ブログパーツ

2018年02月22日のつぶやき

00:48
@nukouser2 @wcFYt58wdvkUWWt @ebissusawa @yoshimasa2001 @kaikun1203 @anonymous201504 プーチン&メドベージェフのパターンすかwww
00:50
@onoderamasaru 頭に怪我でもしたようにしか見えないwww 包帯に見えるよw どちらにしてもお大事に。 1ヶ月も我慢すればわからなくなりますからw
00:56
@nukouser2 @wcFYt58wdvkUWWt @ebissusawa @yoshimasa2001 @kaikun1203 @anonymous201504 まぁ、確かに。 後ろから撃つ名人ゲル長官とか 変な肥料を持ち… https://t.co/iSGDh15CwG
01:07
@nukouser2 @wcFYt58wdvkUWWt @ebissusawa @yoshimasa2001 @kaikun1203 @anonymous201504 世界のパワーバランスが極端に変わらない限りは12年ぐらいは持ち… https://t.co/UWJg7EO3If
01:12
@nukouser2 @wcFYt58wdvkUWWt @ebissusawa @yoshimasa2001 @kaikun1203 @anonymous201504 ペリっと一気に剥がれれば良いんですがね。 出来るだけ途中でテー… https://t.co/5h5i359FDX
01:30
@wcFYt58wdvkUWWt @magmag1414 @nukonukobenben @ebissusawa @nukouser2 @yoshimasa2001 @kaikun1203 @anonymous201504 中国を… https://t.co/cwk6wokuYY
01:39
@nukouser2 @wcFYt58wdvkUWWt @magmag1414 @nukonukobenben @ebissusawa @yoshimasa2001 @kaikun1203 @anonymous201504 日本も… https://t.co/XltPJh1XoW
01:41
@virtuous_man2 @_572968669757 @hyakutanaoki @KAZU8316 ほほう。興味深い。
01:41
RT @virtuous_man2: @hyakutanaoki @KAZU8316 この方もオウムのようですね。 「きっこのブログ」を書いている本名「福井利器」さん オウムの活動家のようですよ。 元公安調査庁の調査官である野田敬生さんの記事がソースですから、信憑性は高い…
13:02
RT @alpza518: 「米国研究機関が警告」 中国の情報工作に惑わされるな 虚偽の情報を発信し、メディアも操作! マスコミが中国に乗っ取られてる国 1位台湾、2位日本、3位アメリカ https://t.co/3N9y8kvyr1
13:03
RT @lOOzNOTKKrHY0KX: ブレーキとアクセルの機能を集約…踏み違えない「ワンペダル」で事故防止 https://t.co/2N3HpaFVsz そもそも踏み間違いの恐れがある高齢者に免許を与えてはいけないんだよな! 例えば70歳以上の高齢者の免許更新時には…
13:09
@lOOzNOTKKrHY0KX オートマ全盛の時代なんだから左足ブレーキを習得させればいいと思うけどね。www レーサーはよくやるテクらしいし、シミュレート教習(ゲームみたいなやつじゃなく)実車でスピン体験とかコントロール不能な状況を経験させるのも良いと思う。
13:11
RT @yumemori_yumeko: @lOOzNOTKKrHY0KX 高齢者の事故はペダル踏み間違えだけではないですもんね。標識見てないとか片側一車線の道のセンターライン上を走るとか… っていうか免許更新時に毎回取得時と同レベルの試験すれば危険運転する若手も一緒に消せる気…
13:18
@lOOzNOTKKrHY0KX その応用でパニック時は両足ブレーキも。 今後は新規の免許取得者と更新者にこれらの習得または講習を義務化すれば踏み違えの事故は減らせる。高齢者の状況判断力のテストも必要ですね。
13:22
RT @nukouser2: @Sankei_news @AbeShinzo @jimin_koho @kantei 【アンケート】 じゃ、日本も聞いてみよう 日本の最大の脅威の敵国はどこだと思いますか? その他の方はリプライでお願いします 期間:一週間 RTご協力お願…
13:24
@nukouser2 @Sankei_news @AbeShinzo @jimin_koho @kantei 敵に回した時のヤバさではダントツでアメリカですけれどねwww
13:35
@ajaka38 利き足が利き手と必ずしも一致しないらしいので訓練次第だと思います。右足ブレーキも最初は恐々踏んでたはずなので、止めるためでなく減速する程度でも普段から練習は出来ます。 いきなり左足で止めようとしたらドッカンブレーキになって危ないしwww
20:55
RT @alpza518: 福島瑞穂 「現実に合わせて憲法を変えるのではなく、憲法が掲げる理想に向かって努力すべき!」 最高法規なら尚更、時代に沿った憲法にしなければ現実に対処できない! こんな事もわからない、お馬鹿な ” 反日・帰化議員!” | Share News J…
21:03
@alpza518 性善説による理想論では安全保障を語れない。 現実主義のかけらもないこんなのがバッジつけてるのが現憲法以上に異常なこと。 大体作らせた側が「まだそんな憲法使ってるの?」というぐらいなので 「九条教」と言われるほど宗教化している憲法では意味がない。
21:04
RT @sharenewsjapan: 【韓国の大学生調査】「敵国はどこか?」 → 1位は日本で54.3%、北朝鮮は21.4% https://t.co/dADywO3rkE
21:06
@sharenewsjapan うん。そろそろこちらもそちらを敵国認定する予定なので、 その調子で頑張ってくださいwww
21:15
RT @sukomarumaru: >立ち上げ当初からフォロワーの多さを自慢していた立憲民主党が2月に入ってからフォロワーを5,000人ほど失った。ちょうどTwitter社が不正BOTやスパム投稿用のアカウントの取り締まりを強化したのでその影響だと思われる。 netgeek…
21:57
RT @yoshidakoichiro: 我が国の女性参政権は、旧憲法(帝国憲法)下、1946年及び47年の二度の総選挙で実施されたのを嚆矢としており、新憲法とは何の関係もない。 新憲法についてやたらと蘊蓄を垂れ有り難がる朝日新聞が、「女性参政権が新憲法で実現」と大誤報。…
22:50
RT @take_off_dress: 有本香「朝日新聞は多面的・多角的な考察が出来る人を作るには政府見解を教えるべきでないと主張してる。尖閣は日本領土なのに教えたらダメなんですか?愛国教育をやってる国は多面的・多角的な考察が出来ないの?」 竹田恒泰「人殺しはダメだけど、殺して…
Posted by soup2001 | -  -



