ブログパーツ

潮流【ちょうりゅう】

大阪都構想否決:さらば橋下徹劇場 その弁舌に振り回され(毎日新聞):アオイ•レイのオール•ザット•ジャズ

リンク先は毎日の記事をバックアップ掲載されている人のブログである。さすが毎日新聞は橋下徹とは犬猿の仲だっただけに満面の笑み(ドヤ顔)で書いている記者の顔が目に浮かぶ(爆)



口では全く歯が立たなかったという点では、「弁舌に振り回された」のは毎日新聞だったろうが(爆)


いずれにしても大阪維新の会の戦いは、ある意味予想通りの「僅差の敗戦」という結果に終わった。勝ってもおかしくない雰囲気を漂わせていたのは、橋下市長の好戦的な弁舌もさることながら、目に見える改革(特に意識の部分)が顕著で、このまま時間を掛けて大阪に救う寄生虫を退治していけば、財政再建はもとより日本第2位の大都市としての経済的復権も夢ではなかっただけに、私としては「そんなに大阪都構想に拘る必要があったのか?」という思いが消えず、何やら時期尚早な住民投票を強行したことも敗因のような気がする。

橋下市長 大阪維新の会 実績:Yahoo!知恵袋

橋下市長の実績:TOGETER

などを見る限り、税金の無駄遣いに次々と手を付け、自分自身の報酬を大幅にカットするなど自ら身を切る姿を見せながらの実行力は、「なかなかやるじゃん」と好意的にも見ていただけに、大看板とはいえ「大阪都構想」に拘泥しなくても「維新の会改革」路線でもかなりのレベルまでやれたような気もする。

既得権益を片っ端から槍玉に挙げていったその戦いぶりは、「戦国時代の猛将」にも似た苛烈さで、あれだけ当たるを幸いになぎ倒しながら(^^;)よく息切れしないものだと、隣の奈良県に住み直接的に関係のない野次馬としても他人事ながら感心していた(爆)

維新会のシンボル的政策であった「大阪都構想」は、確かにギャンブル的な部分もあり、財政破綻寸前の地方自治体が大博打を打つには少々リスクが大きすぎる点は、批判勢力の言にも一理あると思っていただけに、徐々に旗色が薄れていく維新の会のシンボル的政策に頼るだけでなく、現実的な政策の集合の上で実績と評価を得ながらゆるやかに支持者を増やす戦術も可能にも思われたからだ。

なぜ大阪から企業が逃げていくか(飯島勲:内閣参与):PRESIDENT

安倍総理や菅官房長官など「官邸」と親交のある橋下徹だが、内閣参与の「モノノフ飯島」(^^;)とは相性が悪いらしい。彼も大阪都構想には否定的だ。ただ、肯定派にも否定派にも思うことだが、「大阪」という特殊な地域性をどこまで理解しているのかが不明な分、隣県の住民である私などはどちらも額面通りに支持できないという現実がある。おそらく橋下徹にしてもかなりの大博打ではなかっただろうか?機を見るに敏な割には腰の重い大阪人の特性を知っているだけに(爆)

それだけに橋下市長の任期中にすべての改革をやり終えるスケジュール設定に無理があったとしか思えないし、それに拘泥するために「独裁」と皮肉られる強引さが最終的に失敗した最大の原因だったように見える。

つまり、大阪を食い物にしている既得権者には実は大阪市民自身が含まれていたことを橋下市長が知っていた分、これらに手を付ける前の段階で「大阪都構想」を決めてしまおうとしたような気がするのだ(^^;)

穿った見方をすれば、今年7月の「在日外国人登録制度の更新期限」後では、在日住民や元在日の帰化日本人が多数居住する地区での「行政側に対する反発が強まる」点も危惧していたかもしれないし、もっと穿って見た場合、橋下市長が在日擁護政策を取るために大阪市解体をして特別区として「在日の多いエリアを実質的な自治区として半独立させる」意図を持っていたとも見ることができる。どちらにしても在日外国人の「不法滞在者」や「グレーな永住許可住民」に対する国の政策変更での軋轢が最も予想できるのが大阪だからだ。為政者としてみた場合、余計なリスクを増やすだけの法改正に対向するには、これが実行される前に「大阪のカタチ」を変えてしまうしか無いと考えてもおかしくないからだ。

