ブログパーツ
<< マジっすか?【まじっすか?】 | home | サイコパス【さいこぱす】 >>

■現代用語のクソ知識(2004〜201x)の目次■※随時更新

当ブログの過去エントリで「オススメ」のものを紹介しています。
●最初の1歩(2004.11.03)
最初の書き込みです。書いてからなんとなく自分の立ち位置がつかめたような気がして、徐々にのめりこんでいくきっかけになったんだよなぁ(^^;)

●エピソード(2005.01.25)
街の中に生きていると「すごい話」が耳に入ってくることがあるんですね。壮絶なバイト自慢話の可笑しさは笑いをこらえるのがホントに辛かった(^^;)もちろん一言一句この通りとは言いません。記憶を基に書いてるので、多少誇張されたり間違ってる部分もあるでしょうが、小耳に挟んだ抱腹絶倒な話としてはダントツの1位です。

●営業中の嘘(2005.02.17)
大阪では有名な店です。インパクトはピカイチ。でもみんな看板の文字が「嘘」であることは知っているので、待ち合わせや道案内の目印にしかなってないという、「哀れ」をそこはかとなく誘うお店なのです。

●使用許諾権に見る国際情勢(2005.03.12)
ちょっとカタい話です。でも読んだことあります?使用許諾権の文言。アメリカが主要OSを牛耳る世界ってちょっと気持ち悪いですね。ネットはもっとボーダーレスなものなのに。

● トリビア的キムチ考(2005.04.18)
調べてみると意外な歴史があったキムチ。朝鮮と日本の忌まわしい歴史とその歪(ひずみ)はなかなか消えないけれど、こんなオイシイ関係なんだからもっと仲良くなりたいんですがねぇ・・・。(2013年時点では仲良くする気が無くなってますが(爆))

●童心から邪心(2005.07.07)
汚れきった大人の腐りきった七夕考をどぞ(^^;)

● 解釈は色々あれど(2005.07.22)
難解という評価の多い「2001年宇宙の旅」。私なりの解釈を書いてみました。

●言葉は誰のもの?(2005.09.23)
「国語の乱れ」とはよく教育関係から聞こえてくる言葉ですが、生き物ですから変貌するのは当たり前・・・あたりを書いたら茅須まいるさんの「たのしい検索ゆかいな検索」に釣られました(^^;)これがきっかけで親しくさせていただいてます。何がきっかけになるか予想がつかないのがネットの面白さであることを教えてくれたエントリです。

●ジェネレーション・ギャップ?(2005.12.10)
コロッケ好きですか?

●綺麗なおネエさんは好きですか?ハイ!好きです!(2006.01.27)
我々一般人とマスコミの審美眼は一致してるのか?

●私的ブログ考(2006.02.19)
私の○○○○○毎日を晒してます(^^;)このエントリ時点から比べるとブログ系発信ツールのバリエーションも増えましたね。

●不思議なメロディ(2006.02.25)
日本人のアイデンティティに訴える「君が代」。強制されるのは嫌だが、純粋に楽曲として考えると・・・

●最近の○○(2006.05.30)
・・・ってどうよ?(^^;)

●当たったといっても・・・(2006.06.29)
有名な詐欺DMがウチに来たんだけど、当選したのは・・・(^^;)

●三つ選ぼう(2006.08.09)
ガンダムヲタ必見・・・か?(^^;)

●そっくりで悪かったな(2006.06.11)
自分が誰かに似てるとしたら、やはりポジティブなイメージの人であって欲しいですね(^^;)

●朝日新聞のコラムニストになりたいかー?(2006.09.03)
ネットツールねたです。

●感じる漢字(2006.11.26)
難読漢字の面白さ。というか、一般的な日本人が知らない日本語の存在に驚きました。

●ネット辞典(2007.01.09)
他のサイト紹介ネタです。しかもお笑いをテーマにした(当時としては)珍しい辞典です。まさかこの内容を本気にはしませんよね?・・・でもびみょ〜に痛いところを突いています。ナイスです。グッドです。クールです。まぁ一度、ご覧になってください。