2018年02月21日のつぶやき

2018年02月21日のつぶやき
続きを読む
Posted by soup2001 | -  -



2018年02月20日のつぶやき

2018年02月20日のつぶやき
続きを読む
Posted by soup2001 | -  -



2018年02月19日のつぶやき

2018年02月19日のつぶやき
続きを読む
Posted by soup2001 | -  -



2018年02月18日のつぶやき

2018年02月18日のつぶやき
続きを読む
Posted by soup2001 | -  -



2018年02月17日のつぶやき

2018年02月17日のつぶやき
続きを読む
Posted by soup2001 | -  -



2018年02月16日のつぶやき

2018年02月16日のつぶやき
続きを読む
Posted by soup2001 | -  -



2018年02月15日のつぶやき

2018年02月15日のつぶやき
続きを読む
Posted by soup2001 | -  -



2018年02月14日のつぶやき

2018年02月14日のつぶやき
続きを読む
Posted by soup2001 | -  -



sleeper cell【すりーぱー せる】

sleeper cell:英辞郎
スリーパーセル、潜伏細胞、潜伏工作員◆長期間一般市民のように生活し、テロ組織から指令を受けたら活動するテロリスト。

スパイ小説、ポリティカルアクションにはほぼ必ず登場する工作員(協力者)のことだが、北朝鮮危機に関連して国際政治学者の三浦瑠麗氏が地上波テレビでセンセーショナルに日本でのテロの危険性に関連してこの存在に言及し波紋を呼んでいる。



この三浦瑠璃氏の言及に一様に批判的な反応を見せているのが在日韓国人や人権派のヘイト・スピーチ糾弾勢力であるが、三浦氏は在日朝鮮人・在日コリアンがテロリストとは一言も言っていない。むしろ「ホームグロウン・テロ(母国育ちによるテロ)」として真にスリーパー・セルとして機能するのはどこから見ても日本人で朝鮮系民族の素振りを全く見せない正真正銘の日本国民である。