Xday 7.9を考察する:余命3年時事日記
 安倍さんのシナリオは7月9日に黒白つけて、未更新は強制送還、更新者は住民登録と通名ころがし不動産資産のあぶり出しと、プラス口座一本化で、名義人の特定ですから、まさにこの日がスタートです。通名口座の方は凍結となると管轄が国家公安委員会となり、テロ三法がからんできますから逃げられませんね。
 こうして一本化、一元化してマイナンバー制度とコラボというのが安倍シナリオです。
この日本の一元化、在日資産寄せ集め、口座一本化が終了した段階で出てくるのが韓国です。日本では韓国系無国籍は韓国籍の扱いですから日本からの在日情報にはすべて無国籍在日の情報が含まれます。2010年から、とくにここ2年は国籍離脱届け不備、帰化取消しもという話が飛び交っています。戦後、ずっと韓国系無国籍暴力団を放置し、強制送還も拒否してきた韓国が、韓国籍などいらないという無国籍在日に、人道的立場から?国籍を付与するという流れですから、韓国の国家財政と人治主義をみれば可能性は否定できません。
 韓国籍を付与したあと強制的に韓国住民登録、これで日本における難民という扱いが消えて、永住許可取り消しという段取りです。これで韓国は在日の兵役、資産コントロールが、自在にできるようになります。これが韓国の理想的シナリオです。
 この段階で強制送還対象者の処分について日韓で話し合いということになるでしょう。数十兆円が目の前にあれば無条件受け入れでしょう。下手な条件をつければ北が出てきます。在日の出番が全くありません。在日は棄民なのです。

いずれにしてもドラスティックな改革政策はなくなった。ただ、維新の会以前の曖昧な慣れ合いに戻ってしまうなら、近い将来「財政再建団体」に陥り、橋下待望論が巻き起こって安倍首相のように華麗に復活?(^^;)なんてシナリオも全くない話ではなくなるし、橋下徹にしてみれば「政界引退」してしばらく野に下っていた方が「国政に進出しやすくなる」「(どこかの政党に)担がれやすくなる」という見方もできる(^^;)

橋下徹・大阪市長はこのまま消え去るのか?菅官房長官は放っておかないだろう(田崎史郎):現代ビジネス
橋下は12月の市長任期切れまで務めた後、政界から消え去るのだろうか? それを許さない勢力が2つ存在する。

まず、維新の党の大阪維新系の議員。もし、橋下がいなくなれば、彼らのほとんどは次の衆院選、参院選で国会議員バッジを失うのは確実だ。橋下側近の国対委員長・馬場伸幸は「橋下氏の完全な政界引退は絶対にさせない」と意気込む。

もう一つの勢力は安倍と菅だ。安倍は18日、雑誌「正論」のインタビューで、憲法改正の必要性を共有している橋下氏について「今後とも強いリーダーシップや国民に訴えかけていく力を生かしていただきたい」と述べ、今後の連携に含みをもたせた(産経新聞ホームページから引用)。

橋下との付き合いにおいて、菅の方が安倍よりも長い。菅は橋下が2008年1月の大阪府知事選に出馬した際、自民党選対副委員長として内々支援した。菅は橋下がどんな不利な立場になろうとも、一貫して橋下を支持し続けている。

菅が評価するのは、橋下の改革姿勢と、メディアと堂々と渡り合い、かつメディアを活用して自分の考えを拡散していく、たぐいまれな能力だ。政治家にとって、メディアとの関係はつねに悩ましい問題の一つであり、菅には橋下がメディアを活用できる、たった一人の政治家と映っている。


・・・そこまでの深謀遠慮があるかどうかは全くの勘ぐりでしか無いが(^^;)当初の勢いを失い、潮目が変わった時期を見誤っていたのだとしたら、本人の思い通り弁護士として活動できるかも正直微妙だと思う。人気者でもあるので仕事自体はあるとは思うが、これまでのいろいろな件で「日本弁護士連合会」のかなりのメンバーを敵に回しているのは確実なので、そんなに思い通りというわけにも行かないかもしれない(^^;)

ひょっとして今回の敗戦は、橋下劇場第二ステージの開幕の序曲だったりするかもしれない・・・と思えるのである(^^;)

↓2015年5月20日 最後の一言に馬鹿受けしたので追記(爆)



JUGEMテーマ:社会の出来事
Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



致死率【ちしりつ】

何らかの原因によって死に至る確率を致死率という。ところが、世の中の生きとし生けるものは必ず死を迎える。今生きているものすべて将来の致死率は100%ということになる。



先日亡くなったキンキンこと愛川欽也。死後、生前の左翼的言動が注目されていたが、昔はこんなアナーキズムに満ちた(^^;)歌を歌っていた。いや〜中々破壊力満点だ、死ね死ね(爆)

「死ね死ねブルース」歌詞書き起こし:youtubeコメント欄(tws615tws615 )より
朝目が覚めたら死ね   なんとなく生きてたお前死ね
明日もきっと死ね   ダラダラ生きるだろ死ね
あんなに空が綺麗に青く澄んでるというのに