●正しい日本語の反面教師(2007.03.26)
東南アジアなどでの日本語誤記ネタです。いや〜うまい具合に間違えますね(^^;)世界で一番難しい言語かもしれないので無理も無いですが。

●パロディを遊ぶ(2007.06.23)
かの歴史的絵師のタッチで、アートできるという有名なツールです。

●和歌集?(2007.11.14)
川柳は一時期ハマッた事がありますが(^^;)やはり「時代(時世)を切り取るツール」としては日本独自の文化ですねぇ(^^;)

●破壊という快感(2008.03.20)
ストレス溜まってる人はここで紹介しているサイトを訪れてください。そして「画面に何も表示されなくても」とりあえずクリック。破壊の快感は、やりすぎると毒かも・・・ってコレだけではすぐ飽きるでしょうが(^^;)

●意志の伝え方(2008.05.20)
今ならメールの時代ですが、少し前までは「手紙」でした。いろんな「手紙」の考察です。

●乱立(2008.06.21)
奈良市民としては憂慮に堪えない・・・どころか適当に茶化している私です(^^;) まぁ、そんなに大そうに考える事も無いような気がします。所詮キャラクター商品収入を当て込んでるんでしょうから。奈良は日本一浅ましい県かも知れませんねぇ(T_T)

●政見放送(2008.09.01)
政見放送をオモシロイと思ったことは今までなかった私ですが、これは爆笑しました。NHKの政見放送でこんなにハジケた候補者を見たことがありません(^^;)この後には内田裕也氏などユニークな人もいましたが、役者が違いますね(爆)

●バトン(2008.09.02)
いろんな「バトン」がネットを席巻した時期がありました。ちょっと時期外れですが、こういうバトンが「某政界」ではやりとりされて・・・いません(^^;)これはネタです。

●小説(2008.09.27)
小説という表現形式も携帯電話の小さな画面に収まるとこんな風に変わってしまうんでしょうか。 なんだか「思慮深い」感じが全くしないんですが、これも時代と言うものでしょうか(^^;)

●名画にみる世界観(2008.11.09)
検索で訪れる方の多いこのエントリ。ユダヤ金融財閥あたりの話が興味を引いたのかと思ったら、サルバドール・ダリの名画に対する私の解釈(感想)が、古くはmixiのどこかのコミュまたは日記(^^; ・・・私は見れませんでしたけどね)や、最近ではNAVERまとめ「美しさを支える醜いアート」で取り上げられた事が原因のようです(^^;)面白いと思ってくれたのなら幸いです(^^;)

●偉大なる勘違い(2009.01.08)
言葉・言語には「誤り」から生まれた新語も少なく無いのですが、まさかこんな新語が「定着」しているとは・・・(^^;)

●偉人とは・・・(2009.06.15)
これも検索で訪れる方の多いエントリ。キーワードがそのままエントリタイトルになってますが、どうやらこの言葉の「発せられた時期や背景」の情報を求めて来られる方々のようです・・・が、残念でした(^^;)あるドラマの事しか書いてませーん(爆)来訪者の方々、ご期待に答えられずごめんなさいm(_ _)m

●似て異なる(2010.01.17)
予想に反して似てるものを見つけた時、うれしくなったりしませんか?他人に先に見つけられたりするとちょっと悔しくもなるのですが(^^;)

●非実在(2010.04.12)
「非実在老人」このエントリを書いた時点では、相続税逃れを想定していたのですが、後に不正受給問題としてクローズアップされ、「超高齢の消えた年金受給者」として話題になるとは・・・。

●硫黄島(2010.04.12)
クリント・イーストウッド監督の映画「硫黄島シリーズ」2本の感想です。

●地獄(2010.07.21)
またまた映画「クロッシング」の感想から色々発想を飛ばしてみました。

●同盟(2010.08.25)
名物レポーターの訃報から、なぜか日米安保の話に(^^;)

