ブログパーツ
<< 骨まで愛して【ほねまであいして】 | home | simulation【しみゅれーしょん】 >>

すごくピンぼけ【すごくぴんぼけ】

ちょっとピンぼけ表題の元ネタ「ちょっとピンぼけ 」(文春文庫)は戦場カメラマンとして有名なロバート・キャパの写真著書。

私もカメラ小僧だった若かりし頃、彼の軽妙な語り口に惹かれた一人だ。

ロバート・キャパ:wiki

wikiにもあるようにロバート・キャパは当初「ユニット名」「共同ペンネーム」として女性カメラマン「ゲルダ・タロー」と同一名で作品を発表していた。それを知るのはずいぶん後で、銀塩写真カメラがデジカメに変わった頃にようやく知ることになる(^^;)
そのデジカメさえも年に一度「桜」を撮るくらいでしかなくなったが、ファインダーを除く時の「自分だけの視野」をコントロールするなんとも言えない高揚感はやはり捨てがたいものがある。

それとは別の高揚感・・・というか、むしろ怒りを伴うものが本日のネットニュースに上がっていた。


例によって代表的左巻き「社民党」がピント外れなポスターを制作した。元ネタは朝日新聞デジタルだが、あんな糞メディアにリンクを貼るのでさえ穢れの元なので(^^;)2ちゃんねるまとめサイトをどうぞ(爆)

【画像】 「あの日から、パパは帰ってこなかった」 社民党が集団的自衛権を曲解したポスターを作製:痛い2ちゃんねるニュース

社民党ポスター

ネット民の感想はリンクへ飛べばすぐわかる。想像通りボロカスである(爆)どうもこの党は訴えるべきことを変に捻じ曲げて表現する癖がある。それが絶妙でセンスに溢れるものなら思想を問わず賞賛されるのだが、例によって喜んでいるのは左巻きの連中だけだろう(^^;)

北朝鮮拉致被害者が失踪者指定され、家族の待つ自宅に帰ってこなかった時、「拉致事件はない」「自民党の謀略・捏造」と全否定していたのが社民党の前身「社会党」だったのだから、それを知るものには白々しいだけである。

北朝鮮による日本人拉致問題〜その他の政治家等の動き:wiki
しかし、中には金正日が拉致を認めるまで拉致を捏造と主張する個人や団体が存在した。
例えば、弁護士の土屋公献は2002年までは「拉致問題は存在せず、国交交渉を有利に進めたい日本側の詭弁である」、「日本政府は謝罪と賠償の要求に応じるどころか、政府間交渉で疑惑に過ぎない行方不明者問題や『ミサイル』問題を持ち出して朝鮮側の正当な主張をかわそうとしている。破廉恥な行動と言わざるを得ない。」と、講演で繰り返し主張していた。土屋は後に「裏切られたという思い、強い憤りを感じる。北朝鮮政府の言うことを信じ、大勢の人々に対し様々な講演で拉致は無かったと説明してきたことを、申し訳ないと思っている」と語っている (その他辛淑玉・吉田康彦も拉致を否定した)。
団体では社民党が党のホームページに「韓国安全企画部や産経新聞のデッチ上げの疑惑があり、少女拉致疑惑事件は新しく創作された事件というほかない」と事件の捏造を断定する趣旨の北川広和の論文を載せていた。
一方で北朝鮮に比較的擁護的だった立場の人々、とりわけ多くの在日朝鮮人や一部の保守系政治家、または左翼勢力(主に旧日本社会党、現在の社会民主党)の中には北朝鮮による日本人拉致問題を右翼や政府による捏造と信じて疑わなかった者が多く、一部では朝鮮人差別を原因とした捏造であると信じていた者もいた。社会民主党の月刊誌、月刊社会民主1997年7月号では、拉致事件をデッチ上げとした上で、拉致疑惑事件は、日本政府に北朝鮮への食糧支援をさせないことを狙いとして、最近になって考え出され発表された事件なのである、としている。

こう言うごまかしを国民が見逃すと思っているのがすでに腐れ左翼らしい脳髄が腐敗している証拠ではあるが(^^;)私からのプレゼントを進呈しよう、ささ、遠慮なく受け取ってくれたまえ(^^;)

邪民党ポスター

気に入ってもらえただろうか?(爆)いや、もうそれは身にしみてるんだから、支持が戻るような方向で考えてくれ?アホか!(^^;)しかたがない。じゃ、こういうのはどう?これなら誰も批判しないし、ようやく「社民党」もまともになったかと思うだろう。

中民党ポスター

え?「中民党」になってる?だからさ、誰もお宅らを「日本の政治集団」とは思っていなんだってば。労働組合の支持票も民主党に持って行かれて、政策的にも護憲と反原発しか訴えることがない、日本よりも周辺特亜国家のことを優先する反日売国政党としか見えないことがまだわからないかなぁ。

ホントに、ものすごくピントがずれてるんだよ。キャパのように何処かの地雷にふっとばされて生まれ変わったほうがいいんじゃないか?おっと、これじゃぁキャパに失礼だよな(^^;)まぁお宅らがまだ名前だけでも残ってるのは、この日本にも「思想馬鹿」がまだ絶滅していない証拠でもあるんだけどね(爆)

お宅らよりは多少現実的な左巻きは共産党が居るし、いつ消えてもいい党なんだから、往生際くらいもうちょっと爽やかに散ってね。・・・できれば早いうちに(爆)



※追記

こんなエントリを上げたせいかどうか知らないが、私のPCでは、すぐ下の広告に中国製の検索サイト「Hao123」のバナーが出ている(爆)
これは「マルウェア」と同じなので絶対にクリックすることのないようにお願いしたい。変なウイルス仕込まれても知らないよ(^^;)
Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | -  -



comments
trackbacks
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>



目次&ランダムピックアップ
現代用語のクソ知識の目次

当ブログの目次(管理人のオススメ一覧)です。かなり古い時事問題に関する記事もありますが、当時を思い出してご覧いただけると幸いです。

2017年5月分よりtwitterまとめエントリを自動投稿するように設定しており、通常エントリが遡りにくくなっているため、通常エントリだけの目次を下記においておきます。

2019年6月の通常エントリ
2019年5月の通常エントリ
2019年4月の通常エントリ
2019年3月の通常エントリ
2019年2月の通常エントリ
2019年1月の通常エントリ
2018年1〜12月の通常エントリ
2017年5〜12月の通常エントリ



↑上のボタンを押すと、ランダムにエントリを表示します。
もしもエラーページが出たら、ごめんなさいm(_ _)m「戻る」ボタンでエントリを表示するまでお試しください。

言い訳ページはこちら(^^;)
---------------------------------
ブログパーツ

---------------------------------




マウスコンピューター/G-Tune

 RSSリーダーで購読する

Profile
Archives
Recent entries
blog parts
Links
tools
Categories
Mobile
qrcode
Sponsored links
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
このblogのfeedburner