶対的な権威。
を求めるあたりは、もはや中国共産党の独裁と同じ内容だ。

ナチスが正式名称「国家社会主義ドイツ労働者党」に表されるとおり社会主義の政体を希求していた点でもこれは当然なのだが、それが国粋的民族主義とユダヤ人に対する民族差別主義や経済政策と結合したとき、共産党政権と見まがうほどの独裁性と強すぎる権力集中を感じてしまう。面白いことにナチスはこれで「反共」だというから話はややこしい(^^;)

ヒトラー
<画像元:アンサイクロペディア>

左翼と右翼は実は同じものなのか?(^^;)というか、国粋主義=国家主義いう点ではイメージするものは右翼であるが、全体主義や独裁を加えると共産主義まで含まれてしまう。それぞれの政治体制で「善悪」「正義」はあったとしても、民衆を優先するか国家を優先するか、体制維持を優先するかと言い換えれば、前者は左翼であるがあとの二つは右翼だったり共産主義だったりする。実は左翼=共産主義では無いのかもしれない。少なくとも現存する社会主義や共産主義は本来のイデオロギーである政治を実現しておらず「旗の見栄えが多少違うだけ」で全体主義と何も変わらないし、左翼の奉じる政体が実はこの世に存在しないということにもなる。

所詮は実態から乖離した机上の空論という点では、左翼の過剰摂取はやはり庶民にはよろしくなさそうだ(^^;)

いずれにしても自国優先、他国は冷遇・排斥・排除は昔から変わらぬ国際間の(国家間の)力関係によって左右される実態である。だからこそ情報戦・経済戦において安易な妥協は許されない。

そしてこれはすでに韓国や中国において顕著に現れており、韓国の反日における親日法や特亜国家内で行われている司法崩壊とも言える「反日無罪・愛国無罪」などもこれに含まれると見てよかろう。すでに特亜国家は十分に国粋主義的なリアクションを取り始め、韓国に至ってはもはや日米韓軍事同盟を構成する盟友とは思えない点で、2018年平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック問題を含めて、日本側の対応も考えたほうがよさそうだ。
というのも平昌郡は積雪不足や運営のノウハウ不足、そして何より会場設営や運営に関する予算が決定的に不足していると言われ、金銭面を中心に日本を頼ってくる公算が高いからだ。
これまではそれでも「政治とスポーツは別」として協力していた日本だが、運営上のノウハウは教えても(協力しても)「金はビタ一文出さない」姿勢は今後強調していく必要があるだろう。日本は東京五輪はもとより震災復興途上にあるので余計な出費はできない。
また、そうでなければ日本国民の理解は得られないからだ。経済的な自国開催能力が欠ける場合の責任は、選んだIOC委員と選ばれたにもかかわらず義務を履行しない開催国の問題だからだ。

そういう人種差別攻撃に晒されてもなお、まだ日本には「韓国擁護派」が少なくないし、積極的な交流をすべしと考える人もいるようだ。そのすべてを否定はしないものの、日本人が現在のままの韓国を受け入れることは今後ありえないと思うし、これまでの経緯を知る人間はほぼ100%韓国との友好関係には疑念的にならざるを得ない。

先日のエントリ「パンパカパン【ぱんぱかぱん】」でも書いたとおり、日本を除けば韓国人の出没比率の高い国はどんどん嫌韓化しており、日本もいずれそうなると思う。何より「反日国同志の特亜国家」が仲が悪い(^^;)経済規模の貧弱な朝鮮半島国家が、左右の経済大国に嫌われて繁栄するわけが無い。大国であることを圧力にして世界を好き勝手に動かそうという中国も、自分の巨体こそが弱点と化して経済崩壊、環境破壊、政治腐敗、治安悪化と坂道を転げるように衰退していくのが十分に予想される。

チョンその点では、両国ともに直接的な暴力(武力)行使のリスクは低いと思えるが、いつでも反撃するくらいの緊張感は相手に与えておくべきだろう(^^;)しかし日本が直接的は嫌韓(反韓)・反中を特亜国家のように見える形で出現させたり、ましてや法令化することはやりすぎで、彼らと同じ土俵で勝負するような愚は避けるべきだ。あくまでも緩やかに、できるだけ見えない形で自然に特亜国家から興味・関心・経済活動・文化交流を撤退させることが望ましい。
<画像元:アンサイクロペディア>

ナチスのやった「ニュルンベルク法」のようなあからさまなやり方は少なからず国際社会からの批判を受けるだろうし、「愛国無罪」「反日無罪」のような司法の根幹を否定するようなかの国の愚挙に連動(反応)する行為だけはしてはならない。まぁ、そこまで日本は恥さらしな国ではないと思っているが(^^;)


話は戻って・・・ナチス政権の政策はユダヤ民族の迫害だけではない。一番重要視していたのはドイツ国家の国益であり、アーリア人:ゲルマン民族(インド・ヨーロッパ系を祖先としインド・ヨーロッパ語族 - ゲルマン語派部族)の血統のみを重要視し、国家改造を行う根拠にした。

彼らは常に「名誉」のために「血」を惜しまず、「血」を根拠に「名誉」を国民に与えようとした。これは特亜国家でもこの日本でも過去に起こったし、今進行形で起こっている状況でもある。

日本は今、あの敗戦以降、ようやく真の意味で「血」と「名誉」について再び考え始めた。

その上で、特亜国家が相手であっても安易な煽動や挑発に乗ることは極めて慎重にならなければいけない。また、政府首脳の発言にも「裏読み」しながら耳を傾けなければならない。

そして最も気をつけるべきは「マスコミ」であることは言うまでも無い。私が思うには、少なくともこの日本において、彼らほど「血」を煽動し、「名誉」を傷つける者はいないと思えるからである。

JUGEMテーマ:社会の出来事
Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



中華人民共和毒【ちゅうかじんみんきょうわどく】

表題はタイプミスではない。ヒントを出すなら、中華人民共和国は略称=中国、では中華人民共和毒では?・・・そう、中毒(^^;)

嫌味でなく、それくらい中国の食品は危ないと言う話なのだが、これまでその危険性は言われながらも中々「中国産食品」は淘汰されない。やはり圧倒的な安価がその他の危険性を駆逐してしまうのか。しかし、いよいよ「利潤追求のための安全性無視」から「反日思想による危険食品製造」に針が振れているようなのだ。

ウナギ中国人はなぜウナギに毒を入れるのか:ゲンダイネット

周知のように現在、日本は中国の最大の敵国だ。敵国向けに特化した食材にどんな毒薬を混ぜようが、中国当局からおとがめを受けることはない。『日本民族を毒殺して殲滅(せんめつ)せよ!』なんてネット上の書き込みが平気で出ているのが、いまの中国の国情なのだから

<画像元:楽天市場>※管理人注:この商品の安全性に関しては未確認です。

楽天市場だけでなく、テレビやその他通販市場でも中国産を謳ってる商品は多い。これまでは安ければいいと考え、その安全性は日本に準拠していると勝手に思い込んでいた日本人もようやく気づき始めている。・・・遅いけど(爆)
特に「反日的悪意」のもとに安全性を無視した食品を日本に売りつけるという感覚は、「確信犯」として捨て置けるものではない。