町山智浩

ハフィントンポストの批評記事にも登場するこの御仁。帰化日本人の在日二世である。どおりで言ってもいないことに過剰反応したわけだが、拉致被害を受けた本人やその家族の気持は汲んでもらえないらしい。

スリーパー・セルに話を戻すと、それは元在日の帰化人である必要すらなく、本来日本人である者が何らかの弱みを握られて操られたったひとつの任務だけを与えられて潜伏させられる場合もある。例えばテロ準備の協力・情報収集。実行犯たちの武器を手配する。逃走経路を確保する。現場に残された証拠を消す。などなどである。派手な作戦行動を起こすテロリストは少なくとも数ヶ月前に当該国に潜伏を始めるが、スリーパー・セルと呼ばれる協力者たちならば親の世代からの移住者で完全に日本人として生活している者や上述の理由で簡単な役割だけを負わされる先祖代々の日本人もいるはずだ。

そもそも工作員として公安に目をつけられていては「工作員失格」であり、それはブラフ(というか囮)の可能性が高い。真の実行犯は意外性のある人物でなければテロは成功しにくいのだ。

広がる「工作員妄想」〜三浦瑠麗氏発言の背景〜(古谷経衡):Yahoo!ニュース

 1970年代から80年代にかけて、続発した謎の失踪事件と北朝鮮工作員との関わりについて、日本の公安当局は早い段階から一部でその相関を予測していたと言うが、実際に北朝鮮工作員による拉致事件の全容が明るみになり、政治課題として俎上にあがったのはずっと後になってからのことである。

 それ故、高度に訓練された北朝鮮の工作員が、現在でも日本の大都市部に潜伏している、というイメージが醸成されていることは間違いが無い。これが「工作員妄想」の遠因である。

・進歩する公安の監視能力
 しかし、日本の公安当局も手をこまねいているわけでは無く、拉致問題が大きく取り上げられるようになって以降、北の工作員や朝鮮総連とその関係者への監視の目を大幅に強化している。試しに、公安調査庁が発表した「内外情勢の回顧と展望」(平29年、最新)では、”金正恩党委員長への忠誠強化と組織の活性化に取り組む朝鮮総聯”と題して、

(前略)・・・基層組織の活性化に力を入れ,3 月には,平成 29 年(2017 年)3 月までの 1 年間にわたり,支部組織の強化や「民族教育」活動の強化などを通じて支部活動の活性化を図る集中運動「支部競争」を開始した。この間,「60 日集中戦」(5〜7月),「100日集中戦」(7〜11 月)に相次いで取り組み,11 月には,朝鮮大学校(東京都小平市)に活動家らを集めて「分会代表者大会」を開催し,活動が活発な分会を表彰するなど,支部・分会活動への一層の取組を督励した。
出典:内外情勢の回顧と展望(平29年)

 など朝鮮総連内部の詳しい動きに逐一目を光らせている。とすると、「ソウル、東京、特に大阪がヤバイ」と三浦氏が断定したスリーパーセルなる特殊工作員の存在も、国際政治学者たる三浦氏が公の場で堂々と発言する位の水準で知っているのだから当然、公安の報告書の中にさらなる詳細記事があると思うのが妥当だが、公安当局による報告書の中には「スリーパーセル」なる特殊工作員や活動家の記述は一切存在していない。

 三浦氏の番組放送後のブログ記事によると、この「スリーパーセル」なる北の特殊工作員は、主に英国のタブロイド紙の報道を根拠としているとしているが、くだんの元記事では「大阪」という地名は一切登場しない。そもそも、英国のタブロイド紙が世界に向けて発信しているほど、「スリーパーセル」なる存在が既知であるなら、目下我が公安警察がただの一行も言及しないのは不自然の極みである。この「スリーパーセル」なる北の特殊工作員が韓国や日本に潜んでいると断定する三浦氏の発言は、根拠の無い「工作員妄想」の一種と言わざるを得ないのでは無いか。

古谷経衡は当初「右派寄りの論客」として売り出したはずだがその後の発言などを見るとだいぶ左派にシフトしている。どうも旗色不鮮明というか、根本的な価値観・情報の取捨選択の基準が「右派」のそれとは異質にも感じるし、本当に存在している北朝鮮工作員の危機は「全くない」かのような論陣を張っている。これは現時点においては「利敵行為」にも等しい「火消し」にほかならない。三浦瑠麗氏の発言が言葉足らずであることは私も感じるが、このような「妄想断定」による全面否定では古谷経衡の主張の方を疑わざるをえないのである。

