ブログパーツ
<< 2018年07月16日のつぶやき | home | 2018年07月17日のつぶやき >>

対話と干渉と妄言の間に【たいわとかんしょうともうげんのあいだに】

今表示されている画面デザインは、裏で複数のscriptが埋設されていてその中に「lightbox」というものがある。画像を拡大表示する際に使うエフェクトのscriptだが、全般に使う頻度は少ない。だがどうやらそのせいで使えなくなっているscriptがあることが判明した。

正確に言えばtwitterの埋め込みscriptが機能しないためにわざわざ画像化して貼っていたのだが、どうにも不便なので外そうかと試行錯誤していたここ数ヶ月(爆)

scriptはコピペで活用することはできても細かくカスタマイズするほどのスキルはないので諦めていたのだが、使えなくなっていた原因が「lightbox」だと判明したので現在のテンプレート上では外してみた。

ところがtwitterの埋め込みの場合は、元ツイートが削除されたり発言アカウントがロック・凍結などされればまともに影響を受けてしまう。なるほどだからtwitterでは埋め込みを使わず画像化したものを貼ってる人が多かったのかと今頃気づいた(爆)

なので「lightbox」を戻し、今後はtwitterは基本画像で、もしくはテキストを引用の形で掲載することにする。

さて、twitter上では私はネトウヨ認定されることも多いが(爆)昔左寄りだった時期を含めても思想的にどちらかに偏っている意識はない。オウム死刑囚の複数処刑、西日本豪雨災害が予想以上の被害規模に拡大し、この政府対応まで何でも政権批判に結びつけるパヨクにうんざりしていると興味深いスレに出会った。

以下はそのスレの画像である。掲載許可を取っていない人はアカウントをぼかしているが元スレのリンクを置いておくので全体を見たい方はこちらをどうぞ。

【悲報】麻原彰晃,中国のSNSで「抗日の英雄」と呼ばれ、記念している:twitter

対話1
中国人の思考を直接聞ける機会も少ないと思ったので、「Tming」さんに問いかけてみたら面白い回答が帰ってきた。

対話2

教育の中での「反日度」は教師の個人差はもちろん地域(学区)ごとの差や国が主導する教育方針の変更などで、あの広い中国全土がきれいに全く同じ反日教育をしていたとも思えない。日本でも「高槻方式」と呼ばれる左翼に偏向した指導が行われていた過去があり、「反日教育」「愛国教育」にはかなりの「ムラ」があってもおかしくない。

「高槻方式」なる、「私立の学校に行かせない方針」、つるの剛士氏の番組出演で改めて注目を集める/「有名ですよ。高槻方式もしくは枚方方式と呼ばれます」:togetter

対話3

途中から「転職廃人@新年からやる気はねだ」さんのブロークンな日本語も加わり(^^;)会話が続いた。もちろん傍系では様々なコメントが寄せられたが、多くは中国に対して否定的・批判的である。私はいい機会なので自分の「中国への批判的な意識は封印して」中国の人の思考を聞き出そうと難解な日本語の解読に取り組んだ(爆)

対話4

時間を掛けて前後の文章を分析し、言いたいことを類推しながら読み進めると細かいニュアンスは無理でもおおよその内容は理解できそうな気がした。

対話5

この後、お二人にはブログへの掲載を快諾して頂いたのでアカウント名を出したまま掲載する。受けた教育や民族の違いによる認識の差はあるにせよ、双方ともに民間レベルでは日中敵対を望んでいないことがわかったので少し安堵した。まぁ、そうでなければ日本に大量の中国人観光客は来るまい。

お互いに政府間の対応に問題があると感じているし、日本語の使い手のお二人は、民主化には程遠い中国の現状に対する苛立ち(ジレンマ)さえ感じ取れた。(「転職廃人@新年からやる気はねだ」さんとはその後もしばらく会話が続いたが話が基本のラインから離れていったのでここでは割愛する。)

他コメ1

他コメ2

もちろんこのお二人のような見方を私も捨てきれない。しかしこれはどちらも中国共産党の政策とそれに従っている庶民の感覚で、中国人にしてみれば「日本人がなぜ中国の教育内容にクレームを付けるのか?」との不満を抱くのも当然だ。なぜなら同じことを中国からされて一番反感を持っているのが「歴史認識で断絶し反発する我ら日本人」だからである(^^;)

それでもいつまでも恨みを忘れる気のない某国とは違い(^^;)中国はやはり賢者の道を模索するしたたかさがある。

それに引き換え(^^;)…ほぼ同時期と言っていいくらいのタイミングで別のスレッドが私にまとわりついていた(^^;)