日本でも輸入食材の成分は抜き打ち検査で行なわれていると思うが、基本的には残留農薬や製品加工時の残留薬物、一般的な食品添加物の検査が主で、微量に混入される「本来食用でない薬品」は検査から漏れる可能性は否定出来ない。

私も大々的に「中国産」を謳っている食品は極力避けてきた。少なくとも産地表示のある場合は「国家主導の反日活動が盛んな」中国産や韓国産は避けるようにしているし、国内流通品目の大多数が中国産とわかっているものに関しては、「国内産」表示のあるものを買うようにしている。

それでもつい最近までは柿ピー(柿の種とピーナッツのミックス・スナック)の6袋入りアソートを毎日のように食べていた。この種のスナックの大手企業は亀田製菓だが、激辛「辛ラーメン」で知られている韓国の食品メーカー農心(※異物混入事故が絶えない衛生管理及び製品信頼性に問題のある企業)と業務提携されたのを期に避けるようにしていた。そのため愛知県にあるメーカーの製品を愛用していたが、その柿ピーのピーナッツが中国産だったのだ。表面上は味もよく、ピーナッツの粒も大きく、食べごたえがあったのだが、後にこの輸入ピーナッツの危険性を知ることになり、ついにこの味を諦めることにした。

中国産食品、猛毒135品リスト 「ナッツ類」に発がん性高いカビ ほかにも…:zakzak

食品衛生法違反事例2食品衛生法違反事例1これによるとかなりの食品に不的確な残留薬品が存在することがわかる。「直ちに健康に害はない」かも知れないが、蓄積すれば確実に障害が出てくる可能性があるわけだ。

※クリックで拡大(左右の表は別々ですので各々クリックしてください)→

しかし・・・洒落にならん(^^;)毎日毒を食らってるようなものだ。これは何も最近の話ではなく、数年前から指摘され続けてきたものなのだが、中国の領土的野心が拡大するとともに食の安全も再び注目を浴びてきたということか。

中国要注意食品リスト (2007年8月7日作成):中国産業研究 丸川研究室「書評・時評」

危険な中国食品 週刊文春 告発キャンペーンまとめ:知ったかぶりの境界線

当然のことながら、このように日本よりはるかに安全性の基準が杜撰な食品を毎日のように摂取している中国国民が、健康を維持できるはずがない。

汚染1

汚染2

汚染3

汚染4
以上は「中国 汚染」で画像検索をかけて出てきた一部。

汚染5
<SPRINTERS 大気汚染状況の地球規模シミュレート>
↑春のPM2.5飛来時に有名になった(^^;)中国都市部の汚染状況は相変わらず。インドやインドネシア方面も大気汚染に関しては酷いようだ。

大気汚染による中国とインドの健康被害深刻:WEBLONZA
中国リスク

当然のことながら、歪んだ食の行き着く先は「人体破壊」に繋がる。・・・彼の国は人が多すぎるために国民そのものを毒殺にかかってると言えるのかも知れない。そんなのに日本が付き合う必要はないと思うのだが?

危険な食品〜中国 奇形児が激増:荒んでいく世界



下のサイトにはこういう中国系の話題が多数掲載されている。奇形・奇病に関するエントリも少なくない。

HEAVEN −世界発 : 仰天ニュース、トンデモ画像におバカグッズ満漢全席

それでも日本が中国産食品を買い続けた理由は・・・

中国毒食品をテレビが報じない理由はスポンサータブー!?:日刊SPA!

如何に大手マスコミ、既存のジャーナリズムが国民の敵であるかを如実に示している。情報を得る手段として彼らの流すものを受け取るのは仕方ないが、鵜呑みや盲信するのは中国や韓国の主張することをそのまま受け入れることと同じくらいに考えたほうがいい。

日本と中国(中華人民共和国)との貿易の歴史はさほど長くはない。1972年(昭和47年)、当時の田中角栄首相の日中国交正常化交渉を経てようやく継続的に経済交流の拡大が行なわれてきた。下のグラフはそれ以降の経済交流のデータである。

中国からの輸入
<画像元:社会実情データ図録>


そして以下はその後の日本国内のアレルギー疾患(一部)の推移である。

アレルギー疾患
<画像元:イムノサポートセンター>

喘息
<画像元:ぜん息などの情報館>


1980年代後半(平成以後)に羅患率のグラフの上昇カーブが急激に傾斜して見える。輸入食品との関連性・因果関係は不明とはいえ、全く無関係とは思えない。日本国内の生産食品でも混入事件や食中毒事故・産地偽装など数々の不正が行われ、その度に「食の安全」が厳しく問われていた割には、中国産や韓国産のそれに関しては、追求も原因究明もかなり曖昧に終わっている。

中国産食品の安全性:wiki

上述のように、中国本土で起こっている奇形児出産の根は遺伝子異常であり、日本で増加しているアレルギー疾患の根は免疫異常である。免疫システムを構築し維持する遺伝子情報の部分が対外環境の変化によって影響を受けていると考えてもおかしくない。

wiki内の項目に「中国の抗弁」があるが、今年に入って盛んに話題になっている環境汚染問題を考えても、あのような環境で生み出される食品がまともなはずがないというのは子供にでもわかる話だ。

私も最近は産地表示のない加工食品などはネットで素性を調べてから購入することにしている。業者がウソを言っていればそれまでだが、何もしないよりはマシ。これで健康が守れるなら安いものである。中国富裕層の国民でさえ買わない中国産食材をそれでも「安い」と喜んで買う人がいるとすれば、よほど「自殺願望」を強く持っている人だろう。

先ごろ中国がTPP参加に興味を示しているらしいが、私は賛成である(^^;)まずあの自己中心的な主張が強烈な中国が交渉に参加すれば、多国間の同意・合意は結べない。TPPそのものがクラッシュする(^^;)TPP反対の私としてはそれは大歓迎だし、もし中国が多国間で合意された安全基準を容認すれば少なくとも条約発効後は安全性が高まることになる。

問題は「約束を守らない」ことでも有名な中国を油断せずに見張ることだが・・・どっちに転んでもマトモに通商の出来る国ではない事は明らかで、やはりTPPをダシにして中国食品を締めだすのが最善な「TPP」の使い方ではなかろうか?(^^;)

結果的にアメリカの危険な農薬&遺伝子組み換え野菜・穀物を受け入れることになるかもしれないが、有害物質満漢全席の中国食品と比べてもまだマシに思えるのは、私の認識違いだろうか?(爆)

JUGEMテーマ:社会の出来事
Posted by soup2001 | comments(2)  trackbacks(0)



違う【ちがう】

世の中には、間違っていることが多い。いやもうマジで。私が間違ってる事のほうが多いとは思うけど(^^;)それでも間違いや勘違いの類で、しかも本人が把握してるつもりが全く見当はずれなことに気づいていない、あるいはわざと外して周りを試してるつもりが、「ああ、こいつはそういう奴なんだ」と妙なレッテル貼りを自分自身に行ってることがわかってない連中は必ず自分の周囲にいる(^^;)

