ブログパーツ
<< 2018年09月08日のつぶやき | home | 2018年09月09日のつぶやき >>

BLACK OUT【ぶらっく あうと】

平成30年も後半に差し掛かっているわけだが、陛下のご譲位の手はずも決まり、平成のカウントダウンが始まった途端に運命の神は「平成に予定していた災害を次に残さないように在庫一掃している」かのような災害の数珠つなぎ(汗)

2018年の日本:wiki
※管理人により要約
1月23日 - 群馬県吾妻郡草津町の草津白根山が噴火し、1人が死亡、11人が負傷した。
2月6日 - 福井県を中心に大雪。(平成30年豪雪)
2月9日 - 2018年平昌オリンピック冬季競技大会開催
4月9日 - 午前1時32分頃、島根県西部の深さ12kmを震源とするマグニチュード6.1の地震発生(島根県西部地震)
6月14日 - FIFAワールドカップサッカーロシア大会開催
6月18日 - 7時58分頃、大阪府北部に於いてマグニチュード6.1の地震が発生。(大阪府北部地震)
6月28日 - 平成30年7月豪雨が発生。6月28から7月8日にかけて大雨が降り、死者200人以上を出す大惨事となった。(平成30年西日本豪雨とも呼ばれる)
7月6日/7月26日 - オウム真理教事件に関与した死刑囚13人の死刑が同月中2回に分けて執行された。
7月23日 - 埼玉県熊谷市でこの日14時16分、日本の気象観測史上最高気温となる41.1度を記録。
9月4日 - 台風21号が日本列島に上陸。関西国際空港が高潮による浸水のため運休、空港と本土をつなぐ連絡橋にタンカーが激突し使用不可、利用客が約3000人ほど取り残される。
9月6日 - 午前3時8分ごろ、北海道の胆振地方で地震が発生。(北海道胆振東部地震)

異常気象と言うだけでは済まない気候変動が起き、現状の防災対策では人の命を守れないレベルの災害が頻発する。台風がやたら毎週のように襲来する年はあっても、ここまで被害甚大な災害が立て続けに起こる年を正直記憶していない。平昌冬季オリンピックもW杯ロシア大会もまるで数年前のような気がするほど影を薄めてしまった。





ああ、確かに。これは今年だった(^^;)驚きと感動が期待以上だった分、映像を見ればその時の気持ちが蘇る。それだけにその後に起こるこの惨事はお祝いムードを完全に破壊した。





特に台風21号被害と北海道胆振東部地震では重大なインフラ障害が起き、現代文明の恩恵に預かっているとばかり思っていた一般市民はショックだったのではなかろうか。台風21号では関西空港が空港機能に重大な障害を受ける連絡橋の破損、そして一部地域ではあるが長期化する停電。北海道胆振東部地震では土砂崩れの被害が痛ましいがこちらも停電。しかも北海道全体が一気に停電を起こす「BLACK OUT(全系崩壊)」が我が国では初めて起こった。

初の「ブラックアウト」 最大火力停止が引き金 :日本経済新聞

苫東厚真発電所 管内の電力がほぼすべて止まる「ブラックアウト」。日本の電力会社で初めての大きな事故に至ったのは、震源地の近くにある石炭火力発電所、苫東厚真発電所(厚真町)に北海道電力が電力供給を依存していたためだ。

 同発電所は1、2、4号機の3つの設備がある。経済産業省によると、4号機は地震後の再稼働に向けた作業の中でタービン付近からの出火を確認。1号機、2号機はボイラーが損傷していた。復旧には少なくとも1週間かかる。北電の荒矢貴洋執行役員は同日の記者会見で「そこまで大きい事故は想定していなかった」と語った。

 問題は損傷だけでなく、3基が同時に止まったことにもあった。最大165万キロワットの発電能力が使えなくなり、北海道の使用電力のうち半分程度の供給が瞬時に消えた。

 これが北電の持つ他の発電所にも影響した。電力会社は電力の周波数を安定させるため、需要と供給が一致するように発電能力を調整する。北電は北海道全域でこうした調整をしている。苫東厚真が消えると他の発電所も次々に止まり、電力会社として初めての「ブラックアウト」に至った。


泊原発が可動していれば、火力発電に過剰な負担を強いることもなく供給量は余裕があったが、全てを火力に頼っていた分余裕がなく、最大火力発電所のストップとともにドミノ倒しのように連鎖的に電力供給が崩壊してしまったようだ。

我々は実に脆弱なインフラの上で贅沢な暮らしを享受していたというわけだが、発展途上国並みの供給量の余裕の無さでそれでも全北海道の電力を支えていたのはむしろ日本人らしい使命感と職業意識がもたらした恩恵だったのだろう。やはり失ってみなければわからないものもある。

しかし禍福は糾える縄の如しとは言うものの、上げて落としてジェットコースターのような目まぐるしい心理的環境の変転(^^;)私のような年寄りはまだしも、若い世代や子どもたちはどう感じているのだろう?後年この歳を思い出して何を思うのだろうか?

