ブログパーツ
<< 読書熱【どくしょねつ】 | home | ロックアウト【ろっくあうと】 >>

偶像【ぐうぞう】

もう一週間前の話ではあるが・・・(^^;)安倍首相が靖国参拝を見送った代わりに終戦の日の全国戦没者追悼式の式辞で「反省」と「哀悼の意」の言葉を盛り込まなかったからと例によって特亜兄弟はブーイング(^^;)

韓国紙、首相式辞を批判=「村山談話を全面否定」

中韓、連日の対日批判 安倍首相式辞「加害責任避けた」

私もニュース映像で見たが首相官邸HPで映像とテキストの両方を確認できるので参照してみる。

平成25年8月15日
全国戦没者追悼式式辞:首相官邸HP「記者会見」

 天皇皇后両陛下の御臨席を仰ぎ、戦没者の御遺族、各界代表多数の御列席を得て、全国戦没者追悼式を、ここに挙行致します。

 祖国を思い、家族を案じつつ、戦場に倒れられた御霊、戦禍に遭われ、あるいは戦後、遠い異郷に亡くなられた御霊の御前に、政府を代表し、式辞を申し述べます。

 いとしい我が子や妻を思い、残していく父、母に幸多かれ、ふるさとの山河よ、緑なせと念じつつ、貴い命を捧げられた、あなた方の犠牲の上に、いま、私たちが享受する平和と、繁栄があります。そのことを、片時たりとも忘れません。

 御霊を悼んで平安を祈り、感謝を捧げるに、言葉は無力なれば、いまは来し方を思い、しばし瞑目し、静かに頭を垂れたいと思います。

 戦後わが国は、自由、民主主義を尊び、ひたすらに平和の道を邁進してまいりました。

 今日よりも明日、世界をより良い場に変えるため、戦後間もない頃から、各国・各地域に、支援の手を差し伸べてまいりました。

 内にあっては、経済社会の変化、天変地異がもたらした危機を、幾たびか、互いに助け合い、乗り越えて、今日に至りました。

 私たちは、歴史に対して謙虚に向き合い、学ぶべき教訓を深く胸に刻みつつ、希望に満ちた、国の未来を切り拓いてまいります。世界の恒久平和に、能うる限り貢献し、万人が、心豊かに暮らせる世を実現するよう、全力を尽くしてまいります。

 終わりにいま一度、戦没者の御霊に平安を、ご遺族の皆様には、ご健勝をお祈りし、式辞といたします。

平成二十五年八月十五日
内閣総理大臣 安倍晋三


直接的な表現ではないものの、この内容の赤字の部分などに「反省の念」「哀悼の意」から生まれる未来志向が伝わってこないとしたら、内外を問わず、まず日本語の教育からやり直さなければなるまい(^^;)

韓国のパクってクネクネ大統領が千年の未来も「恨み」を忘れないと明言した以上、これ以上の謝罪めいた表現など不要であり、以前からの公約だった「村山談話の見直し」の第一段階が始まったと見るべきだろう。特亜ストーカー国家のクレームこそそれを証明しているし、彼らが一番恐れるのが、「村山談話見直し」から始まる日本の自主防衛路線(改憲と日米安保破棄による軍備拡大)かもしれない。

かも知れないというのは、特亜ストーカー国家が反日運動の根拠とする「非戦争宣言を行った日本の敵対行動」は、所詮独立国家として当然の権利であり、アメリカの勢力圏から脱して自由に勝手にアジアへの影響力を強めることの警戒でしかない。またそれをも利用した「政府批判回避のための反日」であるから、本当に日本が「軍事大国化して困るのは彼ら自身」だからだ。

「悪逆非道な日本」という偶像は、彼ら特亜国家やかつて敵対し対日戦を肯定するための詭弁としてアメリカも有している認識だ。まぁ、その当時の日本でさえ「鬼畜米英」とか貶していたのだからおあいこであるが(^^;)
ただ、安倍総理に見える「新しい日本側の対応」は面白い。「話し合いなら応じるよ、余計な条件さえ付けなければね」と、受容とも拒絶とも取れるメッセージを発してなお「配慮した形で最低限の自己主張」を行う。日和見的であるとも言えなくはないが(^^;)周囲に気を配りつつ「これからの日本は屈しないんだよね」との意思表示を行う。面と向かっての挑発ではないにせよ、特亜国家にとっては歯がゆい行動に違いない。相手側の高飛車な融和の呼びかけを封じるとともに、着々と「特亜国家離れ」を促進する日本経済界の時間稼ぎをしているようだ(爆)