メディアを使っていろんな告知をする上でも、商業的なものなら「そのまんま」であっても、話題性作りの一環としてプロパガンダ(宣伝)を行うことは許されるしよほど表現方法を誤らない限り「良くも悪くも評価される」点で、認識させ告知する効果は完璧に満たされる。

しかし、直接的な営利に結びつかない「イメージ広告」の場合は、案外好みが分かれやすい。不祥事で社会から糾弾された企業や団体が「ヒューマニズムあふれる表現」で「誠実」や「信頼」などを安易に訴えると「偽善」と却って反発されることも珍しくない。まぁ、そういう企業は下手に物を言わずひたすら「堅実に日々の業務をこなす」ことでしか社会的信頼は回復しないのである。

かつて信頼を失ったある組織が、対向する組織の大失態を経てようやく国民の支持や信頼をある程度回復することが出来た。早速「大見得を切って」数々の提案を行い、実際に動き出す前に「前景気」は盛り上がっている。

そこで彼らがやるべきことは「得られた支持に恥じない仕事」をひたむきに実行することしか無い。もっと支持を、もっと信頼をもっと親しみや人気を・・・とでも考えたのか、妙なことをやっていたらしい(^^;)

自民党キャライラスト

自民党自民党広報本部・J-NSC共同企画
安倍総裁・石破幹事長のキャラクター・イラスト募集
結果発表


何か勘違いしているような気がしてならない。政党が政治家をアイドル化とかタレント化することを誰が望んでいると思っているのか。優れた政策を提言し実行した政治家こそ尊敬され慕われて当然だが、まだ実績を残す前から「人気盛り上げ策」を講じるというのは、すぐに人気や信頼が失われることを見込んでいるのだろうか?

自民党キャライラスト2

・・・・まぁ、好みが分かれるところだろう。私としては奈良県の平城遷都1300年祭公式ゆるキャラの「せんとくん」を初めて見た時のような違和感が、東日本大震災の時東北地方を襲った大津波のように来襲している。

で?自民党は何がしたいの?これが参院選の票に結びつくとでも思っているのか?お遊びの企画としては「これらを商品化して政党活動資金とするので皆さん支持者の方は買ってください」辺りのオチなら「洒落として」まだ許す気になれるというものだが(^^;)

それでもこのキャラを商品化するのはしんどそうだ。だいたい・・・
誰が買うんじゃこんなもん(爆)

どうもサイト内の記述ではそんな「くだけ過ぎた」発想はないようだ。だったら尚更「フザけた企画」にしか見えない。支持者はサポーターではあってもファンであるとは限らない。芸能人ファンクラブような情けない子供だましな企画をやる暇があるなら、もうちょっとマシなことを考えたほうがいい。追い風を受けて調子に乗っているのか?

いやマジで、ホント頼むからアホなことはやめてくれ(^^;)>自民党とその支持者

Posted by soup2001 | comments(2)  trackbacks(0)



挑戦状【ちょうせんじょう】

挑戦状とは相手に戦いを挑むこと、つまり「宣戦布告状」である。
ゴルァ!ワシと勝負したらんか〜い!
・・・と国家間が言い合ってお互いが応じた場合(まぁ、どちらかが一方的に攻めた場合でも)戦争ということになる。つまり国家間においては「明らかな挑発はイコール宣戦布告となりうる」わけである。



今日、奈良県の一部の映画館は「大和路シネマの日、映画1,000円day」だったので、対応映画館のスケジュールを見てみたが、時間的に合わない上に「見たい(と思っていた)映画」がどうにも長尺で、ちょっと引いてしまったため(^^;)結局家でゴロゴロするだけの休日となった(爆)上記の動画のような奴でもやってくれたら見に行くんだがなぁ(^^;)

と思いながらネットを巡回していると、お懐かしの「攻殻機動隊」ネタが!(^^;)

ネットでできる攻殻機動隊のタイピングゲーム『笑い男の挑戦状』がなかなか面白い:ロケットニュース24

おおお、アニメシリーズは3D公開の劇場版を除きほぼチェックしている私としては見逃せない内容。タイピングゲームとなれば挑戦しない訳にはいかない・・・でもここ1年ほどタイピング練習やってない(爆)で、現在の実力をかつてやっていたタイピングゲームで再検証してみた。

Ghost Typing
GT開始画面
GTゲーム
GT結果

む・・・無残(爆)1秒間に2.6キーの打鍵速度。最速は4キーに迫るくらい行ったんだけどなぁ(^^;)こりゃ攻殻機動隊には完敗するか?

笑い男からの挑戦状
攻殻機動隊
攻殻機動隊2
攻殻機動隊3

中々泣かせるセリフ選び(^^;)打鍵中にもその台詞のシーンの映像が蘇るものも幾つかあったり、「ン?これは何処のシーンだっけ?」と集中力をはぐらかされる罠にかかりながらもとりあえず終える。オープニングからして雰囲気抜群の「攻殻機動隊SAC」の世界。しかも「笑い男」シリーズとはエンターテインメント的にも完成度の高いシリーズだけにファンにはそれだけでグッと来る(^^;)

結果。・・・パズねぇ・・・(^^;)パズを中心としたエピソードはアニメ中にはなかったと記憶しているので(シリーズ2作目の「2nd GIG」にはあったかも)ちょっとレベル低しか?秒あたり2.6キー程度では正直速いとはとても言えないしなぁ(爆)

オープニングのフリからして最高レベルはメインキャラの「草薙素子」か、それとも挑戦状の主「笑い男」か?

今から訓練しても11月30日(ゲームの公開終了日)までに最高レベルに到達するのは難しいだろうから(^^;)タッチ・タイピング名手の方は挑戦されてみてはいかがだろう?「プレゼント応募券」も成績に応じてもらえるので、ただ遊ぶだけで終わらないのも嬉しいではないか。もちろん私も応募だけは一応しておきました・・・まぁ当たらないだろうけど(爆)

Posted by soup2001 | comments(2)  trackbacks(0)



地図【ちず】

最近マトモに地上波のテレビを見ていない(^^;)せいぜい奈良テレビのテレビ東京・テレビ大阪系のドキュメントバラエティくらいだ。またBSデジタル(民放)のドキュメント物などを見ることが増えているが、この夏ごろにNHKのBSプレミアムで放送されている「BS歴史館(毎週木曜PM8:00)」と言う番組を見つけた。現存資料や新たに発見された資料でそれまでの歴史的史実の見直し、歴史的人物像の再評価・掘り下げを行なっていてなかなか面白い。

伊能忠敬10月4日(木)放送の昨夜は、日本地図を作った男「伊能忠敬」の再検証。齢50を過ぎ、楽隠居して趣味の天文学に没頭する「天文オタクのご隠居」。そしてリタイヤ後の趣味が講じて、その後の日本・世界に影響を与える仕事をしたのだ。