何かが足りないよ死ね  何かが欲しくて死ね
走ってみるんだ死ね  夜明けの街一人
一番星から〜  輝いているのさ死ね

豚が西向きゃ〜しっちゃかひっちゃか…
朝日を追いかけ夕日〜しっちゃかひっちゃか…
泣きたい涙も何処かに消えた〜しっちゃかひっちゃか…
天国探して地獄を見つけた

死ねブルース

煙が苦いよ死ね  人生甘すぎる死ね
心が寒い死ねよ  世の中暑いよ死ねよ
タコの足10本イカと間違えちゃうよ死ね

男と女ちょっとの違いで死ね  どして揉めるの死ね
たかがバスト90ウエスト90ヒップ90  ただのドラム缶死ね


怒るのに疲れた死ね  泣くのに疲れた死ね
笑うのに疲れた死ね  喋るのに疲れた死ね
歌うのに疲れた死ね

歌詞ネットにもないこんな歌詞誰が書いたんだ?(^^;)死ね死ね。
間違いなく世の中の矛盾や個人的不満への八つ当たりソングだ。死ね死ね。
タコとイカを間違えたぐらいで死ね死ね言うな。死ね死ね。
中でも「ただのドラム缶」では爆笑したぞ。死ね死ね。

何と言っても小学生低学年の喧嘩レベルの罵倒が「死ね死ね」であることを再発見する画期的な歌である。死ね死ね。
それにいちいち死ね死ね言わなくても俺もお前も誰も彼も必ず死ぬんだよ。死ね死ね。

こんなに救いのない歌なのに、何故笑えて面白いんだ?やはり「とんがった音楽は死なない」ということか?・・・少なくとも私は寿命が来るまでは、死ねねえ死ねねえ(^^;)

JUGEMテーマ:動画
Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



厨二病【ちゅうにびょう】

2ちゃんねる用語に「中二病(厨二病)」というものがある。簡単に言えば「自意識過剰」と言う話なのだが、かつてその時代を経て大人になった人間には、「当時の痛々しい自分」の記憶を伴う分、どうしても自虐的な心境になってしまう(^^;)

二病(小)
中二病:wiki

中二病(ちゅうにびょう)とは、「(日本の教育制度における)中学2年生頃の思春期に見られる、背伸びしがちな言動」を自虐する語。転じて、思春期にありがちな自己愛に満ちた空想や嗜好などを揶揄したネットスラング。「病」という表現を含むが、実際に治療の必要とされる医学的な意味での病気、または精神疾患とは無関係である。
(中略)
2005年を境にインターネット上で再び広く使われるようになる。当時2ちゃんねる生活全般板にあった「中二病総合スレ」等で使われるうちに自虐の意味が薄れ、揶揄する意味合いが強くなり、「過去の失態を告白してみんなで奇声を発するスレ」に投稿された「邪気眼」と呼ばれる投稿から、思春期の少年が行いがちな自己愛に満ちた空想や嗜好などに対する蔑称、特に創作物の評価において「身の丈に合わない壮大すぎる設定や仰々しすぎる世界観を持った作品」、ひいては「非現実的な特別な世界観や設定そのもの」を揶揄・否定するネットスラングとして定着した。 またネットスラングとしては、「中」の字を「厨」で置き換えた厨二病という表記も見られる。

(→右画像はクリックで拡大)

こういうものは具体例を出さないとピンと来ないだろうが、以下を見て一つでも心当りがない人はいないのではないだろうか?
具体例と分析
「ヲタク文化研究会」著『オタク用語の基礎知識』の当該項目では、典型的な「症例」として以下6点が紹介されている。
1.洋楽を聴き始める。
2.旨くもないコーヒーを飲み始める。
3.売れたバンドを「売れる前から知っている」とムキになる。
4.やればできると思っている。
5.母親に対して激昂して「プライバシーを尊重してくれ」などと言い出す。
6.社会の勉強をある程度して、歴史に詳しくなると「アメリカって汚いよな」と急に言い出す。

私は少なくとも3つは覚えがある(爆)子供の頃から蛋白で粘りがなく、根気のない方だったので「やればできる」と言われてとりあえず真面目に一生懸命やるものの、自分が期待するレベルにあまりに遠いと感じてしまうと「それ以上の努力をしない」怠け者でもあった(^^;)
コーヒー成人前後には「珈琲はブラックに限る」とか言い出して、味もわからないのに我慢してブラックコーヒーを飲み続けた(^^;)まぁ、ブラックを5〜6杯くらい飲むうちに「旨いコーヒーと不味いコーヒー」の違いは何となく分かるようにはなるし、コーヒー本来の「甘み・まろやかさ」に気づくことは保証してもいいが、私がそんなことを言い出した時分は、缶コーヒーに「ブラック」は無い時代だったし、世間的にも「コーヒーにはフレッシュと砂糖」がデフォルトで、子供時代は「大の甘党」だった私を知る者は「大人になると味の好みが変わる典型だね」とか言われた記憶がある(^^;)

実際は「中二病的見栄」で始めた「無糖ブラック派」に意外とハマり(^^;)今でもコーヒーはブラック派なのだが、中二病が人生の嗜好にまで影響を与えた一つの例といえるかもしれない(爆)

高二病:ニコニコ大百科
高二病(こうにびょう)は、高校2年生(17歳前後)で発症することが多い思春期特有の思想・行動が過剰に発現した病態である。 多くは年齢を重ねることで自然治癒するが、稀に慢性化・重篤化し、社会生活を営む上で障害となることがある。 特異的な身体症状や臨床所見は見出されていない。
(中略)
症状
中二病及びその要素を嫌悪している事から、主な症状はネガティブな面が主となっているが、
自己顕示欲の発露という根本的部分は中二病と同じであるため、
類似・同一の症例も多く、区別には一定の観察期間を要する場合が多い。