英国タブロイド紙
<画像元:mail Online>
※上記の機械翻訳(見出し部分)
北朝鮮はラジオで「睡眠薬にコード化されたメッセージ」を放送し、攻撃の恐怖を呼び起こす
・ラジオ放送は、他国のスパイのための本の暗号であったかもしれない
・'エージェント'のメッセージには、スパイが本で解読できる数字が含まれています
・今月はこの種の3番目のメッセージ、6月下旬からは14日目です
・韓国は、ミサイルの移動後に攻撃が発生する可能性があると考えている

三浦瑠麗氏の情報の根拠とされる英国のタブロイド紙。しかしこの新聞は真偽が怪しいので有名らしい(^^;)日本で言えば日刊ゲンダイかトーチュウみたいなものだろうか?(爆)

三浦瑠麗氏の「スリーパーセル」発言に含まれた数々の矛盾について:読む国会
 三浦氏は、安全保障の専門家の間では常識、と述べながら、公開されている情報では一切それらを示していない。ブログでも引用した公開情報は、デイリーメール(イギリスのタブロイド紙。Wikipediaですら出典に使えないほど信憑性が薄い。あとものすごく下品)の記事以外にゼロということになる。

ところがこの三浦批判を書くブログマスターでさえ工作員の存在は肯定している。矛盾として指摘しているのはスリーパー・セルの発動する条件設定がおかしいと言ってるだけである(^^;)古谷経衡が工作員の存在とその活動全般に対して「不安を煽るフェイク・ニュース」としての批判とは違う。

三浦氏の論点が破綻しているとすれば、「読む国会」でも言及されているように、北朝鮮の体制崩壊後に報復テロを行うことが北朝鮮にとってメリットがない点であろう。むしろそれにより「北朝鮮への攻撃容認の抑止力」として日本国内で機能させるためには、北朝鮮側が日本への報復テロ攻撃を喧伝する以外にない。これまでにも「日本は攻撃対象」とするような発言はあるにせよ、既に国内に潜入させている工作員によるテロとなれば俄然緊張感は高まる。右派系の論客である三浦瑠麗氏に言わせることはむしろ逆効果であり、古谷経衡が否定するなど更に効果を減じるだけである。

だから金正恩が殺害された後のテロ発動に何か意味があるとすれば、それは北朝鮮ではない勢力にとってのメリットにほかならない。中国もしくはロシア、もっと言えば(テロの内容と規模次第では)アメリカもそのメリットを享受する範囲に入るかもしれない。

朝鮮半島をめぐるグレートゲーム:山猫日記(三浦瑠麗公式ブログ)

山猫日記国民にとって重要なことですので、どのような状況か、公開情報となっているものを紹介していきましょう。

まず、下記(韓国の情報源に基づく英国の記事)では、北朝鮮から、ラジオを使って暗号が流されたことを報道しています。記事を通じて、スリーパー・セルの存在や、連絡手段のあり方が明らかになっている他、スリーパー・セルは、「各国にいる」とも表現されています。日本は、韓国に次いで北朝鮮にとっての重要な工作先ですから、日本にも存在すると想定することは当然でしょう。

また、日本でも読売新聞が、大阪府の朝鮮総連傘下の商工会の人間が1980年の拉致事件に関わっていたということを過去に報道していますから、その当時大阪にテロ組織があったことはわかります。

当然、この状況は日本の治安組織もつかんでおり、平成元年には、当時の警察白書において、「我が国に対するスパイ活動は、我が国の置かれた国際的、地理的環境から、共産圏諸国であるソ連、北朝鮮等によるものが多く、また、我が国を場とした第三国に対するスパイ活動も、ますます巧妙、活発に展開されている。」と断言しています。

直近の平成二十九年版の警察白書では、北朝鮮をめぐる拉致問題をはじめとするテロ活動について、「諸情報を分析すると、拉致の主要な目的は、北朝鮮工作員が日本人のごとく 振る舞うことができるようにするための教育を行わせることや、北朝鮮工作員が日本に潜入し て、拉致した者になりすまして活動できるようにすることなどであるとみられる。」としています。