日本地図の正確さに驚く列強の人物。長崎のドイツ人医師シーボルト、黒船のペリー提督はもちろん、おそらくこの時期日本にやってきて「野蛮人の国」と思っていた西洋人にとって、極東の小さな島国に想定外の驚愕の世界が広がっていたと思うと痛快である。

番組では日本が列強に侵略されることなく近代化の道を歩むことができたのは、武士という武装集団の支配階級による軍事国家、一般庶民に至るまで西洋並みに蓄積された文化と教育レベルが大きかったのではないかと仮定する。

世界が驚嘆した識字率世界一の日本

清潔な街並み、礼節を重んじる民衆、その民衆は教育レベルが高く、独自の暦を持ち(日本以外で暦を持っていたのは中国のみ。中国の授時暦を元に日本にローカライズさせた独自の貞享暦を始めに、改訂を繰り返しながら運用していた)、天文的知識なしでは絶対作れない極めて正確な地図。列強と同じかそれ以上の精度を持つ地図の存在は、彼らをして畏敬の念を抱かせたとさえ思われる。
武力で完全制圧するに困難で、むしろ貿易の取引先として育てたほうが良い。との結論に至るのは必然であった。

伊能地図

伊能忠敬(wiki)

<画像元:伊能忠敬:九十九里・郷土の偉人たち>

日本人的几帳面さと根気によって支えられた膨大の仕事の成果は、概念としての「島国」「日本」、不正確な場所の位置関係と距離で、漠然と意識していた「自国」に始めてリアルな実態像を視覚的に与えることになる。

BS歴史館2
天野祐吉「人工衛星から地球を見た感覚。神の視点」
渡辺真理「鏡で初めて自分を見てびっくり・・・みたいな」

今まで知りたくても知りえなかった真実が目の前に現れた時の感動・興奮・驚愕を思えば、この時代の日本人が接した驚きもまた想像に難くない。そして真実の日本の姿を見た幕府の侍たちにようやく「統一国家としての意識」が芽生える。

BS歴史館0
磯田道史「地図があるから国がある」

わかりやすい!確かに。自分の姿を鏡で見て「俺はこういう人間か!」と自覚するようなものだ。そしてもっとこう有るべき理想の自分を意識するのも、現実の自分を知ってこそのことである。

統一政権として初めて対外的な姿形を意識し始めた江戸幕府は、伊能忠敬に命じた全国測量事業とともに、地域情報の収集を行なっている。言うなれば「国勢調査」だ。自国の正確な領土の外観とその中身について全国的に徹底的な調査を行ったわけで、そのきっかけを作ったのも「想像以上に正確であった測量とそれによってもたらされた地図」で、なんと50の楽隠居天文オタク爺が日本(幕府)の国家意識を啓蒙しそれまでの考え方を変革するほどの影響を与えてしまったということになる。

BS歴史館1

もちろんそうなる背景として、相次ぐ外国船(開国要求の外交使節)の来訪が全国各地で起こったり、遭難してロシアへ渡り帰国を果たす大黒屋光太夫、オランダ商館からの海外情報、迫り来る列強のアジア侵略の予感があったことは確かだが、そんな時代に合わせるように伊能忠敬を始めとする情報収集と分析の積み重ねが、それに至る日本人全体の教育レベルの高さ、それを育てた江戸幕府の福祉・教育政策が、500年前から後の日本を磨き続けてきたわけだ。

豊臣秀吉の太閤検地や平城京・平安京の時代から残る古代の木造建築物にも見られるように、むかしからこれらの文化的素養は日本に持っていたと思われるものの、それを一般庶民に至るまで根付かせたのは江戸時代という「鎖国」と称して内向きに自分を見つめ続け、「オランダ商館」からの囁きを、時折取り入れながらひたすら自己研鑚を続けた「山ごもり」の時代だったのかもしれない。

日本に生まれてきた幸せと誇り、喜びを改めて知る「伊能忠敬とそれを生んだ当時の日本の底力」に久しぶりに感動した昨夜の私だった。

地図といえば、iPhone5の地図が完成度が低くて散々な評判らしい(^^;)私も「使えない地図なら慌ててアップデートはしない派」だが、3D表示されたり、ストリートビュー対応になるのなら将来的にはiOS6やiPhone5の導入を考えないわけではない。

日頃から、仕事や生活に密着している地図というものの重要さを感じていたが、この番組で改めて地図・情報収集と分析とその精度がいかに大事であるかを感じた昨夜の「BS歴史館」だった。

内憂外患の時代とは、今の日本にも被る時代感でもある。今の日本にその後に多大な影響を与える伊能忠敬のような「50過ぎの理数系オタクのオッサン」は居るのだろうか?(爆)

BS歴史館「伊能忠敬 “日本”を知らしめた男」再放送は10月12日(金)午前8時00分〜9時00分。是非、録画をおすすめする。
http://www.nhk.or.jp/bs/rekishikan/

JUGEMテーマ:テレビ全般
Posted by soup2001 | comments(6)  trackbacks(0)



地域差別【ちいきさべつ】

本来の震災に加えて、原発事故という二次災害にも見まわれた福島県だが、農作物・畜産物・海産物、挙句にその地方の被災民や、被災地に散乱する瓦礫の処理受け入れまで、拒否したり(受け入れ側の住民が地方行政に)苦情を訴える場合があるらしい。ここまで来ると三次被害と言ってもいいほどの人災だ。

関西に住む私には福島県に行ったことがなく、これまでで最も近づいたのは、ツインリンクもてぎのINDY JAPN300マイルレースを見に行った栃木県の茂木ということになる。イメージ的には「東京のすぐ北」だったので1時間程度の移動かと思ったら・・・とんでもない(^^;)

たっぷり3時間以上かかってヘロヘロになって宿にたどり着いた記憶がある。奈良からだと名古屋へ行くくらいの距離感だったことにネット地図を見て気がついて、あまりの軽率さに愕然としたものだった(爆)

先日勤め先のスーパーでは「お客様の質問」にビビって、「茨城産の野菜」を店頭から排除したことがあった。なんでも「店としては安全を明確に保証できない」ということだったが、一年中「茨城産の同じ野菜を仕入れているわけではない」し、福島県のように「出荷制限を受けた種類のものでもなかっただけに「風評二次被害」とも言える「過剰反応」に驚いたものだった。

茨城産

私のようなへそ曲がりは(^^;)地域でも「安売り」を看板にしている別のスーパーへ行き、「茨城産の野菜」を複数買った。気の毒なくらい値が下がっていて、他の産地の半額である。あの事故がなければ他の産地に負けない価格で売れたのに・・・。との思いもあって通常の倍は買ったかも知れない(買い占めじゃなくて(^^;))それでも通常価格だから非常に助かる(爆)