(以下はネットでの定義。)

・物語やその設定のいわゆる中二的要素を必要以上に嫌悪する。
・特に天才や美形といった派手な要素や特殊な漢字表記・ヴ行単語などに大きく反応を示す。
・玄人・通を気取り、人気がある・有名な・流行している物や作品を嫌う。
・理想や前向きな理屈を綺麗事・ご都合主義と嫌い、逆に悲観的な正論と妥協を好む。
・評論家のようになり、最初から期待することをせず、前情報から粗探しに終始する。
・努力や根性、縁の下の力持ちなどといった泥臭い・渋い要素を好む。
・ファンタジーやSFなどの話に対して現実・現代的価値観の面から突っ込みを入れ始める。
・日常物などのいわゆる平和で明るい話よりも、病んだ状況・言動や暴力・修羅場などが多い暗く陰惨な話を好む。
・ストイックを気取り、大衆など広い対象に向けた物事を「ゆとり向け」と嫌う。
・オタク的要素を嫌う。(ただし、オタク文化内における高二病の場合はその限りではない)
・大きな流行を避ける行為を見下す一方で、そのアンチ流行的態度をさらに回避しようとする。
・ブラックコーヒーを中二病と言いつつ、ビールやワインを嫌って日本酒やウィスキーに走るなど。
・自分は中二病なんかとは違うまともな存在だと思い込む。

私が成人した時代は、中二病という言葉すらなかった時代なので、こう言う未熟な精神が引き起こす「指向性」は意識したことがなかったが(^^;)どうやら私のは「中二病」で「高二病」程はこじれていないような気がする(^^;)

大二病:wiki
大二病(だいにびょう)とは現代社会において用いられている人間の行動の特徴を表す言葉であり、大学二年生くらいの時期の人間が陥りがちな行動のことを言う。スターバックスの信者になったり、やたらと美術館に行きたがったり、SNSなどで現代社会について主張したり、高校生を若いというなどといった行動などである。この大二病というのは中二病と同様に自意識をこじらせるという事で起きており、大二病の場合は女子大学生のイメージが強い。

この辺りになると単純に「流行を追いかけているだけ」「センスの良さ(イケてる自分)アピール」という気もする。大二病のタイプのこじらせ方は、確かに男のものより女性的な感じは強いようだ。それは「妙な屁理屈で理論武装され過ぎていない」(^^;)という点においてだが。


社二病:はてなキーワード
社会人2年目になったところで社会や会社に対して余裕が出始め、生半可な知識や経験を重ねることで自己主張を覚え始めるさま。また新入社員のころの、社会への憧れとやる気を失ってしまったさま。
(中略)
中学での「厨二病」と大学での「大二病」につづき、社会人2年目ごろになると多くの人がかかるとされる症状。人生の三大病のひとつ。

・「そっかー、まだ学生気分が抜け切ってないんだねw」
・「いや〜。社会人になってからカロリーメイトのありがたみが分かったわ〜」
・「で、お前はどこに勤めてるの?」
・俺なんか毎日残業○時間だしww」(ブラック企業アピール)
・新卒の子に対して「いつまでも学生気分じゃ困るよ?」
・「社会人ってのはさー」
・「もっと大人になれよ」
・ビジネス書1、2冊読んで分かった気になって経営者批判
・学生に対して「仕事のあとのビールの美味さしらないっしょ」
・「つれー。実質2時間しか寝てないからつれー。」
・「俺、もうリポビタンDきかないわ。ユンケルの高いやつじゃないと」
・新人と飲みに言ってドヤ顔で「先輩だから奢るわー」と端数だけ奢る
・「え。君まだガラケーなの?社会人はスマフォ基本っしょ?」
・なにかっていうと「ホウレンソウもわからないの?」とか言い出す
・先輩にたいして「もう2年目なんで仕事だいたい覚えましたよ」とか言っちゃう
・「あー。和民で飲み会っすか。和民かー。安いんだけどねー。和民かー」


社二病

ほとんど全てに覚えがある(爆)しかしなー、これを病気と言われては、全ての人間が病気といえるのでは・・・。

老二病:はてなキーワード
中二病や社二病などに代表される、年代に特徴的なこじらせ方の表現から派生した言葉。単に「老人にありがちなこと」を集めた感があり、老二病の「二」が何を示すのかは不明である。
(中略)
特徴
・自分の死をネタに笑いを取りに行き、孫たちの気まずそうな顔をみてほくそ笑む
・とりあえず電車に乗って若者を適当に注意してみる
・高度成長期の自慢ばかりする
・病院を溜まり場にしちゃう
・どこか旅行へ行くと「いい冥土の土産ができた」という
・友達の武勇伝を自分の武勇伝だと思い込んで話す
・ブレーキとアクセル間違える
・ボケてきたアピール
・足腰弱いアピール
・「もう長くないから」からのなっがーい話し
・「あの頃のわしにそっくりじゃ…」
・「田んぼの様子を見に行く」

