ブログパーツ
<< 2018年08月20日のつぶやき | home | 2018年08月21日のつぶやき >>

晴労積読【せいろうつんどく】

過去エントリ「秘録【ひろく】」でも紹介していた国立国会図書館関西館(Googlemap)に久しぶりに行ってきた。

国立国会図書館関西館1
国立国会図書館関西館2
※画像は前エントリ(2010年当時)のもの

現在はこの建物の裏山をさらに造成して図書館を拡張工事を行っている(^^;)別館かな?実際の図書スペースは地下にあり結構緩やかだが長い階段を降りてやたらバカでかいスペースの図書フロアに降りていく。ちょうど画像の広大な芝生部分の敷地の地下がそのまま書庫スペースになってると考えてもらっていい。爆撃されても大丈夫なくらいな地下のシェルター状の書庫および閲覧スペースなのだ(^^;)

降りたところで入館ゲートがあり、利用登録者は自動改札のようなゲートを通って閲覧室へ入る。持ち込みできるかばん類の大きさが制限されB5サイズ以上の大きさのものは持ち込めない(無料ロッカーあり)。パソコンやスマホは持ち込めるが当然撮影禁止であり館外への貸出はできない。必要な部分は手書きで書き取るか窓口で有料複写を申し込む。

国会図書館と聞けば「日本で発行されているすべての書籍が集まる」と言うイメージがあるが、納本制度はあくまで出版する側の善意・協力があってのことだし、破損等で本として価値がなくなってしまうと蔵書から外れることにもなる。つまりすべての本が読める場所ではなかった(^^;)

閲覧スペースには検索用のPC端末が多数設置されており、登録者IDカードをリーダーに挿してシステムを立ち上げる。通常のインターネットにもつながるのでweb上の情報を確認しながら蔵書検索、雑誌などの一部電子化されたデータも閲覧できる。場合によっては複写専用データで申し込むしか読む方法がないものもあるが、地域の図書館に内蔵書が実際に閲覧できたりネット上でも見つからない雑誌記事を入手できるのは素晴らしい。

バイクで20分ほど距離があるがこれは時々通う価値のある場所である。ちなみに政府発行の官報なども膨大な書棚の一角を占めていた。最近話題の帰化人情報も片っ端から検索する労力を惜しまなければ(残念ながら最近のものでも個別の人名で検索できる形では電子化はされていない)面白いものが発掘できるかもしれない(爆)

昨日これまた久しぶりでヤフオクを使った(^^;)取引のやり取りが面倒になり、中古品の場合は業者でなければきちんと補償されない(できない)場合もあったりで商品の状態や取引の信頼性を考えると通販で買ったほうが安心に思えたからで実に5年近く(?)…最後に取引したのがいつだったかも覚えていない(爆)…だったのだが、amazonマーケットプレイスの出品価格がベラボーに高騰していたためその1/3で即決価格のヤフオクで落札したのだ。(それでも絶版本なので販売時の3倍程度の価格にはなっていたが)その本を知る切っ掛けが下の動画。



徐勝

今年の春に見て探したときもすでにamazon価格が高騰していて諦めていたのだが、ネットの図書館検索で探し回っているうちにヤフオクの出品がヒットして手が届く範囲の価格だったので「ポチッとな」してしまった(爆)

こんな調子で毎週何らかの本を探し求めてるような気がするし、月に約2冊程度は実際に買っている。読書する時間がよる年波のせいか減っているため読み終えた分と新規で購入する分がほぼ同じ(^^;)つまりいつまで経っても「積読」が減らないのである(爆)

「晴耕雨読」のような優雅な生活とは程遠い私なので「晴労積読」なのである。

私の読書の仕方は本の種類によって異なる。小説は最初から最後まで通して読むが、新書や時事ネタ、政治・経済・歴史モノの本は最初に目次を見て読みたいところを先に読んでしまう。その後全体を読み直すこともあるが、最初に読んだ時点で興味が薄れたものはそのまま放置したりもする(^^;)

いわゆる何でも読む「乱読」ではなく読み方が「乱読」だ。

あ、表題は「晴労乱読」でも良かったな(^^;)

JUGEMテーマ:日常。



Posted by soup2001 | -  -



スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | -  -



S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>



目次&ランダムピックアップ
現代用語のクソ知識の目次

当ブログの目次(管理人のオススメ一覧)です。かなり古い時事問題に関する記事もありますが、当時を思い出してご覧いただけると幸いです。

2017年5月分よりtwitterまとめエントリを自動投稿するように設定しており、通常エントリが遡りにくくなっているため、通常エントリだけの目次を下記においておきます。

2019年6月の通常エントリ
2019年5月の通常エントリ
2019年4月の通常エントリ
2019年3月の通常エントリ
2019年2月の通常エントリ
2019年1月の通常エントリ
2018年1〜12月の通常エントリ
2017年5〜12月の通常エントリ



↑上のボタンを押すと、ランダムにエントリを表示します。
もしもエラーページが出たら、ごめんなさいm(_ _)m「戻る」ボタンでエントリを表示するまでお試しください。

言い訳ページはこちら(^^;)
---------------------------------
ブログパーツ

---------------------------------




マウスコンピューター/G-Tune

 RSSリーダーで購読する

Profile
Archives
Recent entries
blog parts
Links
tools
Categories
Mobile
qrcode
Sponsored links
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
このblogのfeedburner