こんなに安いなら一年中食べてもいいぞ!
放射線量が蓄積して髪の毛が抜けるくらいは全然気にしないし。てか、ほとんどスキンヘッドに近い坊主頭なので見た目に変わりはないし(爆)
例え今から危険度ぎりぎりの放射能汚染の食品を摂取したとして、20年後にガンなどを発病・・・してもしなくてももう立派に老後なのでいつ死んでもおかしくないのだから、何も怖いものはないのである(^^;)

それに今、原発事故周辺地域の食品を闇雲に敬遠していたら、そのうち日本中の食べ物がダメになる可能性もあるじゃないか。

原発被害地域

西日本のどこか、あるいは若狭湾で福島第一原発のような事故が起これば、日本列島全体が影響を受ける。
画像は外側が半径100km圏、内側が半径50km圏の円で原発のある箇所をマークしたもの。たとえ直接放射能が降り注がなくても、これでは日本の食料供給は完全に危機に陥る。こんなリスクの中で我々は電化製品による便利な社会を満喫していたわけだ。

明日は我が身ということだから、原発周辺地域や周辺住民(被災民)を特別視することはやめたほうがいい。そうでなくても「日本中がお互いよそ者」の国なのだから(^^;)

話のレベルが急に下がるが(^^;)地域差別というと、「関東vs関西」がある。露骨には言わないもののそれぞれの地域は「相手側の地域の方言に抵抗感がある」。関西人には東京弁の「バカ」は「大阪弁のアホ」以上に感情を刺激するし、その逆も真なりということらしい(^^;)聴き慣れていないだけなので、時間が経過すればある程度はなじむものの、感情を刺激しあう「喧嘩腰」状態の場合は火に油もいいところで、そのため知らずのうちに「相手の地域に根強い偏見」を持ってしまうことがある。

私も子供の頃から奈良に住み「大阪文化圏」の影響を受けることが多く、生活の中でコテコテの関西弁もよく聞く。当然お笑い芸人の「ボケ」「ツッコミ」も、少なくとも半分以上の関西住人なら理解し実践もできるはずだ(^^;)
昔ネットの掲示板などで関東在住の人に、そんな生活に密着した「コテコテ」のお笑いの王国を頭から否定されたりすると、そんなに「大阪のお笑い」を愛してる自覚はなくても、ムキになって反論したことがあった。

そして報復とばかりに東京のお笑いは面白くないなどと言うのだが、もうこれは水掛け論である。文化性の違いでもあるし慣習の差なのだから相手を言い負かすことなどできるわけがない。しかし、その会話の中で重大な偏見に気がついた。冷静に考えるとすぐに分かるのだが、関西人は全ての関西のお笑い(芸人)を好んでもいないし支持もしていないのだ。それなのに関東人に貶されると(^^;)好きでもない関西芸人を含めて彼らを弁護しているようなニュアンスになってしまうことだ。

いやいや、関西人だからって吉本芸人の全員が好きなわけじゃない。大嫌いな芸人だっているし、関東の芸人でも「あいつは面白い」と密かにファンだったりする場合もある。関西人だから関西芸人の味方をする必要はないはずなのに、必要以上に庇ってしまうのはなぜか?(^^;)

他所のブログでこの手の「不謹慎な関西お笑い芸人」を貶す記事を目にし、カチンと来て嫌味タラタラのコメントを残したが(^^;)私もあの芸人自体は別段好きなわけではない(爆)なんとなく関西人特有の「反発的に茶化す文化」「いちびりの心情」が全く理解されてないことに、相手の「関西への嫌悪感」を感じてしまった事が大きい。

単に嫌いだ、あの言動はけしからんなどという野暮天の文章なら腹も立たないのだが、批判の仕方に「差別的なニュアンス」を感じてしまったから始末が悪かった。この程度のことはおそらく自分の何気ない会話やブログエントリでも書いている可能性のあることなので、他人事ではないのだが、自分で意識していると思って書いてるその人が「うっかり差別的意識」を知らずに吐露している現実が衝撃的であったのだ。

夢心いや〜このブログなんか危ないなー。特に京都人あたりには絶対的な偏見というか反感持ってるし(^^;)・・・だから鬼のように厳しいし(爆)
あ、これから私は茨城・福島・宮城・岩手の産品がある場合は、できるだけ買うことをここに表明しておく。日持ちして長く楽しめる意味では「これらの地域の焼酎」とかを買うのがいいかもなぁ・・・。

会津の地酒:富沢酒店

昔「日本酒の地酒」にはまった時期に飲んだことのある純米酒で美味かったのが「夢心」だったかな?「男山」の辛口もなかなか良かったような記憶が・・・もう10年以上前なのでうろ覚え(^^;)


JUGEMテーマ:社会の出来事


Posted by soup2001 | comments(2)  trackbacks(0)



散りぬるを【ちりぬるを】

桜16

桜17

桜18

桜19



桜20



桜21

桜22



「色は匂へど散りぬるを」初音ミク(ニコニコ動画:オリジナル)

JUGEMテーマ:画像


Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



着信【ちゃくしん】

私は元来「電話」というものが嫌いだ。固定電話の時から、多少の便利さは認めるものの、自分の都合を相手に押し付ける道具として「唯一好きになれない家電品」でもあった(^^;)
特に、一人暮らしになってからの電話は、全く意味がなくなってしまった。友人が来るときは決まって深夜、灯りが点いてるのを確認してから来るし、まず固定電話にかけてくることがない(^^;)

親戚にしても電話をしてくるのは深夜。皆、私の性格を知っているためむやみに電話をしてこないからだ(^^;)

なので、携帯電話も2002年ごろにようやく加入した。それは私の周囲でも最後の加入者で「やっと携帯電話買ったのか(^^;)」と笑われたものだった。このころはネットによるメールも普及していたし、「用があるときはメールで」と念を押していたため、就業時間帯にかけてくるものはまずいなかった。しかし現在のソフトバンク(加入時はボーダフォン)になってから早6年ほど、いろんなところで携帯の番号を晒さざるを得なかったため、時間の気遣いもない着信が頻繁に起こるようになった。

固定電話に掛かってくる電話で一番多いのが「間違い電話」だ(^^;)隣町の「焼肉レストラン」に間違えられるのだが、調べてみたら見事に下4桁が1番違い。間違えやすい番号である。1度2度の着信は無視できるが、あまりにしつこい(掛けた人間が極端に諦めが悪いか、自分の間違いに全く気づかない馬鹿の)場合は仕方なく出て、

「●●(レストランの名前)さんですか?」
「違います」←言い終わると同時に切る

再び繰り返す馬鹿には、

「●●(レストランの名前)さんですか?」

と同じ声が聞こえた時点で何も言わずに切る(^^;)

相手も気分が悪いだろうが、この店にかけ間違えると「嫌なやつが出る」と思えば掛けるときに注意するようになるだろう・・・と思ってわざと不親切に対応するのだが、相変わらず減らない(^^;)土日の午後には最低でも月に2回くらいは掛かってくる。

携帯の場合は最初はろくに考えもせず相手不明の電話にも出ていたが、「ワン切り」や「勧誘」の電話が増えたあたりから「知らない番号」にはこちらから出ることはしなくなった。不在着信の山になろうがほったらかしである(^^;)ネットで番号を調べて、相手が判明し携帯に名前を登録してから電話に出る。

