ブログパーツ
<< 琴線【きんせん】 | home | 帝国の功罪(22)【ていこくのこうざい(にじゅうに)】 >>

藁人形が嗤う夜【わらにんぎょうがわらうよる】

最近テレビの報道よりもネットの少し「ゆるい感じ」のニュースワイドというか言論番組の方が面白い(^^;)

報道特注(右)【森友学園のウラ 辻元疑惑追及SP】足立議員 和田議員 山口敬之緊急参戦


報道特注(右)【辻元疑惑追及SP 後編】深い闇!関西生コンと衝撃の関係 野田中央公園のウラ 足立康史 和田政宗 SPゲスト有本香


<4月11日深夜追記>
報道特注(右)【偏向報道の真相&生田よしかつ決意表明SP】有本香 足立康史 和田政宗がメディアの真の姿を解き明かす そして堪忍袋の緒が切れた!生田よしかつが小池都知事に…


全部見るとちょっと長いが、だいたい今まで当ブログでも言及してきたあたりが網羅されており、流れとしても話としても面白くまとまっている。メジャーなマスメディアが報道しない部分がネットで溢れ出すように噴出しているのはやはり意味があることだと思わざるをえない。少なくとも既存のマスメディアがほとんど機能しなくなってきているという点では「国境なき記者団」の報道自由度ランキングなどで自由度が低下したとかいう以前にメディア自体の能力低下の、または恣意的な情報操作がメディア自身によって行われている証明になってるようにも思う。

日本の報道の自由度ランク72位、順位10以上後退:ハフィントンポスト

ランク後退の原因について、団体はウェブサイトで「日本のジャーナリストは厳格な法律によって『国家の秘密』の調査を自主規制させられている。『国家の秘密』には第一原発事故や皇室、国防などすべてが含まれる」と発表している。

発表に先立ち、同団体は4月11日の声明でも、国谷裕子さんや古舘伊知郎さん、岸井成格さんら人気ニュース番組のキャスターが一斉に降板した問題を取り上げ、「安倍晋三政権はメディア規制を強め、市民の知る権利を奪っている」と指摘していた。

とまぁ、表向きは政府側の圧力を理由にしているものの、(それらが全く無いとも思わないが)今日本での状況としては反日売国左翼メディアによる逆情報統制状態に陥っているからこそカウンターとして市民メディアとして成熟しつつあるネットの報道系動画(番組)が鋭いところへ切り込んでいると思われるし、だからこそこっちのほうが面白いのではないのか?


以下は上のニコ動の文字起こしをされた方のブログ。

「国境なき記者団」の正体は『全米民主主義基金(NED)』。前身はCIA。資金はアメリカ。その目的は・・・【虎ノ門ニュース】:テレビにだまされないぞぉ

須田慎一郎氏「"国境なき記者団"というのは、日本に居ると非常に公正中立で正義の塊みたいなイメージで、このランキングが金科玉条の如く崇められているが、決してそんな事は無い。そこは日本人・日本のメディアのお目出度いところ。

実はこの国境なき記者団の資金はアメリカから出ている。アメリカの全米民主主義基金(NED)というトンデモない、トンデモない極右の団体からで、非常に政治的なメッセージを持っている。

これはもうヨーロッパでは一部報道され、国境なき記者団は決して公平中立な団体ではなく、全米民主主義基金(NED)なる団体から資金を受け取ってると。

実はMEDは、非営利団体NGO法人の位置づけだが、完全にGOだ。(そうですね、はい:有本)

国からカネが出ている。CIAが代表。(そうです:有本)

居島氏「はーーーー、へーーーー」

須田氏「CIAが今までコソコソ裏でやっていた全米民主主義基金とは、要するに『アメリカの民主主義は素晴らしいと。各国にこの素晴らしい民主主義を広めよう』として、外国の野党・反政府組織・反政府ジャーナリズム団体などにカネをばら撒く、そういう基金だ。」