私にはまだこれらの症状は出ていない(爆)しかしどれか一つは今後やりそうな気もする(^^;)

まぁ、人生いろいろではある(^^;)それでもこれらの「意識過剰症候群(^^;)」が、自分や狭い範囲の自分周辺に対する「面倒くさい状況」を生むだけなら罪は少ないといえる。

最も迷惑かつ社会に害をなすものがあるとすれば、大人の、それも企業が行う「意識過剰な経済活動あるいは広報活動」であろう。それらの殆どは「メディア」と呼ばれるマスコミの系統企業に多く見られるうえに、ちゃんとその病状に対する名前も付けられている。

左翼小児病:コトバンク
日本大百科全書(ニッポニカ)の解説
レーニンがその著書『共産主義における〈左翼〉小児病』(1920)で用いて以来一般化した、社会主義運動における極左主義的な態度に対する比喩(ひゆ)的な呼び方。とくに、いっさいの妥協・同盟政策の拒否、ブルジョア議会内での闘争や右翼的労働組合における活動の否定などに示されるように、大衆の組織化のために柔軟で粘り強い活動を行わずに、表面的に理解されたマルクス主義の原則を公式的に振りかざして「革命的」にふるまおうとする態度の未熟性をさす。こういった態度により、マルクス主義政党と一般大衆の結合が弱まり、革命勢力が一般大衆から遊離してしまう危険性がある。[池田光義]

これの一番わかりやすい例がいわゆる過激派と呼ばれる連中の起こしたテロ事件だ。

日本のテロ事件一覧〜新左翼:wiki
・1970年3月31日、よど号ハイジャック事件(共産主義者同盟赤軍派)
・1971年8月21日、朝霞自衛官殺害事件(赤衛軍)
・1972年2月19日、あさま山荘事件(連合赤軍)
・1972年5月30日、テルアビブ空港乱射事件(日本赤軍の前身、アラブ赤軍)
・1974年2月6日、在クウェート日本大使館占拠事件(日本赤軍とPFLP)
・1975年9月15日 風日祈宮放火事件(共産主義者同盟戦旗派)
・1977年9月28日、ダッカ日航機ハイジャック事件(日本赤軍)
・1978年3月26日、成田空港管制塔占拠事件(第四インター、共産主義者同盟戦旗派(荒派)、共産主義労働者党の三派合同)
・1978年5月5日、京成スカイライナー放火事件(革命的共産主義者同盟全国委員会(中核派))
・1983年6月7日、東鉄工業作業員宿舎放火殺人事件(中核派)
・1984年9月2日 大阪火炎瓶大量発射事件(中核派)
・1984年9月19日、自由民主党本部放火襲撃事件(中核派)
・1985年1月1日、米国総領事館パイプ弾発射事件(中核派)
・1985年11月29日、国電同時多発ゲリラ事件(中核派)
・1989年4月2日、日本飛行機専務宅放火殺人事件(中核派)
・1988年9月21日、千葉県収用委員会会長襲撃事件(中核派)
・1991年9月4日 外務省審議官実父宅放火殺人事件(中核派)
・2001年8月7日 新しい歴史教科書をつくる会事務所放火事件(革命的労働者協会(解放派))

最近は新左翼の過激派も公安警察に抑えこまれているのか(資金源を絶たれている?)おとなしく見えるのだが、その分昔から「言論で過激に日本を攻撃」している左翼メディア・・・その代表選手「朝日新聞」などが非常に目立ってしまっている。

長谷川幸洋「朝日新聞は左翼小児病。思い込みで記事を書く」。竹田恒泰「社内に破滅プロジェクトがある」。朝日新聞めぐり激論。たかじんのそこまで言って委員会で:にんじ報告
(※管理人注:平成26年)9月21日に放送された読売テレビ(日本テレビ系)の番組「たかじんのそこまで言って委員会」で、誤報を繰り返す朝日新聞に対し、ジャーナリストの長谷川幸洋さんが「左翼小児病」であると批判したほか、歌手の華原朋美さんと仲良くしようとして失敗したことで知られる作家でタレントの竹田恒泰さんが「朝日新聞社内で自社を破滅させるプロジェクトがある」と独自の理論を展開しました。

この日の同番組のテーマは「朝日新聞」。最近、従軍慰安婦の証言捏造問題や、福島第一原発のいわゆる「吉田証言」をめぐる問題に揺れる新聞社です。

番組後半、福島第一原発のいわゆる「吉田証言」を誤報した朝日新聞に対し、ジャーナリストの長谷川幸洋さんが「朝日新聞が政権を批判するのは自由だが、政権の側は全部の情報を持っている。朝日がどんなに吉田調書をねじ曲げて報道しようと、調書の原文を政府は持っている」と朝日新聞のやり方が稚拙であったと批判。