今日も変な電話があったので、ネットで番号を検索してみた。すると、これまではヒットした場合は企業やショップなどの記載のある電話しかヒットしなかったが、今日は違うサイトがヒットした。

でんわばんごうデータベース

でんわばんごうデータベース


気の利いたサイトだ。いきなりかけてくる電話にはこれで対応するに限る。ただ、携帯のように番号が出る場合ならいざしらず、固定電話の場合、「複数台用の交換機中継のホームテレホン」か「有料のナンバーディスプレイサービス」にでも入らない限り、液晶表示のない電話では着信中の番号がわからない。

上述のレストランの間違い電話か、業者の営業電話しか、まず掛かってこない。光回線のインターネットでなければ、もはや我が家に固定電話は居らないのだ。

早い話、イーモバイル端末でネットをすれば固定電話なしでもいいくらいなのだが、それだと速度が遅いし電話連絡先を記入する必要がある場合全てに携帯番号を書かなければならない。掛かってくる率は低くても携帯に着信するリスクを軽減できるメリットだけは残っている。

ただ、いよいよ固定電話に出ることはしなくなるだろうなぁ(^^;)・・・いっそのこと回線はそのままで電話機を外してしまおうか、と考える今宵である(^^;)



Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



致命傷【ちめいしょう】

先日民主党参議院選挙公認候補として発表された谷亮子だが、現役続行で立候補という「虫のいい」話に批判が出るのは当然としても、一部妙な方向を刺激しているように思えて、不思議に思っていたらなんと裏があった。酒井法子の時ほど噂としても知らなかったため、最初知った時は「えええ???」と思ったのだが、リンク先の記事を見る限り、小沢幹事長は相当なギャンブルに出た様な気がする。

小沢一郎の隠し玉「谷亮子」その背後関係

工藤会 事件工藤會

う〜ん・・・。これではいくら谷亮子が真摯に政治を志していようと、その背後関係があまりに怪しすぎる。良い様に利用されるだけが落ちだ。彼女のためにも民主党に票を入れないほうが良いと思えてならない。

画像元:iza 「工藤会最高幹部を逮捕 福岡県警、詐欺容疑」

彼女自身は大変な努力の末、スポーツで栄冠を勝ち得た人だが今後について、もし議員になれたとしても「これまでのような活躍は期待できない」だけでなく、ネガティブな結果だけが容易に想像できてならないのは非常に残念だ。

何より彼女の参戦によっていやおう無しに票を集めてしまう可能性がある以上、それらによって利を得た政権の責任まで彼女にかかってしまう恐れがある。江戸時代じゃあるまいし、親の罪に子が連座する必要は全く無いが、この背後関係はあまりに危ない。民主党だけでなく、谷亮子にとって致命傷になりかねない。

比例区の名簿順がどうなってるが知らないが、どうやら決定的に私の中では「民主党を支持しない方向」に針が振れてしまった。少なくとも私に対しては致命傷足りえた。他の皆さんにとってはどうだろうか?



JUGEMテーマ:社会の出来事


Posted by soup2001 | comments(2)  trackbacks(0)



中毒【ちゅうどく】

落選ダルマ選挙も一段落、投票前のマスコミ予測どおり、民主圧勝というか、ボロ勝ち(^^;)自民の負けっぷりもここまで来ると見事なもので、「超」が付くほどの
歴史的ボロ負けにしても先の安部内閣時代の参議院選挙歴史的大敗、もっと昔の橋本内閣時代の参議院大敗と、どちらも1/2改選の参議院での敗退。おそらく自民党が総入れ替えの衆議院でここまで壊滅的打撃をこうむったのは初めて見るような気がする。 

実にあっさりと300議席超えとは自民党への拒絶反応が如何に強かったかが証明されてしまった。それとも国民の大半が「新型<政権交代>インフルエンザ」という熱病に感染したパンデミック状態だったのか?(^^;)<終わってみるとそんな気もしないではない(爆)   
画像元:高崎のダルマ屋さん


自民党再建に向けて組閣後あたりから「反民主ネトウヨ」がまた暗躍しそうな気もするが、いずれにせよ空気は変わるだろう。いい空気かどうかは別にして(^^;)終わってみると、ようやくひどい腹痛から開放されたような「なんとなくスッキリ感」も漂ってるし、小泉構造改革と言う「悪いものを食べた食中毒」からようやく復活したのかも知れない(爆)
いや、小泉は発症のきっかけで、少しずつ体内に蓄積されて発病する有害物質による公害病のように、「永い間の自民党中毒症状」をようやく解毒することが出来たと言うべきか。・・・解毒薬には一部<自民>に含まれた成分も混じってるけど(爆)

中毒と言えばマイケル・ジャクソンはやはり睡眠薬の過剰摂取(投与)による中毒死だったとか結論が出たし、押尾事件で合成麻薬で死んだホステスもおそらく過剰摂取による中毒のようなものだろう。押尾・のりピー夫妻の事件で芸能界の薬物汚染は一部表面化した格好だが、こちらも政界につながる人脈が影響したか検察の歯切れが悪かった。こちらも劇的な進展があるかもしれない。

何にせよ、変なものにドップリ漬かりきり、依存症以上に実際的障害が出ている状況は「中毒」である。もっとも身近な中毒は「ニコチン中毒」「アルコール中毒」であろう。毎日体内に摂取せずには居れなくなる「依存症」状態に加え、禁断症状がでていれば明らかに中毒である。タバコの場合は「情緒不安定」「苛立ち」が顕著だし、酒なら「手足の震え(痙攣)」「多汗」だ。

今回の選挙でも一部(右左関係なく)国防オタクの面々で蔓延していたのが「核武装論(中毒)」である。広島の原爆の日にわざわざ当地で「核武装論」講演をするというKYの権化(^^;)田母神元自衛隊幕僚長などは即入院をお勧めしたいくらいの患者である(爆)

米軍の核に依存している関係上、積極的に日本に米軍の核を配備するプランなど、安保条約の密約の存在が浮上した今現実味を帯びたと感じていたが、実際は真逆だった様だ。オバマの核軍縮演説以前から、(ブッシュの時代から)アメリカの戦略核の分散配置は廃止の方向で進んでいたらしいのだ。

理由は「維持運用コストがかかりすぎる」点で、「脅しの飛び道具にしてはあまりに費用対効果が薄くなっている」と言う現実である。「戦略上の兵器」として実使用を極力避ける必要のある「使わない兵器」ではあるが、モノが核である以上ぞんざいに扱ったり保守点検の予算を削るわけには行かない。テロリストに強奪されたり放射能漏れ事故・誤爆発事故など絶対に起こせないため、持っているだけで金がかかる厄介な兵器なのだ。そんなデリケート且つ危険なモノを素人同然の自衛隊に管理を任せられるわけも無く、核施設の運用でも過去の事故隠しなど、隠蔽体質の強い日本側を早々信用するはずが無い(^^;)