何にせよ、軍事的な肥大化を封じることで平和国家を目指した戦後の日本だが、今頃目覚めた?(^^;)日本人+まだ目覚めていない日本人を啓蒙するかのような昨今の「ももクロの歴史認識問題」(^^;)
どういう意図かは知らないが、まぁ啓蒙活動の発端あるいは一環になればいいんじゃないですか?とは思う。彼女らの「おバカ回答」にはさすがに笑ったが、このまま彼女たちが成長して子供らに「日本の歴史」を伝えると思うと背筋が寒いのも確か(爆)

表紙私の歴史認識の最初は、小学生の頃読んだ集英社版「学習漫画日本の歴史」であった。今の水準からすると・・・いや、その当時でさえすでにレトロな描画スタイルで、歴史上の人物の喜怒哀楽をコミカルに描いていて小学校低学年でも非常にとっつきやすかった。親は「所詮漫画」と心良くは思っていなかったようだが、それでも「学習」と冠されているので(^^;)とりあえずは黙認してくれた。

<表紙画像元:ま、あれな話だが…>

下の本文画像を見ればわかるが、かなり史実を端折りながらも歴史上の人物の心象を表現し「争いが起こる原因」をちゃんと描いているため、それぞれの思惑や利害の衝突が昂じて戦争になった経緯がよく分かる。

本文※クリックで拡大します。<本文画像元:旅はブロンプトンをつれて>

残念ながらネットで見つけた画像はこの辺りで、近代史の太平洋戦争のものは見つからなかった。私の記憶の中には「軍部の専横」が強調され、国民もなんとなくそれに呼応して戦争に突入していったような印象がある。日本を「完全な悪」とは描かないにしても、明らかにおかしな理屈、誤った欲望の発露として捉えたことは間違いない。

それが昂じて青年期には完全に左翼にかぶれて「反政府思想」「反社会的意識」に支配されたが、それでも左翼過激派・赤軍派と呼ばれる連中の「狂信的な姿」には少々辟易していて、自分からは決して近づこうとは思わなかった。言葉にはしないにしても「共産主義の暴力性」と「軍事独裁・全体主義の暴力性」の共通性を感じていたのかもしれない。それをはっきりと認識するのは成人してかなり後、いろんな書籍を読みあさった後であった。

終戦の日前後の特番では相変わらず「反戦もの」が主流を占めていたが、興味深かったのが二周に渡り前後編に分けBSプレミアムで放送されたNHKスペシャル「零戦〜搭乗員たちが見つめた太平洋戦争」だった。詳細をまとめてくれているサイトがあるのでこちらを参照のこと。(「零戦〜搭乗員たちが見つめた太平洋戦争」はBSプレミアムで8月25日午前11時30分から前後編を一挙再放送予定)

海に眠るゼロ戦

一部再現ドラマを交えながら、映画「永遠の0」のCGシーン?や今公開中のジブリ「風立ちぬ」にかぶるドキュメントで、その当時の日本という国家の「非人間性」を伝えている。誤解しないで欲しいが「非人間性」というのも現代の尺度での話。当時でも「ひどい扱い」であったことは間違いないが、「日本人なら耐えて当然」「不平を言うのは人間が堕落している証拠」とかの精神主義で受容していたのが現実だろう。故に「昔の人は苦労した」とは言えても「昔の為政者は人間性に欠けている」と言うのは不当な評価と言える。

今の共産国を見れば当時の日本と同様の「人権侵害」「人命軽視」は簡単に見て取れる。今の中国や北朝鮮はかつての日本と同じなのである。だからこそ周辺国を植民地化していた列強がその日本を恐れたように今日本は中国や南北朝鮮に警戒心を抱かざるをえない。我々もまた彼らに「反日国家の偶像」を見ているのだろうか?・・・少なくとも「虚像」でないことは確かだと思うが(^^;)