秘密工作という分野は、公開情報を基に行われる研究者の間では扱いにくいテーマです。スリーパー・セルについて扱ったものではありませんが、北朝鮮に対する制裁の専門家である古川勝久著の『北朝鮮核の資金源』新潮社においては、日本に贅沢品や軍需品を密輸する会社があることを詳細に綴っていらっしゃいます。ただ、これだけでも北朝鮮の工作が日本国内において日常的に行われていることはわかるでしょう。


私には肝心のポイントをあえて外した書き方に思えてならないのだが、このあたりは首相官邸からの依頼によって問題提起されたゆえの「曖昧さ」かも知れない。

言論人が政府に加担することは別に問題とは思わない。反日勢力に加担している言論人もわんさといる以上問題視したところで意味はない(爆)

16年ぶりに復活?暗号?謎に包まれた北朝鮮の「乱数放送」:NAVERまとめ
かつて冷戦の時代、ひたすら意味不明な数字だけを読み上げるラジオ「乱数放送」が世界中に数多くあったことを知っていますか?実は日本の周辺でもいくつかの国が発信している放送が聞けたそうです。そして今月、北朝鮮がその乱数放送を復活させたというのです。 更新日: 2016年07月26日

もう2年も前の「まとめ」だが、この国だけでなく世界は常にフレキシブルに変化し意図を持って工作は実行されている。見せかけの陽動作戦か実効的な工作なのかはやってる側の上層部しか知り得まい。

常に危機感を持つのは悪いことではないのだ。

北朝鮮の「スリーパーセル」より恐いもの(池田信夫):アゴラ

北朝鮮の挑発が平和ボケの日本人の意識を変えつつあるのは、いいことだ。若い世代ほど内閣支持率が高いのは、「憲法9条で日本を守る」という左翼のレトリックが説得力をなくしているためだろう。こういう根拠なき平和主義は、現実が変化すると一挙に崩れることを1930年代の歴史は示している。

北朝鮮が自殺的な攻撃を日本に仕掛けてくるリスクは、客観的には計測できないが、常識的に考えてそれほど大きくないだろう。それよりマスコミが、何かのきっかけで「北朝鮮を攻撃せよ」に方向転換してパニックになるリスクのほうが大きい。かつて日本をミスリードした主役は、今のワイドショーのような新聞だった。

今の新聞などの言論機関の国民信頼度を考えれば、朝日新聞が先頭に立って「北朝鮮攻撃論」「日本の独自核武装論」「新日本国憲法(改憲)推進」などを大々的にキャンペーンを張れば、多くの国民(特に若年層)は警戒して朝日の逆張り「反戦」「非武装」「護憲」に走るのではないか?(^^;)

こういう事なかれ主義に繋がりそうな心理状態に持っていかれる方が問題だ。「事なかれ主義は平和ボケ日本人の最たる特性」つまり「眠れる気質(sleeper mind)」でもある。

朝日新聞など反日メディアの「愛国右派へ偽装転向」は日本人のsleeper mindが覚醒させられるきっかけになりかねない。私はむしろそちらのほうが恐ろしいのだが(爆)

JUGEMテーマ:社会の出来事



Posted by soup2001 | -  -



2018年02月13日のつぶやき

2018年02月13日のつぶやき
続きを読む
Posted by soup2001 | -  -



永久残響【えいきゅうざんきょう】

幼児語のうさぎのような冬季オリンピックが開幕したらしい(^^;)(「ぴょんちゃん」オリンピックね)私はそれまでのゴタゴタですっかり見る気をなくしていたので後から知ったのだが、いつの間にか話題をさらっていたのが「開会式の人面鳥」と「謎の彫像モルゲッソヨ」(^^;)

平昌五輪開会式 “人面鳥”にネット話題沸騰「絶対夢に出てくる」:BIGLOBEニュース

人面鳥

 平昌冬季五輪は9日午後8時(日本時間同)から開会式が行われた。セレモニーには謎の巨大な“人面鳥”が登場。ネット上でその強烈な風貌が話題となった。

 選手入場前に行われたセレモニーは、韓国の神話をモチーフとした幻想的な雰囲気で行われた。すると突然、人間の顔をした巨大な鳥が登場した。実は、韓国では神話に出てくる平和な時代にしか現れない不死鳥の元になっており、平和の祭典という五輪の開会式に起用されたもの。