例によって必要経費を全額負担する「思いやり予算」でアメリカの核を買うと言う可能性は無くは無いが、今度は日本がその費用対効果をよく考える必要がある。国際的な影響力を考えても「お得な買い物」とは思えない気がするのだが・・・。

どうせ金を使うなら、戦略物資としての「エネルギー資源」「食料資源」開発や確保に向けた方がよさそうに思う。そのために農業を改革し、バイオエタノール燃料や家畜飼料として使えるトウモロコシなどの増産、これらに転用可能な「資源用米作」などに使ってその成果たる物資や技術を世界に供給するくらいの構想を持っても良いのではないか。

ところで自民党と言う「長期政権中毒」だが、まさか今更「禁断症状」を伴わないだろうねぇ(^^;)
来年に改選時期を迎える参議院選挙である程度「症状の度合い」は測れるとは思うが・・・

JUGEMテーマ:社会の出来事


Posted by soup2001 | comments(4)  trackbacks(0)



地図に無い国【ちずにないくに】

GoogleMapが一部リニューアルしたらしい。国内地図に関しては変わらないが、大きく変わるのは海外である。

「Google マップ」で世界60か国の詳細地図が日本語に対応

試しにどこか海外の地名を地図検索すればすぐにわかる。現地語表記では「読み方」が全くわからないアジア〜アラビア諸国・・・英語表記でも正確な発音で読めるか非常に疑わしかったが(^^;)がようやくわかりやすくなった。とは言え中国や韓国に地名に振り仮名は無い(^^;)そんな中、以前から地図らしい地図は無かったものの地名だけは表記されていた(と記憶している)北朝鮮がついに平壌のみで全く表示がなくなっている。

北朝鮮地図

ひょっとしてこれは「アメリカの意志」なのかと余計な邪推までしてしまうが、同じ共産国である中国とはあまりにも差が有る。嫌韓・反朝鮮の連中は大喜びしそうな図だが(^^;)かえって不気味だ。情報が氾濫すると言うのは情報の信頼性を著しく損なう場合が多いが、北朝鮮ほど情報が無さ過ぎても、得た情報の信頼性が疑わしくなる。

いつかはこの国の地図が日本から自由に検索できる日がくるのだろうか。

当然その時は拉致問題などとうに解決していることだろうが・・・数年〜10年以内のスパンで考えても中々先が読めないことも含めて、白紙の北朝鮮が一層不快感を増すように感じた私だった。



Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



着メロ【ちゃくめろ】

ようやく携帯が帰ってきた。水濡れによる腐食のため、内部基盤を交換しメモリもマッサらになっていたが(^^;)
コピーでなく「移動」しかできない有料DLした着メロも消去、アドレスのバックアップが旧型の携帯のものしか残っていないため、コネクタがあわず転送も出来ず、手入力で入れなおすしかないというオマケまでついた。(汗)

今度機種変更する時は絶対「完全防水型」にしよう(爆)

以前「洗濯した」前科もあるだけに、水に弱い携帯を私が扱うのはリスクが大きそうだ。

待ち受け画面(壁紙)はサクっと作成して張り替えた。アドレスは新機種用のユーティリティツールで、PCで入力したものを転送する予定だが、味気ない着信音はどうにかしたい。そう思ってiTunesなどに蓄積した音源を着信音に転用できないか調べてみた。
通常なら特殊なフォーマットなので最初から「着メロ・着うた」として作成されたデータでなければ使えないのだが、さすがネットの世界にはいろんなチャレンジの記録が転がっている(^^;)旧機種では諦めていたものなのだが、結構使えそうな情報が拾えた。

(1)着信音は音質レート128bps、amrコーデックを用いた300kb程度までの「.mmf」フォーマットファイルである必要がある。(機種によりファイル容量の上限があるらしい)
(2)iTunesからダイレクトに編集・変換は出来ないためwavファイルに変換・編集後のファイルを再変換する必要がある。

比較的簡単にデータは作れるようだが、実際にやってみると、ファイル容量上限が結構ネックになってくる。音楽のイントロからワンコーラスまでにすると容量オーバーになるためサビの周辺で切り刻む必要がある。まして着信音の場合エンドレスで繰り返し再生されるため、繋ぎの部分が自然になるようにした方がいい。

この編集作業が結構手間取ってしまった(^^;)
とりあえず今日は3曲だけ。明日は誰の歌声を「着メロ」にしようか・・・

以下は自分の覚書用。興味のある人は研究して使ってみてくらはい。

●softbank913shの着信音作成で使えるツール(あくまで自己責任で使用のこと)

 ○WAVファイル編集:soundengine free
 ※余談だがこのソフト、曲の速度を変更して書き出すことが出来るので、
  有名な「なんちゃって歌手変更遊び」ができる(^^;)↓参照



 ○コーデック変更>mmfファイル書き出し:えせ着うたフロントエンドSMAF版
 SSC-MA3-SMAF + mmfUta-1.5.10の合わせ技


●使い方の解説など

air times:無料で自作(エセ)着うたの作り方 for 911T




Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



知名度【ちめいど】

特定のジャンルの音楽アーチストや、著名人にはマニアの中でこそ知名度の高い人もいれば、世の中のたいていの人が知っているメジャーな有名人とはっきり別れる境界線があるようだ。

下はネットの百科事典wikipediaで世界的に有名な日本人ランキングを動画化したものである。
ランキングの基準は世界の言語で紹介されたその数を根拠としている。



しかしまぁそれにしても・・・この結果、特に1位には驚いた(^^;)日本のサブカルチャーの輸出がもたらしたものだろうが、大したものである。もちろんご本人も驚かれるのではなかろうか。

SEOのツールなどで、このブログのキーワード診断をしたことがあるが、「現代用語」でのヒット率がそこそこ高いので「ネットを常時利用されている方なら誰もが知っているサイトである可能性があります」と判定されたことがあった(^^;)・・・いやいやそれは過大評価だろう。ほんとにこのサイトの知名度が高いなら、もっと1日のアクセスがあってもおかしくないはずである(爆)

そう、知名度が高いのは「現代用語の基礎知識」であって「クソ知識」ではない。ヒット率が割りに高かったのは紛らわしい名前による効果なだけだ。

しかし「世界一有名な日本人」は凄い。
やはり「音楽」の及ぼす影響がすごいんだZ!(ぜーっと)ということか(^^;)

JUGEMテーマ:ネットで話題のもの
Posted by soup2001 | comments(2)  trackbacks(0)



中性【ちゅうせい】

アルカリ性と酸性の間に中性があるように、両極の間には中間の性質、どちらにも属さない非属性ともいうべき存在がある。中性と言うと酸・アルカリ以外では男と女の間のオカマ〜ニューハーフ〜オナベが最近特に想起されることも多くなったのではなかろうか。