終戦番組ではもうひとつ。従軍作家たちの戦争:NHKスペシャルも挙げておこう。

NHKスペシャル|従軍作家たちの戦争

芥川賞作家火野葦平(wiki) が兵役中に文学賞をとったがために、軍部の情報戦に利用された話だが、これは今のマスコミが経済原則に支配され、「韓流ゴリ押し」をするためのイメージ戦略を展開するのとさほど変わらない。対して真っ向から批判した小説「生きてゐる兵隊」(wiki)を書いた石川達三(wiki)は発禁になった挙句、有罪判決を受け執行猶予中には海軍報道班員として従軍協力させられる。「生きてゐる兵隊」は、あくまで小説で演出やフィクションの部分も含まれるが、日本軍が大陸で犯した「犯罪的人権侵害」の実情を複数の兵隊からの取材を通して書かれたものであることは疑う余地はないと思う。そういう批判を封殺するほど、軍は言論統制をし、国民の自由を奪っていた事実は動かせない。

ただ、当時から存在するマスコミのほとんどが「戦争賛美」へとシフトし、軍部以上に戦争を煽る存在となった点は残念ながら語られなかった。軍部は主犯、国民は共犯、日和見的に言論を左右させた卑劣なマスコミは教唆犯といえるだろう。

昔から、真に平和な国家など存在しない。それはこれからも同じであろう。それを信じたい気持ちは別としてそんな偶像を狂信する事こそ愚である。

それぞれの国家に正義は存在する。しかし世界共通の正義などどこにも存在しない。同様に平和な国家も存在しないが、平和を求めて努力する国家はいくらでもいる。

「平和という偶像」を「実像」とするためには、歴史に怠惰な国民であっていいはずがない。現実を直視しない蒙昧な感性でいていいはずがない。これまで以上にそれが認識できた今年の夏だった。

JUGEMテーマ:歴史
Posted by soup2001 | comments(8)  trackbacks(0)



スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | -  -



comments
Re:
日本の歴史上、武家の時代に命のやりとり(戦)をして領地を拡大して行ったことはそうでしょう。
昔の武士(サムライ)は刀を持ち切った切られたの時代であったわけですが、現在は会社が城であり、社長が城主、社員は足軽なわけで、命のやりとりをするわけではなくビジネスで戦っているんだと思います。

第二次世界大戦中に日本が中国や韓国に進出せざるを得なかった理由はあると思いますが、事実として中国や朝鮮半島の人々を苦しめたわけですがら謝罪はあっていいと思います。
アメリカやイギリスが植民地を支配したのだから、日本も行って当然とは思えません。

ももクロの発言はそもそもアイドルに政治的発言をさせた周囲の大人が悪いと思うし、言っていた内容はそんなにおバカな内容とも思えません。

軍部は主犯、国民は共犯、日和見的に言論を左右させた卑劣なマスコミは教唆犯といえるだろう・・・
戦時中の軍部の監視下に置かれた日本の国民を共犯と言うのは酷だと思うし、マスコミが共犯と言うならまだ解ります。

それぞれの国家に正義は存在する。しかし世界共通の正義などどこにも存在しない・・・
そうでしょうか、国際法とか国連は何の為に存在するのでしょうか。例えば宗教の違いが対立の元であれば、宗教者のトップが話し合えば良いとおもうのですが。

同様に平和な国家も存在しないが、平和を求めて努力する国家はいくらでもいる・・・
いやいや、韓国や中国の政府・マスコミが反日的なキャンペーンを展開しているわけですが、それに対抗して中国や韓国のトップなどを悪しざまに罵るブログを綴る事が、私にはどうしても平和を求めて努力する行為とは思えませんm(_ _)m
| スマッシュ | 2013/08/24 23:42 |
Re:
>スマッシュさん、毎度♪

毎度ながらのお花畑な感想有難うございます(爆)

耳に障りのいい言葉を並べるだけが平和外交ではありませんし、日本人的な発想で全てを考えることも問題解決の糸口ではありません。

そもそも「国際連合」とは、「平和を希求する国家の連合」ではありません。そういう活動を念頭に置いて入るものの、常任理事国など主要国は「第二次世界大戦の連合国」に限定されています。ロシアや中国は政体が変わりましたが、どちらも核保有国のため敵対することを防止する意味で常任国入りしています。

なので、21世紀の今でも「連合国における敵国条項」の中に日本が入ったままです。国連の経費負担を米に次ぐ金額負担してるのもかかわらず、非常任理事国であるのにもかかわらず、国連内では日本はまだ「敵国扱い」が残っているわけです。

