ブログパーツ
<< 2019年03月17日のつぶやき | home | 2019年03月18日のつぶやき >>

監視世界【かんしせかい】

今関西で旬の話題は、知事選と市長選の「大阪W選挙」。隣県に住む私でさえ、これは流石に無視できない。大阪の都市通勤者を大量に抱える奈良県としても大阪の行政が停滞するのは困るのである。その意味で「大阪都構想」を推進する「維新の会」には期待半分失望半分というところなのだ。対抗勢力の大阪自民と公明には失望全部(^^;)と言うところなのだが、これに共産党まで選挙協力を行うに至っては、こりゃ共産党と組むような政治勢力に地方行政を任せられないなぁ…と言うのが正直な部分で、消極的ながら「大阪維新の会」を支持するスタンスである。

つまり、先週の(夜の)虎ノ門ニュース木曜でコメンテーターの有本香氏が熱く語っていたことに大いに賛同する。



元々は保守の自民党から分裂した勢力が維新なので自民党とは敵対するのだが、国政レベルの政策では維新の会と自民党は「改憲勢力」として協力できる「野党らしい野党」でもある。大阪府議会自民党という狭量な政治集団があろうことか共産党を含む既存政党と水面下では繋がって行政の停滞を招き、あるいは「累積する赤字を放置し大阪に地域経済の地盤沈下を長年に渡って容認してきた無責任さ」を少なからずこの目で見てきたからでもある。

いわんや
「長年続いてきた地方行政システムに一切手を付けさせない」というのであれば、国政レベルの「憲法改正を許さない」に通じる、既得権益の保護・腐敗体質の温存・国家を内部から衰退させる意識なき亡国を感じてしまうのである。
故に大阪府議会自民党を私は全く支持しない。

もちろん維新の会の政策全てに賛成はできないしするつもりもないが、自民党などが仕切っていた頃に比べればいろいろ改善されていることは確かだし、2008年の橋下徹知事誕生から続いている「大阪府再生(赤字脱却)政策」は自民党を中心とする政権では(いくらでも時間があったにもかかわらず)ほとんど改善されなかったことを見れば、実績を出している勢力を評価し応援したいと考えるのは普通のことだと思うからである。

12〜3年前に比べても「ネットにおける言論空間」は驚異的な拡大を見せ、これは日本における「ジャスミン革命」を想起するほどの影響力を持ち始めている。

街中の防犯カメラではないが、政治空間における言論・政治・社会を相互監視する機能をネットは持ち始めていて、今やそれらによる警鐘・啓蒙・煽動的メッセージは洪水のように満ち溢れている。

単純に状況を監視するというフィルタリングを視覚化したものは2000年以降、ネットで利用できるものとして有償・無償を問わず、次々と現れこのブログでもいくつか紹介してきた。

大気汚染監視サイト「SPRINTARS(Spectral Radiation-Transport Model for Aerosol Species)」

SPRINTARS

衛星追跡サイト「Satellite-Tracker-3D」

SSatellite-Tracker-3D

サイバー攻撃モニタリング「Kaspersky-Cyberthreat」

Kaspersky-erthreat

そして今回見つけたのが船舶の運行状況をモニタリングできるサイト「MarineTraffic」

MarineTraffic1
船舶の種別で色分けされている。(排水量?用途別?)元が英語なのでいまいちよくわからないが(爆)

MarineTraffic2
マウスをポイントにオーバーさせると船舶情報が表示される。Chromeの機械翻訳にも対応している。

MarineTraffic3
なんと、中国海警の船舶まで追跡できる(^^;)有料版だともっと詳細な情報が得られるらしいがまさか軍用船舶までは無理だと思う(至近距離に近づけば安全航行のため識別信号ぐらいは出すだろうが、行動をそこまで開示してはいないはず)。海保なども当然独自の情報源(衛星による追跡網)は運用しているらしい。

日本海上保安庁が人工衛星監視システムを導入へ、中ロを念頭に:中国網
人工衛星を使った監視システム
 日本海上保安庁は、今年度から人工衛星を使った監視システムを導入する方針を決めた。監視対象は日本列島の周辺から、中国、韓国、ロシアなどの沿岸部までの計220万平方キロ・メートル程度の海域となる見込み。これらの海域について少なくとも1日に2回程度、画像を撮影し、全国の管区本部などに送信して警戒や捜索に活用する。日本メディアが伝えた。


すでに日本でも「顔認証システム」のセキュリティは販売されている。

NeoFace 顔認証システム導入セット アプライアンスサーバ

NeoFace-顔認証システム

我々の知らないうちに世界はどんどん監視されていく。それを社会の安定に利用するのは当然であるとしても、国家的な圧力に転用される危険性とともに私企業や思想団体も同じことが可能な点で「個人情報はどんどん非一般的に開示されていく」ことだけは頭に入れておいたほうが良い。

ちょっと立ち小便したり(^^;)ちょっと赤信号を無視したり(^^;)速度違反をしたり(^^;)していてもすぐに個人を特定できるインフラが整いつつあるとすれば、ゆめゆめ自分の行動で「無軌道なことは当局に補足されやすい」だけに言動は慎重にしなければなるまい(^^;)

Twitterのような言論空間でも相互監視状況が相対する思想グループの間で「BAN(凍結)闘争」が繰り返されている以上、便利さの裏腹に非常に窮屈な世界に今はもうなってしまってる事を自覚した昨今なのである(^^;)

アカウントロック

この程度の表現でロック食らうんだからTwitterもかなり左巻きなのは確かだな(爆)



Posted by soup2001 | -  -



スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | -  -



S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>



目次&ランダムピックアップ
現代用語のクソ知識の目次

当ブログの目次(管理人のオススメ一覧)です。かなり古い時事問題に関する記事もありますが、当時を思い出してご覧いただけると幸いです。

2017年5月分よりtwitterまとめエントリを自動投稿するように設定しており、通常エントリが遡りにくくなっているため、通常エントリだけの目次を下記においておきます。

2019年5月の通常エントリ
2019年4月の通常エントリ
2019年3月の通常エントリ
2019年2月の通常エントリ
2019年1月の通常エントリ
2018年1〜12月の通常エントリ
2017年5〜12月の通常エントリ



↑上のボタンを押すと、ランダムにエントリを表示します。
もしもエラーページが出たら、ごめんなさいm(_ _)m「戻る」ボタンでエントリを表示するまでお試しください。

言い訳ページはこちら(^^;)
---------------------------------
ブログパーツ

---------------------------------




マウスコンピューター/G-Tune

 RSSリーダーで購読する

Profile
Archives
Recent entries
blog parts
Links
tools
Categories
Mobile
qrcode
Sponsored links
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
このblogのfeedburner