そんな私の思いを汲み取ってくれたような番組が放送されていたらしい(爆)

【池上さんとプロ子供】池上彰さんの番組で池上100点回答()した子供の正体がバレる! ネット恐るべしwwwwwwwwww:もえるあじあ

池上特番1
池上特番5

池上彰と子供の組み合わせは池上彰が世に出るきっかけとなった「NHK週刊こどもニュース」を思わせ原点に帰って「子供にも理解できるわかりやすいニュース解説」を最近の子供に行い、その子供から感想なりのフィードバックをとって番組にしたものだったらしいが、案の定「安倍政権批判」に誘導する演出がなされ、子供に政権批判をさせるための番組の様相を呈していたと聞く。

私は例によって地上波TVを完全に無視している生活に入っているので(爆)見てなかったのだが、報道番組でもあるこの池上彰特番でテレビ局の得意技「ヤラセ」が行われていたとは(爆)

twitter民の捜査能力で少なくとも17人30人ほどは出演が事務所から告知されているのでほぼ全員が何らかのプロダクションに所属した「プロ子ども」の可能性が高い(^^;)

鴨田沙奈(劇団ひまわり)
郡司 茉莉愛(Very×Berry Pro)
溝口元太・藤巻杏慈(スペースクラフト)※藤巻杏慈はネットの情報ただし事務所サイトに記載なし、カラオケ番組で有名な子。
池上特番2
杉崎なお・杉崎りお・戸田ひかる・緒方貴心(チャームキッズ)
小寺結花(ボックスコーポレーション)
岡田龍樹・岡崎美優・中田勇希・早坂颯樹・西本晴紀・升水柚希(セントラル株式会社)
大嶺創羽・金山仁・安原琉那(クラージュキッズ)※リンク切れ(元ツイート削除)
浅葉小春(ブルースカイプロモーション)※情報追加
永瀬虹空(バンビーナ)※情報追加
鷺坂妃彩(スマイルモンキー)※情報追加
原凜花・齋藤さくら・古閑理(劇団東俳)※情報追加
天野那逢・福本崚瑛・福本皓埜・坂井心・二川修栄(NEWSエンターテインメント)※情報追加(リンクはまとめ記事)
風間暖希(劇団日本児童)※情報追加(リンクはツイ民の捜査ツイート)

※2018年9月10日正午時点で判明しているのは30名(^^;)

番組出演情報ツイート

リンクは番組出演を伝える所属事務所のTwitterアカウントなどである。

池上特番3
この画像の中で該当すると思われる子供を照合してみた(^^;)…もっと時間をかければ全員照合可能だろう(爆)ネットには早くも全編の録画動画が上がっているしすべて見て芸能事務所を検索しまくればほぼ全員がエキストラ待遇かもしくは「一部の子どもはセリフ付きの出演であった可能性」があるわけだ(^^;)

考えてみれば、無作為の子供の声を拾おうと思うのなら、どこかの小学校の1クラスを池上とアシスタントの女子アナが訪れて同じような授業形式の講義をした後でコメントを取る方法もある。これならいくらつまんで編集しても何の不思議にも思わないし子どもの自然な感想が聞けただろう。

つまり、その場合は池上彰やテレビ局が意図した通りの回答は得られない可能性が高い。

これだけ地上波テレビの捏造やヤラセを毎日のように見せられている人でも案外子どもたちの可愛らしさにごまかされて「純真な子どもの意見」として受け入れてしまう恐れがある分非情に罪作りな演出であろう。

ブラックアウト【blackout】の意味:goo辞書
1 記憶喪失。また、意識を失うこと。
2 一時的機能停止。
3 報道管制。
4 灯火管制。ある地域の停電。
5 舞台の暗転。
6 特定地域に向けてスポーツ番組などを放送すること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

なるほど。報道管制とは為政者による「報道しない命令」だが、最近はメディア自体が「報道しない自由」を振りかざして重要な情報を隠匿することも少なくない。と言うか安倍政権に有利に見える情報は殆ど遮断されている。まさに報道上のブラックアウトは既に2年前から始まっているのだ!

いわゆる停電のブラックアウトはインフラの機能回復によっていずれは解消されるのだが、このメディアによる「情報ブラックアウト」は解消・改善される見込みが立たないのである。

日本国民にとってこちらの方が余程「お先真っ暗」で仕方なくネットで「暗中模索」を繰り返す意味において不幸でしか無い。明けない夜はないと言うが、信頼できるメディアとしての「情報インフラの夜明け」は果たしてやってくるのであろうか?

JUGEMテーマ:社会の出来事



Posted by soup2001 | -  -



スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | -  -



S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>



目次&ランダムピックアップ
現代用語のクソ知識の目次

当ブログの目次(管理人のオススメ一覧)です。かなり古い時事問題に関する記事もありますが、当時を思い出してご覧いただけると幸いです。

また、当ブログはコメント機能を停止しています。ご意見等はtwitter
汁・ビルヌーブ@soup2001」へどうぞお寄せください。管理人の気が向いたらリプを返すかもしれません(^^;)


2017年5月分よりtwitterまとめエントリを自動投稿するように設定しており、通常エントリが遡りにくくなっているため、通常エントリだけの目次を下記においておきます。
※2019年8月1日現在。twitterの仕様変更で自動まとめ投稿が停止しています。

2019年7月の通常エントリ
2019年6月の通常エントリ
2019年5月の通常エントリ
2019年4月の通常エントリ
2019年3月の通常エントリ
2019年2月の通常エントリ
2019年1月の通常エントリ
2018年1〜12月の通常エントリ
2017年5〜12月の通常エントリ



↑上のボタンを押すと、ランダムにエントリを表示します。
もしもエラーページが出たら、ごめんなさいm(_ _)m「戻る」ボタンでエントリを表示するまでお試しください。

言い訳ページはこちら(^^;)
---------------------------------
ブログパーツ

---------------------------------




マウスコンピューター/G-Tune

 RSSリーダーで購読する

Profile
Archives
Recent entries
blog parts
Links
tools
Categories
Mobile
qrcode
Sponsored links
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
このblogのfeedburner