敵国条項の問題(国際連合):wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E9%80%A3%E5%90%88#.E6.95.B5.E5.9B.BD.E6.9D.A1.E9.A0.85.E3.81.AE.E5.95.8F.E9.A1.8C

世界の常識は「利用できるものは例えそれが悪魔でも利用して目的を達成する」という弱肉強食の原理から何も変わっていません。国際法や人権保護などの活動は外交カードにするための道具であったり、軽微な問題ごとを回避するお約束あるいは基準点に他ならず、国際法が存在するだけで全てが解決しないことは世界の領土紛争や我が国の「竹島問題」が証明しています。
宗教指導者同士が話し合うことができれば、イスラムのシーア派やスンニ派の争いもなくなるはずですが、そうなっていないのが現実です。

ももクロに政治的発言をさせるのは場違いであるにもかかわらず、問題になっているのは、誤った知識を元にして(リアクションは正しいとしても)結果的に誤った答えを出している点です。

そういう意味では、大変失礼ながらスマッシュさんも彼女たちとあまり差はないですね。

軍部がクーデターを起こした時、天皇陛下はお怒りになり、反乱軍の首謀者を許しませんでした。しかし国民は軍部に怒りも反省も求めたようには見えません。今なら自衛隊の一部隊がクーデター騒ぎでも起こそうものなら組織全体が厳しい批判にさらされるでしょう。

そういうシビリアンコントロールの概念を国民は持っていませんでした。これは国民が自国の領土拡大に喜び、中国大陸への野心を共有していたからにほかなりません。
そういう意味で、各国の国民は自国への警鐘を打ち鳴らす必要があります。

特亜国家の反日活動に対しては、対峙するための「反論活動」が盛り上がる必要があります。国民の世論を背景にしてこそ政治家は外交交渉ができますからね。

ただ、感情的に罵り合っているだけのように見えるなら(そういうバカも居るでしょうけど(^^;))見方があまりにも浅い・稚拙という他ありません。

交渉事とは、「絶対に相容れない両極をぶつけあってから始まる」のです。相手の言われることをただ黙って眺めていては相手は増長していくらでもエスカレートさせてきます。
反論してももちろんエスカレートしますので、こちらが「黙ってはいない」姿勢を見せることで、絶対的な一線を抑止することができると考えます。(これ、防衛の基本中の基本ですがね)

相手の「口喧嘩」にちゃんと乗ってあげるのも「平和維持活動」だと考えられないのであれば、これ以上話をしても無意味でしょう。

領空をわざとロシア空軍の戦闘機がかすめたり、領海内に侵入してくる中国政府艦艇の存在をどう思いますか?

しっかりスクランブル発進をかけて「領空に入るな」「領海に入るな」と牽制行動を自衛隊や海上保安庁は毎日のように行っています。

自衛隊のスクランブル発進、中国機に対する回数が過去最多に:サーチナ
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?d=0426&f=politics_0426_019.shtml&y=2012

実際の戦闘が起こるときは、こういう両国の国民感情とは関係なく発生します。悪化していて険悪なムードにあるのはいい傾向とはいえませんが、間違いなく存在する「感情悪化」を隠すような行為こそ、危険な徴候だと私は考えます。
soup2001 | 2013/08/25 00:21 |
Re:
首相の式辞、よくできてますよね。
特アが求めるような文言は避けながらも (これは多分、国内向けの配慮なんでしょうね^^) soupさんが言うように、文意を汲み取ればそういう思いもちゃんと出てくる。
しかもそれは特アに向けたものだけじゃないというw

それにしても、韓国はいつまで日本に乞食のように金をたかるつもりなんでしょうね。
本来、金は自分で稼ぐものであって、恵んでもらうものではない筈。
いつまでたっても三流国家のまま^^;
日本から多額の借金をしておきながら、軍事は対日本想定w
しかもそれは役たたずの、なんちゃってイージスだったり、購入予定のF15SEは竹島往復すらできない、旧世代のF15ベースの戦闘機とか、笑うしかないお粗末さw
まぁいいや。韓国の相手なんかしてる暇ないし。

>「非人間性」というのも現代の尺度での話。当時でも「ひどい扱い」であったことは間違いないが、「日本人なら耐えて当然」「不平を言うのは人間が堕落している証拠」とかの精神主義で受容していたのが現実だろう。故に「昔の人は苦労した」とは言えても「昔の為政者は人間性に欠けている」と言うのは不当な評価