それに対し、竹田恒泰さんが「朝日新聞を破滅させるプロジェクトが(朝日)社内にあるとしか思えない。だってやることやること全部マイナスだから。どう考えたってわざとやってるとしか思えない」などと独自の見解を述べました。

長谷川幸洋さんは、その流れで「この問題で思いついたのは、昔の"左翼小児病"っていうレーニンが言った言葉ですよ」とコメント。この言葉の意味としては「左翼が現実を見ずに、思い込みで、自分の理念・理想だけで語ってしまって、結局、現実に裏切られて沈没していく。レーニンはこれを左翼小児病と名付けて、そんなことでは絶対に政権を取れないと言って戒めたわけです」と説明がありました。

長谷川幸洋さんは、「まさに今、(朝日新聞が)似たようなことをやっているんじゃないか。つまり、今の自民党政権、原発再稼働に向けて動いていることを批判しようという気持ちはあったと思いますよ。でも肝心なのは政権側が全部の情報を握っているんだということ。そういう人たちを相手にする時に、思い込みや自分の作ったストーリーで記事を書くと、こういうことになる」と批判しました。

ネットでは、長谷川幸洋さんの「左翼小児病」という言葉が話題になり、「そんな言葉があったんだ 朝日新聞にぴったりだ」「左翼小児病か...。右翼小児病を患ってるのも多いわな」「面白いなぁ レーニンはこういう事も見据えてたんだろうな」などという声があがっています。


昨年は朝日新聞批判が見事に火を吹いた年だったが(^^;)いわゆる「(イデオロギー)小児病」という点では、あらゆる過激派は、右翼であろうが左翼であろうが、あるいは宗教紛争だろうが民族紛争だろうが、ほとんど同じ「短絡的」な解釈と「暴力的な行動」で、不安・恐怖・不信を煽ることを主眼においているかのような反社会的活動を行う。どいつもこいつも「小児病」なのだ(^^;)

・・・つまり、今最も活動的なテロ集団「IS(イスラム国家)」も、「朝日新聞」も「幼児的な暴力性」に於いてはよく似ている(^^;)彼らはどちらも自分の行為を悪辣だとは自覚しているだろうが、自分たちの考える「正義」を微塵も疑っていないしね(^^;)

いずれにしても、社会不安や恐怖を煽る「不安と恐怖の再生産」は、彼ら「テロリズム」の信奉者ではない組織でも普段から活用している。いわゆる商業主義(コマーシャリズム)でも、健康や食品、原発などの安全性の不安を煽って何らかの商品を買わせる商売を行っていることでもわかるだろう。テロリストはリアルな危険と恐怖を売り、ジャーナリズムは見えない恐怖と不安を掻き立てる。

過激なものは刺激的で時に魅力的に見えるかもしれないが、もしそれらに自分が心を動かされることがあったとしたら、それらを提供する「厨二病の挑発に乗せられている」ことを疑ったほうがいいかもしれない(^^;)

JUGEMテーマ:社会の出来事
Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



兆候【ちょうこう】

先日までエントリしていた「特亜国家シリーズ」で近代史をおさらいしていた関係か、日本の対外戦略で上手く言ってる部分とそうでない部分がそれなりに見えてきた。(的を射ているかどうかは別にして、少なくとも私はそう思っている)

エンジン部品英艦提供を政府容認 川崎重工製、禁輸三原則抵触せず:47NEWS

今やミサイルの時代となっている以上、通常戦力の中でも「示威戦力」としての効果ぐらいしか考えにくい「海軍」だが、核武装が無く通常戦力で対応するしかない日本と違って英国の周辺に通常戦闘を想定するような敵対国はいない。そういう意味では戦争産業でもある重化学工業が規模縮小していく時代の変遷はある程度仕方が無いのかもしれない。
とはいえ、イギリス国内ではそのあたりの「危惧」を論じる国民も少なくないようだ。プライドの問題だけでなく自国の安全保障にかかわる軍事生産技術の衰退を恐れているわけだ。

軍艦用エンジン輸出

海外「日英の100年は対照的」 川崎重工が英海軍に艦船部品輸出へ:パンドラの憂鬱
川崎重工業にとってはビジネスチャンスでありますが、
イギリス人にとっては悲しい現実であるようで、
コメント欄には国を憂う声すらいくつか見られました。

■ 何でこのパーツは国内で、自分たちで作れないんだ?

   ■ それは明白だろ。6、70年代のことを覚えてないのかな……。
     イギリスの鉄鋼業は労働組合に乗っ取られてしまったんだ……。 
     そしてそんな時、突如としてニューフェイスが現れた。……日本だ。
     俺らの鉄は品質は悪いくせに、高かった。納期にも遅れるしな。

■ EUに加盟する前は、俺達は自分たちでこういうパーツを作り、
  そして世界中に輸出してたはずなんだがな。

■ 政府は英国の資産を安く売り払ってきた。
  そんなこんなで自分たちで艦船の部品すら作れなくなってしまった。
  売国奴がいたるところにいやがる!