居島氏「宣教師ですね、自由の宣教師。」

須田氏「その資金の一部が国境なき記者団に入っていて、日本が46位とか47位とか関係なくて、最下位の方にある中国や北朝鮮がターゲットなので、別にあれは日本に刃を向けているわけではなく大騒ぎする必要は無い。最下位の中国・北朝鮮を槍玉に挙げる為のプロパガンダ」

いや〜勉強になるなぁ(爆)

これは元々「中国・北朝鮮叩き」の組織なわけでそれを「中国・北朝鮮による日本叩き」のツールにしてるという何とも図々しいというかしたたかというかさすが中国、転んでもただでは起きないと言うか、ここでも反日売国左翼は手段を選ばない「何でも日本を貶める材料にしてしまう」実態が見える(^^;)

あと、メディアや野党(共産党・民進党)の国会や普段からの活動がどうにも「批判のための批判」「捏造された事案による言いがかり」「戦略なき攻撃」「単純な誹謗中傷」にしか聞こえなくなってきてるのは末期的とも言える。

まるで2ちゃんねる掲示板やブログのコメント欄で暴れまわる「荒らし」「工作員」と変わらないような「論点すり替え」「内容をわざと誤った解釈をして反論する」「言ってもいないことを言ったことにして問題化しようとする」無礼かつ議論の仕方を知らない、または「議論の収れんを妨害」して参加者の「合意形成を妨げる」様な活動をしてるとしか思えない。

今村復興相「報道」 メディアの呆れた実態(門田隆将):BLOGOS

議論する時に、相手の意見を捻じ曲げたり、歪めたりして自分が主張しやすいように変えるやり方を「ストローマン手法」、あるいは、「わら人形論法」と言う。そのままでは、議論に負ける時に、相手の言っていること自体を変えてしまうのだ。

わら人形や案山子(かかし)は「簡単に倒す」ことができるので、つけられた名称とされ、欧米では最も軽蔑されるディベートの方法でもある。

しかし、日本の新聞やテレビでは、この手法が「日常的に」取り入れられている。当事者の発言内容を意図的な編集で切り取り、歪めてしまうのだ。その上で、発言主を徹底的に攻撃するのである。

政治家もよく使ってまっせ門田さん(爆)もちろんご承知でしょうけど(^^;)↓一応wikiも参照。

ストローマン:wiki

議論において対抗する者の意見を正しく引用しなかったり、歪められた内容に基づいて反論するという誤った論法、あるいはその歪められた架空の意見そのものを指す。藁人形論法ともいう。

概説
相手の意見の一部を誤解してみせたり、正しく引用することなく歪める、または一部のみを取り上げて誇大に解釈すれば、その意見に反論することは容易になる。この場合、第三者からみれば一見すると反論が妥当であるように思われるため、人々を説得する際に有効なテクニックとして用いられることがある。これは論法としては論点のすり替えにあたる誤謬であり、無意識でおこなっていれば論証上の誤り(非形式的誤謬)となるが、意図的におこなっていればそれは詭弁である。
しばしば、感情に訴える論法やチェリー・ピッキング(※管理人注:チェリー・ピッキング=数多くの事例の中から自らの論証に有利な事例のみを並べ立てることで、命題を論証しようとする論理上の誤謬、あるいは詭弁術。)のような他の誤りとともに用いられる。相手の発言を元の文脈を無視して引用し、本来の意味とは異なる印象を与えるよう提示することをクオート・マイニングと呼ぶが、クオート・マイニングに基づいて批判すればこれもストローマンの一種である。
マスメディアにおいても、対抗意見を充分に取材せず、独自に解釈した反論を両論併記などの形でしばしば報道に取り入れられている。

論法
1.相手が示した意見を歪め、あるいは一部のみを取り出して解釈し、それを相手が発言したかのように言い返す。
2.さらに発言を引用する形で一見では否定しがたい自論を作り出し、自らの発言の正当性を補強する。
3.相手の意見に同調する不完全な擁護意見を持ち出し、充分な主張・再反論がされたようにみせかける。
4.発言の中から一見関係ありそうな問題や考え方を取り出し、さも相手側の意見はこれを象徴するものとして非難する。


