ブログパーツ
<< 建国記念の日【けんこくきねんのひ】 | home | 不意打ち【ふいうち】 >>

苦戦【くせん】

トリノ・オリンピックの日本代表陣が軒並み苦しんでいる。日本を背負っているプレッシャーか、気負いすぎか、結果が出せない。大舞台での自分を信じて苦闘を続ける選手たちには、メダルの有無はともかく「ベスト」を出せている者も、見事に「討ち死に」と言う表現が思い描かれるような挑戦と失敗をしてしまった者もいるが、どちらも思い切りのいいパフォーマンスに果敢にチャレンジしているのが唯一の救いだ。

マスコミの美辞麗句に乗せられて「メダルの期待」なんて簡単に思っていたが、やはり世界の精鋭の集まるオリンピックは思いのほか手強い。簡単にはいかない。全体にみると「のびのび」演技しているメダリストに比べると、苦戦する日本選手は「いっぱいいっぱい」のギリギリの攻めに挑戦している分「余裕が無い」様にも見えてしまうのは私だけの印象だろうか?

私自身のことで恐縮だが、最近のロクでもない事件や、自分自身の仕事上のストレスで知らぬうちに「スポーツの感動に逃避したい」とか「スカッと吹っ切れたい」といった、「救い」を求めていたように思う。いや、日本全体がどこかこうした「余計な(不純な)期待感」を選手たちに与えてはいなかっただろうか?大きいイベントであれば誰しも日本人選手の大活躍を期待するのは当然であろうが、今回のオリンピックで言えば「メダルの最有力候補」でも無い選手も含めて「メダル期待」「大活躍期待」をしていたようにも思う。コレが選手にプレッシャーや「負のエネルギー」を与えてなければいいのだが・・・。考えて見るとメダルラッシュに湧く場合と言うのは「予想しない選手が活躍」して勢いがついていることが多い。伏兵が、ラッキーボーイorラッキーガールが大勢出てきてこそ「メダルラッシュ」が可能なのだ。だからこそ可能性のある選手すべてに「余計な期待をかけていた」感が否めない様に思う。

下手をすると「メダル0」もある勝負の世界だけに、「オリンピック・ハイ」あるいは「オリンピック・バブル」(と表現できるかも?)な高揚感を持ちたい「期待族」もそろそろ目を覚ますときかもしれない。>当然私自身もコレです。目を覚ましたいんですがね・・・なかなか(^^;)

苦戦しているのは彼らではなくて、日々の暮らしで「日本国民全員が苦戦中」なんじゃないの?・・・と思ってしまった今日である。<あれ?今日はボケ無し?(爆)
Posted by  | comments(0)  trackbacks(0)



スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | -  -



comments
trackbacks
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>



目次&ランダムピックアップ
現代用語のクソ知識の目次

当ブログの目次(管理人のオススメ一覧)です。かなり古い時事問題に関する記事もありますが、当時を思い出してご覧いただけると幸いです。

2017年5月分よりtwitterまとめエントリを自動投稿するように設定しており、通常エントリが遡りにくくなっているため、通常エントリだけの目次を下記においておきます。

2019年6月の通常エントリ
2019年5月の通常エントリ
2019年4月の通常エントリ
2019年3月の通常エントリ
2019年2月の通常エントリ
2019年1月の通常エントリ
2018年1〜12月の通常エントリ
2017年5〜12月の通常エントリ



↑上のボタンを押すと、ランダムにエントリを表示します。
もしもエラーページが出たら、ごめんなさいm(_ _)m「戻る」ボタンでエントリを表示するまでお試しください。

言い訳ページはこちら(^^;)
---------------------------------
ブログパーツ

---------------------------------




マウスコンピューター/G-Tune

 RSSリーダーで購読する

Profile
Archives
Recent entries
blog parts
Links
tools
Categories
Mobile
qrcode
Sponsored links
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
このblogのfeedburner