■ 国内で作ろうとしたらもっと金がかかるし、結局外国に頼るしかない。  

   ■ もちろん。すべてが国外のほうが安い。だからこそ失業の嵐が吹いてるわけで。

■ もちろん自分たちで作るべきだとは思う。
  だけど日本のバイクと自動車に15年乗ってる俺から言わせてもらうと、
  彼らが作る物なら信用して間違いない。

■ 部品の使用説明書がオートバイのモノよりちゃんとしてることを願うぜ。
  フレームのことをシャシって書いてあったり、間違った翻訳が多いんだよ。

■ ここで文句言ってるヤツらで日本車orドイツ車に乗ってる人間は何人いるんだ。
  そして中国製のテレビで番組を観てる人間は。
  イギリスの産業を破壊してるのは、イギリスの消費者や経営者だろ。  

重工業の衰退と産業の空洞化が進行しているイギリスの深い病理が垣間見えている。しかし、最後のコメントには一つだけ間違いがあることにどうやらイギリス人は気づいていないらしい。
消費者や経営者がイギリスから産業を衰退させたのは間違いが無いが、その前に存続しうる高品質の部材・部品を作る意識が欠落しているからこそ産業が衰退し、消費者が自国の製品を見限ったのだ。

日本は総合メーカーは衰退しているが、部品メーカーは変わらず健闘を続け、外国の軍調達品にまで食い込む活躍ぶりだ。これはハイテク化が進んでいる最先端兵器も例外ではなく、もし日本が壊滅的な被害を受けた場合、先の東日本大震災の時、自動車部品の出荷が遅れ世界各国で自動車産業をはじめとして生産が滞ったように、各国の軍に装備されているハイテク兵器のメンテナンス部品が枯渇することを意味する。

そして皮肉なことにそれは日本を敵視する中国軍も例外ではない。

兵器製造現場から告ぐ、日本の製造業のすごさは脅威だ―中国掲示板:RECORD CHINA
中国は自分たちが必要としている軍事用部品を加工するのに使う工具が作れない。だから、どんなに高額でも日本から買うしかないのだ。筆者は日本の高い技術力が怖い。要するに日本と戦争になったら、技術力で劣る中国は旧式のライフルで立ち向かうしかないということだ。これは決して大げさな話ではない。

現場レベルが一番実態を把握している。緒戦で兵器を使い果たしてしまったら、補給品の再生産に必要な機材や部品がそろわなくなるわけだ。当然自国で生産可能な「旧世代兵器」に頼らざるを得なくなる。

日本は日本で、防衛戦のみに戦闘が限定されるため、弾薬・整備部品の備蓄量が圧倒的に中国に劣っている。物量作戦で押してきた場合、数日で日本の弾薬は尽き果てるが、軍需産業保護の為に即座に近隣の同盟国の弾薬を供給して備品を共有できるような体制になっていない。米軍の兵器と自衛隊の国産兵器では、仕様が違うために弾薬を共用できない。流用可能なのは、米軍と同じ装備・生産メーカーから輸入した兵器だけである。



陸上自衛隊の装備品一覧:wiki

海上自衛隊の装備品一覧:wiki

航空自衛隊の装備品一覧:wiki

膨大かつおびただしい種類の兵器があるが、その多くは米軍調達品からのライセンス生産品や国産品であり、自衛隊用のカスタマイズが含まれることを考えると有事の際の互換性は疑問が多い。
ミサイルや航空機の多くは米軍と共用していると思われるが、自衛隊の保有量を考えると初期戦闘で消耗した場合はなんとも心もとない。最後は米軍頼みでしかない状況であることは間違いが無いのだ。

武器輸出三原則は日本の「戦争による紛争解決」を阻止する意味があったが、今の時代においてはむしろ日本のハイテク武器を輸出したほうが「補給・メンテナンス」の部分で日本に依存する以上「日本と戦うことへの抑止力」も期待できるかもしれない。もちろんそういう狙いであるなら輸出できる兵器とできない兵器を選ぶ必要があるが、それはアメリカもやっているように「最高性能でない、ワンランク下の性能品」を出せばいい話だ。

安倍政権が、「非常に用心深く」確かな国防への歩みを踏み出しているような状況で、特定秘密保護法や集団的自衛権の解釈等を整備しつつある。日本版NSCの発足も含めて「日本のカタチが変わりつつある兆候」なのかも知れない。

日本の自主防衛路線を拡充するのはいいのだが、これら一連の「危機誘導」が、いわゆる「世界秩序の構築を志向する勢力」の仕掛けだとしたら、最終的な着地点を常に意識していないといつか来た道のように「日本が単独で暴走するような状況に変えられないとも限らない」。そういう警戒だけは怠ってはならないのだが、さて、背景にうごめく「意思」を的確に捉えるアンテナを「日本は持っている」のだろうか?それを持てた時にすでに手遅れになっていないことを祈るのみだが・・・。