簡単な例
A:私は子どもが道路で遊ぶのは危険だと思う。
B:そうは思わない。なぜなら子どもが屋外で遊ぶのは良いことだからだ。A氏は子どもを一日中家に閉じ込めておけというが、果たしてそれは正しい子育てなのだろうか。

「道路」としか言及していないことに対し暗黙的に「道路=屋外」であると誘導し、さらに「危険だと思うなら家に閉じ込めておけ」という言外の要素を過剰に拡大して解釈している。

X:私は雨の日が嫌いだ。
Y:もし雨が降らなかったら干ばつで農作物は枯れ、ダムは枯渇し我々はみな餓死することになるが、それでもX氏は雨など無くなったほうが良いと言うのであろうか。

Xの一私人としての感情を必要性の問題として解釈し、さらに「嫌いなら無くなったほうが良い」という言外の要素を過剰に拡大して解釈している。

全く同じパターンを繰り返し聴いたことがある(^^;)あれは安保法制国会のときの辻元清美だった(爆)・・・またこいつか(^^;)

安倍総理vs辻元清美 辻元の作り話3連チャンに安倍総理も呆れるしかない【国会】


7分41秒あたり
辻元「秘密の会なら何を言ってもいい」
安倍「そんなこと言ってないでしょ」

16分30秒あたり
辻元「憲法学者の人選はミスだった」
安倍「そんなこと言ったことはない」

31分06秒あたり
辻元「民主党政権のせいで沖縄慰霊祭のとき安倍総理に罵声が飛んだと」
安倍「そんなこと言ってないでしょ。短い時間の間に3回も言っていないことを言ったかのようにして質問している。そういう態度は改めて欲しい」

さすが「藁人形論法の辻元」、「ストローウーマン辻元」(爆)

ストローウーマンなんてかっこいいじゃないか(^^;)辻元にはもったいないくらいだがリングネームとしてはベストかも(^^;)

森友関連で尻に火がつきそうになって慌てて撤収したようだが、あまりに露骨な逃げ足の速さに、こりゃもっとつついたら面白いものが出てきそうな気がするなぁ…。

イメージ画像をさがしたら↓こんなのでてきた(爆)結び目が「赤い」し、とてもお似合いだと思うが、どうせなら安倍総理でも呪ってみてはいかがだろう(^^;)当然その場合「穴二つ」の覚悟を決めていただく必要があるが、森友で尻尾を巻いて逃げるようじゃ「丑三つ参りごっこ」程度にしておいたほうが無難だろう。

恐怖!呪いのわら人形 レッド  【MA-9601】(amazon)藁人形

これ、藪蛇どころか辻元には致命傷になるような気がする。その方が日本国民にとっては絶対的に良いことだと思うが、なぜか辻元って変なところに人気があるんだよね(爆)小林よしのりとか(^^;)まぁ、このロリコン親父は薬害エイズ問題で良いように左翼に利用されまくった前科があるだけに、話半分に聞いていたほうが良いとも思うけど…。

「デマで辻元清美を叩くチンケな右派」小林よしのりライジング Vol.219:ニコ動(小林よしのりチャンネルブロマガ)

一部「お説ごもっとも」と思わなくはない部分もあるが、基本的に左翼に取り込まれた観がなくはない(爆)冒頭に上げた動画などで語られてる辻元の背後関係には全く触れていない(知らない?)し、攻勢に転じた右派の論客をひたすら攻撃しているのは何やら痛々しささえ漂う。

以前から「保守の中でも従米路線の安倍政権」には批判的な「愛国派保守のよしりん」だけに左翼と一部(天皇の譲位問題)で共闘することもあるのかと、言う感じだが、基本的に天皇制を否定する左翼と結託するのはやはり悪手であろう。

まぁ、しばらくして薬害エイズの時みたいに「ワシは辻元らとは決別することにした」とかしれっと言いそうなんだが(爆)小林よしのりはやっぱり問題提起はできても問題解決には程遠い人物なのだろう。そういう意味では民進党とは方向性が一致するのかもしれない。なぜなら民進党は「とりあえず何でもかんでも問題提起して現政権の政策実行を阻害するのが最優先の目的」なのだから。

