ブログパーツ
<< たまたま【たまたま】 | home | 襲撃の夜【しゅうげきのよる】 >>

愚図【ぐず】

「グズ」とはやることが遅いこと、トロい、のろい事を言う。解散を前提の政権交代だったはずなのにいつまでたっても解散しないのは麻生太郎の党利優先の戦略かと思っていたのだが、実際「愚図」としか思えなくなってきた。支持率の低下に身動きが取れなくなった時点で、リーマンショックが起こったのは渡りに船だったろう。その結果、経済対策などを大義名分に解散を引き伸ばしにかかったまでは容認できても、定額給付金とはさすがに開いた口がふさがらなかった。ばら撒きの上に数年後の増税。国民から搾り取ることしか考えていないからこその発想。まさに役人の発想だ。

財務省あたりからの入れ知恵か、あるいは緊急金融対策と福祉との折り合いをつけたつもりかも知れないが、一番安易な方法で国民を騙せると思う事こそ愚の骨頂と言わざるを得ない。公明党あたりの「定額減税要求」から発した給付金だが、相次ぐ批判にヤケクソになったのか「所得制限」「地方自治体に判断を丸投げ」「年齢による増額」ともはや収拾がつかなくなっている感がある。浅知恵にしか見えない点でも非常に残念だ。

生活支援という名目上、世帯ごとを考えたのは理解できても、総務省統計局の世帯統計調査は個別の世帯所得を識別する形でデータ化されていないため、早期の実行は難しい。事実不可能だと思う。政治主導でぶちあげたまでは良かったが、やはり「官僚抜き」では何も政策が実行できない今の政府の欠点がよく出ている。挙句に「所得制限」「年齢による支給額の加算」など、実施時期で変わってしまう「年齢による不公平」「世帯毎の総所得の実態が把握できていない」「実施時期がずれ込めば対象年度の所得が(不景気による失業などで)変わるおそれ」「なによりそれらの膨大な実務の地方自治体へ丸投げする問題点」など、目も当てられない状況になってきた。

麻生

当初選挙を意識して作られたポスターを街角で時折見かける、自民党のサイトにも出ているものを上のようなコピーに変えてみた(爆)
政権こそ放り出していないものの「自分の言い出した政策の実施の実体」を地方自治体に丸投げしている点では、ただの暴君でしかない。決して責任を取らず、後のことを考えない官僚が考えたものならもっと悲惨だ。

「愚図」は「愚かな図りごと」とも読めなくは無い。「愚策を図ったが故に遅々として実行できない」・・・もう呆れるばかりだが、もし最終的に全てを撤回・白紙に戻し、これも麻生氏の放言癖・失言癖で収拾するとしたら、こんな男(政党・政府)ではこの国に未来を感じられない。

たとえ将来増税があるとしても、生活向上の期待感が持てる政策を公約として掲げていたなら国民は理解し受け入れるだろう。その上で定額減税があればさらに好意を持って迎えられたであろうが、今のような「ばら撒き後2倍にも3倍にもなって回収される」今年か見えていない、まして「給付金」方式で、そのうえ分けの分からない区分で差をつけられるような政策を国民が喜ぶ(あるいは評価する)と本気で思っているなら話にならない。戦争を除いて、有史以来最も愚かな為政者として名を残すことは出来るだろうが・・・。

ここまで書いてある曲が頭に浮かんだ。中島みゆきの曲で研ナオコが歌った「愚図」。

「あたしって、本当に愚図なお馬鹿さん♪」

官僚と閣僚、政府与党全員で合唱し国民に詫びて欲しいものだ(爆)
Posted by soup2001 | comments(4)  trackbacks(0)



スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | -  -



comments
Re:
は焼く選挙やって決着つけて欲しいです。
どうやっても景気よくならないですから。
失業対策もお願いしたいです。
失業者があふれてきましたから。
でも誰がやっても期待できないですからね。
| 遺伝子の会会長 | 2008/11/17 00:27 |
Re:
>遺伝子の会会長さん、毎度♪
これほど景気が低迷し、派遣労働者の失業が増えてくる世情は、アメリカ並みですね。かつて「就職氷河期」と言うのがありましたが、新卒を含めて「求職氷河期」とも言える春を迎えることになるなら、この国は何もせずとも内部から変革(あるいは崩壊)していくかもしれません。
国家の危機には必ず未来を照らし出した人材を生み出して来た日本ですが、もはやそれに期待するしかないかも知れませんねぇ(溜息)
soup2001 | 2008/11/17 00:56 |
Re:
来年6月には、東京都都議会選挙があるのだそうです。
自民党と連立している公明党は、この選挙は総選挙よりも
大事なのだそうです。
なぜなら、創価学会の宗教法人としての認可は、
東京都知事が許認可の権限を持っているからです。

結局ズルズルと、9月の任期一杯まで引き伸ばして
解散総選挙になるのかもしれませんね。
今後支持率が上がる見込みが無いから、
出来るだけ長く政権にしがみつきたいのでしょうね。
| 黒ボンバー | 2008/11/17 02:56 |
Re:
>黒ボンバーさん、毎度♪
今一番気を揉んでいるのは公明党かもしれませんね。このままでは与党の一翼を担ってる関係上、公明党自体の支持率が期待できませんから。解散先延ばしなら東京都議会選挙までに何らかの具体的政策を出すプレッシャーを与え続けることになるのでしょうが、自民党がそれに耐えられるか・・・もしくは自民党の深謀遠慮で、大元の定額減税案を出した公明党の力を削ぎ、存在の根幹を揺るがす大敗北で与党としての実勢力を排除しようとしているかもしれません。

数が頼みの国会で自分から手足を切り捨てるような真似ですが、「自民党の理想たる単独過半数か、それが無理なら(どうみても無理ですけど(^^;))民主党との連立まで模索しつつ衆議院選挙に持ち込むための環境作りのための時間稼ぎ」をしているような気もします。

どっちにしても悪あがきですが、それに付き合される国民はたまったもんじゃありません(^^;)
soup2001 | 2008/11/17 03:10 |
trackbacks
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>



目次&ランダムピックアップ
現代用語のクソ知識の目次

当ブログの目次(管理人のオススメ一覧)です。かなり古い時事問題に関する記事もありますが、当時を思い出してご覧いただけると幸いです。

2017年5月分よりtwitterまとめエントリを自動投稿するように設定しており、通常エントリが遡りにくくなっているため、通常エントリだけの目次を下記においておきます。

2019年6月の通常エントリ
2019年5月の通常エントリ
2019年4月の通常エントリ
2019年3月の通常エントリ
2019年2月の通常エントリ
2019年1月の通常エントリ
2018年1〜12月の通常エントリ
2017年5〜12月の通常エントリ



↑上のボタンを押すと、ランダムにエントリを表示します。
もしもエラーページが出たら、ごめんなさいm(_ _)m「戻る」ボタンでエントリを表示するまでお試しください。

言い訳ページはこちら(^^;)
---------------------------------
ブログパーツ

---------------------------------




マウスコンピューター/G-Tune

 RSSリーダーで購読する

Profile
Archives
Recent entries
blog parts
Links
tools
Categories
Mobile
qrcode
Sponsored links
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
このblogのfeedburner