 しかし、ネット上の話題はこの“人面鳥”で持ち切り。「あの人面鳥はインパクト強すぎる」「人面鳥の顔がリアルすぎて怖い」などの声が続出したほか、「絶対夢に出てくる」「怖すぎて子どもが大泣きした」などの声が上がった。

なんだこりゃ? 平昌オリンピックに謎の物体「モルゲッソヨ」:ハフィントンポスト

モルゲッソヨ

平昌冬季オリンピックを迎え、ある物体が、日本のSNSユーザーの間で大きな話題となった。

メインプレスセンター前に設置された銅像で、裸の男性3人が頭に兜のようなものを被っている。このオブジェはすべてスキージャンプ台を向いている。

五輪の謎オブジェ「モルゲッソヨ」にネット民熱狂 イラストやアスキーアート、ついには3DCGアニメ化を果たす:ねとらぼ
 全身銀色で、頭部をすっぽりと隠すヘルメットを被り、直立した状態で3体並んだ筋肉質な男性の像。膝から下は無く、台座からにょきっとそびえています。

 オブジェの存在を真っ先に報じたのは7日の東京スポーツ。近くにいたボランティアスタッフたちがオブジェについて「モルゲッソヨ(知らないです)」と答えたことから、ネット掲示板やSNS上ではオブジェを「モルゲッソヨ」と呼んで大人気に。AA(アスキーアート)やイラストが次々と投稿され、ついにはCGでモルゲッソヨたちがリズミカルにダンスを披露する動画まで登場しました。



芸術作品の感じ方は人それぞれであろうし、文化的背景の異なる国民性もある程度影響するだろうが、私にはこの「弾丸マン」は男性器をモチーフにしたようにしか見えず、そのむき出しの感すら漂う(感情表現や意図の)生々しさは、あえてスポーツの祭典に華を添えるような作品ではないとしか思えなかった。

その奇異さと会場前に設置された場違いさなど、我々日本人感じる「半島人特有の感性のギャップ」が面白がられているのだろうが、これもどうやらリンク先の記事によると使いまわしだったらしく(^^;)慰安婦少女像と同様、一発ネタを何度でも使いまわすその発想が、我々の感じるところの「感性のギャップ」または「違和感」になっているのだろう。

まるで漫才のボケ担当が「とんでもなく飛躍した受け答え」をして笑いを取るような可笑しさを感じてしまう。この場合は可笑しさに感じられるのがまだ幸いであって、呆れ返るくらいなオチが予想される点でも相変わらず常識の斜め上を行く彼の国の「頓珍漢さ」は現れている。

…と思ったら案の定、予想通りの情報がネットを駆け抜けた(^^;)

「モルゲッソヨ像」の正体とは? 実はアブグレイブ刑務所での捕虜虐待・拷問を批判する意味を持つ反米のモニュメントだった〜ネットの反応「米国の拷問への抗議の像? 何もオリンピックの場に飾らなくても…」「これ拡散だな!」:anonymous-post
モルゲッソヨの元
コローウェルの絵画
虐待 - Guy Colwellキャンバスにアクリル。コルウェルは、アブグレイブ刑務所で拘束されている間に、米国の刑務所員の手によるイラク囚人の拷問を描写しているコローウェルの絵画。

着想を得たとは言えるのだろうが、「モルゲッソヨ彫像」の作者が韓国人だけに「作品アイデアのパクリ」と言えなくはない。

ネットで話題の「モルゲッソヨ」について調べてみた(画像大量):NAVERまとめ
通称モルゲッソヨ像はカッチョイイ身体、富、名誉等の人間の欲望を具体的イメージで表現したものだそうです。
(中略)
もうひとつは個人が耐えられる「重み」や「傷」を表現しているそうです。その「重み」や「傷」は個人と制度の関係の中で、個人が抱く野望や群集心理の中での暴力の正当性の意味があるなど色々書かれてあります。

こじつけのような理由づけにも思えるが、「個人が耐えられる重みや傷」あたりはアグレイブ刑務所の囚人虐待を扱っているようにも見えるわけだが、いずれにしてもスポーツの祭典にふさわしいモチーフを持つ作品ではないことは確かで、むしろ反米的(北朝鮮の核問題で北へ圧力を加える米に対する反発)に感じられてもおかしくない。