民進党が推進する政策で何か実際に効果を出した政策があっただろうか?政権担当時代から含めても、現代に続く混乱と停滞の元凶を築き、あるいは拡大させていたような印象しかないんだが…(^^;)まぁ、だからこその政党支持率なんだと。国民はしっかりそこは見ていると思いたい。

民進党は次にどんな難癖をつけてくるのか、こうなると逆に楽しみになってくるな(爆)

<当日追記>
エントリをアップしてから見つけたので追記しておきます。

序列1位・辻元清美の兇状…親北メディアが誓う忠誠:東アジア黙示録

金正恩体制が確立された今、序列2位以下の顔ぶれは国際社会の関心から遠い。しかし、北指導部内の序列、特に崔竜海(※管理人注:チェ・リョンヘ)の立場に一喜一憂する外国の政治組織があった。我が国の民進党である。

崔竜海の古くからの同志が辻元清美だ。2人の親交は、20年以上前に渡る。ネット上で拡散される有名な2ショット写真。これは新華社系TBSの『報道特集』で唐突に紹介されたものだ。

▽平壌で乾杯する辻元と崔竜海(JNN)
北の犬

撮影時期は1996年8月、場所は平壌市内と見られる。この時、辻元は自らのオルグ組織・ピースボートのツアーを率い、工作船・万景峰号で北朝鮮を訪れた。

(中略)

辻元清美と崔竜海の関係を『報道特集』が取り扱ったことに違和感を持つ人も多いだろう。金正恩側近の軍事政権幹部と現職野党議員が旧知の仲であることは、スキャンダラスである。

ところが『報道特集』の制作陣は、そう捉えない。北朝鮮権力中枢との親密な関係は、辻元に箔が付くと考えるのだ。健全な日本国民の思考パターンとは全く違う。

(中略)

崔竜海が北序列2位か3位か、関心を寄せる必要はない。注目は、辻元清美が親北議員の序列1位に昇進したことだ。金正日ご指名の加藤紘一は他界し、山崎拓や川上義博は引退に追い込まれた。

核開発祝いで訪朝した親北議員には、アントニオ猪木や有田芳生がいるが、金正恩はゴミ同然に捨て去った。当人が虚しく北朝鮮マンセーを連呼しても、秋波は北に届かない。

反日メディアが隠蔽の批判を恐れず、序列1位の辻元清美を守るのには大きな理由があるのだ。刑事事件に直結する容疑が浮上しない限り、今後もメディアは、辻元に媚態を示し続ける。

毎回読ませてくれる東アジア黙示録。北との関係性を深掘りしてなるほど上記動画「報道特注(右)」の次回内容の答えを先に見たような思いだ(^^;)

JUGEMテーマ:社会の出来事



Posted by soup2001 | -  -



スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | -  -



S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>



目次&ランダムピックアップ

現代用語のクソ知識の目次

当ブログの目次(管理人のオススメ一覧)です。かなり古い時事問題に関する記事もありますが、当時を思い出してご覧いただけると幸いです。



↑上のボタンを押すと、ランダムにエントリを表示します。
もしもエラーページが出たら、ごめんなさいm(_ _)m「戻る」ボタンでエントリを表示するまでお試しください。

言い訳ページはこちら(^^;)

---------------------------------
---------------------------------






マウスコンピューター/G-Tune

 RSSリーダーで購読する

Profile
Archives
Recent entries
blog parts







マウスコンピューター/G-Tune

エニアグラム診断によると私はタイプ4番でした。
無料診断のできるサイトはこちらです。
Links
tools


悪徳商法マニアックス




簡単自動登録
無料でSEOならSEO.CUG.NET

大黒天
金運アップブログパーツ
Categories
AdSense







途上国の人々への支援をお考えの方にCARE支援プログラム

ドメイン取るならお名前.com

マウスコンピューター/G-Tune
Mobile
qrcode
Sponsored links
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
このblogのfeedburner