ブログパーツ

2020年06月14日のつぶやき

2020年06月14日のつぶやき
続きを読む
Posted by soup2001 | -  -



2020年06月13日のつぶやき

2020年06月13日のつぶやき
続きを読む
Posted by soup2001 | -  -



2020年06月12日のつぶやき

2020年06月12日のつぶやき
続きを読む
Posted by soup2001 | -  -



2020年06月11日のつぶやき

2020年06月11日のつぶやき
続きを読む
Posted by soup2001 | -  -



声なき悲鳴【こえなきひめい】

AmazonPrimeで「アクト・オブ・キリング(オリジナル全長版)」とその続編(というか姉妹編)「ルック・オブ・サイレンス」を見た。※Prime会員の私は無料(^^;)

「アクト〜」は劇場版より丁寧に虐殺者を追尾しているため、心境の微妙な変化がわかりやすくなっている。

「ルック〜」では兄を殺された弟が虐殺者やその家族を訪れ知っていることを聞きたがる。時に加害者は驚き・戸惑い・言葉に詰まり・言い訳を始めるか逆ギレする。火中の栗をわざわざ拾いに行くようなものだが、言葉と感情が当事者同士で激しく工作する緊張感あふれる会話劇のような味わい。

ドキュメント作品の場合、多くはこうした被害者側の視点で加害者側を追求しその行為の必然性に迫るものが多いが、この両作品の「鑑賞後の苦々しさは特筆モノ」である。





「ルック〜」の冒頭とエンディングにある特徴的な映像が入っている。不思議な動きをする豆だ。まるで超能力者が念力で動かすかのように自分で飛び跳ねる「豆」。



メキシコトビマメ:wiki

メキシコトビマメ(英名 : (Mexican) jumping bean、学名 : Sebastiania palmeri, Sebastiania pavoniana)とは、蛾の幼虫に寄生された種子が生きているように動き回るメキシコ原産の植物である。この種子は、メキシコ現地では brincador (ブリンカドール、スペイン語で「這い回るもの」あるいは「跳ねるもの」の意味)の名で知られる。メキシコトビマメは外見的には直径7〜10ミリメートルの黄褐色から茶色の小さな豆であり、内部に小型の蛾の卵が産みつけられた植物の種子の一種である。この蛾の幼虫の動きにより、豆は跳ね回る。

不規則に見える豆の動きに最初は目を奪われるが、やがてそれは何やら心の葛藤を暗示しているように思えてくる。時々「ビクッ」「ビクビクッ」と飛び跳ねる豆。今時分のいる状況に抗うように、あるいは外の世界へ豆を突き破って飛び出そうとするかのように。映像では豆は砕けず何も飛び出さず、ただストレス感のみが増幅していく。

アディ・ルクンの兄は自分が生まれる前に「共産主義者」として殺された。殺害者は「アクト・オブ・キリング」と同じ様に、罪にも問われず、なんと同じ村や近隣の地域で平穏に暮らしている。ジョシュア・オッペンハイマーというドキュメンタリー監督のセンスと言うか「人の悪さ」というか、とにかく「殺人者の今、そして過去との対峙」を深く掘り下げる執念にも似た執拗さで(しかし表面上はあくまで穏やかに)追い詰める。

「アクト〜」では加害者が被害者の役割を演じることで、加害者側の犯罪性や異常性に覚醒するストーリーだった。今回は「眼鏡の行商人」が、老人となって老眼鏡が必要になった加害者を尋ね回り「視力検査とメガネの度数調整」を行いながら自分の正体(被害者の弟)を明かして当時の話を聞かせるように懇願する。

ある意味「アクト〜」よりも直接的に過去の犯罪と向き合わされる加害者達。不意打ちも良いところで慌てる者、自己弁護や開き直り、逆ギレする者反応はそれぞれだ。アディは感情を一切出さず、淡々と話を聞き現代の心境を問いただす。「実際に逢ったことのない、遊んでもらった記憶さえ無い兄」だけにアディとしては普通なのだろうが、答える側には何かしらの葛藤を生み出しているのが「アクト〜」に通じるモラルを呼び覚ます引き金となっているようだ。

自分の家族に何があったのか、逢えなかった兄に何があったのか。これは先ごろ亡くなった拉致被害者の横田滋氏や被害者家族にとっても同じような疑問を持ったことは想像に難くない。

日本人拉致事件 写真特集
<画像元:日本人拉致事件 写真特集>


横田滋さん死去 妻・早紀江さんら会見ノーカット(20/06/09)