●シナリオ(2010.09.22)
シナリオ通りに行くのは「お芝居」だけ。虫のいいシナリオを描いた人が今年も大勢いました(^^;)

●世界征服(2010.11.25)
朝鮮半島で小規模な衝突。戦争に至る経緯はそれぞれあれど、背後にうごめく「意識」がちょっと不気味な状況になってきました。

●悪徳詐欺商法(2011.01.08)
「自分だけ得をしよう」という心理につけ込んだ。詐欺的商法がまかり通っています。少し考えれば、「価格を超えた価値設定はできない」ということはすぐわかるはずなんですが・・・

●フォントの話(2011.02.16)
日本語フォントの歴史をたまたま勉強してみたら意外な秘話が眠っていましたとさ(^^;)連続4回シリーズです。

●たいが(いにせい!)ドラマ(2011.02.21)
NHKの大河ドラマがどんどん壊れていっています(^^;)

●エール(2011.03.21)
やってください。やるべき事を。私は少なくとも「やるべき事はやってきた」つもりです。できない時もあったけれど(^^;) 努力してもがいて、報われなくて辛くて、そんな苦闘中の方に、この動画の曲を捧げます。

●○○の世界(2011.04.19)
バカ売れ商品はすぐに模倣されます。もちろん記憶に新しいこのメーカーの訴訟騒ぎが再び。

●二つのシンボル(2011.06.25)
日本が背負った二つの痛恨のカタチ。どう活かすかはこれからの私達次第なんですね。

●謎の構造物(2011.11.18)
中国大陸の奥深く。何故かGoogleEarthで見えるものが有りましたとさ。

●下品(2012.01.15)
日本なんだから無理に英語を使わなくてもよかろうに。ほら、外人からまたバカにされた(^^;)

●人気者(2012.05.22)
さすが、国民的キャラだけに、当世の日本の問題を映してますなぁ(^^;)

●略奪と剽窃と嘘(2012.05.01)
馬鹿な為政者代表として定着した某元総理とあまりにも対局にある冷静な分析動画サイトの主。・・・最近は少し暴走気味ですが(^^;)動画の内容は必見ものです。

●まさかの末裔(2012.08.15)
ご先祖様に関する話ですが、偶然と呼ぶにはあまりに奇遇な合致があるのは確か。それでもそのDNAの痕跡は残っているような気がします。

●賢人からの忠告(2012.10.19)
いや〜仰る通り!(^^;)昔から評価は同じだったんだねぇ(爆)

●間抜けな隣人(2013.02.22)
やることが徹底していますね。呆れるほどに(^^;)

●グローバリゼーション(2013.04.09)
超有名食品のCMが奮っています。世界企業となってるメーカーによる皮肉というのが面白いですね。

●オヤジな会社(2013.06.25)
関西人(orダジャレ好き)にはたまりません(^^;)

●厄介な隣人(2013.09.24)
日本と因縁のある隣人たち。悪いのは日本だけなのか?シリーズで私なりの近代史を探求してみました。(不連続8回シリーズ)

●脱原発の果てに(2013.12.11)
私は脱原発派で反原発派です。しかし全原発の即時撤廃が核被害のリスク低減になるとは思っていませんし、産業や経済に対する影響の大きさを考えるとそんなに極端な廃絶論は却って国益や安全性を損なうと考えています。そのあたりのことを考えていた時に「もう一つの隣国」との接点が「ひとつの落とし所」を提示しているようにも思えてきました。さて、コレは妙案なんでしょうか。それとも・・・。

●守るべきもの(2014.02.03)
環境保護や自然保護という概念は、人間のご都合主義の産物だと思っています。無駄を省き資源を大事にすることや環境や自然を破壊し生態系を維持するための意識を啓蒙することは意義があると思いますが、それを声高に訴えて「自らこそが正義である」と主張する組織や団体をどうしても信用出来ない私です(^^;)

