ブログパーツ
<< ネット率【ねっとりつ】 | home | 天国と地獄【てんごくとじごく】 >>

黒子【くろこ】

ホリエモン率いるLiveDoorがちょっと苦しい立場に追い込まれたように見える。買収戦争もソフトバンクの登場で新たな局面が見えてきた。どうなることやら・・・なんだかヘタなドラマよりよっぽど面白く見えてしまうのだが、我々庶民には想像のつかない金額が動く世界ではさらに我々の「想定外」のことが動いていても不思議では無いようにも思える。

ここで勝手に想像の翼を広げてみると、ある疑問がわいてくる。「最初から出来レース」の可能性は無いのだろうか?ということである。キーワードはホリエモン自身が語っていた「黒子」。

ホリエモンが社会の表舞台に登場したのは、近鉄−オリックスの合併に待ったをかけて、買収を名乗り出たときである。プロ野球機構のような「前世紀の化石」の組織に風穴を開け、大議論を巻き起こし、最終的に楽天という財界にコネのあるところに「新球団」は持っていかれたが、売名行為としては史上最大ともいえる広告宣伝効果を発揮しただろう。つまり最初からダメ元で出来ればラッキー、ダメでも売名効果があるのでホリエモンに失うものは何も無い。そしてその騒動の背後でしっかり球団買収に成功した企業がある。ソフトバンクである。社長の孫氏とホリエモンは世代が違うとはいえ、同じ高校の出身、孫氏の弟とは同級生という「背後にパイプが存在していてもおかしくない」状況がある。

今回のニッポン放送〜フジテレビ買収劇でも、ソフトバンクがフジの経営権を本格的に手中に収める戦略を持って仕掛けた「諜報戦」の疑いは無いのだろうか?つまり買収屋として名をあげたホリエモンに「悪役」をやらせて、スカパーの立ち上げでも協力関係にあり信頼関係を持つフジ側の「ホワイトナイト」になる戦術で「公共メディア買収」という最終目標のための布石を打つ作戦である。強引な買収を行った場合の批判を逆利用した巧妙な戦略であり、結果的に緩やかな影響力の行使を許す結果になるわけだからありえない話ではないだろう。少なくとも企業買収に関しては孫氏のほうが一日の長があり、プロフェッショナルだと思うからである。かつてテレビ朝日買収に乗り出したが失敗した過去があるだけに、今回の騒動で最後の局面まで表に出てこない作戦はかなり練りに練られた戦術のように思えてならない。しかも表向きは借株で、ソフトバンクの系列投資会社による援軍的行為という2重のオブラートで包まれているだけに、この先の成り行きは予断を許さない。第一今回のソフトバンク側の行為は純粋な「ホワイトナイト」ではなく「限りなくグレーに近い」とまで言うむきもあるのだから、私の想像もまったく荒唐無稽とも思えないのだ。 " target="_blank">この孫正義氏のプロフィールには50代で事業を完成させる(目標)とある。
それが既存メディアとITの融合された「統合化メディア」だとするなら、いよいよ最終段階への動きを見せ始めたともとれるのだ。

そう考えると、最初の球団買収のときから、このラインは生きていたのではないかとも考えられる。ホリエモンvsソフトバンクのパターンを避けるために、流通関連で経済界に強いIT企業としては珍しい楽天をモロIT企業であるソフトバンクの隠れ蓑に利用したのでは?とも思えるのだ。メディア買収のように反響の大きい組織の買収にあたってのシミュレーションを行ったのかもしれない。「黒子」というより、立派な「狂言回し」の役割をホリエモンが演じたのだとしたら、少なくとも私には「ソフトバンク主導の同じ手口に見えて仕方が無い」のである。

今をときめく金持ち企業ITの勇が既存の旧体制的組織を傘下にくわえようとするとき、トライ&エラーを多く経験した孫氏が、こういう回りくどい方法でフジ買収を完成させようとしても不思議ではないと考えるのだが・・・?真実はそのうち・・・数年後に明らかになる・・・かもしれない(^^;)

