ブログパーツ
<< さよなら日本沈没首都消失【さよならにほんちんぼつしゅとしょうしつ】 | home | 小火【ぼや】 >>

諦め【あきらめ】

今更ながら、先日他界した小松左京氏原作「日本沈没」の2006年版の映画(TV録画分)を再び見た。恐ろしく大規模な激甚災害が多発している設定の割には、平穏な日々は続き(^^;)ただ「沈む」懸念だけがクローズアップされていた。この映画の制作や原作が書かれた時点では、原発のことはどう考えられていたのかが今となっては不思議だ。



明らかに福島第一どころの騒ぎではない、放射線漏れ事故や大規模被曝の実態が予想される上に、1年以内に日本列島が沈む設定であるならば、54基ある全ての原発の核物質は間違いなく地球上に野放しに放出されることになる。「日本沈没」以前に「日本溶融」だったわけだ。そしてすべての冷却停止が中途で挫折し各地で再臨界を経て小規模爆発から地中の地下水と反応して水蒸気爆発・・・日本を含む太平洋西岸は54発の核攻撃を受けたと同等の、あるいはそれ以上の放射性物質に晒されるわけだ。架空の話ですら想像できないほどの地獄である。阪神淡路大震災ではたまたま近隣に原発がなく、中越地震でも柏崎刈羽原発は重大事に至らなかったが、もし3・11以降、再び「日本沈没」をリメイクするというのなら描き方はずいぶん変わってくるだろう。

今更というなら、震災後4ヶ月もたった今頃になって原発稼働の安全性に関し「ストレステスト」など付け焼刃的というか気休め的な「再稼働のための方便」で極めて「役所的な言い訳」にしか聞こえない。原子炉の耐久性よりも非常時電源の確保とその安全性で十分。今後原発の新造は不可能なのだから廃炉する原発を早急に決めて随時代替発電に置き換えていくだけだ。

すわ、「原子力発電の危機」!とばかりに声高に「原発の必要性」や「残存原発の安全性」を説く経済学者も多いが、どうにもそのお説が胡散臭く聞こえてならない。池田信夫など、以前は評価していた人まで「慌てて原発擁護」に周り、代替発電などには目もくれない。

本当にこの人は経済評論家なのだろうか?氏はブログの中
物理的には放射線を遮蔽する技術は確立している。しかし政治的には、最終処理の方法は確立していない。それは人々が、たとえ放射線のリスクがゼロでも、核廃棄物の近所に住むことをきらうからだ。原子力の問題のほとんどは技術ではなく、政治と感情なのだ。

と書いているが、その肝心の政治が信用出来ない。電力事業者が信用出来ない。故に核廃棄物の安全性(技術)を信用出来ない。だからこそ、直感的・感情論的な世論が蔓延しているのだ。
最近この人は頭でっかちになりすぎているのか、そういう平民の意識が理解出来ないらしい。自分が言葉足らずに「擁護すればするほど庶民は懐疑的になり、池田信夫自身を疑うようになる」ことに気づかないようだ。

今この時に必要な論説は、危険を危険としてしっかり明示し、そのための対策を速やかに起案・実行するためのアイデア・政策提案である。それがないなら「右往左往してなんとかいい子になろうとしている菅内閣」と何も変わらないではないか(^^;)

原発推進派の諦めの悪さに少々辟易している私なのだ。もちろん私も「原発の即時全面停止」など非現実的な対応は認める気はない。しかし停止中でもなおリスクを伴う原発を、福島第一の状態になったらもう手がつけられないリスクを、日本全土に分散配置しておく気にはならないのだ。

原発推進派に諦めてもらう代わりに我々も諦めなくてはならないものがある。電気料金の高騰である。もう、どのみち程度の差はあれど電気料金は上がる。原発に関しては新たに発生する安全管理コスト、当面代替発電の最有力である火力発電の燃料(原油)の世界的高騰による値上げ。円高が止まらないためあまり表面化してこないが、この円高が無かったらとっくにガソリンなどは200円/Lを超えているとも言われる。(これまた一部の経済学者曰く、ペットボトルの水0.5Lが150円で流通する以上ガソリンも同程度(300円/L)までは国民は耐えられるだろう(^^;))

なでしこジャパンは「諦めない」ことで栄冠を得たが、我々無能な政府に翻弄される国民は「諦め」こそが寛容なのかとも思う。国に頼らず、出来る限り自分の力と信じるところに向かって進むしかない。復興地域で苦闘する被災者と同じだ。

でもまぁ、ホントに諦めなくてはいけないのは菅内閣であることに間違いはない。「いい加減諦めて退陣しろよ」という世論ニモマケズ(^^;)「諦めない姿で国民に勇気を与えたなでしこジャパンに国民栄誉賞」を与えるあたり、あやかりたいスケベ根性が丸出しではないか(爆)

JUGEMテーマ:社会の出来事


Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | -  -



comments
trackbacks
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>



目次&ランダムピックアップ
現代用語のクソ知識の目次

当ブログの目次(管理人のオススメ一覧)です。かなり古い時事問題に関する記事もありますが、当時を思い出してご覧いただけると幸いです。

また、当ブログはコメント機能を停止しています。ご意見等はtwitter
汁・ビルヌーブ@soup2001」へどうぞお寄せください。管理人の気が向いたらリプを返すかもしれません(^^;)


2017年5月分よりtwitterまとめエントリを自動投稿するように設定しており、通常エントリが遡りにくくなっているため、通常エントリだけの目次を下記においておきます。
※2019年8月1日〜11月25日の間はtwitterの仕様変更で自動まとめ投稿が停止していたためこの間のまとめはありません。

2020年6・7月の通常エントリ
2020年5月の通常エントリ
2020年4月の通常エントリ
2020年3月の通常エントリ
2020年2月の通常エントリ
2020年1月の通常エントリ
2019年1〜12月の通常エントリ
2018年1〜12月の通常エントリ
2017年5〜12月の通常エントリ



↑上のボタンを押すと、ランダムにエントリを表示します。
もしもエラーページが出たら、ごめんなさいm(_ _)m「戻る」ボタンでエントリを表示するまでお試しください。

言い訳ページはこちら(^^;)
---------------------------------

---------------------------------



ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ


マウスコンピューター/G-Tune

 RSSリーダーで購読する

Profile
Archives
Recent entries
blog parts
Links
tools
Categories
Mobile
qrcode
Sponsored links
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
このblogのfeedburner