●夢の国の地獄(2014.05.01)
どんなに健全に見えてもやはり宜しくない裏側はあるもので、そのギャップが大きければ大きいほど怒りや失望もまた大きくなります。昔は好きだったのになぁ(^^;)

●解釈次第で・・・(2014.05.18)
憲法9条ネタです。書いてみてお花畑左翼「自称」平和主義の無残さがより鮮明になりました(^^;)この9条ネタは今年盛り上がりましたが、「改憲議論」につながらなかったのはちょっと残念でした。

●日本史上最大の詐話師(2014.05.26)
2014年のキーワードの一つ「吉田証言」。後に朝日新聞の件で大騒ぎになりましたが、それどころではない背景の存在にびっくりしました。

●私って私ですよね?(2014.06.03)
憲法9条ネタ第2弾(^^;)早い話が「考えすぎて思考の迷路にハマる」のか、「聞こえのいいセリフで思考停止する」か?といった感じなんですが、護憲派平和主義はどう見ても後者だと思うのは私だけでしょうか?

●隷属(2014.07.07)
お金の奴隷、イデオロギーの奴隷、色恋の奴隷(^^;)全部キツイとは思いますが、一番なりたくないのは・・・あなたはどれ?(^^;)慰安婦ネタでは有りますが、親日系韓国人ブロガーのベストセラー本にも乗っかってます(爆)


●お言葉(2014.08.08)
終戦記念日に向けてのネタでしたが、陛下のお言葉の中に「現状への危惧」を示唆したような部分があることに驚きました。

●開き直り(2014.08.23)
朝日新聞の記事訂正に始まった一連の騒動。ついに朝日新聞の手のひら返しの始まりか?(爆)いやいや、タダの開き直りでした(^^;)政治家の公約破りの言い訳のような言い逃れや論点のはぐらかしが鮮明なのが笑えて仕方ありませんねぇ(^^;)

●戦前とは何だったの?(2014.09.03)
近代史の検証シリーズ第2弾!明治時代から昭和前半の「大日本帝国」時代の考察シリーズです。例によって不連続ですが、今回は当初の想定以上のロングワークになりそうです。

●日本にいる魔物(2014.10.23)
戦後の民主主義・平和主義のシンボル。日本が世界に誇る「善」の発露と思っていた憲法が、実は世界的な流行りに乗っかったミーハーなシロモノだった(^^;)と言うお話。理念は崇高だとは思いますがその取り巻きは・・・いやはやどうにも・・・(^^;)

●慰安婦問題を象徴するこの人物。その偽りの人生に驚愕(2015.04.10)
上記にもある慰安婦問題の原点とも言える「強制連行」「慰安婦狩り」の虚構を描いた吉田清治の背景を見ると、これがまともな日本人であるとは思えない事実が横たわっていました。朝日新聞はこれを承知していたのでしょうか?ますます両者の罪の深さを再認識できたエントリです。

●少年の中の闇(2015.03.25)
少年犯罪は毎回、衝撃と戸惑いと苦渋に満ちたなんともやりきれない感情が溢れ出すものですが、世の中はなんとも気楽に断罪したり擁護したり面白がったりと、そのカオスぶりに腹立たしさも感じます。そして必ず思い出す「犯人の肖像」。ある本の中に重要なヒントが有るように感じましたが、この社会はこの教訓をちゃんと活かせるのでしょうか?