今朝のサンデー・ジャポンに西和彦氏が尚美学園大学教授として出ており、当然、ライブドア〜ソフトバンクの話題でも多くをコメントしていた。なんだかITオールスター総出演の様相で非常に楽しいのだが(^^;)かつての栄華を知るものには「西さんも老けたなぁ」という感じがして、なにやら時代の趨勢を感じてしまった。

まぁ、全く何の影響力も無い一般庶民の私としてはフジテレビがF1をしっかり中継さえしてくれれば、経営はどこがやっても構わない。というのが本音である。わはは(^^;)
Posted by  | comments(4)  trackbacks(0)



スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | -  -



comments
Re:
TITLE: No title SECRET: 0 PASS: プロ野球に続いて、今回も、ソフトバンクグループに漁夫の利を得られた様で、ホリエモンは可哀想だと思っていましたが、きっと彼はめげずに次を考えるだろうと思っていました。しかし、今回の汁・ビルヌーブさんの意見を聞いて、不思議に納得しました。充分に有り得る話ですね。
旧体制になびいているのが、楽天で、新興勢力の筆頭はやっぱり孫さんですよねぇ。
黒ボンバー | 2005/03/27 13:59 |
Re:
TITLE: No title SECRET: 0 PASS: 孫氏の人生設計に60代で後継者に道を譲るともあるので、そのイス狙ってホリエモンが孫氏に協力・・・というのはあまりに先読みしすぎでしょうかね?(^^;)

ただ、将来的にソフトバンクとライブドアが提携し、合併する事だってありえるわけですから、そのときに孫氏の弟とホリエモンが同級生タッグを組んで、巨大組織となったソフトバンク帝国を操るなんて未来もあながち妄想とばかりはいえないような気がします。

いろんな意味で「アクティブ」な業界ですから、戦国時代のような激しい栄枯盛衰の中で生き残るためには、こんなことくらいやりかねないなぁと
思っちゃうんですよね(^^;)
soup2001 | 2005/03/27 18:33 |
Re:
TITLE: No title SECRET: 0 PASS: SBIの北尾氏は、見るからに腹黒そうですねぇ。神戸高校の出身だそうですが、あんなタイプの生徒は居るはずがないと思っていましたが、やっぱり何処にも変わり者は居るのですねぇ。(笑)
| 黒ボンバー | 2005/04/02 08:32 |
Re:
TITLE: No title SECRET: 0 PASS: 単なる「出たがり」じゃなく「いっちょかみ」でもなく「ええかっこしい」でも無いかもしれませんが、私には「とても胡散臭くみえる」人間ですね。

大阪市内をラフなスタイルで歩いていたら、間違いなく「ヤ」の関係者に見えるでしょう(^^;)
soup2001 | 2005/04/03 08:13 |
trackbacks
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>



目次&ランダムピックアップ
現代用語のクソ知識の目次

当ブログの目次(管理人のオススメ一覧)です。かなり古い時事問題に関する記事もありますが、当時を思い出してご覧いただけると幸いです。

2017年5月分よりtwitterまとめエントリを自動投稿するように設定しており、通常エントリが遡りにくくなっているため、通常エントリだけの目次を下記においておきます。

2019年6月の通常エントリ
2019年5月の通常エントリ
2019年4月の通常エントリ
2019年3月の通常エントリ
2019年2月の通常エントリ
2019年1月の通常エントリ
2018年1〜12月の通常エントリ
2017年5〜12月の通常エントリ



↑上のボタンを押すと、ランダムにエントリを表示します。
もしもエラーページが出たら、ごめんなさいm(_ _)m「戻る」ボタンでエントリを表示するまでお試しください。

言い訳ページはこちら(^^;)
---------------------------------
ブログパーツ

---------------------------------




マウスコンピューター/G-Tune

 RSSリーダーで購読する

Profile
Archives
Recent entries
blog parts
Links
tools
Categories
Mobile
qrcode
Sponsored links
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
このblogのfeedburner