ここ本当にその通りだと思います。
当時の情勢の中での状況を、現代の尺度・価値観で語るのは無理がありますよね。
先日、私のブログで紹介した千恵子さんの言葉が、まさにそれを言い表してると思います。
「あなたたちは、命は尊いものだと教えられているでしょうけれど、あの時代は、命は国のために捨てるべきものだったの。今とは、あまりに価値観が違うから、わからないと思うことも当たり前かもしれないわね」
http://okiraku2ndseason.blog.fc2.com/blog-entry-175.html
もちろん、この言葉に深い悲しみが込められているんでしょうが、当時はそういう生き方を強いられた時代。
現在に生きる私たちは、せめてその心情を慮る事しかできないワケで。

ってな事をつらつら書いてるあいだに、スマッシュさんがまたお花畑炸裂ですね^^; 相変わらずだなぁ・・・^^;

まぁ、私が言わずともsoupさんが諭されるのでしょうが、一つだけ。

国連なんて全く機能してないでしょw
そもそも未だに民族浄化政策とも言える、チベットや東トルキスタンへの弾圧を「内政」と言い切る中国が常任理事国なのがおかしい。
北朝鮮の国民を救うために寄付を呼びかけるのはいいけれど、まともに国民に行き渡らず、軍部が横流ししている状況を知りながら何ら有効的な手を打てないままの国連。
根本的な解決ができないのなら、とっとと平和維持軍でもなんでも送り込めばいい。
人権だの平和だのと言いながら、実際にやってる事と言えば「声明文」を読み上げるだけ。
やりやすい地域に対してだけは行動は早いけれど、アレも結局は欧米の価値観を現地の文化や宗教を無視して押し付けているだけ。

国連は一度解体して、もう一度新たに組織を編成すべき時が来てると私は思いますがね。
やまさん | 2013/08/25 01:03 |
Re:
>やまさん、毎度♪

「新国際連合」の話は全くその通りです。第1次世界大戦後の反省から、敗戦国を救済しつつも監視するその体制から一歩も出ないままに東西冷戦のにらみ合い体制が継続され、今はイデオロギーではなく「経済支配の主導権」をめぐって水面下の戦争が行われている現状では、「表面化している戦争」に対する「公平な裁定」「有効な活動」は機能していないとしか言えませんしね。

欧米中心ではなく、本当の意味での世界標準である「平和」や「社会正義」「国家・民族間の公平性」の構築がなければ、いずれ人類を滅ぼすような兵器の使用が行われるかも知れません。

今の国連は「抑えて置かなければいけないポイント」であることは間違いなくても、そこに反映される「流れ」にはかなり注意しなければなりません。どこかの平和主義者の御託のように「国連至上主義」的国際平和は結局「超大国の思惑」に踊らされるだけの茶番を演じることになるでしょう。

そういう意味でも「自主防衛が可能な、自立した独立国家」に必要な条件を、日本は可能な限り早期に獲得することを考えるべきでしょうね。
soup2001 | 2013/08/25 19:06 |
Re:
国連がちゃんと機能していないのは解ってます。
解体とか非現実な事を言わないで改良を加えて行けばいいと思います。
私は、自衛隊を否定してませんし、自主防衛が必要な事も解ってます。
ただ、soupさんの主張があまりにも右よりな際は、多少なりとも修正してもらいたくてコメントしてるだけですm(_ _)m
| スマッシュ | 2013/08/25 22:53 |
Re:
>スマッシュさん、毎度♪

残念ながらスマッシュさんのツッコミでは補足はしても修正はないでしょう(^^;)それはスマッシュさんの主張の根本が「非現実的な平和主義」に支えられてるからで、こちらが非現実的な話に合わせない限り水と油のままですから。
それにしても右寄りと言ってもこの程度の「右発言」で反応してるようでは先が思いやられますね(爆)

新国連の話でも「空想」の世界の話ですから、いくらでも想定できるしまた否定もできるでしょう。

これに関しては「国連の改良」と言いますが、現状では国連憲章を改憲(^^;)するしか改良はありませんが実現可能でしょうか?拒否権を持つ連合国側がその既得権を手放すことを容認するとは思えませんが。

