ブログパーツ
<< 掟破り【おきてやぶり】 | home | 伊福部昭【いふくべあきら】 >>

スーパー・カブ【すーぱー・かぶ】

カブ

昨今の世情だと「スーパー株?」と聞き返されそうな雰囲気だが、この「カブ」はそんな虚飾に満ちたバブリーな存在ではない(^^;)なにせ世界でシリーズ累計5000万台を売った、ある意味「日本代表」の傑作バイクである。そのユニークなフォルムとバタバタっと軽快なエンジン音や頑丈で耐久性に優れた性能は今も色あせない。最近「気に入らないことを続けてくれるのでやや気持ちが離れ気味のHONDA」だが、コレに関しては無条件に賛辞を送りたい。ホンダ!エライ!(^^;)
本来業務用のバイクだが、そのレトロ感あふれるたたずまいに「趣味用バイク」としても十分なステイタスを持つバイクを私は他に知らない。
スーパー・カブ@Wikipediaでは生産開始が1958年とある。当時の同排気量のバイクの2倍のパワーを持つ4.5馬力でデビューというのもすごい。単純に計算して見ると、100cc換算で9馬力、1000ccで90馬力。今から50年も前にそんなエンジンを積んでいたというのも信じがたい気がするくらいだ。ちなみに4輪乗用車で90馬力というと普通1300cc以上で、これだとカブの場合、107馬力となる。たとえば今検索しただけでも三菱 ディンゴや、同じホンダのインテグラの祖先クイント(こっちは1600cc)を軽く超えるパワーと言うことになる。4輪の場合、シャシーや全体のバランスで走行性能は変わってくるのでパワーがすべてではないにせよ、カブの性能は驚異的だ。

私自身はカブのオーナーになったことは無いが、代車で一度乗ったことがある。非常に面白かった。足元で絶えず「ガチャガチャ」言いながらパワーを振り絞るギヤボックスや「カックンカックン」とやや大げさなくらいの、そして最近のスクーターのそれと比べるとややスローテンポな(^^;)ウインカー・アラームなど、「もうちょっと乗っていたい」と思う魅力にあふれていた。

お金に余裕があれば、駐輪場に余裕があれば、「カブ90」あたりなら1台欲しいところだ。

その昔WGP(現MotoGP)には50ccクラスもあったらしいので、やろうと思えば「カブGP」もできるかもしれない(^^;)現在はエコ耐久競技のエンジンに使われることが多いらしいが、ミニバイクのレースがあるなら、「カブ耐久」なんてのも楽しいかもしれない。リタイヤするバイクも極端に少ないだろうしね(^^;)
Posted by  | comments(0)  trackbacks(0)



スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | -  -



comments
trackbacks
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>



目次&ランダムピックアップ
現代用語のクソ知識の目次

当ブログの目次(管理人のオススメ一覧)です。かなり古い時事問題に関する記事もありますが、当時を思い出してご覧いただけると幸いです。

2017年5月分よりtwitterまとめエントリを自動投稿するように設定しており、通常エントリが遡りにくくなっているため、通常エントリだけの目次を下記においておきます。

2019年6月の通常エントリ
2019年5月の通常エントリ
2019年4月の通常エントリ
2019年3月の通常エントリ
2019年2月の通常エントリ
2019年1月の通常エントリ
2018年1〜12月の通常エントリ
2017年5〜12月の通常エントリ



↑上のボタンを押すと、ランダムにエントリを表示します。
もしもエラーページが出たら、ごめんなさいm(_ _)m「戻る」ボタンでエントリを表示するまでお試しください。

言い訳ページはこちら(^^;)
---------------------------------
ブログパーツ

---------------------------------




マウスコンピューター/G-Tune

 RSSリーダーで購読する

Profile
Archives
Recent entries
blog parts
Links
tools
Categories
Mobile
qrcode
Sponsored links
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
このblogのfeedburner