美少年と言われる男子の多くは紅顔で幼さを残す童顔であったり、女性のようにたおやかな美しさを併せ持つが、それはすなわち「中性的」な特徴である。男性でありながら女性的な特徴も併せ持つ「中性(ユニセックス)」はいつの世でも「美の完成形」として憧れを誘う存在だ。古くはギリシア彫刻、日本などアジアでは仏像に見られる男か女か判別しづらい独特の顔立ちは「性差」に縛られない一つの「人間としての完成形」を思わせる。

所詮男も女も片方だけでは子孫を残せない訳だから、自らに足りない物を求めようと異性に惹かれるのも当然なのかもしれない。そしてその夢は「歌舞伎の女形」現代劇なら「宝塚歌劇」のように片方の性で異性をも表現しようとする芸術に昇華されていく。

ところが昨今では「性同一性障害」の一般的認知も相まって、普通に人工的な中性を受け入れる風潮が醸成されている。私は可愛い異性に興味は持つが、可愛い同性に「性的興奮・衝動」も持たないので同性愛的なものは全く理解できない。いやむしろ生理的に受け付けられない。テレビなど「別世界」の存在ならなんとも思わないが、横にいる可愛い異性だと思っていた女性が実は男性だと分かった時、どういうリアクションを取るか全く予測できない。ただひたすら「固まって」しまうとは思うが(^^;)

ハーフと言うなら異人種の混血児もハーフと呼ばれ、なぜか美形が多いらしい。これもすなわち民族的特長をミックスして統合された人類としての美に近づくからだろうか。

その一つのヒントが↓の記事にあった。

リサーチャー・リサ子の解明!COOL JAPAN――クールジャパンって何?
【第8回】欧米人の憧れは「日本人体型」!?ビジュアル系バンド「アンティック-珈琲店-」が欧州で大人気の理由(中編)


ビジュアル系と呼ばれる「中性的」なルックスを売り物にするミュージシャンだが、かつては欧米がその発信源であったものが、今や日本の「ユニセックス」がウケているという現象に興味を持って読んでみた。

なんとも奇異に感じるのは私が歳を取ったためだろうか。未成熟・未発達・(男と女、あるいは大人と子供の)未分化な「中性的」なものが人気を博すと言うのは、世界的にピーターパン症候群が蔓延しているとも思えるのだが、果たしてそれは良い事なのだろうか?

男と女のように絶対的な差すら危うくなってきた現代は、「中性の時代」なのかもしれないが、元々差を「絶対的に隔てる」ものなど無かったのかもしれない。牡雌の性差さえ、動物の中には成体になるまで分かれないものもある。

もとより、天国と地獄の「中間にある現世」はそのどちらの事象も内包する「中性」だ。なるほど。だからこの世はかくも美しく、醜いのか・・・・なんて、

言うよね〜(はぁと)(^^;)
Posted by soup2001 | comments(2)  trackbacks(0)



違いの分かる男【ちがいのわかるおとこ】

ネスカフェのCMで昔「違いの分かる男」シリーズと言うのがあった。記憶に残っているだけでも遠藤周作、由良拓哉、熊川哲也・・・もっといたなぁと思ったら、ネスカフェのサイトに名簿があった(^^;)
ネスカフェの歴史>1970年代>ゴールドブレンド誕生>CM出演者一覧をクリック)

さて、CMを見てインスタントコーヒーをはじめて飲んだ私の感想は(当然当時は小学生)
「苦〜〜〜〜い」(^^;)
本物のレギュラーコーヒーを知る前に私が知っていたコーヒーの味は、ゴールドブレンドと明治乳業の「コーヒー牛乳」でしかなかった。当然「違いが分かる」はずが無い(^^;)

これはYoutubeのパロディ動画「違いの分かる男(シャア編)」



やっぱり赤ラベルは3倍なんだ(爆)

「違い」と言えば福田首相電撃辞任で「アナタと違うんです!」とキレかけたこのセリフが流行っているらしい(^^;)流行るだけでなく、さっそく「あなたと違うんですジェネレーター」が作られている(爆)

これまでに作られた「違い」はこちらで。

これは上の動画にインスパイアされて入れてみた奴(^^;)

1

凡人よりも安倍さんよりも(3倍かどうかはともかく)速かったことは認めよう。しかし安倍さんもそこそこ速かった訳で、我々凡人には福田さんのどこがどう違っていたのかは「違いが分からない」のである(^^;)
Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



チャーリー・コーセイ【ちゃーりー・こーせい】

毎晩時間の経過を知るためにつけているテレビで、11時過ぎにザッピング風にチャンネルを変えていると「ルパン三世」の、それも第1シリーズ「緑ルパン」のオープニングアニメがちらりと目に飛び込んだ。そして何気にそのままにしていると、なんと主題歌を歌っているチャーリーー・コーセイの略歴紹介の後、そのチャーリー・コーセイが出演!関西ローカル朝日放送の「今ちゃんの“実は…”」と言う番組でまさかルパン三世エンディングテーマの弾き語りが聞けるとは思わなかった(^^;)



1



神戸で現役で活躍しているミュージシャンだそうで、かの名曲は37年前のもの。中国人とアメリカ人のハーフと言うのも知らなかったし、現役であることも知らなかった。



歌声はさすがの歌唱力。ギター1本の弾き語りなのに、フルバンドよりも存在感を感じさせるヴォーカルとシンプルなギタープレイにしばし呆然。



あわてて携帯カメラで撮ったのが上の画像である。



いや〜びっくらこいた〜(^^;)

深夜の低予算番組にさして見るものなどないので普通ならビデオとかに変えるところだったが、今夜だけはちょっと得した気分♪



それにしても「沁みる歌声」だった。



<追記>

Youtubeにありました。

ExciteはYoutubeを埋め込めないのでリンク先でどうぞ。



オリジナル版(エエ声してます)

チャーリー・コーセイ / ルパン三世 その2(エンディング)



昨夜の歌声を彷彿させます。ギターはエレキになってますが、昨夜のアコースティックバージョンもよかったです。

ルパン三世 (チャーリー・コーセイ) live
Posted by  | comments(8)  trackbacks(0)



S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>



目次&ランダムピックアップ

現代用語のクソ知識の目次

当ブログの目次(管理人のオススメ一覧)です。かなり古い時事問題に関する記事もありますが、当時を思い出してご覧いただけると幸いです。



↑上のボタンを押すと、ランダムにエントリを表示します。
もしもエラーページが出たら、ごめんなさいm(_ _)m「戻る」ボタンでエントリを表示するまでお試しください。

言い訳ページはこちら(^^;)

---------------------------------
---------------------------------






マウスコンピューター/G-Tune

 RSSリーダーで購読する

Profile
Archives
Recent entries
blog parts







マウスコンピューター/G-Tune

エニアグラム診断によると私はタイプ4番でした。
無料診断のできるサイトはこちらです。
Links
tools


悪徳商法マニアックス




簡単自動登録
無料でSEOならSEO.CUG.NET

大黒天
金運アップブログパーツ
Categories
AdSense







途上国の人々への支援をお考えの方にCARE支援プログラム

ドメイン取るならお名前.com

マウスコンピューター/G-Tune
Mobile
qrcode
Sponsored links
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
このblogのfeedburner