ブログパーツ
<< 2018年05月16日のつぶやき | home | 2018年05月17日のつぶやき >>

ジョークとフェイクとパロディと【じょーくとふぇいくとぱろでぃと】

少々時間が立ってしまったが(^^;)今週ネットを騒がしたニュース2つ。ちょうど火曜の虎ノ門ニュースで百田尚樹氏も取り上げていたマイナーな雑誌に掲載されていたある記事があっという間に拡散されてちょっとしたお祭り状態になっている(^^;)

しまリアル1

↓写真※クリックで拡大
蓮舫記事

しまリアル2

雑誌目次

雑誌表紙

↓写真※クリックで拡大
奥付

編集人の名前にびっくり(^^;)↓虎ノ門ニュース木曜で御本人もコメント。

虎ノ門ニュース

宣戦布告

編集長だった有本香氏も「因縁を感じて」正式に宣戦布告(爆)蓮舫もエライのを発掘されちゃったもんだね(^^;)

藤原かずえ

元はと言えば国会の参考人招致での総理首席秘書官の柳瀬氏への態度に対するブーメランが事もあろうに23年前の昔から飛んでくるとはゆめゆめ蓮舫も思っていなかっただろう(^^;)

今更な話ではあるのだが、少なくともキャスター時代、政治家に転身する前の蓮舫には「日本人や日本のために働く気がなかった」ことは明白であり、二重国籍問題での不誠実・不正確な対応と責任の取り方について一連の動きを見ると「政治家になったのは彼女にとって<何の都合が良かったのか?>」と勘ぐられても仕方あるまい。
「その都合」のために蓮舫は「政治家を辞める訳にはいかない。少なくとも自分から降りることができない」とも解釈できるからである。

で、加計学園問題で森友に引き続きワンパターンの重箱の隅つつきで針小棒大に騒ぐ野党とメディア連合軍だが、ある人のこの一言に全てが集約される。ポイントが違うのだ。あえてズレたポイントを突き回すことの意味、意図を考えない訳にはいかないではないか(^^;)

一色正春

上記はネットならではの情報収集と拡散効果が思いもよらない過去の蓮舫の問題発言を発掘したが、もう一つ話題になったネット絡みのネタは少々笑えない。

うどん屋「ドタキャン受けた」とTwitter投稿 「気の毒」と拡散したが、店も加害者も架空:ITメディアニュース
 「50人分の料理を用意したら、ドタキャンされた。国際信州学院大学の教職員の皆さん、二度と来ないでください」――「うどん屋」を自称するアカウントによるこんなTwitter投稿が5月13日夜から話題になり、「気の毒」などと同情が集まった。

 実はこのうどん屋も大学も実在せず、巨大掲示板「5ちゃんねる」のユーザーたちによる創作。架空の店舗のドタキャン問題が拡散・炎上したこの騒動について、「秀逸な釣りネタ」などと評価する声がある一方、「実際にドタキャンに苦しんでいる飲食店のことを思うと笑えない」「フェイクニュースで人をだますことは簡単だと証明する事例だ」などと批判したり心配したりする声も出ている。


ナメクジ亭
※管理人注:当該アカウントは鍵をかけて逃亡中(爆)

国際信州学院大学

※管理人注:フェイクと言うか元々はパロディのつもりで作られた(?)と思われるサイト。現在閲覧可能

5チャンネル有志で作成された遊びのネタサイトで引っかかった人間を「情弱」として馬鹿にするいたずら目的のサイトだが、もっともらしくリアルに作られた一連の関係者が全てフェイクというオチに驚き、笑い、そして愕然とした。



スティング (映画):wiki
『スティング』(The Sting)は、1973年公開のアメリカ映画。製作会社はユニバーサル・ピクチャーズで、監督はジョージ・ロイ・ヒル。アメリカン・ニューシネマの代表作『明日に向って撃て!』で共演したポール・ニューマンとロバート・レッドフォードが再共演を果たし大ヒットした。

1936年のシカゴを舞台に詐欺で日銭を稼ぐ1人の若者が、親同然の師匠を殺害したギャングに復讐するために伝説的な賭博師と協力し、得意のイカサマで相手組織を徐々に追い詰めていく様を軽快に描いたコメディ映画。信用詐欺(コン・ゲーム en:Confidence trick)を扱った代表的な映画である。

第46回アカデミー賞作品賞受賞作品。また、2005年に合衆国・国立フィルム保存委員会がアメリカ国立フィルム登録簿に新規登録した作品の1つである。

原題の「Sting」は本来は英語で「ブッスリ・グッサリと強烈に突き刺す」「とどめを刺す」と言う意味だが、ここでは「騙す、法外な代金を請求する、ぼったくる」という俗語。

こう言う話は横から見ている分には娯楽ではあるが当事者としては洒落では済まない。

うどん屋と大学の件はギリギリ娯楽たり得ても、野党とメディア連合軍のモリカケ「ひっかけ倒閣詐欺」は国民全体が当事者である分洒落にならない。

もちろん野党側は洒落でもおふざけでもなく、はっきり日本という国の安全と信用を毀損させるための工作活動として見る限り、彼等が罪を安倍政権になすりつけようとしている犯罪的行為である。

北朝鮮問題がグダグダになりかけている今(^^;)最終局面は突然やってくるかもしれない。そう、それは日本国内の反日売国勢力にとっても同じ意味を持つことになるかもしれないということを密かに期待している私なのだ(^^;)



Posted by soup2001 | -  -



スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | -  -



S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>



目次&ランダムピックアップ
現代用語のクソ知識の目次

当ブログの目次(管理人のオススメ一覧)です。かなり古い時事問題に関する記事もありますが、当時を思い出してご覧いただけると幸いです。

2017年5月分よりtwitterまとめエントリを自動投稿するように設定しており、通常エントリが遡りにくくなっているため、通常エントリだけの目次を下記においておきます。

2018年 7月の通常エントリ
2018年 6月の通常エントリ
2018年 5月の通常エントリ
2018年 4月の通常エントリ
2018年 3月の通常エントリ
2018年 2月の通常エントリ
2018年 1月の通常エントリ
2017年12月の通常エントリ
2017年11月の通常エントリ
2017年10月の通常エントリ
2017年 9月の通常エントリ
2017年 8月の通常エントリ
2017年 7月の通常エントリ
2017年 6月の通常エントリ
2017年 5月の通常エントリ


↑上のボタンを押すと、ランダムにエントリを表示します。
もしもエラーページが出たら、ごめんなさいm(_ _)m「戻る」ボタンでエントリを表示するまでお試しください。

言い訳ページはこちら(^^;)
---------------------------------




ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ


マウスコンピューター/G-Tune

 RSSリーダーで購読する

Profile
Archives
Recent entries
blog parts



ブルーリボン





マウスコンピューター/G-Tune

エニアグラム診断によると私はタイプ4番でした。
無料診断のできるサイトはこちらです。

Links
tools






Categories
Mobile
qrcode
Sponsored links
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
このblogのfeedburner