まさかこの像の設置まで北朝鮮のリクエストじゃあるまいな?(^^;)
そんな邪推すら浮かんでくる。

そういう目で見ると「モルゲッソヨ彫像」は、韓国という国が自分たちの政治的主張・価値観を世界に押し付けるかのような象徴にこそ思えてくる。そして昨年から既存メディア・野党連合の行ってきた「反安倍政権キャンペーン」は、これら韓国という国家を挙げて「虚構を演出し、自分たちの価値観を押し付ける」態度と言うか活動というか一連の動きに共通したものを感じるのである。

突然だが、ここまで書いて有る言葉が頭に浮かんだ。

SNSで問題となっているエコーチェンバー化とは:IT技術者ロードバイク日記

SNSは「異なる人々と交流する」というよりは「同一の人と交流する」という役割に重きが置かれてきている。例えば身近な私の例だと、ホビーレース、トライアスロン、実業団と「同一だが本質は異なる」といったような具合だ。

これらは、元々コミュニケーションを助ける便利なツールとして考えられたSNSだから、問題なく交流するという目的は果たしているように思える。

では、エコー・チェンバーとはどのような意味を指すのだろうか。エコー・チェンバーとは「共鳴する部屋」と訳される。例えば、複数人から構成される「小さな輪(SNS)」の中において、同意見ばかり飛び交う環境に身をおくと、ある特定の人物(または発言者)の大きく偏った考えを助長してしまったり、偏った人と人との繋がりが確立されてしまう場合がある事を示している。

具体的には、「一人よがりな意見」を発信し、受け入れられない人を排除することにより、SNSはさらにエコー・チェンバー化する。まさに同じ考えや思想”のみ”が共鳴する部屋、エコー・チェンバー(共鳴する部屋)である。

部屋の形は、その当事者を中心としたハブ・アンド・スポーク型(ハブが中心人物でスポークが取り巻き)で形成された「本人の脳内」であったり、または決まったメンバーで組織されたトークルームで有ったりする。この言葉に私はえらくうまい表現だなと感心した。

さらに「その人の脳内」というのがキーワードで、SNS自体がパーソナライズ化されたバカの壁で構成されている事にも気づく。

実家の小学校から使っているベットの枕元の本棚には養老氏の著書「バカの壁」がおいてある。実家に帰ると仕事や、人間関係を忘れて、時間がゆっくり流れ、素直に文章を読める。何回読んでもこの本は面白い。

なぜ、この本が出てきたかというと、まさにエコー・チェンバー化する事と、バカの壁で言わんとする本質が非常に酷使していて面白いのだ。

バカの壁とは養老孟司氏の著書で閉鎖的思考によって思考が硬直していることを指す。そしてエコー・チェンバーとは「同じような趣味嗜好の集団の中では共感が共感を生み、相反する(敵対する)思考を排除する傾向がある」ということだ。

バカの壁:wiki
本書の帯紙には「『話せば分かる』なんて大ウソ!」、書店向けPOP広告には「バカの壁は誰にでもある」という著者の言葉が記された。「人間同士が理解しあうというのは根本的には不可能である。理解できない相手を、人は互いにバカだと思う」というのが本書の要点である。

バカの壁は自分の中で起こる「理解不能な他者を拒絶し排除する思考=相手を馬鹿と定義して理解する努力を放棄する」状態であるが、同じことは似た思考や価値観を持つ集団の中にも現れやすく、端的な例としてネトウヨとパヨクはお互いにレッテル貼りを行って馬鹿にし合うのとほぼ同じということである(^^;)

同じような感覚は日本人の特にネトウヨと言われる人(私自身はネトウヨと言うほど右傾化しているつもりはないが、嫌韓族という点では私も含む)に於ける韓国や韓国人に対する評価で、あるいは日本人の中のパヨクと言われる人(特に反安倍・嫌安倍派)に於ける政権支持者に対する評価に現れる(^^;)

パヨク
<画像元:めら★そく>

私のこのブログでは特に護憲派を槍玉に挙げることが多いが(爆)中国や韓国の反日的な思考に凝り固まった勢力はそのままパヨクの護憲派に繋がる。同好の士同士であれば意気投合して会話も議論も弾むだろうが、殆どの場合相手勢力の批判や貶し(悪口)になってしまう。これがエコー・チェンバー(共鳴する部屋)で、同じ内容が反響して共鳴し何度でも反復されていく。そして思考は統一された方向に集約されていくが、完全に一致することはむしろ珍しく何度か共鳴を繰り返した後は次第に不協和音が発生して共鳴は破綻する。