●今そこにある偽善(2015.05.06)
これも慰安婦問題ネタなのですが、反日勢力の嘘や偽善をわかりやすい動画で紹介するWJFの慰安婦シリーズ3部作が完結。特に第3部は必見です。現在に生き残っていた性奴隷の実態は衝撃的で、この偽善を行っているのが国家であるという厳然たる事実はただただ驚愕です。この事実を隠蔽するために、また、露見したとしてもそれ以上に非道を行った存在を強調し、あくまで自分たちは被害者である立場を守ろうとする。だから何が何でも日本を悪者にしなければならないという理由がここに見て取れるように思います。

●対岸ではない火事は熱い(2015.10.04)
シリア難民問題と安保法制と若者の政治活動・・・。何かがズレてる気持ち悪さや、恐らく「分かり合えない」であろうプロパガンダに汚染された認識と歴史の不勉強。実はそろそろ尻に火がつこうとしているようにも思える私なのですが・・・、世間一般ではそこまでの感覚はなく、平和でお気楽な矛盾した世界観に違和感を覚えていない人が多い模様。そのうちこっちに類焼してからでは遅いんですけどねぇ・・・。

●70年後の戦い(2015.11.24)
戦後70周年の2015年、沖縄では戦後からくすぶっていた沖縄県民の「思い」が火種となった・・・ように見えますが、実はもっとドロドロとした利権争いだったのではないか?まぁ、どんな指導者であれ、先頭に立って旗を振る人間は多少なりとも胡散臭く、偽善の香りをまとってはいるものですが(^^;)


●離合集散(2016.03.17)
国際政治の移ろいと変わらぬ激しい日本の野党の変貌ぶり。でも変動の大元になっているのは「中途半端な人々」(^^;)これはまだまだ続きそうですねぇ(溜息)

●電波媒体の正体(2016.03.27)
テレビなどのいわゆるマスコミはここ数年で急速に信頼を失っていますが、世論を操作しようという欲望がはっきり見えた一幕がありました(^^;)

●幸せの定義(2016.05.01)
「人並み」を何故か嫌っていた自分。その正体があっけなく判明しました(爆)やれやれ(^^;)

●「半分だけ日本人」から見た世界(2016.08.13)
日本とイギリスのハーフの方によるブログを拾ったのですが、中々衝撃的な内容に唖然。精神文化の違いによる価値観の断絶(?)はショックでも有りましたが、日本が世界から珍しがられている理由も多少は理解できました(^^;)

●勝者は誰だ(2016.11.13)
意外な結果になった米大統領選挙。本当の意味での勝者が判明するのは4年後・・・なのかも?(^^;)








Posted by soup2001 | -  -



スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | -  -



S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>



目次&ランダムピックアップ
現代用語のクソ知識の目次

当ブログの目次(管理人のオススメ一覧)です。かなり古い時事問題に関する記事もありますが、当時を思い出してご覧いただけると幸いです。

2017年5月分よりtwitterまとめエントリを自動投稿するように設定しており、通常エントリが遡りにくくなっているため、通常エントリだけの目次を下記においておきます。

2018年 9月の通常エントリ
2018年 8月の通常エントリ
2018年 7月の通常エントリ
2018年 6月の通常エントリ
2018年 5月の通常エントリ
2018年 4月の通常エントリ
2018年 3月の通常エントリ
2018年 2月の通常エントリ
2018年 1月の通常エントリ
2017年12月の通常エントリ
2017年11月の通常エントリ
2017年10月の通常エントリ
2017年 9月の通常エントリ
2017年 8月の通常エントリ
2017年 7月の通常エントリ
2017年 6月の通常エントリ
2017年 5月の通常エントリ


↑上のボタンを押すと、ランダムにエントリを表示します。
もしもエラーページが出たら、ごめんなさいm(_ _)m「戻る」ボタンでエントリを表示するまでお試しください。

言い訳ページはこちら(^^;)
---------------------------------




ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ


マウスコンピューター/G-Tune

twitter

 RSSリーダーで購読する

Profile
Archives
Recent entries
blog parts



ブルーリボン





マウスコンピューター/G-Tune

エニアグラム診断によると私はタイプ4番でした。
無料診断のできるサイトはこちらです。

Links
tools






Categories
Mobile
qrcode
Sponsored links
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
このblogのfeedburner