ブログパーツ
<< カレーの記憶【かれーのきおく】 | home | 熱姫【あつひめ】 >>

弁護の弁護【べんごのべんご】

先日テレビのネット予約画面である番組を見つけた。「光と影〜光市母子殺害事件弁護団の300日」差し戻し審から判決までの弁護団の苦闘のドキュメントである。
録画しておいたモノを先ほど見終わった。北京オリンピック開会式の華やかさの対極にあるドキュメント。あの中国にしては見事すぎるエンターテイメントの影にある人間の闇。おびただしい人海戦術の「マス・ゲーム」には「軍隊並みに非人間的に管理されすぎた不気味さ」が漂っていて、美しいもののあとに汚い物を見ておこうという気になったのだ・・・さすがへそ曲がり(^^;)

番組を見るとこういう弁護士もいないと「逆転判決を得て冤罪を晴らす」ということは不可能なのだということは理解できた気がする。気がするというのはやはり被告の犯した犯罪の重さを考えると、彼らの努力が実を結ぶことは「あってはならない」とも思えるからだ。
番組の中で弁護士がやろうとしたことは世間の誰も試みていない事「犯人を理解する」ことなのだ。あまりの結果に普通の人間であれば、拒否し、被告を否定し、自らの正義感のみで裁くだけだろう。しかし彼らは「まず、被告はどういう人間で、事件の時どう感じ行動したか」を丹念に検証していく。細かい証拠の矛盾は確かに存在するのだが、実行犯は確実に被告であり、犯した罪の重さの前に小さな矛盾はもはや意味を成さない。
そして弁護団は被告の人間性の回復を誘導し、その取っ掛かりを見つけて更生の可能性を訴える。もし、被告を助けたいのなら、あまりに遅すぎる取り組み。しかし「逆転死刑」を前に初めて「被告を理解し更生の道筋を作ろう」とした弁護団。以前の公判の弁護士が一人だけなら、とてもそこまで踏み込んで「弁護」を出来なかったであろうことを考えると、やはり事件の「異常性」被告自身の「異常性」による悲劇としか言い様があるまい。

この番組を見て「弁護士たち」のやろうとしたことは理解できても、被告の理解には至らない。悪い部分だけが増幅して情報開示されている状態で「普通では無い被告の人間性」は中々理解されないだろう。そして世論も敵に回してる。

いや、大変な商売だ。まったく。彼等弁護団を生存の一縷の望みとして心の支えにし、更生の方向に向かいつつある被告には絶対的に必要な存在であることは間違いない。しかし努力すればするほど世の中から非難され、攻撃される。ある意味被告に対するバッシングを身代わりに受けているようなものだ。犯罪被害者並に理不尽とも思える逆境。心より労いの言葉を贈りたい。つまるところ弁護士の弁護をこの番組はしていたのだろう。

異常犯罪者の延命のために奇策を弄し法治国家の秩序を破壊する弁護団

少なくともそうではない。彼らは負った使命が故に「誤解に次ぐ誤解」を受ける運命にはあるが、弁護士としての職制を全うしようとしているだけである。こんなに辛い案件は無いだろう。勝っても負けても彼らには非難しか供されない。いや、もし万一勝ってしまったら、今度は自分が犯罪被害者にさえなりかねない危険の中にいる。

光市母子殺害事件殺害犯:福田孝行にはこの広い世の中で、弁護団しか味方がいない。ようやく自分の置かれた立場や、自分の犯した事件の重大さに気づき始めたらしいのだが、全ては遅すぎる。最後まで人間になることなく処刑された宅間守と違い、真っ当な人間に戻る道の途中で処刑されることがせめてもの救いである。

この事件に関わる全ての人の中に「勝者」はいない。それぞれが耐えがたい痛みと闘い時を過ごすだけだ。死ぬことよりも辛い生きる痛みの中で。処刑されることでその辛さを免れる被告はそれでも勝者足り得ないという皮肉。

そんな中、あえて茨(いばら)の道を行く弁護士に敬意を表したいと思う。

Posted by soup2001 | comments(0)  trackbacks(0)



スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | -  -



comments
trackbacks
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>



目次&ランダムピックアップ
現代用語のクソ知識の目次

当ブログの目次(管理人のオススメ一覧)です。かなり古い時事問題に関する記事もありますが、当時を思い出してご覧いただけると幸いです。

また、当ブログはコメント機能を停止しています。ご意見等はtwitter
汁・ビルヌーブ@soup2001」へどうぞお寄せください。管理人の気が向いたらリプを返すかもしれません(^^;)


2017年5月分よりtwitterまとめエントリを自動投稿するように設定しており、通常エントリが遡りにくくなっているため、通常エントリだけの目次を下記においておきます。
※2019年8月1日〜11月25日の間はtwitterの仕様変更で自動まとめ投稿が停止していたためこの間のまとめはありません。

2019年1〜12月の通常エントリ
2018年1〜12月の通常エントリ
2017年5〜12月の通常エントリ



↑上のボタンを押すと、ランダムにエントリを表示します。
もしもエラーページが出たら、ごめんなさいm(_ _)m「戻る」ボタンでエントリを表示するまでお試しください。

言い訳ページはこちら(^^;)
---------------------------------
ブログパーツ

---------------------------------



ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ


マウスコンピューター/G-Tune

 RSSリーダーで購読する

Profile
Archives
Recent entries
blog parts
Links
tools
Categories
Mobile
qrcode
Sponsored links
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
このblogのfeedburner