JUGEMテーマ:戦争・紛争
Posted by soup2001 | comments(2)  trackbacks(0)



遅参【ちさん】

長らく噂だけが取りざたされていた「NTT DocomoのiPhone」がようやく実現。日本における携帯キャリアのすべてがiPhone対応となり、Apple社の独壇場かと思いきや、日本でもiPhone族は3割程度でガラケー派とAndroid派が仲良く共存する図式となっており、今後の展開次第ではスマホのスタンダードの地位は微妙な感じでもある。

後はAndroid陣営がサムソン以外で強力なメーカーとタッグを組んでAppleに大攻勢をかけることができるかにかかってるのだろう。サムソンは今後は衰退していく可能性が高い。部品供給でも販売でも各国のメーカーと技術盗用の訴訟を起こされ、経営環境がこれからも安定するとは思えないからだ。なにより製品品質が相変わらずのレベルにとどまってるので、ちょっと信じられないようなトラブル・事故がこれからも予想される点で、目の肥えた消費者から敬遠されていくのは必至だからである。昇竜の勢いに乗って世界でサムソンブランドを売りまくったまではよかったが、3〜5年もすれば粗悪部品を使った製品の寿命が尽きるのは確実でその際のサポートがあの国のメーカーに期待できるとは思えないからである。売った数だけ信用に結びつくが、それは製品信頼性はもとより、ユーザーサポートの質にかかっている。失望された分だけ客は離れていくわけで、サムソンの販売力がウォン高でどんどん目減りしていく中、世界的なサポート網を築いているはずも無く、そのブランドイメージが急落する可能性も十分にあるからだ。

そういうメーカーのパクリ製品を主力にすえていたドコモがいまさらながらでも、iPhone市場に参入してきたことは、日本のユーザーにとっては喜ばしい限りだが、現状は必ずしもiPhone待ちのユーザーに応えられてはいない。

数年以内に改善できなければ「やはりドコモの一人負け」に陥る可能性も無くは無いのだ。

ドコモが大変な結果に…!iPhone 5s,5cはドコモ、au、ソフトバンクのどこがいいか、山手線全ての駅で速度を比較してみました:らばQ

下り速度比較

案の定、LTE対応でauのぶっちぎりの勝利。softbankにすらダブルスコアの差をつけられる状況ではまだまだどこも退く線は続きそうである。
ドコモ参入で一番警戒感が強かったsofbankだが、使用電波帯域の不利をカバーする健闘を見せている。私はsoftbankユーザーだが、これならMNPする必要を感じない。auのLTEにしても利用エリアがまだまだ都市圏中心であり、現状のiPhone4sで十分満足しているユーザーには、あえてauに乗り換える必然性はさほど無い。まして料金的にも通信能力的にも劣るドコモにする意味が無いというものだ。

ソフトバンクがドコモ、KDDI を上回る結果を記録 -- 都内で iPhone 5c の通信速度実測調査を実施:Livedoorニュース

ソフトバンク1位

「バリバリバンバン」のCMは伊達じゃない(^^;)地方はともかく首都圏ではsoftbankの健闘が光る。そういうわが町奈良市内でも3G回線やフリーWiFiでの接続は不満はなくなっている。昨年ぐらいまでは車で移動中に圏外になったり、GPSナビの応答が極端に悪くなるときもあったが、今年に入ってからはそんな不具合も無くなった。

もはや最新機種に「命を懸ける」(^^;)歳でもない。不満無く使えればそれで十分。これ以上何でもかんでもスマホに依存する生活はかえってわずらわしい。だから「電子書籍閲覧」はkindle fireにしたわけで、今慌てて新機種にするつもりは毛頭無いのだ。

まぁ、ドコモの結果がそれを裏付けてくれたのは言うまでも無いが(^^;)

JUGEMテーマ:iphone
Posted by soup2001 | comments(2)  trackbacks(0)



S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>



目次&ランダムピックアップ

現代用語のクソ知識の目次

当ブログの目次(管理人のオススメ一覧)です。かなり古い時事問題に関する記事もありますが、当時を思い出してご覧いただけると幸いです。



↑上のボタンを押すと、ランダムにエントリを表示します。
もしもエラーページが出たら、ごめんなさいm(_ _)m「戻る」ボタンでエントリを表示するまでお試しください。

言い訳ページはこちら(^^;)

---------------------------------

---------------------------------






ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ


マウスコンピューター/G-Tune

 RSSリーダーで購読する

Profile
Archives
Recent entries
blog parts







マウスコンピューター/G-Tune

エニアグラム診断によると私はタイプ4番でした。
無料診断のできるサイトはこちらです。
Links
tools


悪徳商法マニアックス




簡単自動登録
無料でSEOならSEO.CUG.NET

大黒天
金運アップブログパーツ
Categories
AdSense







途上国の人々への支援をお考えの方にCARE支援プログラム

ドメイン取るならお名前.com

マウスコンピューター/G-Tune
Mobile
qrcode
Sponsored links
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
このblogのfeedburner