釣り垢1

西日本豪雨災害対応で予定されていた外遊を中止した安倍総理に対する嫌味をたらたらと垂れる「釣り垢(※意図的に相手を挑発して喧嘩に持ち込もうとするSNS上のテロリスト)氏」(^^;)私は国益優先を考えると行くべきだと思っていたし、志井共産党委員長の定番的政権批判に応じて中止したのであれば「愚かな判断」だと思っていた。

しかしその後、被害の実態が明らかになるに連れ総理の判断が「愚か」とは言えないことを知るのだが、このやり取りの最中は私にはそこまで情報を持っていなかった。結果的に総理の判断は間違いではなく、それを証明するように外遊の主目的だったEUとのEPA署名式は日本の災害規模の大きさに配慮しあちらがこちらに出向いてくれることになった(^^;)

東京で17日に日欧EPA署名:共同通信
 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)欧州委員会は9日、11日にブリュッセルで予定していた日EU首脳会談を東京で17日に開催し、経済連携協定(EPA)に署名することで日本とEUが合意したと発表した。

釣り垢2

なんとかして私を屈服させようと無駄な論陣を張る釣り垢氏(^^;)誰かの政治的判断を不支持であっても容認することは洗脳されたことになるらしい(爆)この論点の穴を気が付かないとでも思われたのかな?ずいぶん舐められたものである(^^;)

釣り垢3

最後通牒に合わせて民主主義のセオリーを指摘するとそれ以降何も返してこなくなった(爆)

自分が選択して支持した指導者の決定は、不服があっても容認し成果が出るように協力するのが民主主義である。多数決で自分の反対意見が決定した場合、折を見て反対意見は述べても全体の進みだした方向には従って協力するのが多数決の論理(この場合は倫理というべきか)、「最大多数の最大幸福を希求する」民主主義のセオリーなのだ。

釣り垢氏はこのセオリーを知らなかったのか忘れていたのか、最近の野党を見るがごとく、多数決で破れた後も不服従・非協力で妨害工作も辞さずネチネチと嫌味を垂れる態度と変わらない。無反応になったのが自分の蒙昧さに気がついてくれたのであれば、今後もう少し嫌味を言う相手を選んでくれるだろう(^^;)

今回のtwitterは議論を前提にする認識の相互確認とか、それを踏まえた自分の意見の披瀝に関して、知性の差が鮮明に現れた事例だった(^^;)

私にとって皮肉に思えたのは、国家的に敵対寸前の緊張状態にある日中の国民のやり取りより、日本人同士の会話の方が論理的ではなく、怨念に満ちた恐ろしくレベルの低い会話に終わった点にある。

だ か ら

「反安倍」パヨクとはマトモな話ができないのだ(^^;)

もう、釣り方が脊髄反射的で低レベルが予想される相手は取り合わないことにしよう…(爆)



Posted by soup2001 | -  -



スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | -  -



S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>



目次&ランダムピックアップ
現代用語のクソ知識の目次

当ブログの目次(管理人のオススメ一覧)です。かなり古い時事問題に関する記事もありますが、当時を思い出してご覧いただけると幸いです。

2017年5月分よりtwitterまとめエントリを自動投稿するように設定しており、通常エントリが遡りにくくなっているため、通常エントリだけの目次を下記においておきます。

2018年 9月の通常エントリ
2018年 8月の通常エントリ
2018年 7月の通常エントリ
2018年 6月の通常エントリ
2018年 5月の通常エントリ
2018年 4月の通常エントリ
2018年 3月の通常エントリ
2018年 2月の通常エントリ
2018年 1月の通常エントリ
2017年12月の通常エントリ
2017年11月の通常エントリ
2017年10月の通常エントリ
2017年 9月の通常エントリ
2017年 8月の通常エントリ
2017年 7月の通常エントリ
2017年 6月の通常エントリ
2017年 5月の通常エントリ


↑上のボタンを押すと、ランダムにエントリを表示します。
もしもエラーページが出たら、ごめんなさいm(_ _)m「戻る」ボタンでエントリを表示するまでお試しください。

言い訳ページはこちら(^^;)
---------------------------------




ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ


マウスコンピューター/G-Tune

twitter

 RSSリーダーで購読する

Profile
Archives
Recent entries
blog parts



ブルーリボン





マウスコンピューター/G-Tune

エニアグラム診断によると私はタイプ4番でした。
無料診断のできるサイトはこちらです。

Links
tools






Categories
Mobile
qrcode
Sponsored links
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
このblogのfeedburner