それが元で戦争なんてことにもなりかねませんね。かつての日本も世界的な干渉圧力に抗って国際連盟を脱退し、その後の暴走を止めるものがいなくなりました。

国際協調というものは「自国の内政以上に難しい命題」ですから、「最も理想的な国際機関」の理念をまず共有する運動・啓蒙が世界的に必要なんでしょう。その仕組を人類が完成出来た時こそ「戦争がなくなる日」かも知れませんが、戦争で殺される側の我々(各国国民を構成する者達)は、インターネットという一つの武器を手に入れました。

今はこれをうまく利用することで「理想の平和」に近付けるしかないでしょう。それでも道のりははるかに遠いわけですが。
soup2001 | 2013/08/26 00:08 |
Re:
>>スマッシュさん

>国連がちゃんと機能していないのは解ってます。
本当に解っているなら
>国際法とか国連は何の為に存在するのでしょうか。
この発言には繋がらないと思うんですが(苦笑)

>事実として中国や朝鮮半島の人々を苦しめた
もう笑うしかないですw
是非ともこの記事を読んで欲しいですね。
http://okiraku2ndseason.blog.fc2.com/blog-entry-180.html
悲惨極まりない状態だった韓国を、近代国家に引き上げたのは間違いなくこの日本です。
感謝こそされても謝罪なんぞ必要ないですw

>国連の改良
これも非現実的ですね。
soupさんが言うように、既得権益を手放すわけがないですもの。

>あまりにも右よりな際は、多少なりとも修正してもらいたくて
本気でそう思うなら、お花畑な発言はやめて、本気で勉強して、まともな知識とまともな見識をぶつけてこないと・・・今のままじゃ到底無理ですよ^^;
それに 「あまりにも右寄り」 って言われるほど右ですかね? (苦笑)


ああ。。。いかん。soupさんの御親族なんだから、あまり辛辣なことかく前にこの辺でやめておかなくちゃ^^;

soupさん、失礼いたしました。



と、ここまで書いて、今頃 soup=汁 という事にようやく思い至りましたw

やまさん | 2013/08/26 23:10 |
Re:
>やまさん、毎度♪

スマッシュさんのことですから、親族なのをいいコトに一杯加減で気楽にコメントしてると思います(^^;)ここなら嫌味は言われてもボロクソには言われないし。(爆)

彼のお説をあまり真に受けるのも体に毒です。書いている内容程には理解できていない、あるいは本質を捉えていないのがわかるでしょう?

いくら背伸びをしても知識や考慮の深さは文面からにじみ出てしまうものです。名文を書くプロですら隠すのに苦労するほどなので、文章書きでない素人が誤魔化すのは不可能です(^^;)

これは自分にも言えることですけどね(爆)

韓国併合に関して言えば、私なりの見解もありますのでそちらにおじゃまするつもりです(^^;)

まぁ、スマッシュさんに関して言えば、(彼なりに勉強して)いつの日か「お、鋭いツッコミ!」と驚かされるようなポイントを突いてくれる日を心待ちにしたいと思います(爆)

ここに田嶋陽子女史の弟子がやって来たくらいに思って(^^;)今後とも宜しくご指導くださいまし。私からもお願い申し上げますm(_ _)m
soup2001 | 2013/08/27 01:28 |
trackbacks
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>



目次&ランダムピックアップ
現代用語のクソ知識の目次

当ブログの目次(管理人のオススメ一覧)です。かなり古い時事問題に関する記事もありますが、当時を思い出してご覧いただけると幸いです。

2017年5月分よりtwitterまとめエントリを自動投稿するように設定しており、通常エントリが遡りにくくなっているため、通常エントリだけの目次を下記においておきます。

2019年6月の通常エントリ
2019年5月の通常エントリ
2019年4月の通常エントリ
2019年3月の通常エントリ
2019年2月の通常エントリ
2019年1月の通常エントリ
2018年1〜12月の通常エントリ
2017年5〜12月の通常エントリ



↑上のボタンを押すと、ランダムにエントリを表示します。
もしもエラーページが出たら、ごめんなさいm(_ _)m「戻る」ボタンでエントリを表示するまでお試しください。

言い訳ページはこちら(^^;)
---------------------------------
ブログパーツ

---------------------------------




マウスコンピューター/G-Tune

 RSSリーダーで購読する

Profile
Archives
Recent entries
blog parts
Links
tools
Categories
Mobile
qrcode
Sponsored links
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
このblogのfeedburner