ネトウヨ
<画像元:軍茶利>

ところが破綻しない共鳴がある一つのパターンにおいて存在する。それはイデオロギー(概念)化されドグマ(教義)化され、もはや宗教に近い信仰や崇拝対象になっている場合である。いわゆる「九条教」などはそれに当たるが、同じことはそろそろ「反安倍」にも起こりうるしその内「反マスゴミ」つまり既存メディアを嫌うあまりにその一切を排除する方向に振れてしまうのも「反メディア教」になってしまう恐れが有る。

最近の私が正にそれで(爆)あまりに情報を遮断するのもよくないと、今週からしばらく見ていなかったTBS「サンデーモーニング」を見ることにした(^^;)できるだけ不快感を抱かないように努力してみては見たものの(爆)やはり素っ頓狂な論説に出くわすと「はぁ?」と自分でも驚くほど声に出してツッコんでしまい、我に返ってため息を付いたりしている(^^;)







今回岡本行夫氏のコメントは常識的であったがそれ以外のコメンテーターが軒並み「?」と思えるようなコメントを発してくれるので相変わらず「左巻きのエコー・チェンバー番組」になってるようである(爆)

少なくとも広く意見を聞き、良いと思えるところは支持しても良いのだが、およそパヨクと称される側の人々の論説には賛同できないものが多い。右派と呼ばれる人のものでも「それはちょっと」と積極的に支持したくないような意見もあるので、私の場合は「信心深くない神頼み」な宗教的ノンポリ日本人よろしく「積極的でない右派ちょっとリベラル」くらいのスタンスである限り硬直した「宗徒」にならないと思うのだが、年齢とともに思考の柔軟性は失われていくだろうし、価値観自体は若い頃からのものを引きずっているのでいずれ「老害パヨク」並みの「老害ノンポリもどき」に陥る可能性は覚悟しておかねばなるまい(^^;)

どうやら私の頭脳の中は反響はしても共鳴しにくい「吸音室」的なものが多少は入っているようなので(へそ曲がりな性格がこの場合は幸いしている)どれだけ持つかが楽しみでもある(爆)

いよいよ私が終わらない共鳴の中に陥ったその時。頭のなかに響き渡っているのはどんな考えなのだろう?

JUGEMテーマ:社会の出来事



Posted by soup2001 | -  -



2018年02月12日のつぶやき

2018年02月12日のつぶやき
続きを読む
Posted by soup2001 | -  -



2018年02月11日のつぶやき

2018年02月11日のつぶやき
続きを読む
Posted by soup2001 | -  -



2018年02月10日のつぶやき

2018年02月10日のつぶやき
続きを読む
Posted by soup2001 | -  -



S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>



目次&ランダムピックアップ

現代用語のクソ知識の目次

当ブログの目次(管理人のオススメ一覧)です。かなり古い時事問題に関する記事もありますが、当時を思い出してご覧いただけると幸いです。

2017年5月分よりtwitterまとめエントリを自動投稿するように設定しており、通常エントリが遡りにくくなっているため、通常エントリだけの目次を下記においておきます。

2018年1月の通常エントリ
2017年12月の通常エントリ
2017年11月の通常エントリ
2017年10月の通常エントリ
2017年 9月の通常エントリ
2017年 8月の通常エントリ
2017年 7月の通常エントリ
2017年 6月の通常エントリ
2017年 5月の通常エントリ


↑上のボタンを押すと、ランダムにエントリを表示します。
もしもエラーページが出たら、ごめんなさいm(_ _)m「戻る」ボタンでエントリを表示するまでお試しください。

言い訳ページはこちら(^^;)
---------------------------------






 RSSリーダーで購読する

Profile
Archives
Recent entries
blog parts







マウスコンピューター/G-Tune

エニアグラム診断によると私はタイプ4番でした。
無料診断のできるサイトはこちらです。

Links
tools


悪徳商法マニアックス




簡単自動登録
無料でSEOならSEO.CUG.NET

大黒天
金運アップブログパーツ
Categories
Mobile
qrcode
Sponsored links
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
このblogのfeedburner