おそらく、取り返して、帰国させて欲しい。何がどうなって拉致されたのか、その後はどんな暮らしだったのか。聞きたいことは失った時間以上に積み重なっていることだろう。アディが問わずに居れなかったことは拉致被害者家族にも言えるのだ。

私達がもしアディの感情を共有できるなら、拉致被害者家族のそして被害者本人の感情もまた共有できるはずだ。

アディは少なくともいくつかの答えを得ることは出来た。納得はできなくても、それでも問足りないかもしれないけど、彼はそれで次のステップへ心を動かすことができるだろう。

拉致被害者家族は、実際に帰国できた5人とその家族以外は未だに何の答えも得られていないのだ。

冒頭で言ったとおり、最期のカットはトビマメである。黙して語らぬものの弾けるように飛び跳ねるその豆は、満たされぬ思いに身悶えしのたうち回る「声なき悲鳴」のように思えてくる。

想像していた以上に「痛々しい心の傷」を知る映画だった。拉致被害者へ思いが移ることも予想外だったが、日本は未だ有効な解決を見ていない。

嗚呼、それはインドネシアの虐殺被害者もまた同じなのだ。聞けば語ってくれる加害者もいるが全ては「終わったこと」として片付けるしか無い虚しさは如何ともし難い。アディや被害者家族はそれを受け入れるための人生を過ごしていく。

日本の拉致被害者家族は「情報がそもそもない」。

改めてこの問題に無関心であった日本人全体と世論換気に消極的であったメディア、野党、日本人同胞の人権侵害に向き合わなかったすべての政治家さえ加害者側として問いただされなければならないはずだ。

安倍政権の間〜北の体制移譲などの外的要因の変化が少しでも解決の糸口になることを、そのための手がかりとしての憲法改正をも含めて、改めて噛み締めているのである。

JUGEMテーマ:映画



Posted by soup2001 | -  -



2020年06月10日のつぶやき

2020年06月10日のつぶやき
続きを読む
Posted by soup2001 | -  -



2020年06月09日のつぶやき

2020年06月09日のつぶやき
続きを読む
Posted by soup2001 | -  -



2020年06月08日のつぶやき

2020年06月08日のつぶやき
【対馬の祈り】歌 : 祥子
続きを読む
Posted by soup2001 | -  -



2020年06月07日のつぶやき

2020年06月07日のつぶやき
続きを読む
Posted by soup2001 | -  -



2020年06月06日のつぶやき

2020年06月06日のつぶやき
続きを読む
Posted by soup2001 | -  -



2020年06月05日のつぶやき

2020年06月05日のつぶやき
続きを読む
Posted by soup2001 | -  -



2020年06月04日のつぶやき

2020年06月04日のつぶやき
続きを読む
Posted by soup2001 | -  -



2020年06月03日のつぶやき

2020年06月03日のつぶやき
続きを読む
Posted by soup2001 | -  -



2020年06月02日のつぶやき

2020年06月02日のつぶやき
続きを読む
Posted by soup2001 | -  -



2020年06月01日のつぶやき

2020年06月01日のつぶやき
続きを読む
Posted by soup2001 | -  -



S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>



目次&ランダムピックアップ
現代用語のクソ知識の目次

当ブログの目次(管理人のオススメ一覧)です。かなり古い時事問題に関する記事もありますが、当時を思い出してご覧いただけると幸いです。

また、当ブログはコメント機能を停止しています。ご意見等はtwitter
汁・ビルヌーブ@soup2001」へどうぞお寄せください。管理人の気が向いたらリプを返すかもしれません(^^;)


2017年5月分よりtwitterまとめエントリを自動投稿するように設定しており、通常エントリが遡りにくくなっているため、通常エントリだけの目次を下記においておきます。
※2019年8月1日〜11月25日の間はtwitterの仕様変更で自動まとめ投稿が停止していたためこの間のまとめはありません。

2020年6月の通常エントリ
2020年5月の通常エントリ
2020年4月の通常エントリ
2020年3月の通常エントリ
2020年2月の通常エントリ
2020年1月の通常エントリ
2019年1〜12月の通常エントリ
2018年1〜12月の通常エントリ
2017年5〜12月の通常エントリ



↑上のボタンを押すと、ランダムにエントリを表示します。
もしもエラーページが出たら、ごめんなさいm(_ _)m「戻る」ボタンでエントリを表示するまでお試しください。

言い訳ページはこちら(^^;)
---------------------------------

---------------------------------



ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ


マウスコンピューター/G-Tune

 RSSリーダーで購読する

Profile
Archives
Recent entries
blog parts
Links
tools
Categories
Mobile
qrcode
Sponsored links
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
このblogのfeedburner